韌性家園的進擊

梅洲社區自主防災典範
:::

2020 / 3月

文‧蘇俐穎 圖‧林旻萱


超級英雄的電影,我們都很熟悉。超人、蜘蛛人、雷神索爾,擁有超凡能力的「半神人」,能夠飛天遁地、拯救世人。

但,現實世界裡,既沒有超級英雄,也沒有跌宕起伏的劇情,多的是日復一日,默默付出的無名小卒;就像高壓電的維修人員、垃圾清潔隊員與大樓外牆的清潔工。有他們堅守崗位,這個世界才能如常運作。

小人物,恪盡本分,成就的,就是大事。──梅洲社區裡的長輩,也是如此。


 

晴日,無風也無雨的宜蘭,梅洲社區水色蕩漾,水田阡陌交織,溝渠縱橫,小橋流水,婦女蹲在溪旁浣衣,一派寧謐的農家風景。

若非在地人,還真不知道,梅洲地區上游有大礁溪、小礁溪兩條支流,合流後的宜蘭溪蜿蜒經過,因地勢低窪,每到雨水豐沛的汛期,生活在「易淹水地區」,居民常年為水患所苦。

為了解決心頭大患,堤防後方,是2012竣工的梅洲抽水站,造價超過1億3千5百萬,號稱可改善182公頃淹水面積。

移居梅洲二十餘年的詹何倫,回憶過去河床潰堤、良田淹沒的可怖經驗,「三歲那一年,弟弟剛出生,那時家裡還住在宜蘭市,我爸爸是消防隊員,特地來這邊救災……」

雖然此時正是冬季枯水期,河床上石頭粒粒,河堤上綠意點點,但從居民的口述,依舊為當地人「與水搏命」的生活留下深刻的印象。

韌性城市崛起

地理條件「先天不良」,只能認栽,但氣候變異的影響,除了颱風威力越來越強,居民都同意,宜蘭典型的綿綿細雨愈來愈罕見,取而代之的,是猶如西北雨那樣的暴雨。即便科技躍進,人們對於氣象風險的意識慢慢提升,但從災害發生到即時應變,以及災後的快速復原,光憑事前預警並不足夠。

1970年代,生物學家觀察自然界的動物,發現少數物種,在承受自然災害(好比森林大火)擁有快速可復原至新平衡的能力,因而被稱為擁有較高的「韌性」。

1980年代,其概念進一步引入社會科學(如地理學、人類學)範疇,探討人類面對災害來襲,如何提升其容受力與復原能力,尤其在面對氣候變遷、高齡社會、環境污染等重大衝擊,與其逃避,不如正面面對,從失敗裡汲取經驗,不斷調適、應變,加速復原的過程。

採訪時,發生了一件小插曲。當我們隨著詹何倫在社區內兜轉,卻偶遇了一起摩托車與汽車擦撞的意外事故,同時擔任社區內自主防災隊副指揮官的他,不由分說,立即靠邊停妥,下車協助。

但搶快抵達現場的,竟不是警方,也不是醫護人員,而是當地自主防災隊的隊員。叔叔、伯伯整齊劃一地穿上了貼著螢光條的背心、頭戴安全帽,手拿指揮棒嫻熟地指揮交通,引導車輛繞道。

直到回到里民活動中心,大夥兒如常沏茶,對於執法人員來得稍晚,「宜蘭那麼多個里,警察人手也有限。」梅洲社區發展協會理事長、同時也是自主防災隊隊長吳文龍體恤地說。

「但妳想想,如果不是我們先去指揮,如果又發生追撞,豈不是很危險?」執行秘書簡聰信平靜地補充。

雖然不曾親眼目睹災害來臨的現場,但由此例,也讓人深刻認識發展韌性城市(社區)的重要;同時為梅洲社區自主防災隊的團結與訓練有素,留下了鮮明的印象。

危患求存之道

梅洲的居民,就像詹何倫一樣,生命時間常以幾個重大水患作為記憶的節點。詹何倫口中淹大水的回憶,發生在1960年左右,談起陳年往事,吳文龍歷歷在目,還是孩童的他,跟著大人拿著裝滿砂石的麻布袋,急著阻擋水路步步逼近。

「以前淹水,最高可以淹到天花板噯!」吳文龍指著挑高的一樓屋頂。

「生於憂患」的他們,風險意識也比一般人高些。因此,當2010年,水利署發現,防災不能只有公部門做得如火如荼,民間也必須培養基礎的自主防災能力,始而推動「水患自主防災社區」等相關政策,當時任職里長的吳文龍聽聞後,積極與居民溝通,開始積極爭取參與。

