Glocal Action 傻子般的公益夢

:::

2016 / 1月

文‧劉嫈楓 圖‧林格立


「就是一群傻子,在做一件對的事情。」Glocal Action公益旅行團領隊的殷向真,如此形容這群患難相隨的夥伴。

黃婷鈺、賴樹盛與Glocal Action的一群夥伴,先後都曾因為從事國際人道援助,在泰緬邊境的美索度過一段時光。

在這處猶如第二個家鄉的小鎮,他們親見緬甸移工的艱辛、泰國部落的困境,決定跨出國界,與在地夥伴共同寫下屬於彼此的邊境故事。


12月初,關注泰緬邊境議題的非營利組織Glocal Action歡慶成立一周年。慶祝活動開始沒多久,Glocal Action 副秘書長賴樹盛已站在講台說起泰語、緬語、克倫族語,為觀眾上了一場精彩生動的三語課程。

一手催生Glocal Action的黃婷鈺、賴樹盛與王詩菱,先後都曾因為從事國際人道援助,在美索度過一段時光。啟程、抵達、離開,卻依然心繫美索的心情,成了這些年幾位夥伴共同的寫照。2014年底,黃婷鈺、賴樹盛與王詩菱,決定成立Glocal Action,將未曾停止的掛心與關懷化為行動,重回泰國美索,幫助邊境的人們。

攜手在地夥伴,行動參與

「跨界思考,在地行動」,一點開Glocal Action的網站,幾個字就大大寫在上頭。一改國際援助模式,Glocal Action選擇與當地夥伴合作。去(2015)年執行的泰國部落教師培訓計畫,就是Glocal Action與當地組織達府邊境兒童協助基金會所共同推動的。

賴樹盛表示,邊境除了大量難民亟需援助,附近一帶的緬甸移工、泰國山區的少數族群也等待外界伸出援手。這回Glocal Action要幫的,是遠在泰國山區的克倫部落。

Glocal Action資助的3所部落小學,地處偏遠,早年甚至連車輛都無法抵達,學校、老師等教育資源,一切闕如。中年以上的村民普遍未受過教育,年輕一代雖然有機會下山就學,卻面臨無處不在的歧視。為了融入社會,克倫青年只能收起口音、隱藏山裡來的過去,嘗試抹去家鄉的一切,處境猶如早年的台灣原住民。

九○年代,泰國政府開始正視偏鄉教育問題,於山區成立分校。然而,兼顧部落的傳統文化卻成了教學最大的問題。「來到山上的泰族老師不懂族語、不懂傳統文化,該怎麼教呢?」賴樹盛說。不諳族語的泰族老師,全憑一般教材上課。「最後,部落的孩子學會了泰語,卻忘了自己的語言。」賴樹盛遺憾地表示。

眼見傳統文化不斷流失,克倫族領袖Pi Wati在2005年成立達府邊境兒童協助基金會,與年輕族人改善部落生活,關注兒童教育。過去因為投入國際援助與賴樹盛相識許久的Pi Wati,今年更與Glocal Action合作,展開教師培訓計畫,並得到Glocal Action的資助,聘請Sor Kae Kla等3所部落小學教師。

賴樹盛表示,受過教育、又懂得傳統的部落青年,是最好的溝通橋梁。二十歲左右的Wannaree Wanaweerakit在三年多前選擇回到部落。她在多年前即接受達府邊境兒童協助基金會資助,下山就讀技職學校。完成學業而工作了一段時間後,Wannaree決定在2012年回到部落從事教學。

除了資助部落教師,與Glocal Action合作的達府邊境兒童協助基金會,也會定期邀集部落青年教師,舉辦培訓工作坊。去(2015)年11月甫落幕的培訓工作坊,就有9間學校、12位青年教師一同接受培訓。Glocal Action除了由派駐當地的實習生廖元瑜定期訪視外,一切全權交由地方夥伴負責,就是希望協助的對象接受援助外也能有所發展,「期待以他們的力量,改變自己的境況。」賴樹盛說。

