文化台中 幸福城市

:::

2017 / 4月

文‧翁雅蓁 圖‧林旻萱 翻譯‧Robert Green


您印象中的台中,是什麼模樣呢?晴朗怡人的好天氣,或是熱情純樸的好人情?美味的料理、蔬果和糕餅,還是熱鬧誘人的夜生活?位居台灣南來北往中繼點的台中,不僅地理交通位置適中,擁有完整的腹地和海空雙港,加上群聚、勇於創新的各級產業,為其贏得「文化城」的美譽。


 

「台中有許多國際級的展覽館、演藝廳、藝文表演空間,大都集中在市區、鬧區,但文化資源應該普及化,克服現有場地、設備限制,做到『文化平權』。此概念剛好跟台中市市長林佳龍的想法不謀而合。」台中市政府文化局局長王志誠表示。

例如,自己生長的家鄉台中市西北方的大甲區,除了每年農曆三月媽祖遶境進香活動外,也在不同時節注入其他資源,舉辦文化活動。

文化平權 「花都藝術節」驚豔四方

2016年,在市長林佳龍的支持下,籌辦的指標性藝文活動:「花都藝術節」,最初卻是飽受質疑。

「拜託,別吹牛了!講到『花都』,人家會想到是巴黎,台中夠格嗎?台中憑什麼?花又在哪裡?」王志誠說。但他指出,鮮有人知,台中不只有花,花卉產業更是極具特色。文心蘭、百合、劍蘭、火鶴等四種花卉產量是全國第一;2018年台中更準備迎來「世界花卉博覽會」。

因此,2015年王志誠甫上任台中市文化局長,即以「花‧百年」為主題,舉辦「花都藝術節」大型活動,強化台中的花都印象,並結合2018年花卉博覽會國際盛事,落實「文化平權」的理念。

為此,王志誠還打破窠臼,將花都藝術節的開、閉幕儀式,選在遠離市區的大甲,在美國皮克斯動畫影像與長榮交響樂團的現場演奏交融下,沸騰了整個大甲。當天活動現場,吸引了二十多萬人潮,「這是幾十年來,大甲地方上首度非媽祖祭典能夠吸引如此多的群眾共襄盛舉的活動,立即打響名號!」王志誠說。

藝術下鄉 以行動打破空間藩籬

「花都藝術節」秉持「以純粹為根本、以感動為酵素」的原則,凸顯表演藝術的在地性及創新價值,舉行為期10天、超過兩百多場的節目。舉凡地景藝術、遊行踩街,舞蹈音樂、街頭藝人、市集及文學等跨界主題也都含括在內。

就連國際知名大提琴家馬友友,也受王志誠熱情邀請,來到台中太平區演出,造成轟動,為系列活動劃下完美句點。王志誠驕傲地說:「在初期沒有預算、缺乏經費的狀況下,『花都藝術節』從民調僅有28%的市民知道,到後期滿意度高達87%,著實為我們打了一劑強心針!」隔年,活動從僅有10天的「花都藝術節」,延長為兩個半月的「花都藝術季」,範圍擴及全台中,連高山裡的梨山谷關都有演出,讓台中自此又多了個具指標性的活動!

舉辦已經超過10年的「台中兒童藝術節」,更在王志誠接任文化局長後,擴大演出陣容,從原本的草悟道走出去,前往台中市各行政區演出,除了打造平易近人的演出環境,也希望推動文化平權、藝術下鄉,讓偏鄉小朋友也能欣賞到藝術表演,拉近與民眾的距離。

而即將邁入第14個年頭、已成台中指標活動的爵士音樂節,今年為了要建構專屬台中的爵士基因,特別規劃一連串「爵醒城市」活動,讓爵士樂音從馬路紅綠燈、火車站到巷口的咖啡廳,響遍各個角落,成為城市生活風格。

