看漫畫學日本 政治大學蔡增家

:::

2015 / 6月

文‧陳建瑋 圖‧林格立


「上課不准看漫畫!」這句熟悉的台詞,在許多人求學的過程中幾乎都聽過。不過政治大學卻有一門課可以讓學生光明正大地在課堂上看漫畫、討論漫畫,連期末報告也是分析漫畫。

政治大學國際關係研究中心亞太所研究員蔡增家教授,用漫畫讓學生理解日本社會、政治、經濟與文化,開課以來年年滿班,連學校旁的漫畫店都開設「上課用書專區」,成為政大學生最愛的一門通識課。

 

 


走進「看漫畫學日本」的階梯式教室,上課鐘聲還沒響,近百位學生已經坐滿整間教室。蔡增家則在教室裡走來走去跟學生閒聊,完全不像一般的大學課堂,晚到的同學,只能去隔壁教室搬椅子來坐。

這門通識課的人數限制是120人,但每學期都吸引上千名學生搶著選修,有學生選了3年才終於選到,多數是對日本有興趣,同時聽說上課可以看漫畫,更增添同學修課的動機。

其實早在10年前,蔡增家就已經開課教授日本學,當時的課程名稱叫做「日本政治與經濟研究」,可是選課的同學屈指可數,他心中納悶:「台灣與日本關係密切,年輕人應該對日本很有興趣,為什麼沒人來上課呢?」

直到某天,他在日本的電車上,看見對面的大叔捧著一本漫畫讀得津津有味,蔡增家一時好奇便記下漫畫的名字《黃昏流星群》,接著便去租書店翻看。《黃昏流星群》以老年人為主角,顛覆了漫畫主角總是年輕帥哥美女的印象,探討老年人的愛情生活,在高年齡層讀者中大受歡迎。

蔡增家說,以前看的漫畫不多,沒想到日本漫畫竟然可以討論各種社會現象,讓他興起用漫畫當教材的靈感,讓學生更容易理解日本社會。

從《黃昏流星群》談起,蔡增家介紹了日本高齡社會的種種奇特現象,例如老人監獄、百歲人瑞新聞主播等,再搭配另一部漫畫《看護工向前衝》,深入探討日本的長期照護制度。原本看似生硬艱澀的議題,也變得平易近人。

漫畫也可以是教科書

對台灣人來說,漫畫總是被歸類為閒書,學生看漫畫通常會被視為不用功,但是「日本人認為漫畫與書本沒有分別,都是承載知識的書籍。」蔡增家說,這種認知的差別來自於漫畫並不是只有運動、打鬥、魔法等天馬行空的想像,還有被稱為寫實漫畫與專業漫畫的風格,在台灣雖然讀者較少,在日本卻很流行。

寫實漫畫顧名思義,便是以描述社會現狀為主的漫畫,也是這門課程主要閱讀的漫畫,包括《上班族金太郎》、《縣廳之星》等。其中,蔡增家推薦閱讀的是「島耕作」系列漫畫,該系列作品自1983年發行至今,伴隨著日本經過泡沫經濟、網路時代至今,從第一部作品《課長島耕作》,主角島耕作一路從課長慢慢往上爬,到目前仍在連載中的《會長島耕作》,過程紀錄了日本企業內部生態、人際關係與企業向外擴張的種種心計,包括性、權力與金錢,真實而露骨,被譽為最能代表日本社會運作的漫畫,甚至連前日本首相麻生太郎,還將《島耕作》系列漫畫,作為贈送外賓的禮物。

「討論相關議題的漫畫很多,但是島耕作系列無疑是最經典的作品。」蔡增家說,幾年前熱門的日劇《半澤直樹》是特例中的特例,現實中的日本企業有著明確的序列制度,對某些夢想到日商企業就職的學生而言,必須先考慮自己是否能適應這樣的企業文化。

