創生元年.台灣啟動

:::

2019 / 5月

文‧陳亮君


為因應人口老化與少子化等問題,行政院將2019年訂為「地方創生元年」,希望以整合社區營造、文創與結合在地產業等不同面向的發展策略,重振地方經濟。


為因應人口老化與少子化等問題,行政院將2019年訂為「地方創生元年」,希望以整合社區營造、文創與結合在地產業等不同面向的發展策略,重振地方經濟。

本期《光華》深入台灣各鄉鎮,有前進「共生住宅」,探討從共居到共生的歷程;也有從地方所發起之「食通信」風潮,讓跨領域(食農、藝術、旅遊)的整合,重新激發城鄉交流,活絡地方產業;更有竹山小鎮翻轉在地產業,吸引年輕人回流的創生案例,讓台灣的創生能量逐漸發酵,甚至經驗「輸出」至海外。

*       *       *

台灣最美麗的風景其實是來自各地所自發的每一顆良善心念。「還我特色公園行動聯盟」的媽媽們,透過社群網路動員、作簡報陳情、寫文章倡議,參與公部門整建公園遊戲設施,三年多來推動了一百多座特色公園的設立,改變了台灣遊戲場的面貌;有「超人醫師」稱號的徐超斌,像超人一般奔馳巡迴台東偏鄉,一個星期的車程,甚至接近環台一周1,173公里的距離,無日無夜地守護著南迴地區人們的健康。

在離島澎湖,則有改造海廢為藝術品的「O2 Lab海漂實驗室」,也有在台推動環島淨灘的民間團體「RE-THINK」;而彰顯台灣人獨有熱情的,還有融入在地民俗的屏東萬金聖母遊行,這活動除了在2012年被登錄為「民俗及有關文物」信仰類文化資產外,2018年更破天荒地與附近的道教宗天宮合辦「當東方聖母遇見西方聖母:讓愛起飛」活動,印證了台灣社會的多元與包容。

*       *       *

印度史詩《羅摩衍那》(Ramayana)中和羅摩王子遠征十頭魔王、拯救公主的神猴哈奴曼,是東南亞家喻戶曉的英雄。有學者說《西遊記》的孫悟空就是哈奴曼,就連日本《桃太郎》的猴子也是牠。讓我們跟著《光華》編採團隊的腳步,一探故宮南院兒創中心裡的這隻神猴,看牠如何帶小朋友認識青花瓷、印尼織品,以及越南食衣住行等亞洲文化。

也跟著編採團隊一同回溯一代儒者孔德成的百年世紀風華及其紀念活動,跟著《光華》的報導,就如同一次次台灣文化的驚奇之旅,豐富了您的視野,也因為有您的支持,讓我們在堅持台灣之美的這條路上不孤單。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Year One for Regional Revitalization

Ivan Chen /tr. by Phil Newell


In response to such issues as an aging population and low birthrates, the Executive Yuan has declared 2019 “year one” of its regional revitalization policy, hoping to recharge local economies through development strategies that integrate community develop­ment, local industries and the cultural and creative industries.

In this month’s Cover Story, we look at regional revitalization efforts in townships across Taiwan. We visit “co-living com­muni­ties” to explore the transition from “living together” to “co-living.” We examine how locally rooted Ta­beru magazines integrate food, agri­culture, arts and travel to stimulate urban‡rural exchanges and revive local economies. And we go to the little town of Zhu­shan, which is turning around its local industries and attracting young people to return home, creating a new recipe for renewal that has even been exported overseas.

The most beautiful things in Taiwan are based on good­hearted­ness. The mothers of the group “Parks and Playgrounds for Children by Children” mobilize through social media to influence the renovation of playground equipment by government agencies. We also tell the story of “Super-Doctor” Hsu Chao-pin, who used to travel over 1000 kilometers a week to watch over the health of remote communities in southern Taitung County.

