找出在地的味道

台啤百年的突破
:::

2019 / 11月

文‧謝宜婷 圖‧莊坤儒


台啤2019年推出「百年限量禮盒」,內裝的三瓶啤酒,商標形象鮮明,分別是畫著日本武士的百年復刻高砂啤酒;標示「復興中華、建設台灣」的60年復刻台灣啤酒;及印有吐舌小精靈與北門的精釀啤酒,這三瓶風格迥異的啤酒,卻一齊述說著歷史遞嬗下的時代精神及口味。 

 


走進台北啤酒工場,放眼望去,紅樓與綠樓相對立,木造建築群錯落其間,日治時代興建的廠房歷經百年時光,如今成為台北市市定古蹟,而廠房內卻運作著自動化的設備,空氣中瀰漫著一股淡淡的麥香味。

歲月帶來的改變

台北啤酒工場的前身為「高砂麥酒株式會社」,於1919年創立,是台灣史上第一座啤酒工廠,於1945年台灣光復後,改由台灣省專賣局接收,並於1975年改名為「建國啤酒廠」。日本人離開台灣後,留下了製酒設備與基礎工夫,不過核心技術沒有被傳承,因此當時政府派人前往德國學習釀酒工藝並選育酵母,造就了具德式拉格型式的台灣啤酒,就此成為台灣啤酒的主流。

酒廠內保存著許多傳統的黃銅糖化槽,於兩、三年前停用,現在轉而使用不鏽鋼製的糖化槽,以便清洗。「黃銅製的糖化槽現在很罕見,所以很珍貴。有些拍攝復古戲劇的團隊,都會來這裡取景。」台啤副總經理吳輝煌引以為傲地介紹著台啤的歷史古物。

昔日的啤酒廠房已經成為古蹟保存工場,綿長的廊道裡,牆上懸掛著泛黃的黑白照片,述說著過去勞力密集的製酒年代。其中一張,建國啤酒廠附設幼兒園的學生畢業照,就是最好的證明,當時有許多婦女在酒廠上班時,將孩子交託給幼兒園,以專注於工作。

過去啤酒的發酵,需要人不斷地手動調整,有了自動化設備之後,人力需求大幅減少,每個時段只需要三個人操作,透過操控室儀板上的各式按鈕,調整溫度、濕度、壓力等等。操作員隔著玻璃牆,背後整個牆面都是按鈕,科技感的畫面與先前的復古照片,形成強烈對比。

創新口味,回應挑戰

百年歲月,改變的不只是器材與人力,台啤的口味也不斷推陳出新。

台啤經典啤酒是最早的一款,改良了高砂啤酒,加入了台灣蓬萊米。一方面為了提升啤酒的香氣,減少原本的苦澀,另一方面,也為了幫助當時的農民,解決稻米過剩的危機。

50年來,經典台啤成為台灣人最熟悉的啤酒,酒罐上的藍色水波紋也成為品牌最令人難忘的印象。直到1990年代前後,開放歐美地區、日本及東南亞地區啤酒進口;2002年台灣加入WTO,取消菸酒專賣制度,面對這些變化與挑戰,公賣局為此也改制為台灣菸酒公司,更開始推出口味多樣的產品,以因應啤酒市場的激烈競爭。

當時啤酒口味趨向清爽,於是台啤推出金牌啤酒,回應挑戰。

「相較於經典啤酒,金牌啤酒的糖化程度提高,發酵更完全,喝起來更順口。此外,還提高了蓬萊米與芳香型啤酒花的比例,使整體香氣更為清新。」啤酒事業部副理陸耀明表示,這項新產品後來成功獲得大眾青睞,逐漸取代「經典」成為台啤的暢銷酒款。

承襲著金牌的好風味,18天生啤酒接著誕生。相較於熟啤酒,生啤酒少了高溫熱處理的步驟,因此,保留著啤酒的營養與生鮮的滋味,但保存期限因此大幅縮短,運送過程也必須低溫保存,架上的生啤酒一旦超過18天,一律回收處理,以維持品質。

18天生啤酒推出後,同樣獲得好評,而它的發想其實是個美麗的意外。當初民眾到啤酒廠參觀,試喝了一口新鮮、未經熱處理的啤酒,發現其口感、滋味與平常所喝的截然不同,清爽的感覺在喉中迴盪,因此激勵了台啤推出新產品的決心。

