朱宗慶打擊樂團 美妙敲打‧撼動世界

:::

2016 / 6月

文‧劉嫈楓 圖‧朱宗慶打擊樂團提供


手快速地在木琴等樂器上撫刷、敲奏,舞台中央的「朱宗慶打擊樂團」創辦人朱宗慶渾圓的身軀和身上散發的親和氣息,是觀眾眼中最熟悉的樣子。

30年過去,憑著瘋子般的毅力,朱宗慶身旁跟著他的「瘋子」越來越多。4個專業、業餘樂團相繼成立,朱宗慶打擊樂團的撼動演出傳遍世界二十多個國家、數百萬觀眾的耳朵裡。而這一聲聲簡單敲打的音符節奏,如今也依然輕巧、美妙地敲奏著。


 

時光倒回1986年,「什麼是打擊樂?」輕易給出答案的人可能沒幾個。但當年自奧地利學成歸國、第一個取得打擊樂文憑的朱宗慶,憑著熱情,讓台灣響起一聲聲的敲奏樂章。

熱情的瘋子

初中時愛上音樂,為了堅持音樂夢,朱宗慶在高中時,向老師借了2,500元買下小喇叭,並考上國立藝專音樂科(現為國立台灣藝術大學)。

當時的科主任史惟亮見他喜歡敲敲打打,建議他朝打擊樂發展。於是,他在省立交響樂團工作一年半後,以25歲的「高齡」前往奧地利維也納音樂院求學,並以兩年半時間修完了4年的課程,創下打擊樂組修業時間最短的紀錄。

學成歸國,朱宗慶憑著對打擊樂的狂熱,應台北藝術大學教授馬水龍之邀,推廣打擊樂。憑著一人之力,朱宗慶擬定了「15年計畫」,消息一出,許多人直喊著他是瘋子。「當年還覺得15年太長,轉眼卻已度過第二個15年。」朱宗慶說。

朱宗慶回國不久,就在打擊音樂發展還是一片沙漠的台灣,宣布成立「朱宗慶打擊樂團」。發布會後,團員們就在國聯飯店旁的火鍋店慶祝。店家的名字,朱宗慶已經記不得,但大夥興高采烈的樣子,至今還留在他的記憶裡。

當時在場的年輕團員一時興起,紛紛跑到外頭撥電話回餐廳,害得店裡的廣播頻頻響起,「朱宗慶打擊樂團朱宗慶先生,櫃檯有你的電話!」為剛成立的樂團做了場免費廣告。

往後,吃火鍋成了樂團的重要儀式。每年團慶,朱宗慶都要和團員們選在火鍋店慶祝,就算忙得不可開交,也必定要準備一鍋火鍋。日前國外藝文界海外朋友前來拜訪,也指名要在火鍋店見面相聚。「吃火鍋,是懷著想與好朋友一同分享的心情。」朱宗慶歡愉地說。

不論樂團或是朱宗慶個人,總是散發十足的親和力。創團不久後,林懷民對於朱宗慶有段生動的形容:「如果不修邊幅才是藝術家的共相,宗慶看來絕對不是藝術家,倒像坐慣辦公室的公務員,甚至於換套衣服,也可以是巷口雜貨店的老闆,童叟無欺的那種。」

時常漾著笑容的朱宗慶解釋,身上的個人特質或許和鄉下長大的成長經歷有關,對人親切也不過是母親不時耳提面命的處事之道。

也正因為如此,朱宗慶不拘泥表演形式,街頭巷口前的廟堂、正式的表演廳堂他都能登台表演,1990年代當紅主持人張小燕主持的電視節目「綜藝一百」,朱宗慶也曾率團表演。「不只張小燕,包括胡瓜、張菲的節目,我都上過。」朱宗慶說。此項創舉寫下了藝文團體進到電視攝影棚的頭一遭,許多觀眾看了之後,開始進到劇院觀賞表演,甚至引起其他藝文團體紛紛仿效。

