之初創投 林之晨

打造台北小矽谷
:::

2013 / 5月

文‧林奇伯 圖‧金宏澔


之初創投是目前台灣最活躍的網路創投公司,也是民間最大育成中心。他們標榜,只要將「資金」和「育成」結合,就會變成絕佳的創業加速器。

創辦人林之晨被台灣媒體封為「最狂熱網路傳教士」,他同時是創業家、育成教練,還化名Mr. Jamie進行部落格寫作,篇篇文章都被廣泛轉閱。

家世顯赫的他,大學時就參與多項網路創業;到美國紐約史騰商學院攻讀MBA時,也是主修財務和創業。對他來說,創業只是他熱愛網路的一種表現,他嚮往網路能為人類創造一個美好世界,解決各種不公不義的問題。


林之晨的一天是這樣過的。

清晨5點起床,開始寫作部落格。8點進辦公室,帶領育成團隊,和投資公司開會。傍晚到電台主持節目,9點前回到家,11點準時上床。

每天只睡6小時,行程滿檔,生活自制而規律,如此已長達3年。他說,堅持這種高效率的時間運用不是基於「紀律」,而是「理由」——因為熱切地想為台灣營造多元活力的網路創業環境,並讓整個產業在國際間後發先至,他有充分的理由超時工作。

創業之初,首重育成

「之初」這個名字擁有多元意涵,也隱含林之晨的多面向企圖。

《三字經》開宗明義寫道:「人之初,性本善;性相近,習相遠。」創投公司若能從育成開始,協助創業者孵育創意與熱情,引導他們走向正確的方向,就能製造更多的知識產出。

而公司英文名字取做「appWorks」,則標示這是一個以「應用軟體」為主的網路事業,並且能「Works」,活躍、可行。到2013年初的3年內,之初已育成了超過150 個團隊,投資16家公司。

走進位在基隆路的舊聯合報大樓內,位於5樓的之初辦公室採開放式空間,65坪的場地內有25個正在育成的團隊。他們在桌上擺著筆電,某些角落幾個人聚在一起盯著螢幕討論,不分彼此,相互交流,協助排除網路技術障礙。

每周一是例行的創意發表日,團隊上台把自己正在進行的商業模型拿出來和所有人討論,檢驗其中的漏洞,找尋解決之道。周三則是育成講座,請來台灣知名企業人士和大家分享創業經驗與公司管理方法。

有趣的是,在辦公室入口處的牆面上有幾個小標誌,指引來客往7樓走,像曲徑通幽般,直達另一番天地——凡經過為期半年育成課程者,都可以搬上7樓來,繼續維持相互支援的創業模式。

這簡直就像美國加州矽谷創投公司活生生長在台北土地上,所以業界也暱稱這裡是「台北小矽谷」。

插畫網路平台「愛藝術Fandora」團隊就是在這裡被養成的。林揚翰等4個不會插畫、非資訊工程和設計科系的大學畢業生,憑著創業熱情,2011年參與育成後,創造出全台第一個結合插畫師與產品開發、整合行銷的網路公司。他們擁有的技能全都是在「台北小矽谷」和其他創業者腦力激盪、互相教學出來的。

問起林之晨,之初和台灣其他創投公司或育成中心最大的不同在哪裡?他說自己不是學者,也非跨國企業高階經理人,但是擁有多次創業經驗,比較像棒球教練,因為棒球教練具備當過球員的實戰經驗,知道打球會經歷的心理高低潮,以及「千里馬等待伯樂」的盼望。

出身醫師世家,遺傳創業血液

1978年次的林之晨出身台灣知名醫師世家,父親林芳郁是前台大和台北榮民總醫院院長,母親林靜芸是整形名醫,外公、外叔公、妹妹也都是醫生,但他卻選擇就讀台灣大學化工系,大三時趕搭上千禧年前的網路熱潮,就和同學共同陸續創辦了兩家網路公司——電腦零售網站 Hotcool.com 和知識管理品牌碩網資訊。

赴美取得商管碩士後,除了在HSS Ventures 、All Asia Partners 等創投基金任職外,還參與了旅遊社群Sosauce、3D遊戲製作公司 Muse Games的創業。外人眼中看他是走不一樣的路,但他卻說自己遺傳了家族的「創業」血液,像媽媽執業開診所一樣,他也開公司當老闆。

