故居歲月流轉 盡訴大師風範

:::

2017 / 1月

文‧劉嫈楓 圖‧林旻萱 翻譯‧Darryl Sterk


簡樸的庭院雅舍、藍白間錯混合東西情調的洋房、優雅的日式宿舍,三間風格樣貌迥異的故居屋宅,記錄了自由主義學者殷海光、國學大師林語堂與散文大家梁實秋在台灣生活的光景。

當年在國學、文學領域留下重要地位的一代名家,都已遠去,而其留存的一磚一瓦,在在都流露一代知識份子留下的價值與風範,照映當代的台灣。


踱步庭院雅舍,相遇殷海光

漫步在泰順街巷弄,一不留神就可能錯過台灣自由主義學者殷海光的昔日故居。

坐落在大片庭園,這棟充滿日式風情的屋舍,是殷海光來台後向台大申請後親手打造而成,也是他1969年逝世前,在台灣生活過最久的處所。

殷海光,是台灣五、六○年代重要的自由主義學者,終其一生信奉自由理念,無畏權勢勇於針砭時事的堅持,成為一代知識份子的典範。如今,故人雖已遠去,殷海光昔日的文人風範與生活日常,依然在這簡樸雅舍中處處留下痕跡。

小巧的池塘,是當年殷海光入住後為出生不久的女兒親手所砌。而一旁總是被誤認為日據時代所建的屋子,其實是出自殷海光之手。不到三十坪的房子裡,一處陽光充盈、面積最大的房間,是熱愛思考、閱讀的殷海光留給自己作為書房的地方。

特別矮的屋稜,彷彿見著了個子不高的殷海光踱步其間。時光遞移、屋舍依舊,同樣的地點卻已改放上舊照、手稿與書信,重現他的往日時光。

數幀黑白照片中,有殷海光身著汗衫手拿鏟子,正為出生不久女兒手砌游泳池的家居照,也有殷海光與夫人夏君璐的結婚照。另一側的手稿區,除了展示殷海光任職台大的受聘書,一封殷海光寫給錢穆先生的手稿,不到A4的信箋畫滿紅、黑、藍的塗改字跡,充分表現了他耿實、嚴謹的性格。

一旁書信展示區,則有當年殷海光與美國科學家愛因斯坦、德國哲學家羅素的往返書信。多篇闡述殷海光民主自由主義思想的《自由中國》文章,當然也在其列。

殷海光基金會執行秘書謝嘉心表示,在當年時代氛圍下,許多家具、物件不復留存;重要文稿也在殷海光夫人以政治避難為由遠赴美國後,隨行帶走。雖然現場多數的家具物件已非原件,但仍然讓人感受殷海光在此生活的點滴。

原本安靜的故居,2016年添入了許多活潑的元素,不但成了藝術團體「生物公寓」策展空間,近年深受年輕族群喜愛的實境冒險遊戲,也來到了殷海光故居。以殷海光生平事蹟為本,加上主辦單位「奇異果文創」的創意發想,推出一場半虛構、半真實的實境遊戲。來自台南的「城市遊戲工作室」,則結合解謎、探索、旅行、遊戲元素,以殷海光故居為場景,邀請民眾來此尋寶。

一改故居沉穩路線,是2015年輔大社會系副教授魯貴顯接任殷海光基金會執行長後的新嘗試。過去,故居活動的主軸,多半延續殷海光人文學術色彩。除了例行講座,每兩年一屆的「海光書讀」,特地邀來台大、中研院等學者教授,每周一次導讀《民主在美國》、《巴斯德的實驗室》等人文經典,聚集十多位的聽眾,共同思辯。

殷海光故居,經過了殷海光基金會與台大共同商討、籌備6年後,趁著2008年台大80週年時,正式對外開放。對多年來不斷奔走,爭取故居開放的殷海光基金會,別具意義。

作為台灣重要的自由主義學者,殷海光的個人事蹟鮮有人知。他與胡適、雷震共同發起出版《自由中國》,為台灣民主貢獻甚多。然而後人卻僅知雷震,絲毫不知殷海光的角色。有了故居的留存,也得以讓無法在教科書認識殷海光的學子,由此知道他的種種經歷。

