插畫家走進生活 畫出眾人心中小劇場

:::

2015 / 1月

文‧陳群芳


當台灣青年世代還在為22K所苦時,有一群年輕人正迅速竄起。他們執筆作畫,信手拈來充滿逗趣橫生的幽默。

 

過去印象中難以溫飽的插畫工作,如今卻打破框架,一些插畫家已成為企業爭相合作的新寵兒。後起之秀溫蒂妮、Duncan、掰掰啾啾等插畫家,透過插圖展現新世代的創意與活力。


網路世代的崛起,讓溝通方式有了改變,只要一張插圖就能傳達千言萬語,滿足了新世代的需求。

普普藝術家安迪‧沃荷曾說:「在未來,每個人都有15分鐘的成名機會。」過去當畫家,終其一生都不一定能遇見伯樂,但在網路世代裡,透過臉書粉絲專頁的社群力量,具有創作力且高人氣的插畫家們,以獨特的風格魅力打造專屬自己的舞台。

頂著西瓜皮的當肯、超有自信的胖女孩美美、愛翻白眼的溫蒂妮等當紅的插畫角色,個性鮮明、敢秀敢言,常以生活大小事、時事新聞、個人經驗為題材,詼諧地表現出市井小民的心聲。隨著人氣攀升,透過商業合作,這些插畫角色走出臉書專頁,出現在捷運、街頭,甚至人們的生活裡,以各種創新亮眼的形式,得到廣大粉絲的青睞。

白眼星球女王降臨地球

身穿白色衛生衣,臉上塗著腮紅,還有一雙帶著3根下睫毛的招牌大白眼─溫蒂妮小姐總襯著粉紅色方塊背景登場。

創作這位家喻戶曉的噴飯明星,是自稱「老溫」的神秘人物。老溫堅持以電子郵件書面採訪,不通電話、不見面,神祕莫測到了最高點,性別不詳、長相不明,給人無限的想像空間。「我可以是有少女心的大叔,也可以是有大叔魂的少女,」老溫幽默地表示。唯一可確定的,是他那顆永遠年輕的心。

老溫來自台南,有著南部人的開朗與熱情。開明的父母非常支持老溫想成為插畫家的決定。打從有記憶以來就一直在畫畫的他,讀書時會將每個好笑的時刻畫下來,透過便條紙給同學傳遞笑聲,因此學生時代就獲得「漫畫家」的封號。

成為全職插畫家前,老溫曾經從事服務業,甚至當過公務員,但他不喜歡一成不變的生活。「我是個很容易膩的人,在各種不同的工作經歷中豐富人生,腦袋中的翻白眼圖鑑才會源源不絕啦!」老溫自剖。

老溫表示,第一張溫蒂妮小姐的創作,是為了抒發生活裡的不順心。那陣子很不順,連要出門辦事情都睡過頭,有自然捲的他,頭髮嚴重凌亂,呈現M字型,滿肚子的怨氣無處發洩。當下心中突然冒出一個想法,也許身邊很多朋友也跟自己一樣,生活中充滿太多不順心、讓人想翻白眼的事情,他想,何不用圖畫表達情緒?若能得到共鳴,或許心情就不會那麼糟了。

因此,老溫決定轉換心境,將情緒寄託在溫蒂妮等角色上,老溫說,「我們一生都在苦中作樂、樂中嚐苦,翻白眼是我宣洩的管道,在討厭的人背後翻個白眼就會舒爽整天。」於是,2013年「翻白眼吧!溫蒂妮小姐。」粉絲專頁就此誕生,至今粉絲人數已超過84萬。

除了溫蒂妮,老溫還創作了溫蒂妮的男友武藏、好夥伴雙胞胎姐弟球球與糖弟等角色。老溫堅持一貫的犀利風格,一針見血地道出不爽,並把肥肚腩、蹲廁所、噴鼻血等「不雅」情節通通畫出來;就是這種不計形象、犀利不造作的畫風,贏得了廣大粉絲的迴響。「希望大家看到我的作品時,會有種『啊~完全touch到我的心啊!』的感覺,」笑言計畫「用白眼統治地球」的老溫,正用這種真實的表達方式,消去生活的煩憂。

黑白紅,讓整座城市都成為畫布

另一個人氣插畫角色「當肯」,則頭頂西瓜皮配上黑框眼鏡,臉上掛著兩條深邃的法令紋,身上總是黑白紅3色,十足呈現作者的個人形象。這位七年級的插畫家是網路票選十大人氣插畫家之首──Duncan ,他並非美術科班出身,僅靠著國小時到姑姑開設的畫室學了2年素描的功力,就創作出當紅的「當肯」角色。

