以藝療育.美善老幼

創造人人有尊嚴的世界——吳道遠神父
:::

2017 / 12月

文‧陳群芳 圖‧林旻萱


四十多年前,神父吳道遠從瑞士來到台灣,他在澎湖帶著身心障礙者繪畫、做美勞,這些天使純真可愛的笑容,讓他的心再也無法離開。吳道遠放棄擔任本堂神父的願望,投入兒童早期療育,為身心障礙者引進表現畫(expressive painting)課程,以及籌措經費創辦社會福利基金會,成立台灣第一所專屬身心障礙者的體適能中心,致力推展身心障礙福利。吳道遠相信,無論身心是否健全,尊嚴是每個人與生俱來的權利,他用愛與藝術,為弱勢打造美善的世界。


天主堂裡傳來唱詩班的歌聲,仔細一聽,歌詞也許有些含糊、音調也不是十份準確,但每個人的臉上都帶著可愛的笑容。他們是美善基金會附設工作坊裡的智青(智能障礙的青年),他們用歡笑迎來美善基金會的7周年,也是吳道遠在台灣為遲緩兒、身心障礙者奉獻心力的第47個年頭。

因緣際會到台灣

1970年晉鐸神父的吳道遠,原規劃前往印度及馬來西亞,卻因故取消,主教便安排他暫時來台學中文,待學成後再前往東南亞國家服務。在新竹學習中文的兩年,台灣的人情味、自然美景深深吸引吳道遠,讓他決定留了下來。

原本就對藝術有興趣的吳道遠,也希望對台灣文化有更深入的體會。在主教及身旁友人的鼓勵與支持下,吳道遠申請進入師大美術系就讀。畢業後,吳道遠捨棄外國人較多的台北,也沒有選擇有瑞士籍神父所在的花東,「我想去南部,認識更多台灣人,我來台灣不是為了瑞士人。」吳道遠開玩笑地說。在其他神父的邀請下,吳道遠前往澎湖服務,這一待就是13年。

期間,吳道遠到惠民啟智中心擔任志工,發揮美術專長,教身心障礙的兒童及青年繪畫、做勞作,這是吳道遠接觸身心障礙者的開始。這些孩子天真的笑容感動了他,他們堅強面對挫折的鬥志,讓他決心為他們做些甚麼。

走入身心障礙者的生活

結束澎湖的傳教工作,對身心障礙者有熱忱的吳道遠,來到台南瑞復益智中心擔任主任,開始了他推動身心障礙福利的工作,至今已超過26年,未曾間斷。接下瑞復益智中心主任的工作,吳道遠謙虛地表示,有前任神父已將中心打點好,他只是承接他人功勞,負責管理。為更熟悉身心障礙的服務工作,吳道遠到東海大學進修特教課程,並從頭學起帳務核銷、公文書寫等行政管理事宜。

瑞復益智中心自1990年開始便為0到6歲發展遲緩或身心障礙的嬰幼兒及家庭提供服務,透過專業團隊的照顧,幫助孩子在認知、語言、情緒等各方面的發展,有助他們能盡早與一般教育銜接,是台灣早期療育服務的先鋒。在吳道遠的帶領下,瑞復在兒童早療的服務範圍越來越廣,於是在2006年正式立案成立「光明早期療育中心」。

在早療中心裡,由團隊評估討論,為發展遲緩的孩子量身設計適當課程,並由老師一對一指導。例如讓孩子騎三輪車載著圈圈,騎到前方將圈圈套入立桿,訓練他的手腳協調;或是利用溜滑梯,幫助孩子在遊戲中學習爬行、站立等大肌肉的訓練。這些看似平凡的課程,對發展遲緩的孩子來說,是需要旁人不斷耐心的陪伴,才能有所進展。在一般的托育中心或幼兒園,這些孩子會因為跟不上而失去信心,但在光明早療中心裡,這些孩子有專業老師的指導,也提供家長居家照顧的諮詢。看著孩子的進步,甚至順利融入一般幼兒園與其他孩子同步成長,讓許多家長感念在心。