「故居的留存像是殷海光的象徵與符碼。對於留存他的精神,也是非常重要的。」謝嘉心說。

故居新貌,重現大師風範

驅車駛往陽明山仰德大道,由建築大師王大閎為林語堂負責興建打造的居所,也成為世人懷想林語堂的地方。

林語堂故居2002年正式對外開放,隸屬台北市文化局,作為台北市最早開放前三個故居之一,從早年僅作為圖書館之用,到如今舉辦文學講座、親子活動的多元應用,也一步步貼近林語堂為人處事,時時保持幽默、充滿情調逸趣的「生活感」。

國學大師林語堂以《京華煙雲》、《生活的藝術》、《蘇東坡傳》為人所知。其融合中西文化的人文學養,一生著書八十多本,是少數能以英文寫作揚名國際的華人作家。而除了治學嚴肅的一面,林語堂更是一位生活極具情趣的「幽默」大師。

林語堂旅美多年後,選擇回到台灣,於陽明山蓋起這棟位於現址、樓高二層的屋子。這棟有著白色牆面、寶藍琉璃屋瓦的屋舍,當時興建時,卻是林語堂、王大閎,兩位在國學、建築領域獨領風騷的巨擘一番拉扯下的結果。

據《造訪文學家》一書記載,林語堂少時成長於福建,日後抵赴上海,見到不少西班牙風格的建築,留下深刻印象。1965年返台,林語堂念念不忘少時所見,加上王大閎設計風格中慣有的東方元素,成了如今的模樣。

不同許多故居遺世獨立的風貌,林語堂故居寬闊、開放的動線設計,恰恰符合了他本人的個性。自宅設計也處處可見他崇尚自然的細緻品味。例如原是招待處的窗台設計,就運用中國建築的借景概念,大量納入屋外景致,讓屋裡的人們盡覽山景。

而每月、每周舉辦在林語堂故居的熱鬧活動,更是取材自林語堂幽默、風趣的事蹟。日前才剛落幕的「生活小物展」,即結合林語堂在《生活的藝術》論茶文化的篇章,讓活動既說書、也說茶,還展現了茶器工藝之美。同時,也根據林語堂愛吃潤餅的喜好,每逢春末夏初,舉辦「潤餅節」,邀請大小朋友一同參加;擷取林語堂《生活的藝術》智慧錦句,林語堂故居還推出幸運籤餅,讓參觀民眾一面品嚐小點心,一面感受林語堂的慧言妙語。

除了定期活動,林語堂故居也以林語堂字號「和樂」為名,策劃「小和樂大冒險」活動,邀集周遭「草山玉溪」、「錢穆故居」與「順益博物館」一同加入。2016年更把腦筋動到其他故居上,預計在今年中旬,集結錢穆、梁實秋、李國鼎與孫運璿故居,共同推出「書信聯展」。

「『書信聯展』的活動概念,有如交換日記」,林語堂故居主任蔡佳芳表示,例如錢穆、胡適、梁實秋……,幾位當代重要的知識份子,本就相互熟識,書信的往來極其平常。因此,何不串連故居,民眾來到林語堂故居可能見到錢穆書信,抑或在梁實秋的屋舍裡遇見了林語堂的字跡。「讓活動有如接力賽,變成一場驚喜的偶遇。誰也不知道會在故居遇見誰。」蔡佳芳說。

輕鬆的活動座談與國學大師故居,乍看扞格,其實一點都不衝突。細讀《生活的藝術》,就可知林語堂生活處世之道,盡是當下大眾提倡的「慢活」概念。生活,本就環繞林語堂身旁。正如當年他為這棟白、藍間錯的建築所下的評語:「宅中有園,園中有屋,屋中有院,院中有樹,樹上有天,天上有月,不亦快哉!」來訪的民眾來一趟林語堂故居,或許就能感受快意自得,無須外求。

保留故居,是精神的留存

主編過英漢辭典與中學英文課本,並引進KK音標,影響台灣英文教育甚鉅、為大眾所知的梁實秋,當年他供職師大時居住的宿舍,2010年也在師大的重新整建下,於原址亮相。

在梁實秋入住前,此處原是台北高等學校英語教授富田義介宿舍,建於1933年。台灣光復後,許多日人撤離返日,此處也由後來的省立師範學院(現為台灣師範大學)接收,用作教職員宿舍。

雖然梁實秋自1952年入住直到1959年赴美旅居後,停留此處不過短短7年。然這處卻是伴隨他度過翻譯英國文豪莎士比亞著作、《遠東辭典》的歲月。即便往後也有其他人入住,對於擁有屋舍產權者的師大深具意義,因而耗時2年,於原址重建,在熱鬧的師大商圈留存了人文與書香氣息。

