屬於你我的燦爛時光

:::

2015 / 10月

文‧鄧慧純 圖‧莊坤儒


新北市中和區南勢角是早年緬甸族群移居台 灣的聚集地,其中興南路巷弄內一棟3層樓 的老建築在2015年4月開了一家店,店舖經整修 後帶著濃厚的文青與手作氣息,主題與這個區域 有深厚淵源,它是創辦人張正繼《四方報》、唱 四方、外婆橋計畫、移工文學獎後,又開的東南 亞主題書店「燦爛時光」。


為什麼是書店?長期關注且投身東南亞移民 移工議題的張正,憶起他在越南學語言時鎮日泡 在書店裡那種安全與沉靜的感受。回國後,他因 緣際會投身東南亞移工權益的社會實踐,張正未 必精通東南亞各國的語言,卻始終在東南亞文字 中打轉,因為舉辦移工文學獎的機緣,他遇見了 來自印尼的Erin Cipta,全年無休的看護工作讓 她如同被禁錮了行動的自由,但藉由閱讀,Erin說:「Reading makes me happy, writing makes me free.」這讓張正開始思考如何滿足東南亞移工的 閱讀渴望。

他從行動書店的概念開始實踐,在一班書店朋 友的慫恿下,張正建立了自己的「基地」─燦爛 時光:東南亞主題書店。

 不只是書店,更是東南亞文化交流空間

張正笑說,開書店的念頭一起,就先跟臉書大 神許願想要找合適的地點。果然隔天有朋友行經中和社大附近就瞥見現址出租的訊息。老建築百 廢待興,靠著志工與朋友的幫忙,「燦爛時光」 風光開幕了。

目前「燦爛時光」一樓空間做為書店之用,右 方的牆面是張正母親畫的東南亞雨林,希望讀者 能在一片綠意環抱中閱讀。左方的牆壁是專繪神 像的志工Alex與女兒合力完成的,書店開幕時, 適逢泰國的潑水節,水藍色的牆面襯著噴水的大 象,噴出的水滴一顆顆變成東南亞各國的國旗, 一進門就吸引人的目光。這兒也是定期舉辦「真人圖書館」的場地,邀請各界的達人交流分享東 南亞經驗。

2樓是「燦爛夜光電影專題講座」的播映場 所,未來也將規劃作為小劇場排練及演出的空 間。3樓為語言課程教室,除了鼓勵新住民站上 講台當講師,建立自信,也滿足台灣社會日漸風 行的東南亞語學習需求;目前已開設了越南、印 尼、緬甸、菲律賓、泰語等課程。

帶一本看不懂的書回台灣

書店裡的書一部分是與東南亞相關的中文書 籍,一部分是熱心的帶書者(Carrier)從東南亞 國家帶回的書籍。

2015年年初,為了讓台灣的東南亞移民移工有 書可讀,張正發起了「帶一本自己看不懂的書回 台灣」的活動,希望大家不管旅遊、經商、當志 工或出差之餘,經過東南亞,在能力所及的範圍 內帶一本當地的書籍回台灣,新書或二手都好。 這個活動獲得廣大的迴響,書店不時有帶書來訪 的旅人,書架上陳列的越語版的《哆啦A夢》、 《柯南》、泰文版幾米的《月亮忘記了》,還有 泰文、越語、柬埔寨語的《小王子》,都是熱心 的台灣民眾從東南亞扛回來的,希望能夠滿足東 南亞移工對閱讀的渴望。

此外,書店也不時收到各地寄來的書籍,曾有 一件寄自駐柬埔寨的國際NGO組織的包裹,因從 日前來台灣的夥伴得知募書的消息,特地送來一 箱柬埔寨語的教科書共襄盛舉;台灣與世界的緣 分就這樣藉著書籍巧妙的連繫起來了。