扶持在地 提供磨練的機會和舞台

對在地表演藝術團體的扶持,也是台中文化局的重視要點。「我從不覺得台中在地藝術團隊會比較差,相信只要我們提供環境和助力、打造磨練的機會和舞台,假以時日,絕對不輸外地或國外團體。」王志誠說。因此,舉凡台中文化局主辦的藝文活動邀請演出的團隊,至少一半必須是台中立案的團體。

例如,從2004年開始舉辦傳統藝術節,文化局就積極鼓勵在地優質團隊演出,每年台中市在地團隊均佔演出的50%以上,吸引不少民眾參與;今年除在春節期間舉辦,更在大墩、葫蘆墩、港區和屯區等四大文化中心展開,邀請國內、外團隊帶來超過40場精采演出,並有街頭藝人表演、市集、手作和闖關遊戲等豐富活動,為年節增添喜氣與幸福。

此外,台中國家歌劇院亦針對在地團隊和藝術家,善用場地資源,推出多項優先或專屬的培育計畫,例如為在地團隊及個人,量身打造「駐館藝術家計畫」、「微劇場計畫」等等,正式推動中台灣表演藝術發展的軟體工程。

除了環境和資源的實質挹注,打造整體藝文環境,台中市文化局也積極輔導在地團體,使其在精進表演專業之餘,也懂得經營運作,進而自給自足、自力更生,方能提升台灣整體藝文空間的品質,提高民眾對藝文活動的參與度。

追本溯源 尋找台中文化DNA

「台中,昔日有『文化城』的美譽,今日更要尋找自己的台中在地DNA,這是我們從未做過的事。」王志誠認真地說。

「文化DNA,就是從現有具體的文物、空間,來尋找自己的歷史。例如台中是以日本京都的城市圖去規劃建設,有著『小京都』之稱;種種文化資產都訴說著這座城市的源起和發展,都是台中的文化DNA。」王志誠說。

前幾年發現的「安和遺址」,在遺址中挖出距今大約四千年至四千八百年間的出土人骨,同時也是台中市年代最久遠、最早的人骨,命名為「安和阿嬤」,也讓台中人類活動的歷史上推回5,000年前,證實當時即乘載非常豐富的人類文明,並留下遺址,令人震撼。

誠如台中市長林佳龍所言:「文化就是城市的靈魂,城市就是文化的容器」。王志誠表示,未來,台中文化局也將繼續支持國立自然科學博物館的挖掘工作,更爭取把「安和遺址」列為國定遺址,並規劃城市博物館,展列台中重要文化遺址,持續尋找、建構台中在地文化DNA。

百師入學 文學遍地開花

台中的文化建設處處展現新意,充分落實台中「文化立市」的政策。

例如「當全世界都在閱讀──百師入學」活動,邀請100位來自海內外知名的老中青作家、文化人,進入台中市的高中職、大學校園,以及圖書館或文化空間,為莘莘學子與市民開講,把文藝種子散播到各個角落,以行動支持,將新資源送入偏鄉學校,平衡城鄉落差、推廣全民閱讀,重塑「文化城」的傳統。

「百師入學」活動邀請的師資,不論是質或量、演講含括範圍,皆創下全國之冠,充分顯示台中市政府文化局落實公民文化權與提升校園文學風氣的決心與創意。

訪談中,王志誠拿起一罐上面印著詩文的咖啡、一瓶畫著詩人圖像的礦泉水,普通的飲品瞬間充滿文化氣息。他說:「文創,需要結合創意與生活;而文學,更是要生活化。」這也就是他的理念,拉進文化和大眾的距離,俯拾皆文化,讓文化進入生活,變得更有品味。

未來,創意十足、亮點精采的文化作為,必定會繼續在台中注入更多文化歷史的源泉活水,營造台中成為藝文人士夢寐以求、一般民眾感受幸福的宜居城市!

