逸旅,行路風景

:::

2017 / 4月

文‧田運良 翻譯‧Robert Green



行色匆匆悠悠,或穿梭於櫛比鱗次間、或徜徉在山高水長裡,甚或暫留歇停於轉乘換搭的驛站空間內,亦快、也慢,都被承載在旅程沿途的風景流變中……

旅程履跡遍於寶島各處,長如南北移動的跨日來回、短如街巷閒逛的直赴彎轉、悠閒如巔岸山海巡遊的慢行逸旅、緊湊如跨城越區去返的通勤趕赴,無論親臨一段踏青遠足、一回異地觀光、一遍親山抱水、一次名勝遊覽、一趟公務考察、一程極地探險、一生跨域流浪……,行越的每一步履,都牽繫著高鐵、台鐵、公路、捷運,乃至單車的隨行伴陪,眼前掃掠換替的風景各異,都是一幅幅台灣城鄉、庶民生活縮時映播的日常剪影。

*       *       *

已巡覽過高雄、宜蘭、基隆的「城都巡禮」,來到素享「文化城」譽稱的台中。台中地理位置適切、海陸空交通便捷,群聚、發達又勇於創新的文化新策,在在令城市風格鮮明而別具在地特色,正引領著時代新風潮,向上提昇城市的國際視野與萬千榮光。

「技臻藝境」引薦藏身於九份山城、但其美感絕技已譽揚世界的釘畫大師胡達華,粗手落搥釘下的每一塊金屬片馬賽克,所成就的每一幅意境釘畫,都是綻現家鄉情、台灣心的曠世奇作。

與國際合作發展基金會合作的「援外榮蹟」,鋪展著國合會二十年來著力國際社會多項援助工作,無論投資融資、技術合作、人道援助及國際教育訓練等領域,都累聚豐碩成績與成果。則此,以技藝、技術傳承而深耕中南美洲國家的援外計畫,早已落實、精進而茁然提昇友邦產業升級,更為台灣樹立相當美名讚譽。

「在地職人」敘說著三峽老街繁榮、沒落、重建、新生的百年歷程上,所孕育淬鍊多位堅持在地精神的職人們之生命故事,他們堅持本業、手作、初心,篤篤傳承著新舊融合的文化培力與世代價值;「影耀國際」則推薦台灣影視團隊於國際傳媒上,展現精湛實力的全華語力作《通靈少女》,該戲劇作品以台灣符碼元素入題、台灣劇組原創攝製,傳播於跨國頻道上而影耀國際。

*       *       *

行色匆匆悠悠與否,如每一段旅程在風景間經歷的出發或暫留、開拔與抵達、初逢和再見、流連忘返及戀棧遲歸,站站停後再駛,逸旅行路這般,人生亦復如此。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Pleasant Escapes

Tien Yun-liang /tr. by Robert Green


Setting out in haste or at leisure, amid mountains or beside waters—or even waiting at a station between trains— whether moving fast or slow, all is carried along upon the changing scenery that is the backdrop to your journey....

Travelers’ footsteps reach all corners of our land, on journeys as long as a tour of the whole island, or as short as a neighborhood stroll; as carefree as an escape to mountain or coast, or as hurried as an intercity commute. Whatever the reasons for the outing—to visit unknown places, to get close to nature, to see celebrated sites, to gather business information, to find adventure, to embark on a life of wandering.... Each trip relies on the aid of the high-speed railway, the regular rail network, buses, the metro or, at the very least, a bicycle. The sights that flash before the eye are different for each of these modes of transport, but all bring scenes from Taiwan’s towns and country­side, and brief glimpses into the lives of ordinary people. Such is the theme of this month’s cover story.

Our ongoing tour of Taiwan’s cities has already visited Kao­hsiung, Yi­lan and Kee­lung; this time we stop off in Tai­chung, long known as a city of culture. Centrally located and eminently accessible, Tai­chung is boldly embracing new cultural strategies. With distinctive panache, the city is showcasing the uniqueness of its local culture and setting new trends that broaden its international outlook.

