森林告訴我們的事

:::

2020 / 5月

文‧陳亮君



小時候,新竹新埔老街旁的百年老樹區是自己的童年回憶,其中一棵老樹就座落在鄰里的巷子口,它突出於水泥空地上,孤伶伶地被一些低矮的紅磚屋所環繞。三不五時我都會過去跟那棵老樹說說話,吐露些生活上的瑣事,時間一久,它就像是有靈性般,颯颯的落葉聲,彷彿在回應著我當下的心情起伏。而輕撫著樹身的美麗紋路,就像在訴說著圍繞在其周遭的種種故事。

當然,有更多的老樹在荒郊野外,有的俊朗清麗,猶如仙人;有的盡情揮灑,猶如張牙舞爪般地無窮伸展;有的疊床架屋、相互糾纏,早已分不清彼此。如果徜徉在森林中,還有分布其間的野生動植物,以及隱藏在其中的種種趣事,「人知遊山樂,不知遊山學。人生天地間,息息宜通天地籥。」魏源的《遊山吟》就貼切地點出了遊山、知山及與之形神合一的旨趣。

而本期《光華》封面故事,就帶您深入山林,有位於台東鸞山的「森林文化博物館」巡禮,讓導覽老師Long帶大家體驗一日布農族的文化與生活;還有跟著生態學家走進山間,用科學量測來了解森林的生態與現況;以及看勤美集團如何將生活美學的設計融入自然,打造現代版的桃花源;還有「林下經濟」如何勾勒出生活、生產與生態共存的理想藍圖。

大自然為創意源泉的本質,但也有賴人們共同的珍惜與愛護。近年來,不論是運用微型感測器與大數據偵測空氣汙染的「空氣盒子」,還是從台北大稻埕開始的文化導覽「島內散步」,都對於提升台灣環境意識與文化作出了貢獻。而台灣今(2020)年也推出了以「新創之島」為概念的品牌識別系統Startup Island TAIWAN,希望能讓台灣新創的整體印象再次提升。

此外,在跨年捷運輸運的人潮中,看見了許多東南亞移工自發性地擔任志工的身影,大家不論來自何方,對這塊土地的向心力,正一點一滴地凝聚當中。緣於對家鄉老樹的記憶,台灣也是許許多多、來自四面八方的人的共同回憶,如同書畫家朱振南於桃園機場的出境長廊,以行草所書寫下的這一段話一樣:「在旅行的路上/有些事我們慢

慢講/有個熱情的地方/名字叫台灣。」

相關文章

近期文章

日本語 EN

森が教えてくれること

文・陳亮君 翻訳・山口 雪菜


子供の頃、新竹新埔の古い町並みの横に老樹が生えている一角があった。その中の一本は路地の入口の、空地のコンクリートから生えていて、一本だけレンガ造りの民家に囲まれていた。私はよくその老樹に話をしにいったものだ。木に向ってあれこれ話していると、まるで私の話に応えるかのように枝を揺らして葉を落とした。その木の美しい幹に触れていると、周辺で起きたさまざまな物語を語りかけてくるように感じたものだ。

もちろん多くの老樹は人里離れた野山に生えている。仙人のように清らかな木もあれば、牙を剥くように猛々しく枝葉を伸ばした木もあり、また互いに絡み合い、すでに分けることもできなくなっているものもある。そこには他の野生動植物も共に生きている。「人遊山の楽を知るも、遊山の学を知らず。人生天地に問えば、息息宜しく天地の籥に通ずべし」清代‧魏源の『遊山吟』は、山に遊び、山を知り、それと一体となる趣をよく表現している。

今月の「光華」のカバーストーリ—は、皆様を台湾の森林へご案内する。台東鸞山の「森林文化博物館」を訪ねれば、Long先生が一日ブヌン族としてその文化や暮らしを体験させてくれる。生態学者とともに山に入れば、科学的な方法で森林の生態や現状を計測する方法が分かる。また、勤美グループは生活の美学と大自然を融合させて、現代の桃源郷を創ろうとしている。さらに、生活と生産、生態の理想的な共存を追求する「林下経済」についてもお読みいただきたい。

大自然は創意の源でもあるが、人間が大切に守らなければならない存在でもある。近年は、マイクロセンサーとビッグデータで大気汚染を観測する「エアボックス」や、台北大稲埕で始まった文化ガイドツアー「島内散歩」などに見られるように、台湾の環境や文化への意識が高まっている。また今年は台湾のスタートアップを推進するシンボルStartup Island TAIWANが打ち出され、台湾のスタートアップのイメージ向上が期待される。

毎年台北101で行われる大晦日のカウントダウン。その前後のMRTの混雑を緩和するために、東南アジア出身の労働者が自発的にボランティアとして働いている。出身地を問わず、この土地に対する求心力は高まっている。私にとっての故郷の老樹と同じように、台湾にはさまざまな共通の記憶がある。「旅の道すがら/ゆっくり語る話がある/人の温かい地がある/その名を台湾という」と、桃園国際空港の出国通路に飾られた書家‧朱振南の作品に書かれている通りである。

 

What the Forest Tells Us

Ivan Chen /tr. by Phil Newell


When I was small, there were many century-old trees around the old commercial quarter of Hsinchu’s Xinpu Township. One of them stood alone at the entrance to our neighborhood, surrounded by low red-brick houses. I would often go and talk to that tree, and over time it seemed to take on a kind of sentience, with the sound of falling leaves somehow responding to my changing moods. As I gently touched the beautiful patterns on its trunk, it felt to me as if the tree were telling stories of its surroundings.

Of course, there are even more old trees out in the countryside. Some are as beautiful as celestial beings. Others loom threaten­ingly, or tangle together in impenetrable thickets. The forest is also a place of wild animals and plants, and of many fascinating hidden phenomena. As the Qing-­Dynasty scholar Wei Yuan wrote, besides taking pleasure in nature, we should learn about the living world and seek harmony with it.

In this month’s cover story, we take you deep into the mountain forests. We visit the Forest Culture Museum in Taitung, to experi­ence the life and culture of the Bunun indigenous people. We follow research­ers into the mountains, where they use scientific measures to learn about the forest ecology and understand its current condition. We also discover how the CMP Group is combining design with nature to transform a former theme park, and how the “under­forest economy” is providing a blueprint for how daily life and economic activity can coexist with the environment.

Nature is the fountainhead of creativity, but it is also up to humans to cherish and protect nature. In recent years, “AirBox” air quality sensors and the “Walk in Taiwan” guided tour service have helped raise environ­mental consciousness and cultural awareness in Taiwan. And late last year the “Startup Island TAIWAN” brand identity was launched, in hopes of boosting the collective image of Taiwanese startups.

Amid the waves of Taipei Metro passengers on New Year’s Eve, I saw many Southeast-­Asian migrant workers acting as volunteer stewards. No matter where we are from, there is a growing cohesion among those of us who live on this island. Just as I recall the old trees in my hometown, Taiwan has many collective memories shared by people from different places. As artist Chu Chen-nan’s calligraphy in the de­parture hall at Taoyuan International Airport expresses it, “We can talk about so many things on the road / There is a place full of hospitality / Taiwan is her name.”

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!