稻田裡的夢想家

海灣繪本館
:::

2018 / 5月

文‧陳群芳 圖‧林旻萱


2017年12月海灣繪本館在台中熱鬧開幕,這座由海灣故事文化創意協會所催生的夢想基地,致力推廣台灣原創作品,繪畫、音樂、彩染、裝置藝術都可以是藝術呈現的方式,吸引許多大朋友、小朋友相偕來此聽故事、玩遊戲。從此台中清水,除了高美濕地,又多了一個新景點。

這座長在田中央的繪本館為何叫海灣繪本館,究竟蘊藏著甚麼浪漫的夢想,讓我們來一探究竟。

 


 

搭車來到台中市港區藝術中心,沿著對街眷村文化園區的小路,走過第一排眷村,穿過一片片稻田,忽然,一尾彩繪的大翅鯨出現在眼前,這裡是台中清水的海灣繪本館。

從沙洲長出的夢想堡壘

脫掉鞋子,走進館內,在大廳迎賓的,是天花板上懸吊的一對雲朵大翅鯨。這是海灣故事文化創意協會理事長顏名宏為繪本館的意象所創作,而台灣是鯨魚迴游的必經之地,「台中清水到大安一帶的沙洲,古地名為『海翁窟』(台語),海翁是大鯨魚的意思,如果上網用Google Maps一看,大安溪到大肚溪這一段海岸看起來就像一隻大翅鯨。」每每遇到來參觀的民眾,館長陳旻昱都這樣訴說海灣繪本館的概念發想。

這對雲朵大翅鯨,上方的鯨魚媽媽像是雲朵般,形體不是那麼明顯,象徵母親的千變萬化,也用雲朵的雨水滋潤下方的小鯨魚,以及所有來到繪本館的人。

海灣繪本館是國內第一座由非營利組織所經營的專業繪本館,參觀不用收取門票。大廳一整面牆的書櫃裡,擺滿了國內外精彩的繪本作品,供民眾閱讀。木質地板的開放空間,每到假日總是吸引許多親子前來,享受與繪本相遇的美好時光。

往內走,還有幾間展覽廳,其中一間蝴蝶飛舞的裝置藝術空間,引人注目,這是陳旻昱為繪本館所做的示範展。畢業自成功大學都市計劃學系的他,原本從事社區營造的工作,十多年前中年轉業,以筆名「玉米辰」創作許多有關台灣環境與生態保育的繪本。擅長立體紙藝的陳旻昱,以探討台灣紫斑蝶的作品《捕蝶人》為發想,將繪本裡的城堡創作成一本巨幅的立體書,同時也化身成室內裝置藝術的一隅。

陳旻昱還挑出各個作品裡的動物,如屏東陸蟹、花東的鬼頭刀魚和曼波魚等,重新集結成一面色彩繽紛的繪本牆。房間內吊掛著志工媽媽們親手製作的近千隻紙蝴蝶,在空中飛舞,當陽光灑落屋內,或入夜開燈後,紙蝴蝶與光影錯落,空間充滿了浪漫的想像與驚喜。也讓後續的展覽者參考,繪本的展示不侷限於畫作,海灣繪本館歡迎創作者以各種形式盡情發揮。

台中海線的在地能量

海灣繪本館能從無到有,將頹圮的老舊眷村,一點一滴改造成充滿想像空間的藝文基地,陳旻昱笑說,這背後有一群愛玩、愛作夢的人,他們是台中海線一帶一群關心兒童教育與地方文化的人們。陳旻昱表示,這裡面很多人都參與過反對高美濕地蓋工廠、台中清水國小的古蹟保留等社會運動,持續為地方的文化發展投入心力。

這群人在2016年成立了海灣故事文化創意協會,經常邀請各地的表演團體舉辦藝文季,深入台中海線的小學,帶著孩子參與繪畫、戲劇、手藝品製作等各式活動,希望將藝術文化帶進偏鄉,為美感教育注入能量。