隨著服務內容不斷擴增,附設於瑞復益智中心裡的光明早療中心,超出法令既定範圍,必須成立基金會,早療中心才能繼續運作。

基金會的成立依其服務區域及內容有不同的設立條件,以吳道遠成立的地區型社會福利基金會來說,必須準備1,000萬的預備金,還有人力等各方條件。為了讓早療的服務能持續下去,吳道遠毫不猶豫地接下了籌措經費的任務,四處奔走,歷經一年籌備,終於在2010年成立美善社會福利基金會。

笑聲盈盈的工作坊

在瑞復益智中心服務了18年,吳道遠原本打算將美善基金會籌備完成後,便從瑞復退休,到小型教堂擔任本堂神父。但吳道遠在身心障礙服務工作上的用心與資歷,讓天主教台南教區主教林吉男力邀他擔任基金會執行長,希望他繼續為弱勢族群服務。

吳道遠帶著他的美術專長,在美善基金會裡成立工作坊,招收15歲以上的心智障礙者,讓他們透過手作工藝品、社區清潔維護、表現畫等課程來提升生活能力與自信。在工作坊裡,智青們透過表現畫的創作,盡情發揮自己的藝術天分。學員透過繪畫表達心情,畫上自己喜歡的東西,不限繪畫題材,也不用畫作來評估學員的心理狀態,因為對吳道遠來說繪畫的過程才是最重要的。今(2017)年6月,工作坊裡的3位學員還獲邀到日本滋賀縣參加畫展,以藝術與當地智青交流。

以往心智障礙者都因為家屬擔心他們能力不佳、無法適應社會,而被過度保護。吳道遠相信每個人都應有自主表達的機會。在工作坊裡,老師會帶著學員投票決定每天的餐點,一周也會選一天讓大家動手烹煮午餐,從菜單設計、食材採購到食物製備,全由學員自己決定。

藉著活動讓心智障礙者走入社區,與人群接觸,練習表達,隨著想法被接納及生活能力的提升,這些點點滴滴累積的自信,讓學員們肯定自己。在工作坊裡,學員彼此像是家人般,自在的相處,一起進行課程的同時,空間裡的氣氛歡樂,不時傳出大家朗朗的笑聲。

讓每個人活出尊嚴

就像美善基金會的成立宗旨:「尊嚴,讓人人都擁有」,在吳道遠眼中,人人都是平等的,不應該因為身心的缺陷而喪失某些權利,例如運動。

於是美善基金會接受台南市政府委託,成立台灣第一座專為身心障礙者設計的體適能中心。除了寬敞的無障礙空間,健身器材也是因應障礙者設計的款式。不同於坊間健身房裡具體育專長的教練,基金會找來物理治療師與職能治療師組成專業團隊,經由體適能評估,為身心障礙者量身打造運動計畫。

中心裡還推出團體課程,zumba、皮拉提斯、飛盤高爾夫等,不只有輪椅族專屬課程,連視障者也能在老師口述詳解動作及志工協助下,盡情享受運動的樂趣。運動不只改善身體健康,許多身心障礙者原本個性自卑害羞,到體適能中心運動後,臉上開始出現笑容。

吳道遠不僅照顧前來美善基金會的身心障礙者,對於無法移動的嚴重失能者,美善基金會提供到宅沐浴,便是一項自細微處設想的體貼服務。對長期臥床的年長者或身障者而言,受限於居家空間設備不足與照顧者體力等因素,日常清潔只能依賴毛巾擦拭,好好洗澡竟成了最奢侈的願望。

為此,吳道遠籌募經費打造到宅沐浴車,添購來自日本的特製浴缸,以及貯水、加熱等設備,由1位護理師及2位照顧服務員一組,開車上山下海,為每個有需要的家庭提供到宅沐浴的服務。看似容易的沐浴工作,實則蘊含學問,除了非常耗費體力外,必須先由護理師評估病人狀況,做好傷口的防水護理,再小心地將病人扛起。下水沐浴時,不論病人意識如何,團隊都會溫柔地向他們解說每個即將進行的步驟,讓他們得到應有的尊重。

