環保織品台灣領航

富勝創造綠色奇蹟
:::

2019 / 9月

文‧陳群芳 圖‧林格立


1993年富勝紡織研發出台灣第一批寶特瓶再生纖維,帶動其他紡織廠跟進。如今服飾、鞋材、袋包、家飾等,寶特瓶再生纖維已在生活中廣泛運用;各大國際運動品牌普遍使用台灣生產的寶特瓶再生纖維,讓曾被稱為夕陽工業的紡織業,走出另一條路。

20多年來富勝還陸續開發了回收稻殼纖維、回收酒糟再生纖維、安全玻璃回收膠製成人造皮革等,專注於研發各種環保織品。近年更領先全球,研發出海洋回收再生纖維,讓廢棄漁網有了新生命。秉持友善環境的理念,富勝紡織要讓世界看到福爾摩沙之美,見識台灣的綠色奇蹟。


 

走進富勝紡織的展示間,帽子、T恤、提袋、北極熊布偶……,舉目所及都是使用寶特瓶再生纖維製作,「你坐的椅子、旁邊的沙發、抱枕,就連這顆世足紀念球裡的補強布,都是我們用寶特瓶再生纖維做的喔!」眼前這位帶著憨厚笑容,介紹著如自己孩子般的產品,正是富勝紡織第二代接班人、現任董事長柯漢哲。

台灣第一家寶特瓶再生纖維

位於彰化伸港鄉的富勝紡織,就在素有織女故鄉之稱的和美鎮附近,這一帶曾經是台灣的紡織重鎮。前往採訪的路上,司機大哥說起短短一條街上,曾經有過百家小型工廠的榮景。1990年代台灣許多企業外移,彰化的紡織工廠一間間收起,富勝是少數留下的工廠之一。

富勝紡織1968年由柯漢哲的父親、前董事長柯金錫創立,擅長縲縈人造纖維織布技術。紡織的生產流程與技術,柯漢哲從小耳濡目染,是再熟悉不過的事,退伍後便接棒經營。從傳統紡織廠如何轉型成為國際爭相下訂的環保紡織品牌,一切的緣分起自一場慈濟演講。

1990年某日,柯漢哲在朋友邀請下,偶然參加一場證嚴法師「預約人間淨土」的講座。「我在台下看著上人瘦小的身軀,輕輕地講出『請大家用鼓掌的手做環保』。」如此有重量的一句話深深打動了柯漢哲,讓他的人生就此轉折。

他想起了家裡附近那條大水溝,童年戲水消暑的回憶歷歷在目,多年後卻滿是垃圾,柯漢哲曾想過如果有人來回收該有多好。這股改變家鄉環境的心被上人喚起,柯漢哲當下就在心裡發願:「今生今世要跟著上人腳步。」

紡織要如何結合環保?這問題不停地在柯漢哲心頭縈繞,直到某次在飛機上的雜誌讀到美國品牌牛仔褲使用寶特瓶製作的報導。「硬梆梆的寶特瓶要怎麼做成軟綿綿的牛仔褲?」引起他的好奇,也為他苦思的環保找到方向。對塑膠射出一竅不通的柯漢哲,一頭栽入鑽研。當時正值1990年代,台灣紡織產業低迷、工廠為降低成本紛紛外移之際,柯漢哲卻逆勢投入大量時間與資金開發未知的技術,自然讓父親柯金錫難以理解。面對眾多考驗,柯漢哲說:「講起來眼淚只能往肚子裡流,真的很辛苦。」但他決心要讓世界看到台灣做得到,憑著熱忱咬牙撐了下去。

從寶特瓶的分類、清洗、粉碎、熔融成酯粒,再進一步抽絲、紡紗、織布,一步步找到寶特瓶再生纖維的開發技術。歷時三年,終於在1993年成功研發台灣第一批寶特瓶再生纖維,並以「保特紗PETSPUN」為註冊商標。「當時全世界只有美國一家、德國一家、日本兩家,富勝是全球第五間有寶特瓶再生纖維製造技術的公司。」柯漢哲驕傲地說。

從英國紅回台灣

保特紗開發成功後,富勝的營運並非一路順遂。保特紗的製造從回收、分類、清潔、粉碎、酯粒到抽紗,每一步驟都是技術的考驗。光是清潔就必須重複多次,才能製成沒有雜質的酯粒,做出細緻的紗線,製程長、技術門檻高,成本比使用新料製成的聚酯纖維高出三分之一,令客戶聞之卻步。