從小愛畫畫的Duncan,一直以畫家、皮克斯動畫家為夢想。面對愛畫畫的孩子,Duncan的爸爸擔心當畫家會吃不飽,心疼兒子走上困頓的藝術之路,不讓他去念復興美工;Duncan升大學時曾想報名設計系,卻因沒有作品而轉念外文。

退伍後,Duncan曾經做過民宿櫃台人員、地攤老闆,流轉在沒興趣的工作中,想以插畫謀生的夢想卻始終縈繞心中。「人生一定要闖一闖,不想什麼都沒做而後悔!」於是Duncan離開家鄉花蓮,帶著作品上台北,他說「15K、20K,要加班也沒關係,只要讓我有機會學繪畫就好。」然而,堅定的意志卻遲遲等不到設計公司回音。

十年停畫筆,藏不住對繪畫的熱情

終於,有天機會來敲門,經營電腦程式公司的舅舅,主動詢問他是否願意擔任美工。對電腦繪圖一竅不通的Duncan,起初一度有些遲疑,但舅舅知道他從小就愛畫畫,堅持給Duncan機會,還準備了繪圖板,要他放心地邊做邊學。於是Duncan買了2本繪圖書,努力鑽研了3個月,逐漸上手。

靠著不斷累積,如今Duncan已是臉書粉絲人氣超過兩百多萬的高人氣插畫家。令人驚訝的是,在專頁成立前,Duncan對臉書平台並不熟悉,也很少上網。某天在臉書看到朋友分享的「翻白眼吧!溫蒂妮小姐」畫作,大為吃驚,讓他不禁讚嘆「原來有人在臉書上做這麼好玩的事!」這觸動了Duncan骨子裡想分享好笑點子的神經,他開始利用下班之餘畫插畫,並在2013年6月成立「Duncan Design」粉絲專頁。

似乎是為了彌補過去因沒有選讀美術班而停筆的遺憾,臉書專頁成立後,Duncan每天勤奮發表創作,儘管初期只有2、3百人按讚,隨著朋友分享,網路社群效應的擴散,詼諧的插畫角色「當肯」人氣爆增,吸引了兩百四十多萬名粉絲。

知名度打開後,工作也開始主動上門,但Duncan堅持累積創作能量、專心做好份內工作,並沒有立刻接案。直到去年2月,Duncan正式離職,接下第一個案子,與TVBS合作推出母親節形象廣告。

接下來,Duncan陸續與愛迪達、肯德基、福特汽車等企業合作,2014年7月與華碩合作的LINE貼圖,推出單月就有400萬人次下載,由此可以窺見Duncan插圖的魅力。

在微小之處尋找靈感

他擅長將無聊的生活小事變得好玩,或是將常見的詞彙,置換字尾,配上一系列的惡搞插圖。例如Duncan知名的約翰走路系列,就創作出約翰走秀、約翰走音、約翰跑路等令人意想不到的創意插畫。外文系背景的他,善用外語優勢增加作品的特色,例如,在插圖裡的句子配上中英對照,創造與其他插畫家不同的魅力。

Duncan的插畫創作,堅持圖文並重,甚至讓讀者忍不住跟著念出文字,例如他把自己故鄉的花蓮腔,轉換成有趣的口音系列圖。這些生活中大家不會留意的小事,在Duncan細膩的觀察與創意下,幻化成引人共鳴的有趣插圖。

創作路上不免崎嶇難行,但正向樂觀的Duncan覺得自己很幸運,有許多貴人相助。即使偶有網友批評畫作,Duncan都將其轉換為自己成長的能量。至今最有挑戰的是「如何在創作與商業上做很好的結合,把合作變好玩。」對Duncan而言,創作本身的故事比商品更重要,堅持用自己覺得好玩的方式創作,不為廣告而廣告。所以與廠商洽談合作時,Duncan都會請對方讓他用自己的方式來呈現產品,「為此我也推掉許多金額豐厚的案子。」他說。

喜歡在夜晚安靜創作的Duncan堅持不露面,無論受訪、拍照、甚至上節目都戴著面具,以留給自己一絲白天散步觀察人群的空間。

個性踏實的Duncan不做久遠的大夢,只有以兩個月為單位的階段性目標,按部就班地達成。他期待未來有更多不同的嘗試,讓不認識他的人可以看到自己的創作,「只要畫的當下覺得開心,畫完覺得充實,」就是插畫帶給他最大的快樂了。

