新創業潮

有錢 有愛 有生活
:::

2013 / 5月

文‧林奇伯 圖‧金宏澔


台灣正掀起一波創業熱潮。

在政府解除公司登記最低資本額門檻、鼓勵「以創業創造就業」的政策利多下,台灣中小型新設企業數目從2008年金融海嘯的谷底迅速往上攀升,在2011年創下單年9.9萬家中小型新創公司的榮景。其中,服務、網路、文創等三大產業是這波創業潮的主力。

這把創業之火燒遍產官學界,從民間、政府、到學校,都加入創業育成行列,積極激盪創意點子,型塑有效商業模式,並設法引進創投基金貸款,協助企業穩定發展。到了2013年,終於炒熱了整個市場活力。


暮春台北,周一早晨車水馬龍,位在基隆路大樓內的「appWorks之初創投公司」正進行創業育成團隊的「業務王」競賽活動頒獎典禮。兩座獎盃在台前閃耀著,現場25個隊伍、六十多名學員都張大眼睛,熱切地等待結果揭曉。

「業務王」競賽的用意,是要讓這群平均年齡不滿30歲的網路創業者走入人群,體驗和消費者實際接觸的銷售經驗,避免只是關在辦公室裡閉門造車。這次競賽主題設定為「賣咖啡豆」,只要哪個隊伍可以在2個星期內創造最高營業額,並取得最大獲利,就能奪下冠軍。

參賽隊伍無不用盡巧思。有團隊拍攝咖啡廣告上傳網路,有人則改賣研磨咖啡,企圖做大市場,提高利潤。

最後,之初創投創辦人林之晨宣布由「工廠行星」團隊奪冠,他們共創下五萬多元的銷售額,淨利潤更超過4萬元,是第二名的整整兩倍之多,現場聞訊一片譁然!

因為這支隊伍不耍太多花招,由團隊負責人洪家頌向好友「溫情直銷」,宣稱只要花5千元買咖啡豆,就能贊助他的創業夢,他還會特別到府為對方煮一頓晚餐表示感謝,「好友們一同共享美妙的相聚時光。」

當帥氣的洪家頌上台領獎時,大家開玩笑嚷嚷說他根本是使用了「美男計」,才讓女性好友們心甘情願把錢從口袋裡掏出來。但主辦單位則盛讚他「懂得賦予產品全新意義,並創造美好的附加價值!」

從2010年開辦,至今之初創投的育成計畫已經是6屆了。他們標榜團隊只要順利通過訓練,就可成為之初大家庭的一員,所有同學、校友、顧問、公司投資人都將成為你的親密戰友,相互幫助,提高成功機會。

創業念頭火熱,產官學瘋育成

目前,全台灣運作中的育成計畫至少超過200個。分析這股育成風潮,具有三大特色:

首先是,各級政府總動員,提供創業資源。

2008年為因應國際經濟變局,政府確立「以創業來創造就業」的策略,除了經濟部、青輔會深度加強創業輔導,現在連教育部、文化部、農委會、國科會、各地方政府產業發展局等,總共30多個各級政府單位相繼加入創業育成,提供各類貸款與個案輔導。

第二,創業啟蒙年輕化。

根據教育部統計,目前全台半數以上大學都開設「創業學程」,近一百所大專院校設有育成中心;用意先在學生心底埋下種子,並慢慢孵育創意點子,有心者可在畢業前後直接進入育成中心接受輔導。

教育部也從2009年啟動「U-START計畫」,開放學生參加創業競賽,經評選確認具備創意、可付諸實行者,頒給台幣25萬~60萬元不等的補助金額,每年約可培育出40個有成功潛力的團隊。

第三,民間業者創立多元交流平台,天使基金就定位。

除了創投公司,雜誌媒體也開始經營創業培育。例如《數位時代》雜誌成立「創業小聚」平台,讓「教練,創業者,投資者,顧客」四個端點有彼此接觸的機會,並定期舉辦投資人和創業者的聚會,讓天使基金能近距離了解投資標的。

民間的創業育成還將觸角延伸到社會企業領域,將創業理念提高到「人類永續發展」的層次,鼓勵有機食品、公平貿易、保存在地特色等多元創業方式。

八成上班族渴望,自創品牌正夯

被視為傳統創業溫度指標的「連鎖加盟」,在2013年春天也來到了新高峰!

4月初,「第14屆台北國際連鎖加盟大展」在台北世貿一館盛大展開,泡沫茶飲、早餐、台灣小吃等各色品牌琳瑯滿目,現場擠滿了想一圓創業夢的民眾。

台灣連鎖加盟促進協會理事長許湘鋐說,今年加盟展有近250個連鎖品牌設立620個攤位,較2012年增加了兩成,讓這個展正式成為亞太地區規模最大的加盟專業展,連海外業者都衝著台灣服務業的活力與名氣,前來觀摩。

根據經濟部統計,台灣中小型新創企業從2004年以來就維持穩定成長,2007年和2008年因通貨膨脹和金融海嘯衝擊而陷入低谷,但很快就又快速攀升。2012年席捲而來的歐債危機不但未澆熄台灣人的創業熱情,反而更激發上班族「反守為攻」的意念。2013年開春的1、2月就有近1萬3,000家新公司登記設立。

1111人力銀行在4月初發布的民調結果顯示,有高達8成3的上班族有意創業,「有意願,且正在籌備中」者更達到24.62%。若以創業類型區分,有近三成者想「自創品牌開店」,排名最高;其次為「網路創業」和「加盟」其他連鎖品牌。

10年蓄積能量,今年因緣俱足

台灣本是創業之島,這波能量蓄積的源頭可溯及10年前。值得探究的是,是什麼樣的環境孕育了這群創業家?

