惡地結好果

利吉泥岩惡地
:::

2018 / 10月

文‧曾蘭淑 圖‧林格立


台灣最大的河谷花東縱谷,綠意盎然,物產豐饒。走訪花東縱谷來一趟地質之旅,不僅可以踏查兩大板塊交界處,也了解台灣地質身世;觀察池上斷層與利吉泥岩惡地,更加領悟大自然造天闢地的手法奧妙,再品嚐惡地出產的芭樂與釋迦,地盡其利,惡地結好果。正如法國地質學家Jean Aubouin所說:「台灣的地質是寶石等級。」

 


 

從花蓮玉里車站出發,騎腳踏車上玉富自行車道,標註2.4K的秀姑巒溪鐵道橋,是此次地質見學之旅的第一站。

可能受到熱帶性低氣壓逼近的影響,站在鐵橋上,橋下是寬闊悠長的秀姑巒溪,強風吹來還夾帶著水氣,眼見左邊的中央山脈烏雲密布,右邊的海岸山脈卻是晴空萬里,就在這詭譎氣氛中,有如電影《勇闖陰陽界》的場景。配合觀光局花東縱谷國家風景區管理處(以下簡稱「縱管處」)在斷層帶休憩解說平台所框的兩個腳印,完成一腳踏在菲律賓海板塊、一腳踩在歐亞板塊的「壯舉」,打卡拍照完,頗有橫貫古今時空、穿越海陸地理交界的快感。

台灣地質身世:板塊交界

這座鐵橋是昔日的單軌舊鐵道,也是全世界除了冰島外,少數橋面跨越海陸兩大板塊的橋梁。由於地處斷層帶,長年來幾經地殼擠壓運動,造成第17至19號橋墩下陷,維修困難,台灣鐵路管理局1989年從玉里至東里車站之間,採截彎取直路線興建了新的鐵道。

經由東華大學自然資源與環境學系教授劉瑩三解說,更加了解花東縱谷位處「地理縫合」之處的獨特。這是由於1,000萬年前至600萬年前,菲律賓海板塊的西北角礁碰到歐亞板塊,花東縱谷東側,也就是海岸山脈西側,正是菲律賓海板塊與歐亞板塊運動縫合交接之處。

最明顯就是玉富自行車道,每年還以1至3公分的速度抬升,因此玉富自行車道至今仍會經常性龜裂,劉瑩三說,這不是因為廠商偷工減料導致施工品質差,而是位於斷層帶,承受了怎麼鋪、怎麼裂的宿命。

花東縱谷涵蓋了北從瑞穗、玉里、池上等多處斷層。想要更了解斷層帶,還可以造訪池上的地牛館與大坡國小,經工研院專家進駐,運用科學的量測,證明大坡國小的擋土牆斷層,是少數可在地表觀察到快速潛移的斷層,也導致擋土牆鋪了,沒有多久就損壞的命運。

重要地質證據:利吉惡地

另外一處提供了台灣位於板塊交界地帶的重要證據,是500萬年前板塊隱沒與碰撞作用所留下的利吉惡地,地質學術上稱為「利吉混同層」。而且與全世界相比,能在陸地上就能親近觀察這麼「年輕的地質證據」,是利吉惡地在地質研究的重要之處。

「年輕」,是因為地質學的單位是以百萬年計,誤差值也在百萬年之間,劉瑩三解釋,以地球具有45億5,000萬年歷史而言,利吉層在地質時間的軸距上,可以說是很年輕的地質。

隨著地質公園的推廣,農委會林務局、縱管處等單位自2010年開始進行相關資源與地景的調查,並且結合社區的參與,設立解說牌,讓遊客一目了然,能夠感受利吉惡地知性與感性的美。

縱管處處長林維玲指出,花東縱谷平原因為地處海陸板塊交會處,人文薈萃,物產豐饒,縱管處規劃「池早遇見你,發現池上斷層」、「台東『喔吉上』」等一至三天十多種不同的遊程,民眾可以選擇稻穗秋收或是前進原民部落等方式,進行一場深度之旅。

