玩轉設計力 桌上秀創意

:::

2016 / 9月

文‧李湘婷 圖‧林旻萱


桌前方寸空間,陳列人類歷史縮影,亦展現了文明進化成果。

前人藉由筆、墨、紙、硯撰寫歷史、傳遞文化,而如今電腦、滑鼠、鍵盤取而代之,3C產品成為你我桌前要角,按下開機鍵,秀才不出門,便可知天下事,因此而衍伸出各類玩轉設計的文具與電腦周邊,豐富了使用體驗,也讓台灣品牌站上國際,屢獲設計類大獎。


2016年德國紅點設計大獎得獎名單揭曉,於57個參賽國家、5,214項作品中,華碩電腦ASUS創紀錄奪下15項產品設計大獎。無獨有偶的,在世界三大設計獎之一的德國iF設計獎,也一舉奪下13獎項,成績斐然。近年來華碩以消費者體驗至上的設計思維,結合工藝與IT技術,讓這個來自台灣的3C品牌行銷全球,並多次受到國際設計獎項的肯定。

現代人的桌上新風景中,電腦可說是最不可缺少的生活配備。華碩是全球前三大消費性筆記型電腦品牌,近年來將設計中心視為企業發展的另一個重點,設計創造了商品獨特識別度,提升品牌價值,為消費者創造更智慧便捷的數位生活,也成就不斷成長的銷售佳績。

2011年推出至今的超輕薄筆電ZenBook系列,外觀設計像個藝術作品,前後幾代產品的進化都是電腦與工藝設計結合的展現。

工藝精神注入設計

以東方的Zen(禪)為概念,筆電外蓋外殼上同心圓金屬髮絲紋貫穿幾代以來的設計。第一代ZenBook為一體成型金屬工藝,第二代結合玻璃材質透射出滑亮的光澤,第三代研發陶瓷漆上色技術,並開始以鑽切工藝切邊,讓筆電側面呈現出光感折射的線條,這些設計皆以台灣廠商的技術導入出發,讓品牌設計的原創理念完整被實踐。

除了一般人關注的處理效能外,你可能會好奇,為何華碩要在設計上下這麼大的功夫。但對於一個要與世界競爭、擠入全球排名前段班的電腦品牌而言,設計是品牌經營上追求極致的一種展現。

多年來參與ZenBook設計開發的華碩工業設計處副理陳裔庭表示,「設計賦予品牌新的精神,華碩設計理念以『人』為出發,每一項產品的誕生均考量人因設計,設計團隊包括工業設計、人因工程設計、華碩金耳朵音效設計及視覺傳達設計。」工藝部分則有模具開發與材料開發設計兩組人,美學上也有專門的CMF設計師,設計師考量全面而人性,才能站穩世界市場。

手持最新ZenBook 3,陳裔庭說,就好比汽車工藝的side view,筆記型電腦給人最重要的體驗起始於開合之間,「華碩以『時間』作為貫穿筆電的設計語言,開合時側面線條看起來就像時針分針的概念。我們在單一材質上完成霧面噴砂、同心圓、鑽切跳色3種工藝,這樣的堅持與鐘錶工藝相當類似。」

ZenBook的堅持還展現「極薄」這項挑戰上,第一代17mm、第二代15.5mm、第三代使用鋁沖壓製程只有12.3mm,已是業界最薄,而如今ZenBook 3只有11.9mm,比競爭對手Apple的筆電更薄,「我們的設計就是在拚那個零點幾,將所有零組件鑲嵌進極薄的機體內,外觀看起來就像一體成型,所需要的技術本身也是一項工藝。」陳裔庭說,IT產業中數位規格的要求在前,設計在後,還必須追求速度,華碩站上世界舞台的競爭力,就展現在其IT科技與工藝的堅持上,連深受遊戲玩家喜愛的電競系列,也因獨特設計成為玩家首選,目前擁有全球40%市占率。

材質研發、產業串聯

3C產品翻轉了桌上的擺設陳列,傳統的桌燈、收納盒、手電筒也在科技的介入下,有了新材質、新面貌。

與華碩分家後,和碩走出代工企業形象,轉而提供設計服務,另外成立精品部門,PEGACASA品牌的推出,希望透過各類新材質的設計研發,把台灣上、下游產業供應鏈串聯起來,替台灣的技術優勢增加一些發展機會。

