印尼第二大城泗水

台商共寫奮鬥史
:::

2017 / 11月

文‧劉嫈楓 圖‧林旻萱


擁有三百多萬人口的泗水,是印尼第二大城,亦是現代化程度極高的城市,自1970年代開始就有台商進駐,1990年代印尼經濟起飛時又有大批台商進駐,如今已處處留有台灣人的足跡。


諸多台灣人寫下的泗水故事中,集偉紙業前副總裁林永祥在其中,堪稱是元老級人物。

在台灣從事造紙工作,曾就讀文化大學化工系造紙組第一屆的林永祥,當時即深受印尼企業青睞。後來全球前十大紙業公司之一的亞洲紙漿APP的印尼華人企業金光集團,更特地來台,延攬林永祥加入團隊。

40載時光飛逝,林永祥還記得當年在圓山飯店與黃志源碰面相談的那一天。現已是金光集團董事長的黃志源,當年剛返回印尼進入家族企業,準備開拓自己的事業。

當時黃志源的年紀與林永祥相當,然而他的一番願景深深打動了林永祥。於是,年方三十多歲的林永祥便和數位台灣幹部一同前往印尼,成為印尼華商金光集團旗下集偉紙業最重要的中堅份子。

林永祥1976年抵赴泗水的那年,僅有零星台商進駐,後來推助台商前赴印尼投資的「南向政策」更尚未論及。當年公司為林永祥及為數不多的台灣員工,特地打造專屬宿舍,算上員工和眷屬,最高峰時期,台灣人曾達二百人,儼然像是小小台灣村。

有了這群先遣部隊打頭陣,加上印尼在九○年代中期,政策、產業結構轉型等內外因素下,掀起一波投資熱,泗水台灣人也明顯增多,而隨林永祥一道赴任的僑務委員何麗容,也和幾位台商,催生泗水台灣學校。

「學校成立時什麼都沒有,學生上課的課本、筆記本,都是靠著台商們彼此幫忙,七拼八湊來的。」何麗容說。學生寫作業的筆記本是由林永祥任職集偉紙業贊助、學生上課的教室也是幾位熱心台商湊錢募款,租下街邊三間店面權充而成。

如今的泗水台灣學校占地七公頃,校舍寬敞明亮,當年辛苦的景象雖不復見,而這從無到有的創辦歷程,也宛若紀錄了台灣企業於泗水的軌跡。

興建泗水首條高速公路

三十多年來,台商在泗水寫下的故事中,更少不了榮工處這一頁。

自五○年代以來,遠至埃及、巴林……等國家,都有榮工處築路搭橋的足跡。1973年,榮工處工程團隊的腳步也來到蘇門答臘,並在八○年代為印尼興建第一條高速公路連結泗水與瑪瑯。榮馬工業區營運長伍景台表示,榮工處的主業原在營建工程,在當時卻意外成立榮馬工業區,當起台商最好的後盾。

八○年代,新台幣升值,不少台商難抵經營壓力,轉赴國外投資,而對外商敞開大門、人力成本低廉的印尼成為最佳首選。然而,法規執行模糊的灰色空間無所不在,加上語言不通,台商吃了不少悶虧。「被合夥者捲款併吞,土地產權弄不清楚,時有所聞;那些事情是你想都沒有的事;唉,很辛苦吶。」一場飯局上八、九位台商,憶及異地求生的辛苦日子,談笑間不免唏噓喟嘆。

那時台商遭逢的種種難題,促使榮工處出面,於1991年與大馬投資集團打造榮馬工業區,減輕了台商在外獨自購地建廠難題。九○年代後,大量台商進駐印尼,榮馬工業園區的台商比例也達到最高峰,有八成廠家來自台灣。

對景氣變化一向敏銳的榮馬工業區,5年前更深切體會印尼市場的熱度。近500公頃的園區用地,已銷售一空,十多國、九十多家橫跨衛材、汽車五金、食品等產業企業,聚集在榮馬工業區。「現在企業想在園區買地,已沒有辦法了。」包括日本Toyota、台灣瓶蓋大廠宏全、中國大陸食品集團蒙牛都是在近5年內,進駐榮馬工業園區。比起初創時期的銷售速度,近半的園區土地,都是在近四、五年銷售完畢。

成功背後,辛苦誰人知

幾乎於同一時期到泗水設廠投資的IDP集團董事長閻文台、Lezen Indonesia董事長李博禧,兩人成功事業後的辛苦奮鬥,同樣為泗水的發展,竭盡所能。

走進IDP廠區大廳,層架上擺滿CHANEL、PRADA、GUCCI等歐美品牌各式精美紙袋,全出自IDP作業線。另一處分別掛著印尼、中國、紐約、英國4個時區的時鐘,更標示了閻文台立足印尼,所打下的全球版圖。

