延續古物生命的專家們

:::

2018 / 3月

文‧陳亮君



古物修復,這是一門需要結合美術、歷史、科學之專業,更是需要經年累月的沉澱與累積,以及超乎常人的耐心與毅力,才能完成的志業。

本期《光華》帶您一窺斲琴、修琴大師林立正精湛的手藝,讓他談「琴」話當年。另深入紙類修復師吳哲叡的內心世界,聽他娓娓道來影響他深遠的幾個人生轉折點。更有從歐洲學成歸國的年輕修復師范定甫、賴志豪,分享如何運用國外所學,重現文物的精采風華。

*       *       *

台灣產業新創的能量,正如火如荼地展開。為了呼應世界工業4.0的浪潮,政府提出「5+2產業創新計畫」,其中智慧機械產業便是重點發展項目之一。從航太、製造,到產學合作,這一系列產業轉型與升級,奠定了台灣發展的利基。

如台灣首輛兼顧越野與賽道性能的電動超跑Miss R,擁有1,341匹馬力,就是運用台灣「少量、多樣化、高品質、高彈性」的製造優勢,再融合董陽孜的書法藝術,讓超跑與藝術跨界結合,展現出台灣豐沛的創造能量。

同樣令台灣引以為傲的,還包括長庚在2015年將既有的「臨床顯微重建手術研究員」制度,轉型成結合臨床研究員與碩士學程的「長庚顯微手術國際碩士專班」,將台灣顯微手術的尖端醫療成就,透過前來就學的種子醫師,廣傳至全世界,也大大提升了台灣於國際上的能見度。

*       *       *

隱藏在台灣各個角落的感人故事,正一幕幕不斷地在上演。有來自越南的台灣媳婦曾女香,在家人、工作與志工服務中,找到了她人生的定位與希望;來自泰國的趙秀蘭,則用美食征服許多老饕的胃,也跨越了生活中所遭遇的種種困境。

而充分運用食品加工過程中所棄置的食材,變化出美味餐點的「剩食運動」,不但對環境更加友善,其影響力更擴及到友善耕作、食品安全、青年創業、老人關懷……等各個面向。

在小琉球,「海湧工作室」則為了保育海龜與環境而發起「海灘貨幣」活動,藉由獎勵民眾淨灘,減少一次性塑膠製品的使用。本期「影像對話」專欄,將帶讀者跟著攝影師時而潛入海中與海龜共游,時而漫步在蛤板灣沙灘觀浪、聽濤、賞夕陽,在欣賞小島風情的同時,一起來愛護海洋、守護海龜。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Saviors of Historic Artifacts

Ivan Chen /tr. by Phil Newell


The conservation of historic artifacts is a profession that requires expertise in fine arts, history, and science, along with knowledge and skills accumulated over many years, and unusual patience and perseverance.

In this month’s cover story we look at the craftsmanship of gu­qin maker and conservator Lin Li-­cheng, and explore the world of paper restorer Wu Jer-ruey. We also hear from young conservators Fan Ting-fu and Lai Chih Hao, who have returned to Taiwan after completing studies abroad. They share how they apply what they have learned to bring back the magnificence of cultural artifacts.

The innovative capabilities of Taiwanese industry are unfolding at a rapid pace. In response to the world trend toward “Industry 4.0,” the government has proposed the “5+2 Industrial Innovation Plan,” in which smart machinery is a key focus of development. From aerospace to manufacturing to industry‡academia cooperation, this wave of industrial transformation will lay the foundations for Taiwan’s future prosperity.

For example, the electric supercar “Miss R” has both off-road and racetrack capabilities and boasts drive motors that can deliver over 1,300 horsepower. It uses Taiwan’s manu­fac­tur­ing advantages of “small volume, diversity, quality, and flexibility,” and also integrates art in the form of calligraphy by Tong Yang-tze, demonstrating Taiwan’s abundant creativity.