喜歡分享、擅長觀察生活,是新世代畫家創作靈感的來源。他們注入了自己獨有的風格與創意,為現代人平凡而苦悶的時刻增添歡笑。

畫家已不是刻板印象裡吃不飽的職業,愛畫畫也不見得沒有前途,新時代的年輕人帶著滿滿的創意點子蓄勢待發,展現新世代筆下的能量。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Saying What We’re All Thinking: Taiwan’s Young Comic Illustrators

Chen Chun-fang /tr. by Scott Williams

While Taiwan’s younger generation as a whole has been struggling with the long-term stagnation of starting salaries in the working world, a subset of them has escaped the nine-to-five grind by creating hilarious comics instead.

 

Though their pursuit was once thought of as a hard way to make a living, comic illustrators have now become the new darlings of the corporate world. Up-and-comers like the creators of “Miss Undine” and “Duncan” are showing the world just how creative and vital Taiwan’s younger generation can be.


With the rise of the Internet, people are interacting and communicating in different ways. Nowadays, a picture truly is worth a thousand words.

In the past, being an artist often meant devoting one’s entire life to one’s art without ever enjoying any acknowledgment or recognition. In marked contrast, contemporary comic illustrators can create personalized online fan pages to showcase their work, leveraging the viral power of social networks to bring their art to the attention of a large audience.

Artists “Duncan,” creator of the bowl-cut-sporting “Duncan,” and “Old Undine,” the artist behind the eye-rolling­ “Miss Undine,” have become tremendously popular by responding to current events and their own personal travails with humorous drawings that reflect what most of us are thinking but never say aloud. The two initially created Facebook pages to generate interest in their work and went on to secure numerous corporate sponsorships, making their creations nearly ubiquitous across Taiwan in settings ranging from city streets and subways to private homes.

A star falls to Earth

The character Miss Undine has achieved Internet fame in spite of her notorious disregard for appearances: Old Undine always depicts her in a white undershirt, with rouged cheeks and trademark three-lashed eyes, and sets her against a plain pink background­.

But the creator of the gut-bustingly funny comic is a bit of a mystery. Old Undine refuses to meet interviewers in person or talk to them on the phone, and accepts questions only via email, leaving her gender and appearance purely matters of speculation. “I could be an older man with the spirit of a young woman, or vice versa,” emails Old Undine. The only thing readers know with any certainty is that Old Undine is young at heart.

Old Undine says she has been drawing for as long as she can remember. As a student, she earned a reputation as a cartoonist by sketching every humorous experience that came her way on scraps of paper that she passed around among her classmates.

She worked in the service sector and even as a civil servant prior to becoming a full-time comic illustrator. “I get fed up with things pretty quickly,” she says, “so I tried all kinds of jobs. Meanwhile, I was constantly imagining cartoony people rolling their eyes at everything.”

She says that she created the first Miss Undine comic in a moment of anger and upset. She had overslept on a day when she needed to take care of a personal matter, awakening with her naturally curly hair an M-shaped mess. Lacking a good place to vent her frustration, she was struck by an idea: why not express her feelings about everything that annoyed her and made her roll her eyes through drawings? After all, she thought, the empathy of other people often helps ease a bad mood. She went on to create Miss Undine’s fan page in 2013, and now has more than 840,000 fans.

Old Undine’s consistently sharp work draws blood with every stroke on subject matter that ranges from pudgy bellies to sexy images. The comic’s distinctly unglamorous look and biting humor resonates with a broad fan base. Though Old Undine jokes that she will rule the world through eye rolls, her true-to-life style of humor really does help her and her readers conquer life’s everyday frustrations.

The city as a canvas

The comic character “Duncan” sports a distinctive look of his own—a bowl cut, black-framed glasses, pronounced smile lines, and a habit of always dressing in red, black, and white—one which accurately reflects the personality of his creator, Duncan. The 30-something Duncan recently earned the top spot in an online poll on Taiwan’s ten most popular comic illustrators. Never an art major, he created his eponymous character by drawing on skills he acquired through two years spent studying sketching at his aunt’s studio while still very young.

Duncan loved drawing and dreamed of becoming an artist or an animator for Pixar Studios when he grew up, but his father worried he would have trouble earning a living through drawing and barred him from attending an arts-oriented high school. In spite of this setback, Duncan considered majoring in design at university. Unfortunately, he had no portfolio to support his application and ended up studying foreign languages and literature instead.

