告別飢餓與貧窮 ──亞蔬中心、亞太糧肥的靜默革命

:::

2002 / 8月

文‧王瑩 圖‧薛繼光


七月上旬,陳水扁總統出訪非洲,提出「人道外交」的呼聲,對於我國早年深受國際援助,希在有能力回饋國際社會的今日,能有所回報的心態表露無遺。

事實上,雖然三十年前中華民國便已退出聯合國,在國際政治版圖上失去能見度,但台灣對於其國際社會成員的責任,卻一直在默默地付出。

許多人可能並不知道,就在台灣被迫退出聯合國的七○年代初期,由亞太國家聯合成立的「亞洲蔬菜中心」和「亞洲糧食肥料中心」不約而同地選擇台灣為地主國,至今已將近三十年,二者在人類賴以生存的糧食與蔬菜作物的生產技術改良研發上,以及提升亞太地區農民的營養和生活水準上,扮演了極為重要的角色,值得一談。


二○○二年五月二日,位於台南善化的亞洲蔬菜中心舉行在台二十九年來第一度的地主國日,農委會主任委員范振宗、台南縣長蘇煥智、世界銀行駐越南的代表及二十個國家,將近一百位的貴賓與會。

無聲革命

亞蔬中心主任鄒箎生表示,亞蔬中心在台近三十年,研究成果包括對於多種亞熱帶蔬菜,如熱帶蕃茄、毛豆、十字花科植物,品質與產量的大幅提昇、改善亞洲許多開發中國家人民的營養、農民的收入,而亞蔬中心的地主國中華民國正是亞蔬經費的主要贊助國,每年贊助亞蔬全年一千萬元美金總經費的將近六成。同時,台灣的農業人才和農業政策也對亞蔬貢獻至大,有「無聲革命者」之稱、向來低調處事的亞蔬中心因此特別舉辦地主國日,感謝地主國多年的大力支持,並希望透過媒體的傳播,讓國內民眾能夠深入瞭解亞蔬中心的工作,以及台灣在改善亞洲人民生活方面所做的貢獻。

農委會主任委員范振宗則表示,農家子弟出身的他對於農業感情深厚,瞭解農業改革對農民生活、國家整體發展的重要。亞蔬中心在台灣多年,有著國際與本地一流的農業專家,並與台灣學界、業界密切合作,無論在資料、種原的收集,或是植物抗病能力、蟲害防治、產量、口感方面的成果卓著。台灣起家靠農業,而亞蔬對於高經濟價值的蔬菜改良大有貢獻。 尤其令他敬佩的是,亞蔬一向默默耕耘,凡事不居功,像台灣最有名的櫻桃蕃茄、黑桔仔,以及近來因有助減肥而聲名大噪的黃金蕃茄,都是亞蔬品種,但亞蔬從不宣揚,也不自己命名,這種樸實的精神,令人分外敬佩。

台南縣長蘇煥智也是亞蔬首次地主國日的貴賓,他對亞蔬在台南縣多年以來對當地的貢獻十分感謝,並希望能借重亞蔬身為國際組織、與國際互動密切的利基,以及在蔬菜等作物方面的專業研究成果,將來能與台南的南嵙科學園區合作,發展農業生物科技產業,並吸引更多國際企業進駐。

其實,雖然行事低調,亞蔬中心在台灣的少數國際組織中知名度依然最高,主要因為亞蔬有一個世界最大的種子銀行——蔬菜種原庫,收集了四萬八千多個蔬菜品系的種原和完整的相關研究資料,包括其來源、土壤及生長情形、贈送及推廣情形,除了對於保存種原以利育種、抗病種種用途外,並有助對各個種原的自然多樣性與歧異性的研究。全世界估計約有八百個蔬菜種類,亞蔬便蒐集約有二百餘種。

富含微量元素

雖然亞蔬中心具有一定的知名度,但一般人還是不太瞭解亞蔬中心的組織結構、成員、研究方法和具體貢獻以及未來發展方向。

從亞蔬成立不久便被高薪挖角進來,從研究人員一路做到中心主任,對亞蔬可說是瞭若指掌的鄒箎生說,在全世界十餘個國際農業組織當中,亞蔬規模雖不大,但卻是唯一一個研究蔬菜的機構,現有來自十二個國家、近三十位農業專家和農經學者,地主國台灣則有約二百五十位的研究、技術和行政人員,共同投入蔬菜品種的改良、推廣及使用。

當初,亞蔬中心設在台灣的主要考量是地理位置和國情。蔬菜病蟲害肆虐最嚴重的便是亞熱帶和熱帶地區,而這些國家多為開發中國家,人民的蔬菜攝取量不夠,人體缺乏微量元素,影響國民健康至鉅。台灣地處亞熱帶,人民勤勞,而整體經濟環境優於東南亞國家,並且台灣都是小農精耕,政策上也受到鼓勵,非常適合做為蔬菜研究的腹地,再以此研究結果,幫助其他國家的農民。目前,亞蔬中心每年寄送約二萬包的菜種到一百九十個以上的國家。亞蔬並每年出版各種刊物,提供蔬菜研發的新資訊給一百五十一國的合作伙伴及研究人員。

