醫療無國界的行善力量

台灣公衛醫療援外亮點
:::

2019 / 7月

文‧曾蘭淑 圖‧財團法人羅慧夫顱顏基金會


馬偕紀念醫院與羅慧夫顱顏基金會進行海外醫療援助,除了義診,以「授人以魚不如授人以漁」精神,培訓種子醫療團隊,20年不間斷,並且開花結果。

馬偕醫院透過大規模篩檢與海外轉診,成功地降低太平洋島國吉里巴斯民眾風溼性心臟病的盛行率,增加人民平均壽命。羅慧夫顱顏基金會培訓來自20多國的醫護人員,許多當年來台受訓的唇顎裂醫護種子紛紛生根發芽,在各國成立顱顏團隊或治療中心,服務當地的患者。醫療無國界的行善力量,也實踐了聯合國健康與福祉的永續發展目標(SDGs)。


八個月大的吉里巴斯寶寶,在媽媽褓抱中露出骨碌碌的大眼,惹人憐愛。因為先天性心臟病,遠渡重洋,飛越9,000多公里,到台灣馬偕醫院準備開刀!

吉里巴斯(簡稱吉國)被聯合國列為最低度開發國家,也是世界上最貧窮的國家之一,透過台、吉兩國合作的「海外轉診計畫」,從2007年至今已有超過350位重症病人安排至台灣開刀,生命可以延續,人生可以再次有盼望。

在地深耕的公衛醫療

馬偕醫院醫療援外的行動最早追溯至2000年,到泰北金三角偏遠山區進行醫療宣教,從此行動醫療團的足跡遍布斐濟、柬埔寨、甘比亞等亞非各洲。

2006年起馬偕醫院更與吉里巴斯中央醫院締結姐妹醫院,以「臺灣醫療計畫」之名,進行義診、訓練醫療人員,今(2019)年已邁入第13年,雖然吉國政府補助民眾,可以免費看病,但醫院設備簡陋,最好的醫療儀器是X光機,對習慣使用高科技儀器的台灣醫療人員來說,只能用「不可思議」形容。

馬偕醫院國際醫療中心副主任徐宛蒂說,克服萬難後,每次海外義診,由馬偕帶著超音波等醫療儀器,確定了重症轉診名單,再透過「海外轉診」,安排病人到台灣開刀治療,其中多數都是心臟病患者。許多吉國的病患來台就醫後,覺得台灣就像天堂,甚至很想留在台灣不要回去。

但吉里巴斯對心臟科醫師來說,卻是行醫治病的天堂。由於風濕性心臟病在台灣自1980年代已經絕跡,心臟科醫師只在「教科書」看過,沒有親自診斷過。因此當馬偕醫院自2007年開始,第一次從120位病人篩檢出40位風溼性心臟病患者,甚至比醫療文獻記載的盛行率還高時,醫師們都超興奮迎接此項診治挑戰;因為病患出現各式的心臟病症狀,一次義診就可以把所學全部複習一遍。

馬偕醫院開始逐年對吉里巴斯9~19歲的學齡兒童與青少年展開大規模篩檢,一開始風濕性心臟病盛行率高達22‰。這是因為當地公共衛生差,例如居家環境髒亂,吃東西不洗手,一旦感染ß溶血性A群鏈球菌,可能進而導致風濕熱,心包膜發炎,忽略治療時機,心臟瓣膜會遭細菌破壞,長期演變為風濕性心臟病,全身無力,最後心衰竭而死。

目前已篩選超過4,000位,採訪時馬偕醫院國際醫療中心主任徐永偉正在吉國離島進行篩檢工作。隨著篩檢的母數增加,目前盛行率仍有13‰。一旦篩檢出陽性,施打盤尼西林等介入性措施,讓這些國家未來主人翁不會因罹患風濕性心臟病導致身殘或早歿,也進一步提高吉國民眾的平均壽命。

