寶島的待客之道

泰國潑水節在台灣
:::

2019 / 8月

文‧蘇晨瑜 圖‧林格立


台灣每年為泰國移工朋友舉辦潑水節活動,潑水節在泰文中稱為「宋干節」(Songkran),此字源於梵文,含有「通過」之意,在現實中也代表著進入新的星象,展開全新的一年。

 

 



每年一到四月中旬,可能是新北市最有「泰味」的日子了。

今(2019)年4月21日早晨,「第九屆藤球友誼賽暨潑水節」在新北市市民廣場盛大舉辦,吸引來自全台上萬名移工朋友參加,開開心心度過屬於自己的新年。每年四月中旬左右,新北市政府為了旅居台灣的泰國移工朋友,貼心舉辦潑水節活動,這項原本不屬於台灣的傳統節慶,隨著越來越多東南亞新住民移入,規模越發盛大,成為新北市獨特的人文風景。

泰國人認為水純淨而神聖

潑水節是泰國傳統節日,等同於台灣的新年,對泰國人來說,是一年當中特別重要的節日。知名泰語廣播節目主持人陶雲升介紹潑水節由來:「泰國人認為水是一切的來源,尤其泰國以農立國,因此水對於泰國人來說非常重要,也非常神聖。」

而在潑水節當中,相互潑水是象徵著祈福與去除一年的厄運。在新北市的潑水節活動中,為了祈福,現場除舉行小型潑水儀式,也請來靈鷲山的富貴金佛,供民眾浴佛參拜。「傳統上,我們會在潑水節時向長者潑水,」陶雲升解釋,向長者潑水,是象徵敬拜長輩,並懺悔一年當中個人的過錯;而長輩也會捧著香水,輕輕點灑一些淨水在晚輩頭上,等同給予祝福。

在這方,思念在那方的家鄉

隨著台灣與泰國交流越來越密切,在台灣的潑水節已然成為新北市最富特色的年度盛事之一,這項為泰國人舉辦的活動,也讓陶雲升相當肯定。「能在台灣看到政府舉辦這樣的活動,感覺特別有意義。」很多泰國人因為在台工作緣故,無法回家過年,台灣政府伸出友誼雙手,為他們辦了一場這樣的慶典,讓陶雲升覺得非常溫馨,內心非常感動。

台灣友善好客與真誠的天性,讓在台的潑水節也有了不同的面貌。從泰北嫁來台灣的新住民李小姐,就特別邀請了閨蜜與親戚一起來參加潑水節。「我們今天特地來這裡,感受一下泰國過年的氣氛。」活動開始前,她與閨蜜已經去攤位上拿了美食兌換券。廣場上一字排開的攤位,各種道地的泰國小吃與甜點,正散發誘人香氣,而且可憑券免費兌換。

剛嫁來台灣時,李小姐特別想家,最不習慣的就是台灣的飲食,「吃得不習慣啦!台灣吃得太清淡了!」參加潑水節之於她,可能最喜愛的莫過於可以在這裡吃到真正的家鄉味。她與閨蜜七嘴八舌說:「這邊等一下會吃到最道地的……」眼神忍不住望向廣場上的美食攤位,「每一樣都好吃,每一樣都好想吃!」接近中午11點時,所有泰國小吃攤的美食都已經一掃而空,而免錢的美式披薩卻堆得老高。對泰國人來說,千里之外,當然還是家鄉的滋味最美味。

泰國美食好,台灣健保更好

與李小姐一起的胡文雪來自泰北,是滇緬老軍人的第二代。她特地抽空來參加潑水節,笑說因為想念泰國美食,所以來這裡開開心心,湊熱鬧。

22歲時,胡文雪靠著在台灣的伯伯擔保,一個人搭飛機來到台灣。她的父親在軍中部隊有許多友人,有些伯伯都跟著國軍來台。「那時候泰北比較苦,就想出來看看。」胡文雪已經習慣台灣文化,雖然偶爾想家,但也稱讚台灣其實健保制度真的很好,若要長遠定居,當然還是台灣好。

猴神遊戲,泰國藤球超刺激

此外,在潑水節活動當天,現場也提供許多暖心服務,例如義剪、視障按摩、移工健檢和法令諮詢等等,每項服務都是免費的,舞台上則是連番推出唱歌舞蹈節目,表演者清一色跳著泰國傳統舞蹈,唱著泰語歌,「泰」味十足。舞台下方的中央廣場,則正在進行緊張到令人屏息的泰國藤球賽。這項比賽據說源自印度,是傳說中猴神哈奴曼(Hanuman)與一群猴子所玩的一種遊戲,後來漸漸流傳到泰國,成為泰國傳統的競賽遊戲。

藤球又被稱為「腳踢的排球」(kick volley­ball),也就是不管怎麼玩,都不可以用手接觸球(發球除外),是個講究技巧、戰術的比賽。當比賽進行到最激烈時,球員如果成功用腳一記漂亮扣殺,周邊群眾就會沸騰,吹哨、歡呼聲不絕於耳了!

