釣魚台:正視歷史、謀求和平

:::

2012 / 9月

文‧滕淑芬


今年4月,日本東京都知事聲稱要買下釣魚台,掀起新一波東海風雲。

在《中日和約》換文生效60週年的座談會上,國際法學者邵漢儀提出新證據,證明日本於明治時期即認定釣魚台是清廷的,理應依照《中日和約》歸還給中華民國,這將是我方日後談判的新籌碼

馬英九總統則適時拋出「東海和平倡議」,呼籲相關各方自我克制,以和平方式處理爭端,並建立機制共同開發東海資源。


釣魚台列嶼位於台灣東北方的東海中,包括釣魚台、黃尾嶼、赤尾嶼、南小島、北小島等5個無人島,以及其它一些岩礁,總陸地面積為6.344平方公里;行政區屬於宜蘭縣頭城鎮大溪里。釣魚台列嶼因淡水不足、泥土不厚、風浪較大,不適合居住。

地質上,釣魚台列嶼屬於東海大陸礁層的邊緣,是台灣北部大屯山、觀音山脈的延伸,與花瓶嶼、彭佳嶼一脈相承。釣魚台附近水深不足200公尺,自赤尾嶼往東或南小島往南,即與琉球群島以「沖繩海槽」相隔。海槽最深處達2,717公尺,水色深黑,清代文獻稱之為「黑水溝」,也是古中國與琉球的天然海界。

《中日和約》恢復中華民國與日本的正常關係,也確認台灣屬於中華民國;然而,美中不足的是,台灣附屬島嶼釣魚台並未隨著《中日和約》的生效而歸還給我們,以致爭議不斷。幾年前甚至發生日本軍艦撞沉我國民間海釣船、扣押釣客的事件,引發我方大規模抗議至今,為了東海的區域和平,相關各方實有必要回歸法理基礎,釐清爭端。

「為了建立台日雙方的對話基礎,雙方必須自我克制,摒棄以往以民族情緒或民粹主義看待釣魚台問題的方式。台日必須從國際法與歷史文獻,檢證主權的正當性,否則雙方將無法交集,」政治大學國關法學研究中心研究員邵漢儀在座談會上說。

他指出,日本對於釣魚台的主張最早見諸於外務省於1971年的《基本見解》:「自1885年以來,日本政府通過沖繩縣當局等途徑再三實地調查,慎重確認尖閣諸島不僅為無人島,而且沒有受到清朝統治的痕跡。在此基礎上,於1895年1月14日,在內閣會議上決定在島上建立標樁,以正式列入我國領土。」

為了檢視日本說法在國際法上的合法性,邵漢儀至日本外務省外交史料館、防衛省防衛研究所圖書館、國立公文館等處,找出四十多篇史料,發現多件從未公開過的明治時期史料;由於這些史料皆以日本古文書寫,且多是筆墨行草的手稿,邵漢儀花了二年多時間逐字抄寫,再進行翻譯研究。

關鍵證據1:明治官方史料有「不宜私佔」字樣

邵漢儀翻遍1885~1895年間日本明治時期的官方史料,發現明治政府確實承認中國對釣魚台列嶼擁有主權。

1885年10月,日本外務卿井上馨在公文書中寫道,「近時中國報紙揭載我政府欲佔據台灣附近的中國屬島的傳聞,對我國抱以疑忌,並促中國政府予以注意。我政府若于此時遽爾公然建立國標,反易招致中國的疑忌。」接著井上指示,此事「當以俟諸他日為宜」,且「均不必在官報及報紙揭載」。

經邵漢儀查證,上述文獻其實出自外務省公信局長淺田德則一份字跡潦草的便簽,上面書寫:「近時,清國報紙揭載我國政府欲佔據清國所屬台灣地方之島嶼之傳聞以喚起清政府之注意。是故此際對於該蕞爾小嶼暫時並不宜私佔,請避免不必要之狀況,方得為策哉。」

「請注意淺田使用『私佔』兩字,爾後井上雖使用『佔據』,然而意義是相同的。這份文件現藏於日本外務省外交史料館《帝國版圖關係雜件》中。」

關鍵證據2:明治政府早知釣魚台並非無主地

其次,邵漢儀說,現今日本官方一再強調,明治時期曾透過琉球當地政府調查釣魚台為「無主地」,但這個說法也站不住腳。

證據是1892年元月,沖繩知事丸岡莞爾在公文書中指出,釣魚台列嶼為「調查未完成之島嶼」,因而要求日本海軍派遣「海門艦」前往實地調查,然而,由於軍令誤傳,以及天候險惡等因素,海軍始終沒有行動。