行行出狀元的漫畫世界

除了寫實漫畫,專業漫畫則是以描寫特定職業為主的漫畫,如《醫界風雲》、《深夜食堂》等,深入呈現特定職業的樣態,同時也反映了社會現象在劇情中,包括律師、救難隊、品酒師等,都有相關漫畫作品。

蔡增家特別推薦的專業漫畫是《夏子的酒》。女主角夏子和哥哥,嘗試以有機栽種的原料,和手工古法釀酒,來對抗化學肥料與酒廠生產線的酒,這其中牽扯出人與土地、科技與傳統、都市與農村之間的種種矛盾掙扎。

「短短12集的篇幅裡,卻能涵蓋農業轉型、社會問題等龐大的議題,即使經過二十幾年,仍然值得我們反思。」蔡增家說,這部漫畫不僅表現出日本社會對於職業的尊重,也展現出日本在面臨新舊時代交替時,如何做出選擇。

而在這麼多的漫畫中,有些漫畫由於題材特殊,難以取代,因此成為每學期必選的經典漫畫。

例如《東大特訓班》談的是日本的教學方式和升學制度,雖然和台灣不盡相同,但也時常讓學生心有戚戚焉;《家栽之人》的主角則是一位熱愛植物的家庭裁判所(相當於台灣的少年法庭)法官,主角經常用植物作比喻,來鼓勵、開導行為偏差的年輕人。

這些題材特殊的漫畫,對於背景環境都有鉅細靡遺的刻畫,因此學生在閱讀時,便能看見日本的補習班、考場、法庭、學校與社會的幽暗角落,獲得更完整的日本社會面貌。

當漫畫不只是漫畫

漫畫在日本不僅是對GDP貢獻良多的重要產業,同時也被視為是知識傳播的一環,由於市場規模夠大,才能孕育出多元題材的漫畫。

漫畫創作體系下不僅有縝密的分工,為了鼓勵新人,也有各種高獎金的漫畫大獎;從漫畫衍生而出的動畫、電玩、桌遊和電影等,營造出驚人的獲利。

「台灣漫畫起步雖然早,但後續的發展卻力有未逮。」蔡增家說,光是漫畫獎的獎金,日本就比台灣多出數十倍,目前韓國的漫畫也在快速成長中。台灣在推動文創產業時,如何能兼顧人才培養、產業體系的健全,是必須重視的課題。

蔡增家在開設「看漫畫學日本」課程後,獲得廣大迴響,學校、政府機關、非政府組織等演講邀約不斷,數百場演講下來,今年更將這門課的教學心得集結成書,出版了《上一堂最好玩的日本學:政大超人氣通識課「從漫畫看日本」》一書,和更多人分享。

除了漫畫,蔡增家也要求學生每星期報告過去一周日本的重大新聞,並用漫畫中學到的知識加以分析新聞背後的意涵。例如最近日本正推動《新安保法》,准許政府可隨時派遣自衛隊前往海外。「同學,我們在漫畫裡有看到,內閣推動法案之後,下一步是什麼?」蔡增家剛問完,台下好幾個學生立刻回答:「提送國會審議。」

教通識最有成就感

通識課程目的是要培養跨領域的知識,及學生的多元能力,有些大學教師卻對通識課興趣缺缺,因為非本科學生對專業課題較不熟悉,不能過於深入探討;也有學生只想拿到列為必修的通識學分,專門挑容易拿高分的課程,讓通識教育偏離了本意。

蔡增家則恰恰相反。「教通識課特別有成就感,因為不同科系的學生看事情的角度不同,課堂上常有許多創意激盪。」蔡增家說,學生上課沒興趣的原因,若不是對內容沒興趣,就是老師教課太無聊。「我教學最大的樂趣就是看到台下一百多個學生,每個人都睜大眼睛,認真地看我講課,有時候都覺得自己像是搖滾巨星。」蔡增家笑說。

能成為講台上的搖滾巨星,其魅力來自平日不斷累積的學識,以及不斷挑戰自己的自我要求。就以上課用的漫畫而言,每學期開出的書單幾乎都不同,每星期則配合最近的新聞動態,從經濟、觀光、社會、政治多方面切入,讓學生不停吸收新知識。