 只借不賣,為二手書抱不平

「燦爛時光」還有特殊的店規,櫃台前貼著 「三不一堅持」:不同於書店,這裡只借不賣。 不同於圖書館,這裡借期無限。不同於租書店, 這裡全額退還押金。

為了讓前後讀者透過書籍交流,感受彼此的溫 度,堅持讀者有權在白淨的書籍上畫線畫記號、 寫眉批寫心得。

「燦爛時光」的書只借不賣,讀者可以原價借 書,借期不限,還書時則全額退還書款。這是張 正想出的書籍流通方式。

之所以這麼做,除了是不希望造成東南亞移 民、移工太大的經濟負擔外,二來是張正為二手 書抱不平的心情。他認為,書不比一般商品會折 舊,一本書被讀過後,其價值不會減損,更可能 因讀者的註記與分享更形珍貴。他鼓勵大家在白 淨的書籍上畫線畫記號、寫眉批、寫心得,藉由 眾人的知識分享形成對話,把網路上的虛擬互動 搬上實體書中上演,讓前後讀者透過書籍交流, 感受彼此的溫度,也希望藉著書籍流通,讓讀者 回訪書店。

 開枝散葉,東南亞閱讀大聯盟

「燦爛時光」這個基地,不時好奇的人就探頭 進來看看,志趣相投的人逐漸在此聚集了,周圍 有了來自四面八方的各種資源。

書店志工Lily說,日前曾有移民署專勤隊的 小哥來書店,想幫收容所的移工找尋越南語的 讀物。小哥轉述收容所內被抓到的移工整日無 所事事且內心焦慮不安。他嘗試拿《四方報》 給移工閱讀,發現移工們原本茫然的眼神有了 生氣。這則故事貼上了臉書後,大家在留言區 熱烈討論,「如果每個移民署專勤隊收容所都 有個東南亞書櫃⋯⋯」這個點子得到南區專勤 隊的附和,期望在不久的將來,移民署收容所 都能設置東南亞書櫃,提供移工享受閱讀的快 樂。

只一個「燦爛時光」的基地不夠,除了持續 以行動書店的形式在各地活動外,更多秘密基 地正在各地開枝散葉,張正組織「東南亞閱讀 大聯盟」,從桃園的「望見書間」、嘉義市的 「島呼冊店」、台中中埔的「頂六紅燒牛肉麵 店」、東勢的「東隆五金行」、豐原的「移動 兒102」、新竹市的「阿然的吳屘小吃店」、 宜蘭南方澳漁工書屋等都已陸續開張,提供移 工或移民們閱讀的享受。不管是牛肉麵店、便 當店、或是五金行,都可以成為閱讀的基地; 書店不一定要有固定的樣子,想像它如超人的 電話亭,只要人一鑽進去就能讓迅速栽入閱讀 的世界。

更酷的是,有些印尼移工受張正開設東南亞 主題書店的啟發,組織了「閱讀文化推廣協會」(GEMAS, Gerakan Masyarakat Sadar Baca Dan Sastra),他們約定在工作期限屆滿後,集眾人之 力,回各自的家鄉開設公益圖書館,讓知識在鄉 村扎根。

Erin是印尼籍的移工,也是GEMAS的會員, 曾在台灣擔任看護工作。今年,她再次因獲選 移工文學獎來台,除了領獎外,風塵僕僕的她 拖了一行李箱的印尼圖書到「燦爛時光」,被 書圍繞的她幸福的笑著分享她帶來的各書籍。 Erin在家鄉籌備的圖書館也開幕了,她說,「因 為學歷資格不符被拒在圖書館外,所以乾脆自 己蓋一間圖書館。」自各方募集到的60箱書, 已上架到家中一整片牆的書櫃上,隨時歡迎朋 友進入閱讀的世界。

 期待社會認養,共享燦爛時光

目前書店來客的比例,東南亞籍的客人還不 到一成。因為多數的家庭看護的勞工少有休 假,且書店的地點不在工業區內,無地緣之 利,所以張正期望未來各地能有更多的駐點加 入東南亞閱讀大聯盟,提供各地的東南亞移工 閱讀的機會。