若從年齡切割,這波創業潮的主角,多是出生於1975年以後的「三十世代」。

他們是台灣最富裕的一代,生活在強調美學、品牌至上的時代;他們也是學歷最高的世代,平均每7位就有1位碩士。

不同於父執輩得為生存拚搏、為謀生創業,以進入大企業為目標,工作到退休的成功價值觀;三十世代生於科技進步、網路發達的社會,不斷接收全球化洗禮,看到廣大世界的可能性。隨意生活、實現自我的人生觀,也成為他們的職涯新選項,嚮往一種「不必賺大錢,但可以賺到生活」的工作方式。

2003年,當他們大學畢業進入社會磨練後,台灣即興起第一波微型創業高潮,小而美的蘇活族(SOHO)活力四射,標榜在家也能兼職的創意網路創業大受歡迎。

2005年,販售生活風格商品的創意市集在全台遍地開花,吸引素人設計者前往擺攤,一年內就培養出數百位設計師,也連帶引發「全民瘋設計」的浪潮,文創產業露出消費曙光,大學紛紛設立設計相關科系,學生人數在8年內翻升3倍。

2007年,全球通貨膨脹,綠色能源崛起,樂活主張躍上主流,加上大陸黑心商品新聞不斷,台灣的有機商品、環保產業迅速打開市場,此時創業的動機從個人理想實踐的領域,擴大到「愛地球」。

2008年,金融海嘯來襲,上班族因為充滿失業危機感,兼差式的「防禦型創業」激增,各種微型創業平台所提供的商店街、外包仲介、行動辦公室等「基礎設施」也適時建置成熟,「一人公司」如雨後春筍般出現。

在臉書、YouTube世界長大的創業世代,懂得運用信手拈來的網路工具和各種資源,經營實體商店的開始經營網購,網路商店也反向開始經營實體商店,虛實合一,數位思維早已是他們的思考介面。

「以前創業集中在製造業,資本門檻高、周轉壓力大,現在的創業起點多元而夢幻,到處可以找到育成顧問陪伴,整個社會的創業氛圍又被挑起來了。」曾經為一萬多位創業者進行諮商、育成三百多個品牌的甦活創意管理顧問公司總經理張庭庭分析。

商機在哪裡?尋找未被滿足的需求

許多人會問,台灣內需市場有限,出口又以製造業為主,這一波的創業商機到底在哪裡?

台灣經濟研究院第六所所長楊家彥指出,找出「未被滿足的需求」是致勝的關鍵。例如,行動裝置App設計、網路購物平台、文化創意、個性商店、休閒餐飲、旅遊飯店等需求越來越高,商機強勁。

以近年在台北風行的全天候美式早午餐熱潮為例,2006年,全台北只有十幾家專門餐廳,但在樂子、貳樓漢堡等餐廳創業人發現都會人周末晚起、家庭社交等市場潛力後,短短7年內,台北市激增到一百多家,每到周末假日,幾乎都一位難求。

至於該如何抓住「未被滿足的需求」呢?「工具」、「徽章」、「安慰劑」三種消費動力是現代人尚未被完全滿足的需求。

「工具」產業以網路平台和通訊軟體為主力,在於滿足使用者的社交渴望,只要能創造出獨特的交流平台,使用者永遠有怕無聊、缺朋友的未被滿足需求。

以設計業領軍的「徽章」產業,販賣的則是一種情調,例如一枝設計感十足的筆、一部魚眼相機、一個包包,就能提供消費者表現自我品味的滿足感。

「安慰劑」產業則是以咖啡廳、民宿和五星級飯店等服務業為代表,緊抓被生活節奏壓得喘不過氣的現代人對於「理想生活」情境的渴求,提供花點錢就可以隨時有遁入其中、得到喘息和安慰的場所。

五大創業趨勢,有錢、有愛、有生活

不需要數千萬元的資本,從生活中尋找創業點。綜合多位專家、學者採訪,接下來台灣有5個創業趨勢與現象值得留意。

一、網路創業重視社群經營,也是創投公司尋覓的投資標的。

雲端技術讓消費者可以跨平台、跨地點購買與使用各種服務,智慧型手機普及化則帶來行動商務、行動廣告、行動社群等商機。企業的行銷思維不只出現大變革,有創意和技術的創業者只要能善用「內容、社群、商務」的三角概念,帶著筆記型電腦就能到處做生意。

美國矽谷的「車庫創業」,幾乎都從0元資本開始,透過網路經營社群,短短幾年內就可能小有斬獲,並得到投資人或創投公司青睞,募得資金。甚至「群眾募資」的概念也走進台灣,創業者透過網路向大批使用者募集小額資金,線上付款、分紅透明,零成本也能打造大企業。

二、企業二度創業,第二代接班打造新品牌。

1970年代大量崛起的中小企業正面臨轉型和第二代接班的課題,這也意味著過去以代工為主的製造業必須開始思考異業整合的品牌之路,由子女領軍的「企業二次創業潮」正加速展開。