「一份講義用20年的時代已經過去了。」蔡增家說,在網路時代,有多種獲取知識的管道,大學教師若繼續死守在象牙塔內,很快會面臨淘汰危機。

現在蔡增家上課不僅看漫畫,也看電影,他的另一門通識課「電影與國際關係」,專門從電影中解構出當今世界各國的互動關係,包括《黑鷹計畫》、《00:30凌晨密令》等,都被細細解構,重現出複雜的國際關係面貌。

教科書不管看幾遍都記不起來的事情,化成漫畫或電影的方式,就變得容易理解。儘管教科書仍然不能被完全取代,然而在課堂上多一點創意又何妨?

相關文章

近期文章

EN 日本語

NCCU’s Tsai Zheng-jia—Teaching About Japan Through Manga

Kobe Chen /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Geof Aberhart

“No comics in class!” Any number of us will have heard this reprimand at some point in our school lives. But at National Cheng­chi University, there is one course that not only lets students openly read and talk about comics in class, but even has a term paper involving analyzing them!

The instructor of this course is Tsai ­Zheng-jia, a professor and research fellow in Asia Pacific Studies at NCCU’s Institute of International Relations. Tsai uses comics—specifically Japanese manga—to help general education students understand the society, politics, culture, and economy of Japan. Every year the course has been held, it has been a full house, becoming a favorite among NCCU students. Nearby comics stores have even set up special sections for the “textbooks.”

 

 


Tsai was already teaching about Japan a decade ago, but students eager for a general education course with a name like “The Politics and Economy of Japan” were few and far between. Tsai was bemused—with Japan and Taiwan so closely linked, surely young people would be interested in the country, so why weren’t they enrolling?

Then one day during a trip to Japan, he looked across the train to see an older man engrossed in a manga. Intrigued, Tsai took note of the title—Like Shooting Stars in the Twilight—and headed for a comic rental store to take a look for himself. Shooting Stars features more senior protagonists, subverting the usual manga propensity for handsome young hunks and nubile young women. Instead, Shooting Stars tells stories of the love lives of middle aged and elderly folk, and the series has been well received by readers in that age bracket.

Tsai remarks that until then, he hadn’t read much manga, not imagining it could be a channel for discussion on all kinds of societal phenomena. Discovering Shooting Stars inspired him to start thinking about manga’s potential as a teaching material, one that could help general education students more easily understand Japanese society.

Comics as textbooks

Most Taiwanese consider manga little more than light reading, and reading them as a student is generally looked upon as slacking off. “The Japanese,” says Tsai, “don’t see any real difference between manga and other books—they’re all conduits for ideas and knowledge.” The difference in perception, Tsai says, comes mostly from Taiwanese not realizing that manga don’t have to just be fantastical tales about sports stars, fighters, or mages; while they have few readers in Taiwan, genres like “reality manga” and “professional manga” are also popular in Japan.

As the name would suggest, so-called reality manga tend to be about real-life issues, as exemplified in Tsai’s classes by Salaryman Kin­taro and Star Reformer. Within that genre, Tsai particularly recommends the Ko­saku ­Shima series. Starting with 1983’s Section Head Ko­saku ­Shima, it has followed the titular Ko­saku ­Shima as he has climbed the corporate ladder, becoming today’s Corporate President Ko­saku ­Shima. Along the way, it has become a record of the contemporary Japanese corporate environment, depicting schemes involving sex, power, and money. The series has been called the manga most representative of Japanese society, and former Japanese prime minister Taro Aso even gave copies of the manga as gifts to foreign guests.

Comics for all walks of life

“Professional manga,” meanwhile, explore the worlds of particular professions. Titles like Midnight Restaurant and the medical drama Say Hello to Black Jack not only take in-depth looks at their respective professions, but also reflect social issues in their stories. Professions as diverse as law, search and rescue, and sommeliery are also represented in manga.