專長公共藝術的理事長顏名宏曾經在廣播節目說:「想要有個基地,一個讓孩子可以做夢的地方。」於是有了成立海灣繪本館的想法,邀集志同道合的朋友們,一起讓被遺忘的眷村文化園區重新活絡起來。

匯集民間的力量,大家有錢出錢有力出力。眷村的舊門板成了繪本館的招牌;從清水高中募來的課桌椅,是民眾在院子乘涼聽故事的地方;原本在後院的香蕉樹與台灣欒樹則被妥善設置了木棧板,成為野餐時最好的景觀台。佈展、設計、裝潢,大家發揮各自的所長,讓溫潤的人情味,不斷地發酵,這座被稻田圍繞的夢想基地,竟在兩個月的時間就建置完成。

繪本不只是繪本

繪本館以深入介紹台灣本土創作者為目標,每季邀請一位繪本家展覽,除了展出作品,在展覽期間繪本館的活動都以繪本家的作品為發想。佈展前舉辦說書人共讀會,讓所有的志工夥伴與有興趣的民眾共讀繪本家的作品,深入剖析創作理念,也會邀請作者前來分享,然後規劃一連串與作品相關的主題活動,讓繪本展不再只是一閃而過的圖畫展。

館內第一個展出的繪本家,是國內少有以版畫創作繪本的創作者張秀毓,曾經創作《爸爸的友善茶園》、《爺爺的玻璃店》、《媽祖春遊趣》等充滿本土情感的作品。此次展覽以講述新埔曬柿的《阿婆的燈籠樹》為主軸,故事圍繞著都市小孩安安因故回到奶奶家幫忙曬柿子,從抗拒回鄉下,到感受阿婆(客語:奶奶)的愛、鄰居間互動的人情味,質樸且溫暖。

大家圍坐在地板上聽著館員生動有趣地講著燈籠樹的故事,而後介紹版畫的製作,最後再帶參觀的民眾親手體驗版畫的印製。

初次體驗版畫的孩子們既興奮又緊張,當掀開自己親手印製版畫的瞬間,即露出驚喜又充滿成就感的神情。

一連串的體驗活動,讓民眾由淺入深地了解創作者。張秀毓也曾跟陳旻昱分享,她在許多地方演講、展覽,但如此多面向呈現繪本的內容還是第一次。「希望運作一個空間,讓台灣的創作者被看見,而且被看見的方式是與觀眾有更多的互動。」陳旻昱說。

海灣繪本館五月中旬即將登場的是繪本家張又然的作品,曾出版《春神跳舞的森林》、《少年西拉雅》等,台灣山林之美都被她細膩的畫風蒐羅到繪本裡。屆時將以她最新作品《藍色小洋裝》為主要發想,設計藍染的體驗活動。

人人都能作夢

不只是專業創作者,海灣繪本館也為素人打造藝術展演的舞台。繪本館外牆上的大翅鯨,名為《飛行海灣的歌聲》,其實是一位素人的學生作品。繪者盧政憲在高中時創作、大學時重製上色,2017年在館方邀請下,以戶外裝置藝術的形式呈現,色彩繽紛的大翅鯨讓每位來到繪本館的民眾驚艷。

館內的展廳也為非專業創作者保留了一個空間,可能是孩子、也可能是對圖像表達有興趣的民眾。例如,曾經展出一位化名畢卡信的孩子的作品「1~100隻小怪陶」,小朋友以陶土捏出腦中天馬行空想像。四月份則展出自閉症女孩林依慧與媽媽蔡威君共同創作的繪本《瑪莉不說話》。不擅表達的林依慧,用繪畫作為她和外界溝通的媒介,帶領大家走入自閉症孩子的世界。

開幕至今,海灣繪本館獲得許多迴響,也讓台中市政府看見了發展的可能,文化局已著手規劃將繪本館周邊閒置的眷村空間打造成國際繪本館。能促成公共建設的發展,陳旻昱樂觀其成,問起繪本館的下一步,他笑笑地說起OCOB(one child, one book)的想像:希望繪本館不只展示繪本,更能成為創作故事的場域,並計畫建立一個機制,讓繪本創作成為學校課程,與孩子用一年的時間共同創作,然後再將其出版典藏,更或者是邀請專業藝術家合作將繪本重新演繹。當腦中的故事化為真實,對孩子來說將會是多麼美好。