PEGACASA  RENAISSANCE 系列生活精品的推出,就是和碩投資於設計的理念實踐,本著對人文與科技的結合為主軸,在自然材質與工藝美學間找到平衡。

和碩聯合科技設計總監李政宜表示,當初選擇代表團隊的第一個精品時,就先設定為桌面上的文具精品,現代人工作時間長、商務需求大,和碩希望創造體驗式經濟的新設計。他說,「人類已經到了馬斯洛需求理論的上層,自我實踐需求提高,體驗式消費對人類生活是重要的一環,因此我們希望創造出來的設計,不僅要有質感,還要有故事性。」

於是選擇以竹子做為代表質材,整個產品線用到超過4種以上的天然竹材,透過不同品種的使用,呈現天然髮絲纖維線條。

其中LED Light桌燈是以台灣麻竹製成,每座燈都只能有一個竹節,且位置必須落在開關的部分,製作過程中會產生很多損料,LED燈泡也必須與竹材完美結合,感覺燈泡就像長在溫潤的竹子裡,這個作品得到2015年芝加哥雅典娜建築與設計博物館優良設計獎的肯定。

而另一項代表作品Torch手電筒,則使用孟宗竹與金屬的異材質結合工法。竹子經過炭化處理、上色、去水分,放電池的內槽正負極端鍍上黃金,不怕電池漏液,照明可達6層樓高度,開關的部分以類似製錶工藝的要求製作成旋轉狀。

李政宜表示,「尋找竹材與設計製作過程是動態的,設計師與竹藝師相互影響,彰顯傳統台灣純熟竹工藝技術,並結合機械、電子設計,完美演繹。」

由於手電筒需要的竹管直徑以 2.5 公分左右最適合人手握持,為找到這種少數、生長較慢或是陽光吸收較差的竹管,設計師必須與竹藝師開著吉普車進入深山小徑尋找,產量也受天候影響,卻也因此讓竹藝老師傅找到下一階段產業延續的能量。

源自於董事長童子賢「文以載道」的理念,和碩對於設計的挹注,也藉由豐富的質材研究,與台灣的中小企業產生鏈結,在設計實踐上找出相對應的加工技術,這是台灣最有實力之處,傳統藝匠精神也是現今科技與傳統文化發展的新契機,PEGACASA希望讓顧客留下更多體驗式的消費感受。

也因此就連做一個手機殼,和碩設計都有自己的堅持,將重點放在呈現企業價值,而不是只為與坊間產品競爭。李政宜談起在台中找到了鍛造碳技術廠商參與合作開發,首創結合航太級鋁合金等複合質材的製作過程,他說,新技術的能量還要真正能夠量產,量產的參數夠成熟了,就能夠反向回饋到母公司,「這樣的經驗值,可以延伸日後為客戶做設計服務,應用在其他IT產品上,提供客戶看到我們的新技術,是公司研發能力的另一種展現。」

玩轉文具新創意

桌前新風景,總少不了老元素。將傳統文具玩轉出新的文創趣味,近幾年受到許多消費者青睞,但能夠真正以品牌經營並打入國際,「唷吼設計」旗下的品牌urban prefer當屬台灣代表。

甫於8月底紐約開展的NY NOW展覽中,urban prefer的創意文具在展覽中受到許多設計師關注,這個2007年成立的台灣品牌,早在2009年就被國際市場看見,陸續被代理至香港、日本、荷比盧地區、泰國、法國、英國,並曾獲邀於英國知名的 Harrods百貨上架,奠定了國際通路基礎與產品知名度。

2014年曾拿出省力釘書機、SUMO削鉛筆機、DAWN雙USB車用充電器及MATE多功能行動電源等4項產品參賽,當年即抱回德國紅點、日本Good Design、美國IDEA及國內金點設計獎項共十座,urban prefer的設計實力源自於「做好設計」這件事。