現負責營運的小玩子(本名吳姿瑩)在2年前向師大承租梁實秋故居,延續梁實秋的人文精神,辦起藝文講座、公共座談。

「故居的保留,比起屋舍、物件等硬體,更重要的是其精神的延續。」小玩子說。因此,進駐二年多來,吳姿瑩堅持不在故居販售餐點、飲食,空間裡唯一有的是一場又一場火花四射的藝術講演和公共座談。除了扣連梁實秋本人事蹟,舉辦「梁實秋文學獎」、「當梁師譯友到故居學美語」活動,也曾邀請音樂家現場演奏,並舉辦「說書人講堂」閱讀經典……。種種精彩的藝文活動、演講論壇,都是期待重現梁實秋於散文集《雅舍小品》流露的美學態度與人文精神。

走訪故居,巡覽蒼勁有力的書稿文字、優遊略顯斑駁的屋舍……,關於林語堂、梁實秋與殷海光的人生故事與過往歲月,將娓娓道來。    

相關文章

近期文章

EN 日本語

Living Legacies: The Homes of Three Great Men of Letters

Liu Yingfeng /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Darryl Sterk

Amodest cottage in a yard, an oriental‡occidental hybrid blue-and-white villa, and an elegant Japanese-style lodging—these three residences of completely different styles are the respective former abodes of the champion of liberalism Yin Hai-kuang, the great Sinologue Lin Yutang, and the master of the informal essay Liang Shih-chiu, and provide a record of their daily lives in Taiwan.

Though long departed, these celebrated figures of literature and learning have left us traces in which we may glimpse the values and styles of a generation of intellectuals. Every brick and tile illuminates the Taiwan they knew.


A garden cottage

Strolling down the alleys and lanes off Tai­shun Street in the Gong­guan area of Tai­pei, it is easy to miss the former home of the liberal scholar Yin Hai-­kuang (1919‡1969).

It is a Japanese-style cottage with a large yard, which Yin built by himself after applying for permission to National Taiwan University. When he passed away in 1969, this had been his longest abode in Taiwan.

Yin Hai-­kuang was a major liberal scholar during the 1950s and the 1960s, and a lifelong exponent of liberalism. Unafraid of the powers that be, he bravely voiced concerns about the social issues of his time, becoming a model for his generation of intellectuals to follow. Though he is now long departed, the example he set lives, and the traces of his daily life remain in his humble residence.

The pool in the garden was built by Yin Hai-­kuang for his newborn daughter soon after the family moved in. Next to the pool is the cottage. Often mistaken for a work of the Japanese era, the house was built by Yin himself. In this nearly 100-square-meter cottage, the biggest room is Yin’s sunlit study, a place for him to indulge his passion for thinking and reading. With the passage of time, the cottage remains the same, but the décor has changed: old photographs, manuscripts and letters now bring Yin’s bygone era to life.

In one black-and-white photograph, Yin, wearing an undershirt with a shovel in hand, is building the paddling pool for his newborn daughter. Another is of Yin and his wife Hsia Chun-lu on their wedding day. On the other side of the room is a display of Yin’s manuscripts. Besides his letter of appointment from National Taiwan University, one can see a draft of a letter to the traditional scholar Chien Mu. The draft, smaller than an A4-size sheet of paper, is replete with red, black and blue edits, exemplifying Yin’s serious, rigorous personality.

In the letter display are examples of Yin Hai-kuang’s correspondences with Albert Einstein and Bertrand Russell. Naturally, one can also find many articles of Yin’s, published in the Free China Journal, in which he expressed his liberal philosophy.

This year, the once-tranquil former residence has been livened up. Not only has it become a gallery space for the art organization Bio Apartment, but reality adventure games, so popular among young people, have also arrived. The main organizer, Kiwi Fruit Studio, has creatively designed and released a semi-fictional “reality game” based on Yin Hai-­kuang’s life. City Game Studio, a company from Tai­nan, has combined elements of puzzle-solving, exploration, travel and gaming to set a game here, as an invitation to the public to come treasure hunting.