每個家庭的環境和經濟狀況都不相同,團隊必須因應空間設備隨時調整。個案屋內空間不足時,甚至得先在戶外搭棚,才能架設浴缸,這項如此吃重的工作,必須要有極大的愛心才能持之以恆。

吳道遠全心為弱勢服務的精神也感染了美善基金會的夥伴。進行到宅沐浴服務時,若發現個案經濟困難、居住環境不佳,團隊成員還會主動替他們尋找資源,為他們更換床鋪,若有醫療問題,也會找來醫生為其醫治。許多個案從初次接受沐浴時的肢體僵硬,到後來能放鬆享受沐浴的時光,即使已無法言語,但照顧員能仍從他們放鬆的臉部線條中,獲得自身工作的珍貴價值。

從遲緩嬰幼兒、智青到臥床的長輩,在吳道遠眼中,他們每個人都是可愛的。就像多年前他以一朵花瓣折損的蓮花為概念,為瑞復益智中心設計LOGO,「他們就像蓮花一樣,即使不那麼完整,但還是有他們的美。」吳道遠用愛讓每個人活得有尊嚴,透過美善基金會多元的服務,為台灣建立一個充滿美麗與良善的社會。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Healing Young and Old Through Art

Father Hugo Peter

Chen Chun-fang /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Robert Green

More than four decades ago, Father Hugo Peter traveled from his native Switzerland to Taiwan, where he held painting and arts and crafts classes for a group of people with special needs on ­Penghu. Their angelic smiles captured his heart, and he abandoned aspirations to preach in his own church, instead creating early childhood education classes that made use of expressive painting as a thera­peutic technique. He also raised money to establish a social welfare organization—the first fitness center for disabled people in Taiwan—to expand services for those with special needs.

 


As the church choir sings, the words are a bit fuzzy and the tone slightly off, but the faces of the singers beam. They are young members of a workshop run by the Tobias Social Welfare Foundation, and they are celebrating the foundation’s seventh anniversary and Father Hugo Peter’s 47th year in Taiwan serving people with special needs.

A serendipitous visit

Fr. Peter, who was ordained in 1970, originally planned to head for India and Malaysia, but when the plans fell through, the church arranged for him to study Chinese in Taiwan while he was waiting to take up duties in Southeast Asia. During his two years of Chinese studies in Hsin­chu, the warmth of the people of Taiwan and the island’s natural beauty convinced him to stay.

With the encouragement and support of his friends and the church, Peter enrolled in National Taiwan Normal University’s Department of Fine Arts. After graduation he traveled to Penghu at the invitation of fellow priests. He remained there for the next 13 years.

In Penghu, Peter volunteered in his spare time at the Hui­min Opportunity Center, putting his artistic skills to good use by teaching painting, arts and crafts to special needs students. This was the beginning of his work with disabled people.

The special needs world

After completing his missionary work in ­Penghu, Peter became the director of the St. Raphael Opportunity Center in Tai­nan and embarked on a career working full-time with disabled people that continues today, some 26 years later.

Since 1990 the St. Raphael Opportunity Center has been serving special needs children from birth to age six. The center has pioneered early childhood services in Taiwan, and a team of professionals assists with the children’s cognitive, linguistic, and emotional development. Under Peter’s leadership, early childhood services have expanded over the years and in 2006 St. Raphael’s set up the Guangming Early Intervention and Education Center.

At the center the team assesses each child’s needs and determines an ­individualized program, which includes one-on-one guidance from an instructor. For example, children may practice a type of ring toss, in which they pedal a tricycle over to a post and place a ring over it; this helps them develop coordination. The children are also taught to exercise large muscle groups by crawling onto slides and then learning to stand upright after sliding down. Watching their children progress, sometimes to the point of joining mainstream kindergartens and growing up alongside other children, fills parents with gratitude.