一本本厚厚的訓練手冊,詳細說明災害來臨時,組織、動員的SOP,「說真的,我有閱讀障礙!」詹何倫哈哈大笑地說。

話雖如此,最基本的水患,加上颱風、地震、土石流,甚至考量到社區鄰近有瓦斯裝罐廠,因此進一步延伸到火災、氣爆等項目。梅洲社區自主防災隊的成員們,早已將各樣災害的應變方式,猶如身體記憶一般,緊緊牢記。

輔導梅洲社區的台灣大學生物環境系統工程學系榮譽教授譚義績解釋,梅洲社區在自主防災的成功關鍵,其中之一就是在於「組織性」。

平日是社區的守望相助隊,非常時刻化身為自主防災隊,40餘人編整為「巡視預警」、「裝備準備」、「疏散收容」、「關懷醫護」、「整備救援」五組,聆聽指揮官的命令,為保護家園盡一份力。

以颱風日為例,大夥兒提高警覺,一旦市公所宣布成立災害應變中心,自主防災隊就會即刻成立指揮中心。

首先,由「裝備準備組」預備好防災背心、雨衣、鏈鋸、擔架等用品;「關懷醫護組」率先前往獨居老人、慢性病居民的家裡,給予必要性物資,好比乾糧、水、藥品;「巡視預警組」風雨無阻,每一、兩個小時定時巡視,觀察易淹地段是否有異常;「整備救援組」負責搶修工作;若是情況危急,由「疏散收容組」負責撤離民眾到里民活動中心暫時避難。

團隊裡有專業醫療人員,也是梅洲社區自主防災隊的特色。因著有一次參與評鑑,委員一句話:「關懷醫護組裡有專業人員嗎?」雖然社區中沒有資源,吳文龍向外尋找,幸而宜蘭市區開診所的黃建財醫師認同理念,慷慨入伍。而後,只要非常時刻,醫師、護士都會到場,一同待命。

要「韌性」,不「任性」

防災,一般想到多是硬體工程,不過,翻轉台灣人觀念的是,發展「韌性城市」除了大興土木,更著重的是軟實力的煉成與全民參與的精神。

譚義績說明,防災方法有很多種,工程手段,動輒需要上億資金,但推動自主防災,「經濟而且有效。」

彰化師範大學地理系助理教授盧沛文在〈韌性,城市不任性II:理論發展與空間規劃上的應用〉一文細談到:「以都市洪水的議題為例,韌性的推動可以表現在公共工程如滯洪公園、排水設施等,但若沒有市民共同對水議題的關注,對自身環境的準備與危機意識,發展一個都市的韌性就會相當困難。」

梅洲社區推動自主防災,做了十餘年,吳文龍說,沒有什麼特別的秘訣,「就是人嘛!」早年沒有經費奧援,但為了守護家園,大夥兒主動捐錢、做事。吳文龍強調,先有人,開始做,做成了,經費自然來。

但一種米養百樣人,走過太多社區,有的社區文武百業,競相投入,攜手防災,年年與梅洲交流;有的社區卻眼紅他們的經費,明示暗示地討錢,讓吳文龍不勝唏噓。

比起經費,人的轉念,才是最困難的一件事。

南向軟實力

經過完整的複合式訓練,梅洲社區參與水利署舉辦「水患自主防災社區」評比,已連續三年被評為特優。後來,吳文龍意識到,因各方面已經做到極致,繼續比賽,不過強佔名額與資源,故主動放棄。

但梅洲社區對外的交流不曾減少,團隊成了「種子」,走進台灣環島到各個社區交流,也踏入校園,為小學生、大學生上課。

「我只有小學畢業,但也去台大幫學生上課!」吳文龍相當自豪。

2018年,在政治大學東亞所教授楊昊等人的協助下,梅洲社區居然以「增強亞洲社區抗災韌性」計畫,從上千件案子中脫穎而出,申請到美國國務院「學友連結創新基金」(AEIF)的經費。

楊昊說明,梅洲社區的案例,被防災專家譽為是「教科書的範本」,但長者多屆齡退休,經驗恐有斷層之虞,因此希望藉計畫經費,將經驗數位化,永續傳承。

同時也身為台亞會執行長的他,由國家戰略的角度進一步指出,論地理、氣候等客觀條件,台灣與東南亞諸國都有高度的相似性,面對水患、地震、颱風等天災,如梅洲這樣的成熟經驗,可以作為借鏡,輸出共享。