微風吹拂,稻田像是綠波浪,以繪本為載體,海灣繪本館這座夢想的實驗基地,邀請大朋友、小朋友一起讓美夢成真。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Dreamers in the Rice Paddies

Humpback Whale House

Chen Chun-fang /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Bruce Humes

Humpback Whale House opened its doors in Tai­chung with a flurry in December 2017, dedicating itself to promoting original Taiwanese artwork via diverse forms of creative expression, such as painting, music or installation art. From that day onward, the house has joined the Gao­mei Wetlands as a new attraction in Qing­shui District, a coastal suburb of Tai­chung.

What’s the origin of the name of this structure standing amidst paddy fields, and what sort of romantic dreams are secreted there? Let’s take a closer look. 

 


 

Arriving at the Seaport Art Center near Tai­chung Harbor, we take the narrow street opposite that runs through Qing­shui Art Village, housed in the buildings of an old military dependents’ village. After cutting through the first rows of houses and passing between some paddy fields, we suddenly catch sight of the brightly colored image of a marine mammal, painted on the wall of a house in a large compound: this is Qing­shui’s Humpback Whale House.

A sandbar, a whale and a castle of dreams

Admission to the house is free. Greeting visitors in the main hall is a pair of whale-shaped clouds hanging from the ceiling. This is a work created for Humpback Whale House by Yen Ming Hung, director of the association that founded and manages it. “Long ago, the sandbars that stretched from Qing­shui to Da’an were called ‘hangouts of the big whales’ in Taiwanese,” recounts curator Corn Chen to each visitor he encounters, in order to explain the inspiration for the house’s intriguing name.

The larger and higher of the pair of clouds—whose shape is more nebulous—symbolizes the ever-changing Mother who disperses nourishing raindrops on the little whale below, as well as upon all visitors here.

One entire wall in the hall consists of shelves stacked full of wonderful picture books from Taiwan and overseas.

As visitors continue on inside, they will find several exhibition rooms, one of which is an installation art space filled with butterflies in flight, an eye-catching demonstration exhibit made by Chen himself. He has also created many picture books about the local environment and ecological conservation. Chen excels at three-­dimensional paper art, and taking inspiration from his book Butterfly Hunter, which explores Taiwan’s crow butterflies, he has transformed a castle from the book into a giant pop-up that forms part of the exhibit.

Nearly 1000 paper butterflies, handcrafted by female volunteers, dangle from the ceiling. When sunlight showers the room, or when night lights shine, the butterflies play hide-and-seek with the light, and the space feeds one’s imagination. It also serves as a reminder to future exhibitors: displays need not be limited to paintings; artists are welcome to use whichever format appeals.

High-energy coastal area

Behind the transformation of dilapidated military dependents’ housing into a base for culture and the arts, replete with space for the imagination, is a group of fun-loving dreamers, explains Chen with a smile. They care about children’s education and the culture native to the city’s coastal area.

In 2016, this group founded Picture Your Stories@Humpback Whale House, a non-profit association. It frequently invites performance troupes from around Taiwan to take part in seasonal art festivals, and to lead local schoolchildren in painting, drama and handicraft activities in the hopes of enriching their aesthetic education.

Director Yen is himself a specialist in public art. “We wanted a ‘base,’” he once said on a radio show, “a place where children could dream.” Thus was born the idea of establishing Humpback Whale House.

The power of local people was harnessed to make this a reality. Those with the means contributed money, while others contributed their labor. A door panel from the old village became the sign for the Humpback Whale House; a wooden deck was laid around the banana and flamegold trees located in the back courtyard, complete with tables and benches, transforming it into an ideal picnic area. Design, decoration, exhibition planning—everyone undertook the tasks for which they were best suited, and their mutual en­thusi­asm combined to shorten the construction time to just two months.