關鍵證據3:公文顯示日本未曾再三調查該島

1894年5月,內務省公文書載明,「自明治18年(1885)中,由(琉球)縣屬警部派出的調查以來,其間未再進行實地調查,故難有確實事項回報。」

「這份文件非常關鍵,因為它是在1894年8月1日甲午戰爭爆發前的最後一份官方文件。也就是說,甲午戰爭爆發前,明治政府不曾『再三』調查釣魚台列嶼,」邵漢儀說。

清廷在甲午戰爭受挫後,日本內務省於1894年12月的秘密公文書寫道,「今昔情況已殊」;明治政府旋即通過1895年1月21日的內閣決議,將釣魚台「編入日本領土」。

關鍵證據4:日本因甲午戰爭取得釣魚台

1896年,來自福岡的古賀辰四郎向日本政府租用釣魚台,他在傳記中說,「適逢明治27、8年戰役終結,皇國大捷之結果,使台灣島歸入帝國版圖,尖閣列島亦歸我國所屬。」

邵漢儀說,這個新證據證明日本民間與釣魚台最直接的當事人也認定日本是因甲午戰爭而取得釣魚台列島;可見,明治政府於1895年認知該島是清國的,並非「無主地」。

「日本於1895年併入釣魚台列嶼的過程是秘密進行,並未公諸於世,清廷也不知情,完全不合乎國際法的『先佔原則』;日本政府至今完全掩蓋上述事實,日本國民也不知道,才會出現民間購島捐款出現13億日圓的現象,」邵漢儀說,這是我方可以具體著墨的立論,一定要向日本表達清楚。

最後,從中國史料來看,也足以證明釣魚台是台灣附屬島嶼。現存的清代史料中,最具權威性的官方文件主要來自《使琉球錄》與《台灣方志》。前者描述了中琉兩國的界線為史稱「黑水溝」的地方;1871年陳壽祺的《重纂福建通志‧卷八十六‧海防》則顯示清代視釣魚台受台灣噶瑪蘭廳(今宜蘭)管轄。

邵漢儀指出,沖繩博物館現存有一張由清代朱 年所繪的《奉使琉球圖.午夜過溝》,也將黑水溝以界線方式繪出,日本國民可以親自去看看。

就國際現勢而言,和平解決的方法,除了外交協商外,也可訴諸國際法庭或常設仲裁法院。

邵漢儀指出,1999年的「葉門、厄利垂亞劃界仲裁案就是一個很值得參考的案例。國際仲裁對於歷史複雜的島嶼,現在多傾向於朝向區域和平的判決──即使用權共享。當年仲裁法院將若干島嶼判給葉門,若干島嶼判給厄利垂亞,然後將島嶼周邊的資源判為兩國共享。

因此即使日後考慮透過國際司法途徑解決釣魚台爭議,其結果不一定是「零和」競爭,可能就像馬總統所言,資源可以共同開發,這應也是國際上最樂見的雙贏結果。

相關文章

近期文章

EN 日本語

A New Take on the Diaoyutai Issue

Teng Sue-feng /tr. by David Smith

The governor of Tokyo stirred up controversy this past April by suggesting that the city should purchase the Diao­yu­tai Islands from their titular private owners.

At a symposium to mark the 60th anniversary of the entry into force of the ROC-Japan Peace Treaty, international law specialist Dr. Shaw Han-yi put forward new evidence that Japan acknowledged back in the ­Meiji period that the Diao­yu­tais belonged to China, so that they should have been returned to the Republic of China under the terms of the ROC-Japan Peace Treaty. This will be a new bargaining chip in future negotiations between Taiwan and Japan.

During the same discussion, President Ma Ying-jeou floated a proposal for an East China Sea Peace Initiative, calling on all parties concerned to show restraint and settle the dispute in a peaceful manner. Hopefully, said the president, we can establish a mechanism for cooperative exploration and development of resources in the East China Sea.


The Diao­yu­tais are a group of five uninhabited islands and a few rocky reefs off Taiwan’s northeast coast, with a land area of 6.344 square kilometers. Administratively, the islands belong to Daxi Village of Tou­cheng Township, Yi­lan County. They are unsuitable for habitation due to large waves and a scarcity of fresh water and soil.