其中「惡地惡勢力:探索惡地奇景」則是以利吉、富源村為核心的地景旅遊。

★卑南溪畔:遠眺

從台9乙線進入利吉社區與利吉大橋之前,在堤防旁往北側觀看,或是站在卑南水圳公園,可以遠眺荒涼嶙峋的惡地景觀。

在此處還可以看到卑南大溪河床中,原來作為流籠的石頭,稱為「外來岩塊」,這些岩塊原來是被泥岩包覆,受到大水侵蝕露出,所留下一個個孤立的山峰,如此也證明泥岩內不同的岩層,有的是海洋板塊與南中國海板塊的輝長岩、蛇岩;有的是大陸板塊的沙岩、泥岩、沙頁岩。

再從卑南溪往西側看,可以看到小黃山,這是數十萬年前才形成,受到風化與河流侵蝕作用形成的「礫岩惡地」。

★利吉惡地觀景台:近距離 接觸

過了利吉大橋,就可以到縱管處規劃的利吉惡地觀景台,沿著木棧道往上走,即可近距離觀察惡地的雨蝕溝、雨蝕谷。利吉社區生態導覽員曾怡潔介紹,若剛下過大雨,發生小型崩塌,會形成新的雨蝕溝;一條條深邃的雨蝕溝都是風雨沖蝕的傑作。

★富源景觀平台:遠眺

接著由台東197縣道上去,可遠眺台東平原,天氣好的時候還可以看見太平洋上的綠島、蘭嶼與卑南溪,將太平洋盡收眼底。

★私房秘境:俯瞰

沿著狹窄曲折的產業道路,可以站上惡地的制高點,整個深溝壑谷就在腳下,這裡正是鳳頭蒼鷹、野兔、穿山甲的家,凌晨還可見長鬃山羊在稜脊線上凌波微步。當地居民林龍清因此整理出一條生態步道,但這個屬於秘境等級的步道,需要當地社區達人帶路,否則很難找到。

★Shopping行程:採果

有些遊客對秘境沒有興趣,只想吃水果,可選擇由社區導覽人員依時令安排採水果的shopping行程。

命名惡地,聳擱有力

社區的達人之一,即是前利吉村長曾金仁,30年前他協助卑南鄉公所進行農作物調查時,即走遍村落的每個角落;「惡地」名稱的流傳,他是始作俑者。

「我們當地人稱這座險峻、無人接近,也無法種植的不毛之地為摩天嶺。但為命名開會時,地質調查所的徐鐵良建議叫做『利吉混同層』,但感覺好像很複雜,很學術;我就提議乾脆叫『利吉惡地』,聳擱有力!我還記得很清楚,沒有人說好,也沒有人反對,就這麼定下來。」

曾金仁的台語名字是「真驚人」,沒有想到惡地名稱也因此一鳴驚人。他自曝產銷班的秘辛說:「本來我們有農民掛燕巢芭樂的招牌賣,我一開始遊說大家改成惡地芭樂,還有人心不甘情不願,沒有想到改名之後愈來愈暢銷,分明是對自己的產品沒有信心。」

叫「惡地」也曾引起不少民眾反對認為不吉利,十多年前還有協會舉辦惡地改名票選活動,但第一個跳出來反對的,就是當初最不贊成惡地名稱的人,原因是「惡地」逐漸成為利吉村的註冊商標,甚至為農產品打響了名號。

惡地結佳果

曾金仁說,惡地是不毛之地,只要颱風、豪雨一來,土壤就流失,以前有人在緩坡處開墾,縱使不斷施肥,也沒有用。

「但一介農夫怎麼會懂這土壤的好處,只知道土很黏,沒有下雨時土很硬,農作物很難種。然而種甘蔗,搾糖率特別高,做成的黑糖又特別香。經過研究單位分析土壤才知道,惡地土壤鎂、鐵等礦物質的含量特別高,是種出的農作物有特殊風味的原因之一。」