沒有居留權,緬甸移工自辦「私塾」

同樣的理念也存在於Glocal Action於美索援助的緬甸移工小學計畫。賴樹盛表示,由於緬甸政局動盪、人民生活困苦,每年都有大量緬甸移工越境到美索工作。

由於沒有居留權,緬甸移工只能自辦學校,解決孩子的就學問題。根據緬甸移工教育委員會統計,極盛時期,美索共有七、八十間移工小學。

美索附近鎮上的綠水移工小學,是Glocal Action援助的移工小學之一。駛過蜿蜒的泥濘小路,位在一片農地旁,僅有一棟簡陋的土磚教室的綠水小學,立即出現眼前。校長Ko Ko Zaw已站在門外,準備迎接訪客。

擁有仰光大學學歷的他,2005年因為緬甸局勢動亂、謀生不易,決定跨境來到泰國打工。停留期間,他發現美索有許多緬甸移工子女因為無法負擔學費,而長期失學。上過大學的Ko Ko Zaw深知教育的重要,於是辭去工作,找來經費、搭起簡單的教室,開始了學校的營運。

賴樹盛是在2007年第一次見到Ko Ko Zaw。面容黝黑,身形精實、瘦小的他,卻有著精湛的好畫工,常常幾筆就勾勒出維妙維肖的人物肖像。幾次到訪,Ko Ko Zaw留下的隨筆漫畫,都讓賴樹盛驚豔不已。

2009年,離開了國際志工工作,賴樹盛每年依然會回到邊境走走,與老朋友敘舊。2015年初,他再訪美索,發現久未聯繫的綠水小學依然存在,感到又驚又喜。見到老戰友依然堅持,賴樹盛深受感動,即使Glocal Action才草創不久,仍希望貢獻一己之力。

除了援助移工小學,Glocal Action也與緬甸移工教育委員會合作,舉辦師資培訓。賴樹盛表示,移工小學的教師、校長,多半是未受過完整培訓的「赤腳老師」,教學專業全憑自學或經驗累積而來。

因此,Glocal Action和緬甸移工教育委員會推動的師資培訓工作坊,協助教師學習生硬的教育理論,並用於部落的教學上。2015年6月舉辦的師資培訓工作坊,不僅有泰國境內的移工教師,甚至也有緬甸教師跨境前來接受培訓。

親身體驗,埋下行動的種子

除了攜手當地夥伴,Glocal Action也籌劃公益旅行團,引領台灣大眾親自走訪、實際體驗邊境,期待埋下行動的種子。

2014年因為朋友介紹加入美索之行,而後又參加了兩趟公益旅行,並成為Glocal Action志工的張逸民,就是因為一趟邊境的旅行,有了敢做夢的勇氣。張逸民表示,以往在台灣懷抱夢想總是好難。一趟美索之旅,張逸民見到部落村民、難民與移工為了生活、家人的努力,那份堅持無畏的韌性深深鼓舞了他。結束旅程後,不敢作夢的他就花了一年的時間,在林口找來一塊田,一圓當農夫的夢想。「比起邊境人們的故事,自己的故事微不足道,卻讓我萌生勇氣,開始行動!」張逸民說。

參加了幾趟旅行後,而成為Glocal Action公益旅行團領隊的殷向真,與邊境的緣份更是一場誤打誤撞。殷向真表示,加入公益旅行團,原來是受到一則難民營失火新聞的吸引,於是動念親自前往邊境一探究竟。啟程前,對泰緬邊境毫無所悉的殷向真,還以為報導提及的難民,說的是因為國共內戰於泰北、緬北遺留下的孤軍難民。

不料殷向真來到邊境後,見到邊境的緬甸難民、緬甸移工學校、山區部落後,才發現全然不是如此。意外之餘,留下更多的是感動。2014年參與了公益旅行團後,她念念不忘,又在2015年初找來朋友,重返美索,而後甚至成為Glocal Action鐵桿志工,擔任起多趟公益旅行的領隊。

他們的故事,也正是賴樹盛口中,「來過一趟邊境,就能感受到『神奇魔力』」的真實寫照。

年輕時,賴樹盛即在台灣擔任志工、2003年前往泰國從事國外援助後,隨後又前往中南美洲聖露西亞,投入海外服務。每每說起海外援助的故事,總是會引來現場觀眾提問,「為何要投入國際援助?」戴著鴨舌帽、曬得一身黝黑、身形精瘦的賴樹盛,時常在各個場合如此誠懇回答:「我們以為投入國際援助幫助的是別人。殊不知,得到幫助最多的可能是自己。深入國際,我們才有機會將國外的觀點回饋台灣這片土地,看見故鄉的問題,改善生活的地方。」

