白手闖天下 謙和結善緣

──世界台商總會長林見松
:::

2016 / 12月

文‧鄧慧純 圖‧林格立 翻譯‧Scott Williams


甫當選世界台灣商會聯合總會總會長的林見松,在總會辦公室內,一場接一場的會面,行程滿檔;但他總是用熱忱的笑臉、親和力十足的台語,招呼著、握住每一雙伸出的手。這個出身雲林鄉下的子弟,外表看來不是長袖善舞的類型,用的是踏實的腳步,誠摯的心與人交陪,靠著後天的努力走出艱困的環境,藉著船務代理的事業迎向全世界。


雲林縣林內鄉的山區,當時林見松還是十多歲的孩子,每天要走兩個多小時的路程上下學,每到夏天,午後的驟雨讓河谷水位暴漲,還要等兩個多小時,待水退至小腿的高度,才能涉水回家。回到家中,換上家裡的工作服,挖番薯、摘地瓜葉,準備豬的飼料,張羅弟妹們的晚餐,身為長子的他都要一手包辦。

 

環境成就勇氣

國小五年級家裡才有電,國中時才安設好自來水管線。父母親一年365天都在工作,過年也不例外。林見松回想一回的大年初二,他跟媽媽一起上山工作,從山上眺望著年節時林內鄉車水馬龍的景象,林見松跟媽媽說:「我以後一定要努力打拚,出人頭地,讓你過好日子。」

到了高中,林見松才發現自己的生活跟別人不一樣,他曾好奇地詢問同學回到家都做甚麼?才發現大家下課都在打籃球、玩彈珠,而他的生活裡,從來沒有「玩樂」兩個字。

在困頓的環境,林見松努力讀書,表現優異。靠著班導師支助報名費,他是全校唯一考上彰化高中的學生,卻苦無學費、生活費繼續升學。於是他隻身到台北,藉著半工半讀,考上海洋大學,爾後獨立創業,跟全世界做生意。

從雲林到台北,再從台北到澳大利亞,林見松回想這段歷程,他略帶感慨的表示:「因為生活困頓,成就了勇氣去嘗試。」

 

迎向國際市場

考上海洋大學後,林見松立下三不政策:不當公務人員、不考研究所、不出國念書,決心在船務運輸這個高階的服務業深耕學習,他在大學時就進入業界實習,累積經驗,終而出人頭地。

他從事的船務代理,工作內容是協助船舶進出口的各項查驗報關及代辦船舶建造、買賣、租賃等事務;他同時也看好散裝船的市場,承攬大宗物資運輸經紀人的業務,替客戶找船隻、也替船東找物資。

時值台灣經濟起飛的年代,原料產品進出口頻繁,但台灣商家事求單純,貨運出口多採用FOB(Free on Board),也就是賣方將貨物交到出口港的海洋輪船上後,即解除責任,之後的費用與風險均由買方負擔。如此一來,抓船權落在國外,利潤也都被外國廠商賺走了。林見松舉了兩個人到非洲賣鞋的故事,他像故事中那個看到非洲人沒穿鞋,而認為商機無限的主角一般,預見了台灣市場的商機,因此,他說服台灣廠商主導抓船權,因為他確信台灣有能力承擔提供此類高階的服務。

「台灣是一個海島國家,更要想方設法的走出去,船務代理是一個國際性的行業,能跟國際連結,與世界各大城市接觸。」因為事業屬性,讓林見松堅信台灣要走出去才有未來。

在相關領域積累了十多年的經驗後,在32歲那年,林見松獨自創立海瀧船務代理股份有限公司。「事業一定要賺錢,但賺錢不是唯一目的。事業要負起企業責任,要能夠增加就業機會、吸引更多人進來,把這個高階的服務業做得更好。」林見松略帶豪氣的表示。

後來接受朋友的建議,因澳大利亞礦產、原物料豐富,墨爾本又是全球海運的集中地,再加上考量孩子的教育機會,他在1996年在澳洲成立子公司,並舉家遷居到澳大利亞。

 

投身公共事務

從企業家投入公共事務的機緣呢?