泰愛家,共享溫馨時光

在台灣的潑水節雖然排場沒有泰國本土盛大,卻意外凝聚在台泰國人的向心力。泰國新住民或移工朋友「呷好道相報」,透過自己的社交網絡,相揪共度潑水節。搭高鐵的、坐捷運的、騎摩托車的,在這一天有了交集,可以聚在一起聊聊天、敘敘舊,暫時拋卻工作煩憂,好好放鬆一下。一些泰國人則攜家帶眷,帶了野餐墊、美食、啤酒,在市民廣場周邊的樹蔭下,就地野餐起來。下午主辦單位則邀請到知名泰國田園搖滾天團Pee Saderd登台演唱,許多泰國人留在現場,就是為了要跟Pee Saderd一起嗨唱。

另一頭的迴廊下,從泰國清萊省移民台灣的黃愛莉「盛裝出席」。她身穿手工訂製的全新傣族服飾,頭繫花冠,耳畔插了一朵雞蛋花,一身搶眼裝扮,在人群中大受歡迎。

陪她前來的女兒小倩,負責打點行李,讓媽媽可以專心展示自己:「媽媽剛剛出門時,我騎著摩托車載她去搭高鐵,就是這身打扮了。」現居台南的黃愛莉,打從心底愛著泰國,她平常聽Rti中央廣播電臺泰語節目,了解台灣、泰國發生的大小事,平常也會挑選跟泰國有關的場合,穿上傳統服飾;甚至台灣沒有人賣茉莉花串,她乾脆就自己種茉莉花,自己串花環。「媽媽很愛自己的文化,她的Line群組裡98%都是泰國人。」女兒小倩身穿花襯衫,也是呼應一種泰國傳統,母女兩人脖子上掛著可以保佑自己的高僧佛牌,在潑水節裡相當享受歡樂的氣氛。身為新住民第二代,小倩說:「台灣這個地方真的很包容,可以接受外來的文化,我們來這裡非常開心,而且活動真的非常好玩。」

將心比心,台灣照顧移工超暖心

潑水節活動在新北市已邁入第九屆,對泰國移工來說,是可以找回熟悉家鄉味的美好時刻。新北市勞工局長陳瑞嘉表示,目前在台灣的泰國移工有六萬人左右,新北市有大約七、八千人,舉辦潑水節是為了讓來台灣工作的外籍移工可以減輕工作壓力,減少思鄉情懷,也希望透過這樣的活動,讓民眾能夠了解並尊重其他國家的文化。「大家能夠互相包容,互相體諒,」當泰國移工為台灣貢獻勞動力的同時,「台灣也能夠落實照顧他們。」

「其實台灣對外籍移工的照顧,在全世界不是第一,就是第二。」陳瑞嘉感性表示,「我們在活動中結合公益團體,提供理髮、醫療、健康檢查,甚至就近提供移工諮詢窗口,都是對移工朋友有幫助的服務。」他覺得這項活動傳達一重要的意義,就是「不分彼此,我們都是一家人。」

台灣照顧泰國移工福利政策有成,潑水節又辦得相當精彩,深獲泰國政府以及駐台的泰國貿易經濟辦事處感謝。陳瑞嘉說,泰國政府甚至曾要求其他國家來台灣觀摩,希望其他國家能效法台灣,舉辦類似的活動。無心插柳柳成蔭,寶島的待客之道,竟也成為另一種有力的柔性外交,幫助台灣走向國際。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Island Hospitality

Songkran in Taiwan

Sharleen Su /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Geof Aberhart

Every year, a celebration of Song­kran is held for Thai migrant workers in Taiwan. Song­kran, a name that derives from the Sanskrit saṃ­krānti, meaning “astrological passage,” coincides with the rising of Aries and marks the beginning of a new year in the Thai lunar calendar.