「直到英國瑪莎百貨總裁這位貴人的出現。」柯漢哲表示,聽聞台灣生產寶特瓶再生纖維,英國那邊立刻派人飛到台灣彰化討論合作機會。第三代經營者、柯漢哲大女兒柯菀庭進一步表示,「歐洲國家對於企業社會責任的概念興起早,比較願意付出高一點的成本對環境盡一份心力。」

當瑪莎百貨總裁穿著富勝以百分之百保特紗製作的衣服,登上BBC NEWS節目,宣布要開啟五年A計劃──推展環保再生商品。當時40呎貨櫃的貨,一到英國就被搶購一空,這才讓龐大負債的富勝,終於有機會轉虧為盈。

富勝的成功,吸引了台灣其他紡織廠紛紛跟進仿效,有的向柯漢哲請教技術,也有的使用富勝的產品製作終端商品,例如慈濟賑災時使用的環保商品,許多也是出自富勝之手。台灣紡織產業憑著多年來累積的技術與實力,寶特瓶再生纖維的品質、運用都已居世界領先地位,如今全球寶特瓶再生纖維的服飾,有超過半數都是使用台灣品牌製成。柯漢哲早已實現當年允諾證嚴法師所說的:「奉獻給人類。」讓更多人都能為環保盡一份力。

化腐朽為神奇

有了保特紗研發的成功經驗,柯漢哲將富勝的營運目標重新規劃,專注在再生環保纖維與產品的開發,並在2000年時將公司英文名字更改為ECOMAX,期許富勝能盡最大努力保護生態。

於是柯漢哲陸續以廢棄的高粱酒糟、稻殼、牡蠣殼等作為研發對象,將它們處理成奈米分子再與保特紗結合,致力讓廢物再利用,以全新的姿態重回世人面前,免於被丟棄的命運。

「不要小看這些廢棄物,回收做成產品後,對人體有養生作用。」柯漢哲順手拿起眼前一件灰色帶有素雅花紋的涼被說明:他將回收的稻殼、高粱酒糟、牡蠣殼燒解,再與寶特瓶回收的酯粒熔融成三合一纖維,進而製成涼被。高粱酒糟與碳化稻殼裡含有二氧化矽,其多孔性與吸附性使得織品具有吸濕、除臭及釋放遠紅外線的功能;而牡蠣殼富含碳酸鈣,經鍛燒後轉化為氧化鈣,也有研究發現具有抑菌的效果。「希望讓忙碌的現代人,睡覺同時養生,身體濕氣少、血液循環好,很多文明病就不會找上身。」柯漢哲表示。

相比許多廠商在海外設置據點或將工廠外移,富勝卻始終以「台灣製造」為榮。憑藉在紡織界多年的耕耘,富勝具備產業鏈上下游的整合能力,致力生產高品質的商品,每每在國際展會上令人驚豔。像是以安全玻璃回收膠結合環保布料的應用,就讓富勝在今(2019)年的亞太皮革展獲得了「最佳永續發展材料獎」。

安全玻璃是以兩片玻璃中間夾著PVB(聚乙烯醇縮丁醛)薄膜而成,這些伴隨車輛廢棄而產生的PVB塑料,通常都是焚化或掩埋,對環境無疑是傷害。然而富勝將其經過脫色分離、純化,再與環保布料黏合,研發成人造皮革,經壓紋處理後能廣泛運用於皮包、高跟鞋、沙發等,不僅能取代動物皮革避免殺生,還能兼具環保。

海洋回收再生纖維領先全球

除了開發環保紡織產品,富勝工廠內使用太陽能板發電、回收雨水來沖馬桶,也會建議客戶盡量使用布料的原色,若真要染色也不要使用染料,而是改數位印刷,減少大量用水。富勝的同仁出門一定自備環保杯,雖然每天都在接觸寶特瓶,柯漢哲笑說已經有好幾年沒喝過瓶裝飲料了。對富勝而言,開發再生纖維不是打著環保之名的行銷手法,也不是只談獲利的商機,友善環境已是內化在骨子裡的生活哲學。

