跨海築夢

印尼華僑吳俊星台灣打拚記
:::

2018 / 5月

文‧楊齡媛 圖‧莊坤儒


吳俊星,台灣人可能不認識他,但卻是印尼移工眼中的「天王」。他口條活潑風趣,在廣播節目中為移工們解決生活上或工作上的疑惑,擁有許多忠實聽眾。拜現在網路直播之賜,吳俊星外型親和帥氣,不時加上俏皮動作帶動節目氣氛,不但使他成為人氣王,還成為大型移工活動主持人的不二人選,包括2017年台北市政府所舉辦台北開齋節的前導活動「夢想歌喉讚」。透過他自己的臉書,粉絲人數目前多達7萬人,更有遠從日本、埃及、香港、新加坡的聽眾加入追隨,讓他的聲名越洋遠播。


來自印尼雅加達的吳俊星,是華裔第四代,1996年為了一圓父親的夢想來台灣讀書,後來在此就業發展、娶妻生子,連他的兄弟都追隨其腳步到台灣念書、就業。他從廣播節目起家,進而成為印尼移工們家喻戶曉的主持人,最近這幾年則在政府大力推動新南向政策中找到商機,轉戰商場。雖然已在台灣居住了22年,他仍心繫印尼故鄉,並希望在不久的將來,能帶著豐碩的成果衣錦還鄉。

圓父親夢想,跨海來台發展

吳俊星的曾祖父來自大陸廣東,之後世世代代定居於印尼,所以他從小就跟著父母說廣東話、潮州話、福建話,連印尼話都含著濃厚的鄉音常被老師糾正。父親小時候曾在中華民國政府於印尼開設的學校讀書認字,因此對台灣政府有濃厚感情,他期許自己只要有能力,一定要讓孩子到台灣念書、生活。也因此吳俊星念完高中後,隨即申請師範大學的僑生先修班,1996年他背了一只行囊,開始了台灣生涯。

「剛開始,我中文看不太懂,也不太會說,所以連續吃了一個月的炒飯,因為那是我唯一會點的菜!」吳俊星笑著說,那段青澀的先修班學習時間,認識了很多來自東南亞華僑的好友,包括現在的太座。大家一起學中文,一同認識台灣的風土民情,漸漸地建立了彼此深厚的友誼,也堆疊出對台灣的依戀。經過僑生先修班的磨練,吳俊星順利考取中原大學企管系,自此在中壢落地生根,一住就是廿多年,不但買了一間房,還在這裡創業成立公司。

「來台灣不到2年,印尼就發生排華暴動事件,父親因此失了業還要想辦法養家,根本沒錢幫我付學費。」還在上學的吳俊星連生活費都得靠父親借貸支付,雖然想過休學回家幫忙,但是來台灣念書是父親的願望。他身為長子,又懷抱著父親的夢想,讓他下定決心——生活再艱苦也要完成學業。「為了繳學費,我做過板模工,也做過資源回收工,反正所有能賺錢的工作,我都做。」就這樣一路念書兼打工終於完成了學業,之後就在人力仲介公司擔任翻譯。

他的第二份工作則是駐台北印尼經濟貿易代表處的助理職務,負責翻譯與接待。這份工作開啟了他的新視野。他參與過與台灣政府以及民間商界的會議,接待來自印尼的貴賓,不但有機會主持會議,還擔任了晚會司儀,這些經驗滋養了他的國際觀,也豐富他的工作閱歷,讓他職涯的下一步有更寬闊的選擇。

主持節目,圓自己的夢

吳俊星個性開朗活潑,有表演天分,平常與人交談習慣加上肢體動作,面部表情更是豐富,很有戲感;在求學時期組過樂團,夢想過登台表演甚至出唱片,後來進入中央廣播電臺主持節目,就像如魚得水般自在。「大學的學長告知,中央廣播電臺正在招募印尼語節目主持人,他覺得我表達能力強,又在經貿代表處做事,可以兩相結合提供移工資訊。」在學長的建議下,他抱著姑且一試的心態去應徵,居然順利考取資格。「我一直很希望能登上舞台發揮才藝,雖然當不成樂團歌手,主持廣播節目也算圓了我的夢想。」吳俊星說。