「網路是人類史上的最大革命,年輕人終於有機會創造自己的遊戲規則,和資本家站在平等位置,」林之晨說。

然而,就在他美國事業意氣風發之際,2008年的金融海嘯就發生了。當時在紐約的他,目睹華爾街金融家如何在貪婪的金錢遊戲中自肥,置國家利益於不顧,「美國夢」頓時破滅,開始思索:「希望自己的小孩在哪裡長大?」而回台灣傳承網路創業經驗的想法順理成章地就發生了。

為了讓布局更有步驟,從2009年他開始以「網路創業」為主題,每天不間斷地發表部落格文章;從無到有,努力交朋友,半年內迅速在台灣網路上成名,有了死忠的粉絲,有志創業者也主動找上門請求協助。

緊接著,他在網路上宣布將成立育成中心,短短時間內就有33個團隊填寫報名表。他回台面試後,選出11個團隊,火速租下辦公室進行裝潢,又飛回美國走訪矽谷的各大育成中心汲取經驗。一切在3個月內搞定,順利開班!

募資3.2億元,吸引有志青年

起初,他把自己推上鎂光燈下當起明星,上遍各大媒體,將網路創業炒得震天價響,投資者也開始關注他。2012年,他以管理公司的名義積極對外募資。同年,之初創投正式運轉,管理由國泰金控、群聯電子、聯合報集團、華威集團4大金主成立的「本善創投基金」,金額3.2億元。

「能夠成功募資的關鍵在於,先前我們花兩年育成的團隊中已經出現十幾個極富潛力的投資標的,好金主當然自動上門,」林之晨說,這4家金主也會反過來在技術上提供投資標的創業援助和諮商,形成一種正向的循環。

目前之初創投投資的16家公司中,已有4、5家獲利,包括遊戲平台「遊戲酒吧PubGame」、提供消費者餐廳訂位服務的「易訂網EZTABLE」、廣告網路平台「準買家廣告Tagto」等;每家投資額台幣數百萬元不等,總共已投出去1.3億元。

創業者有人輔導,育成者擁有優先投資權,創投公司連結投資標的和金主,金主則買進一個可期待的願景;這種多方共同打造願景的模式,吸引了眾多有志青年前來投遞資料,希望也能進入這個育成加速器。

從開辦至今,育成班已經進行了6個梯次,共收到六百多件申請書,平均錄取率在25%到30%之間。

選人,不選點子

什麼樣的團隊才能進入之初育成行列?擁有特殊點子?或嶄新商業模式?

「我們是選人,不選點子,人才是關鍵!許多團隊申請書上寫的模型往往在進來3天後就整個被推翻,甚至有人在育成的半年間換了十幾個點子!」林之晨在面試時會特別觀察創業者的三個特質,來決定錄取與否。

首先,必須要有決心。「覺得被以前的老板瞧不起,想證明給他看」、「與父親的關係不好,自己不是他值得驕傲的小孩」等等一般職場上被認為扣分的下決心關鍵,在創業時反而是加分,因為創業至少要熬3年,義無反顧的人才撐得住。

第二,要有很強的執行力,能把想要的產品做出來,把想要的合作夥伴談下來,把想請的人才請進來。第三,知道某些產業中別人不知道的內幕,讓自己顯得獨特。

林之晨很篤定地說,到目前為止他還沒發現任何基於這三個準則在面試遭淘汰,卻自行創業成功的個案。

至於創投部分,則和育成完全不一樣,重要的是把投資回報機率提高,「投資的團隊中,有一定的比率到最後賺大錢,就算創投者成功了!」

靠自己的力量打開那扇門

在之初創投的入口處,貼了美國部落客創業家、暢銷書《紫牛》作者賽斯.高汀的一段話:「別責難社會、老師或父母,帶點種,請靠自己的力量打開那扇門。」

林之晨特別相信信念由外內化到心底的力量,看著標語反覆叮嚀和提醒自己,就能堅持初衷。所以之初創投也以「創業可以不孤獨」、「資金可以在你最需要的時候挹注」、「投資不是買賣,而是一種關係」等標語號召有志青年加入。