原來在惡地開墾,就是要「適地適種」,順應惡地的泥岩地形,選擇適合栽種的水果,再請來農政單位幫忙上課,找出適合種的作物,例如芭樂、大旺釋迦、芒果與柑橘。

從三陽工業退休回鄉的蔡鴻謨,選擇友善環境的農法,不用除草劑、施用有機肥,他所種植的芭樂特別脆口,肉質細膩、清甜,單單賣給以前的同事即供不應求。

曾金仁帶領我們前往拜訪富源景觀平台旁種植牛奶果、黃金果的農夫柯炳煌。曾金仁說富源村是大哥,利吉村是「二弟」,說著自己就笑起來,原來是二弟與惡地同音。

柯炳煌標榜種的是「惡地牛奶果」,水果盒上寫著「富源惡地產奶果,地質缺水巧天賜」,並且打出「紫鑽牛奶果」的招牌。曾金仁笑他是「只賺:只會賺錢」的牛奶果。

柯炳煌笑談自己的牛奶果,雖然前年「大風收」,即被尼伯特颱風全部收走,但今年銷路很好,主要是全台有30萬的東南亞新住民支撐他的市場。他說,越南新住民看到牛奶果猶如看到家鄉的老朋友一樣,有人一次採買30斤,透過直播銷售,變成經銷的中盤賺大錢。

曾金仁接著嚴肅起來:「自從打出惡地名號之後,銷售從來沒有遇到瓶頸。」就在我還未意會過來時,他接著說:「我們惡地水果一銷到各中盤商與行口,小販都以選購我們的水果優先,加上我們產量不多,市場接受度高,因此銷售從來都不是問題。」

隨著2010年林務局將利吉惡地選為社區參與推動地質公園的示範區,曾金仁說,我們很認同地質公園結合地方產業發展的目標,尤其是利吉村與其他偏鄉一樣,都面臨人口老化、流失,年輕人只好到外地工作的命運,如果能夠復興社區的產業,顧好每個人的肚腹,推動地質公園的地景旅遊、地景保育是三贏之舉。

經過社區協會的努力,先是吸引退休的管區警察與居民回鄉耕種,農忙時請附近原住民來幫忙,當惡地的水果銷路愈來愈好,更多原本只是打工的原住民加入種植的行列,復耕原本休耕、廢耕的水田。

曾金仁說,最明顯的例子就是過去利吉村的人要到外面打工,現在農忙時還要到別村找人來幫忙。

透過地質公園的網絡與合作,帶動地方的產業,以在惡地作「好人」、惡地結佳果為傲,利吉與富源的惡地農耕與生態旅遊,也訴說著在地居民與大地和平共存的答案。                     

相關文章

近期文章

EN 日本語

Good Fruit from Bad Land

The Liji Badlands

Esther Tseng /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Scott Williams

Taiwan’s verdant East Rift Valley, the island’s largest valley, is a geological wonder that provides views of the collision of two tectonic plates, and a perspective on Taiwan’s geological history. Its Chi­shang Fault and Liji Badlands reveal some of the mysterious ways in which natural forces shape the world, and its badlands guavas, sugar apples and ate­moyas demonstrate that bad land put to proper use can produce excellent fruit. The valley is a good example of why French geologist Jean Aubouin calls Taiwan a geological gem.

 


 

Setting out from Yuli Station in Hua­lien, we cycle down the Yufu Bike Path towards the first stop on our geological journey: the old Xiu­gu­luan River Railway Bridge.

As we stand on the bridge, a nearby tropical depression whips wet winds back and forth over the wide river below. To our left, heavy clouds blanket the Central Mountain Range, while to our right, the skies over the Coastal Mountain Range are clear for as far as the eye can see. Traveling through weather that feels like something out of the movie Flatliners, we reach an interpretive sign placed by the Tourism Bureau’s East Rift Valley National Scenic Area Administration (ERVNSAA). The impressions of two footprints mark the ground in front of it, one on either side of the intersection of two tectonic plates. Taking pictures of ourselves with one foot on the Philippine Sea Plate and the other on the Eurasian Plate, we feel as if we are bestriding geological time and space.