時隔多年,賴樹盛與Glocal Action夥伴再回到美索。對他而言,「日久他鄉是故鄉」,是定義邊境美索最好的一段形容,「自己的生命中有兩個故鄉。一個是家鄉台灣,造就了原本的我。而另一個家鄉美索,那些我遇上的人事物,則讓自己成為更好的我。」

相關文章

近期文章

EN 日本語

Glocal Action: Serving the Public Interest Overseas

Liu Yingfeng /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Jonathan Barnard

“Just a bunch of fools doing the right thing.” That’s how Yin ­Hsiang-chen, a leader of public-interest tours put on by the NGO Glocal Action, describes herself and her colleagues, who have bonded by helping people in times of trouble.

Humanitarian assistance efforts have brought Yvonne ­Huang, Sam Lai and groups from Glocal Action to the small Thai town of Mae Sot near the Myan­mar border for stretches of time.

Having seen the hardships experienced by Myan­mar refugees and migrant workers, as well as the plight of Thai mountain tribes, they decided to base themselves here. The town has become a second home.


In early December, Glocal Action, an NGO devoted to Thai–Myan­mar border issues, celebrated its first anniversary. At the start of the festivities, Glocal Action’s deputy secretary-general Sam Lai stood up and greeted participants in Thai, Burmese and Karen.

Glocal Action founders Yvonne ­Huang, Sam Lai and Wang Shih-ling had on different occasions spent time in Mae Sot involved in international assistance efforts. Their experiences there made a deep impression on them and prompted them to found Glocal Action at the end of 2014. Ever since, they’ve come back to Mae Sot time and again to help the people of the Thai border area.

Arm in arm with locals

“Think Global, Act Local,” proclaims Glocal Action on its Internet homepage. Glocal Action focuses on working with local partners. In 2015 it joined with the Tak Border Child Assistance Foundation (TBCAF) to carry out teacher training among the area’s tribal peoples.

Lai explains that apart from playing host to a large number of refugees, the border region is also home to many Thai tribal peoples, who likewise need assistance. Currently, Glocal Action is aiming to help the Karen, who live in remote areas of Thailand’s mountains.

Three elementary schools in Karen areas are the targets of Glocal Action’s assistance. For many years, cars and trucks couldn’t even reach those villages, so they lacked schools, teachers and educational resources. Most villagers who are middle-aged and older never went to school at all. Although the younger generation were able to come down from the mountains to attend school, they face widespread discrimination. To assimilate, Karen youths have had to deliberately hide their accents and mountain heritage, desperately trying to erase any trace of their hometowns. In many respects their experiences mirror what Taiwan’s Aborigines went through in an earlier era.

In the 1990s the Thai government made a push to provide education in remote rural villages by establishing branch schools in the mountains. Yet appreciation of traditional tribal culture proved challenging. “The ethnic Thai teachers assigned to the mountains didn’t speak Karen or understand traditional culture. How could they be expected to teach well?”

Seeing traditional culture continually slipping away, the Karen leader Pi Wati established TBCAF in 2005. The organization works with young people to improve life in the tribal villages and help with primary education. Pi Wati, who had long worked on international assistance plans with Sam Lai, is cooperating with Glocal Action this year in developing a teacher training program. With Glocal Action’s financial assistance, TBCAF has been able to provide training for teachers at three elementary schools, including one in the village of Sor Kae Kla.

Apart from providing financial assistance for tribal teachers, TBCAF also regularly holds teacher training workshops to which it invites young teachers from tribal groups. A workshop held in November offered training to 12 young teachers from nine schools and gave them an opportunity to share their experiences. Glocal Action has sent its locally based intern Liao Yuan-yu to observe classes but otherwise has given full responsibility for the program to its local partner TBCAF.

Schools for undocumented migrant workers

The same principles govern Glocal Action’s effort to provide assistance to elementary schools for the children of Myan­mar migrant workers in Mae Sot. Sam Lai explains that because of political turmoil and a difficult economic environment in Myan­mar, every year large numbers of workers from Myan­mar move to the Mae Sot area to look for work opportunities.