因為熱愛網路而創業;因為心裡想的網路公司現在並不存在,所以才開始做育成和創投。

「接下來幾年,網路創業只會更熱,但大家要小心別重蹈2000年網路泡沫化的覆轍,我已經開始感受到有人是覺得創業很酷而來創業的。」他說,消費者是黑盒子,所以創業者不能太亢奮,也不能太悲觀。切記,網路創業應該是想要改變世界,把世界變得更美好,你的人生也才會顯得有價值、有意義。

相關文章

近期文章

EN 日本語

A Mini Silicon Valley in Taipei

Jamie Lin’s appWorks Ventures

Eric Lin /photos courtesy of Chin Hung-hao /tr. by Scott Williams

appWorks Ventures is currently the most active Internet-oriented venture capital firm in Taiwan, as well as its largest private incubator. Its underlying premise is that the best way to speed entrepreneurship is to bring together capital and “incubation.”

Dubbed Taiwan’s “most ardent Internet advocate,” company founder Jamie Lin is an entrepreneur, incubator, and, as “Mr. Jamie,” the author of a widely read blog.

Born to a prominent Taiwanese family, Lin began establishing his own Internet startups while still at university. After graduating, he pursued an MBA focusing on finance and entrepreneurship at the Stern School of Business in New York. He says that founding companies is simply an expression of his love for the Internet, and hopes that the web will help build a better world.


Jamie Lin is a busy man.

He gets up at 5 a.m. to write on his blog before heading to work, arrives at the office at eight o’clock to work with the teams training in the company’s incubator and meet with his company’s investment targets, then heads over to a radio station in the early evening to host a program. He finally makes it home again at 9 p.m. and is in bed at 11 on the dot.

He has spent the last three years living this kind of highly disciplined life, his days packed and sleeping just six hours per night.

The importance of incubation

Lin calls his company zhi­chu (loosely, “the beginning”) in Mandarin, explaining that the word connotes many things and embodies his wide-ranging ambitions.

In fact, the Three Character Classic begins with a statement that contains that very zhi­chu: “People at their beginning are naturally good. Their natures are similar, but their habits make them different.” Beginnings are very important to venture capital firms, which cultivate young companies, help entrepreneurs incubate their ideas and passions, and guide them in a direction that enables them to be even more intellectually productive.

Lin chose “app­Works” as his company’s English name to mark it as an applications-oriented Internet company, and to suggest that it is vigorous and capable. Over the last three years, app­Works has trained more than 150 teams in its incubator and invested in 16 companies.

app­Works is located in a wide-open 215-square-meter office on the fifth floor of the old United Daily News building on Kee­lung Road. Some of the 25 teams currently undergoing training sit at desks with laptops, while others gather in small groups in front of monitors to talk over issues, sharing their ideas for solving web-related problems.

Every Monday is innovation presentation day. Teams present the business proposals they’ve been developing to the group and everyone discusses them, looking for flaws and ways to fix them. The company also offers an incubation lecture on Wednesdays, inviting executives from well known Taiwanese companies to share their entrepreneurial experience and their company’s approach to management.

Intriguingly, directions on the wall by the office’s entrance point visitors to the seventh floor. There, budding entrepreneurs with six months of incubation courses under their belts can continue to participate in app­Works’ mutual support model for starting businesses.

appWorks’ approach is so similar to that employed by Silicon Valley venture capital firms that its offices are known in the business as “Tai­pei’s little Silicon Valley.”

When asked about the biggest differences between app­Works and other venture capital firms and incubators, Lin says that while he’s neither scholar nor senior executive at a transnational firm, he has personally founded several companies. He likens himself to the coach of a baseball team in that coaches have usually played themselves, understand the ups and downs players experience, and are always on the lookout for talent.

The entrepreneurial gene

Lin was born in 1978, into a family of prominent doctors. His father, Lin Fang-yue, has been president of both National Taiwan University Hospital and Veterans’ General Hospital. His mother, Jean Lin, is the founder of Jean’s Clinic of Plastic Surgery. His maternal grandfather, maternal great uncle, and younger sister are all physicians, but Lin himself chose to study chemical engineering at National Taiwan University. During his junior year, he leapt aboard the pre-2000 dot-com bandwagon and founded two companies with classmates: Hotcool.com, an online retailer of computer parts, and Intumit, a knowledge management firm.