也因應當前蔡政府推動的「新南向政策」,從社區出發的交流與連結,符合政策核心「以人為本」的精神,以此利基,能突破官方的限制,串聯起東南亞社群。

每年到梅洲社區參訪的團體,不計其數,台灣以外,甚至有遠從泰國、緬甸、菲律賓的專家學者,前來見習交流。

「經貿投資是大數據,但人們可以從社區的軟實力,學習到經驗,也可以實際感受到台灣社會的友善與熱情。」楊昊說。

在重視人際網絡的亞洲社會,梅洲社區,就像「好客台灣」具體而微的展現。                      

相關文章

近期文章

EN 日本語

Towards a Resilient Homeland

Meizhou’s Volunteer Disaster Response Team

Lynn Su /photos courtesy of Lin Min-hsuan

We all know how superhero movies work: Superman, Spider-Man, Thor and the rest use their superpowers to fly through the air or bore through the earth to rescue ordinary mortals.

But superheroes don’t exist. In the real world, the day-to-day efforts of regular joes—utility mainten­ance workers, trash collectors, high-rise window cleaners, and others—are what keep the “plot” moving. Their diligent execution of their duties keeps the world running.

Ordinary people utilizing everyday talents and playing everyday roles can achieve great things. The elders of Yilan’s Meizhou Community are a case in point.


 

It’s a clear and still day in Yilan, and the scene in the Meizhou Community is bucolic. Water ripples in rice paddies crisscrossed by berms and canals. A creek flows under a small bridge. Women squat at the creek side washing clothes.

Non-locals would probably never guess that this community lies just downstream of the confluence of the Dajiao and Xiaojiao creeks. Together they form the Yilan River, which flows past Meizhou. Unfortunately, the community itself sits on low-lying ground, which means frequent flooding for residents during the rainy season.

Zhan Helun has lived in the Meizhou Community for more than 20 years and recalls the terror of the river bursting its banks and flooding the paddies. “I was three during that flood, and my brother had just been born. Though we still lived in Yilan City, my father was a fireman, and came here to help the victims of the flooding.” 

Our visit takes place in the winter, when the water levels are low. Vegetation covers the stones poking up from the riverbed and the tops of the dykes. Even so, the locals’ conversation revolves around how deeply their lives have been affected by their nearly constant battle against the water.

A resilient city arises

Yilan City’s unfavorable terrain has trained its people to endure hardship, but climate change has made typhoons worse. Residents note further that the city’s classic misty rains have largely been replaced by sudden, violent summer storms. Even with rapid technological progress and rising awareness of weather risks, we need more than early warning systems to manage natural disasters, emergency responses, and post-­disaster recovery.

In the 1970s, biologists observed that a small number of animal species recovered quickly from natural disasters such as forest fires. They were termed highly “resilient” for their ability to rapidly adapt to a new equilibrium.

The 1980s saw the idea of “resiliency” spread into social sciences like geography and anthropology as research­ers investigated how humans could better adapt to and recover from the effects of natural disasters. They found that we can more successfully cope with issues such as climate change, aging societies, and pollution if we face them head-on rather than attempting to avoid them, and can accelerate the process of recovery by learning from our failures, making adjustments, and responding flexibly.

While Zhan was showing us around Meizhou, we happened upon the scene of a minor accident invol­ving a motorcycle and a car. When Zhan, who is the deputy commander of the community’s volunteer disaster response team, spotted the accident, he immediately pulled his car over and got out to help.

Besides us, the first people on the scene weren’t police or emergency medical technicians, but locals from the community’s disaster response team. Older men wearing safety vests and helmets arrived and began confidently directing traffic around the accident with their batons.

Situations like this demonstrate the Meizhou disaster response team’s training and rapport, and illustrate the value of resiliency for cities and communities.

Surviving crises

The memories of Meizhou residents often revolve around major floods. Zhan recalls a severe flood from around 1960. Wu Wenlong, the head of the community’s disaster response team, was a child at the time, but still vividly remembers carrying sandbags with the adults to try to hold back the rising water.

“In the old days, it could flood as high as the ceiling!” says Wu, pointing to a higher-than-­normal first-story ceiling.