Without resident visas, these workers from Myan­mar must provide their own schools to educate their children. According to the Burmese Migrant Workers’ Education Committee (BMWEC), Mae Sot once had as many as 70–80 elementary schools devoted to teaching the children of workers from Myanmar.

The Green Water Migrant School at the southern edge of Mae Sot is one of the elementary schools Glocal Action sponsors. Winding through the muddy street, you come to a simple one-room adobe-brick schoolhouse next to some fields. Schoolmaster Ko Ko Zaw stands by the door, welcoming his visitors.

Ko is a graduate of the University of ­Yangon, but in 2005, amid political turmoil in Myan­mar and finding it difficult to make ends meet, he decided to cross the border to Thailand to seek employment. In Mae Sot he discovered that quite a few of the children of Myan­mar migrant workers weren’t going to school because they couldn’t pay tuition. As a college graduate, Ko deeply understood the importance of an education. Consequently, he quit his job, sought funding, built a simple one-room schoolhouse and began to operate the Green Water Migrant School.

Lai first met Ko Ko Zaw in 2007. Dark-complexioned, lean and small, Ko is a skilled artist with a remarkable ability to capture a person’s image with just a few strokes of a pen. Several times, he surprised and delighted Lai with cartoons he had spontaneously drawn. When Lai returned to Mae Sot in 2015 he was once again surprised and delighted to find that the Green Water Migrant School was still going strong. Lai found his old friend’s perseverance moving. Consequently, the school was one of the first targets of Glocal Action’s support after its founding.

Apart from providing financial help to a number of schools for Myan­mar migrant workers’ children, Glocal Action has also worked with BMWEC to sponsor teacher training. Lai explains that most of these schools have poor teachers who lack proper training and certification. Their professional expertise comes entirely from experience and self study.

Consequently, Glocal Action and the BMWEC have promoted teacher training programs. In June of 2015 they sponsored teacher training workshops, attracting some teachers from Myan­mar to cross the border just to enroll in the program.

Experience plants seeds of action

Apart from joining hands with local partners, Glocal Action has also organized public-interest travel tours, leading Taiwan’s public to experience for themselves the border region in the hope of planting seeds of action in those taking the tours.

With a friend’s introduction, ­Zhang Yi-ming participated in two public-interest travel tours and became a Glocal Action volunteer. It was thanks to a trip to the border region that he gathered the courage to pursue his dreams. ­Zhang explains that it had been hard in Taiwan to dream big. On a trip to Mae Sot, ­Zhang witnessed how the Myan­mar refugees and migrant workers in the mountains worked so hard to make ends meet and help their families. He found their toughness and determination inspiring.

After taking several tours and becoming a Glocal Action tour guide, Yin ­Hsiang-chen developed an unmistakable bond of fate with the border region. The public-interest tour she took in 2014 left a deep impression on her, and in early 2015 she brought together some friends and once again traveled to Mae Sot, where she became one of Glocal Action’s dedicated volunteers.

“Coming to a border region is a way of getting a glimpse of the true face of magic,” says Lai. When young, he served as a volunteer in Taiwan before coming to Thailand in 2003 to deliver foreign aid. Then he went to St. Lucia in the Carribean to help refugees there. Whenever he describes his stories of going abroad on relief efforts, he always gets asked: “What has motivated you to want to participate in international assistance efforts?”

Slight of build, well tanned and wearing a baseball cap, Lai usually responds the same way regardless of the setting: “We think that we participate in international assistance efforts to help others. Little do we know that those benefitting most are ourselves. It is only by deep involvement overseas that we can gain the international perspective needed to give back to our homeland and improve life here.”

After many years Lai and his Glocal Action colleagues returned to Mae Sot. As far as he is concerned, “A place that was foreign became my homeland.” He gives the border area around Mae Sot the highest of compliments: “I have two homelands. The first is Taiwan, which shaped who I am. And my other home is Mae Sot. The people and events that I’ve encountered there have made me a better person.”