這幾年柯漢哲因著Discovery頻道上一部探討遠洋漁業破壞海洋生態的紀錄片,而一頭栽入海洋垃圾的研究,自2013年開始研發廢棄漁網再生纖維。為了製作細緻的紗線,必須將裹著瀝青、吸滿海水鹽分的漁網一次次的清潔,過程繁複又耗時。期間柯漢哲還受邀前往美國,參與研發以大麻莖製作人類未來要穿的衣服,「但海洋問題很迫切,只能請他們再等三年。」柯漢哲說。

經過大量時間與資金的投入,柯漢哲終於在2015年成功研發出海洋回收再生纖維,並進一步運用在袋包、服飾上。近日為了海洋垃圾的問題,柯漢哲走訪台灣西海岸的各漁港,與漁民訪談,懇請他們不要隨意將漁網棄置大海。「台灣是寶島,我們是全球第一家做出海洋回收再生纖維,接下來要支持淨灘、教育民眾,讓海岸線變美,有一天世界會來台灣這塊淨土朝聖。」柯漢哲期盼地說。

談起研發,柯漢哲眼神閃著光芒,像個探險家說著每項材料研發的故事,成功失敗或許未知,但前進的方向卻是無比明確。柯漢哲說:「關心地球環境,正是富勝研發哲學的核心。」富勝紡織像是領航者,以職人精神製作友善環保的紡織品,帶領眾人看見綠色紡織的無限可能。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Ecomax’s Green Miracle

Taiwan Leads the Way in Eco-Friendly Textiles

Chen Chun-fang /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Phil Newell

In 1993 Ecomax Textile Company produced Taiwan’s first recycled polyethylene terephthalate (PET) fiber, which they called PETSPUN®. Other textile companies quickly followed suit, and today recycled PET fiber is commonly used in daily life. Major international sportswear brands widely use recycled PET fiber produced in Taiwan, enabling Taiwan’s textile sector, once considered a sunset industry, to gain a new lease on life.

Over the last 20-plus years Ecomax has de­veloped all manner of eco-friendly materials, including fibers enhanced with materials recycled from rice husks and sorghum distiller’s grains, as well as arti­ficial leather made with interlayer resin recovered from laminated automobile windshields. In recent years the company has led the world in developing re­cycled fiber from discarded ocean fishing nets. Ecomax aims to bring Taiwan’s “green miracle” to the attention of the world.

 

 


In the showroom at Ecomax Textile Company, every­thing you see—from T-shirts to tote bags to stuffed polar bears—is made with fiber from recycled PET bottles. “The seat you are sitting on, the sofa next to you, the pillows, and even the lining inside this commemorative World Cup soccer ball are all made from our PETSPUN fiber!” So says Mark Ke, managing director of Ecomax and second-­generation heir to the company.

Taiwan’s first recycled PET fiber

Ecomax is located in Changhua County’s Shen­gang Township, next door to Hemei Township, which is known as “the hometown of the Weaver Girl” (a figure from Chinese folk culture). This area was once a bastion of the textile industry in Taiwan. But in the 1990s many Taiwanese firms relocated abroad, and textile factories in Changhua closed one after the other. Ecomax was one of the few companies that stayed.

Ecomax was founded in 1968 by Mark Ke’s father, former managing director Ko King-xi, and specialized in weaving fabric from the artificial fiber rayon. Mark Ke grew up surrounded by the textile production process and textile technology, and joined the management team at his father’s firm after he completed his military service. The story of Ecomax’s transformation from a traditional textile factory into an internationally respected eco-friendly textile brand started, quite by accident, when Ke heard a speech by Dharma Master Cheng Yen, founder of the Buddhist Compassion Relief Tzu Chi Foundation.

“I watched as the small figure onstage softly said, ‘I ask all of you to use the hands you are applauding with to protect the environment.’” These words deeply moved Mark Ke and changed his life. At that moment he vowed to himself: “For the rest of my life I will follow in the footsteps of the Dharma Master.”