Not just a picture book

The Humpback Whale House’s mission is to offer an in-depth introduction to Taiwanese artists. Each season, it invites a picture-book illustrator to exhibit, and during that period, his or her works are the inspiration for activities. Prior to the exhibition, a storyteller narrates the tale before an audience, after which the creative concept behind the story is analyzed in depth. The illustrator is also invited to share his or her experience, and then a series of themed activities is put on.

The first illustrator to exhibit was ­Chang Hsiu-yu, one of the few artists in Taiwan to create picture books using woodblock prints. Her works, such as Dad’s Friendly Tea Garden and Grandpa’s Glass Shop, are full of love for Taiwan. This exhibition was designed around The Grandmother’s Lantern Tree, a story about sun-drying persimmons set in Hsin­chu’s ­Xinpu Township. The tale revolves around An’an, a city-bred child who returns to his paternal grandmother’s place to help process the persimmons. From initially resisting country life, to the point where he recognizes the affection his grandmother holds for him, and the goodwill present in inter­actions between neighbors, we sense rustic simplicity and warmth. 

During Chang’s presentation, everyone sat around on the floor listening to the tale of a lantern tree, named after its paper-thin fruit capsules that resemble a Chinese lantern. Then the artist explained how woodblock prints are produced, and lastly, each member of the audience got a chance to experience how to make one.

In the moment when the children lifted up the prints they had created with their own hands, delight and a sense of accomplishment showed on their faces.

“I hope to operate a space where Taiwan’s artists can be seen, and the best way to be seen is through interaction with an audience,” says Corn Chen.

In mid-May, ­Chang Yu Jan’s illustrated works will take the stage at Humpback Whale House. Thanks to his highly detailed style, the beauty of Taiwan’s mountain forests is captured in his picture books, such as The Forest Where Spring Fairy Dances and Siraya Boy. His newest work, The Little Blue Dress, will be the inspiration for a hands-on indigo print workshop.

Everyone can dream

Humpback Whale House has also created a stage for amateurs to display their art. Dubbed Song of Flight Above the Bay,” the humpback whale painting that graces the front wall of the house is actually the work of a student. Its painter, Lu Zheng­xian, created it while still in high school, and redid it in color during his university days. At the request of Humpback Whale House, in 2017 he recreated it on the house’s outside wall.

The exhibition rooms also reserve some space for non-professional creators, who may be children, or adults who are interested in graphic expression. A picture book entitled Mary Doesn’t Speak—jointly created by a young autistic girl, Lin Yi­hui, and her mother Cai Wei­jun—is on display April 14 to May 27. Yi­hui, who is not good at expressing herself verbally, uses illustrations as her medium of communication to bring others into her autistic universe.

Since opening, Humpback Whale House has generated much discussion. The Tai­chung City Cultural Affairs Bureau plans to create an international version that would take advantage of unutilized space within the old military dependents’ village. Asked about Humpback Whale House’s next move, Chen smiles and reveals his “One Child, One Book” vision: He hopes that the house can host a year-long course in which students would interact with the house artists to create their own stories, and the fruits of this collaboration would be published and placed in the house’s collection. Or, artists special­iz­ing in a given domain could be invited to use a student’s original work as a starting point for further creation. How wonderful for a child to see his or her imagined tale fully realized in the form of a picture book!

Through the medium of the picture book, Humpback Whale House—this “experimental base for dream realization”—invites friends young and old to help make lovely dreams come true.