問起書店的營運,張正樂天的說,開書店不 是為了賺錢,他更期待的是能作為文化仲介的角 色,讓台灣社會與東南亞相互瞭解,多一點瞭 解,就能夠平等的對待他們。採訪當天,張正排 定去拜訪附近的一位長者,因為這位長者想了 解書店的理念,並有意願出資認養。這或許是獨 立書店可以永續經營的方式,類似當前盛行的小 額募資,每個人運用不同的方式關心社會不同面 向的議題,例如帶一本看不懂的書回台灣,或是 認養一間理念與你相同的書店,就像張正常引用 的印尼諺語:「每個人都有義務成為暗夜的火 光。」

書店名叫「燦爛時光」,是源自張正恩師成 露茜過世後,天下雜誌為她撰寫的書名《燦爛時 光》。張正說,「燦爛時光的存在,是希望提供 東南亞移工投入閱讀的懷抱,成為他們的燦爛時 光;對台灣人來說,踏入書店,看看這些不同 的文化,打開國人的眼界,讓台灣人也有燦爛時 光。」

 

相關文章

近期文章

英文 日文

For You, For Me— A Brilliant Time in Books

Cathy Teng /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by David Mayer

Many people who migrated from Myanmar to Taiwan in the early postwar period settled in Nanshijiao, a neighborhood in New Taipei City’s Zhonghe District. In April 2015, a new bookstore opened there in an old three-story walkup on a little lane just off Xingnan Road. The remodeled build- ing oozes an atmosphere of bookish refinement and handmade hominess. The store’s theme, moreover, ties in deeply with the neighborhood’s character. The proprietor is Chang Cheng, who previously launched 4-Way Voice (a series of monthly publications put out in multiple Southeast Asian languages), the television series Singing in Taiwan (in which immi- grant workers are invited to perform in their native tongues), the Bridge to Home project (in which mem- bers of the immigrant community visit their home countries in Southeast Asia), and the Taiwan Litera- ture Award for Migrants.


But, why open a bookstore? Chang Cheng, who has long taken a deep interest in issues relating to migrant labor- ers from Southeast Asia, recalls the sense of security and tranquility that he once enjoyed at bookstores in Vietnam when he went there to study the language. Chang has now returned to Taiwan, and while he doesn’t necessarily have a terribly good mastery of the various languages of Southeast Asia, he nevertheless deals with these languages day in and day out as part of his job. While working to organize the Taiwan Literature Award for Migrants, he met Erin Cipta, an Indonesian woman providing home care service in Tai- wan 365 days a year. The relentless work schedule made the home she worked in a virtual prison. But Cipta said to Chang: “Reading makes me happy, writing makes me free.” The statement got him thinking about how to meet the need of Southeast-Asian migrant laborers for reading material.

Chang decided to launch a bookmobile service. Later, however, friends running a regular bookstore persuaded him to open his own bookstore. He named his establish- ment Brilliant Time: Southeast-Asia-themed Bookstore.

More than a bookstore

When the idea for opening a bookstore first occurred to him, says Chang with a chuckle, he turned to “Mr. Face- book” to post a request for help. Sure enough, the very next day a friend told him about a building for rent in Zhonghe. The building was a definite fixer-upper, but with help from volunteers and friends, Chang got Brilliant Time up and running.

The first floor houses the actual bookstore. The wall on the right as you enter features a painting of a Southeast- Asian rainforest done by Chang’s mother, so that visitors can read in a pleasant atmosphere. The wall on the left, mean- while, is covered by a mural executed by a father–daughter team. The day of the store’s opening coincided with Thai- land’s water festival, so a blue wall features an image of an elephant snorting out water droplets that expand to form the flags of all the Southeast-Asian nations. This bookstore is also one of various venues for Taiwan’s Living Library activities, where noted people from all walks of life come to give talks.

The second floor is home to a movie theater, and there are plans to use this space in the future as a performing arts venue. The third floor is set aside for classrooms, where language courses are taught; besides encouraging recent immigrants to teach their native tongues, such courses meet the gradually growing demand in Taiwan for instruc- tion in Southeast-Asian languages. Courses are currently being offered in Vietnamese, Indonesian, Burmese, Taga- log, and Thai.