But how could textile manufacturing be combined with environmental protection? This question remained constantly on Ke’s mind, until he happened to read an article in an in-flight magazine about how American brand-name jeans were being made out of recycled PET plastic bottles. This sparked his curiosity and gave him a direction for the environmental protection that he had been thinking so hard about. Ke, who knew nothing at all about processing plastics, did in-depth study of the subject. Just as many other textile firms were relocating abroad to reduce costs, Ke went against the trend by investing great amounts of time and capital in Taiwan to develop novel technology, a decision that his father found difficult to understand. Facing many challenges, Mark Ke says: “Looking back, there were times when I had to hold back my tears; it was really tough.” But he was determined to show the world that Taiwan could do it too.

At each step in the production process—from separating out PET bottles from other plastic waste, washing them, shredding them, and melting them into polyester chips, to drawing polyester filament, spinning it into yarn and weaving the yarn into fabric—Ke sought out the technologies needed to develop recycled PET fiber. Finally, after three years of effort, in 1993 Ecomax successfully developed Taiwan’s first recycled PET fiber, and registered the trademark “PETSPUN” to market it.

Finding fame in the UK

But it was not all plain sailing for Ecomax after the successful development of PETSPUN. Every step in the production process posed technological challenges. Taking just washing the used PET bottles as an example, this has to be done repeatedly in order to be able to produce polyester chips free of impurities from which to make the slender yarn. This lengthened the time needed for the production process and raised the technological bar very high, so that costs were one-third higher than for polyester fiber made from new raw materials. This higher cost caused many potential clients to hang back.

“This lasted right up until the chairman of the UK department store chain Marks and Spencer appeared on the scene.” Ke relates that as soon as the British firm heard that Taiwan was producing recycled PET fiber, they sent a representative to Changhua to discuss opportunities for cooperation. “In European countries, the concept of corporate social responsibility got established earlier than elsewhere, so companies are more willing to accept higher costs in order to do their bit for the environment,” adds Ke’s eldest daughter, Anita Ke, who is part of the management team at Ecomax. 

Later, Marks and Spencer’s chairman appeared on a BBC news program wearing apparel made of 100% PETSPUN, and announced the adoption of a five-year plan to promote eco-friendly products. From then on, all the clothes in a 40-foot shipping container would be snapped up as soon as they hit the shelves in the UK, which gave Ecomax the chance to turn a profit.

Ecomax’s success attracted other textile makers in Taiwan to follow suit. Some asked Mark Ke for information about the technology involved while others used Ecomax products to manufacture end-user products. Also, many of the eco-friendly products used by Tzu Chi in disaster relief were produced by Ecomax. Taiwan’s recycled PET fiber has become a world leader in terms of both quality and quantity. More than half of all clothing made from recycled PET fiber worldwide uses products made by Taiwanese brands.

Amazing transformations

Actually Ecomax only got its English name in the year 2000. With the company’s focus now firmly on the development of eco-friendly recycled fibers and products, Mark Ke hoped that Ecomax could devote maximum effort to protecting the environment.

Ke started researching ways to use various waste materials, such as sorghum distiller’s grains, rice husks, and oyster shells, to produce substances that can be added to PETSPUN to change its properties. He hoped that in this way, the materials could be brought back into use in new forms, rather than being discarded.

Ke takes carbonized rice husks from biomass power generation, distiller’s grains from sorghum spirit production, and oyster shells from oyster farming. The ­sorghum grains and oyster shells undergo further thermal processing, and the three materials are crushed into nanoparticles, which are added to the polyester chips made from recycled PET bottles. The chips are molten to produce a “three-in-one” fiber that Ecomax manu­factures into products such as light summer quilts. Sorghum grains and rice husks both contain silicon dioxide, which makes textile products moisture absorbent and ­deodorizing, and emits far infrared rays. Meanwhile, oyster shells are rich in calcium carbonate, which becomes calcium oxide through calcination. Research has shown that calcium oxide has antimicrobial effects.

Ecomax has always been proud of the fact that its products are “Made in Taiwan.” After many years of effort, Ecomax has a fully integrated production chain, and is dedicated to manufacturing high-quality products. For example, the company combines polyvinyl butyral from scrap automobile windshields with eco-friendly fabric to make artificial leather, for which Ecomax won the “Best Sustainable Material Collection” award at the 2019 Asia Pacific Leather Fair.