小時候常聽到「吃人一斤,要還人一斗」、「吃水果拜樹頭」等諺語,那時林見松還不懂這些話背後的意義,「到了國外後,才了解如果沒有台灣的栽培,我不可能從事這個行業,也不可能移民到澳洲來。」回想往事的他備有感觸地說。

因此,當他在華語報紙上看到墨爾本台灣同鄉會舉辦新春晚會,他主動打電話參加,也投入參與台灣同鄉會的活動,繼而被推舉為總幹事,一路到會長的職務。為了凝聚台灣社群的向心力,林見松勤辦活動,除了藉此交流台灣社群的感情,也藉機邀請當地聯邦議員、州議員、州長來參加活動;每逢選舉期間,他鼓勵台灣鄉親捐款贊助,展現台灣實力,使在地的政治人物也不敢小覷來自台灣的力量。對公共事務多年的參與,也讓他獲得澳大利亞維多利亞省總督頒發「多元文化貢獻特別獎」。

總是身先士卒、不落人後的參與活動、捐款、出面與鄉親拚搏感情的林見松,不問回饋的付出是他身為基督徒的信念,也是他深耕僑界的守則,擔任僑務委員6年的期間,他認真做好僑界與政府間的橋梁,籌辦了墨爾本首屆的台灣文化節,讓更多人認識台灣。他在一次訪問中提到,雖然籌辦過程中,遭受中方的壓力,原本預計在聯邦廣場懸掛的中華民國國旗被取消了,但當天卻有許多外國朋友身著國旗裝來參加活動,讓台灣在國際上被看見。

 

台灣與僑居地的橋梁

今年3月林見松決定投入世界台灣商會聯合總會總會長選舉,跑遍了6大洲了解台商的境況,他在競選宗旨中提出希望提升世界台商會在國際上及僑居地的地位,讓台商的投資權益能夠獲得當地政府的保障。

關於「新南向政策」,林見松看好東南亞市場的潛力,準備從人才的面向著手,推動人力平台整合資源。他也建議台商可以提供獎助學金給在地的弟子,不僅可藉此培育人才,也提升企業的社會形象。而面對世界局勢的轉變,林見松看重世代的傳承,6年前成立的國際青年商會,主要吸納18歲至40歲的第二代企業家,「青商是未來台商會的希望」,他說。青年世代的語言、專業與國際觀能夠為台商會帶來新氣象,所以在他任內想強化青商會與台商會的連結;另方面也希望連結青商與國內的新創能量,讓台商能夠成為新創的天使投資人。

在各界台商支持下獲選第23屆總會長的林見松,面對台灣的國際情勢,他認為台商的作為可以成為改變的契機,他期許:「全球台商應該善盡企業家的社會責任,建立起正面的企業形象。」而世界台灣商會聯合總會將作為台商的後盾,成為企業跟當地政府溝通的平台,共同為台灣而努力。                                     

相關文章

近期文章

EN 日本語

Dedicated to Community Service

World Taiwanese Chambers of Commerce President Jason Lin

Cathy Teng /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Scott Williams

Jason Lin, the newly elected president of the World Taiwanese Chambers of Commerce, has a schedule packed with meeting after meeting, yet somehow manages to smile sincerely and greet every attendee in friendly Taiwanese. A native of rural Yun­lin County, Lin looks more like an amiable farmer than a business leader, but he escaped the poverty of his childhood through his own diligence, and used his career as a shipping agent to see the world.


 

As a pre-teen from the hills of Lin­nei Towship, Yun­lin County, Jason Lin spent more than two hours walking to and from school every day. In the summer, when afternoon downpours flooded the river valley, he would have to wait another two hours for the water level to fall to calf height before wading through and continuing home. Once he got there, he’d change into his work clothes and begin his chores as the eldest son: feeding the pigs and preparing his younger siblings’ dinner.

Lin was in the fifth grade when his family home finally got electricity, and in middle school when it got running water. His parents worked ­every day of the year, even Lunar New Year’s day. Lin was in high school before he learned how different his classmates’ lives were from his own—they played basketball and marbles, whereas he didn’t know the meaning of the word “play.”

Lin studied hard and did well in school in spite of his family’s poverty. When a supportive homeroom teacher paid his registration fees, he became the only student from his school to test into ­Chang­hua Senior High School. Unfortunately, his family had no money to pay for college after he’d graduated. Instead he moved to Tai­pei, where he worked and studied part time and gained admission to what is now the National Taiwan Ocean University. He then went on to start a business of his own that worked with clients all over the world.

Reflecting on his journey from Yun­lin to Tai­pei and then on to Australia, Lin remarks a little ruefully, “It was poverty that gave me the courage to try things.”