在地食材,才是「尚青」

「在地、新鮮」原本專屬於台啤的優勢,隨著外來啤酒廠商來台設廠,再次出現了挑戰。面對競爭者下的戰帖,台啤用「在地的精神」回應。產地直達、低溫配送的18天生啤酒已經是一大優勢,接下來更推出具「台灣味」的產品。

台灣身為水果王國,出產的果實都是農民的驕傲,顆顆香甜多汁,適合加入啤酒。於是台啤開始尋找搭配的水果,例如玉井的愛文芒果、關廟的金鑽鳳梨、二林的黑后葡萄,酸甜度高,又帶有迷人香氣,因此完美融入台灣啤酒。

上市後,不只吸引了國內消費者的注意,也讓在台灣的外國人愛不釋手,尤其是芒果啤酒,對韓國人的魅力,超越了對本國人的吸引力。根據台灣菸酒公司於2015年的韓國市場考察報告指出,位居溫帶的韓國,對芒果這類熱帶水果情有獨鍾,餐廳與咖啡店的菜單上,時常會出現芒果口味的飲品,因此台啤的芒果啤酒在韓國市場有很大的潛力。實際上,網路也出現了韓國人試喝台啤啤酒的影片,片中人物品嚐所有口味的台啤後,直呼芒果啤酒是他們心目中的第一名。

水果啤酒的創新,背後最大功臣是烏日啤酒廠的研發團隊。台啤在全台總共有四座啤酒廠,依建立時間排序為:台北、烏日、善化、竹南,以供應日益增多的啤酒需求。當初設址於烏日啤酒廠,是考量位於中部的地點,其交通運輸較合乎經濟效益,隨著時間累積,開始有研發雛形。加上2007年菸酒公司招考,一批新進同仁加入,其中幾位被納入研發團隊,台啤口味研發小組自此成形。

談起水果啤酒的研發過程,負責研發的成員江惠嫻表示,當初是為了加入台灣特色農產,也希望能做出一款酒精濃度較低、較清爽,能夠吸引女性的啤酒。當她看到網路上許多正面的評價,研發過程的努力都值得了。

「水果啤酒不是混合果汁與啤酒這麼簡單。果汁裡的果膠必須先去除,以免增加啤酒稠度、加快氧化速度,而鳳梨的酵素會分解蛋白質,瓦解啤酒的泡沫,因此要先熱處理。」江惠嫻說,除了果汁的處理,後續的溫度、濕度、壓力都要不斷試驗,才能找出製作水果啤酒的完美條件。

研發小組廣蒐具台灣在地特色的農產品,他們先在網路認識農作物特色,再到當地洽詢農夫與廠商,了解實際產況與合作機會。「我們會天馬行空發揮想像力,作任何有趣的發想,看似與啤酒不搭的食材,透過後續處理,兩者也可以擦出火花。」江惠嫻笑著說。

台啤近年走向創新,除了經典款啤酒,也開始研發多樣口味,而團隊成員多元的背景,更有助於發想新口味。有成員曾提出以台中的特色食材──麻薏搭配啤酒,認為這類蔬菜的苦味與啤酒的苦味,能夠混合產生有層次的風味。所有研發的在地食材,即使不會全部成為啤酒搭擋,但都會保存下來,建立資料庫。

親近土地,連結人民

「台啤的精神,就是要親近這塊土地,連結人民的故事。」在台啤工作超過30年的吳輝煌說,做啤酒不只是一項技藝,還要懂得連結原料背後的故事,及消費者的感情。

台啤近期推出的新口味,除了水果,還使用了更具地域性的農產,例如深葉啤酒使用日月潭的阿薩姆紅茶;桂花雨精釀啤酒加入苗栗桂花,讓台啤更貼近土地。酒瓶上的塗鴉,也跟著轉變,出現「在地限定」的特色。

台南市政府與台啤合作,推出「成功啤酒」,讓鄭成功化身代言人,搭配精神口號「一定要成功!」,創造了極具在地歷史風情的一款商品。吳輝煌回憶,不僅國人搶購,許多到台南旅遊的日本人,也加入購買行列,帶回家鄉當伴手禮。後來有日本雜誌聽聞這創意,也專程到台灣採訪,「成功啤酒」儼然成為台灣之光。