Laminated safety glass, as used in automobile windshields, is made using two sheets of glass that are bonded together by a clear resin interlayer made of a plastic material called polyvinyl butyrate (PVB). When vehicles are scrapped, this material is usually incinerated or sent to landfill. But Ecomax has developed processes to separate out and purify PVB and coat it onto eco-friendly fabric to make artificial leather, which is embossed and used in a wide range of products. This environmentally friendly product can be substituted for animal-skin leather, ensuring that fewer animals will be killed.

World leader in fishing-net fiber

Ecomax’s factory is powered by solar panels and its toilets are flushed with collected rainwater. The company also recommends that clients should use fabrics in their natural colors, but if a client really wants other colors, they should use digital printing rather than dye, greatly reducing water use. When Ecomax employees leave home they always carry their own travel mugs, and although Mark Ke comes into contact with PET bottles ­every day, he says with a laugh that he has not consumed a bottled drink in many years. For Ecomax, eco-friendliness is a philosophy of life that has been internalized by everyone who works there.

A few years ago Ke saw a documentary about how the deep-sea fishing industry is destroying the ocean ecology, and since then he has studied the issue of marine trash in depth. In 2013, Ecomax began research into recycling discarded fishing nets to make textile fiber. The nets, which are heavily contaminated with tar and saturated with sea salt, need to be cleaned over and over again in a complex and time-consuming process before the fibers are clean enough to be made into yarn.

Finally in 2015 Ecomax successfully developed re­cycled fishing net fiber, which it uses in bags and apparel. Recently Mark Ke visited various fishing harbors along Taiwan’s west coast and talked with fishermen, appealing to them to not dump fishing nets in the ocean. “We are the first company to make fiber from recycled ocean waste. Next we want to support beach-cleaning activities and educate the public so that our coastline can be restored to its former beauty,” says Ke. “One day people from around the world will make pilgrimages to this ‘pure land’ of Taiwan.”

Ke’s eyes shine brightly as he tells the story of the development of each kind of material. Although he could not know whether his path would lead to success or failure, the direction of travel was always clear. With a spirit of social responsibility, Ecomax is leading the way in manu­facturing eco-friendly textiles, and awakening the public to the boundless possibilities of “green” textile products.

世界をリードする台湾の再生繊維

Ecomax社の緑の奇跡

文・陳群芳 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

1993年、富勝紡織(Ecomax)は台湾初のペットボトル再生繊維PETSPUN®の開発に成功し、他社が続々とこれに続いた。現在では服飾、靴、バッグ、家庭用品などに広く用いられ、人々の暮らし活かされている。国際的なスポーツウェアブランドの多くも台湾製のペットボトル再生繊維を使用しており、かつて斜陽産業と言われた繊維業界は新たな道を切り開いた。

20年にわたり、富勝紡織はさまざまなリサイクル繊維を開発してきた。廃棄される籾殻や酒粕を利用した繊維や、安全ガラスの中間膜を再利用した人工皮革などである。さらに最近は世界に先駆けて海洋ごみの再生繊維を開発し、廃棄された漁網に新たな生命を吹き込んだ。エコロジーを理念とする富勝紡織は、世界に台湾の「緑の奇跡」を見せつけている。


富勝紡織(Ecomax)の展示ルームに入ると、並んでいる帽子やTシャツ、バッグ、ぬいぐるみなどは、すべてペットボトル再生繊維で作られたものだ。「椅子やソファー、クッション、それにこのサッカーワールドカップ記念ボールの補強布にも、私たちのPETSPUNが使われています」と、製品を自分の子供のように紹介してくれるのは、富勝紡織の二代目、柯漢哲董事長だ。

台湾初のペットボトル再生繊維

彰化県伸港郷にある富勝紡織は、かねてより「織姫の故郷」と呼ばれてきた和美鎮の近くにあり、この一帯は台湾の繊維産業の中心地でもある。富勝に向う途中で聞いたタクシー運転手の話によると、かつてここには100に上る小規模工場があって大いに賑わっていたそうだ。その後、90年代に工場の海外移転が始まって彰化の工場も一つひとつ消えていったが、富勝はここに残った数少ない工場の一つだ。

富勝紡織は1968年に柯漢哲の父である柯金錫が創設し、レーヨンの織りを得意としていた。柯漢哲は幼い頃から生産工程と技術に親しんでおり、兵役を終えるとすぐに会社を継いだ。その繊維工場が世界から注文を受けるエコ繊維メーカーへと転換したきっかけは、仏教の慈善団体である慈済の講演会だった。

