食鮮快遞

來自產地的地方食通信
:::

2019 / 5月

文‧蘇俐穎 圖‧林旻萱


發源於日本,可看、可吃的食鮮限時批,除了將產地的一線情報快遞到消費者手中,更刺激了城鄉之間的聯繫,引發了一場跨越國界的食農革新運動。

 


 

台北某幢挑高的民宅,楊璨如、魏曉恩、鄭雅珺、月足吉伸,還有正在線上的李宜倩,這一群國籍、職業、年齡各自座落在不同象限的人,遠道而來齊聚一堂,他們黏合在一起的理由,便是來自於日本的「食通信」。

一份食材情報誌,同時附上一份當令食材,除了圖文並茂的產地情報與優質農友介紹,更將產地食鮮一同送到讀者手中,打造出一場擁有多重感官體驗的閱讀饗宴。

這樣的概念猶如寧靜的社會革命,從最源頭、由日本人高橋博之所創辦的《東北食通信》開始延燒,至今在日本國內已有35本姊妹誌響應創辦,台灣則有《東台灣食通信》、《雲林食通信》、《旅人食通信》、《中台灣食通信》等4部創刊。

會形成這樣廣泛、甚至是跨越國界的迴響,也許是高橋博之所不曾料想到的。曾經是縣議員的他,在日本三一一大地震之後投入災後重建,為了振興在地農業,創辦了結合刊物出版與食材宅配的《東北食通信》,然而,城鄉發展失衡、生產者與消費者斷鏈、地方財政困難等種種問題,多數已開發國家面臨的問題不無相似,也讓這項創舉意外流行到了海外。

關懷食農,人人都可投入

在台灣,率先接駁起交流橋梁的是在工程顧問公司上班的楊璨如,工作與食農全然搭不上邊的她,單純被高橋博之的著作《食鮮限時批》所感動,「一本書一個禮拜就讀了好幾次。」她這樣說。

她自告奮勇地募資,邀請高橋博之與日本食通信聯盟的夥伴赴台交流,這一簇火種就由此傳遞到了台灣。經過書籍出版後一段時間的發酵,被高橋博之的精神所感召的人紛紛出列,他們展開行動,擔任起編輯長之職,楊璨如則是中介,同時邀請到中華MOA協進會執行長月足吉伸擔任台日之間的窗口,以食通信台灣事務局的名義與日方對接,短短兩年之間,台灣版的食通信遍地開花。

即便獨立刊物在出版品百花齊放的時代,競爭激烈,但食通信仍具有獨樹一格的魅力,這主要是因為,「可以把不同領域,但對食農有興趣的人包在一起。」楊璨如解釋:「這本刊物最大的魅力,就是打破同溫層。」與其說是刊物,倒不如說是開放式的平台,開啟了對於農業的想像與對話,哪裡有好農好食材?想了解農村相關議題?甚至有意想返鄉移住青年,都可以藉此找到解答。

細工慢活的農業近身報導

除了由事務局代表與日本食通信聯盟簽訂共同協定,確保精神理念均一致,不濫用品牌之名,並同意共同推廣、共享資源。落實在具體的企劃、開本、風格上,日方並沒有設下太多的限制。

就如日本的卅幾本食通信一般,面貌大異其趣,4部台灣版食通信亦如是。編輯長的背景、性格與關注的議題,展露無遺,加上地域的特性與資源上的不同,各具特色。

踏入宜蘭最南端的南澳,在這個為山環抱,時常被遊客視為過境的偏鄉,業務範圍涵蓋整個宜花東地區的《東台灣食通信》,就選擇以此作為基地。

刊物的靈魂人物、主編長蔣沛妍,曾經在台北從事過企劃、編輯工作,做事謹慎,步調完全快不起來的她,踟躕了半年才決定從台北遷居到南澳,在創刊之前,又再花1~2年的時間舉辦行腳會議,親自拜訪農友、聆聽鄉親的建議。

「東部沒有中央山脈的屏障,加上東北季風吹拂,天候惡劣,農夫在這裡靠自己的力量跟智慧與自然搏鬥,應該有自己的尊嚴與榮耀,而不是被同情的角色,」蔣沛妍侃侃而談自己的理念,「因此我們想做的,是去了解農夫心理上深層的動力,以及生產者的哲學。」要做到這件事,唯一的辦法就是親自「撩下去」。