不只台南,台啤也推出了「台北城市之酒」──北啤精釀,酒瓶上印有北門圖案,由市定古蹟台北啤酒工場製作,成為台灣史上首次以城市命名的國產啤酒。

在台灣的重要時刻,台啤也會變裝出現,與大眾歡慶。從傳統節日──中秋節、中元節與國慶日,到台灣主辦的國際賽事──2017台北世界大學運動會,甚至是蔡英文總統上任,每個屬於台灣的時刻,台啤都希望與這塊土地上的人民在一起,展現在地精神。

百年時光,台啤的包裝與口味不斷多元化,以回應時代的需求,但不變的是,內在的精神。如同台啤精釀啤酒的吉祥物──嘎姆,看似洋化的名字,卻是啤酒靈魂──酵母的台語。透過擬人化的比喻,展現出經典品牌活潑、年輕的另一面。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Bottoms Up!

Celebrating Taiwan’s Beer Centennial

Tina Xie /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Jonathan Barnard

In 2019 a Taiwan Beer gift box was marketed to celebrate the centennial of the Taipei Brewery. The gift box featured three bottles of beer with distinctly different labels: a samurai-­themed Takasago Beer label from 100 years ago; a retro label from 60 years ago bearing the slogan “Revive China, build Taiwan”; and a “Baby” brand Taipei Blonde Ale label featuring a blob-like baby gremlin and Taipei’s North Gate. However different they are in design, the three bottles together convey the evolution of beer in Taiwan and the spirit and flavors of their respective eras.


Walking into the Taipei Brewery, one sees a large red-brick building standing opposite a large green-tiled one, along with a number of wood-frame buildings mixed in among the other structures on the site. The 100-year-old Japanese-era complex has been designated an historic site by the Taipei City Government. Modern automatic equipment operates inside the buildings, where a light scent of malt floats on the air.

The tracks of time

The Taipei Brewery, formerly known as the Takasago Brewery, was Taiwan’s first beer production facility when it was established in 1919. When Taiwan returned to Chinese rule in 1945, the Taiwan Provincial Monopoly Bureau took over its opera­tions. With the departure of Japanese brewers from Taiwan, skills were lost. Consequently, the government sent ­brewery ­employees to Germany to purchase brewer’s yeast and study brewing processes. Afterwards, German-style lager beers would become the mainstream of beer in Taiwan. In 1975, the complex was renamed the Jianguo Brewery.

The brewery still displays several traditional copper mash tuns (vessels used for the “mashing” stage of the brewing process), which stopped being used two or three years ago when the plant switched over to easier-­to-­clean stainless-steel mash tuns.

The old brewery buildings have now been designated an historic site, and the walls are hung with black-and-white photographs that bear witness to the site’s earlier eras of labor-intensive production.

It used to be that the brewing process required constant manual adjustments. After automated equipment was introduced, the need for labor dropped dramatic­ally. Now each batch only requires monitoring by three operators. They sit in a glass-fronted control room with a back wall covered with control panels. The high-tech ambiance contrasts sharply with the scenes captured in the old photos.

New challenges, new flavors

Over the course of 100 years, it’s not just the equipment and personnel that have changed: The taste of the beer has also been continually evolving.

“Classic” Taiwan Beer improved on Takasago by adding Taiwan’s penglai rice. On the one hand, the move was aimed at making the beer sweeter and less bitter. On the other, it was also meant to help local farmers by absorbing a surplus of domestically produced rice that was dragging down prices.

For 50 years, Classic Taiwan Beer, with its iconic can design of blue waves, was the beer with which Taiwanese were most familiar. In the 1990s, market liberalization opened Taiwan to European, American, Japanese and Southeast-Asian beers. In 2002, Taiwan entered the WTO and dismantled the government monopoly over tobacco and alcohol production. The Taiwan Tobacco and Wine Monopoly Bureau was turned into the Taiwan Tobacco and Liquor Corporation, which in the face of new competi­tion began to introduce products with diverse flavors.

Back then there was a great demand for light, refreshing beers, so the company responded with its “Gold Medal” beer.

“Compared with Classic Taiwan Beer, Gold Medal has a higher maltose content, which gives it a smoother taste,” explains Aaron Lu, vice director of TTL’s beer division. “What’s more, it uses more peng­lai rice and aromatic hops, which makes for a fresh and clean aroma.” The new product won the favor of the public, replacing Classic Taiwan Beer as the com­pany’s best seller.