「因為是玩真的,就不會拘泥表演、也不會只看眼前短期的利益。」這句「玩真的」不斷出現在朱宗慶的口裡,也支撐他度過創團以來的挫折。不說推廣打擊音樂的困難,早年因為大眾並不了解打擊樂,許多表演展館都擔心朱宗慶的打擊演奏弄壞場地而拒絕出借。頻頻碰壁的朱宗慶只好向對方允諾,倘若場地有任何損壞,全由自己埋單,才換得首肯。

1993年,為了籌辦第一屆國際打擊音樂節,一毛錢也沒有的朱宗慶趁著大年初一南下拜訪一位營建業的朋友。他硬著頭皮請求對方贊助100萬、再借來200萬,總算東拼西湊籌到經費,這段故事後來甚至被媒體戲稱「朱宗慶沿門托缽籌辦國際打擊音樂節」。

如今每3年一屆的「台灣國際打擊樂節」舉辦了8屆,二十多年來,幾乎全世界的知名打擊樂家都曾來訪台灣演出。「世界知名的打擊樂家沒來過台灣的,不算好的打擊樂家。」朱宗慶打趣地說。

歡慶30週年後的責任

朱宗慶平日愛過生日,也喜歡替朋友慶祝生日,切下創團30年的慶祝蛋糕,心裡還有份期許和責任。感念年輕時得到馬水龍、林懷民等前輩的青睞照顧,如今,成了樂團大家長的朱宗慶也不忘提攜後輩。

朱宗慶透露,年輕出國前有個綽號叫做「小弟」。因為身旁全是學長姐,大小事都受他們照顧、仰仗他們;出了國,一切全靠自己,責任重了,身分也換了。「回國後,我彷彿變成了團員的長輩,亦師、亦父、亦老闆」。

台灣不少團體透過成立二團的方式扶植新生代人才,但朱宗慶打擊樂團不但擁有一團、二團,還有專為培養新秀的「躍動打擊樂團」,以及鎖定青少年的「傑優」青少年打擊樂團。一團的團長吳思珊、副團長何鴻棋、首席吳珮菁、資深團員黃嚴,被稱為團內「四大天王」,其資歷都超過二、三十年,就算年紀較輕的躍動打擊樂團成員,加入樂團的時間少說也都有八、九年。

為了讓光環聚焦在新生代團員,樂團成軍第11年,一向站在舞台中央的朱宗慶決定退居幕後,將大部分的心力專注在行政管理、音樂指導。「期待有一天,沒有朱宗慶主導下的樂團,也能生生不息,向世界和大眾演出獨具特色的表演。」

打擊樂的嚴師

朱宗慶個性親切、時常撰文為台灣藝文環境的針砭建言,話語間也多是點到為止。回到音樂的專業領域,嚴格起來的程度,不消他人說,他自己先下了「很兇」的評語。不過,如此的秩序、嚴格只出現在工作上。「生活裡的自己其實沒這麼堅定,」朱宗慶說,離開了工作,生活裡的大小事都得靠家人、助理幫忙。多數人習慣他穿梭群眾間、熱情和人相談的樣子,是為了完成工作,一旦卸下任務,其實個性害羞,「能不說話就不說話」。

比起年輕時,今年年底即將邁入62歲的朱宗慶脾氣已經好多了。自從女兒出生後,有時情緒正準備爆發,轉念一想,眼前的人也像自己也是別人的人父,脾氣也消下大半。但另一部分的原因可能很簡單,「就是年紀比較老了。」語畢,朱宗慶哈哈大笑起來。

30年來,樂團歷經艱難的時刻不少,朱宗慶卻鮮少露出疲態,朱宗慶說,並非自己特別堅強,只是不習慣將挫折、沮喪掛在嘴邊。不論如何辛苦,朱宗慶從未想過放棄,「選擇放棄是最簡單的方式」。從創辦個人樂團、擔任國家兩廳院董事長,亦或台北藝術大學校長,「凡事感謝」的原則,都一以貫之地在他身上實現。「沒有任何事情理當成功、或是失敗,一旦認清這點,自然能面對過程裡大大小小的挫折。」朱宗慶說。