藉由農友的口碑推薦,尋找到不曾被媒體採訪的「素人」農友,「他們時常連坐下來談的時間都沒有。」蔣沛妍回憶著。他們索性跟著一同下田種作、飼養牲畜,再利用零碎的時間訪談。由於作物的生長有時,為了取得完整的素材,編輯作業時間動輒數個月以上,慢工細活的操作方式,與一般追求效率的商業雜誌截然不同,更像是樸實的手工藝,而非量化生產的工廠製品。

「我們沒有選擇一條比較好走的路,卻也因此挖掘到很多不同的素材。」雖然辛苦,但蔣沛妍仍覺得非常值得。

年輕人眼中的產地魅力

食通信的感染力也號召了年輕學子參與,楊璨如說:「日本也有高中生辦的食通信。」目前還在念研究所的魏曉恩,即是台灣最年輕的主編長,大學就讀新聞系的她,曾因著參加水保局「大專生洄游農村計畫」,到了彰化埔鹽的永樂社區駐村,協助行銷當地的農產品,因此與農村結下不解之緣。

然而當計畫結束回到台北,彷彿又與農村失去聯繫的她,心裡不無遺憾。因此,當第一次接觸到食通信的概念時,「真的覺得太好了!」她雀躍地形容著。可以將新聞系所學得的專業學以致用;可以不囿限於產地在當前居住的台北執行;甚至還能吸引年輕人走入農村,一如她當年。

原本以為畢業以後理所當然會進入媒體成為一名記者的她,卻有了微幅的轉彎,當2017年2月高橋博之首次來台;4月,魏曉恩與兩位夥伴便如火如荼地投入採訪;6月,台灣第一部《旅人食通信》便發刊了。

這組年輕的團隊擅以活潑的風格形塑出刊物的辨識度,翻閱最新一期,雙封面的設計,一面是象徵消費端的冰箱,另一面則是象徵生產端的水果紙箱,邀請讀者揭開一趟從產地到餐桌的風土旅程;他們也將不同品種的鳳梨擬人化,進行穿搭街拍,桀驁不馴的土鳳梨、時尚辣妹的金鑽鳳梨、溫潤可人的牛奶鳳梨等,年輕人視角的企劃令人在閱讀之際常能發出會心一笑。

魏曉恩說:「旅行的時候,我們都會放大感官,看起來習以為常的事情都會因此感到有趣,我希望能用這樣的視角來看待產地。」每一期的刊物,習以為常的生鮮食材、鄉村風景,都重新被賦予新意,像一趟令人引頸期盼的產地踏查。

創造城鄉「關係人口」

在地方創生的大方向底下,近年日本國土交通省將「關係人口」列為重要策略,在民間,高橋博之、樂活雜誌《ソトコト》(Sotokoto)編輯長指出一正等人也積極倡議。

所謂的「關係人口」,根據明治大學教授小田切德美的解釋,指的即是「與在地有關係的人口」。當偏鄉人口大幅流失,若僅憑著鼓勵生育或青年移住,由於實際行動上的困難度,效果相當有限。

因此,好比給予地方經濟支援,甚至會固定探訪、短期定居的「關係人口」,在近年開始受重視。這些人雖然不能計入在地人口,但卻與地方有著或深或淺的關聯,他們是活化地方的動能來源,甚至經過長期的潛移默化,有極大可能會成為將來的移居人口。

在關係人口的策略下,食通信將是推動創造關係人口的方法之一。尤其,食通信尤其珍貴的,是能打破雜誌的限制,從刊物出發,藉著編務、食材體驗、文化體驗活動,猶如楊璨如說的:「去找到有趣的連結。」令一片死寂的農村,因著與消費者的多元聯繫,能藉此轉動起來。

從消費者到行動者,刊物的編輯長自身就是絕佳案例。隻身移居南澳的蔣沛妍,藉著刊物連結東岸各地的生產者,甚至團結起移居南澳的青年一同參與編輯,也由於東岸的特殊性,他們也積極舉行文化體驗活動,邀請讀者親炙來自大山大海的生命力。