Book drive

Some of the books at Brilliant Time are Chinese-lan- guage publications with a focus on Southeast Asia. Some have been brought back to Taiwan by “carriers” who vol- unteer for the job.

In early 2015, Chang launched the “take a book you can’t read back to Taiwan” book drive in order to stock his bookstore with reading material for immigrants and migrant laborers from Southeast Asia. Anyone at all—tour- ists, businesspeople, etc.—is welcome to bring back what- ever they can, be it new books or used. The book drive has elicited an enthusiastic response, as people keep coming by the bookstore to drop off books. Included on the shelves, for example, are Vietnamese versions of the Japanese com- ics Doraemon and Detective Conan, a Thai version of When the Moon Forgot by Taiwan’s Jimmy Liao, and The Little Prince in Thai, Vietnamese, and Khmer. All of these were brought back to Taiwan by supportive volunteers hoping to get more reading materials to migrant workers here.

In addition, a lot of people have books delivered to

the bookstore. For example, one international NGO sent a packet of books from Cambodia after learning from a visi- tor from Taiwan about the book drive.

For lending only

A sign at the counter of Brilliant Time books explains the store’s policy of only lending its books, rather than selling as most bookstores do. Unlike a library, there’s no return dead- line, and unlike book rental stores, customers get their entire deposit back when they return books. And, so that readers can trade thoughts and feel each other’s presence, Brilliant Time allows borrowers to make notes in the margins.

It was Chang who thought up the policy of lending out books at the original purchase price, foregoing any return deadline, and refunding the customer’s entire deposit upon return of a book.

Besides wanting to provide immigrants and migrant workers with low-cost access to books, Chang is also inter- ested in seeing that second-hand books are well used. He feels that books do not lose value the way other products do; the fact that a book has been read doesn’t reduce its value, and in fact the margin notes made by a reader may actually make it more valuable. He encourages everyone to make notes so that readers can share their insights, not unlike the way people interact on the Internet. And then, the system brings those same readers back into the bookstore for a visit.

Expanding the network

Curious passersby step into Brilliant Time for a look around, and likeminded people strike up conversa- tions. All sorts of wonderful resources make their way to the store from the nearby area.

An officer from the National Immigration Agency re- cently came to the bookstore to find reading materials for migrant workers held at NIA detention centers. The of- ficer said that a detainee at a center had nothing to keep himself occupied, and was in a very anxious state of mind. He decided to take the detainee a copy of 4-Way Voice and found that the person’s spirits were lifted considerably. A volunteer at Brilliant Time posted about this experience on Facebook, sparking lots of discussion. Someone suggested it would be a good thing “if they had Southeast-Asian read- ing materials at all of the NIA detention centers.” This idea found support within the NIA’s Southern Taiwan Affairs Corps. Hopefully books in Southeast-Asian languages will soon be available at all NIA detention centers.

In addition to the Brilliant Time bookstore and the bookmobile service, Chang has also set up a “Southeast- Asian reading materials alliance” with smaller operations all around Taiwan in Taoyuan, Chiayi, Taichung, Dong- shi, Fengyuan, Hsinchu, and Yilan. Some of these alliance members operate out of locations such as a noodle shop, a lunchbox restaurant, or a hardware store. Quite clearly, a bookstore need not necessarily look like a typical bookstore.

Some migrant workers from Indonesia, inspired by Chang’s establishment of Brilliant Time, organized Gerakan Masyarakat Sadar Baca dan Sastra (GEMAS, the “Indo- nesian reading culture promotion society”). The founders agreed that after their employment contracts in Taiwan came to term, each would return home to set up a commu- nity library and contribute to the spread of knowledge.

Erin Cipta, who had previously returned to her native Indonesia after completing a two-year contract in Taiwan, came back this year to receive the Taiwan Literature Award for Migrants. She took advantage of her trip to deliver a suitcase full of Indonesian reading materials to Brilliant Time. At the shop, the smiling Cipta enthusiastically told staff there all about the books she had brought, and re- ported that the community library she was working to establish in Indonesia had already opened to the public.

