來自台灣的一杯好茶

:::

2019 / 2月

文‧陳亮君



人們對於茶香、茶味無止盡的追尋,時至今日仍方興未艾,而身為茶產地的台灣,近年來也逐漸回歸自然的種植方式,採自生態茶園的茶菁,經過發酵、烘焙所做出來的茶,喝得到土地的滋味,因為對土地友善,大自然也會回以厚報。

本期《光華》將帶您深入製茶產地,有農委會2014~2018年評選的亮點茶莊,也有專做有機耕種的茶園,剖析一杯杯好茶的背後,茶農所付出的努力。此外,還有茶藝與花藝的對話,以及最近時興的花茶,將不同產地、品種的茶葉進行調和,或加入花卉、水果、香草等不同元素來為茶葉添味。從產地、製茶、茶藝到千變萬化的喝茶方式,將飲茶這事提升到「品茶」的境界。

*       *       *

如何以「創新」,將傳統工藝賦予時代的新意。經過設計師的手,將傳統的雞毛撢子縮小,成為上班族辦公桌上的清潔用品與療癒小物;為了推廣銅管樂器,設計師則用創意來研發迷你小號與喇叭造型的手機擴音器;就連傳統的布袋戲,經過國寶級大師陳錫煌的改編,三尊戲偶「生」、「旦」、「丑」,不用口白,只取動作,讓聽不懂台語的外國人也為之傾倒。

而徜徉在設計和教學領域近半世紀的柯鴻圖,自稱資淺的老畫家,為了一圓兒時夢想,用纖毫畢現的工筆畫,惟妙惟肖地鏤刻出眾生最美的剎那。創意、執著與熱情,是他們共同的印記,也為台灣豐沛的創意能量,增添上一抹美麗的色彩。

*       *       *

全台灣最出名的火箭阿伯吳宗信,他曾受邀到TED×Taipei演講,用聽來親切感十足的台語,夾雜著英文,解說著火箭的推力與太空經濟的未來。而台灣知名樂團五月天也以他的故事為藍本,寫出《頑固》這首歌。他的火箭夢究竟有多精彩,絕不能錯過本期的專訪。

其他還有陽光基金會如何透過國際合作的方式,幫助中南美洲國家提升燒傷專業人員服務知能的過程;以及全台僅12人的攀樹師,看他們如何深入吊車無法抵達的樹冠深處,透過專業的判斷,將錯綜複雜的枯枝逐一剪除,同時又不傷害到健康的枝幹。這些生動的專訪,將化作一篇篇雋永的圖文,獻給所有在這塊土地上打拼的人們。

相關文章

近期文章

日本語 EN

台湾のおいしいお茶

文・陳亮君 翻訳・山口 雪菜


人は昔から茶の香りと味を追求し、今もそれは続いている。茶の産地である台湾では、自然農法による茶葉の生産へと回帰しつつある。環境にやさしい茶畑で採れた茶葉を発酵、焙煎して淹れたお茶は、大地の滋味に富んでいる。大地にやさしい農業に対する大自然からのお返しである。

今月号の「光華」は皆様を茶の産地へご案内する。2014〜18年に農業委員会が「ライトアップ台湾茶」に選出した茶荘や有機農法の茶畑を訪ね、おいしいお茶の背後にある農家の努力をご覧いただきたい。また、茶芸と花芸の対話や、さまざまな産地や品種の茶葉をブレンドし、あるいは花びらや果物、ハーブなどを加えた花茶やフレーバーティにも目を向ける。産地、製茶、茶芸からさまざまな飲み方、テイスティングまでご紹介する。

*             *          *

伝統工芸を現代にふさわしいものにするには、どのようなイノベーションが必要なのだろう。デザイナーの手によって伝統的な羽毛のホコリ取りが小さくなり、オフィスのデスクに飾れる癒しの小物となった。多くの人に金管楽器に触れてもらおうと、デザイナーはミニトランペットやラッパの形のスマホ用スピーカーを開発した。台湾伝統の人形劇「布袋戯」においても、国宝級の人形遣いである陳錫煌が、二枚目と娘、道化の三役だけの、台詞のない舞台にアレンジし、台湾語のわからない外国人をも魅了している。

また、半世紀にわたってデザインと教育の分野で活躍してきた柯鴻図は、自らを「経験の浅い老画家」と称し、幼い頃の夢を実現するために繊細な筆致の工筆画で、生き物の最も美しい瞬間を描いている。創意と執着と情熱、それこそが彼らに共通の精神であり、台湾を一層豊かにしている。

*             *          *

台湾で最も有名なロケット研究者の呉宗信は、かつてTED×Taipeiの講演で、親しみのある台湾語に英語を交えつつロケットの推力や宇宙航空経済の将来などについて語った。台湾の有名バンド五月天(メイデイ)も彼の物語をもとに「頑固」という歌を作ったほどである。その素晴らしいロケットの夢をぜひお読みいただきたい。

このほかに、国際協力プロジェクトとして中南米諸国の火傷患者治療のための専門人材育成に努める陽光基金会の物語、そして台湾に12人しかいないアーボリスト(樹護士)もご紹介する。彼らはどのように樹冠まで登り、専門的な判断によって複雑な枝を剪定し、また幹の健康を守っているか、ぜひお読みいただきたい。これらの取材記事と美しい写真を、この土地で懸命に努力するすべての人に捧げる。

A Cup of Tea from Taiwan

Ivan Chen /tr. by Phil Newell


Mankind’s pursuit of fragrant, tasty tea still goes on today. In Taiwan, tea farmers have in recent years been slowly returning to natural cultivation methods. In tealeaves picked from eco-friendly planta­tions, one can taste the flavor of the land, for if we are good to the land, nature will reward us.

This month we take you deep into tea growing areas, to tea estates included on the Council of Agriculture’s “Light Up Taiwan Cha” list, as well as organic tea plantations, to analyze the background behind each cup of good tea and examine the efforts put in by tea farmers. We also report on the dialogue between tea arts and floral arts, and on the increasingly popular blended, scented, and flavored teas. From tea production locations to tea processing to tea arts to the countless ways of drinking tea, we explore the world of tea drinking and tea connoisseurship.

How can “innovation” infuse new ideas into traditional crafts? One designer has shrunk traditional feather dusters and turned them into therapeutic objects for office workers’ desks; to promote brass instruments, another designer has created “mini pocket trumpets,” and horns that amplify cell phone speakers; and national-treasure puppet master Chen Hsi-huang has transformed traditional Taiwanese puppet theater with performances without dialogue that captivate audiences regardless of whether or not they can understand Taiwanese. Meanwhile artist Ko Hung-tu, who has spent nearly half a century in the worlds of design and education, uses painstaking painting techniques to realize a childhood dream by portraying the most beautiful moments of living things in remarkably lifelike detail.

These people who share the qualities of creativity, perseverance and passion have made beautiful additions to Taiwan’s rich creative capacity.

When Gou Chongsin, Taiwan’s most famous rocket engin­eer, was invited to deliver a TEDxTaipei lecture, he used Taiwanese peppered with English to explain rocket propulsion and the future space economy. The Taiwanese band Mayday wrote a song called “Tough” based on Gou’s story. Don’t miss our exclusive report in this issue to see just how exciting his rocket dreams are.

Also in this issue: we look at how the Sunshine Social Welfare Foundation has helped burn rehabilitation professionals in Latin America upgrade their skills; and how Taiwan’s 12 licensed arborists climb high into the treetops, and with professional judgment cut away withered branches while not harming healthy ones. We dedicate these vibrant stories to the many people who give their all every day in their work in Taiwan.

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!