Following the success of Gold Medal Taiwan Beer, the unpasteurized “18 Days Draft Beer” was the next product the company launched. As opposed to pasteurized beer, unpasteurized beer dispenses with the final step of heating to kill the yeast. Consequently, the beer retains the yeast’s nutritional value and has a fresh taste. But it also loses its freshness much quicker, so it requires refrigerated transport and must be returned if unsold after 18 days.

When Draft Taiwan Beer was marketed, it too met with rave reviews. The inspiration behind it was a beautiful accident. During brewery tours, visitors would be given a sip of freshly brewed beer that had not yet been pasteurized. They discovered that its flavor and mouthfeel, along with its smoothness going down the throat, were quite appealing and distinctive. The positive reactions pushed the company to launch it as a new product.

Local is freshest

The phrase “local and fresh” originally captured the virtues of Taiwan Beer in the domestic market. When foreign brewers began building facilities in Taiwan, however, Taiwan Beer lost that advantage. Faced with new competition, TTL responded by highlighting “local spirit.” Draft beer with direct delivery on refrigerated trucks was a good first step, and the next was to launch products with “Taiwan flavors.”

Taiwan is a leading fruit producer. The pride and joy of its farmers, the island’s sweet and juicy fruits are well suited to adding to beer. Sweet and sour with captivating aromas, Irwin mangoes from Tainan’s Yujing District, Golden Diamond pineapples from Guanmiao, also in Tainan, and Black Queen grapes from Erlin in Changhua County were among those chosen for beers.

After hitting the market, these products not only attracted the notice of Taiwanese consumers, but they also became much appreciated by foreigners in Taiwan. Mango Beer has particularly appealed to Koreans, who love it even more than Taiwanese do.

A big behind-the-scenes hero in the launching of these fruit beers was the research group at TTL’s Wurih Brewery in Taichung.

Speaking of the research process involved in developing fruit beers, Chiang Hui-hsien, a member of the R&D team there, explains that at first the idea was to add some agricultural products characteristic of Taiwan. They hoped that these would lead to lighter, more refreshing beers that would attract more women consumers. When she later saw the many positive reviews of the resulting brews online, she felt that all the hard work and R&D they had put in was well worth it.

“Making fruit beer isn’t as simple as mixing fruit juice and beer,” Chiang says. “The pectin in the juice must be removed first, to avoid increasing the beer’s viscosity and speeding oxidation. Furthermore, enzymes in pineapple juice break down proteins, causing the beer’s head to collapse. Consequently, the juice has to be heated first.” They also experimented repeatedly with the temperature, humidity and pressure of ­subsequent processes before they arrived at the best methods to produce their fruit beers.

The beer, the land, and the people

“The driving spirit behind Taiwan Beer is about being close to the land and connecting with its people,” says Wu Huei-huang, a TTL vice president who has been with the company for more than three decades. Making beer isn’t just a matter of proper brewing technique—it also requires an understanding of how to appeal to the emotions of consumers and how to make connections to the stories behind the ingredients. 

The Tainan City Government has cooperated with TTL to launch “Cheng Gong Beer,” using images of Zheng Chenggong (Koxinga), the Ming loyalist general who conquered Taiwan and ruled it from Tainan. The beer’s slogan, “You need Cheng Gong!” is a pun on Zheng Chenggong’s name and the everyday meaning of chenggong, “success.” It’s a product that highlights local history.

And the company’s local push hasn’t just been directed at Tainan. TTL has also launched Taipei Blonde Ale, whose label features an image of Taipei’s historic North Gate. Part of the company’s “Baby” craft beer line, it represents the first beer produced in Taiwan using a city’s name.

At important moments for Taiwan, Taiwan Beer has emerged with new looks to celebrate special events with the public. Whether for traditional festivals, or the 2017 Summer Universiade in Taipei, or the inauguration of President Tsai Ing-wen, Taiwan Beer has drawn the nation’s people close and demonstrated a local spirit.

For 100 years, Taiwan Beer has been produced in diverse flavors and packaging as it has evolved to meet the needs of different eras. What hasn’t changed is its inner spirit.