Says Cipta: “They wouldn’t hire me at the local public library because I lacked the required academic qualifica- tions, so I decided to open a library of my own.” She raised donations of 60 boxes of books, and all of these now sit on shelves at her home. Friends are welcome to come and pe- ruse the reading material.

Looking for some helping hands

So far, fewer than a tenth of all visitors to Brilliant Books are people from Southeast Asia because most caregivers enjoy little time off work, and the bookstore is located far from any industrial zone and thus far from where many migrant workers are employed. Chang therefore hopes to get more localities covered by his Southeast-Asian reading materials alliance, so that more migrant workers can get access to reading materials in their own languages.

Asked about how business is going at his bookstore, Chang insouciantly says the store wasn’t opened with the idea of making money, and that what he’s really interested in is acting as a cultural intermediary to increase under- standing between the peoples of Taiwan and Southeast Asia. With better mutual understanding, he says, South- east Asians would receive more equitable treatment. On the day of our interview, Chang was also planning to visit an elderly neighbor who was wanting to understand the bookstore’s guiding philosophy, and was willing to “adopt” the store as a financial sponsor. This may be one way to ensure an independent bookstore’s sustainable operations, similar to the crowdfunding approach that has caught on in recent years. Each person can show social concern in whatever way they may choose, such as taking part in a book drive, or adopting a bookstore that shares their views. Chang quotes an old Indonesian proverb: “We all have a duty to serve as a flame in the dark night.”

The bookstore’s Chinese name, Canlan Shiguang, is borrowed directly from the title of a book (English title Linking Our Lives) published by the CommonWealth Mag- azine Group in memory of Chang’s mentor Lucie Cheng, who died in 2010. Says Chang: “Brilliant Time books exists for the purpose of getting Southeast-Asian migrant work- ers involved in reading, so that they can have their own ‘brilliant time.’ I want to see the people of Taiwan step into the store, take a look at all these different cultures, and open their eyes. I want for the people of Taiwan, too, to have a brilliant time.”

東南アジアの本を扱う ――書店「燦爛時光」

文・鄧慧純 写真・荘坤儒

新北市中和区南勢角には、早くからミャンマーの人々が集まって暮らしてきた地域がある。そんな地域の一つである興南路、その路地内の古い3階建の建物に、2015年4月、新たな店が開店した。文学の香り濃厚な、手作り風の内装を持つ同店のテーマは、この地域と深く関わりがある。月刊紙『四方報』(東南アジアの数ヶ国語で書かれた新聞)、テレビ番組『唱四方』(東南アジアの歌の番組)、『外婆橋計画』(国際結婚で台湾に住む母親とその子を、母親の祖国に短期滞在させるプロジェクト)、移住労働者文学賞などの活動を次々と立ち上げてきた張正が、今度は東南アジアをテーマとした書店「燦爛時光」を開いたのだ。


なぜ書店なのか。長年、東南アジアからの移住者や労働者の問題に関わってきた張正は、自分がベトナムで言語を学んでいた間、よく書店に通ったが、そのときの静けさや安心感が忘れられないという。帰国後、外国人労働者の問題に携わるようになり、東南アジア各国の言葉がわかるわけではないものの、活動の中でそれらの言葉に囲まれてきた。それに、移住労働者文学賞を催した縁で、インドネシアからやってきたエリン・チプタと知り合った。介護の仕事をしていた彼女は1年中休みもなく働き詰めで、まるで監禁されているような状況だった。だがそれでも彼女は「読書は私を自由にしてくれ、書くことは私を自由にしてくれます」と言った。これがきっかけで張正は、東南アジアからやってきた人々の読書への渇望を満たしてあげたい<P>と思うようになった。

当初は、モバイル書店のコンセプトでスタートしたが、書店を持つ友達に勧められ、張正も自分の「根拠地」を持つことにした。それが、東南アジアをテーマにした書店「燦爛時光」だった。

文化交流スペースとして

張正は笑いながらこう語る。書店設置を思いついてまずやったのは、店を開く適当な場所がないか、「フェイスブック大明神」にお伺いを立てることだった。果たして翌日には、「中和コミュニティカレッジの近くで『貸し出し』の張り紙を見かけた」と友人が連絡をくれた。古い建物で、かなり手間がかかったが、ボランティアや友人の手助けで、「燦爛時光」は華々しく開幕した。

