甦醒的柬埔寨

民間交流無國界
:::

2018 / 12月

文‧曾蘭淑 圖‧林旻萱


被柬埔寨人尊為「獨立之父」的希哈努克國王曾說: 「歷史容不下欺罔與謊言,因為時間必然會揭露它們。」

然而,柬埔寨從1960年代烽火不絕,在紅色高棉暴政與大屠殺下,更讓這個國家的政經發展在歷史上幾乎停格。內戰讓經濟的鐘擺往後撥了30年,隨著1990年代經濟的改革開放,柬埔寨人帶著「欺罔與謊言」的傷痕,勇往直追。

 


 

俄羅斯大道兩旁,白色的雞蛋花樹燦爛盛開,這條四線道的大馬路,汽車、嘟嘟車、人力車無時無刻不塞在一起。但路旁華麗雍容的總理府、國際級商業金融高樓大廈鱗次櫛比,街頭繁忙,商業興盛;從大人的哈雷到小孩的Combi嬰兒車專賣店,應有盡有,這是柬埔寨首都金邊。

但在金邊市中心的白樓,曾是金邊最時髦的複合式住宅,因為經歷內戰的摧殘,現在猶如廢墟一般,殘破不堪,與旁邊新建的社區形成明顯對比,就像現今的柬埔寨,繁榮與凋敝兼具,覺醒與遲疑並存。

百廢待舉,浩劫重生

根據世界銀行的統計,2017年柬埔寨的國內生產總值,在全世界排名第109名,已從低收入國家進步到中低收入國家;但人均國內生產總值排名第143名,在東南亞各國中敬陪末座。

本是漁米之鄉的柬埔寨,第二次世界大戰之後由國王希哈努克領導脫離法國殖民獨立,曾建立短暫的榮景,但1960年代捲入越戰、1970年接連不絕的內戰與紅色高棉的暴政,讓柬埔寨陷入萬劫深淵的30年。

1975至1979年紅色高棉統治,遠超過中國文化大革命帶來的浩劫,冥頑殘酷的領導人波布強調經濟自足,將金邊的居民全趕到鄉間實施共食合作社,全國教育幾乎停頓。更慘絕人寰的是,波布展開政治鬥爭與整肅,淡江大學亞洲研究所榮譽教授陳鴻瑜所著的《柬埔寨史》提到,全國知識份子與官員有25萬人遭到殺害,而更多人則死於營養不良與飢荒。根據美國聯邦調查局統計,1975年柬埔寨有750至800萬人口,紅色高棉統治的四年多內,柬埔寨約有四分之一,約二百萬人慘死。

在紅色高棉的暴政之後,又是十多年內戰,1991年由聯合國主導停戰協議,為和平帶來曙光。

或許浩劫的盡頭,正是柬埔寨發展的開端。1990年代內戰結束,為了協助柬埔寨從廢墟中重建,歐盟、加拿大等國均給予柬埔寨貨物出口免稅的優惠,藉此吸引外資。

台商紛紛利用此契機,例如全球第一大鞋廠寶成工業、第一大水類運動服飾製造廠薛長興工業等,均前進柬埔寨設廠,運用關稅優惠與低廉人力的優勢,在全球生產鏈中投資佈局。成衣廠坤洲企業還成為第一個在柬埔寨上市的台商。

柬埔寨總理洪森自1985年掌權至今,推出經濟開放的政策,建築業、成衣等製造業,以及觀光業蓬勃發展,讓柬埔寨1995~2017年平均經濟成長率達7.7%,成為世界第6大經濟快速成長的國家。 柬埔寨的第一個曼哈頓經濟特區,便是台商美德向邦集團在柬國政府支持下成立。

思路決定出路,拚經濟

深受柬埔寨人敬重的國王希哈努克,在冷戰時期力求在東西方兩大陣營中保持中立,不向美、蘇大國靠攏,1970年政變發生後,希哈努克只能流亡中國,2012年在中國病逝。這也使得柬埔寨長期依附在中國羽翼之下,也相對打壓了台灣與柬埔寨的外交空間。

負責柬埔寨事務的駐胡志明市台北經濟文化辦事處前處長梁光中強調,「思路決定出路,佈局決定結局。」柬埔寨的台商基於政經分離的原則,一心拚經濟,尤其在近日中美貿易煙硝戰火中,美國廠商紛紛將中國訂單轉至日本與東南亞,越南、柬埔寨的台商也在受惠之列。