吳俊星的主持風格輕鬆有趣,他會在節目中舉出很多生活小故事說明異鄉人的困境,以及語言不通而鬧出的笑話,讓聽眾開懷大笑,吸引了不少人成為忠實粉絲。不僅如此,每周還會接獲十多封來自聽眾的支持信函,讓他越主持越有勁。「有些聽眾會寫出自己的故事,秀一下生活照,或是談到自己的問題,我都會在節目中把這些故事與大家分享,也會回答他們的問題。」

有時候,他隨機打電話問候來信的聽眾,每每讓他們驚喜不已!吳俊星提到,「有位聽眾接到我的電話,突然小聲地哭了起來,當時不知道發生了什麼事。後來這位聽眾寫信告訴我,他那時候對工作不適應,生活也不順利,正想一走了之,沒想到接到了我慰問的電話,讓他的情緒得以宣洩了出來。之後反而他安住了心緒,不但繼續留駐在工作原地,逃跑的念頭也煙消雲散了。」

吳俊星談到另一件令他印象深刻的事,央廣曾經舉辦過讓優秀移工家屬來台省親的活動,希望藉此關心離鄉背井的移工。某次主角的工作地點在雲林,雇主因為不信任而遲遲不肯答應讓他隻身來台北參加活動。直到活動的前一天,吳俊星還在盡力地說服雇主,最後他拍胸脯保證,一定親自接送這位外勞回到工作崗位上,才獲同意。「當我後來看到那位移工與許久未見的孩子相抱擁泣,我的淚水也跟著笑意一起停不下來。」

在央廣主持9年間,吳俊星的暖心暖語深入印尼移工的生活,伴隨他們度過每一天。雖然人在異鄉,有了節目的伴陪與調劑,單調的工作生活不再盡是枯燥乏味。

走出廣播舒適圈,創業再挑戰

中壢市一間賣衣服的店鋪外,聚集不少圍觀的群眾。這間販售流行服飾的店鋪,空間不大,一旁則架起燈具及簡單的電腦設備。燈具光線聚焦在一邊拿起架上服裝一邊介紹的吳俊星,女店主則在一旁搭腔解說服裝款式,他們倆頗有默契的唱和,卻是一人說著印尼語,另一人說國語,他們正透過電腦做直播,觀眾對象則是台灣的印尼移工。

像這樣收看直播節目並購買生活用品,早已是許多移工生活的一部分。吳俊星雖然早在2015年即加入印尼、馬來西亞地區很夯的BIGO LIVE 直播平台主播之列,但是每天得想辦法取得粉絲量是件辛苦的事。「後來看到有人藉臉書開放的直播平台販售商品,引起了我的興趣。」

儘管主持廣播節目的工作時間很自由,待遇也很好,但是這份工作的挑戰性不再,吳俊星想趁年輕再轉換新跑道。「大學的本科是企管系,應該回歸所學,學以致用!」而正當台灣政府提出「新南向政策」並大力推動,他認為就是進入商業領域的最佳時機。

2016年他開始利用下班時間幫朋友銷售美容用品,馬上獲得很好的回饋。「我的粉絲量從3萬多人倍增至一倍多,而且有許多人來自其他國家,還有回到印尼家鄉仍持續關注我的粉絲。」正因為影響力大,他反而開始重視商品的品質。「之前幫朋友販賣,是在試水溫,後來在挑選商品的時候,我一定會親自使用,確保商品的品質。」當他確定了商業模式後即開始籌組公司,與他的太太、三弟一起創業。

事業才剛起步,已經有五十多種品項找上吳俊星,連附近販售韓風流行服飾的商店,都要借助他的直播力量傳達給印尼消費者。「其實印尼人喜歡真實、真心的商品推薦,而不是不實的廣告手法。」他認為以直播的方式讓商品真實呈現在觀眾面前,並且讓有疑問的觀眾可以線上提問、立即獲得回覆,更容易得到消費者的信賴,這對於尚未建立知名度的品牌而言,是很好的開始。「下一步則是與印尼最大的電子商務平台合作,讓商品上架販售。」接著希望能讓商品走進印尼坊間的店鋪及百貨公司裡。

「現在的印尼市場越來越開放,很像10年前的中國大陸,加上無現金社會的速度比台灣快很多,每個人也都想創業獲利,非常有動能。」每次回到印尼老家探望父母,吳俊星就深刻感受當地鄉親渴望成功的積極力量。同時具擁印尼人與華人身分優勢的他,最終的目標希望能在印尼與台灣的貿易商場上,旗開得勝!                     