現在「燦爛時光」は1階が書店だ。緑に囲まれたムードの中で客が本を読めればと、右側の壁には、張正の母親の手になる東南アジアの森の絵が大きく描かれている。そして左側の壁の絵は、宗教画を専門とするボランティアのアレックスが娘とともに完成させたものだ。書店開幕時がちょうどタイの水かけ祭りの時期だったので、水色の壁面に象が鼻から水を吹いている様子が描かれた。おまけに鼻から出る水は、東南アジア各国の国旗で彩られている。書店に足を踏み入れると、これらの絵にすぐ目を奪われる。ここではまた、定期的に各界の専門家を招いて東南アジアでの経験を語ってもらい、交流する催しが行われている。

2階は、「映画の会」の上映場所で、将来的には小劇場の公演やリハーサルの場にも用いる計画がある。3階は語学教室だ。東南アジアからの移住者が講師として壇上に立つことで、台湾で生きる自信につながることが期待されるし、また、台湾で徐々に高まりつつある東南アジア語の学習ニーズに応えるためでもある。現在、ベトナム、インドネシア、ミャンマー、フィリピン、タイ語のクラスが開かれている。

自分には読めない本を持って帰る

書店に並ぶ書籍は、東南アジア関連の中国語書籍のほかに、人々が東南アジアから持って帰ってきてくれた書籍もある。

2015年初頭、外国人労働者が読める本を増やそうと、張正は「自分には読めない本を台湾に持ち帰る」プロジェクトを呼びかけた。旅行や仕事、ボランティアなどで海外に出て東南アジアに寄ることがあれば、新書でも古書でも、自分のできる範囲で、現地の書籍を1冊台湾に持って帰ってこようというものだ。これは広く反響を呼び、書店には本を携えて訪れる旅人がたびたびやってくるようになった。書棚には、ベトナム語版『ドラえもん』や『名探偵コナン』、タイ語版の幾米『月亮忘記了』、それにタイ語、ベトナム語、カンボジア語の『星の王子様』もあり、いずれも心ある人々が東南アジアから持ち帰ったものだ。

また、各地から送られてくる書籍もある。ある時、カンボジアの国際NGOから小包が送られてきたこともあった。台湾を訪れた仲間から書籍募集の話を知り、カンボジア語の教科書を届けてくれたのである。こうして書籍が縁となり、台湾と世界とのつながりが生まれている。

古書への不当な扱いに抗う

「燦爛時光」には独自のルールがあり、レジの前に「三つの『違い』」として説明が書かれている。つまり、書店と違い、本は売らずに貸すだけ。次に図書館と違い、貸し出しに期限は設けない。最後に貸本屋と違い、デポジットは全額返却する、というものだ。

また、本を読んだ人が書籍を通じて互いを感じられるよう、借りた本に線を引いたり、余白に感想や批評を書き入れたりするのもいい。

本を借りる際に本の原価をまずデポジットとして払い、返却時に全額が戻って来る。しかも返却期限はない。張正が考えた書籍流通方法だ。

それは、借り手の経済的負担を減らすためでもあるが、古書の不当な扱われ方に抗う意味もある。つまり、一般の商品は新品でないと値段が安くなるとしても、書籍は誰かに読まれた後でもその価値は変わらず、むしろ読み手同士が感想を分かち合うことで価値が増す、と張正は考えるのだ。だから彼は、本の余白に感想や批評を書き加えることで、読み手同士の対話になれば、と望む。ネットでの対話に似たことが書籍の上でも繰り広げられ、読み手が互いの体温を感じて交流する。そうした交流があるので読者はまた書店を訪れる。それが張正の願う光景だ。

