「舊鞋 • 救命」在肯亞

:::

2015 / 8月

文‧何佳珊 圖‧Step 30國際宣教事工提供 翻譯‧陳正儀


許多居住於非洲國家肯亞埃爾貢山區的孩子,為了上學,每天必須走路2到4個鐘頭的時間。這段漫長的路程,滿是石礫塵土,走來不但辛勞痛苦,而且危機四伏。沒穿上鞋子,學生們有慘遭沙蚤叮咬的危險。沙蚤分佈於溫暖、乾燥的土壤中,從腳底鑽入皮膚裡,吸血維生。沙蚤侵入後,會造成腳趾甲脫落、腳趾變形、截肢,甚至讓人失去生命。在肯亞這個偏鄉區域,跟其他許多同樣有沙蚤出沒的地方一樣,解決問題的辦法其實很簡單,只要一雙鞋子就可以救命。


來自台灣的楊右任和他加拿大籍的妻子雷可樂,知道了這個地區的孩子們所承受的艱難和危險後,深覺非幫助他們不可。這對夫妻居住在北台灣的桃園市,決定發起一項名為「舊鞋‧救命」的活動,鼓勵人們捐贈不穿的舊鞋。他們本來就樂觀的預期這個活動會在台灣引起不錯的迴響,然而人們回應之熱烈,遠遠超過他們的所求所想。2014年4月,楊右任在他的部落格和臉書發佈這項活動的訊息後,他們總共募集到1萬5,000雙鞋子和7公噸的衣服裝滿了一整個40呎的貨櫃。

捐舊鞋可救命

「台灣人和企業的熱心真讓我們嚇了一大跳!」楊右任說:「我們一開始只期待能夠募集可以裝滿一個20呎貨櫃的鞋子和衣服就很好了。真沒想到,捐贈的物資快速湧入,很快的,我們家、我們的教會,還有我哥哥的電腦公司倉庫,全被塞滿了。」

楊右任之所以會想要發起這項活動,靈感來自於他的岳父雷艾倫。他是一位居住在多倫多的建築技師,並曾擔任過牧師。雷艾倫運用他從建築技師工作所賺來的錢,到包括肯亞在內的各個貧困地區蓋診所、教會和學校。在跟岳父談話中,楊右任知道了肯亞的沙蚤問題。當「舊鞋‧救命」的活動展開後,他決定更改原來的NGO計畫(NGO後來才成立)名稱Step 30。這個名稱表達了楊右任與妻子雷可樂希望能夠追隨岳父雷艾倫,鼓勵30歲以下的年輕人參與人道救助工作。

楊右任自去年4月在網路上發佈舊鞋救命這個訊息後,訊息被瘋狂轉貼,鞋子和衣服繼續湧入。楊右任這位年輕的宣教士說,不只在捐贈物資方面,包括尋求支援和志工等,網際網路所能發揮的動員能量之大,讓他感到非常震驚。 「一開始,鞋子迅速湧至,情況甚至變得有點失控,因此我們上網徵求志工幫忙整理、包裝和運送,」他解釋道:「結果有非常多人願意擔任志工,幫我們的忙。真的令我好感動。」

去年7月,首批捐贈的鞋子運送到了吉塔雷,這是個農業小鎮,位於肯亞西部的埃爾貢山和薛任嘉尼丘之間,海拔約1,900公尺。楊右任在去年11月第一次到肯亞,想知道捐贈鞋子的分送情況,這批鞋子是透過當地的一個教會處理;此外,他也想多了解當地的生活狀況。

舊鞋遠征非洲「出任務」

「起先我認為,這些鞋子送出後,我的任務就完成了,」楊右任說:「然而,當我到了當地,看見那裡的人們生活極端貧窮,我覺得自己應該繼續幫助他們。」回到台灣後,他創立了一個NGO,稱為「Step 30國際宣教事工」,並且招募全職員工,協助他和妻子。

在去年開始全力投入楊右任的活動之前,44歲的趙之鈺曾在台北的一家行銷公司擔任專案經理。「當我第一次聽到這個捐贈的需求時,我向我以前的同事收集舊鞋,然後與右任和他的妻子聯絡,」趙之鈺回想起初是怎麼樣接觸到這對夫妻的,「我被他們的善心和奉獻所感動,所以我決定加入。」