打擊樂原是樂團裡的配角,經過朱宗慶打擊樂團30年的不斷努力,從角落的邊緣走向舞台中央。朱宗慶始終不忘初衷,堅持在舞台燈光的照耀下,揮舞著、擺動著,敲打出撼動人心的節奏樂章。                                                                

相關文章

近期文章

英文 日文

The Ju Percussion Group: Beautiful Beats that Rock the World

Liu Yingfeng /photos courtesy of Ju Percussion Group /tr. by Scott Williams

Hands sweep quickly over xylophones and other instruments, mallets striking notes. Ju Tzong-ching, founder of the Ju Percussion Group, stands at center stage, his round body and affable air familiar to the audience.

Ju’s “nutty” determination and commitment have drawn many like-minded “ crazies” to his side in the 30 years since he first founded the Ju Percussion Group. In fact, Ju has established a total of four ensembles, both professional and amateur, over the last three decades, delighting millions of listeners in more than 20 countries with their shows. And the current iterations of his groups play just as deftly and beautifully as ever.


Not many Taiwanese could have provided a cogent definition of “percussion music” back in 1986. But that didn’t stop Ju Tzong-ching from founding a Taiwanese percussion ensemble immediately upon his return from graduate studies in Austria.

A passionate “nut”

Ju first fell in love with music in middle school, and committed to pursuing his dream at an early age. He even borrowed NT$2,500 from one of his high-school teachers to purchase a trumpet, and went on to gain admission to the music department at the National Academy of Arts (now the National Taiwan University of Arts).

Shih Wei-liang, then the dean of the department, noticed that Ju loved to tap out rhythms, and steered him into percussion. After completing his undergraduate degree, Ju worked for the Taiwan Provincial Symphony Orchestra for a year and a half before going on to pursue graduate studies at the Vienna Conservatory in Austria at the “ripe old age” of 25. He then burned through a four-year degree program at the conservatory in just two and a half years, a record for its percussion program.

When Ju returned to Taiwan from Austria, an invitation from Taipei National University of the Arts professor Ma Shui-long got him involved with promoting percussion music. His passion for percussion drove him to draft a “15-year plan” for its development in Taiwan that many people thought was “nutty” in its ambition. “I used to think that 15 years was an eternity, but it has already been twice that long,” says Ju.

Ju announced the formation of the Ju Percussion Group soon after his return to Taiwan, which was then a desert for percussion music. Members of the ensemble celebrated the announcement at a hotpot restaurant next to Taipei’s United Hotel. Ju no longer recalls the name of the restaurant, but remembers the excitement of the group well.

From time to time, one of the young members would run outside to place a call back to the restaurant, resulting in a steady stream of announcements over the restaurant’s PA system: “Mr. Ju Tzong-ching of the Ju Percussion Group, you have a call at the desk!” It was free advertising for the newly formed ensemble.

Eating hotpot together became something of a group ritual. On every anniversary of the ensemble’s founding, Ju and the members would choose a hotpot restaurant for their celebrations. No matter how busy they were, there had to be hotpot. Visits from friends in the international arts community meant hotpot, as well. “Eating hotpot embodies the sense of wanting to share something with good friends,” says Ju. 

Both the ensemble and Ju himself exude a palpable affability. Shortly after the group’s formation, Lin Hwai-min said of Ju: “If being disheveled is the hallmark of an artist, then there’s no way Tzong-ching is an artist. He looks like a civil servant who spends all his time sitting in an office. With a change of clothes, he could be the owner of a street-corner five-and-dime, one of those who is equally kind to kids and the elderly.”

The ever-smiling Ju says that his style probably has a lot to do with having grown up in the country. He attributes his warmth to his mother’s frequent reminders to be kind to others.

Ju is also willing to perform just about anywhere, from a temple plaza in an out-of-the-way corner of the city, to a major performance hall, or even on Variety 100, a TV variety show hosted by Chang Hsiao-yen in the 1990s. “It wasn’t just Chang Hsiao-yen’s show. I’ve been on Woo Gwa’s, Chang Fei’s, all of them.” The group’s appearances on TV attracted interest from audiences who went on to attend their live performances. The approach has worked well enough that other groups now emulate it. 