After getting his MBA in the US, he worked for venture capital funds HSS Ventures and All Asia Partners, and participated in the founding of So­sauce (a travel club) and Muse Games (a maker of 3D games). Lin’s path may seem to differ from that of most of his family, but he says his entrepreneurial spirit came from them, and notes that his mother also founded and runs her own company.

Unfortunately, Lin’s career in the US was sidetracked by the financial crisis of 2008 just as it was taking off. Then based in New York, he got to see at first hand how Wall Street’s financial giants had enriched themselves through financial games to the detriment of the nation. With his “American dream” in tatters, he began thinking about where he wanted his kids to grow up, which gave rise to the idea of returning to Taiwan to share his venture capital experience.

He started preparing for his return in 2009 by creating a daily blog on Internet entrepreneurship and beginning to actively develop his professional network. Within six months, he had made a name for himself in Taiwan’s Internet industry, had developed a loyal following, and had would-be entrepreneurs knocking on his door seeking assistance.

He then announced plans to establish an incubator, and soon had applications from 33 teams. Lin flew back to Taiwan for interviews, chose 11 of the teams, rented and decorated an office, then headed back to the US to visit several major Silicon Valley incubators. Having wrapped up his whirlwind of preparations in just three months, he opened for business.

Raising money

Lin’s next step was to put himself in the limelight, making media appearances aimed at raising interest in Internet entrepreneurship. Investors soon began taking notice, and in 2012 he began raising capital from outside sources. app­Works started its formal operations later in the same year, managing a NT$320 million venture capital fund for Cathay Financial Holdings, Phi­son Electronics, the United Daily News Group, and Fast­tran Moving.

app­Works is currently invested in 16 companies, four or five of which are already profitable, including game portal Pub­Game, restaurant reservation service EZ­Table, and advertising platform ­Tagto. app­Works typically invests a few million NT dollars in its targets, and has invested a total of NT$130 million to date.

The company employs a model in which it provides entrepreneurs with guidance, gets a priority option on investing in teams it incubates, and finds investors for its entrepreneurs, thus providing investors with the opportunity to buy into promising prospects. The model, which sets multiple parties to work achieving a particular vision, has attracted large numbers of ambitious young people eager to get into the incubator.

app­Works received a total of more than 600 applications for the six incubation sessions it has run to date. Its acceptance rate averages 25–30%.

People over ideas

What do the teams the incubator adds to its roster bring to the table? Unique ideas? New business models?

“We choose people, not ideas,” says Lin, who looks for three traits when interviewing prospective teams.

The first is determination. “I think my old boss looked down on me, and I want to show him.” “My relationship with my father isn’t good. He’s not proud of me.” Lin says that statements like this, which might cost an applicant in a typical job interview, show determination, which is a plus when starting a company. He explains that it usually takes a startup at least three years to get off the ground and typically only people of iron will can stand the grind.

The second attribute is the ability to execute, which is necessary to produce the product you’re aiming for, bring on board the partners you need, and hire the talent you want. The third is understanding the ins and outs of a particular industry in a way that other people don’t, which helps you stand out from the crowd.

The company’s venture capital side is entirely different from its incubator. Its focus is on increasing the rate of return on its investments. “To that side of the business, success means earning big money on a given percentage of our venture investments.”

Opening doors for yourself

The entrance to app­Works’ office is adorned with something blogging entrepreneur and best-selling author Seth Godin (Purple Cow) once wrote: “Don’t blame the system or the teacher or the parent that didn’t open the door. Have the guts to open the door yourself.”

Lin firmly believes that conviction is a force that we internalize, and that constant exposure to sayings that exhort or remind us of something can stiffen our resolve. So app­Works appeals to ambitious young people with sayings like “Entrepreneurship needn’t be lonely,” “Capital can be injected when you need it most,” and “Investment isn’t a trade, it’s a relationship.”

Lin argues that since consumers are a black box, entrepreneurs should avoid both excessive excitement and excessive pessimism. In his view, Internet entrepreneurship should aim to change the world, to make it a better place. That, he says, is what gives your life value and meaning.