“Born to suffering,” locals have a heightened awareness of risk. In 2010, when the Water Resources Agency realized that public agencies couldn’t go it alone on disaster relief, and there was a need for local volunteer disaster response teams, it launched a community-based flood management program. Wu, who was Meizhou’s borough chief at the time, informed residents about the program and began actively seeking the community’s participation.

Harold Yih-chi Tan, an emeritus professor in the Department of Bioenvironmental Systems Engin­eer­ing at National Taiwan University who advises Meizhou, explains that one of the keys to the success of the community’s disaster response team has been its organization.

The team acts as the community’s neighborhood watch in ordinary times, and then transforms into a response team when disaster strikes. Its 40-some members are organized into five groups, responsible for patrol and early warning, equipment preparation, evacuation and shelter, medical assistance, and preparedness and relief. They follow their commander’s orders and do their utmost to protect their community.

When a typhoon is on the way, the team gives an alert. If the Yilan City Office announces the establishment of a dis­aster response center, the team then immediately sets up its own command center.

Then, the equipment preparation group prepares vests, ­raingear, chainsaws, stretchers and other necessary items. The medical assistance group delivers necessities such as food, water and medicines to seniors who live alone and residents with chronic illnesses. The patrol and early warning group patrols every hour or two regardless of the bad weather to check for problems in flood-prone areas. The preparedness and relief group handles urgent repairs. And, if the situation calls for it, the evacuation and shelter group evacuates resid­ents into a tempor­ary shelter at the borough’s activity center.

Resilient, not stubborn

When Taiwanese think of disaster preparedness, they usually think of infrastructure. But training people and getting the community involved are even more important.

Tan explains that there are many ways to prevent and prepare for disasters. Hardware-based approaches are very expensive, whereas organ­iz­ing and training volunteers is “economical and effective.”

In an article on urban resiliency, Lu Peiwen, an assistant professor in the Department of Geo­graphy at National Changhua University of Education, writes: “Take the issue of urban flooding as an example. Resiliency can be promoted through public works such as flood detention parks and drainage facilities, but it is very difficult to cultivate a city’s resiliency if residents are collectively unaware of water-­related issues and dangers, and have not prepared their local environ­ment.”

The real challenge for disaster preparedness isn’t cost, it is changing how people think.

Taking it south

Having undergone comprehensive training, Meizhou earned three consecutive years of outstanding ratings in the Water Resource Agency’s evaluation of community-based flood manage­ment. Wu went on to end the community’s participa­tion in the evaluation after realizing that it had already honed its skills to a sharp edge, and that its continued participation would be a waste of resources, and would deprive other groups of the opportunity to take part.

Meizhou has nonetheless maintained its exchanges with other communities, its team serving as “seeds” spreading ideas and practices across Taiwan and its outlying islands, and even giving classes at schools to students from elementary to university age.

More recently, in 2018, Alan Hao Yang, a professor in the Graduate Institute of East Asian Studies at National Chengchi University, and others helped Meizhou win a grant from the Alumni ­Engagement Innovation Fund of the US State Depart­ment for the community’s Empower­ing Disaster Resilient Communities in Asia project.

Yang, who is also the executive director of the Taiwan Asia Exchange Foundation, notes that Taiwan and the nations of Southeast Asia are objectively similar in terms of factors such as geography and climate, and that Meizhou’s experience in coping with floods, earthquakes, and typhoons is something that can be shared as an aspect of national strategy.

Moreover, the idea of fostering exchanges and connections between communities is in keeping with the core “people-centered” spirit of the Tsai administration’s New Southbound Policy. This approach can break through official constraints and forge connections directly with Southeast-Asian communities.

“Trade and investment give you big numbers, but communities possess a kind of soft power. People in other places can learn from these communities and experience Taiwan’s warmth and friendliness for themselves,” says Yang.

In Asia, where interpersonal networks matter a great deal, the Meizhou Community offers a tangible, relatable example of “hospitable Taiwan.”       

