白沙屯媽祖徒步進香紀實(信徒篇)

:::

2018 / 10月

文‧莊坤儒 圖‧光華攝影組


人生在世,多半是苦多於樂,信仰的力量,讓人們找到心靈的寄託,內心安穩了,於是又抬起頭來繼續前進。

 


人生在世,多半是苦多於樂,信仰的力量,讓人們找到心靈的寄託,內心安穩了,於是又抬起頭來繼續前進。

八天七夜的徒步進香,我們看到虔誠的信徒,不斷地在媽祖行經的道路前跪拜,準備「躦轎腳」。每一雙手的皺紋、每一雙眼眸都有故事,這是台灣庶民的寫照,只有深入台灣鄉間才能看到。

另一批虔誠的信徒則是沿路提供香客們各項服務:有手沖咖啡、飲料食物、水果,甚至連腳底按摩都來了!徒步期間產生的眾多垃圾,也有專門的信徒義工,騎著單車沿街收集。這是最乾淨的進香行程,沿途不留一丁點垃圾。

2018年四萬多人的信徒跟著白沙屯媽祖走進民間,如同媽祖慈悲的心,映照在人們的臉上,就是台灣人民最溫暖的善念。

相關文章

近期文章

EN 日本語

The Baishatun Mazu Pilgrimage (II)

Chuang Kung-ju /photos courtesy of Taiwan Panorama photojournalists /tr. by Phil Newell

Life is more often hard than happy, but the power of faith provides spiritual refuge and peace of mind, so that people can raise their heads again and move forward.

 


Life is more often hard than happy, but the power of faith provides spiritual refuge and peace of mind, so that people can raise their heads again and move forward.

Throughout the eight-day Baishatun Mazu Pilgrimage, we see pious believers kneeling to worship as Mazu’s palanquin approaches, preparing to kneel or prostrate themselves to let the deity pass over them. Every pair of eyes and the wrinkles on every pair of hands tell a story. Only by going deep into Taiwan’s countryside can one get this view of ordinary Taiwanese.

Meanwhile, other devotees are offering all kinds of services to the pilgrims—pour-over coffee, soft drinks, food, fruit, and even foot massages! And volunteers on bikes follow on behind the procession to pick up every last scrap of garbage along the route.

This year over 40,000 of the faithful followed Mazu on her progress among the common people. Mazu’s benevolence was reflected in the faces of the people along the route, which shone with the light of her compassion.

白沙屯媽祖の巡行(二)

文・光華攝影組 写真・莊坤儒 翻訳・山口 雪菜

人の一生は、楽より苦の方が多いもので、だからこそ信仰が私たちの心の拠り所となる。信仰によって心の平安を得ることができ、再び前へ向かって歩み続けることができるのだ。

 


人の一生は、楽より苦の方が多いもので、だからこそ信仰が私たちの心の拠り所となる。信仰によって心の平安を得ることができ、再び前へ向かって歩み続けることができるのだ。

八昼夜にわたって歩き続ける媽祖の巡行で、私たちは多数の敬虔な信者の姿を目の当たりにした。人々は媽祖が巡行してくる道にひざまずき、その上を神輿が通っていくのを待つ。その手の皺や眼差しの一つひとつに物語があり、それはまさに台湾の庶民の姿である。

その一方、媽祖が巡行する沿道で、信者たちにサービスを提供する信者もいる。飲み物や食べ物、淹れたてのコーヒーや果物を信者に差し出す人もいれば、中には足裏マッサージをしてあげる人もいる。巡行の行列が残していくゴミを回収するボランティア信者もいて、自転車で通りのゴミを集めていく。こうして行進が去って行った後にはゴミは一つも残っていない。

2018年は4万人の信者が白沙屯媽祖とともに練り歩いた。媽祖の慈悲の心が人々の顔に映し出されているかのようであり、台湾人の最も温かく善良な心が垣間見える8日間だった。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!