根據經濟部國貿局統計,2017年台柬雙邊貿易達7億美元,隨著台商1990年代到柬埔寨披荊斬棘,開拓市場,在熱心台商的號召之下,柬埔寨台灣商會自1996年成立至今已有23年歷史,擁有四百多位會員。

現任柬埔寨台灣商會會長王美蕙今(2018)年6月一上任,秉持著「走透透」的服務精神,逐一拜訪在柬埔寨的會員,至今已經走訪近40家台商。除了傳達對台商會員的關心,聽取台商心聲,同時提供相關的商情資訊,凝聚台商向心力。

王美蕙說,在柬埔寨的台商平常因生意忙難得碰面,遇上一年3節的新春團拜、中秋聯歡晚會、會員大會等聚會,大夥兒國、台語並用,聯誼高歌,鄉親的熱情湧現,頓時忘卻異國奮鬥的艱辛,鄉情溫厚、滿溢心懷。

行政院客家委員會曾在亞洲台灣客家總會聚會中,鼓勵在柬埔寨的客家鄉親成立客家聯誼會,創會會長彭仲年說:「就這樣政府的一句話,2015年我們在27小時內募集一萬元美金,3人發起成立柬埔寨台灣客家聯誼會,現今已成長至88個會員。」

柬埔寨台灣客家聯誼會平時除了積極在柬埔寨推廣客家文化,也長期關心客家鄉親,並且捐助課桌椅與文具給位於柬埔寨拉達那基里省的雲曬客家村,「雲曬村有一個光華學校,客家子弟的書包上,都有中華民國國旗的標誌。」彭仲年說,客家人的忠義與鄉情,一樣在柬埔寨發光發熱。

人道援助,愛無國界

世界各國為了幫助柬埔寨從戰爭中復甦,除了外資,也引進大量的外援與NGO進駐。台灣也不落人後,深耕柬埔寨多年的社會福利機構,包括台灣希望之芽協會、中華民國知風草協會、德普文教協會、以立國際服務等,在各項人道援助計畫上盡心盡力。更有許多到柬埔寨旅遊的旅客,選擇以志工服務,做為探索世界的旅遊方式。

我們參與了希望之芽的義診,從金邊走3個多小時車程到達波蘿勉省近志縣的小學,從希望之芽協會創辦人許毓丕牙醫師2006年起開始到柬埔寨義診,至今已舉辦第24屆。

義診陣容堅強,馬偕紀念醫院捨以往單打獨鬥海外義診方式,與玉山銀行柬埔寨分行及希望之芽協會組成策略聯盟,事先向當地衛生所蒐集資料,再開出最需要的科別,包括小兒科、婦科與牙科等,同時準備超音波掃描器與足夠藥品,還有急診醫學科醫師應援,因為急診醫師是全科醫師,什麼病都可以看,甚至有開刀房的護士自費報名加入義診行列。

義診現場,特別是牙科大排長龍,因為在柬埔寨拔一顆牙要30元美金,對窮人來說,除了忍痛,就只能用傳統的偏方:塞樹枝,但仍痛到無法吃東西,一口爛牙也只能忍耐,因此義診團對村民來說是絕無僅有的治療機會,「錯過此次不拔,就不知要再等多久。」

每位牙醫師3天拔的牙是台灣一個月的量。由二張課桌椅合起來的看診檯,那頭義工壓住小孩,還沒有意識到很痛要哭,這頭牙醫師已把牙齒拔出來了。擅長拔智慧齒的大同牙醫外科醫師盧冠廷也在義診襄助之列,他3天拔了二百多顆牙,「有位病患罹患水平埋伏齒,在沒有X光、精密器械的情況下,我用土法煉鋼的方法,將蛀牙擊碎再挖出,很有成就感。」盧醫師說。

高二學生志工張立哲充當牙醫師助理,他發現柬埔寨小孩十分勇敢,忍痛力也非比尋常,針打下去不哭,勇敢的模樣看得他心裡想掉淚。小孩被醫師拔完牙,還會雙手合十鞠躬才走。他說,不像他12歲的弟弟在台灣看牙醫,由4個大人陪同,還哭到不願上診療台。張立哲看到柬埔寨的小孩很多赤腳、沒有鞋子穿,心有所感地告訴媽媽,以後買鞋不用買名牌,有鞋穿就好。

醫師們操翻了,累到腰都直不起來,3天看了二千多位病患。原本村民們只是腸胃不適,但因為久病未癒,極不舒服,加上無知與恐懼,以為自己快死了,在看過醫師後,只要領個消炎藥,即藥到病除,醫好了病也醫好了心,讓醫師感覺自己醫病的功力加倍地強。