唷吼設計以「urban prefer」為品牌,執行創意總監黃建偉當初創業,是希望創造一個完全以設計為思考的品牌,在乎消費者使用上的狀況,一定要解決某一個問題,目前除了文具設計,還增加開發旅行商品的系列。

公司十幾位平面設計與工業設計師,都是台灣年輕世代的設計好手,由於商品開發上需要一定的投資,過程自然也曾碰到過不少的挫折,但是每次出國參展,都能得到不錯的反應,證明台灣的設計實力不輸人,這是黃建偉堅持至今的原動力。

2014年推出的省力釘書機,應用雙槓桿原理,至今仍為目前市面上最省力的單品,在尾部輕推按壓即可拉出針夾的設計,以及優雅如高跟鞋的外型,2009年曾創下一次參展就銷售金額40萬的紀錄,之後考慮到歐美市場使用規格,以及雙排針夾等設計,至今已有4支代表性的產品,其中一款平針的規格最近被美國的現代藝術博物館MoMA選為銷售品項,urban prefer還設計了無針釘書機,讓這項辦公桌上的小物成為許多上班族茶餘飯後的話題。

設計力為產業增加機會

黃建偉指出,文具設計市場在台灣門檻不低,團隊盡可能與台灣的製造廠合作,為上、下游廠商創造訂單。「urban prefer以好的設計,推動與台灣廠商的技術合作,畢竟在功能上要全新開發並不容易,我們希望在傳統品項中解決使用上的問題,希望大家以平價享受到好設計,所以定價門檻也不高。」

讓人印象深刻的SUMO削鉛筆機即將推出新改款,獨特的三角造型使用上更省力,「三角形是穩定的形狀,抓地力佳,大手小手都能舒適抓握,光是對表面材質的堅持,設計師與廠商就溝通了好長一段時間。」黃建偉說出了品牌設計上的堅持,他曾因為廠商配合問題整批退貨而失去商機,摸索的過程讓他更清楚品質上該如何要求,近年來網路銷售趨勢成為主流,他也希望日後能由公司自己來服務終端消費者,創造更符合市場性的設計。

從台灣頭到台灣尾,許多隱藏版的世界技術默默在各自的廠房裡發光,藉由電腦周邊與文具類品牌設計力的開發,串聯起本土文化、知識經濟、IT技術……等傲人的台灣軟實力,藉由設計力的加值與挹注,為台灣產業增加機會,也提升品牌的核心價值與競爭力。

相關文章

近期文章

英文 日文

Playful Designs Creating a New Desktop Terrain

Lee Hsiang-ting /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Scott Williams

Once upon a time, people recorded history and passed on culture through the “four treasures of the study”: brush, ink, paper, and inkstone. But as personal computing has become ubiquitous, electronic devices have virtually taken over our desktops. Nowadays, we can find out what’s happening almost anywhere in the world without ever leaving our homes—all we need do is turn on a device. In more recent years, Taiwanese manufacturers have begun focusing more on design, developing computers and desk accessories that are not only delivering satisfying user experiences, but earning international attention and accolades.

 


In fact, ASUS won a record 15 product design awards at the 2016 Red Dot Awards in Germany. It scooped up an additional 13 prizes at the 2016 iF Design Awards, one of the world’s top three design events. ASUS has been placing the consumer experience at the heart of its design philosophy and focusing on design as a key component of its business development for the last several years. Its incorporation of traditional handicrafts and information technology into its designs has earned the company numerous international accolades and global distribution of its products.   

ASUS began integrating crafts-oriented design into the development of its products with the 2011 launch of its seminal ZenBook line of lightweight laptop computers.

Craft plus design

The ZenBook itself draws inspiration from Zen aesthetics. The look includes a distinctive pattern of concentric circles spun into the surface of the computer’s brushed-­aluminum lid, a visual trademark that has been retained over several product generations. Other design elements have changed. The first-generation ZenBook had a body made entirely of aluminum, whereas the second incorporated hardened glass elements into the case to make it especially sleek and glossy. For the third generation, ASUS utilized color application techniques drawn from ceramics, and began diamond-cutting the edges of the lid to give them a sharp, highly faceted look. The ZenBooks make full use of Taiwanese technology to ensure that the final product adheres as closely as possible to the designers’ original vision.