One such manga that Tsai particularly recommends is Na­tsuko’s Sake. The protagonist, Na­tsuko, works with her brother to try and brew traditional sake, trying various methods and growing organic ingredients in an effort to push back against sake produced with chemically fertilized ingredients and manufactured on production lines. Along the way, the story highlights conflicts between man and the land, technology and tradition, and urban and rural areas.

“It’s just a short 12 issues, but it covers major topics like agricultural transformation and social problems. Even though it was published over 20 years ago, I believe it still deserves our attention and thought.” Not only does Na­tsuko’s Sake reflect Japan’s respect for professionalism, says Tsai, it also brings into relief the choices that face a Japan caught between tradition and modernity.

Such manga depict their settings and environments with tremendous detail, enabling students to get a glimpse of the darker corners of Japan’s cram schools, exam rooms, courts, schools, and society more broadly, and so providing them with a more complete picture of modern Japan.

More than just comics

The manga industry not only contributes greatly to Japan’s GDP, it is also considered part of the mechanism for the dissemination of knowledge, as the size of the market has facilitated the birth of comics covering a diverse range of topics.

“While Taiwanese comics actually came around quite early, the field still hasn’t developed to quite the same level,” says Tsai. Just looking at the amounts offered in prizes for comics we see that Japan offers more than ten times as much as Taiwan, with Korean comics catching up rapidly. With Taiwan currently striving to promote the cultural and creative industries, the question of how we can cultivate talent and create a strong comics industry is one that deserves serious attention.

In addition to reading manga, Tsai’s students are also required to give weekly reports on major topics in Japan’s news from the previous week, using what they’ve learned from the manga to delve into the issues behind the news. For example, the Japanese government has recently been pushing for new security laws that would enable the nation to dispatch its Self-Defense Forces abroad; “So everybody, from what you’ve read in manga, what is the next step after the cabinet passes a bill?” As soon as Tsai has finished the question, several students almost immediately respond: “It’s sent to the Diet for review.”

A rewarding vocation

General education courses aim to give students a broad, interdisciplinary knowledge base and skill set. Some college instructors find the courses dull, as students not majoring in the field concerned lack the familiarity with it to allow in-depth explorations. Students, meanwhile, are often more concerned with making sure they’ve met their quota of compulsory general education credits, preferring to choose courses seen as “easy ‘A’s.” Between these, general education has gradually moved away from its core intent.

Tsai, though, isn’t on that particular bandwagon. “Teaching general education is incredibly rewarding, because you get all kinds of different perspectives from students in a variety of majors, which can ­really spark creativity in the classroom.” Tsai believes that the reason so many students aren’t interested in general education courses isn’t that they have no interest in the subjects, but more that the instructors come across as bored. “The greatest pleasure I get from teaching is seeing 100-plus students sitting there completely rapt. Sometimes I feel almost like a rock star,” he laughs.

“The days when you could use one handout ­every year for decades are long gone,” he continues. “In the age of the Internet there are so many channels for information, so if college instructors don’t get out of the ivory tower and embrace the modern age, they’re going to make themselves obsolete.”

Another general education course that Tsai teaches is “Cinema and International Relations.” It has students unpick the complex world of modern international relations through the lens of films like Black Hawk Down and Zero Dark Thirty.

Through films and manga, ideas and events that can be difficult to really grasp from dry textbooks are transformed into something more readily comprehensible. And while we can’t completely replace textbooks with manga and film, why shouldn’t we add a little more creativity and fun to the classroom?