所以在義診團,真正受惠的是志工與醫師們。

很多醫師說,來柬埔寨義診,反而變成放鬆心情與洩壓之旅。在醫療資源如此缺乏的柬埔寨,來義診的醫師們卻感受病人百分之百的信任、尊重與被需要,雖然時間有限、治療也有限,卻激起醫師當初行醫的初衷,帶著這股力量,回到台灣,重新面對自己的工作。

志工們也從一開始抱怨水不夠熱、床不夠軟,到體會付出行善的力量,看見改變,也能體會在台灣的幸福。因為若能在苦難中找到意義或救贖,那怕一絲一毫也好,便能使人的心志獲得昇華。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Cambodia Rising

Helping Hands Reach Across Borders

Esther Tseng /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Scott Williams

Norodom Sihanouk, the father of Cambodian independ­ence, famously stated: “Time will in­evit­ably uncover dishonesty and lies; history has no place for them.”

But the chaos of the 1960s, and the tyrannical rule and massacres of the Khmer Rouge regime in the 1970s, halted Cambodia’s political and economic development. The country’s civil war would postpone the swing of the economic pendulum for 30 years, until the liberalization and reforms of the 1990s allowed a scarred Cambodian people to march forward once again.


 

Blooming white frangipani trees line both sides of Russian Federation Boulevard, a major Phnom Penh thoroughfare jammed with automobiles, tuk-tuks, and rickshaws at all hours of the day and night. Behind the frangipani stand rows of office buildings housing international ventures, the lovely and elegant Council of Ministers building, and retail outlets ranging from a Harley-­Davidson dealership to a Combi stroller shop. This is Cambodia’s bustling, prosperous capital.

Once its most fashionable homes, the white buildings in Phnom Penh’s downtown were ravaged by the country’s civil war. Dilapidated and abandoned, they stand in stark contrast to the new communities that have risen up around them. The area is a microcosm of modern Phnom Penh, where prosperity and poverty, progress and hesita­tion, exist side by side.

A tumultuous rebirth

According to the World Bank, as of 2017 Cambodia ranked 109th in the world in terms of gross domestic product (GDP), and had advanced from “low income” status to “low & middle income” status. However, its per-capita GDP still ranked 143rd in the world, and last in Southeast Asia.

The Khmer Rouge’s 1975‡1979 reign was a national catastrophe of almost unimaginable proportions. Pol Pot, the regime’s despotic leader, became fixated on economic self-sufficiency and forcibly re­located Phnom Penh’s citizens to the countryside to work on collective farms, effectively bringing all schooling to a halt. According to the US Federal Bureau of Investigation, during its four years of rule the regime killed roughly one-quarter of the population, which stood at 7.5‡8.0 million when it took power in 1975.

The country then suffered more than a decade of civil war after the Khmer Rouge were deposed. It wasn’t until the UN-brokered ceasefire agreement of 1991 that peace finally brought a new dawn.

The end of this catastrophe marked the start of Cambodia’s development. When the civil war ended, the European Union, Canada and other nations awarded the country preferential tariff rates to help it attract foreign investment and rebuild.

Since taking office in 1985, Prime Minister Hun Sen has been promoting economic liberalization, construction, and manufacturing industries such as garment-making. He has also pushed the development of tourism. These efforts enabled Cambodia’s economy to grow at the blistering pace of 7.7% per annum from 1995 to 2017, making it the world’s sixth-fastest-growing economy over that period. Interestingly, the country’s first “Manhattan Special Economic Zone” was established by Taiwan’s Med­tecs Inter­national Corporation with the support of the Cambodian government.

Planning a way forward

David ­Kuang-­chung ­Liang, who oversaw Cambodian affairs during his tenure as director-general of the Tai­pei Economic and Cultural Office in Ho Chi Minh City, Vietnam, says, “Thinking determines direction; deployment determines results.” He explains that Taiwanese businesses in Cambodia have long observed a strict separation between economics and politics, and focused all of their efforts on their businesses. With American businesses moving their orders from mainland China to Japan and Southeast Asia in response to the recent US‡China trade war, Taiwanese businesses in Vietnam and Cambodia have benefited.

Taiwanese firms were trailblazers in the country in the 1990s, and in 1996 they established the Taiwan Com­mercial Association in Cambodia (TCAC), which now has more than 400 members. According to Taiwan’s Bureau of Foreign Trade, trade between Taiwan and Cambodia was worth US$700 million in 2017.