台北のリトル・シリコンバレ

林之晨のappWorksベンチャーズ

文・林奇伯 写真・金宏澔

appWorksベンチャーズ(之初創業投資公司)は台湾で最も活躍しているネット・ベンチャーキャピタルで、民間最大の起業家育成センターでもある。彼らが標榜するのは、「資金」と「育成」を結び付けさえすれば起業を加速させられるという点である。

創設者の林之晨を台湾のメディアは「最も熱狂的なネット宣教師」と呼ぶ。彼は自ら起業家であり、起業家育成コーチでもあり、またMr. Jamieの名でブログも運営している。

名門出身の彼は学生時代からネット起業に多数参加してきた。ニューヨーク大学スターン・ビジネス・スクールのMBAコースでは財務と起業を専攻。彼にとって起業はネットへの思いの表現に過ぎず、ネットがより良い世界をもたらすことを願っている。


林之晨の一日を追ってみよう。早朝5時に起床、まずブログを書く。8時に出社し、育成チームを率いてベンチャーキャピタルと会議を開く。夕方はラジオ番組の司会を務め、9時に帰宅、11時には就寝する。

毎日睡眠は6時間で、スケジュールはいっぱいだが、規則正しい生活を3年続けている。こうした効率の高い時間運用には「理由」がある。彼は多様で活力あるネット起業環境を台湾に生み出して世界に追い付くことに情熱を注いでおり、そのためには超過密スケジュールは避けられないのである。

最初の一歩は起業家育成

会社名の「之初」にはさまざまな意義が込められている。『三字経』の最初には「人之初、性本善、性相近、習相遠」とある。ベンチャーキャピタルが人の育成からスタートし、起業家たちの創意と情熱を後押しして正しい方向へ導いていく。

同社は設立から2013年初までの3年間で150以上のチームを育成し、16社に投資してきた。

基隆路にある旧聯合報ビルの5階、65坪の空間には育成中の25チームのメンバーがいて、数人ずつPCのモニターを見ながら話し合っている。

月曜は恒例の創意発表会である。各チームは進行中のビジネスモデルを発表して他のチームと討論し、漏れや問題解決方法を指摘し合う。水曜日は育成講座で、台湾の著名企業から講師を招き、起業経験や会社の経営方法を学ぶ。

オフィスの入り口の壁には、7階へ向う道順が示されている。半年の育成カリキュラムを修了した者は、別世界の7階へ移ることができ、さらに起業モデルを磨いて支援し合う。

これは、まさにシリコンバレーのベンチャーキャピタルのやり方そのもので、業界では「台北のリトル・シリコンバレー」と呼ばれている。

イラスト・プラットフォームを運営する「愛芸術Fandora」チームを見てみよう。林楊翰ら4人のメンバーはイラストは描けないし、情報工学やデザインの専攻でもないが、2011年に育成プログラムに参加し、台湾で初めてイラストレーターと製品開発、マーケティングを統合したネット企業を設立した。彼らの技能はすべて、ここでの他のチームとのブレーンストーミングから得たものだ。

台湾の他のベンチャーキャピタルとはどこが違うのだろう。林之晨は、自分は学者でも国際企業の管理職でもないが、多くの起業経験があり、野球のコーチのように自分の実戦経験を踏まえてさまざまなアドバイスができるという。

医者一族に生まれ、起業精神を受け継ぐ

1978年生まれの林之晨は台湾では有名な医者一族に生まれた。父は台湾大学病院の元院長で現在は台北栄民総病院院長の林芳郁、母は整形外科の林静芸、祖父母や妹も医者である。だが彼は台湾大学化工科に進み、大学3年の時にネットブームに乗り、同級生とネット企業2社を設立した。

米国でMBA取得後は、HSS Ventures、All Asia Partnersなどのベンチャーキャピタルで働き、旅行サイトのSosauce、3Dゲーム制作会社Muse Gamesを設立した。家族と違う道を選んだと言われるが、個人で開業した母と同じだという。

「ネットは人類史上最大の革命で、若者はついに自分のやり方で資本家と同じ位置に立てるようになったのです」と林之晨は言う。

米国で活躍していた2008年、リーマンショックが襲い、彼はウォール街の金融マンがマネーゲームでいかに私腹を肥やしたかを目の当たりにした。アメリカンドリームは消え失せ、「自分の子供をどこで育てたいか」と考えた時、帰国してネット起業の経験を伝授することが当然の選択となった。

