跟著達人走──璐露野的野餐生活

:::

2015 / 8月

文‧陳建瑋 圖‧璐露野


野餐代表著隨性、自然的生活風格,但輕鬆自在的野餐,若加上一些巧思妝點,也能搖身一變,成為華麗的時尚派對。

野餐達人璐露野用美學與創意,打造出各種充滿特色的野餐風貌,讓近年來吹起的野餐風潮更上一層樓。現在就跟著達人的腳步,體驗好吃、好玩又好看的野餐生活。


今年3月14日的午後,上百位白衣人齊聚在台北市華山草原,大人小孩一起拿出準備好的白色餐墊、餐籃,放眼望去可以看見白色的氣球、白色繡球花、白色的紗帳,連酒瓶、飲料都是白色的,路過的人無不駐足圍觀,好奇這群人究竟在玩什麼花樣?

原來這就是野餐達人璐露野號召舉辦的「白色野餐日」,參加的人不但要身著白色衣褲,連野餐用具、裝飾,甚至喝的飲料都要是白色的。

很多人看到這個活動都想問:「不就是野餐嘛,何必這麼大費周章?」然而近年來,確實有越來越多人開始投入各種「風格野餐」,成為一種新的潮流,和早年提著塑膠袋就去野餐的方式大不相同。

「野餐就是一種生活態度,生活可以一成不變,也可以花點心思讓它更加豐富。」璐露野說,野餐並沒有好壞高下之分,只是一種選擇,也是一種追求,每個人都可以有自己的野餐風格。

野餐生活Style

本名顏紹安的璐露野從小就常跟著爸媽去戶外野餐、露營,「小時候最大的期待就是到達目的地後,可以吃到平常不能吃的零嘴,那就是最棒的獎品。」璐露野說。

大學主修服裝設計的璐露野,對美學日漸講究後,她在許多國外的網站上看到人們野餐的照片,和台灣的野餐大不相同。「為什麼他們野餐時的照片看起來像在拍廣告一樣美,我們的卻是亂糟糟?」

雙魚座的浪漫性格加上行動力,讓她從此栽進這個新世界。她先到布行挑了一塊漂亮的布料,裁剪成她的第一塊野餐墊;之後再請朋友幫忙,從國外買回專用的野餐籃,加上自己的巧手裝飾,成為她的第一套野餐用具,此後只要出門野餐,她一定會準備齊全,從不馬虎。

隨著她的野餐風格愈來愈精緻,璐露野也開始在網路上分享自己精心準備的野餐照片,吸引了一群同樣有興趣的人,在網路上形成一個喜愛風格野餐的社群,她以女兒的名字璐璐加上露營、野餐為名成立臉書粉絲頁「璐露野生活」,粉絲數也迅速突破萬人,璐露野之名不脛而走。

社群成形,璐露野更常呼朋引伴一起野餐,互相分享各家的料理與佈置,激盪出更多創意與點子,同時也衍生出各種主題式的風格野餐。

花招百出的風格野餐

璐露野玩過的各式野餐風格,包括復古趴、台客趴、春節過年趴等,其中場面最盛大、最為人熟知的非「白色野餐」莫屬。

源自法國的白色野餐始於1988年,當時主辦人希望野餐能打破空間限制,而刻意選在聖母院、協和廣場等公共空間舉辦,為了在警方驅趕時方便重新集合轉換場地,他們要求參加者都穿上白色服裝作為識別,白色野餐因此成為一項傳統而延續下來。時間則定在每年6月白晝最長的那一天,參加人數可以多達一萬人。

這項活動如今已經在全球四十多個國家舉行,台灣在2013年辦第一屆,主辦人正是璐露野。

憑藉網路社群的高人氣,璐露野的白色野餐活動獲得數百人響應,但是台灣的6月太過炎熱,因此改在春、秋兩季舉辦。2014年10月的第二屆白色野餐可說是達到高峰,不僅參加者眾多,現場甚至有民眾特地借來一匹白馬,增添氣氛,成為全場的目光焦點。

「野餐是一個分享、交流、互助的場合,人愈多,驚喜愈多。」璐露野說,有朋友專程從嘉義、新竹北上來參加白色野餐,還有人準備了50束白色花束,送給最早到場的同好。在野餐現場,不認識的人彼此分享餐點、交流心得,這邊借刀叉碗筷,那裡借開瓶器,一片美好的氛圍在草原上蔓延開來。