鄒箎生說,亞蔬中心的任務與時俱進,不斷調整。早年研究的重點在於提高生產量、產期和病蟲害的防治,近年來則除了原來的功能外,特別著重環境保護、永續經營以及生活品質的提升。例如說,市郊蔬菜的推廣,更符合現代城市的需求。在環境保護及永續經營面向上,亞蔬從栽培方法和管理制度的改良雙管齊下,使用嫁接、簡易水耕、緩效型施肥、設施栽培及生長激素,以降低化肥和農藥殘留所造成的環境污染和危害人體的風險。

亞蔬近年來也特別加強農業經濟的評量,持續對於蔬菜品種、種植方法改良後的社經效益作一評估,因為亞蔬成立的一項重要因素即希望讓高營養價值的蔬菜能普及,以改善許多未開發國家中人民的營養,提升國民的生活及國家整體的發展。經過了近三十年,亞蔬研發出許多抗病蟲害、抗高溫的蔬菜已普及於東南亞、南亞及非洲地區,可以做有系統有效的評估,並根據評估結果對未來做更精準的規劃。

全球化導向

最後,鄒箎生強調,在全球化波濤洶湧的今天,亞蔬必須結合其研發成果和企業體合作,鼓勵企業視開發中國家的小農為一重要市場,讓優良品種的蔬菜能大量普及,深入鄉間;另一方面則提升小農的專業能力,推廣在地化、低污染的蔬菜,增進人們的營養和健康,將研發、推廣、經濟結合為一體。

「也就是說,農業自研發至推廣到運用,都是知識經濟的一環,而農業科技的創新是農業發展的原動力,如何掌握可以標準化的資訊與技術,並且不斷創新,讓弱勢國家、弱勢農民在全球化的潮流下不被淹沒,反能受惠,儘快改善貧窮與飢餓的困境,將是亞蔬未來的挑戰,」鄒箎生認為要做的事還很多。

遠景歷歷在目,亞蔬的開國元老鄒箎生卻準備退休了。亞蔬的人都非常不捨,在亞蔬工作了二十一年,已經把台灣視作第二個家的病蟲害學者格林博士談起鄒博士要退休,眼眶都有點泛紅,她說:「我們每一個問題他都瞭解,總是盡力解決,以後沒有他了,真不知道該怎麼辦?」

但鄒箎生說,天下沒有不散的筵席,他認為正是因為自己從基層做起,亞蔬業務每一個環節他都再清楚也不過了,所以他的離開可能會是一件「好事」,讓員工有更大的空間,說不定更能闖出更大的局面。再說,下一屆主任Dr. Thomas Lumpkin來自美國學術界,和國際的互動應會更密切。

至於學經歷和國際農業實務經驗豐富無比的鄒箎生,將會轉戰學界,他並期待未來在蔬菜的國際企業化經營方面能有所貢獻,完成亞蔬未竟的志業。

糧食與肥料

致力於消弭貧窮與飢荒的另一在台國際機構是亞太糧食與肥料技術中心,簡稱亞太糧肥中心,成立時間還要早於亞蔬中心,而由於它是以收集和傳播農業的技術資訊、以提高農民所得為主要任務,編制規模較小,也沒有自己的實驗田、研究人員,外界知道的人就更少了。

如同大多數從事農業的人士一般,在農復會、農委會服務多年、一生致力於農業、地利的亞太糧肥中心主任吳同權學養深厚,個性謙和樸拙,對於亞太糧肥成立的緣起和多年的貢獻如數家珍。

在物質豐饒的今日,實在很難想像,也不過三、四十年前的六○年代,世界各國都還汲汲憂心於糧食短缺問題,尤其是未開發國家眾多的亞洲、非洲和拉丁美洲。

在亞洲,由於糧食(稻米為最大宗)生產不足的最大原因在於農業技術落後,肥料不夠,因此由各國外交部長代表參加組成的亞太理事會,於一九六八年開始討論解決方案,決定成立一亞太糧食肥料技術中心。而由於台灣是亞熱帶較進步的國家,便決定將中心設在台北。

一九六九年二月,亞太理事會在台北召開籌備會議,由各國派遣專家研議成立亞太糧肥中心技術面的可行性,通過建立該中心的協議及成立準則。次年,亞太糧肥中心正式在台北創立,創始會員國包括日、韓、中華民國、菲律賓、越南、馬來西亞、泰國、澳洲和紐西蘭等九個國家。

吳同權說,亞太糧肥中心自一開始的定位與任務便非常清楚,它是一農業技術的資訊蒐集與推廣中心,服務的主要對象是亞太各國的小農,目的是幫助農人增加以稻米為主的糧食產量。

因此,亞太糧肥中心設立的第一個十年,政策便設定在如何利用化肥來增加地力、供給稻米所需的營養素以及克服病蟲害問題,而亞太糧肥也成為第一個專研控制稻米蚱蜢蟲害的國際機構,發現該問題與引進短期結實量多的稻種和使用農藥有關。許多人可能還記得,台大植病系是那個時代的熱門科系,許多菁英人才都投身於作物病蟲害的研究。

到了一九八○年代,稻米和其他作物的產量都已漸趨穩定,大規模飢荒的問題已不復存在,而亞太地區經濟開始大量成長,亞太糧肥中心於是將重心轉為作物的多樣化和經濟作物的栽培,以期滿足都市消費者的需求,從而提升農民的市場能力。資訊提供範圍增加至園藝植物的栽培和畜牧、養殖業的技術供給。