閻文台前往印尼前,是一名貿易商。而後應英國客戶要求,開始生產小批量、製作難度不高,多用於禮品包裝的紙袋,外銷至英國等地。

當時閻文台位在新店的工廠,規模並不大,員工僅有30人,但大量仰賴人力的生產方式,依然深受新台幣升值、薪資成本上揚等壓力影響。於是他走訪鄰國,尋找合適的投資地點。不少台商選擇中國大陸、泰國,也都曾是閻文台的選項。經評估後,他認為印尼投資環境相對穩定,於是在1991年來到泗水設廠。

設廠不久後,亞洲金融風暴發生,自泰國起始的危機,一路蔓延至印尼,印尼盾大幅貶值,不少企業遭受重創倒閉,或被迫撤出印尼。專攻外銷市場的IDP,是少數從中獲利的企業。由於印尼幣貶值,生產成本大幅降低,生產線員工每月薪資不過30美元。

2000年,IDP的紙袋版圖更跨出印尼,閻文台前往大陸蘇州設廠,而後英國、美國也都設有辦公據點。如今,IDP員工成長至800人,在印尼3.6公頃的廠區生產出的紙袋種類,更已超過數百樣。

走進Lezen Indonesia董事長李博禧一手打造的廠區,架上產品是一雙雙琳瑯滿目、流行時尚的男女休閒鞋。

李博禧落腳印尼的故事起點,和大多數台商相仿。到印尼前李博禧在台灣已擁有一間小型鞋廠,產品主要外銷歐美市場,同樣於受到新台幣升值、薪資成本上揚的雙重壓力,轉而前往鄰近的大陸、東南亞國家考察。不料,李博禧最後前往大陸設廠的計畫,卻遇上天安門事件爆發,在朋友引薦下,轉而到泗水設廠。

距離泗水機場不遠的偌大廠區,二十多年前落成時,由於太過新穎,甚至讓當地人一度誤以是高級飯店,不敢進門應聘,廠區大門前的招聘通知,貼了好幾個月,員工才終於募齊。

「那個年代的台商都是單槍匹馬前來,外人眼中的成功辛酸,不足為人所道的苦水,都只能在異地裡獨自吞下。有時遇人不淑被當地合作夥伴併吞股權,有時又遇上罷工,類似的故事滿地都是。」李博禧說。

2001年,李博禧的公司也曾一度面臨客戶抽單的危機。主因為美高爾夫球品牌生產球鞋的業務,在911事件發生後,美國客戶對穆斯林國家多有顧忌,不願將訂單下予相關所在地的廠家,李博禧公司生意大受影響,所幸,透過朋友轉介,才填補了業務空缺。

專業出發,台商新二代接班

台商第二代王鴻博,接掌家中Aluminum Extrusion Divison的製鋁事業,雖未如叔伯輩一切從零開始,但關於他們口中所述說的故事,卻早有體會。因為父親的印尼投資事業,王鴻博在11歲那年也跟來到印尼。他的新生活展開不久,父親的公司就遭到合夥股東併吞,而負債累累。小小年紀的他,輾轉住在旅館、同學家中,懵懂間也體會商場世界的無情炎涼。

2004年,王鴻博中斷負笈日本的留學生涯,返回印尼管理公司。為了盡快理解公司營運,當年不過二十多歲的他,每天泰半的時間都在生產線。

王鴻博初接下公司裡的鋁業生產生意,許多人見他年輕,更戲稱他是童子軍,未將他放在眼裡。外人的輕蔑、嘲弄,王鴻博全不以為意。「結果才能證明一切」他說,在接手前,公司已換了好幾個總經理,生意都未有起色。然而,如今十多年過去,「當年工廠的機具不過2台,如今已大幅成長至30台。」他說。

1976年出生的他,兒時就讀國際學校,而後赴日求學,養成王鴻博專業導向的經營風格。身為年輕的台商第二代,對於世代接班交棒的議題,王鴻博深有體會。「外在的壓力尚在其次,台商上下世代的經營理念,恐怕才是最難的挑戰。」他分析,早年台商單打獨鬥,在異地商場遭受內外夾擊,吃了不少苦頭,「久而久之,形成了『老闆一人說了算』的決策模式。」他說。中小企業普遍缺乏專業經理人的管理模式,當講求專業優先的年輕世代進入公司管理,也埋下世代間衝突的因子。