趙之鈺目前已是這個NGO的全職工作者,去年11月跟楊右任一起到肯亞,他形容那次的旅行是個充滿情感與激勵的經驗。他說:「看著那裡的孩子們穿上人生第一雙鞋時,臉上那種喜悅的表情,給了我們動力,想要做得更多。」

回台後,趙之鈺運用他的管理能力,幫助Step 30發展募款計畫,包括創立了一家社會企業。「我們的目標是設計和製造創新商品,將銷售所得用於貨運費用、訓練員工和志工,並發展新的援助計畫。」目前,這個NGO已經製作了文具、客製化筆記本,在他們的網站上銷售。

跟趙之鈺一樣,林美蕙在加入Step 30之前也有一份前程似錦的工作。三十多歲的她之前在台北一家科技公司擔任成本工程師,但這份工作不能讓她感到全然的滿足。辭掉工作後,林美蕙四處旅行了一陣子,去年開始協助楊右任和雷可樂處理機構財務和募款方面的工作。今年5月,她成為這個NGO的全職工作者。「我以前是個工作狂,但常常覺得不快樂和精疲力盡。我越來越常問我自己,這是不是就是我未來30年要過的日子?」林美蕙回憶道:「我清楚自己必須改變。投入人道協助的工作後,我感覺已經找到了人生目標。」

林美蕙負責策畫管理志工,她發現許多學生投入時間參與、協助NGO的工作。楊右任說,差不多有來自全台共25間學校的1萬名年輕人,參與「舊鞋‧救命」這項計畫,包括在他們自己的學校成立捐贈中心,或者協助舊鞋分類、包裝。

投入志工,改變自己

迄今,Step 30國際宣教事工已募集約40萬雙鞋子,其中半數已運至肯亞。「大多數台灣人是極富同理心的,面對海內外災難與人道救援,總是大方捐贈,」林美蕙表示:「我們希望建立一個平台,促進慈善志業與投入志工人數的蓬勃發展。」

楊氏夫婦的善舉也吸引了周文欽的注意。這位曾以描繪傳統漁法蹦火仔捕魚《蹦火》一片獲得2014年新北市紀錄片首獎的導演表示,他也曾想過捐贈鞋子,但或許替NGO拍攝紀錄片是更能幫助他們宣揚理念的實質方法。

2014年11月起,周文欽開始記錄這個NGO每天工作的點點滴滴,今年3月更隨著NGO遠赴肯亞,記錄了志工們在這45天如何將物資運往偏遠聚落,協助當地沙蚤症患者清理、治療傷口,並為該地學童安排課程。

周文欽希望該紀錄片能於年底前完成後製,並在戲院與國際電影節上讓民眾對『非洲貧民的困境』這個議題的認識」周文欽說:「也藉此讓國際社會認識台灣,了解我國人民對於改善異地困苦居民環境所做的努力。」

楊右任此刻正緊鑼密鼓地籌備其他協助肯亞偏遠地區民眾的計畫,包括鑿水井、提供技能訓練以及將運送物資的貨櫃改裝成教室。「我們深信教育能降低、甚至消除貧窮,」楊右任提到:「藉由提供弱勢兒童學習器材與創造學習機會,我們要許他們一個更美好的未來。」

許肯亞孩童一個美好未來

執行這些新計畫無疑將需要更多的資金。以改造舊貨櫃為例,採購及改裝費用就需近新台幣15萬元。為因應這方面的需求,NGO轉而向國內大企業募捐,並已成功取得全國最大的鞋業連鎖企業阿瘦皮鞋在資金與物流上的援助。今年5月阿瘦捐贈100萬元,做為NGO改裝貨櫃以及墊付運費之用,同時發動全國近兩百間的門市協助推動舊鞋回收活動。

「我們目前所取得的成就都要歸功於許多企業和民眾所捐贈的物品,及投入的金錢與時間,」楊右任表示:「我們希望發起這些計畫以激勵台灣的年輕人主動幫助他人,特別是像非洲這些偏遠區域的貧困人民。只要有心,我們就能讓他們的生活變得更不一樣。」