On the ­Penghu Islands, O2 Lab fashions marine debris into artworks, while on Taiwan proper the group RE-THINK promotes beach cleaning islandwide. Taiwanese people’s unique enthusiasm is also expressed in Wan­jin’s Madonna procession, which in­corporates local culture into Christian worship and was officially designated a cultural asset in 2012. In 2018 the procession was held in conjunction with an event at a nearby Taoist temple, bringing together the Virgin Mary and Mazu and providing further evidence of the diversity and inclusiveness of Taiwanese society.

In the Indian epic poem the Ra­ma­yana, the monkey god Ha­nu­man travels with Rama to battle the demon king Ra­vana. In Southeast Asia, heroic Ha­nu­man is a household name. Some scholars say the monkey king Sun Wu­kong in Journey to the West is based on Ha­nu­man. Others even argue that Mo­mo­taro, the “peach boy” of Japanese folklore, is derived from him. We visit this monkey god at the Children’s Creative Center of the Southern Branch of the National Palace Museum, and see how he teaches children about diverse elements of Asian culture.

We also report on the commemorative activities for the late Kung Te-­cheng, senior lineal descendant of Confucius. These stories take us on surprising and enriching journeys into Taiwan’s culture. Thanks to your support, we are not alone on this path of bringing the beauty of Taiwan to light.

台湾の「地方創生元年」

文・陳亮君 翻訳・山口 雪菜


少子高齢化に対応するため、行政院は2019年を「地方創生元年」と定めた。町づくりや文化クリエイティブ産業、地場産業などを合わせて、地方経済の振興を図る。

今月の「光華」は、台湾各地の町や村を訪れてその状況をご紹介する。——台湾における「コリビング」から共生への流れ。地方から声を上げ、農業や芸術、旅行などの各分野を統合して地方と都市の交流を目指す「食通信(食べる通信)」。そして地場産業を再興し、若者のUターンを促し、その創生エネルギーを海外へも輸出する竹山鎮の事例などである。

*              *               *

台湾で最も美しい風景は、各地で見られる社会のための自発的な行ないであろう。「還我特色公園行動聯盟(特色ある公園のための行動聯盟)」の母親たちは、SNSを通した動員や陳情、呼びかけなどを通して公的部門に働きかけ、公園の遊具施設計画に参画するようになった。こうして3年余りの間に100近い特色ある公園ができ、台湾の公園遊具を変えてきたのである。「スーパードクター」と呼ばれる徐超斌は、まさにスーパーマンのように台東県の僻遠地域を診療に駆け回る。一週間の走行距離は台湾一周に近い1173キロに迫り、昼も夜もなく南廻地方に暮らす人々の健康を守っている。

離島の澎湖で海洋ごみをアート作品に変える「O2 Lab海漂実験室」と台湾の海岸線でのビーチクリーン活動を続ける「RE-THINK」も忘れてはならない。また、地域文化と融合する屏風県万金の聖母マリアの巡行は、2012年に「民俗及び文物関連」の文化財に指定されたほか、2018年には近隣の道教の宗天宮と合同で「東方聖母が西方聖母に会う」を催し、台湾社会の多様性と寛容性を際立たせた。

*              *               *

インドの叙事詩「ラーマーヤナ」でラーマ王子とともに十魔王を征伐し、王女救出に向かった猿の神ハヌマーンは、東南アジアでは誰もが知っている英雄である。西遊記の孫悟空や、さらには日本の桃太郎に出てくる猿もハヌマーンが原型だとする説さえある。今月号は、このハヌマーンをマスコットとする故宮南院の児童創意センターを訪ねる。ここでは子供たちが青磁の花瓶やインドネシアの織物、ベトナムの衣食住など、アジア各地の文化に触れることができる。

このほかに孔子第七十七代目の嫡系子孫、孔徳成氏の生涯と、その百年記念イベントもご紹介する。

*              *               *

「光華」の報道とともに、台湾の文化の旅をお楽しみいただき、視野を広げていただければ幸いです。皆様のご声援を得て、今後も台湾の美をお届けしてまいります。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!