昨日受助,今日援助

2014年起,馬偕醫院更派任常駐醫師與護理人員,除了看病,主要在於訓練吉國本土的醫護人員,協助建立病人分流, 一改混亂的急診制度,如農耕隊的作法:「給他們食物,不如教他們如何耕作!」希望藉此提高吉國醫療能力與改善公共衛生。

2016年馬偕醫院甚至設置了吉國第一間成人加護病房。催生者是派駐吉國的急診醫學科醫師牛光宇,同事暱稱阿牛醫師的他上任第一天,一位年輕孕婦急性肺水腫,他立即加入搶救,依照台灣醫學中心標準流程展開「高級心臟救命術」(ACLS)。但要插管沒有氣管內管,要接呼吸器也沒有呼吸器,孕婦雖一度恢復生命徵象,卻因吉國沒有呼吸照護設備與急救藥物,原本在台灣可以救活的病患,在眼前「一屍二命」。這個衝擊,讓阿牛醫師立下心志為吉國籌設加護病房。

加護病房護理長出身的徐宛蒂協助募款,募集呼吸器、電擊器、生理監視器,及輸液幫浦等儀器,2016年設置了吉國第一間成人加護病房,2017年又在小兒科醫師王詩欣協助下,設置了兒童加護病房。

馬偕醫院2017年起與國合會合作,在聖文森及格瑞那丁(以下簡稱聖文森)進行中南美洲第一個糖尿病防治能力建構計畫。

由於糖尿病是聖文森十大死因排名第二,擁有整合照護經驗的馬偕醫院,培訓聖文森的醫師、護理師與營養師,作為種子人員,再回聖文森進行社區衛教宣傳活動,提昇民眾自主健康管理的意識與能力。

國合會人道援助處組長林依潔指出,聖文森衛生部長Luke Browne在今年世界衛生大會(WHA)場內以「慢性病防治」為主題的周邊會議,特別強調此糖尿病防治計畫對聖文森的重要性。Browne部長連續三年在WHA為台灣發聲,力挺台灣不應排除在世界衛生組織之外,路見不平拔刀相助的情誼,也讓台灣十分感動。

克服跨文化的障礙

當初來自美國的醫師羅慧夫在馬偕醫院建立了台灣第一間加護病房,馬偕醫院也在吉里巴斯設置第一間加護病房。羅慧夫顱顏基金會1998年基於一位熱心的越南台商居中牽線,啟動國際醫療援助,進行種子醫師的培訓計畫,更是在全球遍地開花結果。

其實,國際援助計畫基於「給魚吃,也教他釣魚」的理念,想展開種子醫療培訓計畫時,卻面臨跨文化差異,還有受助國並不領情的挑戰。

由於越南經歷20多年越戰,柬埔寨也經歷了30 多年內戰,兩國各自遭受法國的殖民,加上內戰的殺燒擄掠,扭曲人性,引發對人極度的不信任。因此援助行動一開始雖滿腔熱血,但受助國醫院的高層並沒有意願發展顱顏團隊,因為有美國、法國、日本等國家直接補助金錢,例如一個手術補助50元美金,直接又簡單。

這種跨文化的調整,還有國情與制度差異帶來的障礙。羅慧夫顱顏基金會執行長王金英舉例說,越南等國家大醫院的醫師,中午要回家吃飯,下午二、三點必須下班回家兼差,因為這是他們收入的主要來源。當義診醫療團常是從早上八點到晚上八點進行手術,這些醫師必須陪同免費加班又少賺錢,因此不受歡迎。

在多年磨合後,受助國才能真正體會到:「基金會是真心要幫助他們。」王金英說,歷經多次的訪視與評估,柬埔寨中央兒童醫院麻醉科的醫師才透露:「因為不會麻醉小孩,因此不敢做顱顏手術。」果真,第一次到柬埔寨義診,走廊擠滿了欲手術的病患,四天義診手術開了50多例,累壞了醫護團隊!