相關文章

近期文章

EN 日本語

Thirty Steps to Kenya

Kelly Her /photos courtesy of Step 30 International Ministries /tr. by Kelly Her

Many children in the Mt. Elgon region of the African country of Kenya must walk barefoot for between two and four hours to attend school. This protracted journey on the area’s rocky dirt roads is not just tiring and painful, but fraught with danger. Without shoes, the students can fall victim to chigoe fleas, or jiggers, which live in warm, dry soil and burrow into the skin to feed on blood. Infestations of the parasites can lead to the loss of toenails, the deformation or amputation of toes, or in extreme cases even death. In this rural part of Kenya, as in the many other regions where the fleas are found, the simple truth is that shoes save lives.


When Yang Yu-jen, of Taiwan, and his wife Kara Remley, a Canadian national, learned of the hardships and perils endured by these students, they felt compelled to help. The couple, who live in northern Taiwan’s Tao­yuan City, decided to launch a campaign called Used Shoes Save Lives to encourage people to send them unwanted footwear. Though they felt optimistic that their aid initiative would resonate with locals, they never imagined the scale of the response they would receive. Within days of posting the campaign on Yang’s blog and Facebook page in April last year, they had gotten about 15,000 pairs of shoes and 7 metric tons of clothes—enough to fill a 40-foot shipping container.

“We were overwhelmed by the enthusiastic response from individuals and corporations around Taiwan,” Yang says. “Initially, we’d been hoping to collect enough shoes and clothes for a 20-foot container. But to our surprise, the donations poured in very quickly, and soon our home, our church and my brother’s computer store were filled to the rafters.”

Yang was inspired to create the campaign by his father-in-law Allen Remley, a construction technician and former pastor living in Toronto. Remley uses the money he earns from his construction work to build clinics, churches and schools in impoverished regions of the world, including parts of Kenya. Yang learned about the jigger problem through conversations with his father-in-law. Once his footwear donation campaign had taken off, he decided to rename the initiative Step 30. The name is intended to highlight his and his wife’s desire to follow in Allen Remley’s footsteps and encourage people under the age of 30 to become involved in humanitarian aid work.

The messages that Yang first posted online last April have been forwarded incessantly since, leading to a constant influx of shoes and clothes. The young missionary says he has been amazed at the power of the Internet to mobilize not only donations, but also supporters and volunteers. “In the beginning, the shoes streamed in so fast that the situation was getting out of control, so we issued an Internet SOS for people to help sort and pack them for shipping,” he explains. “We were thrilled to see that so many people wanted to volunteer to help our cause.”

In July last year, the initial shipment reached its destination in Kitale, an agricultural town situated between Mt. Elgon and the Cherangani Hills in western Kenya, at an elevation of around 1,900 meters. Yang then made his first trip to the country last November to learn about the distribution of those shoes, which were handed out by a local church, as well as living conditions in the region.

“I originally thought I’d completed my task once the shipment was sent,” he says. “However, when I went there and saw people living in extreme poverty, I felt I should keep on helping them.” After returning to Taiwan, he established a nongovernmental organization (NGO), Step 30 International Ministries, and recruited full-time staff to assist him and his wife.

Isaac Chao, 44, worked as a project manager for a marketing firm in Tai­pei before becoming extensively involved in Yang’s campaign last year. “When I first heard about the donation request, I collected old shoes from my former colleagues and then reached out to Yu-jen and his wife,” Chao says, recalling his initial contact with the couple. “I was touched by their benevolence and dedication, so I decided to join their efforts.”

Chao, who now works full time for the NGO, traveled with Yang to Kenya last November and describes the visit as an emotional and inspiring experience. “Seeing the joy on those children’s faces when they put on their very first pair of shoes has motivated us to do more,” he says.

Since returning to Taiwan, Chao has used his management skills to help Step 30 develop fundraising strategies, including establishing a social enterprise. “We aim to design and sell innovative products to help pay for shipping, training for staff members and volunteers, and new aid projects,” he explains. Thus far, the organization has begun offering stationery products such as personalized notebooks and pencils on its website.