After completing his military service, Duncan worked a series of uninteresting jobs, including as a hostel clerk and a street vendor, all the while continuing to dream of making his living by drawing. “You have to pay your dues in life. I didn’t want to give up on doing anything and end up with regrets.” So he packed up samples of his work, left his hometown of Hua­lien, and headed for Tai­pei. He says that when he went looking for work, he was willing to accept any salary and work any hours. He didn’t care so long as the job enabled him to improve his drawing skills. But for all his determination, he never heard back from any of the design companies he spoke to.

A passion for drawing

Then opportunity came knocking. His uncle, who ran a computer company, asked Duncan if he were interested in doing graphics for him. Not knowing anything about computer graphics, he hesitated a bit. But with his uncle determined to give him a chance and happy to let him learn on the job, Duncan bought a couple of books and began to learn. After burying himself in them for three months, he had developed a good handle on the field.

Interestingly, prior to creating his own Facebook fan page, Duncan rarely went online and was largely unfamiliar with Facebook. But then a friend happened to share the Miss Undine fan page with him, and he came away impressed that someone was doing something so entertaining on social media. The experience aroused his own deeply rooted desire to share funny thoughts, and got him started drawing his own comics after work. He went on to create the “Duncan Design” fan page in June 2013.

Duncan worked hard on the comic, uploading new posts to Facebook daily even though he initially had only two or three hundred followers. But with his friends sharing his work and social media working its magic, his page has since attracted more than 2.4 million fans.

This increasing popularity brought with it offers to take on new projects. He turned down those early offers, however, choosing instead to focus on improving his skills and doing good work for his uncle. In fact, he kept his computer graphics job until February 2014, when he finally accepted his first freelance project, a Mother’s Day ad for TVBS.

Inspired by the little things

Duncan excels at making life’s ever-so-mundane minutiae funny. He also likes to twist everyday expressions by changing one or two of the last few characters in them, then spoofing the results in drawings. For example, his “Johnny Walker” (Yuehan zoulu) series of comics includes “Johnny Fashion Show” (Yuehan­ zouxiu), “Johnny Off-Key” (Yuehan zouyin), and “Johnny Legs It” (Yuehan paolu).

Text and image are equally important to Duncan’s work, and fans often can’t help but read the text aloud. His series on the accent of his Hua­lien hometown is a case in point. He also excels at transforming close observations and creative interpretations of the mundanities of everyday life, things that most of us ignore, into entertaining comics that resonate with readers.

Duncan is an upbeat guy, the kind of person who takes online readers’ criticism of his art and other minor frustrations as opportunities for personal growth. Speaking about his work, he says that each piece has its own story, and that those stories are far more important to him than products. He is committed to doing his work in a way that he personally finds interesting, and refuses to do ads just for the money. When negotiating advertising jobs, he always asks the client to let him present the product in his own way. “I’ve turned down many lucrative projects because the client wouldn’t accept that condition.”

Duncan likes to work quietly at night and has tried to retain a degree of anonymity. To that end, he refuses to show his face to the media, wearing a mask for interviews, photos, and even TV appearances. He says that he likes to take walks during the day, and his relative anonymity provides him with space to observe people.

He is currently looking forward to trying out new ways to bring his work to new audiences. “As long as I’m enjoying the process, I’ll be satisfied with the results,” says Duncan, whose greatest joy is drawing.

Taiwan’s young comic illustrators take inspiration from their pleasure in sharing and their skill at observing life. By bringing their own personal styles to bear on their ideas, they have managed to leaven life’s painful moments with humor.

Cartoonists like Duncan and Old Undine are defying the stereotype of the starving artist. They are earning a living doing what they love, and their talents are being revealed for all to see.