亞太糧肥的第三個十年計畫,則與亞蔬一樣,因應因人類過度發展而導致地球環境破壞的問題,走向永續經營。亞太糧肥首先修正過去因增產、增加收入為首要任務的發展策略,積極面對土地地力衰退、地下水遭污染、山坡地過度開發、生物多樣性不斷消失等等普世農業所面臨的問題,訴諸於新農業科技,著重環保再生的利用、地力復原、集約栽培、施肥管理、及銷售系統包括管道、售前安全檢查、售後服務等的相關技術,並且盡量技術在地化,務求留給未來世代一片可生存的大地。

成立三十餘年來,現因國際環境變化而自早年的九個會員國縮小至目前的日、韓、台、菲、越五個會員國,亞太糧肥中心的服務範圍卻不斷擴大,合作單位包括如亞蔬、FAO、亞洲生產力中心、國際蕉類研究所、亞非農業發展組織等十餘個國際農畜業相關機構,以及包括澳紐的亞太十餘個國家,透過研討會、訓練班、田間示範、農業普查及定期、不定期出版品專刊來提供及交流最新專業資訊。

新時代農業思維

展望未來,吳同權說,每一個國家所面臨的問題都大同小異,過去實施的價格補貼、出口補貼必須減少;解除進口限制勢在必行;基本設施、專業研究、農民福利、生態環境的維繫改善需要投資;甚至整體農業結構都需依據世界潮流的市場導向來做調整。農業的永續發展要靠「三生兼顧──生產、農民生活以及生態問題都得到最好的照顧。」

亞太糧肥所傳播的核心技術也與時俱進,最新的生物科技和傳統科技並重,農業機械的自動化、資訊平台的建立與普及都是當務之急。綜觀亞太各國的現況,吳同權特別讚賞韓國政府與民間的積極。「韓國資訊普及化已擴及農業界,連鄉下都有電腦作業,能夠即時取得最新資訊,值得我們學習。」

亞蔬和亞太糧肥在台多年,帶給了台灣先進完整的農業資訊和第一流的國際農業人才,台灣的農業人才也得到更多成長機會。多少年來,台灣農耕隊走遍亞、非、中南美洲,支援開發中國家的農業發展,造福無數的農民。做為地主國,台灣對亞蔬和亞太糧肥的支持可說是不遺餘力,而目前全球的問題都在永續經營,如何繼續盡力支持兩個默默做事的農業機構,在這方面多所努力,正是二十一世紀人類的共同功課。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Saying Goodbye to Famine and Poverty: The AVRDC and the FFTC

Anna Wang /tr. by T.H. Reeguys

At the beginning of July, President Chen Shui-bian made diplomatic visits to African nations, calling for "humanitarian diplomacy." For Taiwan, which in bygone years received large amounts of international aid, this indicates the desire to give something back now that it has the means to help others in international society.

As a result of its exclusion from the United Nations 30 years ago, the ROC has vanished from the network of international political organizations. However, in actuality, Taiwan has continued to quietly fulfill its responsibility towards other nations.

Perhaps many people are unaware of the fact that 30 years ago, precisely at the time Taiwan was expelled from the UN in the early 1970s, two international organizations formed by Asia-Pacific nations-the Asian Vegetable Research and Development Center (AVRDC) and the Food and Fertilizer Technology Center (FFTC)-simultaneously decided upon Taiwan as their base of operations. The two organizations have played an enormous and laudable role in the development and improvement of the food and vegetables necessary to mankind's survival, and have also been instrumental in raising the standards of nutrition and the quality of life for farmers in the Asia-Pacific region. Their contribution is truly noteworthy.


In May of 2002, the Asian Vegetable Research and Development Center (AVRDC), situated in Shanhua in Tainan County, held an "open house," the first such event in the 29 years that it has been in Taiwan. Council of Agriculture (COA) chairman Fan Cheng-chung, Tainan County executive Su Huan-chih, the World Bank overseas representative in Vietnam, and nearly 100 other guests from 20 countries attended the event.

Silent revolution

AVRDC director Samson C.S. Tsou points out that in nearly 30 years in Taiwan, the center's accomplishments include raising both the quality and yields of a wide variety of tropical vegetables, including tropical tomatoes, vegetable soybeans, and crucifers. Its staff have also worked to improve the nutritional status and incomes of people in developing countries around Asia. Taiwan has been the primary source of financial support, accounting for nearly 60% of the center's US$10 million budget. Its personnel and programs have made an outstanding contribution, earning the title "the quiet achievers." The low-profile AVDRC specially organized the open day to express gratitude for the tremendous support that the host nation has provided. In addition, the center also hopes to use media coverage to demonstrate to Taiwan's citizens their nation's critical contribution to bettering the lives of people throughout Asia.

COA chairman Fan Cheng-chung said that as a child of a farming family, he had fond memories of the land and of plants. Therefore he fully understands the impact that the green revolution has had on farmers' lives and on Taiwan's development as a whole. In its years in Taiwan, the AVDRC has had first-rate agricultural experts from both Taiwan and abroad. Moreover, it has also benefited from close collaboration with Taiwan's academia and industry, producing stellar results in areas such as information collection and dissemination, germplasm collections, disease-resistant plants, pest control, yields, and taste.

Taiwan was built on a foundation of agriculture, Fan said, and the AVRDC has contributed immensely by improving vegetable quality, which has had great economic value. What is especially admirable is that they have labored away without regard to public recognition. For example, many of Taiwan's prized vegetables, including the golden tomato, which has recently created quite a stir for its value to dieters, are varieties developed by the AVRDC, but they have never made a big deal out of it. They don't even assign names to the varieties they produce, just numbers.

