滿滿的帕塔奇籃

友邦貝里斯總督楊可為文學作品中譯出版
:::

2015 / 6月

文‧朱立群 圖‧莊坤儒


文學,是最溫柔,也是最富創造力的外交語言。我國友邦貝里斯總督楊可為爵士(Sir Colville Young)的文學著作《滿滿的帕塔奇籃:七個走進貝里斯的民間故事》,繁體中文譯本5月正式在台灣出版。


貝里斯舊稱英屬宏都拉斯,1981年脫離英國獨立,是中南美洲唯一的英語系國家。作為大英國協的成員,貝里斯以英國女王伊莉莎白二世為元首,總督則代表政府。1993年楊可為接受英女皇派任,擔任總督至今長達22年,深受該國人民愛戴。

文學家、藝術家、音樂家總督

出生在一個豐含音樂氣息的家庭,即使目前高齡83歲,楊可為全身上下仍散發濃厚的文藝氣息。私底下的他,既是作家、作曲家,也是一位知名的語言學家,針對貝里斯的克里歐語,投入多年專精的研究。此外,他更是一位深受貝國青年景仰的教育家,1974年自英國約克大學取得語言學博士學位後,曾先後擔任貝國聖麥克學院,及貝里斯大學前身、貝里斯大學學院的校長。

《滿》書收錄了楊可為創作的〈蛇屋〉、〈前往新世界〉、〈代表〉、〈聖誕節故事〉、〈博提牛蛙和他的鄰居〉、〈糖〉及〈公路之豬〉,共7篇以貝里斯民間社會為背景的短篇小說。

原書以英文寫就,初版於1991年出版,至今已在貝里斯7度再版。為了保存貝里斯最傑出的藝術和文學作品,當地的Cubola Productions出版集團自1995年起,以「貝里斯作家系列」為題,至今已出版5套的作家作品輯,其中包括楊可為改編的一篇舞台劇劇本,以及收錄在《滿》書裡的〈代表〉和〈糖〉。

文字創作是他的心肝寶貝

此次《滿》的中譯版由格林文化出版,譯者是中央社前駐日內瓦記者周盈成。楊可為趁5月訪台之便,出席了外交部為其舉辦的新書發表會,並由促成中譯本問世的中華民國外交部部長林永樂親自擔任記者會主持人。

楊可為表示,書名的關鍵字「帕塔奇」(Pataki)是一種編織綿密的籃子,貝里斯人早年經常使用,但目前幾乎已經失傳。楊可為說,書名取作《滿滿的帕塔奇籃》,除了感傷老舊的美好事物無聲地流逝,同時也意在提醒人們對其加以保存並延續其生命。

楊可為說,集子裡7篇故事的發想,皆以貝里斯社會為背景,每篇故事背後都蘊含人生道理。媒體詢問楊可為自己最喜歡哪一篇故事,他謙虛地說,成書多年,書中的故事內容他已不復記憶;他建議讀者們自行閱讀,選出自己最喜歡的篇章。

閱讀貝里斯吹來的涼風

作為楊可為的好朋友,外交部長林永樂透露,《滿》書裡的每一篇故事都像是楊可為的孩子,「每一篇都是寶,每一篇他都非常喜歡。」

楊可為表示,這些故事都是貝里斯社會的實況反映,有些殘酷的現實經由故事情節的鋪陳,微言裡的大意,反而更能清楚澄澈地浮上眼前,啟發讀者深思。他舉〈公路之豬〉為例說,貝里斯以前是殖民社會,現在則是移民社會,這篇故事的主人翁是一名撞死英國白人的卡車司機,通篇故事傳達出對族群和諧共處的期許。

格林文化創辦人郝廣才分享當初閱讀《滿》書初稿的心情,他說,讀著讀著,彷彿感受到從加勒比海吹來涼風,沁人心肺。他說,這本書非常適合青年少年閱讀,「我們鼓勵年輕人面向國際,這股來自貝里斯的徐徐微風,來的正是時候。」