As its programs continued to expand, it became clear that the Guangming Early Intervention and Education Center would soon outgrow the legal framework under which St. Raphael’s operates, and would have to be reestablished as an independent foundation in order to continue providing its services. Peter scrambled to meet all the requirements and after a year of preparation the Tobias Social Welfare Foundation was established in 2010.

Laughter in the workshop

Peter originally intended to retire from St. Raphael’s after the Tobias Foundation was up and running and take up duties as a pastor at a small church. Peter’s dili­gence and experience in working with the disabled, however, prompted Bosco Lin Chi-nan, Roman Catholic bishop of Tainan, to ask him to serve as the foundation’s director and continue to work with society’s most vulnerable people.

Peter put his training in the arts to good use by setting up a workshop for special needs students ages 15 and up, where they enhance life skills and build confidence by following courses in painting and handi­crafts and taking part in community cleanup projects. The workshop gives students free rein to express their natural artistic abilities through expressive art. Students can paint whatever they wish, and the artworks are not used to make psychological evaluations. What matters to Peter is the painting process itself.

Peter believes that everyone should have the opportunity to express themselves. In the workshop, teachers allow the students to vote on the daily meal, and once a week they let students prepare lunch. The students control each step of the process from deciding on a menu and doing the shopping to preparing the food.

As their wishes are respected and they build life skills, these students build confidence step by step and gain self-worth. The workshop’s students get on together like family. Often laughter can be heard coming from the classrooms.

Dignity for all

The Tobias Foundation was established on the principle of “dignity for all.” In Peter’s opinion everyone is equal, and physical or mental challenges shouldn’t cause people to give up opportunities enjoyed by others, such as exercise and sports.

With the support of the Tai­nan City Government, the foundation therefore established Taiwan’s first fitness center designed for people with disabilities. Aside from a spacious, accessible exercise space, the center’s exercise equipment is also designed to suit disabled users’ needs. The foundation recruited a team of physiotherapists and occupational therapists to evaluate users and tailor exercise programs to individual needs. 

The center offers group classes, including Zumba, Pilates, and Frisbee golf. There are also specialized classes for wheelchair users, and visually impaired people experience the joys of exercise with the help of oral instructions and assistance from volunteers. Aside from experiencing the physical benefits of exercise, formerly bashful and inhibited participants often find themselves smiling freely in the fitness center.

While continuing to look after the participants at the Tobias Foundation, Peter has also been working to provide personalized care, such as bathing at home, to people with severely restricted mobility. Bedridden ­seniors and people with severe physical disabilities are often limited to being bathed with washcloths due to insufficient facilities in their homes or the inability of a caregiver to physically move them. Getting a good bath therefore ranks high on their wish list.

Peter therefore raised funds for a mobile bathing vehicle that could visit patients at home and purchased a specialized Japanese-made bathtub, water tanks, heaters, and other equipment. A team of three—a nurse and two caregivers—travels to households in need of assistance. Assisted bathing might appear simple, but it requires specialized knowledge. It is physically strenuous work, and the patient’s condition must first be evaluated by the nurse. Wounds have to be covered before bathing, and then the patient must be gently lifted and helped into the tub. During the bathing, the team talks the patient through the process, explaining each step whether the patient fully comprehends or not, to ensure that each person’s dignity is respected.

In many cases people’s bodies tend to stiffen up during initial bathing sessions, but as they become accustomed to being bathed, they are able to relax and enjoy the treatment. Even when the person being bathed can’t verbalize their appreciation, the caregivers see the value of their work reflected in the content expressions of the bathers.

Peter has a special affection for each of the people he cares for, from developmentally delayed children to bedridden seniors. Years ago when designing a logo for St. Raphael’s, he chose an imperfectly formed lotus. “They are all like lotus flowers,” he says. “Even when they are not perfect, they each have their unique beauty.”

Through love, Fr. Hugo Peter ensures the dignity of each life he touches, and the various services of the Tobias Social Welfare Foundation are making Taiwan a more beautiful and compassionate society.