The new Tainan County executive Su Huan-chih, a guest of honor at this first open day, expressed his gratitude for all the help that the AVDRC has given the people of Tainan County over these many years. He hopes that the AVRDC, building on its many assets-its status as an international organization, its foundation in international cooperation, and its strong research results-can cooperate with Tainan's Nankan Science-Based Industrial Park to develop the agricultural biotechnology industry and attract more multinational enterprises to move in.

In fact, although the AVRDC has always kept a low profile, it is still the most famous of Taiwan's international organizations. The main reason is that it has a world-famous seed bank-the vegetable germplasm collection. It has a collection of more than 48,000 varieties of vegetables and a complete database of related information, including data on the origins, soil, and growth of each variety, as well as on where it has been sent and promoted. Preserving germplasm is not only helpful for propagation and disease resistance, but is also beneficial for research into natural genetic diversity and distinctiveness. An estimated 800 different plant species are grown as vegetables worldwide; the AVRDC has a collection of more than 200 of these.

Rich in micronutrients

But although the center is quite famous, few people know much about its organization, membership, research methods, concrete contributions, or future direction.

Samson Tsou, who was "headhunted" into the AVRDC by the first director general, has worked his way up from researcher to become director-general himself, so he knows the organization thoroughly. He says that while the AVRDC is not very big compared to others of the world's ten or so international agricultural bodies, it is the only one that researches a wide range of vegetables. It now has more nearly 30 agricultural economists from 12 nations, with some 250 researchers, technicians, and administrative personnel from the host country, Taiwan.

Early on, the AVRDC was placed in Taiwan for reasons of geography and local conditions. Disease and insect infestation are most serious in tropical and sub-tropical areas, and most countries in these regions were developing nations. Their people's inadequate intake of vegetables and the resulting lack of micronutrients (vitamins and minerals) had a severe impact on health. Taiwan is a subtropical area. It also boasted a hard-working population, a superior economic environment to that in Southeast Asia, small farms, and encouragement from the government as a matter of policy. Thus Taiwan was deemed suitable for hosting a vegetable research center, and it was also hoped that it could fully support the center's efforts to use its research results to help other developing countries. Currently the AVRDC sends about 20,000 packs of seeds to more than 190 countries worldwide each year. It also publishes various publications and provides the latest information on vegetable research to cooperative partners and researchers in 151 nations.

Dr. Tsou says that the mission of the AVRDC has evolved over time and is constantly changing. In the early days emphasis was placed on crops with high yields, short growing seasons, and resistance to diseases and pests. In recent years, in addition to the original functions, special emphasis has been placed on environmental protection, sustainable management, and improving the quality of life. An example is the recent effort to promote suburban cultivation of vegetables to better meet the needs of modern urban dwellers.

In the interests of environmental protection and sustainability, the AVRDC has improved cultural practices and management systems, making use of grafting, simple hydroponics, slow-release fertilizers, protective culture and growth regulators, in order to reduce the risk of environmental pollution and harm to human health from chemical fertilizers and pesticide residues.

In recent years, the AVRDC has also stepped up the economic evaluation of its projects, to assess the socio-economic benefits of improved vegetable varieties and growing methods. One of the major reasons for setting up the AVRDC was the hope that it could promote the cultivation of vegetables of a high nutritional value, to improve the nutritional status and quality of life for the people of many developing countries, and promote those countries' overall national development. Over nearly 30 years, many pest- and disease-resistant and heat-tolerant vegetable varieties developed by the AVRDC have been widely grown in Southeast and South Asia and Africa, so that systematic and valid assessments can now be made of them, as a basis for future planning.

Globalization

Finally, Tsou emphasizes that today, amid the rush to globalization, the AVRDC must collaborate with commercial enterprises to disseminate its research and development results, and persuade enterprises to regard the small farmers of developing countries as an important market, so that all rural areas can benefit from its improved vegetable varieties. It must also enhance small farmers' professional skills, and promote low-pollution vegetables that are adapted to local conditions, to improve people's nutrition and health. It should combine R&D, promotion and economics into an integrated whole.

"In other words, from R&D to promotion and then application of agricultural technology, agriculture is part of the knowledge economy, and innovation in agricultural technology is a driving force of agricultural development. The future challenge for the AVRDC is to acquire information and technologies that can be standardized, and continuously innovate, so as to enable less advantaged countries and farmers not to drown in the tide of globalization but to benefit from it, and also to alleviate poverty and hunger as quickly as possible." Samson Tsou believes there is still plenty for the center to do.

Although he has this long-term vision in view, Tsou, who has worked at the AVRDC since its inception, is now preparing to retire. Everyone at the center will be very sad to see him go. When plant pathologist Dr. Sylvia Green, who has been working at the AVRDC for 21 years and regards Taiwan as her second home, speaks of Dr. Tsou's impending retirement, her eyes brim with tears and she says: "He understands all our problems and does everything he can to resolve them. I don't know how we'll manage without him!"

But Samson Tsou says that all good things come to an end, and believes that precisely because he has been involved with the AVRDC since the beginning and nobody is more familiar than he is with every aspect of the center's work, perhaps his departure will be "a good thing," for it will leave greater scope for the other staff to grow. Furthermore, the new director Dr. Thomas Lumpkin has a US academic background, and he may be able to initiate even closer international collaboration.