二次創業的企業往往第一代是黑手起家的生意人,將獲利視為奮鬥核心;第二代則是在富裕環境下受過高等教育的年輕人,做出品牌、做出文化涵養,成為他們的思考動力。

以有機棉服飾品牌「許許兒」為例,父親許志榮經營的黑獅實業公司專營布料貿易,在台灣成衣廠和紡織廠大舉外移後,便以豐富的布料知識為後盾,協助設計師女兒許雅涵創立自有品牌,做為企業的轉型和延伸。

三、先愛人再愛錢,社會企業漸成氣候。

時下許多新創業者不再以追求最大利潤為目標,標榜愛人群、愛地球、扶助弱勢,希望透過工作尋找生活意義。這個理念也正符合台灣社會熱愛公益的傳統文化,社會企業可以有商機,也能永續經營。

2012年度獲得教育部「U-SATRT計畫」文創業優選獎的「三明治工」,就是取自「三名志工」的諧音,創業者是三名台北藝術大學的學生,在擔任新北市八里樂山療養院藝術治療志工後,展開藝術治療的特教教具、公益文創設計品的「公益創業」之路。

四、文人創業,開始修正「只做作品,不做產品」的迷思。

文創產業崛起,讓創業者的商業性格變得不同。他們最常面臨的瓶頸是不喜歡銅臭味,但又亟需獲利;把設計出來的東西當做是個人「作品」,而非可以進入市場的「商品」。

但經歷過去幾年的發展,追夢者的腳步更為踏實,許多設計業者已意識到「自我的抒發不一定能引起消費者共鳴;若不能引起共鳴,也就做不出產業規模。」

五、熱愛小生活,也能帶領大趨勢。

創意小店遍地開花,不管是賣設計、賣咖啡、賣服飾,蘇活族創業標榜的是自己賺到生活,消費者買到創意。越來越多擠身於巷弄裡的生活創業家,並不懷抱太遠大的理想,只期待有足夠的消費人潮支撐,讓自己可以邊工作邊享受生活。

例如,台北東區由二手車改裝的創意小舖,老闆販賣自己設計的手機吊飾、耳環等,也讓其他設計師寄賣,小小一輛車就是交流平台。不必燒大錢租店面,也能經營得很長久、很有風格,並逐漸匯聚為新趨勢。

創業的意義,三年是關鍵

然而,不可諱言,創業不能只靠熱情,創業者的人格和心理素質更是成功的要件。

創業達人張庭庭指出,數位工具讓現代人的生活節奏變得快速,消費者更容易喜新厭舊,但「創業3年論」不管在哪個時代都適用。

創業第一年因經驗不足,若沒咬牙熬過,即可能被篩選掉。第二年則必須適應各種經營難題,但也可以藉此培養出臨機應變的心理強度。第三年則得學習解決問題的方式。能度過這3年考驗的人,多數都能存活並且繼續成長。

張庭庭表示,過去以划算與否為考量的「務實消費」正轉變成值得與否的「心靈消費」,新創業者也要把「競爭思維」改變成「分享思維」,專注創造品牌價值,把顧客當朋友,了解他們的生活與需求,提供解決與滿足方案。

堪稱全球創業典範的蘋果電腦已逝創辦人賈伯斯曾說,「只有那些瘋狂到以為自己可以改變世界的人,才能改變世界。」這一波勇於做自己的新創業家,擁抱品質、品牌、設計、生活與公益思維,靠熱情向前衝,希望這個世界因為他們的存在而變得更美好。

相關文章

近期文章

EN 日本語

A New Entrepreneurship, A New World

Eric Lin /photos courtesy of Chin Hung-hao /tr. by Phil Newell

Taiwan is in the midst of a new wave of entrepreneurship.

As a result of the government’s elimination of the minimum capitalization requirement for new companies and its incentive program of “creating new jobs through entrepreneurship,” there has been a sharp increase in the number of new SMEs founded in Taiwan since the global financial tsunami of 2008. In 2011 alone, an impressive 99,000 new small firms were registered. The main industrial categories leading the way in this wave of entrepreneurship are services firms, Internet firms, and cultural and creative enterprises.

This prairie fire of entrepreneurship has swept not only the private sector but also government and academia. All have joined the ranks of those trying to nurture new businesses—coming up with fresh ideas, shaping business models, and devising ways to inject venture capital and loans into new firms to help them stably develop. These efforts have sparked great new vitality in the market here in 2013.


On this Monday morning we are at app­Works Ventures, a venture capital firm located in a high-rise office building on Tai­pei’s Kee­lung Road. The occasion is the awards ceremony for a marketing competition for business incubation teams. More than 60 members representing 25 teams are in attendance, wide-eyed and intensely focused as they wait for the results to be revealed.

The intent of the competition is to bring these would-be Internet entrepreneurs, less than 30 years of age on average, face to face with the public. It gives them first-hand experience in directly selling a product to consumers, removing the barriers that normally separate office workers from the outside world. This particular exercise involved selling coffee beans. Each team was given two weeks to attain the highest possible sales volume and maximum profit.

In the end a team called “Factory Planet” was the champion. They achieved gross sales of over NT$50,000, with net profit of over NT$40,000, double that of the team that finished second.

