建築意境

空間與自然共生
:::

2016 / 12月

文‧賴廷恆 圖‧莊坤儒 翻譯‧Darryl Sterk


百餘年來深受西方文明主流思潮的衝擊後,迄今全球共同面臨著環境生態破壞、文化退步衰亡、人性崩解危機;一群逐漸聚合的台灣建築界人士深信,中國老祖宗流傳下來的「節氣」,可能成為當代生活的一帖解藥! 

「我覺得是時候讓全世界的人,可以聽到我們的建築的態度,是從台灣自己找到答案、發出的聲音。」談起廣義的「節氣」與「建築」兩者間大有關聯,逢甲大學建築專業學院院長黎淑婷如是說。


 絕大多數時下台灣人對「節氣」的第一印象,往往來自家家戶戶必備、封面黃色為底的農民曆,或是立冬進補等沿襲至今的民俗傳統。至於與節氣相關的建築,除了外觀符合「天圓地方」宇宙觀,中外兩層共24根柱子、象徵二十四節氣的北京天壇外,就屬北港朝天宮聚奎閣四扇門上,由已故府城彩繪名家陳壽彝繪製的「二十四節氣門神」。

節氣,源自早期華人務農時期的農產運作與日常作息曆法,經過長期觀察自然「常道」後,提出順應宇宙運行的生活之道。中國人歷經五千年積累淬鍊的生活智慧,除風水、曆法、節氣外,尚包括與建築相關的民居、聚落等。

 

貼近節氣 表現建築態度

2009年起源於台灣中部,由長期從事建築實務的江文淵、何傳新建築師,以及時任逢甲大學建築學系系主任的黎淑婷等共同發起的「節氣建築工作小組」,所提出的「節氣建築」,並非僅是依據二十四節氣,或本於氣候、環境條件所做的建築;而是一種廣義的建築,以及隨之而來「生活的全部」,試圖找回屬於華人的建築態度與哲學,足以觸動人心的「心靈居所」。

歷時6年、日前發表的《節氣、意境、整全性:五度空間的建築》一書,可說是「節氣建築工作小組」的初步成果。「建築仿若是一個皮層,裡面如果是生活,外頭就是自然了。」江文淵解析,建築是生活的容器,也是與環境緊密結合的有機體,和自然相連結的生活場域,讓人身處其中身心安歇的場所。

「建築是最大的文化載體!」江文淵著眼於傳統的「節氣」、「老聚落」,並以昔日台灣的合院為例,乃是身處沒有電力、空調的時空,因環境、土地而生:坐北朝南、迎向季風、夏涼冬暖,正身、雙伸手、護龍及一進又一進,隨著世代、需求「長出來」,充分展現出人與自然間的對話。

合院裡的院埕,看似灰色、模糊的無用地帶,卻是典型「無用之用,是為大用」,具有著最多的可能性,曬穀、工作、兒童玩樂、大人社交、婚喪喜慶等均在此發生;人們最喜歡停留的「天心」,宛若天地人神匯聚,人與自然交界所在。

江文淵表示,新北市金山的八煙聚落,保留了北台灣少見的梯田景觀與傳統砌石水圳,相當感人,他曾多次到訪;此外,早期的九份山城、金瓜石,南投竹山的老聚落,也都數度留下他追尋的足跡,並從中逐步意識、感知到所謂的「節氣建築」。

 

追尋感動 喚醒場所靈魂

「喚醒場所的靈魂!」無論是老聚落、或是合院,均能從中發現聚合人氣、場所精神,常民日用而不自知的「角落」。江文淵以位於竹北的「若水會館」為例,臨街牆面很長,卻只開扇一米二的小門,門外LOGO與樹蔭下成為送往迎來的第一進;門內的土地公廟與廟埕則是第二進,呼應著昔日農業社會、土地文化與倫理。