隨著老一輩台商年紀漸長,年輕世代日漸茁壯,接班議題已然浮現。好在,台灣年輕二代依然保有上一代的靈活,也擁有歐美專業思維。「前進印尼市場,也將是台灣的優勢。」他說。

印尼正在進步當中

比起眾前輩台商,動輒以「20年」起跳的年資,甫於今年7月設廠的順昶,是最新加入泗水行列的台商生力軍。

順昶塑膠是台聚旗下子公司,主要生產用於尿布、衛生棉等衛生用品的塑膠膜,除泗水之外,在大陸天津、馬來西亞檳城,也同樣設有海外生產基地。選擇前往印尼設廠,「一方面是跟隨客戶的腳步,一方面也是見到印尼內需市場的商機。」順昶塑膠廠長吳文郁表示。

包括人口數量、新生兒比例,以及現代化的程度,都是公司決定投資與否的指標,新興的印尼市場恰恰滿足了上述重點。吳文郁解釋,排行世界前四大人口國的印尼,擁有2.6億人口,新生兒比率極高;不少女性加入就業行列,工作所得增加,投入家務時間壓縮,使用尿布、衛生棉等衛生耗材的意願提升。

6年前,順昶前來印尼考察投資,主要為衛材核心生產地的雅加達、泗水,皆是考察地點。不料,本就飽受塞車之苦的雅加達,適逢大雨侵襲,城區交通要道淹水,種種不利設廠的條件全部湧現,幾經衡量,轉而選擇泗水設廠。

60人、2條產線投入生產,每月可提供2,400噸的產能,新建廠房的另一端,第三條產線也正積極布建,一旦投產,公司產能也將提升至4,000噸。

數十載過去,如今在泗水的台商已有三百多家,關於泗水的變化,幾度進出印尼,現為泗水台灣工商聯誼會理事長黃麗真,有極其深刻的觀察。

「當年落腳泗水的台商,第一波湧現的產業,是自高雄大發工業區外移的汽車五金等產業。」黃麗真說。而後,紡織、成衣等產業相繼進駐。由於設廠泗水的台商,多半仍以中小型企業為主,也未出現特定集中的產業,種類別甚為不同。黃麗真仍記得當時台商聚集泗水的盛況,「有時開車,常常短短3公里就聚集了無數家的台商;台商最多時,泗水天天都有航班直飛台灣。」

在黃麗真的舊日回憶中,伴隨的是辛苦的異地生活。出現於泗水市區的熱鬧商城,都是在近年才一棟棟蓋起,早年印尼公共建設不足,道路設施不若現在,電信設備普及率不高,不少外地工人要撥電話回家,還得特地前往市區電話中心轉接。

如此景況正悄悄轉變,以泗水台商會館鄰近區域為例,過去周遭一片荒蕪,然而近幾年來,隨著當地民眾所得增加,以往鮮少見到的新式住宅一棟棟蓋起。

「儘管仍有改善空間,然而,如今印尼正在進步當中!」黃麗真說。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Surabaya, the Years of Struggle:

Taiwanese Firms in Indonesia’s Second City

Liu Yingfeng /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Phil Newell

Surabaya, with a population of 3 million, is Indonesia’s second largest city, and one of its most modern. Taiwanese businesspeople first began going there in the 1970s. In the 1990s a large new group moved in, and today everywhere you look you see signs of their presence.


Of all the Taiwanese who have written their stories in Su­ra­baya, Yudi Se­tia­wan Lin, former president director at paper makers Pabrik Kertas Tjiwi Kimia, can be considered in the class of “elders.”

Lin, who was in the first class to graduate from the Paper Manufacturing Group of the Department of Chemical Engineering at Chinese Culture University and initially worked in paper manufacturing in Taiwan, was at that time very highly thought of by companies in Indonesia. The Sinar Mas Group, which was founded by Indonesians of Chinese descent and later built Asia Pulp and Paper (APP) into the third largest paper pulp company in the world, came specially to Taiwan to recruit Lin onto their team.

Lin, who by then was still only in his 30s, went to Indonesia with several of his staff from Taiwan, and they became the core group at ­Tjiwi Ki­mia, under the flag of the Sinar Mas Group.

In 1976, the year Lin arrived in Su­ra­baya, there were only scattered Taiwanese businesses there, and the later “Go South Policy” that encouraged Taiwanese to invest in Indonesia had not even been mentioned yet. Lin and his compatriots in the company were among the few Taiwanese in Su­ra­baya. The company built a dormitory expressly for these Taiwanese staffers, and at the peak there were 200 people there including employees and their family members, just like a little Taiwanese village.

