國合會20週年

向世界傳遞台灣經驗
:::

2016 / 12月

文‧劉嫈楓 圖‧國合會 翻譯‧Robert Green


20年了,肩負我國國際援助重責的財團法人國際合作發展基金會,自1996年成立以來,透過農業、醫療、人道等援助計畫,走入非洲、中南美洲、亞太區域等角落,以行動拉近了台灣與世界的距離。


1959年,是標誌台灣國際地位轉變的重要一年。經過了1950年代的美援階段,成熟而富足的台灣終於有所餘裕,向世界伸出援手。「台灣從受援國轉而成為援助國,這在世界上是少有的難得案例。」財團法人國際合作發展基金會秘書長施文斌表示。

在派出第一支農耕隊前往越南西貢後,此後五十餘年,政府、民間對外的國際援助不曾間斷,腳步從非洲的賴比瑞亞起始,橫跨中東、中南美洲、亞太區域,援助項目跨及農漁養殖、水利工程、醫療防疫等領域。而援外版圖,更少不了國合會的身影。

1996年創立,承接並整合「海外技術合作委員會」、「海外經濟合作發展基金管理委員會」援外任務的國合會,更在此後20年間,透過農業、醫療、教育……等方式援助邦交國、非邦交國,以實際行動鏈結國際。

這一年,國合會的成立不但宣告台灣國際合作業務走向專業透明,也和國際組織的合作更為緊密。

施文斌表示,過往透過農技團目標單一、成效有限,國合會成立後和國際組織合作密切,也使得援外觸角向外延伸。1996年國合會成立當年即攜手「歐銀」,援助轄下的受援國。因此國合會前進許多不曾企及的國家,例如東歐羅馬尼亞、中亞約旦、哈薩克等國家。

 

援助計畫多元,任務轉型

目前,農業、公衛醫療國際合作計畫依然是國合會業務推動的重點,從「農耕隊」一路演變至今的技術援助團隊,如今隨著受援國需求改變,提供協助的方式、項目也變得多元而細緻,包括「資通訊」、「環境」、「教育」等援外協助也見到了具體成效。

例如在農業領域中,國合會在2000年即派出農藝專家李國銓協助聖多美普林西比農民種植木薯、玉米等糧食作物。近年,伴隨糧食不足衍生的貧窮問題,國合會更和技術團共同發想,結合「農產批發」與「農民市集」功能,成立首座農業多功能中心。

過去農民每當收成後,即會將作物拿到路旁兜售,導致價格混亂、中盤剝削。透過技術團首度引進農產批發與農民市集的概念後,在技術團背書下的蔬果農產不但深受民眾喜愛,也提高了農民所得。

地點轉至中南美洲的宏都拉斯,國合會派出農業技術團協助當地成立「馬鈴薯種薯繁殖中心」。作為宏都拉斯重要糧食作物,由於缺乏種子業者,宏都拉斯長年來必須自鄰近的瓜地馬拉進口馬鈴薯,不但成本高昂,也使得當地供需失衡。因此,2014年國合會即進駐協助,改善當地育種、防治病蟲問題,提升馬鈴薯的收穫量。

另一個在國合會援助項目中,和農業同等重要的醫療援外計畫,則一次又一次以醫療行動,拯救無數人的生命。

早於國合會成立之前,1962年我國即派出軍醫赴非洲利比亞提供醫療援助,而後腳步遍及中東沙烏地阿拉伯、非洲賴比瑞亞、南太平洋吉里巴斯等國家。其中,國合會投入援助已逾多年的非洲布幾納法索醫療團,更是台灣國際醫療團投入國際援助的一頁縮影。

國合會正式成立後,派出醫療團進駐布吉納法索第三大城古都古市(Koudougou)友誼醫院,為當地民眾提供即時的醫療救助。除了院內看診,布吉納法索醫療團決定走入偏鄉角落,遠赴距離醫療團駐紮第三大城古都古市四、五十公里外的村莊,提供每2個月一次的巡迴看診。