秉持著「讓其他地方唇顎裂的小孩,也能接受像台灣小孩一樣的治療」,截至2019年5月為止,羅慧夫顱顏基金會與長庚醫院合作,已至九個國家義診共83次,1,994位當地貧困患者接受免費手術;培訓來自21個國家、共173位包括外科、矯正牙科、語言治療等種子醫師,輔導成立超過20個海外顱顏中心及團隊,為台灣做了多場漂亮的醫療外交,甚至有俄羅斯的醫生慕名要求前來受訓。

種子計畫的遠見

其實,醫療種子計畫的遠見,來自羅慧夫醫師在台灣扶植團隊的經驗。

羅慧夫1959年來到台灣時,當時的馬階醫院人才不足,面臨營運的窘境,擔任創院院長的羅慧夫,直接送心臟、腎臟等專科醫師至美國訓練,這些醫師帶回最新的技術與知識,成功提升了台灣的醫療水準。對身為一般外科醫師的羅慧夫來說,進行唇顎裂手術仍是一大挑戰,他也是回到美國以兩年時間學習這項高難度的技術。

羅慧夫1979年擔任長庚醫院創院院長,當時的他立下宏願,將台灣打造成世界最有名的整形外科手術的國家。包括他以及他的得意門生魏福全、陳昱瑞,接二連三獲得美國整形外科醫學會最高榮譽的麥林尼克獎,林口長庚醫院的顯微重建手術舉世知名,成為訓練全球醫師的重鎮。

現正在長庚醫院受訓的印度籍醫師 Bona Lotha手指著唇上人中的兩條線說:「台灣的唇顎裂小孩實在非常幸運,長庚醫療團隊的修復技術,可以做出比一般正常人還要美、而且和諧的唇形。」他十分感動於長庚醫院外科部長羅綸洲帶領的醫護團隊,對種子醫師十分有耐心,而且完全不藏私地傳授當今最先進的唇顎裂修復技術。

醫師Lotha在葉門擔任外科醫師17年,已是一位資深的外科醫師,2003年他成立了Yemen Smile組織,幫助當地的唇顎裂患者,義診足跡遍佈整個葉門。2015年1月葉門爆發內戰,16顆炸彈落在他診所外的不遠處,軍隊在當地進行大規模屠殺,他在印度軍方的協助下,輾轉至東非的吉布地共和國,從此無法進入葉門。

因為戰亂的衝擊,Lotha正值職涯的低潮,甚至考慮棄醫從商。他說,在長庚所學,卻喚起了他當初從事醫療宣教的夢想,提醒「他的心還在阿拉伯半島」。

長庚醫院外科部長羅綸洲認為,長庚醫療團隊40年一路走來不斷進化,從過去必須兩階段的手術改善至只要一次手術即可完成塑形,長庚也很願意協助開發中國家的醫護人員習得最好的技術回去幫助病人。

2018年底辭世的羅慧夫醫師曾說過:「可以彌補的,就不再是缺陷。」「上帝來不及造好的,我用愛來修補。」醫療援外亦是如此,台灣醫療專業的援助力量在有需要的國家擴散,力量無限大。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Care Without Borders

Overseas Medical Assistance from Taiwan

Esther Tseng /photos courtesy of Noordhoff Craniofacial Foundation /tr. by Phil Newell

The MacKay Memorial Hospital and the Noord­hoff Craniofacial Foundation provide medical assistance overseas, not only offering free treatment but also training seed teams of medical practitioners. Believing that “it is better to teach a man to fish than to give a man a fish,” they have been doing this for 20 years without interruption, and have achieved great results. The practice of healthcare without borders is also a realization of the United Nations’ Sustainable Develop­ment Goal of “Good Health and Well-­Being.”


One can’t help but feel tender affection for an eight-month-old baby boy from Kiribati, his wide eyes looking about innocently as his mother holds him snug in her arms. Having been born with a congenital heart defect, the little boy has been flown over 9000 kilometers to Taiwan to undergo surgery at MacKay Memorial Hospital.