 


 

In mid-April each year, New Tai­pei City takes on a decidedly Thai flavor.

On the morning of April 21, 2019, New Tai­pei City Plaza in Ban­qiao District played host to the Ninth Annual Sepak ­Takraw Competition and Song­kran Festival, drawing over 10,000 migrant workers from across Taiwan to come enjoy their own fun new year festivi­ties. Despite not being a Taiwanese tradition, as the number of immigrants from Southeast Asia living here has increased, the event has grown ever larger and more vibrant, becoming a highlight of New Tai­pei’s cultural calendar.

Pure and sacred water

Songkran is a traditional new year celebration in Thailand and is a par­ticu­larly important holiday for the Thai people. Water, particularly the splashing of water on one another, is at the heart of the celebration of Song­kran. Asoke Srichantr, a well-known Thai-language broadcaster in Taiwan, explains why this is: “To the Thai people, water is the source of all that is holy. Thailand is a nation built on agriculture, and so water is considered essential, even sacred.”

In the celebrations of Songkran, the splashing of water on each other represents both covering one another with blessings and washing away each other’s misfortunes from the previous year. During the celebrations in New Taipei City, a small-scale water fight is held, and a golden Buddha statue is specially brought down from Ling Jiou Mountain for participants to wash with water in worship. “Traditionally we pour water over the elderly during Songkran,” says Srichantr, “which is a show of respect and a repenting for personal trespasses over the previous year. The elders will also sprinkle some scented water over the heads of the younger folk, symbolically giving their blessings.”

Thinking of home

The hospitality and sincerity of Taiwan have led to Song­kran celebrations here taking on a different look. Ms. Li, who married a Taiwanese man but hails from northern Thailand originally, says she makes a point of inviting her friends and family here to join in the festivities. “We came here today to experience the atmosphere of the Thai new year,” she says. Before the celebrations began, she and her friends went to a booth to get some food vouchers. The plaza features a lineup of stalls selling various authentic Thai snacks and desserts, filling the air with a tempting aroma, and for which vouchers can be exchanged free of charge.

For Thai people living far from home, it is a wonderful chance to once again sample the sweet tastes of home.

Homesickness vs. health insurance

Hu Wenxue, who is here with Ms. Li, also comes from northern Thailand, and is the daughter of a Nationalist soldier stranded in northern Thailand at the end of the Chinese Civil War. She especially took time out to join the Songkran celebrations, laughing that it was because she missed Thai food and so she came to join in the fun.

When she was 22, Hu flew to Taiwan on her own with the help of a friend of her father who lived on the island. Her father had made many friends during his time in the military, including a number who came over to Taiwan with the Nationalist forces in their withdrawal from Burma. “Things were tough in northern Thailand then, so I wanted to go see what things were like elsewhere,” says Hu. These days she is well accustomed to Taiwanese culture, and while she does sometimes miss Thailand, she still hopes to make Taiwan her long-term home, especially given the advantages of Taiwan’s National Health Insurance system, which she rates highly.

The game of the Monkey God

In addition to the festivities, there are also a variety of other services on offer for free, from haircuts and massages to health checks and legal advice. In the central plaza, in front of the stage, a tense and breathtaking sepak takraw tournament takes place. The sport of sepak takraw (aka kick volleyball) is said to have originated in India, and legend has it that it was played by the Monkey God Hanuman and a group of monkeys. Eventually it spread to Thailand, becoming one of the country’s traditional sports.

Although the scale of Taiwan’s Songkran festivities cannot compare with those in Thailand itself, they have become a focal point for Thais in Taiwan, helping build community cohesion. Both permanent im­migrants and migrant workers from Thailand spread the word through social networks, encouraging each other to share in the fun as they come together for the day to chat and catch up. Many Thai residents of Taiwan bring family with them, and can be seen with their picnic blankets spread out, enjoying food and beer in the shade of the trees around the plaza. In the afternoon, Thai rocker Pee Saderd takes the stage to perform, having been specially invited for the event. Many of the Thai people in attendance make a point of staying to catch his performance, singing along and creating a vibrant atmosphere.

Huang Aili, originally from Chiang Rai, has even dressed up for the show. Wearing brand-new handmade traditional Dai clothing, a garland in her hair and a frangi­pani tucked atop her ear, she cuts an eye-catching figure and is warmly welcomed by the crowd.