除實際醫療外,國合會更向下扎根,培訓當地醫事人員,提升整體就醫品質。2011年,醫療團也向當地學員提供緊急傷口處理、孕期檢查等基礎醫事訓練。協助提升第一線人員基礎醫事訓練的「友好國家醫事人員訓練計畫」,2005年開辦以來,迄今已為三十多個國家、三百多人次醫事人員完成訓練。

 

因應在地需求,調整方式

以資通訊領域而言,目前國合會的資通訊合作計畫,多半是協助當地國家「政府E化」工程。今年在WTO一場貿易援助研討會,就展現國合會協助貝里斯推動關稅便捷化的成果。

在教育領域,國合會透過成立獎學金制度攜手台灣21所學校,成立國際合作策略聯盟(Taiwan International Cooperation Alliance),設置35種學程,針對學員所需,媒合課程。同時,每年也設置資通訊、企管等15~16個短期訓練班,向邦交國、非邦交國學員提供培訓。「學生看似都是獨自前來就學、受訓,但當學員返國、就業、工作,實是將在台灣累積的人際網絡一步步向外擴大。」施文斌說。

儘管國合會所推動的國際合作計畫項目變得多元、複雜,但遵循2005年《巴黎援助成效宣言》協助受援國的精神卻始終未變。「在地性、一致性、協調性、成果導向和互相責信,都是國合會推動國際合作的原則,」施文斌表示,國合會計畫並非一味的提供援助,皆會針對受援國的情況「對症下藥。」例如,貝里斯原本提出的是腎臟防治計畫,是需要醫療團提供後期診治,但經過國合會醫療團視察後,發現當地居民罹患腎臟病的比例極高,與其建置後期的醫療救治協助,更應投入前期的腎臟病防治和衛教宣導。因此,在國合會技術團的建議下,微調了援助方向。

 

技術進駐,台灣經驗開花結果

國合會的合作計畫,不但實質地改善當地的經濟、生活,藉由每一次進駐,台灣的飲食、文化、生活習慣,也一點一滴滲透至受援國家中。例如,國合會於聖多美普林西比所推動農夫市集就是最好的例子。

施文斌表示,聖多美普林西比因氣候地理條件特殊,過往僅有馬鈴薯等根莖作物,然而走入市集一看,盡是四季豆、韭菜等台灣葉菜;而來到巴布亞紐幾內亞,市場周遭秤斤論兩的方式,也流露濃濃的台灣味,「不自覺還以為自己置身台灣傳統市場」,施文斌笑言。

例如索羅門群島、巴布亞紐幾內亞,受限於當地的氣候地理條件,傳統市場上從未見過蔬果葉菜類品項。然在國合會進駐後,市場也開始出現蔬果葉菜,不但意味育種有成,也顯示台灣的飲食習慣漸漸走入當地居民的生活日常。

當國際援外計畫推動的同時,許多人以為台灣是向外提供援助,但施文斌認為,「給予的同時,我們也同樣有所收穫。Getting rich by giving!」他說。過去曾有農技團技師向他透露,透過國際合作援助計畫,許多在台灣難以見到或已消失的馬鈴薯、芋頭等種源又在台灣重現。

趁著與醫療團一同前進診治的台灣年輕醫師,也得以重拾史懷哲精神。施文斌表示,許多受援國仍是發展中國家,生活條件落後,瘧疾、天花、狂犬病……,不少在台灣已根絕的疾病仍在當地蔓延。藉此也讓年輕醫師親見台灣早年的醫療境況,深刻體會如今台灣醫療環境的現代化與進步,並非一蹴可幾。

 

任務艱難,第一線人員持續投入

每一次的公衛醫療、人道救援都有助於強化我國與邦交國及非邦國的邦誼,但背後卻是第一線人員的辛酸血淚。

今年7月國合會歡度20週年的慶祝酒會上,眾人想起的是39位因病、意外喪生的同仁。國合會提供協助的地區多數仍是發展中國家,所處的環境惡劣。技術團、第一線人員駐紮地方地處偏遠的刻苦生活,已是家常便飯。然而辛苦的生活,並未阻卻援外腳步,如今,全世界33國家,都見得到國合會一百多位第一線人員,持續投入、為改善當地民眾生活所做的努力。