The Republic of Kiribati is listed by the United Nations as one of the least developed countries in the world, and it is also one of the poorest. Through a medical co­opera­tion program between Taiwan and Kiribati, since 2007 more than 350 people with serious conditions have been referred across the sea to Taiwan for surgery, extending their lives and giving them new hope.

Deeply rooted assistance

Overseas medical assistance by MacKay Memorial Hospital can be traced back to the year 2000, when they sent personnel to the remote mountains of the Golden Triangle in northern Thailand to provide healthcare education. Since then, the hospital’s mobile medical teams have left their mark in a number of countries of Oceania, Asia, and Africa including Fiji, Cambodia, and the Gambia.

Moreover, in 2006 MacKay and the Tungaru Central Hospital in Kiribati signed a “sister hospitals” agreement. As part of their “Taiwan Medical Program,” which in 2019 entered its 13th year, teams from MacKay provide free treatment of patients and training of healthcare personnel.

Crystal Wan-ti Hsu, vice director of the International Medical Service Center at MacKay, says that the hos­pital’s team brings ultrasound scanners and other medical devices along on each medical mission. After confirming the list of patients eligible for overseas referral—the majority of whom suffer from heart disease—they arrange their transfer to Taiwan for surgery. Many patients who come from Kiribati for medical care feel that Taiwan is like Heaven, and some even want to stay here and not return home.

But in fact for cardiologists, Kiribati is a paradise for the practice of their specialization. Because rheumatic heart disease was eradicated in Taiwan in the 1980s, local cardiologists have only seen it in textbooks, and have never personally diagnosed it. When MacKay began its work in 2007, in that first year 40 people with rheumatic heart disease were screened out of 120 patients, indicating a prevalence higher than that reported in the medical literature. The cardiologists on the team were excited to meet the challenge of diagnosing and treating this disease, for patients with rheumatic heart disease show a wide range of heart symptoms, meaning that the doctors could put all of the knowledge they had studied in medical school through its paces in the course of a single medical mission.

MacKay began doing large-scale annual screenings of children and young people in Kiribati aged nine through 19. When they began, the prevalence of rheum­atic heart disease was 22 per thousand, a very high level. This is because local sanitary conditions are poor, and bacterial infections with a “group A beta-hemolytic streptococcus” (GABHS) may lead to rheumatic fever. Over time this can evolve into rheumatic heart disease, which may ultimately lead to heart failure and death.

To date they have identified 4,000 cases. When youngsters are screened as positive, interventions such as penicillin injections ensure that these future masters of their country do not become disabled or die young as a result of rheumatic heart disease; this also raises the average life expectancy for Kiribatians.

Aid recipients become aid givers

MacKay Memorial Hospital even set up Kiri­bati’s first adult intensive care unit in 2016. The moving force behind this project was Niu ­Kuangyu, a doctor of emergency medicine who had been dispatched to Kiri­bati for a long-term stay. On his first day on the job, a pregnant young woman came in suffering from acute pulmonary edema, and he immediately began treating her, initiating advanced cardiac life support as called for by the standard operating procedures of medical centers in Taiwan. However, in the end, because Kiri­bati lacked respiratory care equipment and emergency resuscitation medicines, this patient, who could have been saved in Taiwan, died right before his eyes, ending two lives. This blow made Niu deter­mined to set up an intensive care unit in Kiribati.

Since 2017 MacKay has also been cooperating with the International Cooperation and Development Fund (TaiwanICDF) to implement the “Capacity Building Project for the Prevention and Control of Diabetes” in St. Vincent and the Grenadines.

Because diabetes is the second leading cause of death in St. Vincent, MacKay Memorial Hospital, with its experience in integrated care, has trained doctors, nurses, and dietitians from St. Vincent to act as seed personnel for the project. After returning to St. Vincent, they have organized community health education activities to raise awareness and improve citizens’ ability to manage their own health.