除了台北,包括台中的草悟道、台南長榮大學等地,也有人相繼仿效舉辦白色野餐,一時之間全台灣吹起一陣風格野餐的熱潮。但除了白色之外,其實野餐還有很多主題可以玩。

例如炎熱的6月天,讓許多人打消戶外活動的念頭,但若是來一場清爽消暑的南洋風派對,就最適合不過了。

「南洋風味的料理其實很適合野餐,像泰式涼拌木瓜絲、越式春捲等都方便攜帶,又不怕冷了不好吃。」璐露野說,搭配連身洋裝、草帽,擺盤則以香蕉葉打底,搭上香茅、大象圖案的飾品,飲料選用泰式奶茶和清涼的椰子水,還有經典的泰式甜品「摩摩喳喳」與各式當季水果,頓時暑氣全消。

又或是冷颼颼的冬天,只要準備好禦寒衣物,保溫瓶裡裝上熱呼呼的濃湯,帶著野餐墊到櫻花樹下,搭配充滿日式風格的梅酒、清酒,就可以享受賞櫻樂趣。「台灣的氣候其實一年四季都可以野餐,比其他國家都幸福。」璐露野說,夏天若等到4、5點後再出門野餐,就不會太熱,冬天則可以早點出門,享受冬陽溫暖;此外,台灣沒有大風雪襲擊的問題,加上有櫻花、梅花等寒天開花的植物,更增添美景。

野餐生活,親子同歡

玩野餐十多年的璐露野談到野餐,總是忍不住興奮,因為有太多美好的回憶。野餐不僅是貼近自然的方式,同時也是一種自由的追求。「現在想跟姊妹淘喝個下午茶,又要排隊、又要限時,常常聊天聊到一半就得離開。」璐露野說,只要把飲料、點心裝進野餐籃,找個公園,野餐墊一鋪就是朋友們可以開心一整個下午的自在空間,沒人打擾,更不會限時,這正是野餐迷人之處。

本來就愛野餐的璐露野有了孩子之後,野餐的頻率更加頻繁,幾乎每個星期都會野餐兩、三次。除了帶孩子多親近戶外,過程中孩子會幫忙準備食材、擺設,也有很多機會跟一起野餐的小孩子們一起玩遊戲,這些都是現代教育日益重視的食育、美學、社交能力的實踐。

璐露野的女兒璐璐今年正要升國中,她的烹飪經驗卻已經有6、7年之久。

從小跟著媽媽玩野餐,璐璐在念幼稚園時就開始學習料理,並親手製作了第一塊麵包,從此愛上烘焙,每當家庭出遊時,璐璐的手作麵包和餅乾,就是餐籃裡的必備菜色。

「在做料理、擺盤的過程中,就是親子互動最棒的時候。」璐露野和女兒如同姐妹般的好感情,正是在野餐過程中養成的。

此外,在野餐的場合,不管大人小孩,很少看到有人一直盯著手機或是平板電腦,孩子在草地上奔跑嬉戲,大人小孩一起放風箏、接飛盤,平日辛苦工作帶孩子的父母親們趁此機會好好的放鬆休息,正是現代人最需要的。

打造野餐風格有撇步

每當看到網路上那些精美的野餐照片時,許多人心想我哪有時間跟心力去準備這些呢?璐露野以多年經驗分享幾項基本原則,根據這些原則,就可以輕鬆讓野餐變得豐富有趣。

首先要決定野餐的主題,若是家人、朋友小聚其實不需要太費神,可以根據季節、天氣和地點來決定主題,關鍵在於塑造整體性和一致性。

例如在海邊野餐,就可以海灘風格為主題;在公園野餐以慵懶悠閒的感覺為基調。「只要圍繞著一個概念準備野餐,感覺就會截然不同。」璐露野說,如果要有創意、複雜一點,也可以嘗試復古趴或是白色野餐這類主題,但重點是一開始的主題要明確,否則就會顯得雜亂無章。

定好主題後,穿著打扮與食物自然就跟著主題走,比如台客風,就可以穿吊嘎加上藍白拖,食物則準備滷味、鹽酥雞、烤香腸,飲料當然少不了台灣啤酒。在這樣的主題下,即使用紅白塑膠袋取代野餐籃,也不會顯得突兀。