ローカル・フレーバーを追求する

台湾ビール百周年

文・謝宜婷 写真・莊坤儒 翻訳・松本 幸子

2019年、台湾ビールは「百周年限定ギフトセット」を発売した。ラベルに日本の武士が描かれた復刻版「高砂ビール」、「復興中華、建設台湾」と記された60周年復刻版台湾ビール、舌を出した妖精と北門の描かれたクラフトビールの3本セットだ。スタイルのまったく異なるこの3本だが、まさに台湾ビールの歴史の再現となった。


台北ビール工場の敷地に入ると、赤レンガ造りの紅楼と緑色をした外壁の緑楼がそびえ、その周囲に木造建築もあるのが目に入る。この日本統治時代からの工場は百年の時を経て今は台北市の指定古跡となったが、工場内ではオートメーション機器が稼動し、ビールの香りに満ちている。

歳月がもたらした変化

台北ビール工場の前身は「高砂麦酒株式会社」で、1919年設立の台湾初のビール工場だった。1945年には台湾省専売局に接収され、1975年に「建国啤酒廠」と改名された。日本人が台湾を去った際、醸造設備や作業方法などは残ったが、核心的技術は伝えられなかったため、当時の政府はドイツに人員を派遣してビール醸造や酵母作りを学ばせた。こうしてドイツ式ラガー・スタイルの台湾ビールが生まれ、台湾におけるビールの主流となった。

工場には昔ながらの銅製醸造タンクが多く残されており、2~3年前まで使われていたが、現在は洗浄しやすいステンレス製だ。「銅製タンクは今では貴重です」と、台湾ビールの呉輝煌・副総経理は誇らしげに説明してくれた。

指定古跡となったビール工場内の長い廊下を歩くと、壁に古い白黒写真が掛けられ、労働集約型産業だった時代の工場の様子が窺える。その中に、工場付設幼稚園の卒園式記念写真があり、当時、多くの女性がこの託児施設に子供を預けて働いていたことがわかる。

ビールの発酵は昔は手動で調整したが、今ではオートメーション化され、各段階に3人いればコントロール室から温度や湿度、圧力をボタンで調整できる。ガラスの向こうにいる操作員の背後にはずらりと操作ボタンが並び、さきほどの古い写真とは大きな対比を見せている。

新たな味に挑戦

設備だけではなく、台湾ビールの味も次々と新しく生まれ変わった。最も早くからあるのは「経典(クラシック)」ビールだ。高砂ビールを改良したもので、蓬莱米を加えることで苦みを抑え、香りを高めた。当時は農家の米の売れ残りを防ぐ目的もあった。

50年間、「経典」は台湾人にとって最も馴染みあるビールであり続け、水色の波模様はブランドイメージとして定着した。だが1990年代の輸入解禁で外国産ビールが売られるようになり、2002年のWTO加盟で酒とタバコの専売制が廃止される。専売局も「台湾菸酒公司」となり、市場競争の中、新しいビールを生み出していく。

当時はさっぱりした味のビールが主流で、台湾ビールは新たに「金牌」を売り出した。「金牌は麦芽の糖化をより進めて完全に発酵させることで、喉ごしを滑らかにしています。それに、蓬莱米とアロマホップの比率を高めたので香りもさわやかです」と言うのは、事業部アシスタントマネジャーの陸耀明さんだ。この新商品は広く愛され、「経典」を抜いて売れ行きトップとなった。

次は金牌の切れ味を踏襲した「18天生ビール」が誕生する。熱処理を経ない生ビールは、栄養と新鮮な味を留めやすいものの、賞味期限が短くなる。店頭に並んだ18天生ビールも品質保持のため、18日を超えるとすべて回収される。

18天生ビールも好評を得た。実は同商品は、工場見学の客の反応から生まれた。熱処理を経ていないビールを試飲した客が、その口当たりや喉ごしが普段飲んでいるビールとは全く異なることに驚くのに気づき、開発に結びついたのだ。

ローカルな食材で

「ローカル、新鮮」が台湾ビールの長所だが、外国ブランドが台湾に工場を置くようになり、再び競争にさらされ、今度はさらに「ローカル性」を打ち出すことにした。産地直送、低温配送の18天生ビールもその利点を生かしているが、今度は「台湾フレーバー」を強調した。

フルーツ王国の台湾が生産する果物は農家の誇りだが、その香りや甘さはビールにも適する。そこで、玉井生産の愛文マンゴー、関廟の金鑚パイン、二林のブラッククイーン・マスカットなど、甘みや香りの優れた果物をビールに加えた。