Like Chao, Mei Lin had a prosperous corporate career prior to becoming involved with Step 30. The thirty­something previously worked as a cost engineer for a technology company in Tai­pei, but felt unfulfilled by her job. After quitting the position and spending some time traveling, she started helping Yang and Remley manage their organization’s financial affairs and fundraising late last year. She accepted a full-time position with the NGO in May. “I used to be a workaholic and often felt unhappy and burned out. Increasingly, I was asking myself whether that was the life I wanted to live for the next 30 years,” Lin reminisces. “It became clear to me that I needed to make a change. I’ve found a sense of purpose since getting involved in humanitarian aid work.”

Lin, who helps manage the group’s volunteers, notes that a large number of students in Taiwan have given their time to assist the NGO. According to Yang, more than 10,000 young people from 25 local schools have taken part in the used shoes campaign by establishing­ donation centers at their academic institutions or helping the group sort and pack the footwear.

To date, the NGO has collected roughly 400,000 pairs of shoes, and has already shipped about half this number to Kenya. “Most Taiwanese people are compassionate, as evidenced by their generous donations to disaster relief and humanitarian aid missions at home and abroad,” Lin says. “We want to establish a platform to facilitate the growth of philanthropy and volunteerism.”

Yang and Remley’s used shoes campaign also caught the attention of Chou Wen-chin, a film director who has been involved in dozens of productions over the past decade and won the top prize at the 2014 New Taipei City Film Festival for his documentary Spark on the Ocean, which highlights a traditional Taiwanese fishing method that involves the use of fire to attract fish. The filmmaker says he initially intended to donate shoes to Step 30, but then thought he could better serve the NGO by making a documentary about its aid efforts.

Chou started recording the group’s daily operations in November 2014. The director and his crew also joined Step 30 staff members when they embarked on a trip to Kenya in March this year. The documentary team filmed the aid workers during their 45-day stay as they helped carry donated items to remote communities, clean and treat the wounds of local people suffering from jigger infestations, and organize classes for school students.

The director hopes to finish his movie by the end of this year, and expects to begin screening it shortly thereafter in Taiwanese theaters and at international film festivals. “It’s my hope that this documentary can raise awareness about the plight of poverty-stricken people in Africa,” he says. “In addition, it can help global audiences learn about Taiwan and what its people are doing to reach out to impoverished people in a faraway land.”

At present, Yang is preparing to launch other initiatives to help those in need in rural Kenya, including projects to drill wells, provide job skills training, and convert the containers used to ship the used shoes into classrooms. “We believe that education can reduce, and perhaps even eliminate, poverty,” he notes. “By creating learning facilities and opportunities, we want to give disadvantaged children hope for a better tomorrow.”

Implementing these new programs will require considerable funds. Purchasing a used cargo container and transforming it into a classroom, for instance, costs approximately NT$150,000 (US$4,840). In view of this, the newly formed NGO has appealed to Taiwan-based corporations for donations, and has already managed to garner significant financial assistance and logistical support from a major enterprise. In May this year, ASO, the country’s largest footwear retail chain, donated NT$1 million (US$32,260) to Step 30 to help cover shipping costs and the conversion of cargo containers. The firm is also allowing Step 30 to use its nearly 200 stores nationwide as drop-off points for shoe donations.

“The credit for everything we’ve accomplished thus far should go to the companies and individuals that have donated their items, money and time,” Yang says. “By launching these projects, we hope to inspire Taiwan’s young people to help others, especially impoverished people in Africa and elsewhere. I’m confident that together we can make a substantial difference in people’s lives.”

古い靴が子供たちの命を救う―― ケニア

文・何佳珊 写真・Step 30国際宣教事工

アフリカ、ケニアのエルゴン山に暮らす多くの子供は、通学に毎日2~4時間歩かなければならない。この長い道のりは、がれきだらけで苦痛を伴うだけでなく、危険も多く潜む。靴を履かない子供たちが、寄生虫スナノミに咬まれる危険があるのだ。スナノミは、温暖で乾燥した土壌に生息し、足の裏の皮膚から侵入して血を吸う。スナノミに寄生されると、足の爪がはがれたり、足の指が変形し、ひどくなると足を切断しなければならなくなり、命を失うこともある。だが、この問題を解決する方法は、スナノミの生息するほかの地域と同様、いたって簡単だ。つまり、靴があれば命が救えるのである。