As for Samson Tsou, with his incomparably rich academic and professional background and experience of international agricultural practice, he intends to move into teaching and research, and hopes also to be able to make a contribution to the development of international businesses in the field of vegetable farming, and thus achieve an ideal that is also in AVDRC's future agenda.

Food and fertilizer

Another international organization based in Taiwan that is devoted to eliminating poverty and hunger is the Food and Fertilizer Technology Center for the Asian and Pacific Region (FFTC), which was set up even earlier than the AVDRC. But because FFTC's main mission is to collect and disseminate information on agricultural technology, it has a smaller staff than the AVDRC and does not have its own experimental farm or research personnel. Hence even fewer people outside the field of agriculture are aware of its existence.

The scholarly and cultured director of the FFTC, Dr. Wu Torng-chuang, previously worked for many years at the Sino-American Joint Commission for Rural Reconstrucion and at the Council of Agriculture, and has devoted his life to agriculture and to soil fertility improvement. Like most people working in agriculture, he has an unassuming and straightforward personality. He knows all there is to know about the background to the establishment of the FFTC, and the valuable work it has done over many years.

Amid the material prosperity of today, it really is hard to imagine that only 30 or 40 years ago in the 1960s, food shortages were a matter of grave concern in countries around the world, particularly in the many developing nations of Asia, Africa and Latin America.

In Asia, the main reason for inadequate production of staple foods (most importantly rice) was backward farming techniques and insufficient fertilizers. Because of this, in 1968 the Asian and Pacific Council (ASPAC), a regional forum of foreign ministers, began to discuss solutions, and decided to set up the FFTC. Because Taiwan was a relatively advanced subtropical country, it was decided to locate the center in Taipei.

In February 1969, ASPAC convened a preparatory conference in Taipei, attended by experts from various countries, to examine the technical feasibility of setting up the center. The conference passed a resolution recommending its establishment, and the following year the FFTC was formally set up in Taipei, with nine countries as its founder members: Japan, South Korea, the Republic of China, the Philippines, Vietnam, Malaysia, Thailand, Australia and New Zealand.

From the center's inception, its orientation and mission were extremely clear-to collect and disseminate information on agricultural technology, mainly for the benefit of small farmers in the Asia-Pacific region, with the aim of assisting them in increasing their production of staple foods, mainly rice. Therefore, in the first decade of the FFTC's existence, its programs were focused on soil and fertilizer management, the nutrient requirements of rice plants, and control of major rice pests. It was the first international center to specialize in control of rice brown plant hopper, which became much more destructive after the introduction of short-term high-yielding rice varieties and chemical pesticides. Many people may still remember that in those days the plant pathology department at National Taiwan University was very popular, with many talented young people going into research into crop pests and diseases.

In the 1980s, production of rice and other crops increased, and the threat of major famines receded. Economies in the Asia-Pacific region began growing rapidly. Thus the FFTC shifted its focus to crop diversification, high-value crops, satisfying demand from urban consumers, and improving farmers' ability to respond to market forces. The center's information services now also covered horticultural crops and livestock production.

In its third decade, like the AVRDC the FFTC is seeking to address the issue of environmental degradation resulting from overdevelopment, by pursuing sustainability in agricultural production.

The FFTC is shifting away from old strategies which gave top priority to yields and increasing farmers' incomes. It is now devoting more attention to common worldwide problems of agriculture like soil exhaustion, pollution of groundwater, overdevelopment of slopeland, and destruction of biodiversity. It is resorting to new agricultural technologies and placing more emphasis on things like environmental regeneration, restoring soil fertility, and better management of fertilizer use. New methods are also being applied to the marketing side, establishing sales channels, pre-sale inspection, and after-sales service. Every effort is being made to apply local technology and to leave behind a planet on which future generations can survive.

In the last three decades, because of changes in the international political situation, the number of member countries has fallen from nine to five: Japan, Korea, Taiwan, the Philippines, and Vietnam. Yet the scope of the FFTC's activities has constantly expanded. It cooperates with more than ten international bodies including the AVRDC, the Food and Agriculture Organization, the Asian Productivity Center, and the Asia-Africa Agriculture Development Organization. It also shares information with more than ten Asia-Pacific countries (including Australia and New Zealand) through seminars, training classes, field demonstrations, surveys, and both regular and occasional publications.

Ideas for a new age in agriculture

Looking to the future, Wu Torng-chuang says that most countries face similar problems: They must reduce reliance on price and export subsidies, and fall in with the logic of reducing barriers to imports. They must invest in basic infrastructure, specialized research, rural social services, and environmental protection. They may even need to restructure their entire agricultural sectors to meet changes in demand in the world market. Sustainable development will depend on taking into consideration what Wu calls the "three sheng": shengchan (production), shenghuo (quality of life), and shengtai (the environment).

The core technologies promoted by the FFTC have kept up with the times. They place equal emphasis on new biotechnology and traditional technology, promote mechanization of agriculture, and urge the widespread availability of information. Looking at the overall situation in the Asia-Pacific region, Wu has especially high praise for the government and people of Korea. "Information technology is widely available in the agricultural sector in Korea. They have computers even in rural villages where they can access the latest information. This is really an example we can learn from."