庶民の心の声を描き出す若きイラストレーター

文・陳群芳

昨今、若い世代の多くが2万2000元という安い初任給に苦しんでいるが、一部の若者はユーモラスなイラストで自ら新しいマーケットを切り開いている。

かつてはイラストだけでは食べていけないと言われたが、いま彼らは企業から引く手あまたである。新鋭イラストレーターの温蒂妮やDuncan、掰掰啾啾らは、イラストを通して新世代の創意と活力を見せつける。


ネットの時代、コミュニケーションの手段が変わってきた。イラストひとつで相手にさまざまな気持ちを伝える人が増えているのである。

ポップアートのアンディ・ウォーホルは「将来は、誰でも15分は有名人になれるだろう」と語った。昔の画家は、一生の間にその才能を認めてくれる人に出会えるとは限らなかったが、今は能力と独自のスタイルを持つイラストレーターが、フェイスブックのファンページなどを通して自分たちの舞台を持てるようになった。

スイカ頭のDuncanや自信満々で豊満な美美、白眼を剥いた温蒂妮(Miss Undine)といったイラストのキャラクターは、性格が鮮明で、はばからずにものを言い、暮らしの中の些細な出来事や時事などを題材に普通の市民の声を表現する。その人気が高まるにつれて、企業からのオファーが入るようになり、彼らのイラストはフェイスブックを抜け出し、地下鉄や大通りで人々の目に触れるようになった。

白眼星から地球へやってきた女王

頬紅と3本の下まつ毛、白い肌着に白眼がトレードマークの温蒂妮小姐(Miss Undine)は常に赤を背景に登場する。

誰もが思わず吹き出してしまうこの有名キャラクターの生みの親は自称「老温」という神秘の人物である。老温に取材を申し込んでも、決して姿を見せず、電話取材にも応じず、電子メールでのみインタビューを受ける。「私は少女の心を持つオヤジかもしれないし、オヤジの心を持つ少女かもしれない」と言うのである。

台南出身の老温は明るく情熱的な性格で、両親もイラストレーターになるという決意を支持している。幼いころから絵を描いていて、学校の授業中も、おかしいことを絵に描いて皆に回し、その頃から「漫画家」と呼ばれていた。

フルタイムのイラストレーターになる前は、サービス業に従事したこともあれば、公務員だったこともある。だが変化のない日々は嫌いだった。「飽きっぽい人間なんです。いろいろな仕事を経験していくうちに、白眼を剥いたイラストが次々と浮かんできました」と言う。

老温によると、最初の温蒂妮小姐のイラストは、むしゃくしゃする気持ちを発散させるために描いたものだという。いろいろなことが思い通りに行かない時期で、不満がたまっていた。その時、周囲の友人たちも同じようにうまくいかないことがあって白眼を剥きたいと思っているのではないかと思い、それをイラストで表現することにした。誰かの共鳴を得られれば、自分の気持ちも晴れると思ったのである。

そこで自分の気持ちを温蒂妮小姐を通して表現することにした。「誰もが辛い中で慰めを見出して生きているもので、白眼を剥くのは私の発散方法です。嫌いな人の背中に向かって白眼を剥けば、それだけで一日中すっきりした気分でいられます」という。こうして2013年に「白眼を剥け!温蒂妮小姐」というファンページが誕生した。ファンの数は現在では84万人を超える。

温蒂妮の他に、温蒂妮の彼氏である武蔵や仲間で双子の球球と糖弟なども登場する。老温はシニカルなスタイルで人々の不満や鬱憤を吹き飛ばす。おなかを出したり、トイレにしゃがんだり、鼻血を流したりといった、みっともない姿も描く。こうした飾らないスタイルが支持されているのである。「私の作品を見た人が『あ~、私の気持ちにぴったり!』と感じてくれればうれしいです」と言う。「白眼で地球を支配する」と笑う老温は、ありのままの姿を表現することで、人々の憂さを晴らしているのである。

黒白赤で都会をキャンバスに

もう一人の人気キャラクター当肯(Duncan)は、スイカ頭に黒縁メガネをかけ、鼻の横には深い法令線が刻まれ、常に黒白赤の三色を身につけている。これは作者の特徴を表現したキャラクターだ。この30代のイラストレーターが、ネットの人気投票でトップに選ばれたDuncanである。彼は美術学科の出身ではない。小学生の時に叔母がやっていた絵画教室で2年間スケッチを学んだことがあるだけだ。

幼いころから絵を描くのが好きだったDuncanは、画家や、ピクサー・アニメーション・スタジオにあこがれていた。だが父親は、画家では食べていけないと心配し、美術で有名な復興美工へは進学させなかった。大学に進学する時はデザイン学科に入ろうと思ったが、作品がなかったので受けられず、外国語学部に入ることになった。

兵役を終えるとDuncanはペンションの受付や屋台をやったりしたが、興味のない仕事をしているうちに、イラストで生計を立てていきたいという思いが高まっていった。「人生はとにかくやってみないと。やらなければ後悔します」と言う。そこで彼は実家のある花蓮を後にし、作品をもって台北へ出た。「給料は1万50000元でも2万元でも構いません。とにかく絵を学ぶ機会さえあればいいと思いました」と言うが、なかなかデザイン会社の仕事は見つからなかった。