早期療育から高齢者介護まで すべての人に尊厳を

ユーゴ・ペーター神父

文・陳群芳 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

40年余り前、ユーゴ・ペーター(呉道遠)神父はスイスから台湾へ渡ってきた。そして澎湖で心身に障害を持つ人々に絵画や工作を教えていた時に、彼らの天使のような無邪気な笑顔に魅了され、離れられなくなった。そこで自らの教会を持つことを放棄して子供たちの早期療育に取り組み始めた。さらに障害者のために絵画カリキュラムを設け、資金を集めて社会福祉基金会を設立し、台湾初の心身障害者のためのフィットネスセンターも設立した。心身にどんな障害があっても、尊厳は一人ひとりが持って生まれた権利であると信じる神父は、愛と芸術を通して美と善の世界を築き上げてきた。


教会から讃美歌が聞こえてくる。歌詞は少し聞き取りにくく、メロディも精確ではないが、誰もが笑顔をたたえている。彼らは美善基金会ワークショップの知的障害を持つ青年たちだ。基金会は設立7年、ペーター神父が台湾で障害者奉仕に取り組み始めて47年になる。

縁あって台湾へ

1970年に神父になったユーゴ・ペーターは、最初はインドネシアへ赴任する予定だったが中止になり、とりあえず台湾で中国語を学び、それから東南アジアへ行くことになった。新竹で中国語を学んでいた2年の間に、台湾の人情と豊かな自然に惹かれ、ここに残ることを決めた。

もともと芸術に興味があった神父は、教会と友人のサポートを得て師範大学美術学科に入学。卒業後は外国人の多い台北や、スイス人神父の多い花蓮・台東ではなく、他の神父に招かれて澎湖に渡り、そのまま13年を過ごすこととなった。

神父は澎湖の惠民啓智センターで、ボランティアとして心身に障害を持つ子供や若者に絵画や工作を教えることとなった。そこで障害者の天真爛漫な笑顔と強さに心を動かされ、彼らのために何かしたいと考えるようになった。

障害者の暮らしに入っていく

澎湖での任務を終えた神父は、台南の瑞復益智センターの主任となり、障害者福祉の推進に従事して今年で26年になる。

瑞復益智センターでは、1990年から発達障害および心身障害の0~6歳児のいる家庭へのサービスを開始した。専門のスタッフが子供たちの認知や言語、情緒などの発達を助けるというもので、台湾の早期療育の先駆けとなった。ペーター神父の指揮の下、センターではサービスの幅を広げていき、2006年には「光明早期療育センター」として正式に登録された。

センターでは発達障害の子供たちのために、それぞれに合ったカリキュラムが組まれ、先生が一対一で指導する。例えば、輪投げ遊びでは三輪車に乗って前へ漕いで行って輪を投げ、手と足の調和のとれた動きを練習する。また、滑り台を使って這ったり立ち上がったりするなどの動作を通して筋肉を鍛える。簡単なカリキュラムのようだが、発達障害を持つ子供にとっては常に傍らで誰かが見守ることが重要で、一般の託児所や幼稚園では、こうした子供は自信を失ってしまう。センターでは専門の先生が親の相談も受け付けている。子供の状況が改善し、一般の幼稚園で他の子供たちと一緒に成長できる姿を見て、多くの親はセンターに感謝している。

サービス内容が拡張するにつれ、瑞復益智センターに属する光明早期療育センターでは、法令で定められた業務範囲を超えるようになり、早期療育を継続するには基金会を設立する必要性が出てきた。そこでペーター神父は資金集めのために奔走し、一年の準備を経て2010年に美善社会福祉基金会を設立した。

笑顔あふれるワークショップ

瑞復益智センターに来て18年、神父は美善基金会設立の準備が整ったらリタイアして小さな教会の神父になるつもりだった。しかし、心身障害者福祉における神父の働きとキャリアを見て、カトリック台南教区の林吉男主教はペーター神父に基金会の事務局長に就任するよう求めた。