The winners didn’t use any especially mystifying tricks. Team leader Hong Jia­song simply took the direct marketing approach, using the “soft sell” to get friends to buy his product. In return for NT$5000 each, he not only sold them coffee beans but gave them the sense of having contributed to helping him realize his entrepreneurial dreams, and he repaid them by going to the home of each “customer” to personally make them a thank-you dinner.

When Hong, very handsome and confident, went onstage to receive his award, people joked that his real business acumen was little more than “playing on his good looks,” getting smitten female friends to cough up their money in hopes of winning his affections. But the sponsoring organization praised him for “understanding how to package his product and give it a larger meaning” and for creating “added value.”

Crazy for incubation

It is estimated that there currently are more than 200 incubation programs across Taiwan. There are three main features to this incubation tide:

First, governments at all levels have mobilized people and provided resources for starting businesses.

In 2008, in the face of the international economic crisis, the government devised a strategy of “creating jobs through entrepreneurship.” Under this rubric, the Ministry of Economic Affairs and the Youth Development Administration (formerly the National Youth Commission) have greatly upgraded their entrepreneurial guidance. But it has not been only these obvious agencies involved. In fact, today more than 30 government units—including the Ministry of Education (MOE), the Ministry of Culture, and various local governments’ industrial development bureaus, have joined in the task of business incubation, offering a variety of loans and guidance projects.

Secondly, young people are the focal point.

According to the MOE, more than half the universities in the country now offer courses in starting a business, and nearly 100 tertiary educational institutions have opened incubation centers. The goal at this point is just to plant seeds in students’ minds and to nurture creative ideas. Later, those who want to pursue an idea can directly enter the incubation center, just before or just after graduation, to get help with their specific projects.

Back in 2009 the MOE launched the U-Start program, under which students can participate in start-up competitions. Following an evaluation process to ensure that an idea is in fact novel and practicable, awards of NT$250,000–600,000 are given out. A total of 40 teams with potential for success can be funded each year.

Thirdly, private businesses have set up multiple platforms for exchanging ideas and information and for linking up entrepreneurs with “angel investors.”

Incubation of new business ideas in the private sector has been extended to the field of “social enterprises,” and the guiding concept for entrepreneurship has been elevated to the level of “humane and sustainable development.” Encouragement is being given to diverse entrepreneurial forms such as organic foods, fair trade, and preservation of distinctive cultural and natural assets.

On another front, the franchise model, seen as a bellwether of traditional entrepreneurship, also reached new heights in 2013.

In early April, amid great fanfare, the 14th Taipei Venture Franchise Exhibition was held at the World Trade Center. Tom Hsu, chairman of the Association of Chain and Franchise Promotion, says that this year nearly 250 franchise brands sponsored 620 booths at the event, an increase of 20% over 2012. In fact, this is now the largest exhibition in the entire Asia-Pacific region dedicated exclusively to franchising.

According to the Ministry of Economic Affairs, if we look back at the data since 2004, there was steady growth in terms of new SMEs each year until 2007. In 2007–2008, as a result of inflation and the financial tsunami, start-ups plunged. The figure rebounded rapidly, however, and even in 2012 the euro crisis not only did not dampen the flames of entrepreneurship in Taiwan, working people were inspired to take the attitude that “offense is the best defense.” In January and February of 2013 there were nearly 13,000 new company registrations.

Achieving critical mass

While Taiwan has always been an entrepreneurial island, the wave of business vitality that we are talking about here is a phenomenon specific to the last 10 years, during which time energy has accumulated to reach today’s critical mass. What can we say about the environment that has nurtured this group of entrepreneurs?

If we use age to make our first cross-section, the main figures in this entrepreneurial wave are mostly from “Generation 30”—people born after 1975.

They are the richest generation in Taiwan’s history, and have lived in an era in which people can afford to consider aesthetics and brand names in their lifestyle choices. They also have the highest levels of education of any generation in our history, with about one in seven holding a master’s degree or above.

Unlike their parents, for whom entrepreneurship was a necessity or for whom getting a job in a big corporation and working there up to retirement was the definition of success, Generation 30 lives in a society with advanced technology and the Internet, has been continually exposed to globalization, and has seen the possibilities of the enormous outside world. Their philosophy of life is more casual and focused on self-realization, and that in turn has affected their career choices. There is a general desire for an employment model in which quality of life, rather than money, is the important thing.

Back in 2003, as these people were graduating from university and getting their first taste of the working world, Taiwan witnessed its first peak of micro-entrepreneurship. So-called “SOHO” (small office/home office) types working out of their own homes seemed to be everywhere, and the idea that anyone could start an Internet company working part-time at home was widely embraced.

In 2005, street markets of individual artists and designers selling “style choices” sprang up all over Taiwan. Often little more than gatherings of small portable stands or even goods just laid out on the ground, these markets supported hundreds of designers a year, and sparked a national fad that has been described as “the design craze.” Their success made it clear that there is a significant consumer market for the “cultural and creative industries.” Universities rushed to set up new curricula and departments of design and related fields, and the number of students studying in these fields has tripled in only eight years.

In 2007 new ingredients were added to the pot. There was worldwide inflation, the rise of green energy, and the mainstreaming of the idea of “lifestyles of health and sustainability.” In Taiwan, organic and environmental enterprises rapidly developed markets for their offerings. The motivations behind entrepreneurship in this period expanded from simply individual ideals to “saving the planet.”