度過了20週年,國合會的下一階段,依然持續關注國際各項議題,展開援助行動,為國際帶來貢獻。而施文斌也期許,未來國合會依然透過每一次的援助計畫,展現軟實力,將「台灣經驗」向世界傳遞。「讓台灣走向世界,世界走向台灣!」                                                                     

相關文章

近期文章

EN 日本語

The International Cooperation and Development Fund

—20 Years On

Liu Yingfeng /photos courtesy of ICDF /tr. by Robert Green

For the last two decades, the International Cooperation and Development Fund has shouldered the important responsibility of conducting Taiwan’s foreign assistance programs. Since its founding in 1996, the ICDF has undertaken agricultural, medical, and humanitarian programs in all corners of the Earth—from Africa to Central and South America to the Asia‡Pacific region. And through its initiatives it has closed the distance between Taiwan and the wider world.


The year 1959 marked a major shift in Taiwan’s international status. After a decade of US aid, a mature and prosperous Taiwan reached the point where it could, in turn, lend a helping hand to the rest of the world. “Taiwan’s transition from aid recipient to aid donor constitutes a rare historical achievement,” says Weber V.B. Shih, secretary general of the International Cooperation and Development Fund (ICDF).

More than a half century after Taiwan dispatched its first agricultural team to Saigon, Vietnam, governmental and nongovernmental foreign assistance has marched steadily forward. From the earliest work in the African nation of Liberia, initiatives have since crisscrossed the Middle East, Central and South America, and the Asia‡Pacific, addressing various needs from agriculture and fishery techniques to irrigation projects and disease prevention. Indeed, there seem to be few regions receiving foreign aid that have not felt the presence of Taiwan’s assistance.    

In 1996, the ICDF inherited the foreign aid responsibilities of two earlier government bodies—the Committee of International Technical Cooperation and the International Economic Cooperation Development Fund. In the 20 years since, the ICDF has brought Taiwan closer to the global community by implementing effective agricultural, medical, educational, and other programs both in countries that maintain formal diplomatic relations with Taiwan and in those that don’t.

Changing with the times

Today, international cooperation programs directed at improving agriculture and public health are still an important part of the ICDF’s work. Yet, from early agricultural missions to today’s technical assistance teams, the ICDF’s foreign assistance has continued to change with the needs of recipients. Initiatives have become more comprehensive and more detailed, and today cover a broader range of aid programs, including information and communications, the environment, and education. As a result, foreign assistance is producing more tangible results.

In the agricultural sector, for example, the ICDF in coordination with its technical teams established São Tomé and Príncipe’s first multifunctional agricultural center, which incorporates a farmers’ market and wholesale distribution. In the past, famers sold their crops by the roadside after the harvest, but this resulted in wildly fluctuating prices and exploitation by wholesalers. After learning the lessons introduced by the technical teams and combining wholesale and retail strategies, the farmers saw a rise in income as the public proved to be keen buyers for their produce.

Other ICDF assistance programs have rivaled agricultural programs in importance, and none so much as the numerous medical aid initiatives that have saved countless lives.

In 1962, several decades before the ICDF’s founding, Taiwan dispatched military doctors to Libya to offer medical assistance. Subsequent army medical teams were sent to Saudi Arabia, Liberia, and Kiribati. And for many years, Taiwan has provided medical aid to the West African nation of Burkina Faso. This long-lasting aid mission epitomizes Taiwan’s commitment to the world of international assistance.

Just after its formal establishment, the ICDF dispatched a medical aid team to the Friendship Hospital, located in Koudougou, Burkina Faso’s third largest city, where it offered emergency medical services to local residents. Aside from treating patients at the hospital, the Burkina Faso medical mission traveled to country villages some 40 or 50 kilometers from Koudougou, where they provided a mobile medical clinic every two months.