又好比目前仍在台北求學的魏曉恩,除了自己因著食通信的緣故得以與農村再續前緣,甚至進一步進入生物產業傳播暨發展研究所(即是以前的農推所)就讀,「開始學習用比較嚴肅的角度來看待農業。」她有所體悟。另一方面,她提出「參與式編輯」的概念,將編務開放,「這不是我一個人的雜誌,只是我比較早接觸到食通信的概念。」秉持著這樣的想法,她廣邀在學青年共同參與,藉由帶領著編輯團隊下鄉採訪,使得生活空間與農村甚遠的年輕學子,能有機會踏入偏鄉農村。

由此看來,食通信的意義除了是一份來自產地的食鮮快遞,更是擔起激發城鄉交流使命的平台,除了創造出城鄉之間有意義的連結,也試圖為凋敝的農村尋覓生存下去的可能,一如高橋博之所盼望的:「讓彼此持續地連結與交流,並為此使命而展開行動,彼此守護。」 

相關文章

近期文章

EN 日本語

Fresh Food by Rapid Delivery

Taiwan's Local Taberu Magazines

Lynn Su /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Phil Newell

The Japanese book Fresh Food by Rapid Delivery not only has brought first-hand information from food-producing regions into the hands of consumers, it has also stimulated contact between urban and rural areas, sparking a food and agriculture reform movement that has crossed national boundaries.

 


 

In a certain residential building in Taipei, a group of people of different nationalities, ages and professions are gathered together. They are Yang Cheng­-ju, ­Blythe Wei, ­Zheng Ya­jun, and Yo­shi­nobu Tsu­ki­ashi; Li Yi­qian joins them online. The reason behind their meeting is the Ta­beru magazines, which originated in Japan.

These food-focused magazines, which are delivered to subscribers together with a sample of seasonal produce, not only convey information about agricultural production areas and outstanding farmers in words and images, they also bring farm-fresh foods into readers’ homes, creating a reading banquet that includes mul­tiple sensory experiences.

The realization of the concepts described in the book Fresh Food by Rapid Delivery has been like a quiet social revolution. It all started with To­hoku Ta­beru Magazine, founded by Japanese social entrepreneur Hi­ro­yuki Ta­ka­ha­shi. (To­hoku is the northeastern region of Hon­shu, Japan’s largest island, and ta­beru means “to eat” in Japanese.) Today in Japan there are 35 sister maga­zines, while in Taiwan four similar publications have been founded: Ta­beru in Eastern Taiwan, Yun­lin Ta­beru in Taiwan, Travel Ta­beru in Taiwan, and Central Taiwan Food Journal.

Perhaps Hi­ro­yuki Ta­ka­ha­shi never expected his magazine to get such a broad, even transnational, ­response. Formerly a prefectural assemblyman, Ta­ka­ha­shi devoted himself to reconstruction work in the wake of the To­hoku earthquake and tsunami of March 2011. In order to give a boost to local agriculture, he created To­hoku Ta­beru Magazine, which combined a publication with home delivery of foods. However, given the similarities in the problems faced by most developed countries in terms of imbalanced development between city and country, a disconnection between producers and consumers, and cash-strapped local governments, this pioneering work has already spread abroad.

Concern for food and agriculture

The person leading the way in transferring Ta­ka­ha­shi’s work to Taiwan has been Yang Cheng­-ju, who works at an engineering consulting firm. Despite her work having nothing to do with food or agriculture, she was inspired by Ta­ka­ha­shi’s book Fresh Food by Rapid Delivery. “I read this book several times in one week,” she says.

Yang took it upon herself to raise money to invite Ta­ka­ha­shi and partners from the Japan Ta­beru Magazines Alliance to Taiwan to share their knowledge, and thus the spark was carried to Taiwan. A while after the Chinese edition of the book was published, people who felt inspired by Ta­ka­ha­shi’s message came out in large numbers. They launched activities and served as editors, while Yang acted as matchmaker. They also invited Yo­shi­nobu Tsu­ki­ya­shi, director of the Mo­ki­chi ­Okada Association Taiwan (MOA Taiwan), to serve as a liaison between Taiwan and Japan, staying in touch with Japan through an organization dubbed the “Ta­beru Magazines Taiwan Affairs Office.” Within two short years, Taiwan editions of Ta­beru have flourished everywhere.