Glocal Action 世の中のため、自分のために

文・劉嫈楓 写真・林格立

「一群の愚か者が正しいことをしています」とGlocal Actionが台湾で募集するタイ・ミャンマー国境への公益旅行団の添乗員殷向真は、苦難を共にする仲間を形容する。

黄婷鈺、頼樹盛とGlocal Actionの仲間は、前後して国際人道支援に参加し、タイとミャンマーの国境にあるメーソートで共に過ごした。

第二の故郷ともいえる小さな町で、ミャンマーからの出稼ぎの辛さやタイの山地集落の問題を目の当たりにし、ここで仲間と共に辺境における自分たちの物語を綴ろうと決意した。


12月初めにタイとミャンマーの国境での支援活動を目的とし設立されたたNGOのGlocal Actionが一周年を迎えた。その記念イベント開始に当りGlocal Actionの副事務長頼樹盛がタイ語、ビルマ語、カレン語を駆使して講演を行った。

Glocal Action誕生に努力した黄婷鈺、頼樹盛と王詩菱は、相前後してメーソートで国際人道援助活動に参加していた。それぞれ時期は異なるが、メーソートへの思いは変わらず、2014年末になって、三人はGlocal Action設立を決意し、メーソートに戻って、国境地帯の人々への支援を再開することにした。

現地のパートナーと活動

Glocal Actionのサイトを開くと、「グローバル思考、ローカル行動」と大きく書かれている。これまでの国際援助モデルから転換し、Glocal Actionでは現地のパートナーとの共同活動を選択していた。そこで2015年にはタイで集落の教員養成計画を実施したが、これはGlocal Actionと現地の子ども支援団体であるTak Border Child Assistance Foundation (TBCAF)とが共同で推進したものである。

頼樹盛によると、国境には支援を必要とする難民が数多いのだが、付近一帯にはミャンマーからの移住労働者もいるし、山地の少数民族も支援を待っている。今回Glocal Actionが援助するのは、タイ辺境山岳地帯のカレン族集落である。

Glocal Actionが支援する三カ所の小学校は僻地にあり、以前は車も通行できず、学校も教師も欠いていた。中年以上の村人は教育を受けておらず、若い世代は山を下りて学校に行けるのだが、あちこちで差別の対象となっていた。社会に溶け込むために、カレン族の若者は民族の言葉を捨て、山での生活を忘れ、故郷のすべてを消し去ろうとしていた。それは、かつての台湾先住民の境遇にも似ていた。

1990年代になって、タイ政府もようやく辺境の教育問題を重視し始め、山地に分校を設置した。しかし、集落の伝統文化が教育上最大の問題となった。「山に来た教師は言葉も伝統文化も知らなかったので、教えようがなかったのです」と頼樹盛は言う。現地の言葉が分からない教師は一般教材で授業を進めたため子供たちはタイ語を習得したものの、民族の言葉を忘れてしまった。

伝統文化の消失を目の当りにして、カレン族のリーダーPi Watiは2005年にTBCAFを設立し、カレン族の若者と力を合わせて生活改善と児童教育に努め始めた。国際援助計画で頼樹盛と旧知の間柄だったPi Watiは、今年 Glocal Actionと共同で教員養成計画を実施し、またGlocal Actionより資金援助を受けて、三つの集落に小学校教師を招聘することになった。

教育を受けたカレン族の青年は、伝統文化を知っているため、橋渡し役にうってつけである。20歳になるWannaree Wanaweerakitは3年前に故郷に戻ることを選択した。彼女はTBCAFの援助を受けて、平地の技術学校に進学し、卒業後は就職していたが、2012年に故郷に戻って教職に就くことにしたのだという。

集落の教員養成に加えて、TBCAFでは定期的に集落の若い教師を集めて研修を行っている。2015年11月に終了した研修課程には9校から教師12人が参加した。Glocal Actionでは、現地に駐在する実習生・廖元瑜を定期的に視察に派遣しているが、それ以外はすべて地元のパートナーが担当している。「自身の力で境遇を改善してほしいのです」と頼樹盛は言う。

在留資格のない移住労働者子女の学校

Glocal Actionがメーソートで援助しているミャンマーからの移住労働者の小学校計画でも、同じ理念が貫かれている。ミャンマーは政権が不安定で生活が困窮したため、毎年多くの移住労働者が国境を越えてやってくる。しかし、在留資格のない労働者が連れてきた子供の教育は、自分たちで学校を設立するしかないのである。ミャンマー人移住労働者教育委員会(Burmese Migrand Workers Education Committee、BMWEC)の統計によると、最盛期にはメーソートに移住労働者の学校が70校以上あったという。