Sylvia Lin, division chief in the Humanitarian Assistance Department at the TaiwanICDF, notes that St. Vincent’s health minister, Luke Browne, specially emphasized the importance of this diabetes prevention plan to St. Vincent when he spoke at a technical briefing on chronic disease prevention at the World Health Assembly in 2019. Minister Browne has spoken up on Taiwan’s behalf for three straight years at the WHA, arguing that Taiwan should not be excluded from the World Health Organization. People in Taiwan have been very touched by this show of friendship in the face of injustice.

Overcoming cross-cultural obstacles

The Noordhoff Craniofacial Foundation (NCF) launched its program of international medical assistance in 1998, thanks to the warmhearted assistance of a Taiwanese businessperson in Vietnam. They began their “Seed Medical Practitioner Training Program,” which has flourished around the globe.

However, when they began the training program, they faced cross-cultural differences.

High-ranking hospital staff in beneficiary countries like Vietnam and Cambodia were unwilling to develop their own craniofacial surgical teams, because countries like the US, France, and Japan were giving direct subsid­ies (such as U$50 per operation), which was straight­forward and simple.

It took an adjustment period of a few years before beneficiary countries finally realized that “we sincerely wanted to help them.” Rebecca Wang, CEO of the NCF, says that it was only after several years of visits and evaluations that anesthesiologists at the National Pediatric Hospital in Cambodia revealed that they didn’t dare to do craniofacial surgery because they didn’t have adequate skills in anesthetizing young children for complex operations. As you might expect, the first time a volunteer surgical team went to Cambodia, the hallways were packed with patients wanting treatment. In four days the volunteers conducted over 50 operations, exhausting the doctors and nurses.

With the aim of making it possible for children elsewhere with cleft lip or cleft palate to receive the same treatment as children in Taiwan, as of May 2019 the NCF, in cooperation with Chang Gung Memorial Hospital (CGMH), has made 83 visits to nine countries to offer free surgery to 1,994 poor patients. They have also trained 173 seed medical professionals (including surgeons, orthodontists, and speech therapists) from 21 countries, and guided the founding of more than 20 cranio­facial centers or teams overseas. They have achieved a great deal for Taiwan in terms of “medical diplomacy,” and their reputa­tion has even drawn requests from doctors in Russia to come to Taiwan for training.

Seed training vision

In fact, the vision for the seed training program came from the experiences of the Taiwan support team for the NCF’s founder, Dr. Samuel Noordhoff.

When Noordhoff came to Taiwan in 1959, MacKay Memorial Hospital was in crisis due to a shortage of skilled personnel. As superintendent, Noordhoff sent doctors in specialisms such as cardiology and nephro­logy to the USA for training, and the skills and know­ledge they brought back raised the standard of medical care in Taiwan. For Noordhoff himself, as a general surgeon, complex craniofacial surgery was a great challenge, so he too went back to the US for two years of advanced training. 

Noordhoff became the first superintendent of CGMH in 1979, and at the time he had great ambitions, hoping to turn Taiwan into a world leader in plastic surgery. He and his star students Wei Fu-chan and Chen Yu-ray were named Maliniac Lecturers, the highest honor of the American Society of Plastic Surgeons, while ­Chang Gung’s Linkou branch has become world famous for its reconstructive microsurgery and is a major training center for doctors from around the globe.

Bona Lotha, a doctor from India who is currently training at CGMH, says: “Children in Taiwan with cleft lip or cleft palate are really lucky. The reconstructive skill level of the Chang Gung craniofacial surgery team can give them lips that are even more beautiful and ­harmoniously shaped than those of ordinary people.” He is very touched by the patience shown to seed doctors by the medical team led by Lo Lun-jou, chairman of the Department of Surgery, as well as their willingness to unreservedly share their most advanced reconstructive techniques for cleft lip and cleft palate.

Dr. Lotha worked as a surgeon in Yemen for 17 years, so he is already very experienced. In 2003 he founded the organization Yemen Smile to provide free treatment to people with cleft lip or cleft palate throughout the country. However, civil war broke out in Yemen in Janu­ary of 2015. Sixteen bombs fell close by his clinic, and military forces began a large-scale slaughter in the area. Assisted by the Indian military, he was able to escape to the Republic of Djibouti in East Africa, and has not been able to return to Yemen since.