相關文章

近期文章

EN 日本語

Taichung, City of Culture

Weng Yazhen /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Robert Green

What kinds of impression spring to mind when you think of Tai­chung? Is it the fine sunny weather, or perhaps the simple friendliness of the people? Is it the delicious cuisine, the tasty fruits, vegetables and pastries, or the enchanting lively nightlife? Tai­chung, that convenient stopover between northern and southern Taiwan, is well situated for easy travel. Its harbor and airport make for easy access to the city and its surroundings, and a multitude of trailblazing enterprises have earned it a reputation as a cultural capital.

 


 

“Taichung has many world-class exhibition centers, art galleries, and performance spaces, but they are concentrated in the city center,” says Wang Chih-­cheng, the director of Tai­chung’s Cultural Affairs Bureau. “But I feel that cultural resources should be made more accessible. By overcoming the challenge of limited facilities, we can achieve ‘cultural equality.’ Fortunately this concept is one also held by the mayor of Tai­chung, Lin Chia-lung.”

The annual Mazu festival, held in the third month of the lunar year in the city’s northwestern Da­jia District, where Wang grew up, is an excellent example. And Tai­chung can capitalize on other resources to hold cultural activities during different times of the year. 

Cultural equality and a sea of flowers

In 2016 the first Tai­chung Arts Festival (named “Flower City Arts Festival” in Chinese) was organized with the support of Mayor Lin. It initially met with considerable skepticism, however. “Come on, who are you trying to kid?” Wang Chih-cheng recalls the complaints. “When people hear ‘flower city,’ they’ll think of Paris.” (Paris is known as the “City of Flowers” in Chinese.) “How can Tai­chung compare? Where are the flowers?”

But he points out that although few people know it, Taichung not only has flowers but a unique flower industry. The city ranks first in Taiwan for the production of Oncidium orchids, lilies, gladioli and flamingo ­flowers. And in 2018 Tai­chung is preparing to welcome the World Flora Expo.

As soon as Wang took over as the director of the Cultural Affairs Bureau in 2015, he organized the large-scale Tai­chung Arts Festival with the thematic focus of “Flowers—A Centennial” to build Tai­chung’s reputation as a floral city. This festival, along with the upcoming 2018 World Flora Expo, an ambitious international event, are helping him implement the concept of cultural equality.

Toward that end, Wang broke the mold in the planning for the opening and closing ceremonies of the Tai­chung Arts Festival. He selected Da­jia, far from the city center, for the ceremonies, and the people of the district were awed by the opening performance, presented by Pixar Animation and the Evergreen Symphony Orchestra. That day’s festivities attracted more than 200,000 people. “Aside from the Mazu festival, this was the first time in years that the people joined together in such great numbers, and it got the arts festival off to a terrific start,” says Wang.

Arts to the countryside

The Tai­chung Arts Festival adhered to the principle of “maintaining a natural state and touching the heart,” and highlighted the performances of local artists and their innovative creativity in both form and essence. The ten-day festival included more than 200 performances, including landscape arts, parades, dance, exhibits, music, street performers, markets and cultural events.

Wang also persuaded world-renowned cellist Yo-Yo Ma to perform at the festival, causing a sensation and providing the perfect capstone to the series of performances. “In the beginning we lacked adequate funding and only 28% of Tai­chung residents were aware of the festival, but later the festival registered an 87% approval rating,” Wang says proudly. “It was a real shot in the arm!”

The next year’s Tai­chung Arts Festival was originally also planned for ten days, but in the end was extended to two-and-a-half months. Festivities covered the whole city: performances were even held in high-altitude Li­shan and Gu­guan. Henceforth, the festival became a symbol of the city. 

The decade-old Tai­chung Children’s Arts Festival has also expanded since Wang became the director of the Cultural Affairs Bureau. From its original location at the Calligraphy Greenway it now spans across Tai­chung’s municipal districts. Aside from fostering an approachable performance atmosphere, the festival hopes to promote cultural equality, expose children in the city’s outlying districts to artistic performances and bring the arts closer to the people.