レジリエント・シティの模範

宜蘭県梅洲地域の自主防災隊

文・蘇俐穎 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

スーパーヒーローが登場する映画には馴染みがあるだろう。危機に直面した時、スーパーマンやスパイダーマン、マイティ‧ソー、半神人などが助けに来てくれる。

現実の世界にはこんなヒーローもドラマもないが、実は多くの人が毎日黙々と人々を守るために働いている。送電線のメンテナンス、ゴミの回収やビル外壁の清掃など、こうした人々が私たちの暮らしを守ってくれている。

小さな仕事の本分を守ることが大きな成果につながる。梅州地域の年配者たちもそうだ。


晴れ渡った日、宜蘭県の梅州地域では水が美しい。水田が規則正しく並び、川に橋がかかり、女性たちは川岸で洗濯をしている。静かで穏やかな農村の風景だ。

だが、地元の人でなければ知らないのは、ここの上流には大礁渓と小礁渓があり、合流した宜蘭渓がここを曲がりくねりながら流れていることだ。梅州は窪地で、雨の多い季節には冠水しやすく、住民は年中水害に悩まされてきた。

これを解決するために、2012年に堤防の後ろに梅州揚水ステーションが設けられ、182ヘクタールの水害が改善できるとされた。

梅州に暮らして20年になる詹何倫は、かつて堤防が決壊し、田んぼが水に浸かる経験をした。「3歳の時、うちは宜蘭市に住んでいましたが、父が消防隊員でここに救助に来ました」と言う。

私たちが訪れたのは冬の渇水期で、川床の石が見え、堤防は緑に覆われていたが、住民たちは水害と戦う日々を今も忘れていない。

レジリエント‧シティ

地理的に不利な条件に置かれた梅州はなす術もなかったが、気候変動の影響で台風の威力は強まり、宜蘭特有の霧雨の天気は珍しくなり、豪雨が増えたという。科学技術は進歩し、人々の防災意識も高まったが、災害発生から対応、復旧は警報だけでは不十分だ。

1970年代、生物学者が自然界の動物を観察したところ、一部の動物は森林火災などの自然災害に対して、急速に回復しバランスを取り戻す能力を持つことがわかり、これがレジリエンス(復元力/回復力/弾力性)と呼ばれるようになった。

1980年代、この概念は地理学や人類学などの社会科学にも導入され、災害に見舞われた時、人類はどのように受容力と復元力を高められるかが議論されるようになった。特に気候変動や高齢化、環境汚染などの大きな変化に対して、私たちは目を背けるのではなく、正面から向き合い、失敗の中から教訓を得て調整‧適応し、復元のプロセスを加速していかなければならない。

取材中、事故に遭遇した。詹何倫とともに地域内を移動していた時、バイクと自動車の衝突事故があり、地域の自主防災隊副指揮官である彼は、すぐに車を止めて手助けした。

現場に最初に到着したのは警察でも医療関係者でもなく、自主防災隊の隊員だった。地域のおじさんたちが蛍光安全ベストとヘルメットを身につけて並び、交通整理をしていたのである。

その後、梅洲地域発展協会の理事長で自主防災隊の隊長も務める呉文龍は、警察や消防の到着が遅かったことについて「宜蘭は町が多いのに対して人手は限られていますから」と理解を示した。

私たちは自然災害の現場を目にしたわけではないが、レジリエント‧シティ(コミュニティ)の重要性を認識させられ、梅洲地域自主防災隊の団結力と確かな訓練も目の当たりにした。

梅洲の住民たちは詹何倫と同じように深刻な水害を経験してきた。詹何倫が思い出すのは1960年頃のことで、まだ幼かったが、水をせき止めるために大人たちと一緒に土嚢を運んだと言う。

災害を生き延びる

「以前は天井まで水が来たんですよ」と呉文龍は高い1階の天井を指差す。

災害を乗り越えてきた彼らは危機意識も高い。2010年、水利署は公的部門だけでなく民間においても基礎的な自主防災能力を育成する必要があると考え「水害自主防災地域」などの関連措置を推進し始めた。当時、里長を務めていた呉文龍はこれを知り、住民とのコミュニケーションを経てこれに参加することを決めた。

分厚い訓練冊子を開くと、災害発生時の組織や動員の標準作業手順が書かれている。水害、台風、地震、土石流、さらには近くにガス充填工場があることから火災や爆発まで各種項目が並ぶ。梅洲地域自主防災隊のメンバーは、あらゆる災害への対応を身体にたたきこんでいる。

梅洲地域を指導してきた台湾大学生物環境システムエンジニアリング学科の潭義績‧名誉教授は、梅洲地域自主防災の成功のカギは、その組織性にあると言う。

彼らは普段は地域のパトロール隊の役割を果たし、非常時に自主防災隊となる。40人が「パトロール警報」「装備準備」「避難収容」「医療看護」「整備救援」の5組に分かれ、指揮官の指令に従って地域を守る。