With this vanguard in place, in the middle of the 1990s, due to internal and external factors in Taiwan including policy changes and transformation of the industrial structure, there was a wave of enthusiasm for investing in Indonesia. The number of Taiwanese in Su­ra­baya increased markedly, and Erina Ho, now a member of the ROC government’s Overseas Community Affairs Council, who had gone with Lin, her husband, to work in Indonesia, got together with several Taiwanese businesspeople to set up the Su­ra­baya Tai­pei International School.

“When the school was first founded it had nothing, and it relied on Taiwanese businesspeople for textbooks and exercise books. It started out with a very motley collection of stuff,” recalls Ho.

Today the Su­ra­baya Tai­pei International School’s campus covers more than seven hectares, with expansive and well-lit buildings. The harsh conditions of the old days are long gone, but the process of the school’s founding and development from such humble beginnings bears witness to the history of Su­ba­raya’s Taiwanese business community.

Building Surabaya’s first freeway

Of all the stories written by Taiwanese businesses in Su­ra­baya over the past 30-plus years, one that must be told is that of the Ret-Ser Engineering Agency (RSEA).

Since being founded in the 1950s, RSEA has gone as far as Egypt and Bahrain to undertake road building and bridge construction projects. In 1973 a team from RSEA arrived in Sumatra, and in the 1980s they built Indonesia’s first freeway, from Su­ra­baya to Ma­lang. Wu ­Ching Tai, senior marketing executive for the ­Ngoro Industrial Park (NIP), states that RSEA’s main line of business was originally construction engineering, but at that time, quite incidentally, they also founded the NIP, serving as the best possible support for Taiwanese businesses.

In the 1980s, as the NT dollar appreciated and Taiwanese wages rose, many businesses found it increasingly hard to stay afloat in Taiwan and invested abroad, with Indonesia becoming the top choice. However, in Indonesia there were gray areas in the enforcement of laws of all kinds, and when added to the language barrier, Taiwanese businesses there suffered a lot.

The many difficulties faced by Taiwanese businesses at that time caused RSEA to get together with investors In­ti­land Se­jah­tera to build the NIP, easing the problem of Taiwanese firms having to buy land and build factories on their own. Starting in the 1990s, large numbers of Taiwanese businesses moved into Indonesia, and the proportion of Taiwanese firms in the NIP reached its peak, with 80% of the companies coming from Taiwan.

The NIP, which has always been sensitive to economic conditions, began to feel an upsurge in the Indonesian market five years ago. The nearly 500 hectares of land in the industrial park sold out completely, and more than 90 firms from ten-plus countries, involved in everything from medical supplies to automotive parts to food processing, clustered together in the NIP.

Behind success, tribulations

Bob Yen, chairman of the IDP Group, and Kenny Lee, president director of Le­zen Indonesia, came to Su­ra­baya to invest in new factories there at about the same time. Both had to overcome many trials and tribulations to achieve success, and both have given their all to Su­ba­raya’s development.

Inside the IDP factory building, we see racks filled with a display of exquisite paper bags marked with the names of European designer brands such as Chanel, Prada, and Gucci—all of which came off IDP’s production lines. In another place are hung four clocks showing the times in Indonesia, China, New York, and the UK, clearly indicating the global domain Yen has built for himself, all starting from a foothold in Indonesia.

Before going to Indonesia, Yen ran a trading company. Later, in response to a request from a client in the UK, he began making small batches of paper bags (mostly for use in wrapping gifts), which are not difficult to manufacture. He sold them into the UK and other locations.

At that time Yen’s small factory in New Ta­ipei City’s Xin­dian had only 30 employees, but its labor-intensive form of production meant that it came under pressure from the appreciation of the NT dollar and Taiwan’s sharply rising wage costs. After visiting mainland China and several Southeast-Asian countries, Yen found the investment environment in Indonesia to be more stable than in the other locations, so in 1991 he came to build a factory in Surabaya.

Not long after the factory was built, the Asian financial crisis occurred. IDP, which specializes in selling to overseas markets, was one of the very few firms to make a profit out of it. This was because production costs plummeted due to the huge depreciation of the Indonesian currency, the rupiah.

In 2000 IDP expanded its territory beyond Indonesia, as Yen decided to build a factory in Su­zhou, mainland China. Later he also opened offices in the UK and the US. Today IDP employs 800 people, and produces hundreds of types of bags, on its 3.6-hectare factory site in Indonesia.