除了各式主題外,野餐也有一些基本原則。例如避免選擇需要趁熱食用、湯汁較多或是生魚片類的餐點;水果通常都最受歡迎,又容易準備,是野餐必備的好朋友。

在用具方面,野餐籃幾乎不可或缺;還要視地點和氣候決定是否要準備防蚊、防曬用品。此外,璐露野特別推薦要帶的小物則是濕紙巾。「小孩玩得髒兮兮,或是打翻飲料、食物,甚至最後清理用具全都用得到。」

若是想要在野餐中增添更多個人特色,只要把握主題的風格增加一些裝飾品,例如南洋風用到的香蕉葉、復古風則帶上老式收音機,就能增色不少。此外,也可以挑選相配的餐具、飲料,更加強整體感。

為了完整分享野餐心得,今年璐露野將多年的經驗集結成書,出版《一起去野餐》,引起熱烈迴響,不但北、中、南簽書會連連,電視電台邀約也不斷,讓她儼然成為野餐女王。

璐露野認為,野餐最美好的收獲,是人與人之間的互動,不管是好友敘舊,或是認識新朋友,都能夠給生活帶來新的體驗。

透過野餐,讓生活更加豐富,只要多花一點點心思,就能讓平凡的一餐,變得趣味盎然。提起你的餐籃,跟著達人的腳步,一起享受野餐的迷人魅力。

相關文章

近期文章

英文 日文

Life Is a Picnic—Picnicking Maven Lulu Ye

Kobe Chen /photos courtesy of Lulu Ye /tr. by Jonathan Barnard

Picnics evoke a spontaneous, natural lifestyle. Yet it’s possible to jazz up a simple and easy picnic and turn it into a fashionable and elegant party.

Picnic maven Lulu Ye uses her creativity and aesthetic sensibility to elevate picnics through a variety of conceptual twists. Let’s follow her around and get a feel for the beautiful, fun and delectable charms of the “picnicking life.”


On the afternoon of March 14, more than 100 people dressed in white gather on the lawn at the Huashan 1914 Creative Park. Adults and children alike are holding white placemats and food baskets they have specially prepared. A quick survey of the scene reveals white balloons, white hydrangeas, white muslin tents—even white wine bottles and beverages. The event arouses the curiosity of passersby, who gather around.

It turns out that this is a “white picnic” organized by picnic maven Lulu Ye. She didn’t just want people to wear white clothes—the picnic utensils, the decorations, and even the drinks at the picnic were white.

“Picnicking represents an attitude about life,” says Lulu. “You can get into a rut in life where nothing changes, or you can expend a little energy to enrich it.” There’s not a right or wrong way to picnic in her view. It’s simply a matter of choices and aspirations. Everyone can shape their own picnic style.

Picnic style

Lulu, whose real name is Yan Shao’an, grew up often taking picnics and going on camping trips with her parents. “When I was little I remember eagerly wanting to arrive at our destinations,” Lulu says, “because I could eat snacks there that I couldn’t normally have. It was an awesome reward.”

At college Lulu studied fashion design. While she was gradually refining her own aesthetic sensibility, she took note of a lot of photos of picnics on the foreign websites she visited—and observed how different those picnics were from picnics in Taiwan. “Why do the picnics in their photographs look like scenes stylized for an advertising shoot, whereas ours look, well, like a mess?”

With the romantic outlook and can-do motivation of a Pisces, she threw herself into the picnic life. First she went to a fabric store to select a beautiful piece of fabric for her first picnic blanket. Then she asked her friends to help her buy a proper picnic basket from overseas, which she promptly made her own by ornamenting it. Those items comprised her first set of picnic gear. From then on, whenever she went out to picnic, she made thorough preparations. A slapdash approach was not for her.

As her picnic style grew ever more refined, Lulu began to share photos of her own elaborately prepared picnics online. These attracted people with similar interests. She used the first character in her daughter’s given name and the first characters in the Chinese words for camping and picnic to name her Facebook fan page Lulu Ye. Her followers quickly grew to over 10,000, and the buzz about Lulu spread.

As a community formed around her, Lulu started asking friends and acquaintances to take picnics with her, so that they could exchange views about food and accoutrements and come up with new ideas together. The process gave rise to various thematic events.

A fancy take on picnics

Lulu has put on numerous themed picnics, including retro parties, taike (Taiwan homeboy), Chinese New Year’s parties and so forth. None have been put on more lavishly or attracted more attention than the “white picnics.”