これを着実に実現するために、2009年からブログで毎日「ネット起業」に関する文章を発表し始め、積極的に交友関係を広げた。半年で台湾でも名を知られるようになり、起業を目指す若者が協力を求めてくるようになった。

台湾で育成センターを設立することを発表すると、すぐに33のチームが申し込んできた。帰国して面接で11チームを選び、急いで事務所を借り、米国に戻ってシリコンバレーのベンチャーキャピタルを見学。すべては3ヶ月で進行した。

3憶2000万を募集し、若者を惹きつける

まずは各メディアに自ら露出してネット起業への注目を高めて投資家の関心を引きよせた。2012年にはマネジメント会社の名義で資金を募集、同年、appWorksは正式に運営を開始し、国泰ホールディングス、群聯電子、聯合報グループ、華威グループの四社が出資する本善ベンチャーキャピタルファンドの3.2憶元を運用し始めた。

「資金集めに成功したのは、それまでの2年間で育成した十数のチームがすでにポテンシャルの高い投資対象となっていたからです」と林之晨は言う。

現在、appWorksが投資する16社のうち、数社が利益を上げている。ゲームのPubGame、飲食店予約のEZTABLE、広告プラットフォームのTagtoなどで、各社数百万ずつ投資し、投資総額は1.3憶元になる。

起業家は指導を受けられ、育成者は優先投資権を持つ。ベンチャーキャピタルは投資者と投資対象を結び付け、投資者はビジョンに資金を出す。こうして協同でビジョンを作り上げるモデルが多くの若者を引き寄せ、この起業育成加速器に加わりたいと思うのである。創業から現在まで、育成プログラムはすでに6回にわたる。参加希望の申請書は600余件、採用率は25~30%だ。

アイディアではなく人を選ぶ

では、どのようなチームがappWorksの育成プログラムに参加できるのか。斬新なアイディアやビジネスモデルを持っている必要があるのだろうか。

「私たちが選ぶのはアイディアではなく、人です。申請書に書かれている多くのモデルは、3日目には全否定されてしまい、半年の間に10もアイディアを変えた人もいます」と話す林之晨は、面接の時に次の三点に注目するという。

第一は決意である。「以前のボスに見下されたから、見返してやりたい」「父から出来の悪い子供だと思われている」など、一般の職場ではマイナスとなる考え方も、それが強い決意となれば起業にはプラスになる。起業には3年の忍耐が必要で、強い意志がなければ続かないからだ。

第二は強い実行力である。自分が求める商品を生み出し、パートナーと話し合い、求める人材を会社に集める能力が必要だ。第三は、何らかの産業分野において他者は知らない内幕を知っていることだ。これによりユニークなアイディアが出る。

林之晨は、これら三点を基準にした面接で淘汰された人が、後に自力で起業に成功した事例は今までにないと言い切る。

一方、ベンチャーキャピタルの部分は育成とは全く異なり、重要なのは投資に対するリターンである。「投資のチームでは、最終的に一定の比率で大きな利益を上げなければ成功とは言えません」

自分の力で扉を開ける

appWorksのオフィス入口には、米国の起業家でベストセラー『「紫の牛」を売れ!』の著書セス・ゴーディンの言葉が貼られている。――「社会や教師や親を怨むな。ガッツを出して自分の力であの扉を開けよう」

林之晨は、心の底にある信念の力を信じており、これらの言葉を繰り返し読むことで、初心を貫くことができると言う。そこで「起業は決して孤独ではない」「資金は最も必要な時に注がれる」「投資は売買ではなく、一種の関係だ」といった言葉で若者の加入を呼びかけている。

ネット起業を熱愛し、理想のネット企業がまだ存在しないからこそ、育成と投資を始めたのだ。

「今後数年、ネット起業はさらに盛り上がるでしょうが、2000年のバブルを繰り返してはなりません。現在すでに、クールだから起業したいと考える人が出てきています」と言う。消費者の行動は読めないので、創業者は興奮してはならず、悲観してもいけない。ネット起業の根底には、世界をより良くしたいという思いがあるべきで、そうしてこそ人生の価値と意義も大きくなるのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!