Aside from treating patients directly, ICDF personnel also sought to address local deficiencies at a more basic level by training local medical personnel. As a result, the overall quality of the area’s medical treatment improved. In 2011, for example, ICDF medical staff taught local students basic medical procedures, such as how to administer first aid and provide checkups for pregnant women. And in 2005 the ICDF launched the Healthcare Personnel Training Program, which instructs frontline medical personnel at hospitals in Taiwan. Since then, the program has trained more than 300 healthcare workers from more than 30 countries.

Meeting local needs

In terms of information and communications technology, the ICDF is currently engaged in various joint IT initiatives. Generally, this entails helping local governments implement “e-government” projects. During this year’s annual WTO trade facilitation workshop, an ICDF initiative intended to streamline the collection of customs duties in Belize was presented as a successful case study.

In the field of education, the ICDF has established the Taiwan International Cooperation Alliance, which coordinates an international scholarship program with 21 participating Taiwanese educational institutions. To date, 35 courses have been set up to meet the needs of students and their employers. Short-term training courses, in fields such as business management and ICT, are also on offer for nationals from both diplomatic and non-diplomatic partners.   

The increasing diversity and complexity of its assistance programs notwithstanding, the ICDF has not wavered from its commitment to the spirit of the OECD’s Paris Declaration on Aid Effectiveness. “Localization, consistency, coordination, a focus on results, mutual cooperation and trust are all guiding principles for the international cooperation programs undertaken by the ICDF,” Shih explains. “Our programs are not intended to deliver aid blindly. In each case, the remedy must fit the problem.”

Belize, for example, originally sought help controlling kidney disease. After a medical team was dispatched to investigate, it discovered that the incidence of kidney disease was extremely high and that late-stage treatment was no substitute for early prevention and public education. Thus, the medical aid program was fine-tuned in response to suggestions from the ICDF specialists.

Technical missions and the Taiwan experience

The ICDF’s assistance programs have not only ­substantially improved local economic and living conditions, they have also introduced the diet, culture and lifestyle of Taiwan, bit by bit, into the societies of the aid recipients. A good example is the farmers’ market established by the ICDF in São Tomé and Príncipe.

Weber Shih, the IDCF secretary general, points out that because of the geographic and climatic conditions in São Tomé and Príncipe, there were only potatoes and other root and tuber crops in the market in the past. But walking through the market now, one can find green beans, leeks, and other leafy green Taiwanese vegetables. And in Papua New Guinea, the haggling over prices during market weeks carries a strong Taiwanese flavor. “Without realizing it, you feel like you are back in a traditional market in Taiwan,” Shih says with a smile.

In both the Solomon Islands and Papua New Guinea, fruit and vegetables were once rare sights in traditional markets due to the local climate. Yet after the ICDF established a presence in the countries, fruit and vegetables become a regular offering, signifying not only the successful development of new crops but also the acceptance of Taiwanese dietary habits into the daily life of the local population.

Each humanitarian and public health assistance initiative strengthens the bonds of friendship between Taiwan and other countries, whether they are formal diplomatic allies or not. And behind the scenes, it is the blood, toil, tears and sweat of the frontline personnel that make this possible.

At a banquet celebrating the ICDF’s 20th anniversary, attendees stopped to remember 39 colleagues who have perished in the field. The aid organization is most active in developing countries, in which conditions can be hazardous. For technical teams stationed abroad and manning the frontlines of aid work, hardship is commonplace. Difficult conditions, however, will not prevent this important work from being carried out. Over 100 of the ICDF’s frontline aid workers are active in 33 countries today, working tirelessly to improve the lives of local people.

After reaching its 20th anniversary, the ICDF will continue to open up new opportunities for international assistance. Shih hopes that through each of its international aid initiatives Taiwan will be able to share its own unique experience with the rest of the world.