Because of the impact of the civil war, Lotha faced a low point in his career and even considered giving up medicine to go into business. He says that what he has learned at CGMH has reawoken his initial dream of engaging in healthcare education, and reminded him that his heart “is still in the Arabian Peninsula.”

Dr. Noordhoff, who passed away in 2018, once said, “Defects that can be repaired are no longer defects.” He also said, “I will mend with love those things God did not have time to finish.” In the same spirit, overseas medical assistance spreads the power of Taiwan’s healthcare expertise to countries in need, and that power is without limit.

医療に国境はない

台湾の公衆衛生医療援助

文・曾蘭淑 写真・財團法人羅慧夫顱顏基金會 翻訳・笹岡敦子

馬偕(マッカイ)記念病院とノードホフ頭蓋顔面疾患基金会が行なう海外医療援助は、無償診療だけではない。「魚を与えるのではなく釣り方を教える」精神で、医療シードチームの育成に取り組む。それは20年途切れることなく、花開き実を結んでいる。国境なき医療の善の力は、国連が掲げる健康と福祉を目指す持続可能な開発目標(SDGs)の実践でもある。


キリバスの8か月の赤ちゃんが、ママに抱かれてクリクリ大きな目を見せる。先天性心臓病のため、はるか9000㎞を越えて、台湾の馬偕記念病院へ手術を受けに飛んできた。

キリバスは国連に後発開発途上国に認定され、世界最貧国に属す。台湾・キリバス両国の医療協力プログラムにより、2007年から今日までに、重篤な患者350人以上が台湾で手術を受けてその命を延ばし、再び希望を抱くことができた。

深く根を張る公衆衛生医療

馬偕病院の医療援助開始は2000年に遡る。タイ北部のゴールデントライアングルの山間地域で医療衛生教育を行なった。この医療団の足跡は、フィジー、カンボジア、ガンビア等、広くアジア・アフリカ諸国に至る。

2006年からはキリバス中央病院と姉妹関係を締結し、「台湾医療プログラム」の名の下に無償診療、医療スタッフのトレーニングを行ってきた。今(2019)年は13年目を迎える。キリバス政府も国民が無料で医療が受けられる補助を提供しているが、病院は設備に乏しく、最も優れた医療機器はX線装置のみである。ハイテク設備を使い慣れた台湾の医療スタッフにとって、これは「不可思議」としか言いようがない。

馬偕病院国際医療センター副主任・徐宛蒂によると、様々な障害を排除して、海外無償診療のたびに馬偕病院が超音波などの設備を持っていく。重篤患者名簿が確定すると、台湾での手術と治療を手配する。多くは心臓病患者だという。患者は台湾での治療後、台湾は天国のようだ言ってキリバスに帰りたがらない人もいる。

だがキリバスは心臓科の医師にとって絶好の訓練の場となる。リウマチ性心臓病は台湾では1980年代に跡を絶ち、教科書で見ただけで診断経験がない。だから、馬偕病院が2007年に120人の患者からリウマチ性心臓病患者40名を検出し、文献が記載する有病率より高かったことで、医師の面々は治療への挑戦に胸が高鳴った。さまざまな心臓病の症状が現れていたことで、一度の無償診療ですべて復習することができた。

馬偕病院は、キリバスの9〜19歳の就学児童と青少年を対象に毎年大規模なスクリーニングを行う。当初リウマチ性心臓病の有病率は22%に及んだ。衛生環境が劣悪な上、住居が不衛生で、食べる前も手を洗わないから、A群β溶血性レンサ球菌(溶連菌)に感染すれば、リウマチ熱から心内膜炎を起こす。治療の時期を逸すると、心臓の弁が細菌に壊され、長年の後にリウマチ性心臓病になり、最後には心不全で亡くなる。