Her daughter has come with her, handling all the bags so her mother can focus on putting on a show. “I took her by motorbike to the high-speed rail and she was already dressed up,” she says. Huang, who now lives in Tainan, still dearly loves Thailand and keeps up with events both there and in Taiwan through the Thai-language programming that is broadcast on Radio Taiwan International. Ninety-eight percent of her contacts on the instant messaging app Line are Thai.

Taking care of the workers

Having now gone on for nine years, the New Taipei City Songkran Festival continues to be a great way for workers from Thailand to get a taste of home. According to New Taipei City Labor Affairs Department commissioner Chen Rui-chia, Taiwan currently hosts around 60,000 Thai workers, with some 7,000‡8,000 in New Taipei City. The Songkran Festival gives these migrant workers a chance to let off some steam while also giving the Taiwanese public a chance to better understand and appreciate another culture.

“In fact, in terms of how it treats foreign workers, Taiwan is among the best in the world,” says Chen. “We work with charitable organizations on these kinds of events to provide all sorts of helpful services for workers, such as haircuts, healthcare, checkups, and even an advice service.”

Taiwan’s policies for taking care of Thai workers have been quite successful so far, and the Songkran Festival has been well received, including getting expressions of appreciation from the Thai government and the Thailand Trade and Economic Office in Tai­pei. The Thai government has even asked representatives from other countries to visit Taiwan, learn from what it is doing, and organize similar events, says Chen. As it turns out, Taiwan’s famous island hospitality has become another effective avenue for “soft diplomacy,” helping Taiwan reach out to the world.

宝の島のおもてなし

台湾で水かけ祭り

文・蘇晨瑜 写真・林格立 翻訳・久保 恵子

台湾では毎年、タイから働きに来ている人々のために水かけ祭りが行われる。水かけ祭りはタイ語でソンクラーンと言うが、梵語に由来するこの言葉には通過の意味があり、新しい一年を始めるという意味が込められている。


毎年4月中旬となると、新北市ではタイのような雰囲気が感じられるようになる。

2019年4月21日の早朝、新北市市民広場では第9回セパタクロー友好試合と水かけ祭りが盛大に挙行され、台湾各地から1万人以上のタイ人が参加し、それぞれの新年を楽しく迎えたのである。新北市政府は台湾に在住して働くタイ出身の人々のために、毎年4月中旬に水かけ祭りのイベントを行なってきた。台湾伝統の祭りではないものの、東南アジアからの移住者が増えてくるとともに規模が大きくなっていき、新北市独自の文化的風景となっている。

 水を神聖として崇めるタイ人

水かけ祭りはタイの伝統的祭典で、台湾の新年に等しく、タイ人にとっては一年でも特に重要な祭日である。タイ語ラジオ番組の人気パーソナリティ陶雲昇は水かけ祭りの由来として「タイは農業の国なので、人は水をすべての源泉と考え、非常に大切で神聖なものなのです」と語る。

水かけ祭りで水をかけあうのは、旧年の厄を払い福を願う意味がある。新北市のイベントでは、小規模な水かけの儀式を行い、また灌仏会のためにミャンマーの仏像も招いた。「タイの伝統では目上の人に水をかけます」と陶雲昇は言う。年長者に水をかけて福を祈ってもらうと共に、過去一年の過ちを懺悔する。年長者はまた、軽く目下の者の頭上に水をかけて、福を祈るのである。

 ここにあり、彼方の故郷を思う

台湾とタイの交流が進むにつれ、新北市の水かけ祭りは重要なイベントの一つとなり、陶雲昇も高く評価する。「台湾でこのようなイベントを目にできるのは意義深いことです」と言う通り、多くのタイ人は仕事の関係で故郷で新年を迎えることはできない。そこで台湾政府が手を差し伸べ、このようなイベントを実施してくれることに、陶雲昇は心から感謝しているという。

友好的で誠実な天性を有する台湾人が行なう水かけ祭りは、少し異なっている。タイ北部から台湾に嫁いできた李さんは、友人や親戚を水かけ祭りに招いた。「今日はタイのお正月の気分を味わいに来ました」と、イベントが始まる前に、李さんは友人とグルメ引換券を受け取りに行った。広場に並ぶ屋台には、各種のタイの軽食やスイーツが甘い香りを漂わせ、引換券で味見できる。