Geologically, the islands sit at the edge of the East China Sea continental shelf. They are the outcroppings of an undersea extension of the Da­tun and Guan­yin mountain range, and are part of the same island chain as Hua­ping and Peng­jia islands.

The ROC-Japan Peace Treaty affirms that Taiwan belongs to the ROC, but it is unfortunate that the treaty did not return Taiwan’s appurtenant islands along with the main island, for endless disputes have been the result.

Dr. Shaw, a research fellow at National Cheng­chi University’s Research Center for International Legal Studies, opined at the symposium: “In order to establish a basis for bilateral dialogue between Taiwan and Japan on the Diao­yu­tai issue, we have to avoid indulging in nationalism or populism. Taiwan and Japan must rely on international law and historical records to identify where sovereignty lies. Otherwise, we’ll simply be talking past each other.”

Shaw noted that Japan first laid claim to the Diao­yu­tais (called the Sen­kaku Islands by the Japanese) in 1971 in its Basic View on the Sovereignty over the Senkaku Islands, in which the Japanese Ministry of Foreign Affairs states: “From 1885 on, numerous thorough surveys of the Sen­kaku Islands were made by the Government of Japan through the agencies of Oki­nawa Prefecture and by other means. Through these surveys, it was confirmed that the Sen­kaku Islands had been uninhabited and showed no trace of having been under the control of China. Based on this confirmation, the Government of Japan made a Cabinet Decision on 14 January 1895 to erect a marker on the Islands to formally incorporate the Sen­kaku Islands into the territory of Japan.”

To examine the legality of Japan’s claim under international law, Shaw went to Japan and delved into the foreign ministry archives and the library of the National Institute for Defense Studies, where he found many historical materials with a bearing on the question at hand. Many of the items he discovered were ­Meiji-period documents that had never before been cited. Written in classical Japanese in a flowing calligraphic style, they were a bit difficult to decipher, so Shaw spent over two years copying them out verbatim, after which he translated and studied them.

Key evidence #1

Shaw’s exhaustive search of official ­Meiji records from the 1885–1895 period revealed that the ­Meiji government did in fact acknowledge China’s sovereignty over the Diao­yu­tais.

In October 1885, Japanese foreign minister ­Kaoru ­Inoue wrote: “Chinese newspapers have been reporting rumors of our intention to occupy islands belonging to China located next to Taiwan.... At this time, if we were to publicly place national markers, this must necessarily invite China’s suspicion....” He then ordered that the matter should “await a more appropriate time” and “should not be made public.”

Shaw looked into the matter and found that ­Inoue’s position was actually based on a communication received from To­ku­nori ­Asada, chief of the foreign ministry’s department responsible for foreign documents and communications. In a quickly dashed off note, ­Asada wrote: “For this reason, it would not be advisable to seize these tiny islets at this point in time. It would be best to avoid an unnecessary incident.”

“Notice how ­Asada uses the word ‘seize,’ and how Inoue then uses a different word—‘occupy’—to express the same idea. This document is now sitting in the historical archives of Japan’s Ministry of Foreign Affairs.”

Key evidence #2

Moreover, said Shaw, the Japanese authorities keep insisting that the ­Meiji government had the authorities in Oki­nawa conduct numerous surveys of the Diao­yu­tais that always found the islands to be “terra nullius.” But he felt that this claim did not withstand scrutiny.

The refuting evidence, he reported, comes from Oki­nawa governor ­Kanji Ma­ru­oka, who pointed out in January 1892 that the Diao­yu­tai Islands had “not yet been fully surveyed.” He therefore asked the Japanese Navy to dispatch the naval ship Kai­mon to survey the Diao­yu­tais, but the survey was never done due to bad weather and problems with the transmission of orders.

Key evidence #3

In May 1894, the Home Ministry wrote, “The islands have not been surveyed since the police authorities of Oki­nawa had them surveyed back in 1885, so it is difficult to report anything definite.”

Said Shaw: “This document is crucial, because it’s the last official document regarding the Diao­yu­tais prior to the outbreak of the First Sino-Japanese War on August 1, 1894, which means that the ­Meiji government never conducted ‘numerous’ surveys of the Diao­yu­tais prior to that war, as they claim.”