世界に台湾の経験を伝える

ICDF国際合作発展基金会 ——20年の歩み

文・劉嫈楓 写真・國合會 翻訳・笹岡 敦子

20年にわたり、わが国の国際援助の重責を担ってきた財団法人国際合作発展基金会(The International Cooperation and Development FundICDF)1996年の設立以来、農業・医療・人道支援などの援助プログラムを通じて、アフリカ、中南米、アジア太平洋地域の各地で、行動によって台湾と世界の距離を近づけてきた。


1959年は台湾の国際的地位転換の大きな節目となった。米国の援助を受けてきた1950年代を経て、成熟し豊かになった台湾には、世界に支援の手を差し伸べる余裕ができたのである。「台湾は被援助国から援助国になりました。こうした例は世界でも多くはありません」財団法人国際合作発展基金会(ICDF)事務局長の施文斌がいう。

最初の農耕チームをベトナムのサイゴンに派遣してから50年、政府・民間の国際援助は途切れたことがなく、その足跡はアフリカのリベリアに始まり、中東、中南米、アジア太平洋地域に跨る。援助項目は農漁業・畜産養殖、水利、医療・防疫といった分野にわたる。国際援助の版図にはいつもICDFが関わってきた。

1996年に設立され、「海外技術合作委員会」と「海外経済合作発展基金管理委員会」を統合して国際援助を引き継いだICDFは、その後20年間、農業・医療・教育等で、国交のある国もない国も援助し、行動で世界と繋がってきた。

その年、ICDFの設立は、台湾の国際協力事業が専門性と透明化を目指すことの表明であっただけでなく、国際機関との協力も緊密にした。

施文斌によると、農業技術チームの目標は単一で効果も限られるが、ICDF設立後は国際機関との協力が密接になり、対外援助の対象が広がったという。1996年のICDF設立初年には欧州復興開発銀行と協力し、その管轄下の援助対象国を援助している。こうしてICDFは、願っていた以上の国々——ルーマニア、ヨルダン、カザフスタン等への支援も開始した。

援助計画の多様化、任務の転換

現在も農業、公衆衛生・医療における国際協力はICDFの事業の重点である。「農耕チーム」から今日の技術援助チームに至るまで、援助対象国のニーズが変わり、協力方法や項目も多様化し細分化した。情報、環境、教育といった協力でも具体的な成果があがっている。

農業分野では、ICDFは2000年に農業園芸専門家・李国銓をサントメプリンシペに派遣し、キャッサバやトウモロコシなど食糧の栽培に協力している。近年は食糧不足に伴う貧困問題について、ICDFと技術チームが共同で構想し、「農産物卸売」と「農民市場」の機能を結集した初の農業多機能センターを立ち上げた。

それまで農家は収穫を路傍で販売し、価格の混乱、卸売業者の搾取を招いていた。技術チームが農産物卸売と農民市場の構想を導入すると、技術チームのバックアップによって農産物はよく売れるようになり、農家の所得も向上した。

中米のホンジュラスでは、ICDFは農業技術チームを派遣して「馬鈴薯種イモ育成センター」設立を支援した。重要な食糧だが種子業者がなく、近隣のグアテマラからジャガイモを輸入しており、コストも高く、需給バランスも悪かった。そこで2014年にICDFが進出し、育種や病虫害を予防し、ジャガイモの収穫量を増大させた。

ICDFの援助項目の一つに、農業と同じく重要な医療援助計画がある。医療アクションを重ね、無数の命を救ってきた。

ICDF設立のはるか前、1962年にわが国は軍医をアフリカのリビアに派遣して医療援助を行っている。後にサウジアラビア、リベリア、南太平洋のキリバスにも赴いた。中でもICDFが長年医療援助を行うブルキナファソは、台湾国際医療チームが取り組む国際援助の縮図である。

ICDF設立後、医療チームをブルキナファソ第三の都市クドゥグ友好病院に駐留させた。院内での診察に加え、クドゥグから4050km離れた村へ、2ヶ月に1回の巡回診療を行った。

実際の医療のほか、ICDFは現地の医療従事者を育成し、医療の質全体の引き上げを図る。2011年にも、医療チームが創傷の緊急処置、周産期検診など基礎医療トレーニングを行っている。第一線のスタッフに基礎医療トレーニングを行う「友好国医療従事者訓練プログラム」では、2005年の開始以降、30数カ国で300人以上がトレーニングを受けている。