The first white picnic—dîner en blanc—was held in France in 1988. To meet the need for ample space, the organizers intentionally held that picnic and others that followed in public spaces, such as at the Place de la Concorde or in front of Notre Dame Cathedral. So as to make it easier to reassemble the group elsewhere if they were chased out of the first location by the police, the organizers requested that all the participants wear white clothing, so they could easily identify each other. The white picnic thus became a tradition. It is held every year in June on the longest day of the year, and it draws as many as 10,000 participants.

The event has spread to more than 40 countries so far. In Taiwan it was celebrated for the first time in 2013, and the organizer was none other than Lulu Ye.

Leveraging her Internet popularity, the white picnics Lulu organizes attract hundreds of people. But because June is simply too hot in Taiwan, she decided to celebrate in the spring and fall instead. The celebration reached new heights in October of 2014. Not only was it attended by a large number of participants, but it also featured an attention-grabbing white horse.

Beyond Tai­pei, Tai­chung’s Calligraphy Greenway, ­Tai­nan’s ­Chang Jung Christian University and other locales have also served as the sites for white picnics, which have become something of a craze throughout Taiwan. But there are in fact many other themes that can be used for picnics.

For instance, the intense heat of June dampens many people’s enthusiasm for outside activities, but a heat-busting tropical-themed picnic is perfectly suited for that time of year.

“Southeast Asia as a picnic theme suits Taiwan,” Lulu says. “For instance Thai-style papaya salad, or Vietnamese spring rolls are easy to carry with you, and you don’t have to worry about them tasting worse when they cool off.” She suggests dresses and straw hats, and serving food on banana leaves matched with decorations featuring images of elephants and lemon­grass. For drinks she recommends Thai iced tea and coconut juice. The sweet soup burbur chacha and a variety of fruits are also good choices to help dispel the heat.

And during bone-chilling winter, you just need to put on some warm clothing, bring a thermos full of hot soup, and lay a picnic blanket under a cherry tree. Sip some plum wine and sake while you’re at it. It’s a great way to enjoy the cherry blossoms. “With Taiwan’s climate, you can go on picnics every season of the year,” says Lulu. “Compared to other countries, we’re blessed.” During the summer, if you wait to go on a picnic until four or five in the ­afternoon, it won’t be too hot, she notes. In the winter you can get out there earlier to enjoy the warmth of the winter sun. Taiwan’s winters aren’t bitterly cold, and the flowering cherries, plums and other plants add to the scenic beauty.

Tips to creating a stylish picnic

When people see photos on the Internet of exquisite picnics, many will think: I don’t have the time or energy to prepare something like that! From her many years of experience, Lulu offers some basic principles that can help make picnics easy, elegant and interesting.

First of all, you’ve got to decide on a theme for the picnic. For a small group of family and friends, there’s no need to go to a lot of trouble. You can look for a theme in the season, the weather or the location. The idea is just to create some unifying idea.

After you’ve chosen a theme, the clothing and food will follow from it: For instance, for a taike Taiwanese homeboy party you can wear tank tops and blue-and-white plastic slippers. For the food you can prepare lu wei (soy-stewed) or deep-fried chicken and roasted sausage. For drinks, you of course need Taiwan Beer. With that theme, you don’t even need a picnic basket; those ubiquitous red-and-white plastic bags will stand in fine.

Apart from finding a theme, there are some basic principles behind picnics: avoid sashimi, too much liquid or broth, or food that needs to be warmed. Fruit is usually a big hit and is easy to prepare. It’s become a must-have.

As for the equipment, a picnic basket is a virtual necessity. Consider the location and weather conditions for clues about whether you need to bring sunscreen or insect repellant. Lulu recommends that people bring hand wipes: “Young children can get really dirty when they play, food and drink can get overturned, and you’ll want to clean the utensils at the end of the meal. You may find that you end up using the whole pack.”

In order to more fully share her ideas about picnics, earlier this year Lulu published Let’s Go Picnic! The book, which draws on the experience Lulu has gained these past years, has attracted a lot of media attention, and she’s given a series of signings throughout Taiwan and has frequently appeared on television and radio. She’s become recognized as the queen of picnics.

Picnics have brought Lulu Ye a measure of fame, but she believes the biggest reward from picnicking comes from the interaction between people. Whether you’re reminiscing with old friends or making new ones, picnics offer a chance to experience something new.

Let picnics spice up your life. With a little thought and preparation, you can take an ordinary meal and turn it into something extraordinary. Carry your basket, and follow in the footsteps of this picnic maven to enjoy the charms of an al fresco moveable feast.