Venturing abroad

After getting into the university, Lin instituted his own “three noes” policy: no civil service work, no graduate school, and no study abroad. He resolved instead to learn the ropes in the shipping industry.

He became a shipping agent, helping shippers with import‡export inspections and customs clearance, in addition to managing their ship building, purchasing, and leasing needs. The work also gave him a good look at the bulk carrier market, which led to him taking contracts as a freight broker: helping clients find carriers for their goods and ship owners find cargoes to carry.

When Taiwan’s economy took off, imports of raw materials and exports of manufactured goods became common. Taiwanese exporters generally sought to keep things simple, and did most of their shipping “free on board” (FOB). Under these terms of sale, the seller’s responsibilities end with loading the cargo on a ship at the export port. Beyond that point, any transportation fees and risks are the responsibility of the buyer. In this situation, the foreign buyers were choosing the shippers and all the associated profits went to the foreign agencies they employed. But Lin saw an opportunity in the Taiwan market, and persuaded Taiwanese firms to direct the selection of shippers themselves.

The nature of Lin’s work convinced him that Taiwan’s future depended upon reaching out beyond the island. “Taiwan is a maritime nation, which means we have to figure out ways to expand into the world outside. Shipping agents operate internationally. When you work in the business, you become connected to the world and its major cities.”

Lin founded his own company, MIT Chartering & Agency Co. Ltd., at age 32, after more than a decade working in and around the industry. “A business has to make money, but that’s not the only goal. Shipping agencies must deliver a high level of service, but running an agency well also requires fulfilling its corporate responsibilities, increasing employment opportunities, and attracting new people,” says Lin with some pride.

In 1996, he took a friend’s advice and established an Australian subsidiary. A number of factors influenced the decision, including the strength of Australia’s mining industry, its abundant raw materials, and Melbourne’s standing as a global shipping hub. He also weighed the educational opportunities the country offered his children, and chose to move his entire family there.

Divng into public affairs

What prompted him to get involved in public affairs?

Lin heard old sayings like “return a kindness tenfold” and “thank the trees for their fruit” repeatedly as a boy, but didn’t really get their deeper meaning until he was much older. “It wasn’t until I moved abroad that I realized that Taiwan’s nurturing embrace was what made it possible for me to get into this business and move to Australia,” explains Lin.

When he saw an article in the local Chinese-language newspaper about a Lunar New Year’s banquet being arranged by the Melbourne chapter of the Taiwanese Association of Australia, his gratitude towards Taiwan prompted him to phone the group about participating. He soon began attending other TAA activities, eventually becoming the group’s secretary general and then its chairman. Lin organized a variety of events aimed at bringing the Taiwanese community together, and made a point of inviting members of the national and state parliaments, and the state premier, to attend as well. He then encouraged local Taiwanese to offer contributions and support to candidates for political office as a means of developing the community’s political clout and ensuring that local politicians recognized it. His years of participation in public affairs eventually earned him an award from the premier of Victoria for his contributions to cultural diversity.

Lin’s Christian faith encourages him to be an active participant in events, make donations, and help out his fellow Taiwanese when they are in need, while never asking anything in return. He applied the same principle to his six years as a commissioner on Taiwan’s Overseas Community Affairs Council (OCAC), organizing Melbourne’s first Taiwanese Culture Festival to introduce more people to Taiwan and its culture, and working hard to be a bridge between the overseas community and the government.

A bridge to Taiwan

When Lin decided to contend for the presidency of the World Taiwanese Chambers of Commerce in March of this year, he visited Taiwanese businesses on six continents to gain a better understanding of their situation. His overriding objective in running for the office was to enhance the WTCC’s standing, both internationally and within the overseas compatriot community, in order to win local government protections for the in­vest­ment rights of Taiwanese businesses.

Asked about Taiwan’s New Southbound Policy, Lin offers a positive take on the potential of Southeast-Asian markets, and says that WTCC is planning to help integrate personnel resources via the launch of a platform that connects professionals residing in Southeast Asia or with an interest in the region. Lin also suggests that Taiwanese businesses provide scholarships, similar to the one that enabled him to continue his own studies as a young man, to local young people to cultivate new talent and enhance businesses’ own image. Concerned about changes in the global situation and about passing on the torch to the younger generation, Lin wants to use his tenure at WTCC to strengthen ties between the group and its Junior Chapter (­WTCCJC), which was founded six years ago. He also hopes to provide young entrepreneurs in Taiwan with access to angel investors by bringing them into contact with the WTCCJC.