漫画を通して日本を知る――政治大学の蔡増家

文・陳建瑋 写真・林格立

「授業中に漫画を読んではいけません!」と言われたことのある人は多いだろう。ところが、政治大学のある授業では、授業中に正々堂々と漫画を読み、漫画について討論し、期末には漫画分析のレポートを提出する。

政治大学国際関係研究センターアジア太平洋研究所の蔡増家教授は、漫画を通して学生たちに日本の社会や政治、経済、文化などを教えている。同大学の一般教養課程で最も人気のある講座で、学校付近のコミック店には「授業用コーナー」も設けられている。


「漫画を通して日本を学ぶ」の授業が行われる階段教室は、始業のベルが鳴る前から百人近い学生で満員である。遅れてきた学生は壁際に椅子を持ってきて座るしかない。

この授業の定員は120人だが、毎学期1000余人が履修を申込み、3年待ってようやく受講できたという学生もいる。日本に興味があり、授業で漫画が読めるというのが履修の動機だ。

蔡増家は十年前から「日本学」の講義を行なってきた。当時の科目名は「日本の政治経済研究」というものだったが、履修する学生は数えるほどしかいなかった。蔡増家は「台湾と日本の関係は密接で、若者は日本に興味があるはずなのに、なぜ履修する人が少ないのだろう」と悩んだ。

そんな頃、日本の電車の中で楽しそうに漫画を読んでいる中年男性を見た。蔡増家は好奇心からその人が読んでいた漫画『黄昏流星群』をレンタルコミック店で読んでみた。『黄昏流星群』の主人公は高齢者で、お年寄りの恋愛や暮らしを扱っているのである。

それまであまり漫画を読んだことのなかった蔡増家は、日本の漫画がさまざまな社会現象を扱っていることを知り、漫画を教材として学生に日本社会を紹介するという方法を思いついた。

授業では『黄昏流星群』を通して、介護施設化する刑務所や百歳のニュースキャスターなど、日本の高齢化社会に見られるさまざまな現象を紹介し、さらに高齢者介護をテーマとする漫画『ヘルプマン!』を通して日本の長期介護制度を論じる。漫画を介することで、堅く味気ないテーマも親しみやすいものとなる。

漫画も教科書になる

台湾人は漫画を正統の書物とはとらえず、学生が漫画を読んでいると不真面目だと言われる。だが、「日本人は漫画と一般書を区別しません」と蔡増家は言う。日本の漫画にはスポーツや格闘といった内容の他に、写実性や専門性の高いものもあり、台湾ではあまり読まれていないが、日本では非常に人気がある。

一つは『サラリーマン金太郎』や『県庁の星』など現実の社会を描いた漫画で、蔡増家が授業で主に扱う作品だ。中でも彼が推薦するのは『島耕作』シリーズである。同シリーズは1983年から今まで続いており、バブル経済やネット時代の到来など、日本経済の動きとともに物語が描かれている。島耕作は課長から一歩ずつ昇進していき、現在は『会長島耕作』連載中だ。性、権力、マネーなど、日本企業の社内の人間関係や企業経営におけるさまざまな謀略や駆け引きなどがリアルに描かれており、日本の社会を描いた代表的漫画として麻生太郎・元首相もこのシリーズを海外の貴賓に贈ったという。

「同様のテーマの作品は多いのですが、島耕作シリーズは名作と言えます」と蔡増家は言う。数年前に大ヒットした日本のドラマ「半沢直樹」の主人公のようなケースは特例中の特例で、現実の日本企業には明確な序列があるので、日本企業への就職を目指す学生は、自分がそうした企業文化に馴染めるかどうか考えてほしいと言う。

どの世界にもトップがある

特定の職業分野を描く漫画もある。『ブラックジャックによろしく』や『深夜食堂』の他にも、弁護士やレスキュー隊、ソムリエなど、一つの職業をテーマに社会現象をも描いた作品は多い。

その中で蔡増家が進めるのは『夏子の酒』だ。主人公の夏子とその兄は、有機栽培のコメを原料に古来の方法で酒を造ろうと奮闘する。その背景には、人と土地、科学技術と伝統、都市と農村といったさまざまな社会問題が見て取れる。

「わずか12巻の短い漫画の中に、農業の変化や社会問題など、多数のテーマが盛り込まれていて、20年以上たった今も考えさせられる作品です」と言う。この作品からは、職業を尊重する日本人の姿や、新旧交代の中で日本人がどう選択するかが分かると蔡増家は言う。