再轉個彎,入目的大石頭,有如入山、走進小村落之感,隨後展開的「香草花園」,並非常見的園藝景觀,而是種植著食用且實用的地瓜葉、當歸、金銀草、酸柑、木瓜等,並有雞群漫步其間。行過小橋,耳中傳來的水聲既代表著歡迎,也過濾掉戶外的車水馬龍;眼前則出現都市裡久違的窯灶,所形成的一方「角落」,已是每日在會館用餐員工的最愛,邊吃邊餵雞的場景更是天天上演。

江文淵指出,他由「老聚落」找到感動線索,讓「節氣建築」的畫面開始清晰;透過「散步路徑」為動線,把一顆顆珍珠般的「角落」串連起來,即可創造出整體性的「連續情境」氛圍。

出自江文淵之手的台中大里「菩薩寺」,這座都市塵囂裡的寂靜佛寺,剛完工時的原始樣貌為素淨的清水模牆,如今則是除冬天外,長年綠意盎然;時間因素刻劃出自然的演替,也讓佛寺容顏隨著季節遞嬗、自有不同況味。江文淵強調,菩薩寺不能只用看的,必須同步敞開視覺、聽覺、嗅覺、味覺、觸覺等「五感」去體驗。

相對於西方建築為「凝固的音樂」,往往講究視覺,著重形式、黃金比例分割;江文淵認為東方建築不太聚焦於立面,像「菩薩寺」就如「流動的樂章」般,「庭院深深深幾許」,讓人「有覺醒地在時間中拜訪空間」,這正是「節氣建築」所提供整全性的情境及五感體驗。

江文淵、何傳新創辦的「半畝塘環境整合集團」,在建築業界多年實踐中,歸納出「節氣建築」,期許建築除滿足人的生活與休閒需求外,也能與大自然結合、天光雲影共徘徊,達到「天人共好,天人合一」境界。

對此,黎淑婷也指出,老子《道德經》的「人法地,地法天,天法道,道法自然」,正是「節氣建築」以人為「本」,順應的宇宙運行之「道」;並遵循此一初發心,構築人為環境、「心靈居所」,「以輕柔順勢的姿態建構住居,尋求人天之間的共好共榮」。

 

遵循時序 人屋自然共生

美國建築名家萊特(Frank Lloyd Wright)曾言,建築師必須研究生活、了解生活,才能獲得最大的成功。節氣,正是先民記錄、歸納宇宙自然的運行規律後,所形成的時間觀與生活模式,讓人的生活能夠遵循時序變遷,與大自然環境友善互動。

而「節氣建築」則是重拾老聚落、合院所營造出人、建築與自然三者間的共生關係;讓因為電力、空調而不知寒暑,不再依循美好的節氣傳統,甚至造成身心健康、環境後遺症的人們,找回這些已被切斷,「尊天敬人,傾聽環境」的關係。

「把水、把樹找回來,把白頭翁、蜻蜓、螢火蟲邀回來!」半畝塘在竹北的「若山」系列,不僅自豪於不同樓層的住戶回報,分別發現螢火蟲、中國樹蟾、白頭翁;同時也帶領「節氣建築」的居民依循節氣,領略風俗、農務及人文生活,並與鄰里共度節慶,創造共同的生活記憶,形成當代的「節氣生活」。

「人與人的邂逅是靈魂的交織。人與大地恩賜的邂逅,是生命的交織。」黎淑婷、江文淵、何傳新等「節氣建築工作小組」的成員,堅信吾「道」不孤,除台灣本地的「節氣建築」,建立起屬於這塊土地的主體性外,全球各地也有各自的「節氣建築」,舉世共同頌揚靈魂、生命的交織,攜手迎向當代文明的新自然、新氣象。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Reimagining Architecture

—Symbiosis of Space and Nature

Tempest Lai /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Darryl Sterk

As people the world over face environmental degradation and cultural regression, a group of Taiwanese people working in the field of architecture are convinced that the “solar terms,” passed down by the ancestors of the Chinese people, can be an antidote to problems in modern society.