台湾に嫁いできた当時、台湾の味に慣れず故郷が恋しかった。だからこそ、水かけ祭りでは、故郷の美食を味わえることが最大の楽しみである。友人と共に、ここが一番おいしいなどと話しながら、「どの屋台も美味しくて」と話す。同じ思いを抱くタイ人は数多く、お昼近くなるとタイ料理の屋台は売り切れとなるが、ピザの屋台は無料なのにピザが高く積まれたままとなっている。タイ人にとっては、遠く離れたこの地でも、故郷の味が一番なのである。

タイのグルメと台湾の社会保障

李さんと一緒に訪れた胡文雪さんもタイ北部、ミャンマーとの国境地帯に進出した軍人家庭の出身である。水かけ祭りに来たのも、タイの美食のためと笑いながら、あちこちの屋台を回る。

胡さんは、22歳の時に台湾の叔父が保証人となって一人で台湾にやってきた。軍人の父は軍に友人が多く、その中には国民党軍に従って台湾にやってきた人も少なくない。「その当時のタイ北部の生活は苦しかったので、台湾に来てみたかったのです」と言い、すでに台湾の文化に慣れたと話す。たまに故郷が懐かしくなるが、台湾では社会保障制度が完備しているので、長期的に住むには台湾がいいともいう。

猿の神の遊び、セパタクロー

祭りの当日には、ヘアカット、マッサージ、外国人労働者向け健康診断、労働者の法律相談など、多くの無料サービスも提供されていた。ステージの下の中央広場では、セパタクローの試合がクライマックスを迎えていた。このスポーツはインドに起源を有し、伝説の猿の神ハヌマーンがほかの猿と遊んでいたものだという。それがタイに伝わり、伝統的なスポーツとなった。

セパタクローは蹴るバレーボールとも言われ、サーブ以外はボールに手を触れてはならず、テクニックと戦術がものをいうスポーツである。試合が進み、足でアタックを決めると、観客は興奮して歓声を上げる。

故郷を偲び、共に語らう

台湾の水かけ祭りはタイ本国のように盛大ではないが、台湾在住のタイ人の求心力を結集することになった。結婚や仕事のためにタイから来た人々は、SNSで声を掛け合って水かけ祭りに集まり、互いに近況を語り合う。一家揃ってピクニック気分で、市民広場の木陰で料理やビールを楽しむ。午後になると、主催者が招待したタイのロックバンドPee Saderdのステージが始まり、多くの人が一緒に声を上げて歌った。

もう一つのアーケードでは、チェンライ出身の黄愛莉が民族衣装を披露している。すべて手作りのタイ族衣装に花冠を被り、耳元にはプルメリアの花を挿した出立ちは人目を惹き注目を集めた。荷物持ちとして母の付き添いに来た娘の小倩さんは、「私のバイクで高速鉄道の駅まで行ったのですが、家を出る時からこの衣装でした」と言う。現在、台南在住の黄愛莉は心からタイを愛していて、普段は中央ラジオ(台湾国際放送)のタイ語の番組を聞き、台湾とタイのニュースを追っている。彼女のLINEグループは98%がタイ人だという。第二世代となる台湾人とのハーフの小倩さんは「この台湾という場所は、寛容に外来文化を受け入れてくれてくれます。今回のこのイベントもとても楽しいです」と笑う。

外国人労働者への思いやり

新北市の水かけ祭りは今年9回目を迎え、タイ人労働者にとっては故郷を懐かしむ楽しいイベントである。新北市労働局の陳瑞嘉局長によると、台湾のタイ人労働者は6万人余り、そのうち新北市には7000人余りを数え、水かけ祭りを実施することで、台湾で働く外国人のストレス解消を目指す。また一般人にとっても、他国の文化を理解し、尊重するきっかけとなる。

「外国人労働者への待遇と思いやりでは、台湾は世界でも一、二を争います」と陳局長は言う。「このイベントでは公益団体と協力して、ヘアカット、医療や健康診断なども実施し、現場に相談窓口も提供するなど、労働者に役立つサービスとなっています」と説明する。

台湾のタイ人労働者福祉政策の成果と水かけ祭りの実施は、タイ政府と台湾駐在のタイ貿易経済事務所からも感謝されている。タイ政府は他国も台湾を手本として、類似のイベントを実施してくれることを期待している。台湾で始まった外国からの労働者や移住者のための祭りは、思いがけずもソフト外交のパワーとなり、台湾を国際舞台に向かわせる助けとなっている。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!