Another thing for Taiwan to be proud of is ­Chang Gung University’s International Master of Science Program in Reconstructive Micro­sur­gery. The overseas doctors who come to train and study at ­­Chang Gung Memorial Hospital spread its cutting-edge achievements in micro­sur­gery throughout the world, greatly raising Taiwan’s international visibility.

Moving stories are played out in every corner of Taiwan. Tang Nu ­­Huong, a Vietnamese woman who married into a Taiwanese home, has found her place in society and hope in her life through family, work, and volunteer service. Meanwhile Zhao Xiu­­lan, from Thailand, has used cuisine to charm the palates of many epicures and to overcome all manner of difficulties in life.

The movement against food waste includes a drive to turn foodstuffs discarded during food processing into delicious dishes. These efforts are not only environmentally friendly, but impact areas including eco-friendly cultivation, food safety, youth entre­pren­eur­ship, and concern for the elderly.

On the little island of Xiao­­liu­­qiu off the coast of Ping­tung County, the “beach currency” launched by HiiN Studio to help protect sea turtles and the environment rewards people for cleaning beaches and avoiding single-use plastic products. Our Photo Essay this month takes us swimming with Xiao­liu­qiu’s sea turtles and strolling along Clam Bay Beach. As we listen to the waves and admire the sunset, let us come together to take care of the ocean and protect the turtles.

文化財の命を後世に引き継ぐ

文・陳亮君


文化財の修復は、美術、歴史、科学などさまざまな専門分野を融合したもので、長年蓄積されてきた技術だけでなく、強い精神力と忍耐力が求められる仕事でもある。

今月号の『光華』では、古琴製造・修復の大家である林立正に、長年の経験を語っていただくとともに、その修復技術を見せていただいた。また紙文化財の保存に力を尽くす呉哲叡には、その人生を振り返っていただいた。さらに、ヨーロッパで経験を積んだ若き修復師の范定甫と頼志豪には、海外で学んだ文物保存の精神をいかに台湾で活かすべきかをうかがった。

*                *                *

台湾の産業イノベーションが進んでいる。世界的なインダストリー4.0の流れに乗り、政府は「5+2産業イノベーション計画」を打ち出した。スマート機械産業は、その中の重点項目のひとつである。航空宇宙産業から産学協力まで、産業の転換とグレードアップが今後の台湾発展の力となる。

例えば、台湾初のEVスーパーカーMiss R。1341馬力のこの車は、台湾製造業の「多品種少量、高品質、フレキシビリティ」という優位性を活かして製造される。そこにさらに董陽'٦の書のイメージを加えることでスーパーカーと芸術を融合させた。

同じく台湾が世界に誇るのは、長庚病院が、2015年に従来の「臨床顕微再建術研究員」制度を転換し、臨床研究員制度と修士課程を一つにして設置した「長庚顕微手術国際修士プログラム」である。最先端医療であるマイクロサージャリーの台湾における成功を世界に広めるものである。

*                *                *

台湾の隅々で、日々、たくさんの感動的な物語が紡がれている。ベトナムから台湾に嫁いできた曾女香さんは、家庭、仕事、ボランティアと、一人何役もこなしながら自らの人生を切り開いてきた。タイから来た趙秀蘭さんは、おいしい料理で人々の舌を満足させ、それを支えにして苦しい日々を乗り越えてきた。

一方、工場や市場で廃棄されてしまう運命の食品や食材から、おいしい料理を作り出す「食品ロス削減運動」は、環境にやさしいだけでなく、その影響力は、農業や食の安全、若者の起業、高齢者ケアなど、さまざまな面に影響を及ぼしている。

台湾最南端の離島、小琉球で「海湧工作室」がウミガメの保護と環境保全のために始めた「海灘通貨」活動は、ビーチクリーン活動を通してビニール袋の使い捨て削減を呼びかける。今月の「フォトエッセイ」では、皆様をウミガメの泳ぐ海へとお誘いし、蛤板湾のビーチで波の音を聴き、海に沈む夕日を愛でていただく。この小さな島の美しさに触れながら、海とウミガメを護ることの大切さを皆様とともに考えていきたい。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!