Loewy Chen Yi-ting, an associate design director at ASUS, has been involved with the design and development of the ZenBook for years. He says, “Design brings a new spirit to a brand. ASUS’s design philosophy begins with people—we birth every product with people in mind. ASUS is a global brand because our designers view design comprehensively and humanistically.”

Holding a soon-to-be-released ZenBook 3 in his hands, Chen says consumers react to laptops and automobiles similarly. Laptops initially impress buyers with how they open. Automobiles do so with their side view. “‘Time’ is a key theme of ASUS’s laptop design language. When you open an ASUS laptop, its profile resembles the hands of a clock.” 
ASUS has been dedicated to keeping the ZenBook ultrathin. The first generation was just 17 millimeters thick. The second was an even thinner 15.5 mm. The svelte 12.3-mm-thick third generation was built from stamped aluminum sheets that made it the thinnest laptop in the world at the time of its release. And, at just 11.9 mm, the company’s newest ZenBook 3 is even thinner than rival Apple’s offerings. “Our design embeds all the components in the very slim body, and makes the exterior look as if it’s all just one piece of metal. The techniques we used to create it were almost an art unto themselves.”

Chen says that the IT industry generally prioritizes hardware specifications over styling, and that machines have to be fast. But, as a company, ASUS is internationally competitive because it combines its technology with a commitment to design. Its beloved pro-gaming series of products are a case in point. In addition to their speed, they feature unique designs that have helped them win 40% of the global market.

Connecting businesses

So-called 3C products (computer, communications, consumer electronics) have become part of the modern desktop landscape. Technology has impacted even traditional items like desk lamps, storage boxes, and flashlights by introducing new materials and new looks.

Pegatron, an ASUS spinoff, has moved from contract manufacturing to design services, and established its own upscale design-oriented brand. Called Pegacasa, the brand aims to forge tighter links between up- and downstream firms through materials R&D and design, and to provide Taiwan with opportunities to build on its technological strengths.

Pegacasa’s Renaissance series of products for the home exemplify its design philosophy: integrating culture with technology and finding a balance between natural materials and design aesthetics.

Alain Lee, Pegatron’s design director, says that the Pegacasa team decided to make a desk accessory its first product. Recognizing that people today work long hours and face stringent business-related demands, the team targets its new designs at the experience economy. Lee says, “We try to create designs that not only have a high-end look, but also tell a story.”
The team chose bamboo as the Renaissance series’ trademark material, using different varieties to highlight their natural fibers and lines.

Pegacasa earned the Chicago Athenaeum’s Good Design Award in 2015 for its ma bamboo LED desk lamp. The lamp’s bamboo arm includes only a single node where the power switch is located. The arm also fully integrates the LEDs, making it look as if the light has been grown in the bamboo.

The brand’s “Torch” flashlight is another trademark piece. The flashlight’s moso bamboo body is carbonized, colored, and dried; the contacts in its battery compartment are plated with gold; its beam can illuminate objects six stories up; and it features a switch with a finely crafted rotating lever.

Lee says, “Our search for materials, our design, and our manufacturing processes were all dynamic, with our designers and bamboo craftsmen influencing one another throughout. The end product integrates mechanical and electronic design to great effect, and highlights the skillfulness of Taiwan’s traditional bamboo handicrafts.” This kind of cooperation also enables Taiwan’s master bamboo craftsmen to keep their craft alive.

Pegatron’s designs are driven in part by chairman T.H. Tung’s belief that the objects should embody a moral argument. The company also devotes significant effort to materials research, then looks for small and medium­-sized enterprises with the technologies it needs to bring its designs to life. In so doing, it is creating new opportunities for traditional craftsmen to extend their art and integrate it with technology.

Pegatron holds itself to high standards even when designing something as simple as a cellphone case, a project that brought about a partnership with a firm making forged carbon products in Tai­chung. “This kind of experience enables us to offer clients more extensive design services,” says Lee. “Applying this experience to other IT-­related products lets us show clients new techniques that we’ve acquired and demonstrate our R&D capabilities.

Innovative desk accessories

Modern desktops still retain older elements, but consumers have been showing increasing interest in products that give traditional desk accessories a creative and cultural twist. Taiwanese design house YOW!design has created its “urban prefer” brand specifically to target this market and establish itself in the international arena.