例えば台風が来る時は皆が警戒を高め、まず町役場に災害対応センターを設置し、自主防災隊が指揮センターとなる。

そしてまず「装備準備班」が防災ベストや雨合羽、チェーンソー、担架などを用意する。「医療看護班」は一人暮らしのお年寄りや慢性病患者の家を訪ね、食料や水、薬品などを提供する。「パトロール警報班」は風雨の中、1~2時間ごとにパトロールし、異常がないかどうか確認する。「整備救援班」は臨時復旧を行ない、緊急事態となれば「避難収容班」が避難者を里民活動センターへ誘導し、収容する。

チームに専門の医療スタッフがいるのも梅洲地域自主防災隊の特色だ。自主防災の審査に参加した時に、審査委員から「医療看護班に専門家はいますか」と問われたことがあり、地域に人材がいないため呉文龍は外部に支援を求めた。すると幸い、宜蘭市で開業している黄建財医師が参加してくれたのである。それ以来、緊急時には必ず医師と看護士がかけつけてくれるようになった。

自主防災と住民意識

防災と言うと、多くの人はハードの設備や施設を連想するが、その観念を転換するには「レジリエント‧シティ」への発展が求められる。防災には大規模な工事や整備だけでなく、全住民が参加するというソフトパワーが必要なのである。

潭義績は、防災の方法は多岐にわたると言う。防災工事には億単位の資金が必要となるが、自主防災は資金がかからない有効な方法だ。

彰化師範大学地理学科の盧沛文‧助教は「レジリエンス、都市は気ままではないⅡ:理論発展と空間計画上の応用」という文章で次のように述べている。「都市の洪水を例にとると、レジリエンスの推進は遊水公園や排水施設といった公共工事から見て取れるが、もし市民がこの課題に関心を持たず、自らの置かれた環境に対して準備と危機意識を持たなければ、その都市のレジリエンス発展は非常に困難である」

梅洲地域では、すでに十数年にわたって自主防災が推進されてきた。その秘訣はと問われ、呉文龍は「人ですよ」と答える。当初は何の資金補助も支援もなかったが、地域を守るために皆が寄付をしたり力を出し合ったりした。呉文龍は、まず人が集まって活動を開始し、何事かを成し遂げれば資金は自ずと集まってくると言う。

ソフトパワーで東南アジアと交流

充実した訓練を行なってきた梅洲地域の自主防災隊は、水利署の「水害自主防災地域」コンクールにおいて3年連続で特優の評価を受けた。その後、呉文龍はすでに十分に訓練されているので、コンクールに参加して名誉とリソースを独占するべきではないと考え、参加を放棄した。

しかし、対外的な交流は減っていない。ここの防災隊は台湾各地のコミュニティと交流し、また学校も訪れて小学生や大学生と交流している。

2018年、政治大学東アジア研究所の楊昊教授らの協力の下、梅洲地域は「アジアコミュニティ災害対応レジリエンス」計画を提出し、千に上る計画の中から選ばれて、アメリカ国務省の同窓生連結イノベーションファンド(AEIF)から資金を受けられることとなった。

楊昊によると、梅洲地域の事例は、防災専門家から「手本として教科書に載せられる」と評価されているが、年配の隊員が高齢となってリタイアし、経験が引き継がれないおそれもあるため、この計画資金は、経験のデータ化と継承に使っていきたいという。

台湾アジア交流基金会CEOでもある楊昊は、国の戦略という角度からこうも説明する。地理や気候といった客観的な条件で見ると台湾は東南アジア諸国と似ているところが多く、水害や地震、台風などにおける梅洲の経験はこれらの国々とシェアする価値がある。

蔡英文政権が推進する「新南向政策」においてもコミュニティ同士の交流やつながりが深まれば「人を中心とする」政策の精神にもかない、国と国との垣根も乗り越えやすい。

毎年、多くの団体が梅洲を視察に訪れる。台湾だけでなく、タイやミャンマー、フィリピンなどの専門家との交流もある。

「経済貿易面での投資には大きな資金が必要ですが、コミュニティのソフトパワーを活かし、互いに経験を学ぶことができれば、台湾社会の熱意と思いやりにも触れてもらうことができます」と楊昊は言う。

人と人とのネットワークを重視するアジアにおいて、梅洲地域は「もてなし好きの台湾」の力も発揮しているのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!