東南アジア読書大連盟

「燦爛時光」には、何だろうと店をのぞく人が多く、考えを同じくする人も次第に集まってくるようになり、各方面からさまざまな支援の手が寄せられている。

書店のボランティアとして働くリリーによれば、ある日、移民署職員がやってきて、不法就労者収容所に拘留されている人々のために、ベトナム語の読み物を探していると言った。その職員はこうも語った。被収容者は日がなすることもなく、不安な日々を送っている。ある日彼らに、東南アジア数ヶ国語で書かれた『四方報』を与えたところ、彼らの目に輝きが戻った、と。リリーがこの話をフェイスブックに書くと、多くのコメントが寄せられた。「もしすべての収容所に東南アジアの書籍があれば」という考えは、南部の移民署の共感も得た。そう遠くない将来には、各収容所に東南アジアの書籍が置かれ、被収容者が読書を楽しめるようになりそうだ。

根拠地が「燦爛時光」だけでは足りないので、張正はモバイル書店の形式で活動を続けるほか、ほかにも根拠地を拡大し、「東南アジア読書大連盟」を組織する。桃園の「望見書間」、嘉義市の「島呼冊店」、台中中埔の「頂六紅焼牛肉麺店」、東勢の「東隆五金行」、豊原の「移動児102」、新竹市の「阿然的呉屘小吃店」、宜蘭南方澳の漁工書屋などが続々と加わり、外国人労働者や移住者に読書の機会を提供している。牛肉麺店や弁当店、金物屋なども混じっているが、書店の構えがなくてもかまわない。スーパーマンが変身の場に使う電話ボックスのように、足を踏み込めば、にわかに読書の世界に没頭できるような、そんな場であればいいのだ。

さらに喜ばしいのは、インドネシアからの労働者たちが張正の活動の影響を受け、「読書文化促進協会(GEMAS, Gerakan Masyarakat Sadar Baca Dan Sastra)」を立ち上げたことだ。労働契約期間が終わって帰国した後、それぞれの故郷で公益図書館を開設し、読書文化を村々に根付かせようというものだ。

インドネシアから来て台湾で介護の仕事をしていたエリンは、GEMASのメンバーだ。今年は移住労働者文学賞の受賞で台湾を再び訪れた。長旅に携えてきたのは、スーツケースいっぱいのインドネシアの本で、「燦爛時光」でそれらの本を広げ、彼女は幸福な笑みを浮かべていた。エリンが故郷で開設準備した図書館もすでにオープンした。「学歴が足りないと図書館には雇ってもらえなかったので、自分で図書館を作ることにしたのです」各方面から書籍60箱を集め、家の壁いっぱいの書棚に並べた。いつでも誰でも読書に来てくださいと歓迎している。

社会の支援を

現在、書店に来る客のうち、東南アジアの人々は1割に満たない。介護に携わる人の多くは休みがないし、書店は工場密集地からも遠い。東南アジア読書大連盟に加わる店がもっと増えれば、労働者が気軽に読書に親しめる、と張正は考える。

書店経営について尋ねると、張正は楽観的にこう答えた。お金を稼ぐためにやっているのではなく、台湾と東南アジア相互の理解を深める文化仲介役が果たせればと考えている。理解が深まれば接し方も平等になる。インタビュー当日、張正は近所に住む一人の年配者を訪ねる予定があった。その人物は、書店に出資したいので、書店の理念を理解したいと言ってきたのだ。もしかしたら、これが個人書店にとっての経営持続の道かもしれない。昨今流行りの少額出資のように、各自が異なる方法で社会のさまざまな問題に心をくだく。自分には読めない本を海外から持って帰るのも、理念を同じくする書店に出資するのも、そうした方法の一つだ。それは、張正がよく引用するインドネシアのことわざ「闇夜を照らす火となる義務が一人一人にある」のようなものだ。

書店の名は、張正の恩師である成露茜が亡くなった際、天下雑誌社から出版された成露茜に関する書籍『燦爛時光』から来ている。張正はこう言う。「燦爛時光の存在が、東南アジアからの労働者に読書の機会を提供し、彼らにとっての燦爛と輝く時間となってほしい。また台湾人にとっても、書店に足を踏み入れ、異なる文化に接することは、光り輝く経験となるでしょう」

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!