Though these independent publications are emer­ging in an era of intense competition in the magazine publishing world, there is something uniquely attractive about Taberu magazines. This is mainly because they “bring together people who might come from different fields, but are all interested in food and farming.” As Yang explains, “The greatest appeal of this magazine is that it breaks through the ‘echo chamber’ phenom­enon.” Rather than call it a magazine, it would perhaps be better to describe it as an open platform for ideas and dialogue about agriculture: Where are the best farmers and where does the best food come from? Do you want to understand issues of importance to rural communities? Even young people who are thinking of moving (or moving back) to live in rural areas can find answers to their questions here.

Relational demography

Within the broad policy orientation of regional revitalization, in recent years Japan’s Ministry of Land, Infrastructure, Transport, and Tourism has pursued “relational demography” as one of its main strategies. In the non-governmental sector, people like Hi­ro­yuki Ta­ka­ha­shi and Ka­zu­masa Sa­shide, the chief editor of the back-to-nature magazine So­to­koto, have also been strongly advocating this approach.

As explained by ­Meiji University professor To­kumi Oda­giri, “relational demography” is the study of the population that has a relationship with a particular place. At a time of considerable outflow of population from more remote rural areas, the effectiveness of policies such as encouraging women to have more children or recruiting young people to relocate to a particular rural area is quite limited, due to difficulties in practical implementation.

Therefore, in recent years attention has begun to turn to the “relational population,” comprising people who give a location economic support, or who visit regularly or even live there for short periods. Although these ­people cannot be counted as part of the local population, they still have a relationship, however deep or shallow, with the location. They are a source of energy for local revitalization, and there is a strong possibility that as a result of their long-term association with a place, they may become future migrants who settle in the locality.

Within the strategy of relational demography, the Ta­beru magazines are one method of promoting the creation of a relational population. One great strength of the Ta­beru publications is that they can transcend the limitations of a conventional magazine. Since their launch, through their journalism and through food tasting and cultural experience activities, they have been able, as Yang Cheng­-ju puts it, to “find interesting linkages.” These diverse links with consumers can help transform fading rural communities.

The best examples of people moving from “consumer” to “activist” are the editors of the magazines themselves. ­Chiang Pei-yan, founder of Ta­beru in Eastern Taiwan, who relocated to Nan’ao by herself, has been able to use the publication to link with producers from all over Eastern Taiwan, and even bring together young people who have moved to Nan’ao to play a part in producing the magazine. Also, in view of the unique character of the eastern counties, these young people are very active in organizing cultural experience activities, inviting readers to immerse themselves in the vitality that springs from the mountains and seacoast of this region.

Another example is Blythe Wei, who is currently studying in Tai­pei. Not only has she been able, through Travel Ta­beru in Taiwan, to rebuild her former connection with rural communities, she has even enrolled in graduate school in the Department of Bio-Industry Com­munica­tion and Development (formerly the Depart­ment of Agricultural Extension) at National Taiwan University. “After I started studying I began looking at agri­culture from a more serious angle,” she recounts. She has also proposed the idea of “participative journalism,” opening up editorial work to others. “This is not my personal magazine, it’s just that I came in contact with the concept of Ta­beru magazines relatively early on.” Holding fast to this idea, she has invited young people who are still in school to join her editorial team, and by leading them on reporting trips to the countryside, has enabled young students whose lifestyles are far removed from those of rural areas to have the opportunity to visit remote farming communities.

This shows that the significance of the Ta­beru maga­zines has not only been to deliver fresh foods directly from farming areas, but also to serve as platforms for promoting interactions between country and city. Besides creating meaningful links between urban and rural areas, they are also searching for opportunities for survival for rural communities that are lagging behind. Or, in the aspirational words of Hi­ro­yuki Ta­ka­ha­shi, “They will enable continual contact and interaction between city and country, and spark action to achieve this mission, as the two sides protect each other.”