発売すると、国内消費者だけでなく、台湾に来た外国人にも好まれた。とりわけマンゴー・ビールは韓国人に好評だ。台湾菸酒公司の2015年韓国市場視察報告によれば、温帯に位置する韓国ではマンゴーなどの熱帯フルーツの人気が高く、飲食店のメニューにもマンゴー味の飲み物がよく並ぶため、韓国市場におけるマンゴー・ビールのポテンシャルは高いという。事実、ネットでも韓国人が台湾ビールを試飲する動画が出現しているが、各種台湾ビールを飲んでみた後「一番おいしい」と選ぶのはやはりマンゴー・ビールだ。

フルーツ・ビールの開発には、烏日ビール工場の研究開発チームが大きく貢献した。台湾ビールは台湾全土4カ所にビール工場を持つ。設立順では台北、烏日、善化、竹南で、増え続けるビールの需要に応えている。烏日工場は輸送の経済性を考慮して台湾中部に建てられたが、次第に研究開発も行われるようになった。そして2007年の社員募集で数名が新たに研究開発チームに加わり、台湾フレーバーの開発チームが結成された。

開発チーム・メンバーの江恵嫻さんは、台湾らしさを出した農産物に関わりたいと開発を始め、加えて低アルコール度数の、女性も飲み易いものができればと開発した。ネットで好評なのを見て、努力が報われた思いだという。

「フルーツ・ビールといっても、ビールに果汁を混ぜればいいというわけではありません。ビールの濃度が高くなり、酸化が進み易くならないように、果汁からペクチンを取り除く必要があります。またパイナップルの酵素は蛋白質を分解してビールが泡立たなくなるので、先に熱処理する必要があります」と言う。果汁の処理だけでなく、その後の温度や湿度、圧力なども実験を繰り返し、フルーツ・ビールのための完璧な条件を見つけ出したと江さんは言う。

研究チームはまずネットで特色ある農産物を調べ出し、それから農家やメーカーに問い合わせ、実際の生産状況やコラボ実現の機会を探った。「とにかく想像力を働かせ、おもしろいと思ったものは、奇想天外なものでも実験してみました。意外と思わぬ結果が生まれるものです」と江さんは笑う。

台湾ビールはイノベーションを続け、多様な味を生み出してきた。チームの顔ぶれの多様さも新たな味の創造にプラスになっている。あるメンバーなどは、台中で採れるモロヘイヤを用いることも考えた。この野菜の苦みとビールの苦みが合わされば、深みのある味が出せると考えたのだ。研究に用いるのはすべて台湾の食材で、たとえビールとの組み合わせが失敗に終わっても、その記録はデータとして保存される。

土地と人々とのつながりを

「台湾ビールの精神は、この土地に親しみ、人々の物語とリンクすることです」と言うのは台湾ビールに勤務して30年以上になる呉輝煌さんだ。ビール造りは単なる技術ではなく、原料の背後にある物語や、消費者の思いをリンクさせることだという。

台湾ビールが最近出した新商品は、さらにローカル色のある農産物を用いた。例えば「深葉ビール」には日月潭のアッサムティーを、「桂花雨クラフトビール」には苗栗のモクセイを加えた。瓶のラベルもローカル色が濃厚だ。

台南市と台湾ビールとのコラボで、「成功ビール」も売り出された。鄭成功をキャラクターに、「必ず成功!」というコピーで、歴史的な味わいのある商品となった。台湾人が買い求めるだけでなく、台南旅行に来た日本人もおみやげに買っていくと呉さんは言う。評判を聞きつけた日本の雑誌が取材に訪れるほど、「成功ビール」は誇れる台湾名物となった。

台南だけではない。台北の酒として「北啤精醸(クラフト)」も売り出された。指定古跡の台北ビール工場による製造で、ラベルには北門のイラストが描かれており、台湾史上初の、市名にちなんで名づけられた国産ビールとなった。

台湾の重要な祭日や節目にも、台湾ビールはパッケージを変えて登場する。中秋節や中元節、国慶日、2017年夏季ユニバーシアード、そして蔡英文総統の就任記念にも。この地の人々と共にあること、それが台湾ビールの願いだ。

台湾ビールのマスコット「ガム」は西洋風の名のようだが、実はビールの魂である「酵母」を台湾語で発音したものだ。味や姿を多様化させてきた台湾ビールだが、その精神はゆるがない。

 

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!