The entrepreneurial generation that has grown up in the world of Facebook and YouTube understands how to employ Internet communication tools. Brick-and-mortar stores can launch Internet sales, while Internet stores can turn back around and open their own brick-and-mortar shops. The line between the virtual and the real is blurred, and psychologically these young people have no problems in crossing back and forth with ease.

“In the past, entrepreneurship was concentrated in the manufacturing sector, with high capital barriers to entry and high pressure to maintain large cash flow,” says Lilian ­Chang, managing director of SOHO Creative Management Consultants, who has provided advice to over 10,000 entrepreneurs and has nurtured the rise of over 300 brands. “Today the starting points for entrepreneurship are much more diverse and a lot of it is simply based on imagination. Moreover, there are a lot of consultants around who will help people with startups, and an atmosphere conducive to entrepreneurship has been generated throughout society.”

In search of consumer demand

A lot of people might wonder what profit opportunities exist for these new start-ups. After all, Taiwan has a limited domestic market and exports are primarily from the manufacturing sector.

Steven Yang, head of Research Division VI at the Taiwan Institute of Economic Research, points out that the key to success is finding “demand that has not yet been satisfied.”

Take for example the fad for American-style diners that has swept Tai­pei in recent years. Back in 2006, there were only a dozen or so restaurants of this type in all of Tai­pei. But, with the rise of a new market of people who sleep late on the weekends or of families who go out together for brunch, in a mere seven years the number of these eateries has jumped to over 100, and virtually all of them are packed to the limit on weekends and holidays.

So the question becomes how to seize on “demand that has not yet been satisfied.”

Yang points to three areas of entrepreneurial space where there is still much unsatisfied demand among modern people, which he describes as “tools,” “badges,” and “tranquilizers.”

The term “tools” refers mainly to Internet platforms and communications software which satisfy the desire for social networking among users. If you can simply come up with a unique platform where people can interact, there will always be unsatisfied demand from people who seek novelty or who lack friends.

Meanwhile, the “badge” industry, the leading force in the design sector, sells what we might call “mood” or “image.” Products such as a sleek pen with a strong sense of design, a fisheye camera, or a handbag can provide consumers with the sense of satisfaction that derives from expressing their personal tastes.

Finally, by the expression “tranquilizers,” Yang is referring mainly to service businesses such as coffee shops or homestays. These are focused on the desire for an “ideal existence” among people who have become exhausted by the daily rhythms of modern life, and they provide spaces where people can find rest and relaxation on demand simply by paying for it.

Five major trends in entrepreneurship

As we discovered after many interviews with scholars and experts, there are five major entrepreneurial trends in Taiwan to pay attention to:

(1) Internet start-ups emphasize management of online communities, and these are the kinds of investments that venture capital firms are looking for.

Cloud technology allows consumers to purchase goods and services across platforms and locations, while the prevalence of smartphone ownership creates mobile profit opportunities. Entrepreneurs with creativity and the right technology merely need to master the “3C’s” of “content, community, commerce,” and, equipped with nothing more than a notebook computer, can do business anytime, anywhere.

(2) Established firms are branching out into new areas, and second-generation company heirs are establishing new brand names.

An enormous number of small and medium-sized enterprises (SMEs) arose in Taiwan back in the 1970s, and today these are facing challenges of upgrading and transfer of control to the next generation. Manufacturers who mainly did OEM work must begin to consider how to differentiate themselves and establish brand names. The “second entrepreneurial wave in established firms,” led by the sons and daughters of the founders, is rapidly gathering pace.

The first-generation founders of these firms were often hands-on types who managed right on the factory floor, and the prize for which they battled was cold hard cash. The second generation consists of young people who grew up with money and plenty of schooling, and they are motivated more by developing a brand and creating something that has some cultural content.

(3) People before profits! “Social enterprises” are increasingly in vogue.

Many entrepreneurs are focused not on maximizing profits, but on contributing to society, loving the planet, and giving the disadvantaged a hand. They want to have work that gives their lives meaning. This idea fits right in with Taiwan’s traditional culture of enthusiasm for the public good. Social enterprises can make profits within the context of sustainability.

“Sandwishes Studio” was the 2012 winner of the top prize for cultural and creative industries under the U-Start Program of the Ministry of Education. The founders were three students at Tai­pei National University of the Arts, who worked as art therapy volunteers at the Happy Mount care center in the Bali District of New Tai­pei City and then went on to develop a line of art therapy teaching materials and creative products based on the work produced in their class, with some of the money going back to the original makers.

(4) The rise of “cultural and creative enterprises” (CCEs) means that the commercial character of new enterprises is different.

The main obstacles that CCE entrepreneurs face are (a) they don’t want everything (or even most things!) to be about money, yet they usually have such small financial resources that they need to quickly start turning a profit; and (b) they see the objects they produce as individual “works,” not “products” that will go into the market.

However, after several years of development, these dreamers have learned to be more practical. Many designers have now realized that self-expression alone will not necessarily resonate with consumers, and without that resonance, they will never attain industrial scale.

(5) Passion for “living small” can drive significant trends.