 

The “solar terms” are divisions of the year into 24 periods of about 15 days each, each with its own special “spirit.” The expression for “solar term” in Chinese is literally “spirit of the season.” Most Taiwanese people’s first impression of the solar terms comes from farmers’ almanacs, a must-have in every household, or from the tradition of consuming tonics during “Start of Winter,” the first of the six winter solar terms. As for buildings associated with the solar terms, a particularly impressive example is the Temple of Heaven in Bei­jing. Its layout represents the ancient Chinese concept of “round Heaven and flat Earth,” and the 24 middle and outer pillars symbolize the 24 terms. Another example is the “door gods of the 24 solar terms” painted on the four doors of the Hall of Literacy in Chao­tian Temple in Bei­gang, Yun­lin County, by the late artist Chen ­Shouyi from Tainan.

Solar terms architecture

In 2009, the “Solar Terms Architecture Task Force” was formed in central Taiwan by ­Chiang Wen­-yuan, Allen Hoo—both veteran practicing architects—and Lee Shwu­ting, then dean of the Department of Architecture at Feng Chia University. “Solar Terms Architecture,” as proposed by the task force, is not simply architecture based on the 24 solar terms, climate and surroundings, but rather architecture in a broader sense that incorporates every aspect of our lives. The task force aims to rediscover the Chinese philosophy of and attitude toward architecture, building “abodes for the soul” that touch people’s hearts.

Jieqi, Yijing, Wholeness: 5-Dimensional Architecture, a book published several months ago, took the Solar Terms Architecture Task Force six years to finish and is the preliminary result of its work. ­Chiang Wen-yuan describes a building as a container for people’s lives, a living organism tightly integrated into its surroundings, a site of daily life tightly connected to nature, and a place where people can relax.

Chiang takes inspiration from the traditional solar terms and from old villages. Take Taiwan’s old courtyard residences, for example. In the past, when there was no electricity or air-conditioning, courtyard houses were cool in summer and warm in winter, because they were built facing south, to greet the southerly seasonal breezes of summer and ward off the cold northerlies of winter. The buildings represent a dialogue between people and nature.

The central courtyard may seem useless but in fact has many purposes, serving as a place where grain is dried, people work, children play, adults mingle, and weddings, funerals and other ceremonies are held. The courtyard is called the “heart of Heaven,” a hub for sky and earth and man and god, an interface where humankind and nature meet.

Chiang Wen-yuan is very moved to see a landscape of terraced fields and traditional masonry irrigation ditches, rarely seen in Northern Taiwan, preserved in Ba­yan Village in New Tai­pei City’s Jin­shan District. Moreover, people living in old towns like Jiu­fen or Jin­gua­shi in New Tai­pei City and Zhu­shan in Nantou County have gradually become more aware of so-called “solar terms architecture.”

Abodes for the soul

In both old towns and courtyard homes, we can find commonly used but overlooked “corners” where the energy flows of people and places congregate. ­Chiang cites the Je Shui Pavilion located in Zhu­bei City in northwestern Taiwan as an example. The pavilion’s outer wall is long, but there is only one small gate 120 centimeters wide. When you visit the pavilion, the first thing you see is the sign of the pavilion in the shade of the trees outside the gate, which welcomes visitors and bids them farewell. As you walk in, what you see next is an Earth God temple with a temple square. The layout resonates with the land-based culture and ethics of a traditional agrarian society.

Take a turn and you will see a huge rock, making you feel as though you have entered a mountain village. Then you see a garden, not of ornamental plants but rather of edible plants such as sweet potato, Chinese angelica and papaya. There are also chickens scratching and pecking around. Stroll across a small bridge and you will hear the burbling sound of a brook, which filters out the noise of the bustling traffic outside. After you cross the bridge, you’ll see a traditional cooking stove of a kind now rarely seen in cities. This is the favorite “corner” of the employees at the pavilion, who lunch here on a daily basis. Every day, you can see people feeding the chickens as they eat.