そこでペーター神父は美術の専門を活かし、美善基金会にワークショップを設けた。15歳以上の心身障害者を対象に、工芸品制作や地域の清掃、絵画などのカリキュラムを通して生活能力と自信を高めるのが目的である。ワークショップでは、絵画創作を通して思い切り芸術の才能を発揮させる。絵を通して気持ちを表現し、自分の好きなものを好きなように描くだけで、作品を通して心理状態を評価することはしない。描く過程こそが最も重要だからである。2017年6月には、3人のメンバーが日本の佐賀県の展覧会に招かれ、芸術を通して現地の障害者と交流した。

多くの家庭では、障害者を過保護にしがちだが、神父は誰にでも自分を表現する機会があるべきだと考えている。ワークショップでは、毎日の食事の内容を投票で決め、週に一度は自分たちで調理する。メニューを決め、食材を買いに行き、調理まで、すべて自分たちで行なう。

自分の考えが受け入れられ、生活能力が高まって自信が生まれると自己肯定につながる。ワークショップでは参加者同士が家族のような存在となり、いつも笑い声が聞こえる。

一人ひとりに尊厳を

美善基金会の設立趣旨に「尊厳を一人ひとりに」とある通り、すべての人は平等であり、障害のためにその権利を失ってはならない。

例えばスポーツである。基金会では台南市の委託を受け、台湾初の心身障害者用フィットネスセンターを設けた。広々としたバリアフリー空間に障害者のために設計された器具が並ぶ。理学療法士と作業療法士によるチームが、一人ひとりの状況によって運動計画を立てる。

センターでは、ズンバ、ピラティス、ディスクゴルフなどのカリキュラムのほか、車椅子でのスポーツもあれば、視覚障害者のためのカリキュラムもあってスポーツを楽しめる。

ペーター神父が奉仕するのは美善基金会の障害者だけではない。移動ができない重度の障害者のために、訪問入浴サービスも提供している。寝たきりの高齢者や障害者は、自宅の設備や介護をする人の体力などの関係で入浴は難しく、身体をタオルで拭くことしかできない。

そこでペーター神父は資金を募り、専用の入浴車を造った。日本から特製の浴槽を取り寄せ、貯水や加熱の設備を取付け、看護師と介護職員2名が1組となって、海へ山へ、自宅での入浴サービスを待っている人のところへ向かう。入浴など難しいことではないと思われるかも知れないが、実は非常に多くのことに注意しなければならない。体力を使う仕事であると同時に、まず看護師が患者の状況を判断し、傷口があれば防水処置をし、それから注意深く患者の身体を持ち上げる。浴槽に入れる時には、患者の意識の有無にかかわらず、職員は優しく声をかけて今なにをしているかを説明し、患者を尊重する。

患者の家庭の状況や経済状況はさまざまで、スタッフはそれぞれの家の空間や設備に対応しなければならない。家が狭い場合は、屋外にテントを張ることもある。こうした仕事は、優しい心がなければ続けられるものではない。

全力で弱者に奉仕するペーター神父の精神は美善基金会の仲間にも伝わっている。入浴サービスを行なう時、患者の家庭の経済状況や居住環境が良くないことがわかると、スタッフは能動的に彼らのためにリソースを探し、ベッドを交換したり、医療問題があれば医師に支援を求める。入浴サービスを受ける人の多くは、初めての時は身体をこわばらせるが、しだいにリラックスして入浴を楽しむようになる。言葉で表現されないこともあるが、スタッフは彼らの表情が穏やかになることに、自分の仕事の価値を見出す。

発達障害から心身に障害を持つ青年、そして寝たきりのお年寄りまで、ペーター神父にとっては一人ひとりが愛すべき存在である。それは神父が以前、瑞復益智センターのためにデザインしたマークにも表現されている。花びらの折れた蓮の花のマークだ。「彼らはこの蓮の花と同じように、完全ではなくてもそれぞれに美しいのです」と語る神父は、一人ひとりに愛を注いで尊厳ある人生を送れるようにと願う。美善基金会のさまざまなサービスを通して、台湾に美と善意に満ちた社会を築いているのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!