Small firms with distinctive products or personalities are popping up everywhere. Whether they sell coffee or clothing or whatever, what their founders want to earn is “a life,” and what their customers want to buy is “creativity.” Few of these small entrepreneurs, with shops hidden away in lanes and alleys off the main commercial thoroughfares, have any grandiose ambitions. They only hope to have a steady enough stream of customers to keep them in business, so that they can find meaning and enjoyment by doing something they love.

The rule of three (years, that is)

But passion alone does not a business make. Even more critical to success are the character and psychology of the individual entrepreneur.

Lilian Chang points out that digital tools speed up the tempo of modern life, and consumers are more likely than ever to put a premium on novelty and to rapidly tire of the latest fad. But the logic of the “three-year business rule” still applies just as it always has.

The first year in business, entrepreneurs make mistakes of inexperience. They must simply grit their teeth and hang in there, or else get swept away. The second year, they must resolve various managerial issues, and in this process they can learn to be more adaptive. The third year, entrepreneurs become expert problem solvers. Most of those who are able to get through these three years can survive and grow.

Apple Computer founder Steve Jobs once said, “The ones who are crazy enough to think that they can change the world, are the ones who do.” Today’s new breed of entrepreneurs, who have the courage to be themselves, embrace a philosophy that combines quality, branding, design, quality of life, and the public good. Their passion drives them forward, and they hope that in the end, as a result of their being here, the world will be a better place.

若者の起業ブームがもたらす新たな世界

文・林奇伯 写真・金宏澔

台湾では今、起業・創業が大きな流れを巻き起こしている。

政府は、会社登記の最低資本金のハードルを解除するなど「起業による雇用創出」を奨励しており、それによって台湾の新設中小企業の数は2008年の金融危機に底を打ってから急速に増加し、2011年には一年間で新たな企業9万9000社が誕生した。中でも、サービス業、ネット、文化クリエイティブの三大産業が起業の主力となっている。

今回の起業・創業の波は産官学の各界へも広がり、民間も政府も学校も、起業家育成に乗り出した。刺激の中で新たな発想を生み出し、有効なビジネスモデルを形成し、ベンチャーキャピタルからの投資や融資を受けられるようし、新設企業の安定的成長に協力している。2013年にはその努力が実り、市場に大きな活力をもたらしている。


晩春の台北、月曜の朝の通勤ラッシュ時、基隆路に面したビル内のappWorksベンチャーズでは起業家育成コースの「営業王」コンクールの授賞式が行なわれていた。会場には25チームの60人以上のメンバーが結果発表を待っている。

受講者は平均30歳のネット起業を目指す人々で、ここで「営業王」コンクールを行なったのは、ずっとオフィスに閉じこもっているのではなく、消費者と実際に触れる営業を体験するためだ。営業のテーマは「コーヒー豆の販売」で、2週間以内に最高の売上と最大の利益を上げたチームが優勝する。

各チームはあらゆる智恵を絞った。コーヒー豆をネット販売する人もいれば、豆を挽いて飲料にして売り、利益率を高めようとするチームもあった。

最後に、appWorks創設者の林之晨は「工廠行星」チームの優勝を発表した。彼らの売上は5万元、利益は4万元で第2位の2倍に達し、他のチームを驚かせた。このチームは特別な販売方法を考えたわけではない。リーダーの洪家頌が、情に訴えて友人たちにコーヒー豆を5000元買えば彼の起業のスポンサーになれると呼びかけたのである。さらに、購入してくれた人には感謝を込めて自宅を訪ねて夕食を作り、友人と素敵な時間を一緒に過ごした。

場内では、「イケメンの洪家頌が色仕掛けで女性の財布の紐を緩ませたんだろう」と笑い声が上がった。だが主催者側は、彼が「商品に新しい意義を与え、素晴らしい付加価値を生み出した」と評価した。

appWorksによる起業家育成コースは2010年以来、6回を数える。カリキュラムを修了すると、受講者はファミリーの一員になれ、同級生や卒業生、コンサルタントや投資家と親密な戦友となり、互いに助け合いながら起業の成功率を高めていく。

ホットな起業、産官学では育成がブームに

現在台湾で運営されている起業家育成プログラムは200を超え、三つの大きな特色がある。

まず、中央から地方まで、政府が起業・創業の資源を提供している点だ。2008年、世界の経済情勢が悪化した時、政府は「起業によって雇用機会を創出する」という戦略を採り、経済部や青年輔導委員会が起業指導を強化し始めた。現在では教育部、文化部、農業委員会、国家科学委員会、自治体の産業発展局など、30以上の政府機関が起業家育成に取り組み、各種の融資や個別指導を行なっている。

第二に、起業の若年化が挙げられる。

教育部の統計によると、現在、台湾の半数以上の大学が「起業カリキュラム」を設けており、100近い大学・短大に起業家育成センターがある。学生たちに早いうちから起業の概念に触れさせ、起業意欲のある者は卒業後にそのまま起業家育成センターで指導を受けられる。

教育部では2009年から「U-START計画」を開始した。これは学生を対象とした起業コンクールで、審査を経て、創意があり実行可能であると認められた場合、25~60万元の助成金が支給されるというもので、毎年40案件の育成が可能である。

第三に、民間が多様な交流プラットフォームを設け、エンジェル投資家の概念を導入している。

雑誌も起業家育成を開始した。例えば『数位時代』誌は、指導員と起業家、投資者、顧客の四者が接触できるプラットフォームを設け、定期的に投資家と起業家が出会える場を設けている。