十年ぶりにペンを執る

ついにチャンスがやってきた。コンピュータプログラミングの会社をやっている叔父が、デザインを担当しないかと声をかけてくれたのである。コンピュータグラフィックのことは全く分からないため少し迷ったが、叔父は学びながらやればいいと言ってくれた。そこで彼はCGの本を2冊買い、3ヶ月かけて学んでいった。

フェイスブックページのDuncanのファンの数は今では200万人を超える。だが、実はこのページを立ち上げるまで、彼はフェイスブックのこともよく知らず、ネットを使うことも少なかったという。ある日、フェイスブックで「白眼を剥け!温蒂妮小姐」を見て、「フェイスブックでこんなに面白いことをやっている人がいるのか!」と驚いた。これが刺激になり、彼は退社後にイラストを描くようになり、2013年6月にDuncan Designというファンページを開いたのである。

学校で美術を学べなかった空白を埋めるかのように、彼は毎日イラストを描いてアップしていった。最初は200~300人が「いいね!」を押すだけだったが、シェアの輪が広がっていくにつれてDuncanの人気は爆発的に高まり、ファンの数は今では240万人に達する。

こうして知名度が高まると、仕事が入るようになったが、彼は自分の創作エネルギーを蓄積して本来の仕事に専念するために、すぐには他の仕事は受けなかった。そして昨年2月、彼は職を辞して初めてイラストの仕事を受けた。テレビ局TVBSの母の日のイメージ広告である。

これに続いてDuncanはアディダスやケンタッキーフライドチキン、フォードなどの企業からも依頼を受けた。2014年7月からはASUSと共同でLINEのスタンプを作成したところ、月にのべ400万人がダウンロードするようになった。ここからもDuncanのイラストの魅力がうかがえる。

些細なところから得るインスピレーション

Duncanは日常の些細なことを面白くしたり、よく使う言葉の語尾を変化させるなどしてシリーズのイラストと組み合わせている。例えば、有名なジョニー・ウォーカー(中国語では約翰走路)シリーズを、約翰走秀(ジョニーがショーの舞台を歩く)、約翰走音(ジョニーの音痴)、約翰跑路(ジョニーの夜逃げ)などに変化させてイラストをつける。外国語学科出身の力を発揮して、中国語と英語の対照訳をつけるなど、他のイラストレーターにはない魅力を発揮している。

Duncanのイラストには必ず文字がついており、思わず声に出して読んでみたくなる。例えば、自分の出身地である花蓮の訛を使ったシリーズもある。普段は見過ごしてしまうような些細な物事を通してDuncanは創意を発揮し、多くの人の共感を得ているのである。

創作の道は決して平坦ではないが、楽観的なDuncanは、自分は多くの人に助けられてきて幸運だと感じている。ネット上で作品を批判されることもあるが、それも成長のエネルギーになる。現在の最大の課題は「いかに創作と商業性を融合させ、企業との共同作品をおもしろくするか」だと言う。Duncanにとっては、創作そのものの物語は商品より重要であり、広告のためではなく、自分が面白いと思う作品を作りたいと考えている。そのため、企業と話し合う時は、自分の方法で商品を見せることを主張する。「そのために報酬の高い仕事を断ったこともあります」と言う。

人々が寝静まった夜中に作業をするのが好きだと言うDuncanはマスコミに顔をさらすことはなく、取材を受ける時も、テレビに出演する時も仮面をつけている。昼間に散歩をしながら人々を観察する余地がほしいからだ。

着実なDuncanは遠大な夢を持つことはなく、2カ月単位の段階的な目標を定め、それを一つ一つクリアしている。将来は、今とは違う作品を試みて、Duncanを知らない人にも作品を見てほしいと考えている。「絵を描いている時が楽しければ、完成した時に充実感が得られます」と、イラストがもたらす喜びを語る。

人々と分かち合うのが好きで、日常の些細なことの観察に長けているというのが若いイラストレーターの特長のようだ。彼らは独自のスタイルと創意を生かし、現代人の平凡で息苦しい暮らしに笑いをもたらしてくれる。

イラストレーターでは食べていけないという時代は終わり、絵を描くのが好きな人にも新たな前途が開けた。新時代の若者たちは創意をもってエネルギーを爆発させている。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!