Elected the 23rd president of the WTCC with the support of Taiwanese businesspeople, Lin believes that the actions of Taiwanese businesses can play an important role in changing Taiwan’s international situation. “Taiwanese businesses around the world ought to do their utmost to fulfill their corporate social responsibilities and build a positive image for themselves,” argues Lin. With that in mind, the WTCC will offer support to Taiwanese businesses, serving as a platform through which they can communicate with local governments, and working with them on Taiwan’s behalf.    

 

裸一貫からの成功

──台湾のために力を尽くす 世界台湾商会聯合総会総会長 林見松

文・鄧慧純 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

世界台湾商会(台湾商工会)聯合総会の総会長に当選したばかりの林見松は、総会のオフィスで来客との面談に追われながら、常に笑顔を絶やさず、親しみやすい台湾語で声をかけ、一人一人と握手を交わす。雲林県の田舎の出身で、敏腕のビジネスリーダーというよりは、誠意をもって人と接し、着実に歩んでいくタイプに見える。困難な環境を乗り越え、海運貨物取扱業で世界で活躍してきた。


林見松は10代の頃、雲林県林内郷の山間で毎日2時間余りの道を歩いて学校へ通っていた。にわか雨で谷川の水位が上がれば、ふくらはぎの深さに退くまで2時間待ち、川を渡って家へ帰った。家に帰ると作業着に着替え、サツマイモやイモの葉を採って豚にやり、弟や妹の夕食を用意して、長男としての務めを果たしていた。

 

環境から生まれた勇気

家に電気が通ったのは小学5年生の時で、中学生になってようやく水道も通った。両親は365日働き続け、旧正月も休まなかった。林見松は旧正月に母親と一緒に山に野良仕事に出た時のことを覚えている。春節の人出でにぎわう林内郷を山から見下ろし、彼は母親に「一生懸命努力して、いつか出世して楽をさせてあげるよ」と言った。

高校に入ってから、彼は自分の暮らしが他の生徒と違うことに気付き、同級生に普段は何をしているのか聞いてみた。すると、バスケットボールやビー玉のゲームなどをして遊んでいると言う。それまで林見松の生活に「遊ぶ」という言葉はなかったのである。

厳しい環境にあって、彼は懸命に勉強し、優秀な成績を収めた。担任の先生に受験料を出してもらい、全校で唯一、彰化高校に合格したが、学費や生活費が続かなかった。そこで彼は一人で台北に出て働きながら勉強し、海洋大学に合格した。そして後に自ら会社を興し、ビジネスの世界に入っていったのである。

雲林から台北へ、台北からオーストラリアへと出て行く過程を思い出し、林見松は「生活が苦しかったからこそ、勇気をもってチャレンジできたのです」と感慨を込めて語る。

グローバルマーケットへ

海洋大学に合格すると、林見松はすぐに、公務員にならない、大学院には進まない、留学しない、と心に決め、海運貨物取扱という専門性の高いサービス業の知識を習得することに集中した。在学中に関連企業での実習経験を積み、ついに生涯の事業の基礎を打ち立てた。

海運貨物取扱業というのは、荷主から委託を受けて海運貨物輸出入の各種手続や通関業務を行ない、また船舶の建造や売買、賃貸などの事務も代行する。この他、林見松は撒積貨物船(ばら積み貨物船)の市場に目をつけ、荷主と海運業者をつなぐフォワーダーの業務も行なっている。

ちょうど経済急成長の時期に当り、台湾では輸出入量が多かったが、台湾企業はシンプルな業務を求めるため、輸出の多くはFOB(Free on Board)を採用した。つまり輸出側は港での本船積み込みまでの責任を負い、それ以降の費用とリスクは買い手が責任を負うというものだ。この場合、船の手配は海外の買い手が行なうこととなり、それに関連する利益も外国に取られてしまう。そこに無限のビジネスチャンスを見た林見松は、台湾企業に船の手配の権利を得るように説得した。台湾の海運貨物取扱業者にも高いサービスを提供する能力があると信じていたからだ。

「台湾は島国ですから、さまざまな方法で世界へ出て行かなければなりません。海運貨物取扱業は国際的な仕事で、世界とつながり、世界の各都市と接触することができます」事業の性質から、林見松は、台湾は世界へ出て行ってこそ将来が開けると信じている。