YOW!design was founded in 2007, and began placing urban prefer products with agents in several countries in 2009. It has since gone on to earn shelf space at Britain’s renowned Harrods department store, establishing a foundation for the international distribution and recognition of its products. In fact, urban prefer’s innovative desk accessories attracted the attention of many designers at the NY Now trade show in August.

The company also enjoyed great success with the four products it entered into design competitions in 2014. These included a line of “easy” staplers, the SUMO pencil sharpener, the DAWN dual USB car charger, and the MATE multifunctional portable power bank, which together earned a total of ten domestic and international design awards, including Germany’s Red Dot, Japan’s Good Design, the United States’ IDEA, and Taiwan’s own Golden Pin.

YOW!design head Chris Chenwei Huang created urban prefer in an effort to build a brand devoted to design, one concerned with how consumers use items and that resolves specific problems. The company’s young team currently designs not only desk accessories, but also travel-related items.

The “easy” staplers it introduced in 2014, for example, use a double-lever design that requires less effort to operate than any other stapler currently on the market. They also feature a staple drawer that opens easily with a quick press on the end of the device. The “easy” line currently consists of four models, including one that looks like a high-heeled shoe, another with an extra-large staple drawer, and still another designed with European and North American standards in mind. One of the models, a flat stapler called Atomo, is now available in the gift shop of New York City’s Museum of Modern Art.

The company has also created a staple-less stapler that has become a “staple” of many a water-cooler chat.

Creating new opportunities

Huang says that his team is doing its utmost to work with Taiwanese manufacturers, creating orders for firms up and down the production chain. He explains that they do so because developing manufacturing capabilities in house would be challenging, and they want to ensure that the general public has access to good design at a reasonable price.

One of the company’s other products, the SUMO pencil sharpener, is immediately recognizable for its triangular shape, which also happens to save effort. “Triangles are very stable. The SUMO grips surfaces well, and is comfortable for both large and small hands. Our designers spent a long time working with the manufacturer on the details, even on things like the material used on the exterior.” With online shopping becoming a default option for many people, Huang hopes his company will soon be able to service its final consumers directly, and to create even more marketable designs.

World-class design professionals are shining brightly at firms all over Taiwan, using their skills to develop technology and desk-accessory brands that link together several kinds of Taiwanese soft power, including local culture, the knowledge economy, and information technology. More, their design skills are adding a new dimension to the core values of Taiwanese companies and making those companies even more competitive. 

 

デザインが変えるデスク空間

文・李湘婷 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

オフィスや書斎のデスクの限られた空間は、人類が歩んできた歴史と文明の縮図でもある。

かつて筆と墨、紙と硯で綴られてきた歴史が、今はパソコンとマウス、キーボードで記録され、それらによって、一歩も外に出ないまま世界中の出来事に触れられるようになった。そうした中、デスク上の空間を豊かにするデザイン性の高い文具や周辺機器が生まれ、台湾ブランドのデザインが世界でも注目されるようになった。


 2016年のドイツのレッド・ドット・デザイン賞では57ヶ国、5214の参加作品の中から、台湾のASUS15項目のプロダクトデザイン賞を受賞した。同社は同じく世界三大デザイン賞の一つであるドイツのiFデザイン賞でも13項目の受賞を果たした。近年、ASUSは消費者の使用体験を至上とする理念で工芸とITを融合し、製品を世界に売り込むと同時に、国際的なデザイン賞でも高く評価されている。

現代人のデスクの風景といえば、パソコンは欠かせない。ASUSはノートPC分野で世界3大ブランドに数えられるが、最近はデザインに重点を置いてブランド価値を高め、消費者のデジタルライフを豊かにしつつ、売上を伸ばしている。

2011年に打ち出した超薄型ノートPCZenBookシリーズの外観はまさにアートであり、以来、バージョンを重ねるにつれてデザインも進化させ、パソコンと工芸の融合を進めてきた。

デザインにクラフト精神を

東洋のZen(禅)の概念から生まれたのが、同心円を描いたヘアラインである。初代ZenBookはメタルボディ、第二代は光沢の美しいガラス、第三代はセラミック塗装と続き、エッジのダイアモンドカット加工も加わった。