相關文章

近期文章

英文 日文

Building Dreams Across the Sea

Yang Ling-yuan /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Bruce Humes

Locals may not recognize the name, but An­ton­ius Su­narto is a king in the eyes of Indonesian migrant workers in Taiwan. Endowed with a lively and witty tongue, he earned the loyalty of many among them via radio broadcasts in which he brought clarity to the uncertainties they encounter in daily life and on the job. Thanks to more recent live video appearances, with his friendly and handsome looks, and the occasionally playful behavior that enlivens his shows, Su­narto is no longer simply a reigning king of popularity; he has become the top choice to host large-scale events for overseas workers, such as the “Dreamers Singing Contest” held by the Taipei City Government in the run-up to last year’s Eid al-Fitr, the feast that celebrates the end of Ramadan. His own Facebook fans exceed 70,000, and with followers in Egypt, Singapore, Hong Kong and Japan, his reputation now extends far and wide.

 


 

A native of Indonesia’s Jakarta, Antonius Sunarto is a fourth-generation Chinese-Indonesian. In 1996, he came ostensibly to realize his father’s dream of studying in Taiwan, but stayed to develop his career and raise a family—only to be followed by his brothers, who have also come for education and work. He started out in radio, and as a program host became a household name in the Indonesian migrant community. In recent years, he has found opportunities in the Taiwan government’s vigorously pursued “New Southbound Policy,” and is now competing in the business world. Although he has resided in Taiwan for 22 years, he is still emotionally attached to his Indonesian roots. In the near future, Su­narto hopes to accomplish a glorious homecoming, the considerable fruits of his labors in tow.

Living his father’s Taiwan dream

Sunarto’s great-grandfather emigrated from mainland China’s Guang­dong Province, and he and several generations of his descendants settled in Indonesia, so Su­narto spoke Cantonese, Teo­chew and Hok­kien with his parents. His Indonesian accent was so impacted by these Chinese dialects that his teachers often corrected his Ba­hasa pronunciation. As a child his father had learned to read and write at a school established by the ROC government, which engendered strong feelings in him for Taiwan. It was his deepest hope that, provided he had the means, he would send his children to Taiwan to study and live. In order to realize his father’s dream, as soon as Su­narto graduated from high school he applied for a place in the university entrance preparatory course for overseas Chinese that was taught at National Taiwan Normal University. Thus in 1996 he arrived, a rucksack on his back, ready for a new life in Taiwan.

“At first, I couldn’t read Chinese or speak Mandarin very well,” says Su­narto with a smile, “so I ate a month’s worth of fried rice, the only dish I knew how to order!” Fortunately, during the period of the preparatory course when he was still so green, he met many ethnic Chinese from Southeast Asia who became good friends, including the woman he would marry. They all studied Chinese and learned about Taiwanese customs together, gradually establishing deep friendships for one another and accumulating affection for Taiwan. His skills honed by the preparatory course, Su­narto passed the entrance exam for business administration studies at ­Chung Yuan Christian University. This located him at ­Zhongli in Tao­yuan County where he immediately took root, residing there for more than two decades. He not only bought a place there, he also based his start-up in the city.

Upon graduation, Su­narto first worked as an interpreter at an employment agency. His second job was with the Indonesian Economic and Trade Office to Tai­pei, where he was responsible for receiving visitors and in­ter­pret­ing. This assignment opened up new horizons as he took part in meetings between the government and the business community, and hosted Indonesian VIPs. He not only had the opportunity to chair meetings, he also served as master of ceremonies for evening galas. These experiences nurtured his international outlook; they also added to his professional résumé and provided him with more options for the next step in his career.

Show host: Living his own dream

Sunarto’s personality is open and lively, and he has an irrepressible desire to perform. When chatting with others he often gestures animatedly, and his facial expressions are varied and dramatic. While at university he recruited a band and once dreamed of performing on stage—even cutting a record—so later when he worked as a presenter at Radio Taiwan International, he took to it like a duck to water. “A senior classmate at the university told me that RTI was recruiting an Indonesian-speaking presenter. He reckoned I could express myself well, and said that since I was then working at the Indonesian Economic and Trade Office, the combination made me a good candidate for providing information to migrant workers.” Emboldened by this encouragement, Sunarto threw caution to the wind and applied, and lo and behold, he got the job. “I had always hoped to perform on stage and display my talent. Even though I couldn’t become a singer, hosting a radio show counted as a way of realizing my dreams.” 