台湾人の楊右任と、カナダ人の妻、カーラ・レムリーは、この地域の子供の置かれた困難で危険な状況を知り、どうしても助けなければと感じた。そうして、台湾北部の桃園市に住むこの夫婦は、履かなくなった古靴の寄付を呼びかける「古靴で救命」プロジェクトを立ち上げる。このプロジェクトが台湾でまずますの反響を呼ぶだろうと二人は当初から期待していたが、人々の反響は彼らの想像をはるかに超えていた。2014年4月に楊右任がブログとフェイスブックで呼びかけると、なんと1万5000足の靴と7トンの衣類が集まり、40フィートコンテナ1個が満杯になった。

古靴で命を救う

「台湾の人と企業の温かさには、本当に驚きました。20フィートコンテナが一杯になるくらいの靴や衣類が集まれば上々ぐらいに考えていたのに、物資はどんどん寄せられ、たちまち我が家も教会も、兄の会社の倉庫も満杯になりました」と楊右任は言う。

楊右任がこのプロジェクトを思いついたのは、彼の岳父アレン・レムリーのおかげだ。トロント在住の建築技師で、牧師を務めたこともある。建築技師で得た収入を費やし、ケニアなどの貧困に悩む地域に診療所や教会、学校を建ててきた。そんな岳父と話すうち、楊右任はケニアのスナノミの害について知るようになった。「古靴で救命」がスタートした後、以前から立ち上げを計画していたNGOを彼は「Step 30」と名付けることにした(NGOは後に成立)。この名は、楊右任と妻のカーラが父の実践を見習い、30歳以下の若者にぜひ、そのような支援活動に参加してほしい、という希望をこめたものだ。

楊右任が昨年4月にネットで「古靴で救命」を呼びかけると、シェアが広がり、靴や衣類が次々と届いた。若き宣教師である楊右任は「物資の寄付に限らず、支援やボランティアの手配など、今やインターネットの力はとても大きく、驚いています」と言う。「最初は靴がたちまちあふれて、混乱状態をきたしそうだったので、整理や荷造り、運送を手伝ってくれるボランティアをすぐにネットで募りました。すると多くの人が手伝ってくれて、本当に感激しました」

昨年7月、最初の靴を、ケニア西部のキタレに送り届けた。エルゴン山とチェランガニ山地に挟まれた標高1900メートルの小さな農業の町だ。楊右任は昨年11月に初めてケニアを訪れた。現地の教会に託していた靴の配送状況を確認したかったのと、彼自身、現地の暮らしをもっと理解したかったからだ。

古靴のアフリカ遠征

「靴を送り出せば自分の任務は完了だと思っていました。ところが、現地で実際に人々の暮らしの貧しさを目の当たりにし、彼らの手助けをし続けなければ、と思ったのです」帰国後、彼はNGO「Step 30国際宣教事工(International Ministries)」を立ち上げ、自分たち夫婦とともに働いてくれる専任スタッフを募集した。

昨年、楊右任がまだプロジェクトを立ち上げていなかった頃、44歳の趙之鈺は、台北のとあるマーケティング会社でプロジェクト・マネージャとして働いていた。「このプロジェクトを聞いてすぐ、同僚から古靴を集めて回り、楊右任夫婦に連絡を取りました」と、趙之鈺は夫婦と知り合った時のことを振り返る。「そして彼らの善意や行動に心を打たれました。それで加わることにしたのです」

趙之鈺は同NGOの専任スタッフとなり、昨年11月には楊右任とともにケニアに赴いた。彼はその旅を「感動と鼓舞に満ち溢れた経験」と形容する。「現地の子供が人生で初めての靴を履いた時の喜びの表情に大きく心を動かされ、もっと多くのことをしたいと思いました」

帰国後、趙之鈺はマネージメント能力を生かしてStep 30のために募金活動を立ち上げ、社会的企業も設立した。「我々の目標は、クリエイティブな商品を設計製造し、その売上を、物資運送費や、スタッフ及びボランティアの教育に当て、また、新たな支援プロジェクトに発展させることです」現在、同NGOは「自分だけのオリジナル・ノート」といった文房具を、彼らのサイトで販売している。