性能が重視されるパソコンの分野で、なぜこれほどデザインに力を入れるのか。世界のトップに名を連ねるブランドにとって、デザインは究極を追求する姿勢の現われなのである。

長年ZenBookのデザインに携わってきたASUSインダストリアル・デザイン処の陳裔庭は「デザインはブランドに新たな精神を与えます。ASUSは『人』を出発点とし、すべての製品に人の要素を考慮します」と語る。工芸の分野では金型開発チームと素材開発チームがあり、美観は専門のCMFデザイナーが人間性を考慮してデザインするのである。

陳裔庭は、自動車の側面の外観と同様、ノートPCが人に与える最も重要な体験は、開閉作業から始まると言う。「ASUSでは『時間』の概念をデザインに取り入れています。ノートPCを開いた時の側面のラインは時計の針に似ています。私たちは単一素材のつや消し塗装と同心円、ダイアモンドカットという3つの工芸に、時計工芸と同様のこだわりを持っています」と言う。

ZenBookはさらに「超薄」にも果敢に挑戦している。初代は厚さ17ミリ、第二代は15.5ミリ、第三代はアルミプレス工程で12.3ミリという業界最薄を達成し、さらにZenBook3では11.9ミリまで達成した。ライバルであるAppleのノートPCより薄い。「私たちは、零点何ミリの差を追求しています。その極薄ボディの中にすべての部品を組み込み、外観がスマートに包み込む。そこに求められる技術は工芸そのものです」と言う。IT産業で第一に求められるのは規格で、デザインは二の次であり、さらにスピードが求められる。ASUSは世界市場で競争力を発揮しつつ、IT技術と工芸の両方で手を抜かない。その精神がゲーマーからも支持され、ゲーミングPCの分野では世界シェア40%に達している。

素材開発と産業連携

デジタル機器はデスク上の配置を変えたが、従来のライトやトレイなどにも新たな素材が取り入れられている。

ASUSからスピンオフしたPegatron(和碩)はOEMで知られるが、ここでもデザイン部門を設けてPegacasaブランドを打ち出した。各種新素材のデザインと開発を通して、台湾の川上から川下までの産業を結び付け、台湾の技術的優位性にさらなる発展の機会を見出そうとしている。

Pegacasaのルネッサンスシリーズ生活雑貨にはデザイン分野に取り組むPegatronの理念が表れている。文化とテクノロジーを融合させ、天然素材と工芸美にバランスを見出すのである。

Pegatronのデザインディレクター李政宜はこう話す。デザインチームが最初の製品にデスク上のステーショナリーを選んだのは、ビジネスに忙しい現代人はエクスペリエンス・エコノミー(体験経済)を求めていると考えたからだ。「現代人はマズローの欲求5段階説の最高レベル、自己実現の欲求の段階に達していて、体験型の消費が重要になっています。だからこそ、デザインには質感の他にストーリー性が必要なのです」

そこで彼らは竹を素材に選んだ。

LEDデスクライトには台湾麻竹(マチク)を選び、1台に一つだけ、スイッチの位置に節目が来るようにした。LEDはまるで自然に竹の中に存在するような感じで温かい光を放つ。この作品は2015年にシカゴ・アテナイオン博物館のグッドデザイン賞を受賞した。

もう一つの代表作、Torch懐中電灯では孟宗竹(モウソウチク)と金属という異質な素材を組み合わせた。竹は炭化処理して塗装し、電池を入れる部分のプラス・マイナス端子には金メッキを施して液漏れにも強くし、照明は6階建ての高さまで届く。スイッチは時計工芸にも等しいレベルの回転式である。

李政宜によると、竹の素材探しやデザインから製造工程までにわたって、デザイナーと竹工芸職人が互いに刺激し合い、伝統の竹工芸技術が機械・電気設計と結合して素晴らしいものができたと言う。

懐中電灯に必要な竹材は、握りやすい直径2.5センチと決め、それに合う竹を探すために、デザイナーと竹工芸職人は一緒にジープで山中を探し回り、量産段階でも天候の影響を受けたが、竹工芸職人もこうした経験を通して新たな産業にチャレンジするエネルギーを見出した。