A serene temple situated in a bustling city, the Bodhisattva Temple in Dali District, Tai­chung, was designed by Chiang Wen-yuan. When just built, the fair-faced concrete walls of the temple were austere. However, over time they have been embellished with greenery, and are now covered most of the year, being only bare in winter. Time has inscribed an ecological succession on the walls and adorns the temple in various styles in different seasons.

To ­Chiang, Western architecture is like a static music that emphasizes form, visual effect and balanced proportions; while Eastern architecture is a fluid music that does not focus on outward appearance. He associates the Bodhisattva Temple, a task-force creation, with a traditional Chinese poem that goes: “Deep, deep, how deep the courtyards are.” A perfect example of solar terms architecture, the temple is a place for people “to heighten awareness and visit space in time,” and have a holistic, “five-­dimensional” experience in which sensation and location merge, as they were supposed to do in traditional Chinese poetry.

Chiang Wen-yuan and Allen Hoo founded the architectural firm ­Banmu Tang Environmental Integration and came up with the idea of “solar terms architecture” based on years of experience as practicing architects. They envision an architecture that not only meets people’s needs for basic lodging and leisure but also integrates with nature, effecting what ancient Chinese philosophers called “peaceful coexistence and unity of heaven and humanity.”

Lee Shwu­ting also confides that the core value of “solar terms architecture” is the Tao or Way mentioned in a passage in Laozi’s Tao Te Ching that goes: “Man follows Earth. Earth follows the Universe. The Universe follows the Tao. The Tao follows only itself.” In other words, the Tao of “solar terms architecture” is based on humanity and the universe. Inspired by this core value, forgiving, adaptable “abodes for the soul” have been built in the hopes of bringing about the peaceful coexistence of heaven and humanity.

Symbiosis with nature

Frank Lloyd Wright believed that the architect who studies life and understands life will achieve the greatest success.

The goal of “solar terms architecture” is to rediscover the symbiosis between humankind, architecture and nature that characterizes old settlements and courtyard houses, so that people who have lost touch with the seasons with the advent of electricity and air-conditioning, people who no longer follow the “solar terms” tradition, people whose mental and physical health suffers environmental repercussions, can recover by reforming relationships that have been broken off, relationships captured in the old saying: “respect heaven and humanity, listen to your surroundings.”

The slogan of the Je Shan (“like a mountain”) series of buildings built by ­Banmu Tang in Zhu­bei is “Let’s bring back water and trees! Let’s invite bulbuls, dragonflies and fireflies back home!” ­Banmu Tang is proud to hear from the residents of the buildings that they often see fireflies, Chinese tree toads and light-vented bulbuls around their buildings. As the residents are guided by “solar terms architecture” to follow the solar terms, learn local customs and agrarian traditions, and create collective memories by celebrating festivals with their neighbors, a contemporary “solar terms lifestyle” has taken shape.

Lee Shwu­ting, Chiang Wen-yuan, Allen Hoo and other members of the Solar Terms Architecture Task Force are convinced that they are not alone in their pursuit of the Tao. In addition to Taiwan’s local solar terms architecture, which has established sites of subjectivity that grow out of the local soil, distinctive architectures that celebrate the spirit of each season of the year can be found all over the world. Let’s join hands and welcome new natural and “spiritual” vistas on our contemporary civilization!