Moreover, for the annual Taichung Jazz Festival, this year in its 14th iteration, the organizers have arranged for a special series of events called “Jazz City Awakening” to cultivate an exclusive connection between jazz music and Tai­chung and infuse jazz into daily life. Jazz strains will echo from spots all over the city, from the traffic lights and train stations to the coffee shops at the harbor, calling forth the spirit of jazz throughout Taichung and making it part of the city’s fabric.

Showcasing the local

Supporting local performance groups is another important priority for the Tai­chung Cultural Affairs Bureau. “I’ve never felt that Tai­chung’s local performance troupes were inferior,” says Wang. “Moreover they understand even better how to integrate into local culture. As long as we provide support and the right environment, and create opportunities and a platform for their cultivation, local performance troupes will accumulate experience and improve day by day. They will compare favorably with any performance troupes from Taiwan or abroad.”

To achieve that end, at least half of the groups invited to participate in activities sponsored by the Tai­chung Cultural Affairs Bureau must be locally based.

For example, the bureau has been actively encouraging the participation of top local performance troupes since it started the Tai­chung Traditional Arts Festival in 2004. Every year, local groups account for more than half of the performances. Aside from sponsoring performances during this year’s Chinese New Year celebrations, the Cultural Affairs Bureau arranged for skilled performers from Taiwan and abroad to hold over 40 splendid performances in four important cultural venues in the city—the Da­dun and Hu­lu­dun Cultural Centers, and the Seaport and Tun District Art Centers.

Moreover, the National Tai­chung ­Theater has been putting its performance spaces at the disposal of local artists and theater troupes and introducing various programs intended to foster local talent. 

In search of cultural origins

“In former days, Tai­chung was known as a ‘city of culture,’” Wang says. “Today it’s even more essential for us to search out the DNA of our cultural heritage. This is something we’ve never really done.”

“The search for our cultural DNA must begin with specific cultural artifacts and spaces from which we can trace our history,” Wang continues. “For example, Tai­chung was modeled on the Japanese city of Kyoto and became, culturally speaking, something of a Kyoto in miniature. Various parts of our cultural heritage tell the story of Tai­chung’s rise and development. They constitute the cultural DNA of the city.”

At the Anhe archaeological site, discovered a few years ago, ancient human skeletons some 4,000 to 4,800 years old have been unearthed, including one that has been dubbed the “Anhe Granny.” The oldest human skeletons to have been found within Tai­chung City’s boundaries, these remains trace human activity in the area back some 5000 years and confirm the extraordinary richness of human civilization at that early date. The site fills visitors with awe.

100 masters and ideas in bloom

Regarding Tai­chung’s cultural development, new ideas are everywhere taking root to fulfill the city’s ambition to turn itself into a cultural capital.

For example, the “World Book Day—100 Masters in Schools” initiative extended invitations to 100 writers and scholars of all ages from Taiwan and abroad to give talks to students and city residents at middle schools, university campuses, libraries and other cultural spaces. These “masters” helped plant cultural seeds throughout Tai­chung. The event was intended to provide new resources for remote schools in order to help close the gap between city and countryside, promote reading, and redefine the conventions of a “cultural city.”

The teachers invited through the program represent the best in the country in terms of the quality, quantity and scope of their lectures. Their inclusion reflects the determination and creativity of the Taichung Cultural Affairs Bureau in establishing the cultural rights of citizens and elevating the academic atmosphere at schools.

In the future, pure creativity and splendid cultural achievement will surely continue to flow into the wellsprings of the city’s cultural history and help turn Tai­chung into the long-dreamed-of cultural paradise that will make locals proud to live in such a livable city.