Over the many years that the AVRDC and the FFTC have been in Taiwan, they have brought much valuable information and many first-rate experts to the island. These institutions have also provided many opportunities for Taiwan's home-grown talent to learn and develop. Over the years, Taiwan agricultural technical teams have worked in Asia, Africa, and Latin America helping agriculture in developing nations and improving the lives of countless people. As the host country, Taiwan has unstintingly supported these institutions. Right now the main global issue is sustainability. Addressing this problem is the next challenge for these institutions that have been working quietly but effectively for so many years.

飢饉と貧困に別れを告げる アジア野菜研究開発センターと アジア太平洋地域食糧肥料技術センター

7月上旬、アフリカの友好国を訪問した陳水扁総統は「人道外交」という新たな考えを打ち出した。かつて国際援助に大きく助けられた経験を持つ我が国は、今では国際社会に貢献する力を十分に持っており、何かお返しをしたいという気持ちの表れである。

現実的には、中華民国は30年前に国連を脱退し、国際政治においては目立たない存在となっている。しかし台湾は国際社会のメンバーとして、これまでずっと黙々とその責任を果たしてきたのである。

多くの人はご存知ないかも知れないが、台湾が国連を脱退した70年代の初期、アジア太平洋地域の国々によって設立されたアジア野菜研究開発センター(AVRDC)とアジア太平洋地域食糧肥料技術センター(FFTC)は、いずれも台湾に設置され、これまで30年にわたって運営されてきた。この二つの機関は、人類にとって必要不可欠な食糧と野菜作物の生産技術の改良と研究開発を行なっており、アジア太平洋地域の農家の栄養と生活水準の向上のために極めて重要な役割を果たしてきたのである。


2002年5月2日、台南県の善化にあるアジア野菜研究開発センターでは、設立から29年来で初めて「設置国の日」の祝賀活動が行なわれ、政府農業委員会の范振宗・主任委員、台南県の蘇煥智・知事、世界銀行ベトナム駐在代表、そして20ヶ国の代表など、100名近い貴賓が集まった。

声なき革命

アジア野菜研究開発センターの鄒生主任によると、同センターの研究成果は亜熱帯野菜の多種に及んでいる。例えば熱帯のトマトやエダマメ、アブラナ科の植物など、多くの野菜の品質を改良して生産量を大幅に向上させ、アジアの発展途上国の人々の栄養情況と農村の収入を改善してきた。

そして同センターの設置国である中華民国こそが、その研究開発費の多くを提供してきたのである。台湾はアジア野菜研究開発センターの年間総予算1000万米ドルの6割近くを提供してきており、台湾の農業人材と農業政策も、同センターに大きく貢献してきた。そこで、これまで常に控えめで、「声なき革命者」と呼ばれてきた同センターは、特に「設置国の日」の活動を催し、設置国である台湾の積極的な支援に感謝し、マスコミを通してアジア野菜研究開発センターの仕事と、アジアの人々に対する貢献を台湾の人々知ってもらうことにしたのである。

農家に生まれ育った農業委員会の范振宗・主任委員は、農業に深い思いを寄せており、農業改革が農村の生活と国家全体の発展にとっていかに重要かを十分に理解している。台湾で長年にわたって運営されてきたアジア野菜研究開発センターは、世界と台湾の一流の農業専門家を擁し、台湾の学界や業界と密接な協力関係を維持し、資料や種の収集、植物の病虫害耐性、量産、味などの各方面で卓越した成果をあげてきた。

中でも敬服させられるのは、同センターは常に黙々と仕事に取り組み、決して功労をひけらかさないことだ。台湾でよく知られているチェリートマトや黄金トマト、黒桔仔なども、すべて同センターの開発した品種だが、センターはそれを特に表立って宣伝しようとはしない。そうした控えめな姿勢にも范主任委員は敬服しているという。

台南県の蘇煥智知事は、アジア野菜研究開発センターの「設置国の日」のイベントで、同センターの台南県に対する長年の貢献に感謝するとともに、センターが国際組織であり、海外との関係も密接なことから、将来、台湾の南サイエンスパークと協力し、バイオテクノロジーの分野で海外企業の進出を促してほしいと語った。

派手な活動はしないアジア野菜研究開発センターだが、台湾では数少ない国際組織の中で知名度は最も高い。それは同センターが世界最大の種子バンクとして4万8000種以上の野菜の種子を保存し、完全な資料を整えているからだ。種子の出所、土壌や生長情況、寄贈や普及情況の資料がそろっていて、原種の栽培や病気耐性など研究に役立つだけでなく、植物の多様性や相違の研究にも役立つ。世界中には約800種類の野菜があるが、ここにはそのうち約200がそろっている。

微量元素が豊富な野菜

アジア野菜研究開発センターはある程度の知名度を持っているが、その組織構造やメンバー、研究方法、具体的な貢献、今後の発展などは一般にはあまり知られていない。

センターの設立後間もなく高待遇で迎えられ、研究員から最高職位の主任まで上り詰めた鄒生氏は、ここの仕事の隅々まで理解している。世界に10余りある国際農業組織の中で、同センターは大きい方ではないが、唯一野菜を対象として研究する機関であり、現在は12カ国から30人近い農業専門家と農業経済学者が集まっている。そして250人ほどの台湾の研究者、技術者、事務員とともに野菜の品種改良と普及に努めている。