産地と消費者をつなぐ台湾版「食べる通信」

産地から届く新鮮な食材と情報

文・蘇俐穎 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

食材とその生産者や地域に関する情報を一緒に消費者に届ける、日本で始まったシステム。それは都市と地方のつながりをもたらし、国境を越えた運動として広まりつつある。


台北市内、吹き抜けの空間がある住宅に、楊璨如、魏暁恩、鄭雅璨珺、月足吉伸が集まり、オンラインで李宜倩ともつながっていた。国籍も職業も年齢もばらばらの彼らが集まったきっかけは、日本の「食べる通信」である。

「食べる通信」は食べ物つきの情報誌である。たくさんの写真とともに産地の情報や優れた農家を紹介し、その地域の食材と一緒に消費者に届けることで、新たな体験が生み出すものだ。

日本の高橋博之氏が始めた「東北食べる通信」は、静かな社会革命のようにしだいに日本各地へと広がり、今では35の姉妹誌が出ている。台湾でも「東台湾食通信」「雲林食通信」「旅人食通信」「中台湾食通信」の4冊が創刊された。

これだけ広く、国境をも越えて大きな波になるとは、高橋博之も想像していなかった。かつて県会議員を務めたことのある高橋博之は、日本の東日本大震災の後に復興に取り組み始め、地域の農業振興のために情報誌と食材をセットにして宅配する「東北食べる通信」をスタートさせた。それが思いがけず海外まで広がることになったのは、都市部と地方、生産者と消費者の分断、地方の財政難といった共通の課題を、多くの国がかかえているからである。

食と農業に関心を寄せる

台湾で最初に高橋博之との交流の懸け橋となったのは、技術コンサルティング会社に努めていた楊璨如だ。食や農業とはまったく関係のない仕事をしていた彼女だが、高橋博之の著書『だから、ぼくは農家をスターにする 「食べる通信」の挑戦(中国語タイトル:食鮮限時批)』をんで感動したことがきっかけだった。「一週間に何回もみ返しました」と言う。

彼女は自ら奔走して資金を募り、高橋博之と日本の「食べる通信リーグ」のメンバーを台湾に招いて交流し、ここから台湾でも動きが始まった。上記の書籍が台湾で出版されてしばらくたつと、高橋博之に感化された人々が次々と名乗りを上げて行動し始めたのである。編集長になった楊璨如は中華MOA協進会の月足吉伸に台湾と日本の窓口を依頼し、「食べる通信」台湾事務所として日本側と連携しつつ、わずか2年の間で台湾版「食通信」が各地で発行されるようになった。

出版物の競争は激しいが、「食通信」には独特の魅力がある。それは「食と農業に興味があるという共通点だけで、さまざまな分野の人をつなげられることです」と楊璨如は言う。出版物と言うよりよりもオープンなプラットフォームのような存在で、農業のイメージを広げ、対話をもたらすものだ。良い農家が作る良い食材はどこにあるのか、農村に関わる課題は何か、といった話題から、Uターンを考える若者にも多くのヒントをもたらしている。

農業に密着した繊細な報道

事務局は日本の「食べる通信リーグ」と協定を交わし、精神や理念の一致と、ブランド名を濫用しないことを確認し、ともに推進し、リソースを共有することに同意した。具体的な企画やスタイルの面では日本側は大きな制限は設けていない。

日本の30以上の地域で発行されている「食べる通信」はそれぞれスタイルが異なり、台湾の4通信もさまざまだ。各誌の編集長のバックグラウンドや性格、関心を持つテーマなどがそのまま反映され、地域ごとの特色も出ている。

宜蘭県最南端の南澳、海に面し山に囲まれたこの町は、多くの旅行者にとって通過点に過ぎないが、宜蘭‧花蓮‧台東を担当する『東台湾食通信』の拠点はここにある。

編集長の蒋沛妍は以前、台北で企画編集の仕事をしていたが、半年間迷った末に南澳に居を移し、創刊までに1年以上かけて各地で会議を重ね、農家や地域住民を訪ね歩いた。 

台湾東部には強い季節風が吹き付け、天候も悪く、農家は自分の力と知恵で大自然と闘わなければならず、それぞれにプライドと誇りを持っていると蒋沛妍は語る。そこで彼女たちは「農家の心の底にある原動力と生産者としての哲学」を理解したいと考えている。