建築の境地

──空間と自然の共生

文・賴廷恆 写真・莊坤儒 翻訳・山口 雪菜

百年余りにわたって西洋の主流文明の影響を受けてきた世界は、いま環境や生態の破壊、文化の衰亡、人間性の崩壊といった危機に直面している。そうした中、台湾の建築業界の一部の人々は、中国の祖先から伝わってきた「節気」こそ、現代の問題を解決する良薬ではないかと考え始めている。


「今こそ世界中の人々に私たちの建築に対する態度を知ってもらう時ではないでしょうか。これは台湾が自ら見出した答えであり、声でもあるのです」——広義の「節気」と「建築」との関係について、逢甲大学建築学部の黎淑婷学部長はこう語る。

現代の台湾人が「節気」と聞いて思い浮かべるのは、家々に必ずある黄色い表紙の「農民暦」や、立冬に栄養価の高いものを食べるといった伝統の風習ではないだろうか。節気と関係のある建築物と言えば、「天は円形、地は方形」の宇宙観を表現し、内外二層に二十四節気を意味する24本の柱を持つ北京の「天壇」や、物故した台南の画家・陳寿彞が台湾の北港朝天宮の聚奎閣の門扉に描いた「二十四節気門神」を思い浮かべる程度であろう。

節気とは、古代の華人が季節の変化に従った農作業や日常生活の指標として考案した暦法であり、長年にわたる自然観察を経て宇宙の営みに順応するために生み出された暮らしの知恵である。中国人が5000年にわたって蓄積し、昇華させてきた暮らしの知恵には、風水や暦法、節気のほかに、建築の分野では住居や集落がある。

節気に親しむ建築態度

2009年、台中で長年にわたって建築実務に携わってきた建築家の江文淵と何傳新、それに当時逢甲大学建築学科の学科主任だった黎淑婷らが共同で「節気建築ワークチーム」を発足させた。彼らが打ち出した「節気建築」というのは二十四節気や気候や環境を考慮した建築というだけの意味ではない。それは一つの広義の建築とそれに伴う「生活の全て」を意味し、華人に属する建築の態度と哲学を取り戻し、人々の心を動かす「心の居所」を追求するというものである。

それから6年、先ごろ上梓した『節気、境地、全体性:五度空間の建築』は節気建築ワークチームの最初の成果と言える。「建築は一つの表層に喩えることができ、中にあるのが生活ならば、外にあるのは自然です」と江文淵は説明する。建築は生活の容器であり、環境と密接に関わる有機体であり、自然とつながる生活の場であって、人の心身が休まる場でなければならない。

「建築は最大の文化積載体です」と話す江文淵は、伝統の「節気」や「古い集落」、そして台湾の伝統建築である「合院建築」に注目する。例えば「合院」は、電力もエアコンもない時代に環境と大地から生まれた住居と言える。建物は南向きに建てられ、季節風を迎え入れ、夏は涼しく冬は暖かい。南側中央の庭を取り囲むように建物がコの字型に並び、家族が増えるにつれて建て増しできる形となっており、人と自然の対話が形成されていた。

「合院建築」のコの字に囲まれた中庭は、一見無用の場にも見えるが、実際には大きな働きをしており、さまざまな目的に活用できる。ここで穀物を天日干しにしたり、作業をしたり、子供たちの遊び場や大人の社交の場にもなる。冠婚葬祭もこの中庭で行われ、それは天と地、人と神が集まる場、人と自然が交流する場でもある。

江文淵によると、新北市金山にある八煙集落には北台湾では珍しい棚田と伝統の石造りの用水路が残されており、それは感動的な景観だと言う。かつての九や金瓜石、南投県竹山などの古い集落を巡るうちに、しだいに「節気建築」を意識するようになったと言う。

場の魂を呼び覚ます

「場の魂を呼び覚ますことです」古い集落にも合院建築にも、人の集まる場とその精神があるのだが、人々はそうした「一角」の存在や意義に気付いていない。江文淵は新竹北部に位置する「若水会館」を例に挙げる。通りに面した長い塀に幅1.2メートルの小さな門があり、門外のロゴと緑陰が人を迎え入れる。門を入ると土地公(土地神)の祠とその庭があり、かつての農業社会の土地の文化と倫理が呼応している。