When you walk into the factory belonging to Le­zen Indonesia that Kenny Lee built up single-handedly, the products displayed on shelves are instead pair after pair of men’s and women’s fashionable leisure shoes.

The starting point of Lee’s story in Indonesia is similar to that of the great majority of Taiwanese businesspeople. Before coming to Indonesia, Lee had a small shoe factory in Taiwan, and sold most of his products abroad. He similarly felt the twin pressures of an appreciating NT dollar and rising wages in Taiwan, so he went on fact-finding trips to mainland China and Southeast Asia. Lee eventually decided to set up a factory in mainland China, but then the Tiananmen Incident occurred, so at the recommendation of some friends he turned to Surabaya to build his factory.

“At that time, Taiwanese businesspeople all came here single-handedly. The pain behind the success that others see, and the suffering that is not easily expressed, all had to be endured alone in a foreign land,” says Lee.

In 2001, Lee’s company faced a crisis of customers withdrawing orders. This was because his company mainly produced shoes for American golfing brands, and after 911, American customers felt qualms about Muslim countries, and were not willing to give orders to a company that was located in one. The company’s business was greatly affected, but fortunately, through an introduction by a friend, he was able to make up the shortage of orders.

The second generation takes over

Second-generation Taiwanese businessman Paul Wang took over the management of his family’s company, Metals Indonesia. Although he didn’t have to start from scratch as the previous generation did, he has long understood their experience from the stories they would tell. After his father invested in Indonesia, Wang came to join him there at the age of 11.

In 2004, Paul Wang cut short his studies in Japan to return to Indonesia and help run the family firm. To understand the company’s operations as quickly as possible, Wang, who was only in his early 20s, would spend most of his time each day at the production lines.

“Outside pressure is only a secondary issue. It’s unfortunately the conflicting management philosophies of different generations within Taiwanese businesses that are the biggest challenge.” In Wang’s analysis, Taiwanese businesses in the early days were fighting on their own in a foreign land, beset by market challenges and often suffering setbacks. “After a while, the decision-making model came to be, ‘whatever the boss says goes.’” Given that most small and medium-sized enterprises have no professionally trained managers, when they bring in members of the younger generation, who believe in putting expertise first, to join in the management of the company, this plants the seeds of inter­generational conflict.

As the first generation of Taiwanese business­people ages, the next generation is going from strength to strength, and the issue of succession naturally comes up. Fortunately, the younger generation of Taiwanese has kept the flexibility of the older generation, while adding the professional approach of the US and Europe. “Going into the Indonesian market, Taiwanese definitely have an advantage,” says Paul Wang.

Indonesia is making progress

In contrast to the previous generation of Taiwanese businesspeople, who have at least 20 years of experience in country, Swanson Plastics Indonesia, which finished setting up its factory only in July of this year, is one of the newest Taiwanese businesses to join the ranks of Su­ra­baya firms.

Swanson is a subsidiary of the USI Corporation, and mainly produces plastic films for use in diapers, tampons, and other personal hygiene products. The reasons they chose to set up in Indonesia were that “on one hand, we are following in our clients’ footsteps, and on the other, we see commercial opportunities in Indonesia’s domestic market,” says Wayne Wu, Swanson’s production manager.

Indicators on which the company bases its decisions whether or not to invest in a location include total population, birthrate, and degree of modernization, and the newly rising Indonesian market satisfies its conditions in all these respects. Wu explains that Indonesia, with 260 million people, ranks fourth in the world terms of national population. The birthrate is also extremely high. As women join the workforce, their incomes will increase and their time to invest in housework will shrink, so their willingness to use diapers, tampons, and other hygiene consumables will rise.

Six years ago, when Swanson decided to check out Indonesia for possible investment, they visited Jakarta and Su­ra­baya, which are the core production areas for hygiene products. Unexpectedly, when they were in Jakarta, which has long been plagued by traffic congestion, they also encountered an onslaught of heavy rains, and the city’s main roads were flooded. In fact, a variety of conditions that made it disadvantageous to locate a factory in Jakarta became apparent, and after careful consideration, they chose to invest in Surabaya.

Several decades on, today more than 300 Taiwanese firms are in Su­ra­baya. As for the changes in Su­ra­baya, Grace ­Huang, who over the years has spent several periods working in Indonesia, and is currently chairwoman of the Surabaya Taiwan Business Club, has some profound observations.

“Back in the day, the first wave of Taiwanese firms to settle in Su­ra­baya were mainly automotive hardware makers who moved out of the Dafa Industrial Park in Kao­hsiung,” Huang says.