“Japan’s annexation of the Diao­yu­tais in 1895 was done secretly. It was never announced. Even the Qing court didn’t know about it. It flew totally in the face of the ‘first occupant’ principle. The Japanese government has been stonewalling on these facts all these years. Even the Japanese people don’t know, which is why they donated ¥1.3 billion to purchase the islands.” Shaw further added that our side can stress this point, and absolutely must make its position clear to Japan.

Finally, there is also plenty of evidence in Chinese historical materials to prove that the Diao­yu­tai Islands are appurtenant to Taiwan. For example, Chen ­Shuoqi’s Recompiled General Gazetteer of Fu­jian (1871) shows that the Diao­yu­tais were considered part of Taiwan’s Ka­va­lan Subprefecture (modern-day Yi­lan) during the Qing Dynasty.

Shaw further bolstered his argument by noting that a painting by the Qing-period artist Zhu He­nian depicts the Oki­nawa Trough separating the Diao­yu­tais from Okinawa. This work is currently on display at the Oki­nawa Prefectural Museum & Art Museum, and he urges the Japanese people to go and see it.

But in any case, as a political matter, a peaceful resolution to the dispute is desirable. One method would be to go through diplomacy. Or it might be possible to litigate the matter at the International Court of Justice, or file a case with the Permanent Court of Arbitration (PCA).

Shaw pointed to the Eritrea-Yemen Arbitration of 1998–1999 as a good case in point. For cases involving islands with a complex history, the trend in international arbitration is to render decisions that promote regional peace. In practice, this means sharing. The PCA awarded some disputed islands to Yemen and some islands to Eritrea, but then required the two parties to make shared use of the resources in the surrounding area.

For this reason, even if the international justice system can be used to resolve the dispute over the Diao­yu­tai Islands, the end result need not be a zero-sum game. Instead, it might just be, as President Ma suggested, that the parties could engage in shared development of resources. And this win-win outcome is probably what the international community would like to see.

釣魚台――歴史を正視し、平和を追求

文・滕淑芬

今年4月、日本の東京都知事が釣魚台(尖閣諸島)を買い取ると発言し、東シナ海の緊張が高まった。

中日平和条約(日華平和条約)発効60年を記念する座談会で、国際法学者の邵漢儀は、日本は明治時代に釣魚台が清朝のものだと認めていたという新たな証拠を示し、釣魚台は中日平和条約にしたがって中華民国に返還されるべきだと述べた。これは今後の交渉において重要な証拠となる。

馬英九総統はこの時期に「東シナ海平和イニシアチブ」を提言し、各方面が自制して平和的方法で争議を解決し、東シナ海の資源の共同開発メカニズムを確立するべきだと呼びかけた。


釣魚台列島は台湾の北東沖の東シナ海に位置し、釣魚台、黄尾嶼、赤尾嶼、南小島、北小島の5つの無人島と岩礁から成る。陸地面積は6344平方キロ、行政区は宜蘭県頭城鎮大渓里に属する。淡水が不足し、土壌が浅く、波風が強く、居住には適さない。

釣魚台列島は東シナ海大陸棚の縁にあり、台湾北部の大屯山・観音山脈の延長線上、花瓶嶼と彭佳嶼と一つながりにある。釣魚台付近の水深は200m未満だが、赤尾嶼以東、南小島以南は琉球群島と「沖縄トラフ」で隔てられている。トラフは深いところで2717m、海面が黒く見えることから、清代の文献では「黒水溝」と記され、琉球との境とされてきた。

中日平和条約締結によって台湾が中華民国に属することが確認されたが、台湾の付属島嶼である釣魚台は同条約発効によって我々に返還されることはなく、争議が続いている。

台湾と日本の対話の基礎を確立するには双方が民族感情を抑えて自制し、国際法と歴史文献から主権の正当性を検証しなければならない、と政治大学国際法学研究センター研究員の邵漢儀は言う。

その話によると、釣魚台に対する日本の最初の主張は1971年の外務省の『基本見解』である。――「1885年以降、政府は沖縄県当局を通ずる等の方法により再三にわたり現地調査を行ない、単にこれが無人島であるのみならず、清国の支配が及んでいる痕跡がないことを慎重確認の上、1895年1月14日に現地に標杭を建設する旨の閣議決定を行なって正式に我が国の領土に編入することとした」とある。

日本の見解と国際法上の合法性を検証するため、邵漢儀は日本の外務省外交資料館、防衛省防衛研究図書館、国立公文館などで40余りの史料を調べ、未公開の明治の史料を多数発見した。それらは毛筆で書かれており、邵漢儀は2年余りをかけて研究した。