1990年、柯漢哲は慈済の創設者である証厳法師の講演を聞く機会があり、法師の「その手を環境保護のために使ってください」という言葉に強い感銘を受けた。彼は、子供の頃に遊んだ近所の小川が今はごみでいっぱいになっていて、誰かがきれいにしてくれればいいのにと思ったことを思い出した。その思いがよみがえり「一生、証厳法師についていこう」と決意したのである。

では、環境のために繊維産業に何ができるのだろう。そう考えている時、飛行機の機内誌でペットボトルを原料にしたアメリカのジーンズを紹介する記事を読んだ。「固いペットボトルがどうしてジーンズになるのだろう」と好奇心を持ち、そこから歩むべき方向を見出したのである。プラスチックに関する知識がまったくなかった彼は、研究に取り組み始める。その頃は1990年代、台湾の繊維産業は低迷し、工場は人件費削減のために次々と海外へ出ていったが、彼は大量の時間と資金を未知の技術に注ぐこととなり、父の柯金錫の理解も得られなかった。「本当につらかったです」と語るが、台湾にもできることを証明するために、歯を食いしばって研究を続けた。

回収したペットボトルを分類、洗浄、粉砕、溶融してチップ状にし、そこから紡糸、紡織を行なうという工程と技術を一つひとつ開発していった。こうして3年、1993年に台湾初のペットボトル再生繊維の生産に成功し「PETSPUN」という商標を登録した。「当時、世界でペットボトル再生繊維を作っていたのはアメリカの1社、ドイツの1社、日本の2社だけで、富勝は世界で5番目に再生技術を開発した会社でした」と柯漢哲は誇らしそうに語る。

イギリスで注目を浴びる

PETSPUNの開発には成功したものの、その後の経営は決して順調ではなかった。ペットボトルの回収から分類、洗浄、粉砕、チップ化、製糸と、どの段階にも高度な技術が求められる。洗浄だけでも幾度も繰り返さなければ不純物のない原料を得ることはできない。製造工程は長く、求められる技術も高く、原価は従来のポリエステルより3割高くなるため、顧客も二の足を踏んでしまうのである。

そこへ現われたのが、イギリスのチェーン店、マークス&スペンサーだった。台湾にペットボトル再生繊維があると聞き、同社は協力の可能性を話し合うために彰化まで訪ねてきたのである。「ヨーロッパでは早くから企業の社会的責任を重視しており、多少原価が高くても、環境に役立つことをしたいという意欲があるのです」と柯漢哲の長女で三代目の柯莞庭は説明する。

そしてマークス&スペンサーの社長が100%PETSPANで作られた服を着てBBCのニュース番組に出演し、リサイクル製品推進の5か年計画を発表すると、台湾から40フィートコンテナで運ばれた衣服はイギリスで瞬く間に完売し、富勝はようやく黒字転換へのきっかけをつかむことができたのである。

これを目にした台湾の他の繊維メーカーも、次々と再生繊維の開発や利用に取り組み始めた。柯漢哲に教えを請いに来るものもあれば、富勝の製品を使って最終商品を製造するものも出てきた。慈済が災害支援に使用するリサイクル製品の多くも富勝が製造している。長年にわたって実力を蓄積してきた台湾メーカーが作るペットボトル再生製品は品質が良く、その応用範囲も世界をリードすることとなる。現在では世界のペットボトル再生衣料市場の半数以上に台湾の製品が用いられている。こうして柯漢哲は、かつて証厳法師に誓った「人類のために奉仕する」という決意を実現し、より多くの人を環境に貢献する仕事に導き入れることができたのである。

奇跡の転換

ペットボトル再生繊維の開発に成功した経験から、柯漢哲は新たに富勝紡織の目標を定め、2000年には英語の社名をEcomaxへと改めた。環境のために最大限の努力をするという意味が込められている。

そこで柯漢哲は廃棄される籾殻や高粱酒の酒粕、カキ殻などの研究を開始した。これらをナノメートルの分子に処理してPETSPUNと結合させることで再利用しようというのである。