“We were playing for real, so I wasn’t picky about where we performed and wasn’t focused on short-term gains.” Ju often talks about “playing for real,” an idea that has gotten him through difficulties large and small since founding the group. He faced serious challenges promoting percussion in the early days. For example, the general public’s lack of understanding of percussion music led to venue managers barring the group from performing out of fear that their playing would damage the venue’s floor. Ju encountered the problem so often that he began promising that he would pay for any damage to the floor in order to get permission to play.

Ju was flat broke when he set out to organize his first international percussion music festival, the Taiwan International Percussion Convention, in 1993, so he traveled south on the first day of the Lunar New Year to see a friend in the construction business. Plucking up his courage, he asked the friend to provide NT$1 million to sponsor the event and to loan him an additional NT$2 million. When he ultimately scraped together the money he needed for the festival, the media quipped that he had gone door to door begging for the funds. 

To date, Ju has organized eight of the triennial festivals, and has used them to bring nearly all of the world’s well known percussionists to Taiwan. He jokes: “The only well known ones who haven’t come aren’t very good percussionists.”

New responsibilities

Ju loves to celebrate his own birthday, and to help friends celebrate theirs. As his ensemble reached its 30th anniversary, he was filled with both hope and a sense of duty.

He is grateful for the support he received from Ma, Lin, and other older artists when he was just starting out. Now, as the patriarch of his own ensemble, Ju feels it’s time for him to pay it forward.

Many Taiwanese groups establish junior branches to cultivate the talents of the next generation, but Ju Percussion Group has gone farther. In addition to having two groups for the main ensemble, Ju has also founded the Jumping Percussion Group for new talent and the Juvenile Percussion Ensemble for teens. Key figures in Group 1 of the main ensemble include director Wu Shih-san, associate director Ho Hong-chi, principal Wu Pei-ching, and veteran member Hwang Kuen-yean. Nicknamed the “four celestial kings,” each has more than 20 years of musical experience. Nowadays, even the youngsters in Ju’s Jumping Percussion Group have already spent eight or nine years with the ensemble.

Eleven years after the founding of his ensemble, Ju moved from his usual spot at center stage to behind the curtain, to let his up-and-coming talent claim the spotlight. He now puts most of his time into management and musical direction. “I hope that one day my ensembles will tour the world without me, to carry on delivering distinctive performances around the globe.”

Ju’s group has experienced many difficult times over the last 30 years, but Ju himself shows nary a hint of weariness. He says that it isn’t that he’s particularly strong, but rather that he’s not in the habit of wearing his frustrations on his sleeve. And, no matter how challenging the circumstances, he never gives up. “Choosing to quit is too easy.” Whether forming his own ensemble, serving as chairman of the National Theatre and Concert Hall, or acting as the dean of the National Taipei University of the Arts, Ju has always adhered to his principle of being “grateful for everything.” “Success is never a given,” says Ju. “Neither is failure. Once you grasp that, you naturally become more able to face the frustrations that arise in the process.”

Percussion used to play a supporting role in music. The Ju Percussion Group’s 30 years of hard work has moved it to center stage. All these years later, Ju has not forgotten his original mission: shining a spotlight on percussion music and moving audiences.                                                                 

美しいリズムを刻む 情熱のパーカッション ——朱宗慶打撃楽団

文・劉嫈楓 写真・朱宗慶打擊樂團 翻訳・久保 恵子

シロフォンなどの楽器の上を、朱宗慶打撃楽団の創設者朱宗慶の手が素早く滑っていく。舞台中央に立つ朱宗慶の丸みを帯びた姿は、親しみやすい雰囲気を発散し、聴衆にとっては慣れ親しんだ姿である。