Sunarto’s hosting style is humorous and laid back. He recounts many anecdotes taken from life that capture the plight of the foreigner, as well as awkward moments that occur due to the language barrier. This helps his audience have a good laugh, and has attracted many to become loyal fans. He receives a dozen or so letters of support weekly, and this too helps keep him motivated.

At times, he randomly telephones a member of his audience who has written him, and each contact is a total surprise. “There was one who suddenly began sobbing quietly when he took my call,” recounts Sunarto. “I didn’t know what was going on. Later on, he wrote and explained that back then he couldn’t adapt to his job and things weren’t going his way. He was thinking of packing his bags and leaving Taiwan behind. I’d never have imagined that my call to extend greetings would lead to his feelings getting the better of him. But afterwards, he was able to master his emotions. He not only remained at his post, his thoughts of running away vanished.”

Sunarto mentions another thing that left a strong impression on him. Intent on showing concern for these isolated migrant workers far from home, RTI once organized an activity that brought relatives of outstanding workers to Taiwan for family reunions. One of the selected workers was based in Yun­lin in central Taiwan, but his employer wouldn’t consent for him to travel north to Tai­pei on his own, because he didn’t trust his employee. In the end, on the day before the event, Su­narto tapped his chest and guaranteed that he would personally chaperone him to Tai­pei and back to his place of work; only then did the employer agree. “When I saw that migrant worker hug his long-unseen child, I couldn’t hold back my tears even as I smiled.”

During his nine-year tenure as an RTI presenter, Su­narto’s warm heart and words penetrated deeply into the lives of Indonesian migrant workers, accompanying them each day. Although they are in a foreign land, thanks to the change of pace and sense of companionship provided by the program, their drab workdays no longer seemed so boring. 

Exiting his comfort zone

Despite the good pay and flexible working hours, for Su­narto the presenter’s job was no longer challenging, and he was keen to switch tracks while still young. With Taiwan’s government aggressively promoting its New Southbound Policy, he saw an opportune moment to enter the business world. 

In 2016 he began using his time off the job to help his friends sell beauty products, and he immediately received positive feedback. “My fans more than doubled to 70,000-plus, including many from other countries, as well as those who returned to Indonesia but continued to follow me.” Aware of the extent of his influence, he began to pay more attention to the quality of the goods he was marketing. “At first when I helped friends make sales, I was testing the water. But later when I selected goods, I would always use them personally in order to ensure quality.” Having confirmed his business model, he set up a firm along with his wife and one of his younger brothers. 

Although the firm is still in its early days, sellers of more than 50 products have already contacted Su­narto, including stores selling Korean-wave fashion that hope to exploit the attraction of his live video broadcasts to convey their message to Indonesian consumers. “­Actually, Indonesians prefer objective and sincere product recommendations, not empty advertising,” he points out. Su­narto believes that when products are presented real­istic­ally to an audience in a live broadcast format, and questions can be posed online and answered then and there, it’s easier to win the consumer’s trust. Particularly for brand names that have not yet acquired name recognition, this is a very good start. “The next step is to co­oper­ate with the biggest Indonesian e-commerce platform, and arrange for them to sell our products.”

“The Indonesian market is becoming increasingly open, much like mainland China’s ten years ago. The conversion to cash-free transactions is happening much faster than in Taiwan, and everyone wants to start a business and make some money, so it’s all very dynamic.” With each visit back home to see his parents, Su­narto can deeply sense the positive impact of rural residents’ yearning for success. Blessed with his dual advantages—as an Indonesian citizen and an ethnic Chinese—his ultimate goal is to build a prospsperous business that spans both Taiwan and Indonesia.    