また童子賢董事長の理念に従い、Pegatronでは材質を丹念に研究し、中小企業の産業チェーンと協力して加工技術を探っている。これこそ台湾産業の実力と言えるだろう。昔ながらのクラフトマンシップが新技術発展の契機となる。こうした過程を通して、Pegacasaはより多くの体験型消費を生み出したいと考えている。

こうした考えから、スマホケースのデザインでも、一般の商品との競争よりも企業価値の体現に重きを置き、カーボン鍛造技術を持つ台中のメーカーとも開発面で協力している。「こうした経験が今後のIT製品のデザインに応用できれば、顧客に我々の新技術を見せることができ、企業としての開発エネルギーを発揮できるのです」と李政宜は言う。

文具の新たな世界

デスクには昔ながらの文具も欠かせず、デザイン性の高いステーショナリーが注目されている。そうした分野で台湾を代表するブランドと言えばYOW!design傘下のurban preferであろう。

今年8月末に開かれたばかりの見本市NY NOWでもurban preferのステーショナリーが注目された。2007年に誕生したこの台湾ブランドは、2009年には海外のバイヤーから注目され、香港、日本、オランダ、タイ、フランス、イギリスなどでも販売されており、イギリスのデパートHarrodsも扱っている。

2014年には、力の要らないホチキス、SUMO鉛筆削り器、DAWNデュアルUSBカー・チャージャー、MATEポータブル・パワーなどがドイツのレッド・ドット賞、日本のグッドデザイン賞、アメリカのIDEAデザイン賞や台湾の金点設計賞など10の賞に輝いた。

YOW!designのクリエイティブ・ディレクターである黄建偉は、デザインから発想するブランドとしてurban preferを立ち上げた。ユーザーの立場から問題を解決するデザインである。今は文具の他に旅行用品も手掛けている。

同社に属する十数人のグラフィックデザイナーや工業デザイナーは全て台湾の若手である。商品開発には資金がかかるため、これまで幾度も壁にぶつかったが、海外の見本市やデザイン賞で確実な反響を得てきたことが、今まで続けてこられた原動力になっている。

urban preferの力の要らないホチキスは、てこの原理を応用したもので、後部のボタンを押すと針の装填部が出てくる。ハイヒールのようにエレガントなデザインで、2009年の見本市では一度に40万の注文が入った。これまでに4モデルを出しており、その一つは最近、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のストアでも扱われることになった。この他に針なしステープラーも開発し、オフィスで話題になっている。

デザイン力がもたらすチャンス

製造面では、川上から川下まで可能な限り台湾のメーカーと協力していきたいと黄建偉は語る。「urban preferは良いデザインをもって、台湾の多数のメーカーと技術協力していきます。機能面でまったく新しい商品を開発するのは容易ではないので、従来からある商品の使用上の問題を解決する方向で考えています。より多くの人に実際に使ってもらうため、値段もあまり高く設定しません」と言う。

印象的なフォルムのSUMO鉛筆削り器は、近々新たなモデルを出す予定だ。独特の三角形は使用時の力を削減できる。「三角形というのは安定した形状で、大人にも子供にもつかみやすいのです。表面の材質へのこだわりから、デザイナーはメーカーとの話し合いにも相当な時間をかけました」と言う。黄建偉は、ブランドとしてのデザインを堅持しており、一度はメーカーの協力が十分に得られず、ビジネスチャンスを放棄してでも全ロットを返品したことがあるという。そうした経験から、品質面でどのように要求すべきかも学んできた。昨今はネットショッピングが主流となり、今後はurban preferも、直接エンドユーザーにサービスを提供し、より的確に市場のニーズをつかんでいきたいと考えている。

台湾の北から南まで、数々の工場に世界レベルの優れた技術が眠っている。PCアクセサリやステーショナリーブランドのデザイン開発が、文化や知識、IT技術といった台湾のソフトパワーをつなぎ、付加価値を高めることによって、台湾の産業に新たなチャンスが生まれ、ブランドの価値や競争力も高まっていくことだろう。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!