これまでの30年、狂気じみた打楽器への情熱に呼応するように、朱宗慶の後を追う狂人が増えていった。朱宗慶打撃楽団はその傘下にプロ、アマの4楽団を相次いで設立し、世界20数か国で公演を行ない、数百万の観客に感動的な演奏を届けてきた。打楽器がシンプルに刻むリズムは、今なお美しく耳に響いている。


時は1986年に遡る。その頃は一般に打楽器音楽とは何かについて答えられる人はほとんどいなかった。そんな中で、オーストリアに留学し打楽器演奏で学位を取得して帰国した朱宗慶は、台湾で最初の打楽器演奏の楽章を、情熱をこめて響かせたのである。

情熱のパーカッション

中学の時から音楽好きで、高校の時には音楽で夢をかなえるために先生に2500元を借りてトランペットを買い、国立芸術専科学校(現在の国立台湾芸術大学)に進学した。

当時の史惟亮学科主任は、打楽器を好む彼を見て、この方向に進むように提案した。そこで台湾省立交響楽団に1年半勤務してから、25歳とやや薹の立った年齢ながらオーストリアのウィーン音楽院に留学した。そこで4年のカリキュラムを2年半で修了し、打楽器演奏のコースとしては、修了の最短記録を作った。

帰国してからは、台北芸術大学の馬水龍教授の招きを受けて、打楽器音楽への情熱を頼りにその紹介と普及活動を始めた。たった一人で普及の15年計画を策定したが、これを知った人の反応は否定的で無理と言われた。朱宗慶は「15年は随分長いと思いましたが、気づくとすでに30年経っています」と話す。

帰国して間もなく、打楽器音楽は全くの新天地の台湾で「朱宗慶打撃楽団」設立を発表した。設立発表会の打ち上げは、台北市内のとある火鍋店で開催した。その店の名も今では覚えてはいないが、それでも活気あふれた打ち上げの楽しさは今もよく覚えているという。

若いメンバーたちは興が乗り、わざわざ外に出て火鍋店にいる朱宗慶にお祝い電話をかけ始めた。電話を受けた火鍋店は「朱宗慶打撃楽団の朱宗慶様、お電話ですのでカウンターまでお越しください」と店内放送を流し続けることになり、それが設立間もない楽団にとっては無料広告放送になった。

その後、火鍋での打ち上げが楽団の重要な慣例となった。毎年の創立記念日には、火鍋店で祝賀会を開き、忙しくて店に行けないときでも火鍋を囲むのである。外国から音楽関係者が尋ねてきても、火鍋店で落ち合うのが決りで「鍋を囲むと、友人と共に楽しむ気持ちになれます」と、朱宗慶は楽しそうに語る。

楽団のスタイルも朱宗慶個人の性格も、親しみやすさを感じさせる。楽団創設後まもなく、林懐民は朱宗慶を評して「身なりにかまわないのが芸術家の共通点であるなら、宗慶は実に芸術家らしくなく、役所に座っている公務員とか、あるいは身なりをちょっと変えれば、街の雑貨屋の人のいい親父に見える」と書いた。

いつも笑顔を絶やさない朱宗慶は、自分の親しみやすい性格について、田舎で育ったことと関係があるし、人に親切にするというのは、母に日ごろから言いつけられてきた処世の道からくるところが大きいと言う。

まさにそんな性格から、朱宗慶は公演の形式にも拘らない。町中の廟の前での野外演奏も行うし、コンサートホールでの正式公演のオファーも受けるし、1990年代には人気司会者・張小燕のテレビ番組に楽団を率いて出演した。「張小燕だけでなく、当時人気があった胡瓜や張٥فなどの番組にも出ました」と言うが、このテレビ出演は芸術団体がテレビスタジオに進出する先駆けとなった。視聴者の多くはテレビ出演を見てから、コンサートホールに出かけるようになり、ほかの芸術団体もこれに倣うようになった。