Wang Mei Hui took over the presidency of TCAC in June 2018, and has spent much of the early part of her tenure visiting members of the group. She has visited nearly 40 of them so far to show her interest in their situ­ation, hear their concerns, provide them with relevant business information, and foster cooperation among them.

The Taiwan Hakka Association Cambodia actively promotes Hakka culture in Cambodia, and has been a long-term donor of desks, chairs, and stationery to ­Hakka villages in Veun Sai District, Ra­ta­nak Kiri Province. “There’s a Chinese school in Veun Sai, and the Hakka students there all have Taiwan’s flag emblazoned on their book bags,” says Peng ­Chung Nien, explaining that Cambodia’s ­Hakka share the same loyalty and attach­ment to their hometowns as Hak­kas elsewhere.

Humanitarian aid

Nations from around the world have not only provided financial aid to help Cambodia recover from the war, but also sent material aid and the help of NGOs. Taiwan has been a part of this effort, with social welfare organizations such as the Formosa Budding Hope Associ­ation (FBHA), the Field Relief Agency of Taiwan, the Cambodia‡Taiwan Education and Employment Program, and the Empowering Lives through Innovative Volunteerism group having worked there for years delivering humanitarian aid in a variety of forms. Many travelers who have visited the country have also helped by choosing to participate in volunteer work.

On one day of our stay, we drive to Kanh­chriech District, Prey Veng Province, more than three hours from Phnom Penh, to see the volunteer medical and dental services that FBHA is providing at an elementary school there.

Dr. Hsu Yu-pi, the dentist who founded FBHA, began participating in volunteer clinics in Cambodia in 2006. To date, FBHA has organized 24 such clinics.

The lines for dental care are particularly long because tooth extractions usually cost around US$30 in Cambodia. The high cost relative to income leaves the country’s poor to endure the pain of a bad tooth, or to treat it using a tradi­tional method. But the latter still requires “patients” to live with a mouthful of bad teeth and endure the kind of pain that makes it hard to eat. The clinic is the villagers’ only realistic opportunity to have their dental problems properly treated. As one person puts it, “If I don’t have it pulled now, I don’t know how long I’ll have to wait.”

Over the course of three days, each of the dentists pulls as many teeth as they would in a month in Taiwan. They use two tables and chairs pushed together as examin­ing stations. A volunteer holds each child still while the dentist removes the bad tooth, moving quickly so the child won’t have time to register the pain until after the tooth is out. Dr. Lu Guan­ting, an oral surgeon with the ­Da­tong Dental Clinic who specializes in removing wisdom teeth, is among those helping at the clinic. He says he has pulled more than 200 teeth over his three days there. “One patient had a horizontally impacted tooth,” says Lu. “Without an X-ray machine or precision instruments, I had to remove it using a traditional method: first breaking the tooth, then extracting the pieces. I got a real sense of achievement from completing the procedure.”

Zhang Li­zhe, a high-school sophomore and volunteer who has been helping as a dental assistant, says that the experience has shown him that Cambodian children are very brave, have an exceptional tolerance for pain, and don’t cry when given injections. He says their bravery brought him nearly to tears. When a dentist finishes pulling a tooth, the children put their hands together and bow before leaving. ­Zhang goes on to say that they act nothing like his 12-year-old brother, who goes to the dentist in Taiwan accompanied by four adults, and still cries and resists getting into the examination chair. ­Zhang adds that the sight of so many Cambodian children with no shoes inspired him to tell his mother that he didn’t need brand-name shoes for himself anymore—any pair would do.

In some respects, the real beneficiaries of the volunteer clinic are the medical staff and volunteers.

Many doctors say that their time at the clinic is almost like a stress-free vacation. Cambodia lacks sufficient medical resources and personnel to meet its needs. As such, the volunteer doctors feel trusted, appreciated and needed by their patients. Though they are only able to spend limited time at the clinic and provide only limited treatments, the experience reminds them of why they went into medicine in the first place. It reinvigorates them, and they are able to take this newfound energy with them when they return to their work in Taiwan.

From their early complaints about tepid water to wash with and uncomfortable beds to sleep in, to experi­encing the energy that comes of doing good deeds, the volunteers have seen changes in themselves and have come to appreciate the advantages they enjoy in Taiwan. When you can find meaning or redemption in hardship, a little bit of trepidation is fine, because the experience itself may well be transformative.