取材時には馬偕病院国際医療センター主任だった徐永偉は、それまでに4000人以上を検査してきた。現在はキリバスの離島で検診を行う。検査の母集団が大きくなっても、有病率は13%ある。検査で陽性でも、ペニシリン注射などで治療すれば、国の未来の主人公がリウマチ性心臓病によって若くして亡くなったり障害が残ったりすることなく、ひいては国民の平均余命も伸びる。

昨日は援助を受けた身

2014年以降、馬偕病院は常駐医師と看護スタッフも派遣し、診療に加え、キリバス現地の医療人材のトレーニングに取り組む。患者の振り分けを支援し、秩序のなかった救急制度を整えた。キリバスの医療レベル向上と公衆衛生の改善につなげたいと願う。

2016年には、馬偕病院はキリバス初の成人集中治療室(ICU)を設置した。その立役者は駐キリバス救急医専門医・牛光宇である。着任初日、若い妊婦が急性肺水腫になった。すぐ治療に加わり、台湾の医学センターSOPに従い「二次救命処置(ACLS)」を施す。だが挿管するにも気管内チューブはなく、人工呼吸器もない。妊婦は一度は生命兆候を取り戻したにも関わらず、呼吸治療設備も救急医薬品もないがために、台湾でなら助かる患者だったのに、目の前で二つの命が失われた。そのショックが、牛医師にキリバスにICUを作ることを決心させたのだった。

元ICU看護師長の徐宛蒂が寄付を呼びかけ、人工呼吸器、除細動器、バイタルサインモニター、輸液ポンプ等の計器設備を募り、2016年にキリバス初の成人ICUを、2017年には小児科医・王詩欣の協力を得て小児ICUを設置した。

馬偕病院は2017年から国際合作発展基金会(ICDF)と合同で、セントビンセント及びグレナディーン諸島(以下「セントビンセント」)において、中南米初の糖尿病予防力構築プログラムを進めている。

糖尿病はセントビンセントの死因の2位である。トータルケアに実績のある馬偕病院が、セントビンセントの医師・看護師・栄養士をトレーニングし、シードスタッフとして国に戻って地域衛生教育に取り組む。こうして、人々が健康を自己管理する意識と能力を高めていく。

ICDF人道援助処組長の林依潔は語る。セントビンセント保健大臣Luke Browneが、今年の世界保健総会(WHO年次総会)の「慢性病予防」をトピックにしたサイドイベントで、糖尿病予防プログラムのセントビンセントにおける重要性を強調した。大臣は3年連続で年次総会で台湾を声援し、台湾はWHOから排除されるべきではないと主張した。不公平に勇気をもって挑む友情に、台湾は感激している。

異文化の障壁を乗り越えて

ノードホフ頭蓋顔面疾患基金会(以下「基金会」)は1998年、熱意ある在ベトナム台湾企業の仲立ちで、国際医療援助をスタートした。取り組んできたシード医師育成プログラムは世界各地で花開き実を結んでいる。

国際援助プロジェクトは「魚を与え、釣りも教える」ことをモットーに、シード医療育成プログラムを展開しようとしたが、異文化の壁と、援助を受ける国の非協力に直面した。

ベトナムは20年にわたるベトナム戦争を、カンボジアも30年以上の内戦を経験している。どちらもフランスの植民地だった。内戦の殺戮・略奪は、人間性をゆがませ、人々の間に極度の不信感を生んだ。そこで援助のアクションは熱意にあふれて始まったものの、被援助国の病院幹部には頭蓋顔面チームを立ち上げる意志はなかった。米・仏・日などが金銭援助をしていて、手術1件につき50米ドルを補助するといった具合で、直接的でシンプルである。

こうした異文化間の調整には、国情や制度の違いも障害になった。基金会CEOの王金英は例を挙げる。ベトナムなどでは大病院の医師が家で昼食をとり、午後2時、3時には退勤して副業にいそしむ。それが主要な収入源なのである。無償診療団では朝8時から夜8時まで手術することも常で、こうした医師はサービス残業を強いられ副業もできないから、診療団は歓迎されない。