Colliding plates

Liou Ying-san, a professor in the Natural Resources and Environmental Studies Department at National Dong Hwa University, helps us understand the East Rift Valley’s “geological suture.” Some six to ten million years ago, the northwest corner of the Philippine Sea Plate encountered the Eurasian Plate. Running along the eastern side of the East Rift Valley (the western side of the Coastal Mountain Range) is the geological suture resulting from the movements of these two plates.

The Yufu Bike Path offers one of the most visible signs of the forces at work. Rising by one to three centimeters every year, the path frequently buckles. Liou says this isn’t a case of shoddy work by a contractor, but rather the result of its location atop a spreading, splitting fault line.

There are many faults in the East Rift Valley, including the Rui­sui, Yuli and Chi­shang faults. A visit to the Chi­shang Story House and Tapo Elementary School will help you better understand the fault zone. Experts from the Industrial Technology Research Institute have confirmed that the split in a retaining wall at the school has been caused by the Chi­shang Fault, which is itself noteworthy for being one of the few faults to show signs of rapid movement at the surface. The fault’s movement is the reason why whenever the wall is repaired, before long it splits apart again.

Liji Badlands: Important evidence

The Liji Badlands, known to geolo­gists as the “Liji (or Li­chi) mélange,” provide another important piece of evidence that Taiwan sits at the convergent boundary between two tectonic plates: the badlands are the visible remnants of a plate subduction that began 5 million years ago. In fact, Liji’s importance to the field of geo­logy stems from the fact that it allows geologists to see “recent geo­logical evidence” on the Earth’s surface.

Liou explains that this evidence is considered “recent” only in the context of our 4.55-billion-year-old Earth and in terms of geological time, wherein processes take epochs to unfold and are dated with error bars millions of years wide. Such time­scales mean that the Liji mélange is considered “young.”

ERVNSAA director Lin Wei-ling says that the administration offers  visitors one- to three-day suggested travel itineraries for the valley floor that include the plate convergence zone as well as the valley’s people and rich produce. If travelers choose, they can explore the area in greater depth by attending the fall rice harvest or visiting an Aboriginal village.

The “badlands scenery” itinerary focuses on the landscapes around Liji and Fuyuan Villages.

‮★‬Beinan River: Distant views

If you look north from Provincial Highway 9B before crossing Liji Bridge, or from Bei­nan Township’s Riverside Park, you can see the rugged badlands in the distance.

Looking west from the Bei­nan River, you can see Little Huang­shan, a badlands conglomerate formed hundreds of thousands years ago and eroded into its present shape by the wind and the flowing waters of the river.

★Liji Badlands observation deck: Close contact

Once you’ve crossed Liji Bridge, take the boardwalk leading from the Liji Badlands observation deck for a closer look at badlands gullies and gorges formed by rain erosion.

★Fuyuan observation deck: Distant views

If you take County Highway 197 into the mountains, you’ll see the Tai­tung Plain in the distance. On clear days, the view extends across the expanse of the Pacific Ocean to Green Island and Orchid Island.

★Insider tip: A view from above

Taking the narrow, winding industrial road into the badlands, you reach a high point overlooking a deep gorge. The area is home to crested goshawks, hares, and pangolins, and early morning visitors might even catch a glimpse of Taiwan serows sashaying across a ridge. Local resident Lin Long­qing has built an eco-trail here, but it is secluded and difficult to find without the help of someone from the community.

Naming the badlands

Former Liji Village chief Zeng Jin­ren is a local intimately acquainted with the local terrain. In fact, he explored every corner of the area 30 years ago while helping the Bei­nan Township Office conduct an agricultural survey. He was also the first to promote the name “badlands.”