「いつも本気で演奏しているので、場所や形式にこだわらないし、目の前の短期的利益を見ているのでもありません」と、「本気」という言葉が何回も朱宗慶の口をついて出てくるが、それが楽団創設時の数々の困難に立ち向かう支えとなった。打楽器音楽普及の難しさに加え、一般に打楽器音楽が理解されていなかった。多くのホールは、打楽器演奏で設備を壊されるのではと心配し、公演を断られた。何回も断られた朱宗慶は、設備が破損したらすべて賠償すると保証して、ようやく借りることができた。

1993年に第1回国際打楽器音楽フェスティバル開催のため、朱宗慶は新年早々から建設業を営む友人に資金援助を頼みに行った。こうしてあちこちから資金をかき集め、何とか経費を賄えたのだが、こののち、朱宗慶はマスコミから「国際打楽器音楽フェスティバルの経費を托鉢で調達した」と言われるようになった。3年に1回開催される台湾打楽器音楽フェスティバルは今では8回を数え、この20年余りで世界の著名な打楽器奏者のほとんどが台湾を訪れた。「今では台湾に来たことのない打楽器奏者は、大した奏者とは言えなくなりました」と、朱宗慶は笑う。

創設30周年後の責任

朱宗慶は自分のでも人のでも、誕生日を祝うのが大好きで、創設30周年の祝いのケーキを切りながら、期待と責任を感じていた。若い時には馬水龍や林懐民など先達の援助を受け、楽団の家長となった今は、後進の育成を忘れない。

留学前の若い頃は、周りはすべて先輩で、世話を受けるばかりだったが、帰国してからは責任ある立場で、帰国後は団員の先輩、師匠、父親代り、経営者となっていた。

台湾では多くの団体が次の世代の人材育成のために二軍を設置している。朱宗慶打楽器楽団では一軍二軍相当の一団二団に加えて、新進育成「躍動打撃楽団」と、青少年向けの傑優青少年打楽器楽団を有する。一団の団長呉思珊、副団長何鴻棋、主席呉/\٥طとベテラン団員黄厳が四天王と言われ、それぞれ30年近い経歴がある。世代の若い躍動打楽器楽団のメンバーでも、入団して89年の経験を積んでいる。

若い世代の団員にフォーカスしようと、常に舞台中央にいた朱宗慶は、楽団設立の11年目に幕の後ろに下がり、音楽指導と事務管理に注力することにした。「朱宗慶がいなくとも、楽団が運営を続けて、世界に個性的な演奏を届けていけるようになることを期待します」と語る。

打楽器音楽の厳しい師

朱宗慶は台湾の文化的環境にしばしば苦言を呈するが、温和な性格からその語調はしばしば抑制されている。しかし、専門の音楽ジャンルとなると、他人は言うまでもなく、自らも極めて厳しいと評する。無論、それは仕事の上のことで、生活においては厳しくない。仕事を離れるとうるさいことは言わず、家族やアシスタントが頼りなのだという。多くの人の間を打合せに走り回る姿を目にするが、それも仕事のためで、プライベートに戻れば実は人見知りで、必要がなければ言葉少なである。

今年末に62歳となる朱宗慶は、若い時に比べると気性は穏やかになった。娘が生まれると、時に癇癪を起しそうになっても、相手も人の親かと思うと気が鎮まるというが、また一方では単に年を取っただけと、朱宗慶は笑う。

この30年、楽団は多くの困難にぶつかってきたが、朱宗慶はいつも変わらない態度で当たってきた。それも特に強いからではなく、挫折や失望を語ることに慣れていないだけで、楽団を一度も諦めようとは思わなかった。楽団の創設から国立劇場およびコンサートホールの理事長、台北芸術大学の学長などを歴任してきたが、常にすべては感謝の原則が経歴を貫いてきた。「何事も成功、あるいは失敗すると決まっているわけではありません。そう思えれば、自然と経過の中の大小の挫折に対処できるでしょう」と朱宗慶は言う。

打楽器は楽団の中で脇役扱いされてきたが、朱宗慶打撃楽団の30年にわたる努力があって、舞台袖の隅から中央に進出してきた。初心を常に忘れず、朱宗慶は舞台のライトに照らされながら、人の心を動かすリズムの楽章を叩き出し続けてきたのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!