何年ものすり合わせを経て、被援助国はようやく理解した。「基金会は本当に人々を助けようとしている」王金英が訪問と勘査を重ねるうちに、カンボジア中央児童病院の麻酔科医がもらした。「子供の麻酔ができないから、頭蓋顔面手術ができないんです」道理で、初めてカンボジアに無償診療に来たとき、手術をしたい患者が廊下いっぱいにつめかけ4日間で50を超える手術をして、チームはへとへとになったわけである。

「他の地域の唇顎口蓋裂の子供も、台湾と同じように治療が受けられるように」、2019年5月までに基金会は長庚病院と共同で、9カ国に計83回無償診療に行き、1994人の貧困世帯の患者に無料で手術を行った。一方、21カ国から外科・矯正歯科・言語治療など計183人のシード医師を受け入れて研修を行い、20を超える海外の頭蓋顔面センターとチームの設立を指導している。台湾にとっていくつもの輝かしい医療外交を成し遂げてきた。ロシアの医師が評判を聞いてトレーニングを受けに来たこともある。

シードトレーニングのビジョン

シードプログラムのビジョンは、ノードホフ医師が台湾でチームを育て上げた経験に由来する。

ノードホフが台湾に来た1959年、馬偕病院は人材不足で困難な状況に陥っていた。翌年院長に就任するノードホフは、心臓や腎臓などの専門医を米国でのトレーニングに派遣した。こうした医師が最新の技術と知識を持ち帰り、台湾の医療水準の引き上げに成功した。一般外科が専門のノードホフにとって、唇顎口蓋裂の手術は大きなチャレンジであった。ノードホフも米国に帰り、2年間で高度な技術を習得したのである。

1979年、ノードホフは長庚病院の院長に就任し、大きな目標を掲げる。それは台湾を世界で最も名高い形成外科手術の国にすることだった。自身と自慢の弟子、魏福全・陳昱瑞も、立て続けに米国形成外科学会の最高栄誉であるMaliniac Memorial Lecturerに指名された。林口長庚病院のマイクロサージャリーによる再建術は広く知られ、世界から医師がトレーニングを受けに集まるようになった。

長庚病院で現在トレーニングを受けているインド人医師Bona Lothaは唇の上の人中の溝を指し「台湾の口唇口蓋裂の子供は幸運です。長庚病院の修復技術は、普通の人より美しく、バランスの取れた唇を作ることができます」長庚病院外科部長の羅綸洲が率いるチームが、シード医師に忍耐強く、惜しむことなく最新の修復技術を伝授してくれることに非常に感謝している。

医師Lothaはイエメンで17年外科医を務めたベテランである。2003年にイエメンスマイル組織を設立し、現地の口唇口蓋裂患者を救う。無償診療の足跡はイエメン全土に及んだ。2015年1月、イエメン内戦が勃発し、爆弾16発が診療所から遠くない場所に落とされた。軍隊が大規模な殺戮を進めていた。Lothaはインド軍に助けられて、東アフリカのジブチ共和国へ逃れたが、それ以来イエメンには入れていない。

戦乱の衝撃でLothaの医師としてのキャリアは暗闇に転落し、医師を辞めて商売をすべきかとさえ考えたが、長庚で学び、医療と布教に従事した初心を思い出したという。「心は今もアラビア半島にある」と思ったのである。

長庚病院外科部長・羅綸洲は、長庚病院チームは40年の間、進化を続けてきたという。二段階でしかできなかった手術が、一度の手術で完全に形作ることができるようになった。そして、開発途上国の医療スタッフが最良の技術を学んで患者の元へ戻る手助けをしていきたいと語る。

2018年末に亡くなったノードホフ医師はかつてこう話した。「補えるものは欠陥ではない」「神がお創りになるのが間に合わなかったものは、私が愛で補修する」医療援助も然り。台湾の医療の援助の力は、必要とされる国で広がり、その力は無限大である。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!