“The land is rugged, uninhabited, and no good for farming. We used to call it the ‘skyscraper mountains,’ but when we held a meeting to give it a formal name, Xu Tie­liang from the geological survey suggested ‘Liji Mélange.’ I thought that sounded too academic, so I suggested ‘Liji Badlands,’ which sounded more dramatic and powerful.”

Zeng, whose Taiwanese nickname is “Really Startling” (a play on the pronunciation of his name), never imagined that the badlands name would cause a ruckus. He explains that the marketing group wasn’t thrilled with the change. “We had farmers who sold their guava under the Yan­chao brand. Some were unhappy when I began pushing the idea of rebranding our produce as ‘Badlands Guava.’ It surprised every­one when the name change led to better and better sales.”

Good fruit from bad land

Zeng says that the badlands are a barren land that suffers landslides after every heavy rainfall and typhoon. People had tried to cultivate the gentler slopes, but couldn’t grow anything even with constant applications of fertilizer.

“Simple farmers like us couldn’t grasp the virtues of this soil. All we knew was that the soil was hard to farm, sticky when damp and hard when dry. But sugarcane grown in it has a high sweetness index and makes very flavorful raw sugar. When researchers analyzed the soil, they discovered why: the badlands soil is rich in minerals, such as magnesium and iron, that give the crops grown in it a unique flavor.”

But you have to adapt the crops to the badlands. Farming its mudstone  soil means choosing appropriate fruits, which turned out to be guava, sugar apples, atemoya, mango, and citrus, and then asking the Council of Agriculture to provide helpful classes.

Cai ­Hongmo returned to his village and decided to take up environmentally friendly farming after retiring from San­yang Motors. He now grows guava with flesh so crisp and delicious that he can’t even keep up with the demand from his former coworkers.

Zeng says that when the Forestry Bureau decided in 2010 to create the Li­chi Badlands Geopark and involve the community in promoting it, the community supported the idea of using the park to promote the development of local businesses. Young people in Liji and other remote villages had little choice but to look outside their economically challenged communities for work, resulting in outward migration and aging populations. If the park could revive businesses and stimulate the creation of local jobs, its promotion of tourism and landscape conservation would be a win for everyone.

The community association worked hard to entice retired police officers and other former residents to come back and farm, and encouraged farmers to turn to Taiwanese Aborigines in nearby villages for help during busy periods. When sales of badlands fruits picked up, Aborigines who had been working only part time started their own farms, replanting fallow and abandoned paddies.

Zeng says that where Liji’s farmers used to have to look elsewhere for part-time work, they now scour surrounding villages for help during the agricultural high season.

Locals are proud of their work with the geopark to promote the development of the local economy, and to produce good people and good fruit from the badlands. The success of Liji’s agriculture and Fu­yuan’s ecotours proves that residents can peacefully coexist with the Earth.   

「悪地」の実り

利吉泥岩悪地の物語

文・曾蘭淑 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

台湾最大の谷地である花東縦谷は緑にあふれ、豊かな産物に恵まれている。花東縦谷へジオツーリズムに来れば、二つのプレートの境界に立ち、台湾の成り立ちを知ることができる。また池上断層や利吉泥岩悪地を訪ねれば、地球の壮大な営みが理解できることだろう。さらに台東特産のグアバやバンレイシ(釈迦頭)は悪地の特徴を利用して栽培されている。フランスの地質学者、Jean Auvouinが「台湾は地質学の宝石」と言った通りなのである。


花蓮の玉里駅から自転車に乗り、玉富サイクリングロードを行く。2.4キロの標識がある秀姑巒渓鉄道橋が今回のジオツーリズムの最初のスポットだ。

熱帯低気圧が近づいているせいか、鉄橋の上に立ち、ゆったりと流れる秀姑巒渓を見下ろすと、湿気を含んだ強風が吹き付ける。左に見える中央山脈は暗雲に覆われ、右の海岸山脈は晴れ渡っている。ここに政府観光局花東縦谷国家風景区管理処が断層帯休憩エリアに設けた二つの足跡がある。この足跡の上に立つと、片足はフィリピン海プレート上に、片足はユーラシアプレート上に立つことができる。プレートの境界に立ち、記念写真を撮ることができる。