幸福な文化の都市——台中

文・翁雅蓁 写真・林旻萱 翻訳・松本 幸子

台中と聞いて、あなたはどんなイメージを思い浮かべるだろう。

晴れ渡った気持ちの良い天気、それとも純朴で温かい人々だろうか。いや、美味しい料理や農産物、スイーツ、それに熱気あふれるナイトライフもある。

台湾を南北に行き来する中継点である台中は、交通の要所であり、港と空港の両方を備えた都市として栄えてきた。それだけでなく、さまざまな分野にわたって、クリエイティブな産業が集まっており、そのため「文化の町」と称えられてきた。


「台中には、世界レベルの博物館や劇場が多くあります。ほとんどが市街地に集中しているのが現状ですが、文化リソースは広く普及されるべきで、立地や設備の問題を克服し、『文化的平等』を目指します。これは、林佳龍・台中市長の考えと期せずして一致しました」と言うのは、台中市文化局の王志誠局長だ。

台中アートフェスティバル

例えば、王局長の出身地である台中市西北部の大甲区では、毎年旧暦3月の媽祖の祭りだけでなく、ほかの時期にもさまざまなリソースを投入して文化的イベントを催している。

2016年、林佳龍市長のサポートを受け、台中市では芸術文化イベントのメルクマールとして「台中花の都アートフェスティバル(花都芸術節)」を催したものの、当初は疑問の声が多く上がっていた。

「『花の都』などとフランスのパリのように言えるものが台中にあるのか。それに、どこに花があるのか」などと言われた。だが王志誠は、台中は知る人ぞ知る花の都なのだと反論する。とりわけ、オンシジューム、ユリ、グラジオラス、アンスリウムの生産高は全国一で、2018年には台中で「世界花卉博覧会」開催も予定されている。

そこで王志誠は、2015年の台中市文化局長就任後、「花・百年」をテーマにアートフェスティバルを大々的に催すことで花の都としてのイメージ造りに努め、しかも2018年の花卉博覧会という国際的行事と結びつけて「文化的平等」の理念実践を目指した。

また、その理念のために慣例を破り、アートフェスティバルの開閉幕式を市街地から離れた大甲で催し、米ピクサー社のアニメと長栄交響楽団によるライブを組み合わせた演出で大いに盛り上げた。当日は20万人余りの人出となり、「媽祖の祭り以外で大甲がこれほど多くの人でにぎわうのは数十年間なかったことで、たちまち話題になりましたよ」と王志誠は言う。

アートによって格差解消

台中花の都アートフェスティバルでは、「純粋を基礎に、感動を酵素に」という考えで、パフォーミング・アートの地域性や新たな価値を強調し、10日間にランド・アート、パレード、ダンスミュージック、ストリート・パフォーマンス、フリーマーケット、文学などをテーマとした200以上の催しが繰り広げられた。

国際的チェリストのヨーヨー・マも、ぜひにと招かれ、台中大平区でイベントの最後を飾って演奏し、話題をさらった。王志誠は「当初は経費不足の状態で、アンケートをしても『台中花の都アートフェスティバル』を知っている市民は28%しかいなかったのが、フェスティバル後半になると満足度は87%にも達し、これで私たちの意気は大いに上がりました」翌年には開催期間も10日間の「芸術節」から2ヵ月半の「芸術季」と延長され、場所も台中全域に及んで山間地の梨山谷関でも催しが行われ、台中で行われるイベントの新たなメルクマールとなったのである。

すでに10年以上続いている「台中児童芸術祭」も、王志誠の文化局長就任後はイベントの規模が広げられ、かつては市の中心を通る草悟道だけで催していたのが、台中市各区で行われるようになった。人々にとって馴染みやすくなり、市中心部に住んでいない子供もイベントが楽しめるようにという考えからだ。

ほかにも、14年を過ぎ、すでに台中を代表するイベントとなったジャズ・フェスティバルでは、台中をジャズの根付いた町にしようと、フェスティバル開催中、駅や道路の交差点、喫茶店など町の至る所でジャズを流した。