Later, industries such as textiles and garments moved in. In ­Huang’s memories of the old days, what followed was a hard life in a foreign land. The bustling shopping centers that now appear in Su­ra­baya were all built in recent years. In the early days Indonesia’s infrastructure was inadequate, roads were not as they are now, and the availability of telecommunications services was patchy.

These old circumstances are being transformed, and the degree of change has been especially large in recent years. For example, says ­Huang, in the past the whole area around the Su­ra­baya Taiwan Business Club was overgrown wasteland. But in recent years, as the income of local people has risen, new-style residential complexes of a kind you rarely saw in the past are being built one after another.

“There’s still room for improvement, but Indonesia is making progress!” Grace ­Huang declares.

インドネシア第二の都市

スラバヤの台湾企業奮闘記

文・劉嫈楓 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

スラバヤの人口は300万人、インドネシア第二の都市である。1970年代から台湾企業がここで活動し始め、インドネシア経済がテイクオフした1990年代には多くの台湾企業が進出、今では至るところに台湾人の足跡が見られる。


スラバヤには多くの台湾人の物語があるが、その中でチウィ・キミア(集偉紙業)の林永祥・元副総裁は元老級の人物と言えるだろう。

林永祥は文化大学化学工学科製紙組の第一期卒業生で、台湾の製紙業界で働いていたが、後にインドネシア華僑が経営するシナルマス・グループの目に留まり、その傘下で世界十大製紙会社の一つに数えられるアジア・パルプ・アンド・ペーパー(APP)に引き抜かれた。

それから40年が過ぎた。林永祥は、40年前に台北の圓山飯店でテグー・ガンダ・ウィジャヤ(黄志源)氏と面会した時のことを今も覚えている。現在シナルマス・グループのCEOを務めるウィジャヤ氏は、当時、インドネシアに帰国して家族が経営するシナルマス・グループに入り、己の事業を開拓したいと考えているところだった。

その頃の林永祥は30代、ウィジャヤ氏のビジョンに感銘を受け、数人の仕事仲間とともにインドネシアに渡り、APPにおける重要な中堅社員として働くことを決めた。

林永祥がスラバヤに渡った1976年の頃、現地に台湾企業は数社しかなく、もちろん台湾の「南向政策」もまだまだ後のことである。会社は林永祥と台湾人社員のために専用の宿舎を建てた。最盛期には家族も合わせると台湾人は200人に達し、リトル台湾とも呼べる様相を呈した。

彼らが先遣部隊となり、90年代中頃にはインドネシアの政策や産業構造などが成熟し、スラバヤに進出する台湾人は増えていった。林永祥とともに赴任した僑務委員の何麗容と台湾企業経営者らによってスラバヤ台湾人学校も設立された。

「学校設立時はまだ何もなく、教科書やノートも台湾企業が協力して集めてきました」と何麗容は言う。ノートは林永祥の製紙会社が提供し、台湾企業が資金を出し合って通りに面した店舗を借りて教室とした。

現在のスラバヤ台湾人学校は敷地7ヘクタール、明るく広々とした校舎からは当時の苦労は感じられない。学校創設の歴史は、スラバヤにおける台湾企業の足跡とも言える。

スラバヤ初の高速道路建設

30年余り前のスラバヤにおける台湾人の歴史を振り返る時、我が国の国軍退除役官兵輔導委員会に属する栄民工程事業管理處(栄工処/栄民工程公司の前身)の存在に触れないわけにはいかないだろう。

1950年代以降、栄工処はエジプトやバハレーンで道路や橋を建設してきた。1973年にはスマトラでの事業が始まり、80年代にはインドネシア初の高速道路をスラバヤ-マラン間に建設した。スラバヤ郊外にあるンゴロ工業団地(NIP)上級マーケティング・エグゼクティブの伍景台によると、栄工処の当初の業務は建設だったが、当時、思いがけずンゴロ工業団地を設立することとなり、それが後に台湾企業にとって大きな拠り所となったという。

1980年代に入ると台湾ドルが値上がりし、台湾での経営が難しくなった多くの企業が海外投資を開始し、人件費が安く外資を歓迎していたインドネシアが良好な投資先となった。しかし、法令のグレーゾーンが多く、言葉も通じないため、多くの企業が苦しんだ。「パートナーに資金を持ち逃げされたり、土地の権利が曖昧だったりという問題はよく耳にしました。考えてもみなかったことですよ」と、台湾人が集まる食事会で、ある人がかつての苦しい日々を語ってくれた。