民間の起業家育成は、社会的企業(ソーシャル・エンタープライズ)の領域にも広がっている。起業理念のレベルを「人類の持続可能な発展」まで高め、オーガニック食品やフェアトレード、地域の特色保存といった起業モデルを奨励するものである。

サラリーマンの8割が起業の夢を抱く

従来から起業ブームの指標とされてきた「フランチャイズ加盟」は、2013年春に新たなピークを迎えた。4月初旬、台北の世界貿易センターで開催された「第14回台北国際フランチャイズ加盟フェア」には、飲料、朝食、屋台など、加盟店を募集するブランドが並び、人々の開業への夢をふくらませた。

台湾チェーン・フランチャイズ加盟促進協会の許湘鋐・理事長によると、今年のフェアには250のフランチャイズブランドが620のブースを出し、2012年より2割増えたという。これにより同フェアはアジア太平洋地域最大規模となり、外国企業も台湾のサービス業の活力を知り、視察に訪れているという。

経済部の統計によると、台湾の新設中小企業数は2004年から安定的に成長し、2007年と2008年にはインフレと金融危機の影響で減少したが、伸びはすぐに回復した。2012年には欧州信用不安のために台湾人の起業熱もやや冷め、給与所得者も守りの態勢に入ったが、2013年の1~2月には1万3000の新設企業が登記された。

人材マッチングサイトの1111人力銀行が4月に発表した調査によると、給与所得者の83%が起業・創業の意欲を持っており、そのうち24.62%は「意欲があり、現在準備中」と答えている。業種別では、最も多い3割の人が「オリジナルブランドで店を開きたい」とし、次に多いのが「ネット起業」と「フランチャイズ加盟」だった。

十年の充電を経て今年花開く

台湾ではもともと起業・創業が盛んで、このエネルギー蓄積の源は十年前にさかのぼる。台湾のどのような環境が起業家を育んできたのだろうか。

年齢別に見ると、今回の起業の主役の多くは1975年以降に生まれた30代である。

彼らは台湾で最も豊かな時代に育った世代であり、生活の美を重んじ、ブランドを重視する。学歴の最も高い世代でもあり、7人に1人は修士だ。

彼らの父親の世代は生活のために懸命に働いて事業を興し、あるいは大企業で定年まで働くことを人生の成功と考えた。これに対して今の30代はテクノロジーやネットの発達した社会に育ち、絶えずグローバルな情報に触れてきた。好きなように生活し、己の理想を実現するという価値観は、彼らにとっては職業選択の要件であり、大金持ちにはならなくても理想の生活を送れることが重要と考える。

2003年、彼らが大学を卒業して社会に出た後、台湾では最初のマイクロ起業ブームが巻き起こってSOHOが注目され、在宅で働けるネット関係の事業に人気が集中した。

2005年、個性的な服飾・雑貨などを集めたクリエイターズ・マーケットが台湾各地で開かれるようになり、一年で数百人のデザイナーが育った。ここから国民的デザインブームが起り、文化クリエイティブ産業が芽生え、多数の大学がデザイン関係の学科を設け、学生数は8年で3倍に増えた。

2007年には世界的なインフレが起きて、クリーンエネルギーや自然回帰が注目された。また、中国大陸の食の安全の問題が次々と報じられ、台湾ではオーガニック商品やエコ産業に大きな市場が開かれた。この時期、起業の動機は個人の理想の実現から「地球のため」へと拡大した。

2008年、リーマンショックで会社員の失業の危機感が高まり、副業として「生活防衛のための起業」が激増した。各種マイクロ起業プラットフォームが提供するオンライン商店街や外注仲介、モバイルオフィスなどの「インフラ」が整備され、社員一人だけの会社が雨後の筍のごとく出現した。

フェイスブックやYouTubeで育った世代はネットツールや各種リソースを活かし、実体商店はネットショップに手を広げ、ネットショップは実体商店に進出するなど、虚と実が自然に交流している。

「かつて起業と言えば製造業が中心で、資本のハードルが高く、資金繰りのプレッシャーも大きかったのですが、今は起業のスタート地点が多様で、起業家育成コンサルタントとも容易に接触できるので、社会全体に起業の機運が高まっています」と話すのは、これまで1万人以上の起業の相談に乗り、300余りのブランドを育成してきた甦活創意管理顧問公司の張庭庭・総経理だ。

満たされていないニーズを見出す

だが、台湾の国内市場は限られており、輸出は製造業が中心だ。今回の起業のビジネスチャンスはどこにあるのか、と問う人も多いだろう。

台湾経済研究院第六研究所の楊家彦・所長は「満たされていないニーズ」がキーになるという。例えば、モバイルアプリ、ネットショッピングプラットフォーム、文化クリエイティブ、ショップ、飲食店やレジャー、旅行、ホテルなどへのニーズは高まっており、大きなビジネスチャンスがあるという。

例えば台北ではアメリカン・ダイナー風の店が流行している。2006年には台北全体で10数軒しかなかったが、楽子や弐楼ハンバーグなどのレストラン創業者はこの市場の潜在力に気付き、この7年で台北で100店を超えるまでに増え、週末は満席になる。