数々の漫画の中で、その特殊性から毎学期必ず授業で扱う作品もある。

例えば『ドラゴン桜』は日本の教育方式と入試制度を扱った作品である。台湾の状況と全く同じではないが、多くの学生が共感する。『家栽の人』は植物を愛する家庭裁判所の裁判官が若者を正しい道へ導く物語だ。

これら特殊なテーマを扱う漫画は、その背景や環境を詳細に描いており、日本の予備校や試験会場、裁判所、学校などの様子もわかる。

一産業としての漫画

漫画は日本の経済にも貢献する重要な産業だが、それは知識を広める役割も果たしており、市場が大きいため、多彩な題材が扱われる。

日本の漫画産業は分業化されており、新人登用の制度もあり、また高額の賞金が得られるコンクールもある。さらに漫画からアニメやゲーム、映画へと展開すれば巨額の利益が生まれる。

「台湾にも早くから漫画はありましたが、その後の発展に限界があります」。漫画コンクールの賞金だけを見ても日本は台湾の数十倍で、今は韓国の漫画も急成長している。台湾では文化クリエイティブ産業を推進しているが、人材育成と産業体系の発展を両立させる必要があると蔡増家は指摘する。

蔡増家の「漫画を通して日本を学ぶ」授業は好評を博し、学校や政府機関などからも講演依頼が絶えない。数百回の講演を経て、今年はこの授業の成果を『一番おもしろい日本学:政治大学人気教養講座「漫画を通して日本を学ぶ」』という一冊にまとめて発行する予定だ。

蔡増家は、学生たちに毎週レポートも書かせている。その一週間に発生した日本の重大ニュースを、漫画から得た知識で分析するというものだ。例えば、最近日本政府は自衛隊を海外派遣するための安全保障関連法案を推進している。これについて、「皆さん、私たちは漫画を通して内閣が法案成立を推進する際の次の一歩は何か学びましたね」と学生に問うと、「国会の審議に提出します」と答えが返ってくる。

教養課程で得られる大きな達成感

教養課程の目的は、領域を超えた知識を得て学生の多様な能力を伸ばすというものだが、一部の大学教員は教養課程に興味を持たない。専攻以外の学生に教えるため、あまり突っ込んだ内容が教えられないからであり、学生側も必要な単位だけ取れればいいと考えがちだ。

だが、蔡増家の考えは違う。「教養課程では特に大きな達成感が得られます。さまざま専攻の学生が集まるので、それぞれ見方が違い、思いがけない考えが出てくるからです」という。学生が授業に興味を持たない理由は、内容の問題でない限り、教員の教え方がつまらないからだと考える。「授業での私の最大の楽しみは、百人余りの学生の一人一人が目を見開き、真剣に私の話を聞いている姿を見ることです。時々、自分がビッグスターになったような気がします」と笑う。

演壇に立つビッグスターになるには、日頃から知識を蓄積し、常に自分にチャレンジしなければならない。授業で用いる漫画を見ても、学生に配られるリストは毎学期ほとんど異なり、毎週、最新の時事問題なども扱う。経済、観光、社会、政治などさまざまな面から論じ、学生たちに絶えず新たな知識を提供するのである。

「同じレジュメを20年も使い続けるという時代はもう終わりました」と蔡増家は言う。ネットの時代、知識を得るルートはたくさんあるのだから、大学の教員も象牙の塔にこもっていたのでは淘汰されてしまう。

最近は漫画だけでなく映画を用いた授業も行っている。教養課程の「映画と国際関係」という科目で、映画を通して国際関係を解読するというものだ。「ブラックホーク・ダウン」や「ゼロ・ダーク・サーティ」などを通して、複雑な国際関係を解き明かしていく。

教科書ではどんなに読んでも覚えられないことが、漫画や映画になればすんなりと理解できる。漫画や映画が教科書に取って代わることはないものの、授業にこうした創意が取り入れられるのは歓迎すべきことではないだろうか。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!