This month’s Artists and Artisans feature introduces Hu Dar­far, ensconced in the mountain town of Jiu­fen, who has earned worldwide fame as a master of metal mo­saics. Each of the artworks hammered out by his rough hands expresses his love and affection for his hometown and for Taiwan.

The International Cooperation and Development Fund celebrated its 20th anniversary last year. Whether through investment, lending, technological cooperation, humanitarian assistance, training programs, or other initiatives, it has a rich record of accomplishment. By harnessing Taiwanese expertise and transferring technologies, its aid programs have left a lasting legacy in Central and South American nations.

This month we also tell the century-long story of the rise, fall, and rebirth of Sanxia and its environs. We explore the life stories of local artisans, dedicated to traditional skills and artistic creativity, who hope to pass on to a new generation the lasting value and cultural significance of crafts that blend the old and the new.

In another article, we look at the creation by our local TV and film community of HBO Asia’s first Chinese-language original series: The Teenage Psychic. This Taiwanese-produced series, incorporating representative elements of Taiwanese culture, will be broadcast on foreign networks and hopefully will dazzle international audiences.

Whether setting out at leisure or in haste, each journey unfolds amid departure and arrival, meeting and farewell, pleasurable lingering and reluctance to return home. But after each stop, one must set out again, for through the escape of travel, life too is renewed.

旅の風景を見つめる

文・田運良 翻訳・山口 雪菜


先を急ぐもよし、のんびり行くもよし。ビルの谷間から山地や海辺まで、時には乗換え駅の空間で足を止めるのも悪くない。スピードを味わうのも、何もしない時間を楽しむのも、すべてが旅の風景である。

台湾の至る所に旅の足跡が残る。台湾南北を移動する旅もあれば、街の路地を歩く旅もある。のんびりと山間や海辺の町を行くのもいいし、短い通勤の道も旅と言える。郊外へのハイキング、見知らぬ土地への観光旅行、山や水辺でのレジャー、名勝巡り、仕事の視察旅行、極地探検、放浪の旅……、いずれの旅も高速鉄道や在来線、道路、MRT、あるいは自転車等を足とする。そこを流れていく風景は、台湾の庶民の日常の縮図である。

*          *          *

これまで高雄、宜蘭、基隆をご案内してきた光華の「地方めぐり」シリーズ、今回は「文化の町」と称えられる台中を訪ねる。台湾の中央に位置する台中は、陸海空の交通の便もよく、常に新しいものを求める文化政策が積極的に推進されている。都市のスタイルを鮮明に打ち出したさまざまな活動が時代に新たな流れを起し、都市に国際的視野と輝きをもたらしている。

「美術と工芸」では、山あいの九份でひっそりと暮らしつつ、圧倒的な美で世界に知られる「釘絵」の大家・胡達華の作品をご覧いただきたい。空き缶から金属片を切り出し、それを板に打ち付けて制作するモザイク画には、郷土への思いがあふれている。

国際合作発展基金会(ICDF)と協力してお届けする「台湾の対外援助」では、ICDFの20年にわたる国際社会へのさまざまな援助活動をご紹介する。資金援助から技術協力、人道支援、そして国際教育訓練まで、ICDFは数々の成果を上げてきた。中南米諸国では工芸や技術指導による援助計画を早くから行っており、それらは友好国の産業レベルを高め、台湾の名声をも高めている。

「伝統工芸の再興」では、新北市三峡の古い町並みを見ていく。百年前に繁栄を謳歌した三峡の街区は、その後衰退し、再建され、生まれ変わった。その土地が育んできたのは地元を愛する多くの職人である。彼らは代々受け継いできた技術と精神を守り、そこに新たな文化と若い世代の価値を融合させている。

「注目の映像作品」は、台湾の映像制作者が国際メディアを通して世界に発表する中国語ドラマ『通霊少女』である。これは台湾独特の文化をテーマとした台湾オリジナルの作品で、台湾のクルーが製作し、国際チャンネルを通して世界で放送される。

*          *          *

急いで行くか、のんびり行くか。出発し、足を止め、出会いと別れを繰り返す。立ち止まっては再び前へ進む——人生もまた同じである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!