当初、同センターが台湾に設置されることになったのは、主に地理的な位置と国情からだった。野菜の病虫害が最も深刻なのは亜熱帯と熱帯地方で、これらの地域にある国の多くは開発途上国に属し、住民の野菜摂取量が不足していた。野菜不足から体内の微量元素が欠乏すると、国民の健康に大きな影響をおよぼすのである。

そうした中で、台湾は亜熱帯に属し、また国民は勤勉で、経済環境も全体的に東南アジアの国々より優れていた。また台湾は小規模農家が多く、政策的にもそれが奨励されていたため、野菜研究にふさわしいと考えられたのである。そして、ここでの研究成果が、さらに他の国々に提供されてきたのである。現在、同センターは毎年約2万パックの野菜の種を190余ヶ国以上に送っており、また各種の刊行物を発行して140余ヶ国の研究者に提供している。

生主任によると、センターの任務は時代の変化に合わせて常に調整されているという。設立された初期には生産量の向上、生産時期、病虫害の防止などに重点が置かれていたが、近年はこの他に環境保護、持続可能な農業経営、生活の質の向上などの課題が加わっている。例えば、市街地近郊の野菜栽培を普及させれば、より一層現代都市のニーズにかなった野菜供給が可能になる。環境保全と持続可能な経営という面では、栽培方法と管理制度の改善から着手している。接木、簡易水耕、施設栽培、生長ホルモンなどを使用して、化学肥料や農薬による環境や人体への害を低下させている。

センターでは近年、特に農業経済による評価を強化し、野菜の品種改良や栽培方法改良による経済効果を客観的に評価している。センター設立の重要な目標は、栄養価の高い野菜を普及させて、発展途上国の人々の栄養情況を改善し、各国の国民生活と国家経済の発展を促すというものだからだ。30年にわたる努力を経て、センターは病虫害と高温に強い野菜を東南アジアや南アジア、アフリカに普及させてきており、系統だった評価をすることで、より有効な将来の計画が立てられるのである。

グローバル化の時代

最後に鄒生主任は、グローバル化の波が押し寄せている今日、アジア野菜研究開発センターも研究成果の面で企業と協力し合い、企業が発展途上国の小規模農家を重要な市場と見なすことを奨励していく必要があると言う。また小規模農家の専門能力を向上させ、地域化した低汚染の野菜の普及によって人々の栄養情況を改善し、研究開発と普及と経済を一体化させていく必要があるという。

「言い換えれば、農業は研究開発から普及、運用まで、すべてがナレッジエコノミーの一環なのです。農業テクノロジーの革新は農業発展の原動力です。スタンダード化できる情報と技術をいかに掌握し、弱者となる国や農家がグローバル化の中で押しつぶされないようにすること。そして貧困と飢えを早急に改善することがアジア野菜研究開発センターの課題なのです」と語る鄒生主任は、今後もまだまだやらなければならないことが沢山あると考えている。

今後のビジョンと課題は数々あるが、設立当初から貢献してきた鄒生主任はセンターからの退職を計画しており、同僚から惜しまれている。センターに勤務して21年、すでに台湾を第二の故郷としている病虫害研究者のシルビア・グリーン博士は鄒生主任の退職という話題に触れ、声を詰まらせる。「私たちの全ての問題を彼は非常によく理解しており、常に全力で解決してきました。彼がいなくなったらどうすればいいのでしょう」とグリーン博士は言う。

しかし鄒生主任は、人生に別れはつきものだという。自分はセンターの一般研究員からスタートしたので、内部のあらゆる分野を知り尽くしているため、自分が去るのは逆に「よいこと」かも知れないと鄒絽生主任は考えている。自分が離職すれば他の職員がより大きな空間を持つことができ、さらに大きな局面を打開できるかもしれないからだ。また、彼に代わって新たに主任就任するThomas Litmpkin博士はアメリカの学界の出身なので、国際社会との関係がより密接になると考えられる。

学歴も経歴も国際農業実務の経験も豊富な鄒生主任は、センターを離れた後は学界に進出し、将来的には野菜農業の国際企業化を推進して、アジア野菜研究開発センターの目標を達成したいと考えている。

食糧と肥料

このアジア野菜研究開発センターとともに世界の貧困と飢饉を解決するために台湾に設置されたもう一つの国際機関は、アジア太平洋地域食糧肥料技術センター(FFTC)だ。この組織は農業に関する技術情報を収集して発信することによって各国の農家の所得を向上させることを主な任務としているため、編成規模はやや小さく、実験農場や専属の研究者もいないため、一般にはあまり知られていない。

アジア太平洋地域食糧肥料技術センターの呉同権主任は、農業研究に従事する多くの人と同様、学識があり、謙虚で控えめな人物だ。かつて農業委員会などの政府機関に長年勤務し、半生を農業にささげてきた氏は、センターの設立当初から長年にわたって数々の業績を残してきた。

物質的に豊かになった今日からは想像しにくいかも知れないが、わずか30〜40年前の1960年代、世界各国はいつ起るかもしれない食糧不足に大きな不安を抱いていた。特に発展途上国の多いアジア、アフリカ、中南米などの情況は深刻だった。

アジアでは、イネを中心とする食糧生産不足の最大の原因は農業技術の遅れと肥料不足にあった。そのため、各国の外相が参加して組織されたアジア太平洋会議(ASPAC)で1968年にその解決方法が話し合われ、アジア太平洋地域の食糧肥料技術センターを設立することが決定した。そして、台湾は亜熱帯における比較的発達した国であることから、台北にセンターが置かれることになったのである。