目覚めたカンボジア

国境を越えた民間交流

文・曾蘭淑 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

カンボジアで「独立の父」と崇められるノロドム・シハヌーク前国王は、かつて「歴史は欺瞞と嘘を許さない。時間が必ずそれらを暴くからだ」と述べた。

しかし、カンボジアでは1960年代以降、戦火が絶えることはなく、クメール・ルージュの下での暴政と大虐殺により、国の政治・経済の発展はほぼ停止した。内戦によって経済は30年後退したが、1990年代の改革開放とともにカンボジアの人々は「欺瞞と嘘」の傷跡を残したまま、前へ向かって歩み始めた。


ロシア通りの両側にはプルメリアの白い花が満開で、四車線の大通りは車やトゥクトゥク、人力車などで渋滞している。通り沿いには壮麗な首相府や国際金融ビルが並び、繁栄が感じられる。大人のハーレーダビットソンから、ベビーカーのコンビまで、カンボジアの首都プノンペンには何もかも揃っている。

だが、同じプノンペン市の中心街にあり、かつては最先端の集合住宅だったホワイト・ビルディングは内戦で荒廃し、まるで廃墟のような姿を見せる。傍らに建てられた真新しい住宅地とのコントラストが、今日のカンボジアの繁栄と衰退、覚醒と戸惑いの併存を象徴しているかのようだ。

災禍からの復興

世界銀行の統計によると、2017年、カンボジアのGDPは世界で第109位、すでに低所得国から中低所得国に仲間入りしている。だが一人当たりのGDPを見ると143位で、東南アジア諸国では最低に位置する。

もともと農業と漁業の盛んなカンボジアだが、第二次世界大戦後にシハヌーク国王が主導してフランスからの独立を勝ち取り、短期的な繁栄を見たものの、1960年代にはベトナム戦争に巻き込まれ、70年代以降は内戦とクメール・ルージュの暴政に30年にわたって苦しんだ。

1975〜79年にかけてのクメール・ルージュの時期には中国の文化大革命より悲惨な事態となった。ポル・ポトは経済の自給自足を求め、その指導下で都市住民は農村に強制移住させられ、教育もほぼ停止した。さらに世界を震撼させたのは、ポル・ポトによる政治闘争と粛清である。淡江大学アジア研究所名誉教授・陳鴻瑜の『カンボジア史』によると、カンボジア全土で知識人や官僚が25万人殺害され、さらに多くの人が栄養失調や飢餓で亡くなったという。アメリカの統計によると1975年のカンボジアの人口は750〜800万人、クメール・ルージュの4年間で人口の約4分の1に当たる200万人が死亡したとされる。

ポル・ポト政権の暴政の後、さらに十年にわたる内戦があったが、1991年に国連主導の停戦協議によってようやく平和への光が差した。

災禍の終結が発展の始まりとなった。1990年代に内戦が終結すると、カンボジア復興のためにEUやカナダなどが同国からの輸入を免税としたため、外国企業が進出し始めた。

台湾企業もこの機にカンボジアへの進出を開始する。世界最大の靴メーカーである宝成(Pou Chen)、世界最大のウォータースポーツアパレルメーカーの薛長興(SHEICO)などがカンボジアに工場を設置し、関税優遇と人件費の安さを活かして世界のサプライチェーンに同国を組み込んだ。アパレルメーカーの坤洲(QMI)は同国で初めて株式を上場した台湾企業である。

カンボジアのフン・セン首相は1985年の就任以来、経済開放政策を推進し、建設業や既製服などの製造業および観光産業を発達させてきた。1995〜2017年の平均経済成長率は7.7パーセントに達し、成長のスピードは世界第6位となっている。同国の最初のマンハッタン経済特区は、台湾企業である美徳向邦(Medtecs)がカンボジア政府の支持を受けて設立したものだ。

経済発展への道

カンボジアでの業務を担当する駐ホーチミン台北経済文化弁事処の前処長である梁光中は「思考が将来を決め、布陣が結果を決める」と語る。カンボジアに進出した台湾企業は、政治には関わらないことを原則として専ら経営に取り組んでいる。特に米中貿易戦争が始まった昨今、米国企業は従来中国に出していた注文を日本や東南アジアへとシフトしており、ベトナムやカンボジアの台湾企業はその恩恵を受けている。

我が国の経済部国際貿易局の統計によると、2017年の台湾-カンボジアの貿易額は7億米ドルに達する。台湾企業は1990年代に同国に進出し始めて市場を開拓してきた。1996年には、熱心な企業の呼びかけでカンボジア台湾商会(台湾商工会議所)が設立され、すでに23年、400余人の会員を擁する。