「侮ってはいけません。これらの廃棄物を利用した再生製品は身体にも良いのです」と、柯漢哲は夏掛け布団を手に説明する。これは回収した籾殻と高粱酒の酒粕、カキ殻を焼却分解し、ペットボトルから作ったPET樹脂と合わせた繊維で作られている。高粱酒の酒粕と炭化した籾殻は二酸化ケイ素を含み、多孔性、吸着性などの性質を持つことから、吸湿、消臭、そして遠赤外線放射といった機能が得られる。またカキ殻に豊富に含まれる炭酸カルシウムは燃焼を経て酸化カルシウムに変化し、抗菌効果が得られるとする研究報告もある。「忙しい現代人がこの夏掛け布団を使えば、身体の湿気が吸収されて血液の循環が良くなり、さまざまな病気の予防にもなります」と柯漢哲は言う。

多くのメーカーが海外に拠点や工場を置いているのに対し、富勝は一貫して「台湾製」であることを誇りとしてきた。長年にわたる業界での実績から、富勝は川上から川下までのサプライチェーンを統合する能力を持ち、品質の向上にも努めてきた。こうした経緯から国際見本市でも常に注目されている。例えば、2019年のアジアパシフィックレザーフェアでは、安全ガラスの中間膜を再利用した富勝のリサイクル繊維製品が「最優秀サステナブル・マテリアル賞」に輝いた。

安全ガラス(合わせガラス)は、二枚のガラスの間にPVB(ポリビニルブチラール)の膜を挟んで貼り合わせたものだ。自動車の廃棄とともに出るこの廃棄物は、通常は焼却または埋立処分され、環境にダメージをおよぼすこととなる。そこで富勝紡織はこの中間膜を脱色分離、純化して環境にやさしい生地に接着することで、合成皮革を生み出したのである。そこにさらにさまざまな模様を型押しすればバッグやハイヒール、ソファーなどにも応用できる。動物の革を使わずに済み、環境にもやさしい。

世界初−海洋ごみの再生繊維

富勝紡織の工場には太陽光発電設備が設けられており、トイレには回収した雨水を利用している。また顧客には、なるべく生成りの生地を用いるよう勧め、染色が必要な場合も染料を用いるのではなく、デジタルプリントを勧めることで、可能な限り大量の水を使わないようにしている。また、同社の社員は出かける時には自分のマグボトルを携行する。柯漢哲も、もう何年も市販のボトル飲料を飲んでいないと言って笑う。富勝にとって、リサイクル繊維の開発は環境配慮を謳ったマーケティング手法ではなく、また利益を上げるためのビジネスでもなく、すでに内在化した生活哲学なのである。

数年前、柯漢哲はディスカバリーチャンネルで遠洋漁業による海洋生態破壊を扱ったドキュメンタリーフィルムを見て、海洋ごみの研究を始めた。そして2013年には廃棄された漁網を使ったリサイクル繊維の開発を開始した。漁網を使用して細い糸を作るためには、付着したタールや浸透した塩分を除去するために繰り返し洗浄しなければならず、その工程は繁雑で時間がかかる。その研究に取り組んでいる頃、アメリカに招かれて大麻の茎から未来の衣料を開発するプロジェクトに加わるよう求められたが「海洋ごみは差し迫った重要な課題なので、あと3年待ってもらうようお願いするしかありませんでした」と言う。

こうして大量の資金と時間をかけ、2015年、彼はついに海洋ごみのリサイクル繊維の開発に成功し、これをバッグや服飾に応用できるようにした。最近は、海洋プラスチックごみ問題を改善するために台湾西海岸の漁港を訪ね歩いて漁業者の話を聞き、また漁網を海に廃棄しないよう求めている。「台湾は宝の島です。私たちは世界で初めて海洋ごみの再生繊維を生み出した企業として、これからはビーチクリーン活動や国民教育を支援していき、海岸の美を守り、いつか世界中の人々が台湾という浄土を訪ねてくるようにしたいのです」と柯漢哲は言う。

研究開発の話になると柯漢哲は目を輝かせ、まるで冒険家のように一つひとつの素材の物語を語ってくれる。成功するか否かはわからなくても、向かう方向は常に明確で「地球環境に関心を注ぐことこそ富勝の研究開発哲学の核心です」と語る。富勝は業界の先頭に立ち、職人の精神で環境にやさしい繊維製品を生み出し、私たちに緑の繊維の無限の可能性を見せてくれる。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!