1969年2月、アジア太平洋会議は台北で準備会議を開いた。各国から派遣された専門家が同センター設立の技術面での可能性を話し合い、その設立と関連規則を議決して実際の準備を開始した。その翌年、アジア太平洋地域食糧肥料技術センターが台北に正式に設置されたのである。当初のメンバー国は日本、韓国、中華民国、フィリピン、ベトナム、マレーシア、タイ、オーストラリア、ニュージーランドの9ヶ国だった。

呉同権主任によると、アジア太平洋地域食糧肥料技術センターの任務と位置づけは、設立当初から極めて明確だったという。それは農業技術に関する情報を収集して伝え広めるというものであり、主なサービス対象はアジア太平洋地域各国の小規模農家だった。目的は、農家によるイネの生産量を増やすことだ。

そのため、アジア太平洋地域食糧肥料技術センターの最初の10年間の目標は、化学肥料を利用してイネに必要な栄養素を供給し、病虫害を防ぐという点に置かれた。また同センターはイネに対するイナゴの害を専門に研究する初めての国際機関となり、イネの品種や農薬の使用とイナゴとの関係などで新たな研究成果を上げた。当時、台湾大学の植物病学科は非常に人気のある学科だったことを覚えている人も少なくないだろう。当時は多くの優秀な人材が作物の病虫害の研究に取り組んでいたのである。

1980年代に入ると、イネとその他の作物の生産量はしだいに安定し、大規模な飢饉も発生しなくなった。アジア太平洋地域の経済も大幅に成長し、センターの重点も作物の多様化と経済作物の栽培へと移っていった。これによって都市部の消費者のニーズを満たし、市場における農家の力を高めるためだ。そして情報提供の範囲も園芸植物の栽培や畜産、養殖などへと広がっていった。

アジア太平洋地域食糧肥料技術センターの3つ目の10ヵ年計画は、アジア野菜研究開発センターと同様に地球の環境問題へと移り、持続可能な農業経営を目指すものとなった。センターではまず、それまでの増産と収入増加を主としていた目標を変更し、土壌の力の減退、地下水の汚染、山地の過度の開発、生物多様性の危機といった世界的な課題に取り組み始めたのである。そして農業の新技術を活かして、環境に優しい再利用、土壌の力の回復、集約栽培、施肥管理、販売経路や安全性検査、アフターサービスなどの関連技術を重んじるようになり、技術の現地化を進めて、将来の世代が生きていける大地を残すことに全力をあげている。

設立から30年、国際環境の変化から、かつては9つのメンバー国だったのが今では日本、韓国、台湾、フィリピン、ベトナムの5ヶ国に縮小したが、アジア太平洋地域食糧肥料技術センターのサービス範囲は絶えず広がっている。協力対象もアジア野菜研究開発センター、FAO国連食糧農業機関、アジア生産力センター、アジア・アフリカ農業発展機関など10余りの国際機関と、オーストラリアを含むアジア太平洋の10余ヶ国に及んでいる。そしてシンポジウムや訓練班、実地での手本、農業実態調査、出版物刊行などを通して最新の専門情報を提供し、交流を続けている。

新時代の農業思想

将来を展望して呉同権主任は、どの国が直面している課題も実は似通っているという。

かつて実施されていた価格補助や輸出補助は減っていき、今後は輸入制限も解除していかなければならなくなる。またインフラや専門研究、農村の福祉、環境保全などには新たな投資が必要であり、農業全体の構造も世界市場に合わせて調整していかなければならない。

農業の持続可能な発展は「3生」のすべてを重視し、バランスをとることだと呉同権主任は言う。生産、農家の生活、そして生態の「3生」のすべてを最大限に考慮しなければならないのである。

アジア太平洋地域食糧肥料技術センターが伝え広める核心技術も時代とともに変化してきた。最近はバイオテクノロジーと従来のテクノロジーを両立させること、そして農業機械の自動化と、情報プラットホームの確立と普及が当面の急務となっている。

アジア太平洋地域の各国の農業の情況を見わたして、呉同権主任は、特に韓国の政府と民間の積極性を称える。「韓国のIT化はすでに農業分野にもおよんでいます。地方の農村でもコンピュータが使われ、即時に最新の情報が得られるようになっています。これには私たちも学ばなければなりません」と言う。

アジア野菜研究開発センターとアジア太平洋地域食糧肥料技術センターは、台湾に設置されて長年になるが、その間に台湾に完備した農業情報と一流の農業人材をもたらしてくれ、また台湾の農業人材もそれによって大きな成長の機会を得ることができた。

一方、台湾の農耕隊は長年にわたってアジア、アフリカ、中南米の各地に駐在して発展途上国の農業の発展を支援し続け、数え切れないほどの農家の人々の暮らしを改善してきた。アジア野菜研究開発センターとアジア太平洋地域食糧肥料技術センターという二つの国際農業研究機関の所在地である台湾は、この二つの機関を全力でサポートしてきたのである。

今日の世界の問題は、すべて持続可能な運営という点にある。黙々と世界に貢献してきたこの二つの国際機関を、いかにして今後も支持し続けていくか、そしてこの方面でいかにして力を発揮していくかは、21世紀の全人類が共通に担っている重要な課題と言えるだろう。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!