メーソート近隣の緑水小学校は、Glocal Actionが援助した移住労働者の学校の一つである。泥濘の道をうねうねと行くと、農地の傍らに僅か一棟のレンガ作りの教室が現れる。Ko Ko Zaw校長が門の外で訪問客を迎えてくれた。

ヤンゴン大学出身の校長先生は、2005年にミャンマーの情勢が悪化し生活が難しくなったため、国境を越えてタイに働きにきた。そこでメーソートの出稼ぎ労働者の子供たちが学費を負担できず、教育を受けられないことに気付いた。大卒の彼は教育の必要性を痛感していて、仕事を辞めてスポンサーを探し、簡単な教室を建てて学校を始めたという。

頼樹盛は2007年にKo Ko Zawに出会った。浅黒く精悍だが痩せた彼は、似顔絵が上手で、わずかな線で生き生きした肖像を描いて見せた。訪れるたびに、彼がさっと描いて見せる似顔絵に、頼樹盛はいつも驚かされていた。

2009年に頼樹盛は国際ボランティアの職を離れたが、それでも毎年国境地帯に旧友を訪ねていた。2015年にメーソートを再訪し、長く連絡がつかなかった緑水小学校で旧友が今も運営を続けていることを知って驚き、喜んだ。まだ設立間もないGlocal Actionだが、学校への支援を考えた。

Glocal Actionは小学校への支援に加え、BMWECと共同で教員養成訓練を行っている。移住労働者の小学校教師の多くは、きちんとした訓練を受けておらず、独学や経験が頼りである。

そこでGlocal ActionではBMWECと共に養成課程を設けて教育理論を教え、これを集落での教育に応用することとした。2015年6月に実施した課程には、タイ国内の教師ばかりではなく、ミャンマーから国境を越えて参加する先生もいた。

自らの体験で行動を

こういった活動に加え、Glocal Actionでは台湾の一般の人々が自ら国境地帯を訪れるための公益旅行団も実施している。

2014年に友人の紹介でメーソートを旅し、また公益旅行団に参加してGlocalActionのボランティアとなった張逸民は、国境地帯を旅して自分の夢を追う勇気を持てたという。台湾で夢を抱くのは容易ではないが、メーソートを旅して、難民や出稼ぎ労働者が生活や家族のために前に進む姿に勇気づけられたという。台湾に戻ってから一年をかけて林口に農地を見つけて、農業への夢を叶えた。「あの国境地帯の人々に比べれば、自分の努力は大したことありませんが、勇気づけられました」と張逸民は語る。

公益旅行団のガイドを務める殷向真は国境を旅したのが縁でガイドとなったという。実は難民キャンプでの火事のニュースを見て、現地を自分の眼で見てみたいと考えたが、タイ・ミャンマー国境地帯に関して何の知識もなく、報道された難民とは、大戦後の国共内戦でタイやミャンマーの北部に取り残された国民党軍かと思っていたのだそうである。ところが現地に来てみると、目にしたのはミャンマーの難民と移住労働者の学校、山地の集落などであった。この経験に深く感動し、Glocal Actionに参加して公益旅行団を担当することにしたのである。

参加者の一人一人は、頼樹盛に言わせると「国境地帯に来てみると、その魔力の虜になる」のだそうである。

その頼樹盛は若い時に台湾でボランティアとなり、2003年にタイで支援活動を行い、その後は中米のセントルシアの支援に身を投じた。海外援助について講演を行うと、聴衆にいつも「なぜ海外援助に参加するのですか」と聞かれる。日焼けして精悍な頼樹盛はいつでも丁寧に「国際援助に参加するのは他者のためだと思いがちですが、一番教えられるのは自分自身です。海外に出向くことで、外の視点からこの台湾に役立てることが見えてきます。故郷の問題を明らかにし、生活の場を改善できるのです」と答える。

何年かを経て、頼樹盛とGlocal Actionの仲間たちは再びメーソートに戻ってきた。彼らにとってここは住めば都であり、第二の故郷というのが国境地帯メ―ソートを形容する最良の言葉であろう。「自分の人生には二つの故郷があります。一つは無論生まれ育った台湾で、私自身を形作りました。もう一つはメーソートで、知り合った人や経験したことが、自身をよりよくしてくれたのです」と彼は言葉を結んだ。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!