カンボジア台湾商会の会長を務める王美蕙は2018年6月に就任すると、カンボジアのすべての会員企業を一軒ずつ訪ねることにし、現在までに40社を訪問した。台湾企業への関心を示して各企業の声を聴くとともに、ビジネス情報を提供して台湾企業の結束力を高めるためである。

行政院客家委員会は、かつてアジア台湾客家総会の会合において、カンボジアの客家人も客家聯誼会を結成するよう呼びかけた。そうして創建された聯誼会の初代会長である彭仲年はこう話す。「台湾政府の一言で、2015年に私たちは27時間で1万米ドルを募ることができ、3人が発起人となってカンボジア台湾客家聯誼会を結成しました。会員は今では88人になります」

カンボジア台湾客家聯誼会は現地で客家文化を推進するほか、長年にわたって客家の人々に関心を寄せ、同国ラタナキリ州ヴェウンサイ県の客家集落の学校に机や椅子、文具などを寄付している。「この村には光華学校があり、客家の子供たちの鞄には中華民国の国旗がプリントされています」と彭仲年は言う。客家人の忠義と故郷への思いはカンボジアでも変わらない。

国境を越えた人道援助

戦火からの復興のために、世界各国がカンボジアを援助しており、多数のNGOも進出している。台湾からも、台湾希望之芽協会、中華民国知風草協会、徳普文教協会、以立国際服務などの機関が長年にわたってカンボジアで人道支援活動を行なっている。また多くの人が旅を兼ねてボランティアとして活動している。

私たちは希望之芽協会の無料診療に同行した。プノンペンから車で3時間余りのプレイベン州Kanhchriech郡の小学校だ。希望之芽協会の創設者で歯科医の許毓丕は、2006年以来カンボジアで24回にわたって無料診療を行なってきた。

この無料診療は大規模なチームから成る。台湾の馬偕紀念病院は単独での活動を止め、玉山銀行カンボジア支店と希望之芽協会と協力して行なっている。まず現地の保健所に資料を求め、小児科、婦人科、歯科など必要な科を決め、超音波検査診断装置や大量の薬品を用意し、さらに救急医療の医師にも支援を頼む。手術室看護師も自費で参加している。

無料診療の現場では、歯科に長い行列ができる。カンボジアでは歯を一本抜くのに30米ドルもかかり、貧しい人々は痛みを我慢するか、伝統の薬草で痛みを止めるしかないからだ。

無料診療の3日間で、歯科医が抜歯する数は台湾での1か月分に相当する。教室の机や椅子を組み合わせた診察台で、ボランティアが子供を抑えると子供は泣きだすが、その時にはもう抜歯は終わっている。親知らずの抜歯が上手い大同歯科医の盧冠廷は3日で200本の歯を抜いた。「智歯が横向きに埋まっている場合、レントゲンも精密機器もないため、歯を砕いて取り出すしかありません」と盧冠廷は言う。

高校2年生のボランティア、張立哲は歯科アシスタントを務める。彼は、カンボジアの子供たちは非常に勇敢で、痛みに耐える力も強いと感じている。注射を打っても泣かない姿に彼の方が泣きたくなると言う。子供たちは歯を抜いてもらうと、合掌して頭を下げるのである。それに比べると、彼の12歳の弟は4人の大人に付き添われていても泣いて診察台に上がろうとしない。カンボジアの子供の多くが裸足なのを見た彼は、有名ブランドの靴じゃなくていい、靴さえあればいいと母親に言ったそうだ。

医師たちは3日で2000人余りの患者を診て疲労困憊した。胃腸の具合が悪いだけの患者も、症状がずっと続いて体調が悪く、無知と恐怖から自分は死ぬのではないかと思っている。それが診療を受けて消炎剤を飲むだけで治癒するため、医師も自分の能力が高まったように感じる。

無料診療で真に恩恵を受けるのはボランティアと医師たちなのである。

多くの医師は、カンボジアでの無料診療は、むしろストレス解消になると言う。医療資源の乏しい現地では、医師は患者たちから100パーセントの信頼を得ることができ、尊敬され必要とされていることを感じる。治療に限界はあるものの、医者を志した初心を思い出すことでき、帰国後も改めて自分の仕事に向き合うことができる。

ボランティアたちも、最初は湯がぬるい、ベッドが硬いなどと言っているが、奉仕の力を体験することで、台湾の恵まれた境遇に気付く。苦難の中に意義と救いを見出すことができれば、心は大きく羽ばたくことができるのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!