ピクニックの達人―― 璐露野に学ぶ

文・陳建瑋 写真・璐露野

ピクニックは自由でナチュラルなライフスタイルを象徴するが、少し手を加えれば、ファッショナブルなパーティにもなる。

ピクニックの達人、璐露野はその美意識と創意をもってさまざまなスタイルのピクニックを生み出し、最近のブームをリードしている。達人の後を追って、おいしくて楽しく、お洒落なピクニックを体験してみよう。


今年3月14日の午後、台北市華山の芝生の広場に、白い服を着た人々が100人も集まった。大人も子供もいる。白いシートに白いバスケット、白い風船が飾られ、お酒や飲み物のボトルまで白い。通りかかった人々は、いったい何をしているのか、と興味深そうに見ている。

これは、ピクニックの達人、璐露野が呼びかけた「ホワイト・ピクニック」だ。服装だけでなく、用具や小物もすべて白で統一されている。

「たかがピクニックではないか。これほど大げさにする必要があるのか」と、疑問を持つ人も少なくないだろう。だが、ここ数年、多くの人がこうしたお洒落なピクニックを楽しむようになり、ブームが巻き起こっている。ビニール袋に食べ物を入れて持って行くだけの昔のピクニックとは違うのである。

「ピクニックは一つのライフスタイルです。少し工夫するだけで、暮らしは豊かになります」と璐露野は言う。ピクニックには良し悪しなどなく、一つの選択にすぎず、誰もが自分らしいスタイルで楽しめばいいという。

ピクニックはライフスタイル

璐露野の本名は顔紹安。幼い頃から両親と一緒にキャンプやピクニックを楽しんでいた。「子供の頃の最大の楽しみは、目的地に着いたら普段は食べられないおやつが食べられることで、それが最大のご褒美でした」と言う。

大学で服飾デザインを学んだ璐露野は美学を追求するようになり、海外のサイトでピクニックの写真を見て台湾とはずいぶん違うことに気付いた。「外国のピクニックは広告写真のように美しいのに、なぜ私たちのピクニックはごちゃごちゃしているのだろう」と考えた。

ロマンチストの彼女は、これをきっかけに新たな世界に踏み込んだ。まず綺麗な生地を買って初めてのピクニックマットを作った。それから友人に頼んで海外からピクニック・バスケットを買ってきてもらい、それにさらに手作りの装飾を施した。以来、ピクニックに行くたびに、手を抜かず、万全の準備を整えるようになった。

ピクニックのスタイルが向上するにつれ、璐露野は自分が工夫を凝らして用意したピクニックランチの写真をネットで公開し始め、同じ趣味を持つ人々が集まってグループが形成された。娘の名前である璐璐と露営(キャンプ)と野餐(ピクニック)から一文字ずつ取ってフェイスブックのファンページ「璐露野生活」を立ち上げたところ、ファンの数は瞬く間に1万人を突破し、璐露野の名前も広く知られるようになった。

グループが形成されて以来、彼女はしばしば仲間をさそって一緒にピクニックに行き、お互いに料理やセッティングなどを学び合い、さらに多くの創意やアイディアが生まれるようになった。そして、さまざまなテーマを設けたピクニックも始まったのである。

テーマのあるピクニック

璐露野はさまざまなテーマのピクニックパーティを試みてきた。レトロ風、台湾風、旧正月ピクニックなどで、その中で最も盛大に行われ、評判になったのが「ホワイト・ピクニック」だ。

ホワイト・ピクニックは1988年にフランスで始まった。主催者は、ピクニックができる場所の制限を打破したいと考え、わざとノートルダム大聖堂やコンコルド広場といった公共のスペースを選び、警察に撤去を求められた時、別の場所に集合しやすいよう、参加者は白い服を着てくるように呼びかけたのである。以来、ホワイト・ピクニックは伝統として続けられている。毎年6月の夏至の日に行われ、参加者は1万人に達することもある。このイベントは今では世界の40余カ国で行われており、台湾でも2013年に璐露野の呼びかけで初めて行われた。

璐露野のネットでの人気が高まり、ホワイト・ピクニックには数百人が集まった。ただ、台湾では6月は暑すぎるため、春と秋の2回行なうことにした。2014年10月の第3回ホワイト・ピクニックは大いに盛り上がり、白い馬を連れてくる人までいて大きく注目された。