現地の需要に応じて方法を調整

情報通信分野では、ICDFのプログラムの多くは現地の行政デジタル化に関わる。今年WTOの貿易援助シンポジウムで、ICDFがベリーズで実施した関税手続効率化の成果が発表された。

教育分野では、ICDFは奨学金制度で台湾の21の学校と提携し、国際協力アライアンスを設立して35コースを設け、学生のニーズに応じてカリキュラムのマッチングを行っている。また、情報通信、企業マネジメント等1516の短期コースを設け、国交の有無にかかわらず生徒にトレーニングを行う。「学生は各地から来ますが、その帰国後の仕事が、台湾で蓄積した人的ネットワークの拡大になるのです」と施文斌は語る。

ICDFが推進するプログラムは多岐にわたり複雑だが、2005年の「援助効果向上にかかるパリ宣言』に従った支援精神は終始変わらない。「現地化、一致性、協調性、成果指向、相互責任と信頼。どれもICDFの国際協力の原則です」ICDFプログラムは無闇に援助するのではなく、状況に即した「対症療法」だという。例えば、ベリーズが提出していた腎臓病予防プログラムは、医療チームによる後期診療を必要としていた。しかし、ICDF医療チームの視察で、現地住民の腎臓病罹患率が非常に高いことが分かり、後期の救済治療支援を構築するよりは、前期の腎臓病予防と衛生教育指導をすべきであると考えられた。そこで、ICDF技術チームの提案を受けて、援助の方向を微調整したのである。

台湾の経験が花開き実を結ぶ

ICDFの協力プログラムは、実質的に現地の経済や生活を改善するだけでなく、メンバーが滞在するたびに、台湾の食や文化、生活習慣が、少しずつ被援助国に浸透していく。ICDFがサントメプリンシペで推進した農民市場が好例である。

かつてサントメプリンシペでは、野菜と言えば根菜類しかなかったが、今、市場へ行けばインゲンやニラなど台湾の葉野菜が手に入る。パプアニューギニアでは、市場で重さを量る方法も、台湾に似た風情である。「台湾の昔ながらの市場にいるかと錯覚します」施文斌は笑う。

ソロモン諸島やパプアニューギニアは気候や地理的条件から、従来は葉野菜が見られなかったが、ICDFが滞在するようになって変わった。育種に成功しただけでなく、台湾の食習慣が現地住民の日常に入り込んだことも意味する。

国際援助プログラムと言うと、多くの人が台湾は援助する側だと捉えている。しかし施文斌は「援助しながら、私たちにも収穫があります。Getting rich by giving、与えることで豊かになっているのです」という。農業技術チームの技師が話してくれたという。台湾では稀だったり消滅したりしたジャガイモやイモの原種が、援助計画を通して台湾で再現しているのである。

医療チームと共に診療に当たった台湾の若い医師は、シュバイツァーの精神を取り戻したという。被援助国の多くは発展途上である。人々は貧しく、マラリアや天然痘、狂犬病など、台湾では根絶された伝染病も多い。若い医師はそこで昔の台湾の医療環境を体験し、今日の台湾の現代的な医療環境が、たやすく達成されたものではないことを実感するのである。

第一線の人材が続々加わる

公衆衛生医療や人道支援は、多くの国との友好関係強化に役立つ。だがその背後には、第一線で活動する人々の苦労がある。

今年7月、ICDFの20周年祝典で、皆が思いを寄せたのは、疾病や事故で亡くなった39人の同志である。ICDFの支援地域は多くが発展途上国で、環境は劣悪である。しかし苦しい環境も援助の足取りを阻みはしない。今では世界33か国で、ICDFの第一線のメンバー百人以上が、現地住民の生活改善に取り組んでいる。

20周年を迎え、ICDFは次の段階も国際的な問題に注目して援助を展開し、世界に貢献し続ける。施文斌は願う。これからもICDFは一つひとつの援助計画を通じて、ソフトパワーを発揮し「台湾の経験」を世界に届けていきたい。「台湾が世界へ向かい、世界が台湾へ向かうように」

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!