此次是楊可為第6度訪台,在台期間他也南下前往中山大學拜會詩人余光中,並送上《滿滿的帕塔奇籃》一書以及由他作曲的CD,余光中則以自己的中詩英文譯作《守夜人》(The Night Watchman)回贈。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Belizean Governor-General’s Stories Published in Chinese

Sam Ju /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Geof Aberhart

Literature can be a form of diplomacy, one rich in warmth and creativity. One reflection of this is the publication in May of a Chinese-language translation of Pataki Full: Seven Belizean Short Stories, an anthology penned by Sir Colville Young, the current governor-general of ROC diplomatic ally Belize.


Formerly known as British Honduras, Belize became independent in 1981, and to this day it remains the only English-speaking country in Central and South America. Sir Colville Young was appointed governor-general of Belize by Queen Elizabeth II. He has remained in the post for 22 years to date, and has become a beloved public figure in his home country.

Writer, artist, musician, governor-general

Now 82 years old, Sir Colville was born into a musical family, immersed in the arts and culture. In his private life, he is a writer, composer, and respected linguist, having invested many years into studying Belizean Creole and having graduated with a doctorate in linguistics from the University of York in England in 1974. After returning to Belize, he served as principal at St. Michael’s College, and then as president of the University College of Belize, one of the parent schools of the current University of Belize.

Pataki Full collects seven short stories written by Sir Colville—“The House of Snakes,” “To the New World,” “The Representative,” “Christmas Story,” “Bertie Bullfrog and his Neighbours,” “Sugar,” and “Road Hog”—all set against the backdrop of Belizean society.

His greatest love

The Chinese edition of Pataki Full is being published by Grimm Press, and Sir Colville even traveled to Taiwan in May, participating in a book launch planned by the Ministry of Foreign Affairs and hosted by David Lin, minister of foreign affairs and the driving force behind the translation.

A “pataki,” explained Sir Colville, is a traditional woven basket that was once commonplace in Belize, but has all but fallen by the wayside today. The reference in the book’s title is not only a mourning of the silent disappearance of such beautiful traditions, but also a reminder to all of us to treasure and preserve what remains.

The seven stories in the collection are all set against a Belizean backdrop, and each has its own lesson. When asked by the press which story was his favorite, Sir Colville smilingly responded that it had been so long since the book first came out (in 1991), that he had all but forgotten them, and he urged the audience to read and discover them for themselves.

Minister of Foreign Affairs David Lin, a good friend of Sir Colville’s, added that each of the stories in Pataki Full was like one of Sir Colville’s children, and that “he loves every one of them.”

A breeze from Belize

Sir Colville explained that these stories can be said to reflect Belizean society, with some harsh realities woven through them to inspire readers to think more deeply. In “Road Hog,” for example, Belize’s colonial past and migrant present figuratively collide as the Belizean protagonist runs his truck into a white British man, killing him. Throughout, the subtext of the story is concerned with ethnic relations in the country and the hope that people can all just get along.

Founder of Grimm Press Hao ­Kuang-tsai also shared his feelings upon reading the first draft of Pataki Full in Chinese. He remarked that reading it felt like a “refreshing Caribbean breeze,” and that he considered the book particularly appropriate for young adult readers. “We encourage our youth to look to the world, and this breeze from Belize has arrived at the perfect time.”

This was Sir Colville’s sixth visit to Taiwan, and while here he took time out to travel to Kao­hsiung’s National Sun Yat-Sen University to visit poet Yu ­Kwang-chung, presenting him with a copy of the Chinese edition of Pataki Full and a CD of Sir Colville’s own compositions. Yu, in return, gifted Sir Colville an English-language collection of his own poems entitled The Night Watchman.