ホワイト・ピクニックは台北の他に台中の草悟道や台南の長栄大学などでも行われ、一大ブームが巻き起こった。だが、ピクニックのテーマは「ホワイト」の他にもいろいろと考えられる。

例えば、暑い6月には屋外での活動はしたくないと思うが、涼しげな南洋風ピクニックならどうだろう。「南洋の料理は実はピクニックにふさわしいのです。タイのパパイヤサラダやベトナムの春巻きなどは、持ち運びにも便利で、冷めても味は変わりません」と璐露野は言う。涼しげなワンピースに麦わら帽子をかぶり、バナナの葉に料理を並べ、象の図案の入った装飾品を飾り、タイのミルクティや冷たいココナッツジュース、フルーツなどを用意すれば、暑さも吹き飛ぶ。

肌寒い冬の日も、暖かい服装をして、保温ボトルに熱々のスープを用意し、さらに梅酒や日本酒を持っていけば桜の花見もできる。「台湾は他の国より気候に恵まれていて、一年を通してピクニックが可能です」と話す璐露野によると、夏は夕方の4時過ぎに出発すればそれほど暑くなく、冬は早めに出かけて暖かい日差しを浴びることができる。台湾は冬でも雪は降らず、桜や梅が花を開いて目を楽しませてくれる。

璐露野は子供を持ってからピクニックに行く回数がさらに増え、週に2~3回はピクニックを楽しんでいるという。屋外で子供とともに過ごすだけでなく、料理の準備なども一緒に行えば、現代教育で重視される食育や美学、社交などの実戦にもなる。「親子で一緒に料理をしてテーブルセッティングをするのは楽しいひとときです」まるで姉妹のような璐露野と娘さんとの関係も、ピクニックを通して培われたものだ。

ピクニックの場では、スマホばかりいじっている人はあまり見かけない。大人と子供が一緒に凧揚げをしたり、フリスビーで遊んだりして、リラックスできるのである。

スタイルを生み出すコツ

だが、璐露野のサイト上の美しい写真を見て、そこまで時間をかけて準備することはできないと思う人もいるだろう。そこで彼女は自分の経験から、ピクニックランチを簡単に用意するいくつかの基本原則を提案している。

まず、ピクニックのテーマを決めることだ。家族や子供とのピクニックなら、あまり深く考えず、季節や天気や場所からテーマを決め、全体のトーンを定める。

例えば海辺でのピクニックなら、ビーチスタイルというテーマにすればよい。「一つのコンセプトを中心に準備すれば、ちぐはぐな状態にはなりません」と言う。もう少し手間をかけるなら、レトロ・スタイルやホワイト・ピクニックといったコンセプトでも良い。重要なのは最初に明確なテーマを決めることなのである。

テーマが決まったら、服装や料理はそのテーマに沿ったものにする。台湾風なら、台湾の庶民の象徴である白と青のサンダルを履き、滷味(肉や豆腐の醤油煮)、台湾風から揚げ、腸詰などに台湾ビールを用意すればいい。台湾風というテーマなら、市場で使われる赤と白のビニール袋を持って行ってもおかしくない。

テーマの他に、ピクニックにはいくつかの原則がある。熱々でなければおいしくない料理や汁気の多い料理、それに刺身などは避けた方がいい。果物は簡単に準備でき、皆が好きなので必ず持っていきたい。

ピクニックバスケットも用意した方がいい。場所や天候によっては、虫除けや日焼け止めなども必要になる。また、璐露野が特に持って行った方がいいと考えるのはウェットティッシュだ。「子供は遊んであちこち汚すし、飲み物や食べ物をこぼすこともあります。それに、最後に食器類を拭いたりする時にも使えますから」

長年のピクニック経験を多くの人とシェアするために、璐露野は今年、『一起去野餐(ピクニックに行こう)』を出版した。これが大きな反響を呼び、北部、中部、南部でサイン会が次々と開かれ、テレビ出演の依頼も絶えない。まさにピクニックの女王となったのである。

有名になった璐露野だが、ピクニックの最大の収穫は人との交流だと考えている。古い友人と語り合うもよし、新しい友人を作るもよし、それらが暮らしに新しい喜びをもたらす。

ピクニックを通して暮らしを豊かにする。ほんの少し工夫することで、平凡な食事がまったく違う体験になる。ピクニックバスケットを手に、達人の足並みに従い、一緒にピクニックの魅力に触れてみようではないか。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!