多くの台湾企業がこうした難題に直面し、栄工処が解決に乗り出した。1991年、栄工処はインティランド・セジャトラ社とともにンゴロ工業団地の開発を決め、これによって台湾企業の工業用地確保の課題を解決したのである。そして90年代以降、多数の台湾企業がインドネシアに進出することとなり、最も多い時にはンゴロ工業団地の8割を台湾企業が占めていた。

景気の変動に敏感なンゴロ工業団地では、5年前にインドネシア経済の熱気を感じることとなった。500ヘクタール近い工場用地は完売し、10数ヶ国から、浴室設備や自動車部品、食品など90余りの企業が進出してきたのである。この5年の間に日本のトヨタ自動車や、台湾のボトルキャップ大手の宏全、中国大陸の食品グループ蒙牛などが入居し、半分近く残っていた工業団地の土地は、この4~5年のうちに完売し、今では空いている土地はない。

成功の背後の苦労

ほぼ同じ頃にスラバヤに工場を設けたIDPグループの閻文台董事長とLezen Indonesiaの李博禧董事長は、事業成功のために苦労しつつ、スラバヤの発展にも貢献してきた。

IDPの工場のロビーに入ると、棚にはシャネルやプラダ、グッチなど、有名ブランドの美しい紙袋が展示されている。これらはすべて同社が生産したものだ。ロビーの壁にはインドネシア、中国、ニューヨーク、ロンドンそれぞれの時間に合わせた時計があり、インドネシアから全世界を見渡すという意味が込められている。

インドネシアへ来る前、閻文台は貿易商だったが、ある時、イギリスの顧客の求めに応じて、難度の高くない小ロットのギフト用紙袋を生産し、海外へ輸出し始めた。

当時、新店にあった彼の工場は小さく、従業員も30人ほどだった。大量の人手を必要とする工程だが、台湾ドルが高騰し、人件費が大きな負担になった。そこで近隣諸国に移転先を探すことにした。多くの台湾企業と同様、閻文台も中国大陸やタイを考慮したが、インドネシアの投資環境は相対的に安定していると考え、1991年にスラバヤに工場を設けたのである。

だが、間もなくアジア金融危機が発生した。タイから始まった金融危機はインドネシアにも広がり、インドネシアルピアが大暴落して多くの企業が倒産に追い込まれ、あるいはインドネシア工場をたたんだ。そうした中、輸出をメインとしていたIDPは利益を確保することができた。インドネシア通貨の下落で生産コストが下がり、従業員の給与も月30米ドルに満たなかった。

2000年、IDPはさらに海外展開を進め、大陸の蘇州に工場を設立し、英米にもオフィスを設けた。現在、同社の社員数は800人、インドネシアの3.6ヘクタールの工場では100品目以上を生産している。

一方、Lezen Indonesiaの李博禧董事長が一から立ち上げた工場に入ると、棚にはファッショナブルなカジュアルシューズが並んでいる。

李博禧の物語は多くの台湾人企業家と共通している。インドネシアに来る前は台湾で小さな製靴工場を営んでいた。製品は主に欧米市場に輸出していたが、台湾ドルと人件費の高騰で工場の海外移転を考え始めた。中国大陸や東南アジアを視察して大陸での工場設立を計画している時に天安門事件が起り、友人の勧めでスラバヤへの移転を決めたのだという。

スラバヤの空港から遠からぬ巨大な工場は20年前の完成時には外観が立派過ぎて、地元の人々は高級ホテルだと思い、募集を始めても人が集まらなかった。門に人員募集の貼り紙をして何カ月もたってようやく人が集まったという。

「あの頃の台湾人ビジネスマンは皆一人でやってきて、他人には分からない苦労がたくさんありました。その辛さを皆一人で背負っていたのです。悪い人にひっかかり、現地のパートナーに会社を乗っ取られたり、従業員のストに遭ったり、誰もが同じような経験をしたものですよ」と李博禧は言う。

2001年、李博禧の会社ではある顧客からの注文がキャンセルになり、大きな打撃を受けた。アメリカのゴルフ・ブランドが、911同時多発テロの後、イスラム国家への注文を控える動きに出たのである。李博禧は友人から他の仕事を回してもらい、何とか売上の穴を埋めた。

世代交代――専門性の時代

王鴻博は家族が経営するメタルズ・インドネシアのアルミ事業を引き継いだ。上の世代のようにゼロから起業したわけではないが、11歳の時に父親とともにインドネシアへ移住したため、幼い頃からさまざまな問題を見聞きしてきた。インドネシアに来て間もなく、父親の会社がパートナーに乗っ取られて負債を抱え、ホテルや友人の家を転々としたこともある。