ベリーズ総督の文学作品『パタキ・フル』 繁体字中国語訳が台湾で出版

文・朱立群 写真・荘坤儒

文学は、最も優しく創造力に富んだ外交言語である。我が国の友好国、ベリーズのコルヴィル・ヤング総督の著書『パタキ・フル』の繁体字中国語訳が5月に台湾で出版された。


ベリーズはかつてイギリス領ホンジュラスに属し、1981年に独立、中南米で唯一の英語を公用語とする国である。英連邦王国のひとつで、エリザベス二世を元首とし、総督が政府を代表する。女王の命を受けて1993年に就任したヤング総督は、広く国民から慕われている。

文学者、芸術家、音楽家の総督

83歳のヤング総督は音楽家一家に生まれ、作家、作曲家であり、言語学者としても長年にわたりベリーズ・クレオール語を研究してきた。さらに総督は若者に慕われる教育者でもある。1974年に英国のヨーク大学で言語学博士の学位を取得し、ベリーズの聖ミカエル・カレッジやベリーズ大学の前身であるベリーズ・カレッジの学長を務めてきた。

今回台湾で出版された著書は、「蛇の家」「新世界へ」「代表」「クリスマスの物語」「ウシガエルのバーティーとその隣人」「砂糖」「道路の豚」というベリーズの社会を背景にした7つの短編小説を集めた一冊だ。

原書は英語で書かれており、1991年に出版されて以来、ベリーズ国内で7版を重ねている。ベリーズの優れた文学作品を後世に残すために、現地のクボラ・プロダクション出版グループは、1995年以降「ベリーズ作家シリーズ」を出しており、その中にはヤング総督が改編した舞台劇の脚本と「代表」「砂糖」なども入っている。

文学創作を愛する

今回、この作品の中国語版を出したのは格林文化出版、翻訳は中央通訊社ジュネーブ駐在記者の周盈成である。ヤング総督は5月に台湾を訪れた際、外交部が主催した出版発表会に出席し、繁体字中国語版の出版を推進した中華民国の林永楽・外相が自ら記者会見の司会をした。

ヤング総督によると、書名の「パタキ」というのは、かつてベリーズの人々がよく使っていた目の細かい編みカゴのことだが、今はその伝統も失われつつあるという。書名を『パタキ・フル』としたのは失われゆく古き良きものを惜しむ気持ちからであり、またその伝統を残してほしいと人々に伝えるためでもあると言う。

ヤング総督がこの一冊に収めた七つの物語は、すべてベリーズの社会を背景としており、いずれも人生の道理を説いている。自分が一番好きな物語はと問われ、ヤング総督は本を出してから長年になるので、内容はもう覚えていないと謙虚に語り、ぜひ自分で読んで好きな作品を選んでほしいと述べた。

ベリーズからのそよ風を受けて

ヤング総督の友人でもある林永楽・外相は、七つの物語はすべてヤング総督の子供のようなもので「一つ一つが宝物であり、総督はどれもお好きなのです」と語った。

どの物語もベリーズの現実の社会を反映しており、中には少し残酷なところもあるが、読者に深く考えさせるとヤング総督は語る。例えば「道路の豚」という作品がある。ベリーズは以前は植民地で、今は移民社会であり、この物語の主人公はイギリスから来た白人を交通事故で死なせてしまったトラック運転手だ。民族の平和な共存への願いが込められた物語である。

格林文化出版の郝広才は、初めてこの本を読んだ時、カリブ海からの風が身体にしみていくような感覚を覚えたと言う。この本は青少年の読書にふさわしく「国際化に直面する若者にとって、ベリーズから吹くそよ風に触れるにはちょうど良いタイミングです」と述べた。

6度目の訪台となるヤング総督は、南部の中山大学に詩人の余光中を訪ねて『パタキ・フル』と自らが作曲したCDを贈呈し、余光中氏は英訳した詩集『守夜人(The Night Watchman)』を贈って交友を深めた。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!