二つのプレートの境界

東華大学自然資源・環境学科の劉瑩三教授の説明を聞くと、花東縦谷が地理上の境界に位置していることの意味がよくわかる。今から1000万〜600万年前、フィリピン海プレートの西北の一端がユーラシアプレートに衝突した。花東縦谷の東側、つまり海岸山脈の西側は、まさにフィリピン海プレートとユーラシアプレートが接触する場所なのである。

それが顕著に分かるのは玉富サイクリングロードである。毎年1〜3センチ隆起を続けているため、しばしば亀裂が生じる。劉瑩三によると、これは施工が悪いためではなく、断層帯にあるためなのである。

花東縦谷には北は瑞穂から玉里、池上まで数々の断層がある。断層について詳しく知りたければ池上の地牛館と大坡小学校を訪ねるといい。工業研究院の専門家が科学的な測量を通して大坡小学校の擁壁に断層があることを証明している。これは地上で断層の動きが観察できる数少ない場所の一つで、そのために擁壁も崩れている。

地質学的証拠:利吉悪地

台湾が二つのプレートの境界に位置することを示すもう一つの重要な証拠は、500万年前のプレート運動によって生まれた利吉悪地だ。地質学上は「利吉メランジュ」と呼ばれる。世界的にも陸上で間近に「若い地質学的証拠」を観察できる場所はめずらしく、利吉悪地は研究上重要な位置を占めている。

「若い」というのは地質学上、百万年単位で見た表現で、誤差も百万年単位となる。劉瑩三によると、地球の45億5000万年の歴史から見ると、利吉メランジュの地質年代は非常に若いと言えるのである。

ジオパーク設立を推進するに当り、農業委員会林務局と縦谷国家風景区管理処は2010年から関連するリソースと景観の調査を開始し、地域の参加も得て解説のパネルを設置し、訪れる人が悪地をより深く理解できるようにした。

縦谷国家風景区管理処の林維玲処長によると、花東縦谷平野は文化も物産も豊富であることから、管理処では1〜3日の10余りの旅行コース打ち出している。稲刈りに触れたり、先住民集落を訪ねるなど、一味違う旅が楽しめる。

中でも「悪地の奇観探索」というコースは利吉と富源村を中心とした景観巡りだ。

★卑南渓から望む

台9乙線から車で利吉地域と利吉大橋に入る前、まず堤防横の北側から、あるいは卑南水圳公園から、遠くに荒涼たる悪地の景観を望むことができる。

卑南渓から西を見ると、小黄山が見える。これは数十万年前に生まれ、風化と浸食を受けて形成された「礫岩悪地」だ。

★利吉悪地景観台

利吉大橋を過ぎると、縦谷国家風景区管理処が設置した利吉悪地景観台がある。木の桟道を上っていくと、近距離で雨水の浸食を受けてできた悪地の溝や雨食谷が見られる。利吉コミュニティ生態ガイドの曾怡潔によると、大雨の後は小規模な崩落が発生し、新たな雨食溝ができるという。無数の雨食溝はこうしてできたのである。 

★富源景観台から望む

ここから県道197号線を上っていくと遠くに台東平野が見え、天気が良ければ太平洋に浮かぶ緑島や蘭嶼、それに卑南渓も望むことができる。

★秘境から俯瞰

狭く曲がりくねった産業道路を上っていくと悪地の高みに出て、斜面を刻む深い溝や谷を足もとに見下ろせる。ここはタイワンオオタカや野ウサギ、センザンコウの生息地で、明け方にはタイワンカモシカが尾根を歩く姿も見られる。地元に住む林龍清はここに登山道を開いたが、地元の達人の案内がなければ道を見つけるのは難しい。