水田の夢想家

海湾絵本館

文・陳群芳 写真・林旻萱 翻訳・久保 恵子

2017年12月、海湾故事文化創意協会が設立に尽力した夢の基地、海湾絵本館が台中にオープンした。絵画、音楽、インスタレーションなどの芸術表現による台湾のオリジナル作品を紹介し、多くの家族連れがお話を聞き、楽しく遊ぼうと訪れ、台中市清水に、高美湿地区に加え、もう一つ新しい観光スポットを加えた。

水田に立つ絵本館がなぜ海湾の名を冠するのか、そこに秘められたロマンティックな夢を探ってみよう。


台中市港区の芸術センターを訪れ、旧軍人家族住宅(眷村)を改修して設立された眷村文化園区から、一面の水田を抜けると、目の前に大きくカラフルなザトウクジラが出現する。ここが台中清水の海湾絵本館である。

砂州から生れた夢の城

靴を脱いで入ると、ロビーの天井から雲のようなザトウクジラ二頭が出迎える。海湾故事文化創意協会の顔名宏・理事長が絵本館のイメージと定めたのだが、そもそも台湾はクジラの回遊地である。「台中清水から大安一帯の砂州は古い台湾語の地名で海翁窟と言います。海翁はクジラのことで、グーグルマップで見ると、大安渓から大肚渓までの海岸はクジラに似ています」と、陳旻昱館長は、入館者に会うたびに海湾絵本館のコンセプトを説明する。

雲の形の二頭のザトウクジラだが、大きい方の母クジラはまさに雲のようにふんわりした形をしていて、千変万化する母の姿を象徴し、雲から落ちる雨水は下方の子クジラを、そして絵本館を訪れるすべての人を潤す。

海湾絵本館は台湾初のNPOが経営する絵本専門館で、入場は無料である。ロビーの壁面一面の本棚には、内外の優れた絵本作品が並び、自由に手に取れる。木の床の開放的な空間は、休日となると親子連れが訪れ、絵本と楽しい時を過ごす。

奥の展示エリアには展示室が並び、その一つの蝶が舞うインスタレーション空間が目を惹く。これは、陳館長が絵本館のために制作したものである。都市計画学科を卒業した彼は、地域コミュニティ構築を担当していたが、10数年前に方向転換して、玉米辰というペンネームで台湾の環境保護に関する絵本を数多く執筆するようになった。立体ペーパークラフトを得意とする彼は、台湾のルリマダラを扱った絵本『捕蝶人』に描かれた城から発想を得て、室内のインスタレーション芸術を作り上げた。

室内にはボランティアの女性が制作した千匹近い蝶が空中を舞い、室内に落ちる陽光、夜のライトに映えて光と影が交り、空間にロマンティックな想像を広げる。今後の展示の参考とするため、絵本館の展示は絵画に限らず、様々なアート形式のクリエイターを歓迎している。

台中の海岸地帯の文化

海湾絵本館は、荒廃しつつあった眷村を少しずつ改修し、夢のある文化芸術基地に作り変えたものである。陳館長は笑いながら、夢を追う多くの人の支援があってできたことだと言う。彼らは台中の海岸地帯で児童教育と地方文化に関心を持つ人たちである。陳館長によると、その多くがかつては高美湿地での工場建設反対や、台中清水小学校の旧校舎保存などの運動に参加し、地方文化の発展に尽力してきた人々である。

2016年、彼らは海湾故事文化創意協会を設立して、各地よりパフォーマンス団体を招いて芸術フェスティバルを開催し、台中の海岸地帯にある小学校に入っていった。子供たちを絵画、舞台、手芸製作などに招きいれ、芸術文化を僻地にもたらし、美学教育のために力を尽くしてきた。

パブリックアートを専門とする顔名宏理事長は、出演したラジオ番組で「子供が夢を抱けるような基地を作りたいのです」と語り、そこから海湾絵本館の発想が生まれてきた。

民間の力を結集し、資金を集めた。眷村の古い戸板が絵本館の看板に姿を変え、裏庭のバショウやタイワンモクゲンジには木の板が渡されて、ピクニックのテーブルになる。家具の配置や内装には、メンバーの創意工夫があちこちに生かされ、水田に囲まれる夢の基地への改修は、わずか2カ月で完成した。