趙之鈺と同じように、林美蕙もStep 30に加わる前は、前途洋々たる職業に就いていた。30歳余りで、台北にあるハイテク企業でコスト・エンジニアをしていたのだ。だが、彼女はその仕事に満足していたわけではなかった。仕事を辞めて、しばらくあちこち旅行した後、昨年、楊右任とカーラを手伝って組織の財務や募金業務を処理するようになり、今年5月からはフルタイムで働いている。「以前の私はワーカホリックで、いつも疲れていて楽しくなく、こんな毎日が今後30年続くのだろうかと自問するようになりました」と、林美蕙は当時を振り返る。「生き方を変えなければならないのは明らかでした。今の仕事をするようになって、人生の目標が見つかったと感じています」

林美蕙は、ボランティアたちをどうマネージングするかといった計画を組む仕事をしているが、多くの学生が働きにきていることに気づいた。楊右任によれば、台湾全土の25校から約1万人の若者が「古靴で救命」プロジェクトに加わり、自分の学校に寄付受付コーナーを設けたり、古靴の分類や荷造りを手伝ってくれている。

ボランティアで自分を変える

現在まででStep 30には約40万足の靴が集まり、そのうち半数がケニアに運ばれた。林美蕙は「大多数の台湾人は思いやりにあふれ、国内外で災害があれば惜しみなく寄付をします。慈善事業を立ち上げたり、ボランティアをしようという人を大きく増やせるようなプラットホームを作れればと思います」と言う。

楊右任夫婦の慈善活動に目を止めた人物の中に、ほかに周文欽がいる。台湾の金山地方で行われる伝統漁法を取材した『蹦火』で、2014年新北市ドキュメンタリー映画賞を受賞した監督だ。自分も古靴の寄付をと考え、いや、それよりNGOの活動の様子をドキュメンタリーにした方が、彼らの考えを広めるのに実質的な効果があるかもしれないと考え直した。

そこで周文欽は2014年11月から、このNGOの毎日の仕事の様子を記録し始めた。今年3月にはともにケニアに赴き、山奥の村までどのようにして物資を運んでいくのか、或いは、現地のスナノミ患者のケアや治療、児童のための授業の手配など、45日間にわたるボランティアたちの活動をフィルムに収めた。

同ドキュメンタリーは今年末までに編集等の作業を終え、劇場や国際フィルムフェスティバルで公開し、「アフリカの人々の置かれた苦しみ」について人々に知ってもらいたいと、周文欽は考える。「また、これを通して国際社会に台湾をより知ってもらえればと思います。台湾人が、異郷の人々の苦しみを救うために払っている努力について」と周文欽は言う。

楊右任はこうしている間にも、ケニア僻地への支援プロジェクトを次々と立てている。井戸掘り、技術指導、また、物資を運んだコンテナを教室に改造するという計画もある。「教育の力は、貧しさの状況を改善、解決すると我々は深く信じています。弱い立場にある子供に学習器材や学習の機会を提供することで、より素晴らしい未来が彼らに開けるようにと願うのです」と、楊右任は語る。

素晴らしい未来のために

これらの新たなプロジェクトを実施するには、むろんさらに多くの資金が必要だ。中古コンテナの改造にしても、購入及び改装費用に台湾元で15万近くかかる。この問題を解決するために、同NGOは新たに、台湾の大企業から寄付を募ることにした。すでに台湾最大の靴チェーンである阿痩皮鞋から資金及び物流面での支援を得ている。また阿痩皮鞋は、コンテナ改装費用や運送費用にと、今年5月に100万台湾元の寄付をし、同時に全国に100店近くある店舗で古靴回収の協力を行なってくれている。

「私たちが現在得ている成果はすべて、多くの企業や一般の人々が送ってくれた物、寄付金、費やしてくれた時間などのおかげです。これらのプロジェクトを立ち上げたことによって、台湾の若者が自主的に他者、とりわけアフリカのこれらの僻地に暮らす貧しい人々を助けるようになってくれればと願います。やろうという思いさえあれば、私たちは彼らの暮らしを変えることができるのですから」と楊右任は言う。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!