では、いかにして「満たされていないニーズ」を見出すか。――ツール、バッジ、精神安定剤の三つのモチベーションが消費者を動かすという。

「ツール」はネットプラットフォームと通信ソフトの主力で、ユーザーのコミュニケーションへの需要を満たすものだ。ユニークな交流プラットフォームを生み出せばユーザーのニーズは常にある。

「バッジ」というのは、デザイン性の高いバッグやペンなど、一種の気分を売るもので、消費者にセンスを示す満足感を与える。

「精神安定剤」を代表するのはカフェやホテルなどのサービス業だ。忙しい現代人に、憧れの「理想の暮らし」を提供する心休まる場である。

五大趨勢――資金、愛、生活

数千万もの資本金がなくても生活の中に起業のアイディアを見出すことはできる。以下に、専門家や学者の観点を五つの趨勢として整理しよう。

1.ネット起業はコミュニティ重視――

投資先を求めるベンチャーキャピタル

クラウドで各種のサービスを購入できる今日、スマホの普及はモバイルビジネス、モバイル広告、モバイルコミュニティの商機をもたらし、企業のマーケティングにも変化が生じた。「コンテンツ、ソーシャルネットワーク、ビジネス」の三つの概念をうまく利用し、ノートPCひとつでビジネスができる。

シリコンバレーの企業がガレージから誕生したように、資金ゼロでネットコミュニティを運営して利益を上げ、投資家から資金を集める。あるいはネット上で小口資金を募集することも可能になり、資金ゼロの起業が可能になった。

2.第二創業、二代目による新ブランド創出

1970年代に大量に生まれた中小企業は現在、二代目に引き継がれる時期にあり、これまでの受託生産を主とした製造業は、異業種統合によるブランド戦略を考え始めた。そこで、二代目経営者による「第二創業」が盛んになっている。

第二創業に取り組む企業後継者の多くは裕福な環境で高等教育を受けてきたため、ブランドや文化的意義を思考の動力としている。

オーガニックコットンの服飾ブランド「許許児」の場合、父親の許志栄は生地貿易を行なう黒獅実業公司を営み、布地に関する豊富な知識を後ろ盾に、デザイナーとなった娘・許雅涵のブランド創設を支え、企業の業態転換を進めている。

3.ソーシャルエンタープライズで社会貢献

昨今は利益を目的としない起業家も増えている。人類と地球を愛し、弱者を支え、仕事を通して生きる意義を見出そうとする。この理念は、慈善事業が盛んな台湾の伝統ともマッチするため社会的企業に商機があり、持続経営が可能となる。

2012年に教育部の「U-START計画」の助成金を得た「三明治工」は、「三名志工」(3人のボランティア)と同じ発音で、創業者は台北芸術大学の3人の学生だ。彼らは新北市八里楽山療養院でアートセラピーのボランティアをした後、アートセラピーの特殊教育教具や公益クリエイティブデザインなどを展開する公益起業の道を選んだ。

4.文人の企業――「製品ではなく、作品を作る」という誤った考えを修正

文化クリエイティブ産業が盛んになり、ビジネスの性質も変ってきたが、彼らが陥りやすい問題は、利益を求める一方で金の臭いを嫌うことだ。彼らは自分が作るのは「作品」であって「商品」ではないと考えがちである。

だが、ここ数年の発展を経て、夢を追う人々も地に足を付けるようになり、多くの創作者は「自分を表現するだけでは消費者の共鳴を得られるとは限らない。共鳴を得なければ産業として成り立たない」と考えるようになった。

5.生活への愛が大きなトレンドに

最近は裏通りに個性的なショップが並ぶ。デザイン、コーヒー、服飾などを販売するSOHOが標榜するのは、自分の生活が成り立ち、消費者は創意を買うというものだ。彼らは大きな野心を抱いているわけではなく、消費者の支持を得て働きながら生活を楽しみたいと考えている。

台北東区には中古車を改造したクリエイティブショップが出ている。創業者は自分でデザインしたアクセサリーを売り、他のデザイナーの商品も扱う。小さな交流の場だが、高い家賃を払う必要もなく、自分のスタイルで長く経営できる。

起業の意義、三年がカギ

もちろん、情熱だけで起業が成功するわけではなく、創業者の性格や態度が重要な要素となる。

起業に詳しい張庭庭はこう指摘する。デジタルツールによって現代人の生活リズムはさらに加速し、消費者は次々と新しいものを求めるようになったが、「創業三年論」はどの時代も変わらない。

創業1年目は経験不足もあり、苦しい時期を乗り越えられなければ淘汰されてしまう。2年目は、さまざまな経営の難題に適応しなければならないが、それによって臨機応変に対応する力が身につく可能性もある。3年目は問題を解決する方法を学ばなければならない。この3年の試練を乗り越えられれば、多くの場合は生き残れ、成長し続けられる。

張庭庭によると、以前は価格重視の「現実的消費」が中心だったが、今は価値があるかどうかの「心の消費」の時代となりつつある。創業者は「競争思考」から「シェア思考」へと切り替えてブランドの価値を生み出し、顧客を友として彼らのニーズや生活を理解し、その問題解決方法や満足を提供していかなければならない。

逝去したアップルの創設者スティーブ・ジョブズは「自分は世界を変えられると信じるクレージーな人こそ、本当に世界を変えられる」と語った。自分らしく生きようとする新しい起業家たちが、品質とブランド、デザイン、生活と公益思考によって、より良い世界を創り出していくことに期待したい。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!