絵本は絵本に留まらない

台湾の創作者を紹介することが絵本館の目標とされ、四半期ごとに絵本作家一人の展示を行う。展示期間中の絵本館の活動は、作家の作品をメインに企画される。展示前には朗読の読書会を開催し、ボランティアや関心のある一般の人々と共に作家の作品を読み込む。また作家を招いて創作の理念を共有し、作品に関する一連のイベントが企画され、展示は単なる一過性の絵本展に留まらない活動となる。

絵本館が最初に招いた絵本作家は、台湾では珍しい版画絵本作家の張秀毓で、『父の友善茶園』『お爺さんのガラス屋』など、台湾情緒溢れる作品が知られる。その展示では、新埔の干し柿を描いた『お祖母ちゃんの灯篭樹』を取り上げた。町育ちの子供の安安が、最初は田舎を嫌っていたのだが、お祖母ちゃんの家で柿を干す作業を手伝いながら、おばあちゃんの優しさや、近所付き合いの人情味に触れて、人の温かみを感じていくという物語である。

みんなで床に座って、館員が生き生きと物語る灯篭樹の物語を聞き、版画の制作技法の解説を聞いてから、皆で版画制作を体験する。生れてはじめて版画を体験した子供たちは、自分で作った版画を開いてみる瞬間、喜びと驚きと達成感で目を輝かせる。

一連の体験イベントで、体験者はより深く絵本作家を理解できるようになる。これまで多くの場所で講演や展示を行ってきた張秀毓だが、これほど多面的に絵本を紹介するのは初めてだと陳館長に語った。陳館長はこれに答え「絵本館の場を使い、台湾の創作者を紹介し、紹介しながら一般の人との交流を図りたいのです」と語る。

海湾絵本館では5月中旬に、台湾の山林の美しさを繊細な画風で絵本に収めた作品で知られる絵本作家張又然を紹介する。『春神の踊る森』『少年シラヤ』などを出版してきた絵本作家だ。今回は、最新作『青いワンピース』を軸に、藍染の体験イベントを企画している。

誰もが夢を持つ

海湾絵本館ではプロのクリエイターを紹介するばかりではなく、素人にも芸術の舞台を提供する。絵本館の外壁のザトウクジラを描いた『海湾を飛ぶ歌声』はアマチュアの学生の作品である。この絵は、作者盧政憲の高校時代の作品だったが、大学に入ってから描き直して彩色したものである。2017年に絵本館に招かれ、野外のインスタレーションとして完成させた。その色彩鮮やかなザトウクジラは、絵本館を訪れる見学者を毎回驚かせてきた。

館内の展示エリアにも、子供たちや画像表現に興味を有するアマチュア創作者のための場がある。たとえば、ある子どもの作品「1から100匹のモンスター」を展示したことがある。これは陶土を捏ねて、頭の中にある想像のモンスターを形にしたものである。4月には、自閉症の少女林依慧とお母さんの蔡威君が共同で創作した絵本『マリーは話さない』が展示された。言語表現が苦手な林依慧は、絵で外界とコミュニケーションし、読者を自閉症の子供の世界に連れていく。

オープンから今まで、海湾絵本館は多くの反響を呼んでいる。台中市政府もその将来性を見込んで、文化局主導で絵本館周囲の遊休化した眷村の空間を、国際絵本館に整備する計画を立てている。公共建設の発展の可能性を目にして、陳旻昱館長はその実現を期待している。そこではこれからの方向性はと尋ねると、笑顔で「一人の子供に一冊の本」をコンセプトを主軸として、絵本館は単なる絵本の展示に留まらず、物語を生み出す場にしたいと話す。そして絵本創作を学校の教育課程に組み込み、子供たちと一年をかけて共同制作し、出版してコレクションするサイクルを作り、またプロの芸術家を招いて、共作で絵本の新しい方向性を目指そうとしている。頭の中の物語を現実に紡ぎ出せれば、それは子供たちにとってどれだけ楽しいことだろう。

爽やかな風が水田を緑に波打たせる。海湾絵本館は、絵本を媒介とする夢の実験基地で、大人も子供も一緒になってその夢を実現させていくのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!