悪地という名称

地元の達人の一人、利吉村の元村長・曾金仁は30年前に卑南郷役場に協力して農作物調査を行なった時、あらゆる村を歩き回った。「悪地」という名称は彼がつけたものだ。

「この険峻で人を寄せ付けず、作物も育たない不毛の地を地元の人々は以前、摩天嶺と呼んでいました。命名会議で、地質調査所の徐鉄良は『利吉混合層(メランジュ)』を提案しましたが、ちょっと複雑で学術的すぎます。そこで私が『利吉悪地』というのが力強くて良いではないかと提案したのです」

曾金仁の名前を台湾語で読むと「驚き」と同じ発音になるが、彼が思いついた「悪地」という名称も人々を驚かせた。「それまで農家はグアバに燕巣という名を冠していたんですが、私が説得して悪地グアバに変えたところ、よく売れるようになったんです」

だが「悪地」という名称は縁起が良くないと反対する人もいて、十数年前には改名の投票運動も行なわれた。しかし、それに反対したのは当初「悪地」という名に強く抵抗した人々だった。というのも、「悪地」はすでに利吉村のトレードマークとなっており、農産物の知名度も上がっていたからだ。

悪地の実り

曾金仁は、悪地は不毛の地で、台風や豪雨が来ると土壌は流れ落ちてしまうという。悪地のなだらかな斜面を開墾した人がいたが、肥料をやっても水とともに流れてしまった。

「ところが、農家には分からないものです。ここの土は粘り気があり、雨が降らなければ硬くて何も植えられません。それが、サトウキビを植えると糖度が非常に高く、香りのよい黒砂糖ができるのです。研究機関が土壌を分析した結果、悪地の土壌はマグネシウムや鉄分などを豊富に含んでいて、それが独特な風味の要因になっていることが分かったのです」

悪地には、土地に合った作物を植えることが重要だ。農政機関に講義を依頼して悪地の泥岩地にふさわしい作物を探していった。その結果、グアバやバンレイシ、マンゴー、ミカンなどがよいことが分かった。

三陽工業を退職して帰郷した蔡鴻謨は、環境にやさしい農法で作物を育てている。除草剤を使わず、有機肥料をやったグアバは歯ごたえが良くて肌理が細かく、さっぱりした甘さがある。以前の同僚の間だけで売り切れてしまった。

柯炳煌は富源景観平台で「悪地スターアップル」などの果物を栽培しており、その箱には「富源悪地のスターアップル、乾燥地は天の恵み」と印刷してあり、非常によく売れている。

一昨年は台風の被害に遭ったが、今年は売れ行きが良く、特に台湾に30万人いる東南アジアからの移住者に人気があるという。中でもベトナムから来た人々に特に愛さており、一人で30キロ注文する人もいる。

2010年に林務局が利吉悪地を、住民が推進するジオパークのモデル地区に選んだ。曾金仁は、ジオパークと地域産業を結びつけるという目標に賛同している。特に利吉村は他の僻遠地域と同様、人口の高齢化と流出に直面しており、若者は仕事を得るために村を出ていかざるを得ない。地域の産業が復興すれば誰もが収入を得られるようになり、ジオパークをめぐるジオツーリズムや大地保全といった成果も得られる。

コミュニティ協会の努力のおかげで、まず退職した警察官や住民が帰省して田畑を耕すようになり、農繁期には付近の先住民族に手伝ってもらっている。また、悪地で栽培する果物がしだいに売上を伸ばし、以前はアルバイトをしていた先住民も農業の列に加わり、休耕していた水田を耕すようになった。

曾金仁によると、利吉村の人々は、以前は余所の町へ働きに行っていたが、現在、農繁期には他の村から働きに来てもらうようになったという。

ジオパークのネットワークを通して地域産業が興隆し、「悪地」が実りをもたらした。この悪地での農業とエコツーリズムこそ、地域住民と大地との共存の道なのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!