関連分野で十数年の経験を積んだ後、32歳の時に独立し、海ْ瀧船務代理公司(MIT Chartering Agency)を創設した。「会社は利益を出さなければなりませんが、利益は唯一の目的ではありません。企業は社会的責任を負っており、雇用機会を提供して多くの人に加わってもらい、この専門性の高いサービス業をより良いものにしなければなりません」と気概を持って語る。

その後、友人の勧めがあって林見松はオーストラリアに進出した。オーストラリアは鉱物や原材料が豊富にあり、メルボルンは世界の海運の一大拠点でもある。子供の教育のことも考え、彼は1996年にオーストラリアに支社を設立し、家族そろって移住した。

社会活動へ

企業家として社会活動に取り組むようになったきっかけはどのようなものだったのだろう。

子供の頃から「人から一斤を得たら、一斗返さなければならない」「果物を食べる時は果樹に感謝せよ」という言葉をよく聞いてきたが、当時はその深い意味がよく分からなかったと言う。「海外に出て初めて、台湾で多くの人に育てられなかったら、この事業に就いていなかっただろうし、オーストラリアに移住することもなかっただろうと気付いたのです」という。

そんな頃、現地の華語新聞にメルボルン台湾同郷会の新年会のお知らせが出ているのを見て、彼は自ら電話をかけて参加を申し込んだ。これをきっかけに台湾同郷会の活動に加わり、推挙されて総幹事になり、さらに会長まで務めた。現地の台湾人社会の結束力を高めるため、さまざまなイベントを催して地元の連邦議員や州議会議員、州首相も招いた。選挙になると、同郷の人々に候補者への寄付を呼びかけて台湾の実力を示し、政治家たちも地元の台湾人社会の力を軽視できなくなった。こうして長年にわたって社会活動に従事してきたことが認められ、ビクトリア州首相から「多様文化貢献特別賞」が贈られた。

台湾と海外の架け橋として

さまざまな活動に率先して参加し、寄付をし、同郷の人々と交流する。見返りを求めない奉仕こそ、キリスト教徒である林見松の信念である。台湾の僑務委員を6年にわたって務めてきた間、彼は現地の台湾出身者と政府との橋渡し役となり、多くの人に台湾を知ってもらうために、メルボルンで初めて台湾文化フェスティバルを開催した。かつて、あるインタビューの中で、林見松は中国大陸からの圧力にさらされたこともあると語っている。その圧力によって、メルボルンの中心に位置するフェデレーション・スクエアに中華民国の国旗を掲げる計画は中止になったが、当日、多くの外国人が中華民国の国旗をあしらった服を着てイベントに参加してくれ、台湾を世界にアピールすることができた。

今年3月、林見松は世界台湾商会(台湾商工会)聯合総会の総会長選挙への出馬を決意し、世界各地を訪れて台湾企業が置かれている状況を理解した。選挙において林見松は、世界各地の台湾企業の地位向上を目指し、台湾企業の権益が現地で保障されるよう努めると訴えた。

台湾政府の「新南向政策」について、林見松は東南アジア市場の発展潜在力は非常に高いと見ており、まずは人材面から着手して人材プラットフォームを発展させ、リソースを統合すべきだと考えている。また海外の台湾企業が現地の若者に奨学金を提供すれば、人材を育てられるだけでなく、企業の社会的イメージも向上する。国際情勢の変化に関しては、林見松は次世代への継承を重視し、6年前に国際青年商会(商工会)を設立した。これは主に1840歳の二代目企業家からなる組織で、「青年商会こそ台湾企業の将来の希望です」と言う。若い世代は、言語や専門知識、国際感覚などの面で台湾企業に新たな世界を開く力を持っている。そこで林見松は、任期中に青年商会と台湾商会のつながりを強化したいと考えている。また、青年商会と国内の若い起業家の力を結び付け、海外の台湾企業がエンジェル投資家になれればと願っている。

世界中の台湾企業の支持を得て第23代総会長に当選した林見松は、台湾の置かれた国際情勢を前にして、台湾企業の行動が現状を変える契機になると考えている。「世界中の台湾企業が、企業家としての社会的責任を果たし、良い企業イメージを確立することです」と期待を込めて語る。そして、世界台湾商会聯合総会が台湾企業の後ろ盾となって、企業と現地政府とのコミュニケーションのプラットフォームとなり、ともに台湾のために努力していきたいと考えている。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!