証拠1:明治の公式文書に「私占」の文字

邵漢儀は1885~1895年の日本の公式文書の中に、明治政府が釣魚台列島における中国の主権を認めていた記述を発見した。

1885年10月、日本の井上馨・外務卿は公文書にこう書いている。「近時、中国の新聞は、我が政府が台湾付近の中国属島を占拠せんと欲しているとの伝聞を報じ、我が国への猜疑を抱き、中国政府に注意を促している。我が政府がもし此の時にわかに公然と国標を建てれば、かえって中国の猜疑を招くであろう」とし、続いて井上は「他日を待ち」「官報および新聞への掲載の必要はない」と指示している。

邵漢儀の検証によると、上記記述は外務省公信局長・浅田徳則の次のようなメモがもとになっている。「近時、清国の新聞は我が政府が清国所属台湾地方の島嶼を占拠せんと欲しているとの伝聞をもって清政府に注意を喚起している。この時期に、当該小嶼に対する私占は暫時よろしからず。不必要な状況を避けてこそ策を為す」

「ここで浅田が『私占』の二文字を使っていることに注意すべきである。その後、井上は『占拠』という表現を用いているが、同様の意義と言える。この文書は日本の外務省外交資料館『帝国版図関係雑件』の中にある」と邵漢儀は述べた。

証拠2:「無地主」ではないことを知っていた

日本当局は、明治時代に沖縄県当局を通して調査した結果、釣魚台は「無主地」であったと強調しているが、邵漢儀はこの点も疑問視する。

1892年1月、丸岡莞爾・沖縄県知事は公の文書において、釣魚台列島を「調査未完の島嶼」としており、そのため日本海軍に海門艦を派遣して実地調査することを求めている。だがその後、天候不良などの要因で海軍による調査は行なわれなかった。

証拠3:再三の調査はなかった

1894年5月、内務省の文書には「明治18(1885)年、(沖縄)県属警部が調査を派遣して以来、この間、実地調査は行なっておらず、ゆえに確実な事項の報告は困難である」とある。

「この文書が非常に重要なのは、これが1894年8月1日の甲午戦争(日清戦争)勃発前の最後の文書だからだ。日清戦争前、明治政府は釣魚台列島を『再三』調査してはいなかった」と邵漢儀は言う。

その後、明治政府は1895年1月21日に釣魚台を「日本領土に編入する」ことを閣議決定した。

証拠4:日清戦争によって取得

1896年、福岡の古賀辰四郎が政府から釣魚台を借受けた。古賀は伝記の中で「明治27-28年に戦役が終結、皇国大勝の結果、台湾島は帝国の版図に入り、尖閣列島もまた我国所属となる」と述べている。

この証拠は、日本の民間で釣魚台と最も直接的な関係にあった当事者でさえ、日本が日清戦争によって釣魚台を取得したと認識していたことを示す。明治政府は1895年に同島が「無主地」ではなく清国のものであると認識していたことがわかる。

「日本は1895年の釣魚台列島併合の過程を秘密裏に進めて公表せず、清朝もこれを知らなかったというのは国際法上の『先に占有』の原則に合致しない。日本政府は今も上述の事実を隠しており、日本国民も知らないため、購入費用に民間から13億円も寄せられたのである」と話す邵漢儀は、これは我が方が具体的に主張できる論点であり、日本に明確に伝える必要があると考えている。

最後に、中国の史料からも釣魚台が台湾の付属島嶼であることが証明できる。清代の史料で最も権威ある公式文書は主に『使琉球録』と『台湾方志』である。前者では中国と琉球の境界を「黒水溝」と呼んでいる。また1871年の陳寿祺の『重纂福建通志・巻八十六・海防』には、清代には釣魚台は台湾のカバラン庁(今の宜蘭)の管轄であるとされていたことが示されている。

沖縄県立博物館所蔵、清代朱隺;年の『奉使琉球図・午夜過溝』には黒水溝が境界として描かれている。

平和的解決のためには、外交交渉の他に国際法廷や常設仲裁裁判所などへの申し立ても可能だ。

邵漢儀によると、1999年のイエメンとエリトリアの間の領土紛争の解決が参考になる。仲裁裁判所は、歴史的に複雑な島嶼の領土紛争に対して、地域の平和、権利共有の方向で処理する傾向にある。

国際司法を通せば、共同開発など、ウィンウィンの道も開けるかもしれないのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!