2004年、王鴻博は日本での留学生活を中断して帰国し、インドネシアの会社経営に加わった。会社の事業を理解するために、まだ20代の彼は毎日ほとんどの時間を生産ラインで過ごした。

会社のアルミ事業部門を引き継いだころ、周囲からは「こんな若造が」と見下され、相手にされないこともあったが、王鴻博はそんなことは気にしなかった。「結果が証明してくれる」と信じていたからだ。彼が会社経営を引き継ぐ前、総経理は何人も入れ替わったが業績は上がらなかった。それが、彼が引き継いで十数年で「当時は工場に2台しかなかったマシンが今は30台まで増えました」と言うのである。

王鴻博は1976年生まれ、インターナショナルスクールに通い、後に日本に留学して専門能力を身につけた。台湾企業の世代交代については、「外部からのプレッシャーより、上の世代との経営理念の違いこそ最大の課題でしょう」と言う。かつて台湾人経営者は一匹狼で長年苦労しながら戦ってきたため、それが積み重なり、「社長の一言ですべてが決まる」という体制が築かれてきた。中小企業では経営の専門性が欠けており、専門性を強調する若い世代が経営に加わると世代間の衝突が生じるのである。

年配の経営者が引退する年齢に達し、若い世代による引き継ぎの問題が浮上している。幸い台湾の若い世代は、上の世代の臨機応変さと欧米流の専門的概念を併せ持っている。

現在進行形のインドネシア

多くの台湾人企業家が20年以上に渡ってインドネシアで奮闘してきたのに対し、順昶塑膠(スワンソン・プラスチックス)は今年7月に初めてスラバヤに工場を設立した。

台湾聚合化学品(USIコーポレーション)傘下の順昶塑膠は、主に紙おむつや生理用品に用いるPEフィルムを生産しており、スラバヤの他に中国大陸の天津やマレーシアのペナンなどにも生産基地を持つ。インドネシアに進出したのは、「一つには顧客の拠点展開に伴って、もう一つはインドネシアの国内市場の成長を見込んでです」と工場長の呉文郁は話す。

人口が多く、全人口に占める新生児の割合が多く、近代化が進んでいることなどが投資を決める指標となるが、新興のインドネシア市場はこれらの条件を満たしている。呉文郁によると、インドネシアの人口は2億6000万人で世界で4番目に多く、新生児の割合は極めて高い。また女性の就労率が高く、所得が増加している一方、家事にかけられる時間は限られ、そのため紙おむつや生理用品などの消耗財の消費が増えているという。

6年前、順昶塑膠はインドネシアで衛生用品の主要な原材料生産地であるジャカルタとスラバヤを視察した。交通渋滞の激しいジャカルタを視察していた時、ちょうど大雨が降って主要道路は水に浸かり、工場設置に不利な条件がすべて浮き彫りになった。これらを考慮して、最終的にスラバヤへの進出を決めたのだという。

現在は60人の2本の生産ラインで毎月2400トンの生産キャパシティだが、第3ラインの準備も進んでおり、その生産がスタートすれば工場全体の生産能力は4000トンに達する。

現在、スラバヤには300以上の台湾企業が進出している。現在、スラバヤ台湾工商聯誼会の理事長を務める黄麗真は、数十年前に台湾企業の進出が始まったばかりの頃から現在までのインドネシアを観察してきた。

「当時、台湾企業のスラバヤ進出第一波は高雄の大発工業区から移転してきた自動車部品工場が中心でした」と黄麗真は言う。その後、繊維産業や既製服産業が進出してきた。スラバヤに工場を設ける台湾企業の大半は中小企業で、これまでに特定の産業が集中して投資することはなく、分野はさまざまである。黄麗真は当時のスラバヤで、台湾人がよく集まって食事をしていたことを思い出す。「わずか3キロの範囲で、台湾人ビジネスマンが何カ所にも集まっているのです。台湾人が最も多かった頃、スラバヤからは毎日台湾への直航便が出ていました」と言う。

当時を振り返れば、異郷での辛い毎日だった。スラバヤ市街地に賑やかなショッピングモールが建ち始めたのはつい最近のことだし、かつてはインフラも不足していて道路状況も悪く、通信設備の普及率も高くなかった。

だが、そうした状況も少しずつ改善している。スラバヤの台湾企業会館の近くを見れば、以前は荒れ野原だったところに真新しい住宅が次々と建てられている。

「まだまだ改善の余地がありますが、インドネシアは着実に進歩しつつあります」と黄麗真は言葉を結んだ。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!