夢を追うインドネシア華僑

文・楊齡媛 写真・莊坤儒 翻訳・山口 雪菜

呉俊星と聞いても、台湾人にはわからないかも知れないが、台湾に働きに来ているインドネシアの人々にとってはスーパースターである。ラジオ番組でおもしろい話をしながら、移住労働者の生活や仕事の悩みを解決してくれるため、熱心なリスナーが多い。今はリアルタイムの動画配信も便利になり、愉快な動作も織り交ぜた番組が人気を博している。彼は移住労働者のためのイベントの司会者を務めることも多く、昨年は台北市が主催するラマダン明けのイベントの司会も務めた。フェイスブックのライブ配信のフォロワーは7万人に達し、遠く日本やエジプト、香港、シンガポールなどにも少なからぬ視聴者がいる。


呉俊星はジャカルタ出身の華僑四世である。1996年に父の夢をかなえるために台湾に進学し、卒業後はここで働き、家庭をもって子供も授かった。兄弟も彼を追って台湾に進学し、この地で働いている。ラジオのパーソナリティとして台湾在住のインドネシア人労働者の間で広く知られるようになった。ここ数年は、台湾政府による新南向政策もあってビジネスにも進出した。台湾に暮らして22年になるが、インドネシアの故郷を忘れたことはなく、近い将来、故郷に錦を飾りたいと考えている。

父の夢をかなえるために台湾へ

呉俊星の祖父は中国大陸広東省の出身で、インドネシア移住後は代々現地に暮らしてきた。呉俊星は子供の頃から両親とは広東語や潮州語、福建語などで話し、インドネシア語の発音を先生に直されることもあったという。父親は子供の頃に中華民国政府がインドネシアに開いた学校で読み書きを習い、そのことから台湾に強い思いを抱くようになり、何とかして子供たちを台湾に留学させたいと考えていた。そのため呉俊星は高校を卒業すると、台湾の師範大学華僑学生先修班への留学を申請し、1996年に台湾へ渡った。

「最初は漢字も読めず、1ヶ月チャーハンばかり食べていました。それしか注文できなかったからです」と笑う。先修班での日々、彼は東南アジアから来た多くの華僑学生と知り合い、現在の奥さんもその一人だった。皆で一緒に中国語を学び、台湾の風土や習慣に親しむうちに深い友情が育まれ、台湾のことも好きになっていった。先修班での学習を経て、呉俊星は無事に中原大学経営学科に合格し、中أcに根を下ろすこととなる。それから20数年、今では家も買い、自分の会社を持つまでになった。

「台湾に来て2年目にインドネシアで華人排斥事件が起こり、父は失業して家族を養えなくなり、私の学費どころではなくなりました」と呉俊星は言う。休学して帰国し、実家の家計を助けたいと思ったが、子供を台湾に留学させることが父の願いでもあった。長男である彼は、父の夢をかなえようと決意し、生活がどんなに苦しくても大学卒業まで頑張ることにした。「学費を払うためにセメント工事や資源回収など、お金を稼げる仕事なら何でもしました」と言う。こうしてアルバイトをしながら大学を卒業した。

卒業後は人材仲介業の通訳になり、続いて駐台北インドネシア経済貿易代表処のアシスタントとして通訳や接待の仕事をしたが、これが彼の視野を大きく開くこととなる。台湾政府や企業の会議に参加してインドネシアからの来賓を接待し、会議やパーティの司会を務めることもあり、国際感覚を磨くとともにキャリアを積むこともでき、次の一歩の選択肢の幅も広がった。

番組司会で夢をかなえる

呉俊星は明るく活発で、パフォーマンスや表情などで人を笑わせる才能も持ち合わせている。学生時代にはバンドを組んだこともあり、ステージに立ち、レコードを出す夢も見た。そんな彼は後にラジオ局の中央広播電台(RTI)で番組のパーソナリティを務めることとなり、水を得た魚のように活躍し始める。「大学の先輩が、RTIがインドネシア語番組の司会者を探しているのを知り、私なら表現力が豊かで経済貿易代表処で働いているので、両方の仕事を合わせて移住労働者に情報を提供できるのではないかと言ってくれました」と言う。先輩の勧めで思い切って応募してみたところ、順調に採用されることとなった。「ずっとステージに立ちたいと思っていました。バンドの歌手としてではありませんが、番組を持てるというのは夢がかなったのも同然です」と言う。

呉俊星の司会はユーモラスで、生活の些細な物語や異郷での暮らしの難しさ、言葉が通じないことによる笑い話などを語り、多くのファンを獲得してきた。また、毎週リスナーからの応援の手紙も十数通受け取った。