そこから角を曲がると、巨大な岩が目に入り、山か小さな村落に踏み入る感覚が味わえる。その先には一般の造園景観とは異なるハーブ園が広がり、食用のサツマイモの葉やトウキ、スイカズラ、パパイアなどが植えられ、鶏が遊んでいる。小さな橋を渡ると、水音が聞こえ、塀の外の車の音を消してくれる。さらに都会では見かけなくなった竈を中心にした一角があり、ここは従業員が食事をしながら鶏に餌をやる場となっている。

江文淵は「古い集落」で受けた感動を手掛かりに「節気建築」のイメージを描いていったという。「散歩の小道」を動線とし、真珠のように小さな「一角」をつなぎ合わせて全体としての連続性のある空間となる。

江文淵の手になる台中大里の「菩提寺」は都会の喧騒の中に静かにたたずむ寺である。完成当初の外観は打放しのコンクリートだったが、今では冬以外は緑が溢れ、時間とともに寺の表情が変わっていく。江文淵は、菩提寺は目で見るだけではなく、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の「五感」のすべてで体験するものだと強調する。

西洋建築は、視覚や形式、黄金比などを重視する「凝固した音楽」であるのに対し、東方建築は建物の立面にはあまり注目しないと江文淵は考える。この菩提寺も「流動する音楽」のように、庭園は奥深さを感じさせ、「覚醒して時間の中で空間を訪ねる」場であり、これこそ「節気建築」が提供する全体的な境地と五感の体験なのだと言う。

江文淵と何傳新が設立した「半畝塘環境整合集団」は、建築業における長年の実践経験を「節気建築」へと統合してきた。建築物が人の生活のニーズを満たすだけでなく、大自然と結びつき、光や影をとともに動き、「天人合一」の境地となることを目指している。

逢甲大学の黎淑婷は、老子の『道徳経』の「人は地に法り、地は天に法り、天は道に法り、道は自然に法る(人は地に従い、地は天に従い、天は道に従い、道はあるがままに従う)」という一節を挙げる。これこそ「節気建築」の、人を本として宇宙の営みの「道」に従うということである。この心に従って「心の居所」を生み出し、「穏やかで逆らわないという姿勢で住居を構築し、人と天との共栄を目指すのです」という。

時節に従い、人と家と自然が共生

アメリカの建築家、フランク・ロイド・ライトは「建築家は生活を研究して理解してこそ最大の成功を収められる」と述べている。節気はまさに先人が宇宙の自然の営みと規律を記録して形成した時間観と生活様式であり、人々に時節に従った暮らしをさせ、自然環境との穏やかな相互関係を持たせるものなのである。

「節気建築」は、昔の集落や合院建築が持っていた人と建築と自然の三者の共生関係を取り戻す行動である。電力や空調によって寒暑を感じなくなり、素晴らしい節気の伝統に従わなくなった現代人は、それによって心身の健康や環境に副作用をもたらしている。こうして断ち切られた「天を尊び、人を敬い、環境の声に耳を傾ける」というあるべき関係を取り戻したいのである。

「水と木を取り戻し、シロガシラやトンボやホタルを再び招き入れる」——半畝塘が新竹北部で展開する「若山」シリーズの住宅では、さまざまな階に住む住民からうれしい報告を得ている。ホタルやアマガエル、シロガシラなどを見かけたというのである。半畝塘は「節気建築」の住民を率いて、節気ごとの風習や農作業、生活文化などを紹介し、近隣住民とともに伝統行事を行なって共通の記憶を作り、現代版の「節気生活」を形成している。

「人と人との出会いは魂の交流であり、人と大地の恩恵の出会いは生命の交流なのです」と言う。黎淑婷と江文淵、何傳新ら、「節気建築ワークチーム」のメンバーは、この「道」は決して孤独ではないと信じている。台湾の「節気建築」がこの大地の主体性を確立しているだけでなく、世界各地にもそれぞれの「節気建築」があり、それらが共に魂と生命の交流を謳い、現代文明における新たな自然と新たな理念を迎え入れようとしているのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!