機会と舞台の提供

地元のパフォーミング・アート団体に対するサポートも、台中文化局は重視する。「台中の芸術団体が見劣りするとは決して思いません。環境やサポート、そして彼らが自らを磨く機会と舞台さえ提供できれば、他地域や海外の団体に負けないほどに成長するはずです」と王志誠は言う。したがって台中文化局主催の芸術イベントが招く芸術団体のうち、少なくとも半数は地元台中の団体になるようにしている。

2004年に始まった従来のアートフェスティバルでも、文化局は積極的に地元の優れた団体に出演を呼びかけ、毎年、出演者の50%以上が地元団体で、市民の関心も高かった。今年は開催時期が春節と重なったうえ、大墩、葫蘆墩、港区、屯区といった各地の主な文化センターで国内外の団体による40を超える公演があり、ストリートパフォーマンスやフリーマーケット、手作りコーナー、ゲームなどさまざまな催しも加わってにぎわい、新年のおめでたいムードに包まれた。

また、台中国立歌劇院(オペラハウス)も、地元の団体やアーティストのために、アーティスト・イン・レジデンスや小劇場計画など、各種プロジェクトを打ち出し、中部台湾のパフォーミング・アート発展に努めている。

こうして環境やリソースを整えるほか、台中市文化局は地元の芸術団体の指導にも積極的に取り組む。優れたパフォーマンスだけでなく、経営も大切だ。彼らが経済的に自立できれば、台湾のアート・シーン全体の質が高まり、ひいては芸術活動に対する市民の関心も高まるからである。

台中文化の起源を探る

「台中はかつて『文化の町』と呼ばれていました。その文化の起源を探るという初めての試みに取り組むつもりです」と王志誠は言う。

「文化の起源を探るとは、今ある文物や場所から歴史を探ることです。日本の京都の町並みに倣って作られた台中は『小京都』とも呼ばれました。さまざまな文化資産は、町の起源や発展を物語るもので、文化の起源を探れます」

数年前に発見された「安和遺跡」では、台中市で最も古い、約40004800年前の人骨が出土し、「安和おばさん」と命名された。5000年もの前の台中の歴史を証明する遺跡として、この発見は驚きをもって迎えられた。

林佳龍市長の言うように、まさに「文化は町の魂であり、町は文化の容器」である。今後も台中文化局は国立自然科学博物館の発掘調査をサポートし、「安和遺跡」が国の史跡に指定されるよう努めるほか、台中の重要な史跡である台中州庁舎を「城市博物館」にするなど、台中の「文化の起源」発掘に努める予定だ。

百師が学び舎へ

台中の文化建設処も、「文化の町」のための政策を打ち出す。

例えば、「世界中が読書——百師が学び舎へ」というイベントでは、国内外から100名の著名な作家や文化人を招き、台中市の各高校や大学、図書館、文化スペースなどで学生や市民のために講座を開いた。これは、新たなリソースを各地に送り届けることで、文化の種をすみずみにまで撒き、読書の習慣を広げ、「文化の町」の再活性化を狙ったものだ。

この「百師が学び舎へ」に招かれた講師陣は、その質や数、講演内容のテーマの広さともに国内トップクラスのものとなり、市民の文化権や文学的気風の向上に努めようとする台中市文化局の決意と理念を物語った。

取材中、王志誠の手元にあったコーヒー缶には詩がプリントされ、ミネラルウォーターには詩人の似顔絵が描かれており、日常的な飲料品にも文化の香りが満ちていた。彼は「文化クリエイティブには、創意と生活の結びつきが必要です。また文学もさらに日々の暮らしに取り込まれなければなりません」と言う。これは彼の理念にほかならない。文化と大衆との距離を縮め、至る所に文化を存在させる。文化を取り入れた暮らしは、より味わい深いものになると考えているのである。

台中には、創意にあふれ、驚きに満ちた文化的営みが今後もさらに注がれ続けるだろう。そうした町づくりによって台中は、芸術文化に携わる人々にとっての夢の都市に、また一般の人々が幸福に暮らせる町になるだろう。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!