「自分の物語や問題を書いてくれたり、スナップ写真を送ってくれたりする人もいて、番組でも紹介し、質問に答えました」

番組中に手紙をくれたリスナーに電話をかけることもあり、突然電話を受けた人は驚いて大喜びする。「ある時、私からの電話を受けて突然泣き出した人がいました。後から手紙をもらって知ったのですが、彼はその頃、仕事に適応できず、生活面でもうまくいかず、帰ってしまおうかと思っていたそうです。そんなところへ私から電話がかかり、気持ちを発散することができて、その後は精神的にも安定し、もとの職場で働き続けているそうです」

呉俊星は、もう一つの印象的な出来事を話してくれた。RTIでは、優秀な移住労働者の家族を台湾に招くイベントを行なったことがある。その対象に選ばれた人の勤務先は雲林県にあったが、雇用主は、本人を信用できず、一人で台北に行かせられないと拒んだ。だがイベントの前日になっても呉俊星はあきらめず、最後には自分が本人を迎えに行き、イベント終了後は勤務先に送り届けると保証してようやく同意を取り付けた。「そしてついに、その人が子供と再会して抱き合うのを見て、私も涙があふれました」と言う。

9年にわたってRTIでラジオ番組を放送してきたことから、呉俊星の温かい心は台湾在住インドネシア人の心に浸透してきた。異郷で暮らしていても、ラジオ番組が心をいやしてくれ、単調な労働の日々を潤してくれるのである。

慣れ親しんだ職場を後に

中أcの服飾店の外に多くの見物人が集まっていた。パソコンを用意し、衣料品に照明を当てると、呉俊星がインドネシア語で、店主が中国語で商品を紹介する。二人は台湾に暮らすインドネシア人労働者に向けてライブ配信をしていた。

ライブ配信でショッピングというのは移住労働者の生活の一部となっており、呉俊星は2015年からインドネシアとマレーシアで人気のBIGO LIVEに加わっていた。後に、フェイスブックでも同じサービスを始めたことで、呉俊星は本格的にやりたいと考え始めた。

ラジオ番組の司会という仕事は時間的に自由で待遇もよいのだが、呉俊星はここには新たな挑戦はないと感じ、まだ若いうちに別の分野にチャレンジしたいと考えるようになっていたのである。「大学での選考は経営学だったので、そこに立ち返って専門を活かしたいと思ったのです」と言う。ちょうど台湾政府が「新南向政策」を打ち出したところでもあり、彼はビジネスの分野に参入する絶好の機会だと考えた。

2016年、彼は退社後の時間を利用して、友人の化粧品販売を手伝い始めたところ、大きな手ごたえを感じた。「私のフォロワーは3万人から2倍に増え、他の国から来た人も大勢加わり、さらにインドネシアに帰国してからも私の情報をフォローしてくれている人も大勢いるのです」と言う。その影響力が極めて大きいことから、彼はむしろ商品の品質を重視するようになった。「友人の手伝いをしていた時は、試しにやってみる、という感じでしたが、その後、自分で販売する商品を選ぶようになってからは必ず自分で試してみて品質を確認しています」。こうしてビジネスモデルを確認してから奥さんと弟と一緒に起業し、会社を立ち上げたのである。

まだスタートしたばかりだが、すでに呉俊星の会社で扱ってほしいと、50以上の商品が集まっている。近所の韓国スタイルの衣料品店も、彼の発信力でインドネシア人の消費者に販売したいと言ってくる。「インドネシア人は、不実の広告手法ではなく、真実の心のこもった商品推薦を望んでいるのです」と話す呉俊星は、リアルタイム動画配信の形で商品をじっくりと紹介し、聞きたいことのある人はオンラインで質問を出せば、その場で回答するという形を採ることで、消費者との間に信頼関係を築いている。まだ知名度の低いブランドにとって、これは良好なスタートと言えるだろう。「次の一歩は、インドネシア最大の電子商取引プラットフォームと提携し、商品を紹介販売することです」と言う。そこからさらには商品をインドネシアの一般の商店や百貨店にも広めていきたいのである。

「インドネシア市場は、十年前の中国大陸のように、どんどん開放が進んでいます。それに加えてキャッシュレス化が台湾よりもスピーディに進んでいるので、誰もが起業して稼ぎたいと考えており、強いエネルギーが湧き起っています」と言う。インドネシアの実家に帰るたびに、呉俊星は、成功を追求する現地の人々の積極性を強く感じるという。インドネシア人であり華人でもあるという有利な立場にある彼は、インドネシアと台湾の貿易ビジネスにおける大きな成功に向けて邁進している。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!