農家同士の評判を頼りに、メディアに取り上げられたことのない無名の農家を見出す。「彼らは座って話す時間さえないほど忙しいのです」と蒋沛妍は言う。そこで一緒に農作業を手伝いながら合間に話を聞く。作物の生長は急げないため、完全な素材を得るために編集作業は数か月かかることもある。こうした丁寧な仕事は、効率を求める一般の雑誌の仕事とは大きく異なる。「楽な道ではありませんが、だからこそ多くの素材を発掘できます」と蒋沛妍は言う。

若者にとっての産地の魅力

「食通信」は若い世代も惹きつけており、楊璨如によると、日本では高校生が作る「食べる通信」もある。現在、大学院に通う魏暁恩は、台湾で最も若い編集長だ。大学では新聞学科で学んだ彼女だが、一度、砂防局による「大学‧短大生回遊農村計画」に参加して彰化県埔塩の永楽地域に滞在し、地域の農産物のマーケティングに協力したことで、農村との縁が生まれた。

だがプランが終了して台北に戻ると、農村との連絡が途絶えてしまい、残念に思っていた。そうした中で初めて「食通信」に触れた時、跳び上がるほどうれしかったと言う。大学の専攻が活かせるし、若者に農村に触れてもらうこともできる。

新聞学科卒業後はマスメディアの記者になるのが当たり前と考えていた彼女だが、考えが変わったのは2017年2月に高橋博之が初めて台湾に来たことがきっかけだった。4月、彼女は2人の仲間と取材を開始し、6月には台湾で初めての『旅人食通信』を発行したのである。

「旅をする時、私たちは感覚を研ぎ澄ましているので、何気ないことにも興味が湧きます。そういう角度で産地を見たいと思っています」と言う。創刊号は、新鮮な食材と農村の風景に新たなイメージをもたらすものとなった。

都市と地方の「関係人口」

地方創生という大きな方向の下、日本の国土交通省は「関係人口」の増加を重要な戦略としている。民間では高橋博之や雑誌「ソトコト」編集長の指出一正らが提唱している。

明治大学の小田切徳美教授によると、「関係人口」とは「地域と多様に関わる人々」を指す。人口減少の著しい地方を支えるために、定期的に地域を訪ねたり、短期滞在したりする関係人口が重視されているのだ。その地域の人口には含まれないが、地域と何らかの関係を持つ人が地域活性化の動力となり、将来の移住人口にもなりうる。

「食べる通信」も関係人口を生み出す方法の一つと言える。「食べる通信」は雑誌の限界を越え、食材や文化の体験を通して、楊妍如が言うように「おもしろいつながりが見出せる」。活気のなかった農村に、消費者と多元的なつながりをもたらすことができるのである。

消費者から行動者への変化は、各編集長がよい例である。一人で南澳へ移住した蒋沛妍は、雑誌を通して東海岸各地の生産者を結び、また南澳へ移住した他の若者たちも編集に参加している。さらに東海岸の特殊性を活かし、彼らは文化体験イベントなども積極的に催し、者に大地と大海原の生命力を感じる機会をもたらす。

また台北で学校に通う魏暁恩は、「食通信」の縁で農村とつながりを持ち、生物産業伝播‧発展大学院に進学した。「比較的厳格な角度から農業を見ることを学び始めました」と言う。また、彼女は「参加型編集」という概念を打ち出し、編集をオープンにしている。「これは私一人の雑誌ではなく、私が少し早く食通信の概念を知っただけですから」と言う。そこで広く若者の参画を募り、グループで農村を訪れている。

「食通信」の意義は、産地から新鮮な食材と情報が届けることだけでなく、都市と地方の交流のプラットフォームとなる点にもある。都市と地方の有意義なつながりを創り出すだけでなく、衰退する農村に新たな可能性をもたらすものだ。「互いにつながり、交流し続け、この使命のために行動し、互いを守っていく」と高橋博之が言う通りである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!