Since he succeeded as director of the Yin Hai-­kuang Academic Foundation, Lu Kuei-­hsien, associate professor of sociology at Fu Jen Catholic University, has tried to give the serene former residence a higher profile. Most events at Yin’s house have been held in recognition of Yin’s humanistic spirit. Besides regular lectures, a Hai-kuang Reading Group has been held once every two years, with professors from National Taiwan University and Academia Sinica meeting weekly over a period of two months to guide group discussions of works such as Democracy in America by the 19th-century traveler Alexis de Toqueville or The Pasteurization of France by the contemporary French sociologist of science Bruno Latour.

After six years of discussion and preparation, the Yin Hai-­kuang Foundation officially opened the house to visitors in 2008, as part of the celebrations surrounding the 80th anniversary of National Taiwan University. The opening was particularly meaningful for the members of the foundation, who had worked hard to see this day for years. “The preservation of the house is a symbol of Yin Hai-­kuang’s legacy, and it is also very important for preserving his spirit,” says executive secretary ­Hsieh Chia-hsin.

A new look for an old villa

Situated on the busy ­Yangde Boulevard, the main way up Mt. Yang­ming, the Lin Yu­tang House is a masterpiece from the hand of architect Wang Da­hong. Now, it is a place where people come to remember Lin Yutang.

Lin Yu­tang (1985‡1976) is known for his explanations of Chinese history and culture in books like Moment in Peking, The Importance of Living, and The Gay Genius: The Life and Times of Su Tungpo. Combining Chinese and Western humanism, the man wrote over 80 books. He was one of the few Chinese writers who could make a name for himself internationally by writing in English. While a serious scholar, Lin Yu­tang was also a delightful humorist.

In 1969, after some years in the United States, Lin Yu­tang chose to relocate to Taiwan. He had this two-story culturally hybrid house built on the slope of Mt. Yangming. Unlike the aloof reserve of other such residences, the Lin Yu­tang House is open, capacious and dynamic, not unlike the man who lived here. Every detail of the design reflects his love of nature.

Moreover, the events held monthly or weekly in the house are usually inspired by his humorous and witty stories.

Only recently the curtain fell on an exhibit on the little things in life. It drew on Lin’s discourses on tea in The Importance of Living, allowing visitors to talk about reading and about tea while admiring the beautiful craftsmanship of Chinese tea utensils. Lin’s house also offers fortune cookies with bons mots from The Importance of Living. Visitors can enjoy desserts and be enlightened by Lin Yu­tang’s witty remarks.

Beside the regular activities, this year the curators of the Lin Yu­tang House thought up an idea involving former residences of other famous intellectuals. In the middle of next year, in cooperation with the former residences of ­Chien Mu, ­Liang Shih-chiu and K.T. Li, and the Sun Yun-suan Memorial Museum, the Lin Yu­tang House will hold an exhibition of “exchanged epistles.”

“The idea behind this exhibition is like an exchange of diaries,” explains Tsai Jia-fang, the director of the Lin Yu­tang House. These important intellectuals knew each other well, and often sent letters back and forth. Why not continue the practice between their former homes? Now visitors will be able to read ­Chien Mu’s letters in Lin Yu­tang’s house, or appreciate Lin Yu­tang’s handwriting at ­Liang Shih-chiu’s place. “It’ll be like a relay race, a surprising and pleasing encounter. Who knows who you’ll meet at a certain residence!”

Lively forums and a master Sinologue’s former residence do not at first seem to go together, but actually they do. Reading Lin’s The Importance of Living, we can learn that his philosophy of life is exactly the same as an idea that is often advocated today—downshifting. Lin Yu­tang was surrounded by life. He left this comment on his white stucco house with blue roof and window frames: “In the residence is a garden; in the garden is a house; in the house is a courtyard; in the courtyard stand some trees; above the trees is the sky; in the sky hangs the moon—true happiness indeed!” Visitors to Lin Yu­tang’s former residence might feel the same pleasure in life, the delight that does not come from without but can only be achieved within.

A shrine to Liang’s spirit

As editor of a popular Chinese‡English dictionary and a middle school English reader and as a promoter of the “KK” (Kenyon and Knott) phonetic transcription system, ­Liang Shih-chiu (1903‡1987) had a huge impact on English language education in Taiwan. In 2010, the house that was his residence during his days at National Taiwan Normal University  (NTNU) was restored and opened to the public.

Before ­Liang moved in, this had been the domicile of Yo­shi­suke To­mita, professor of English at Tai­hoku High School. It was built in 1933. After the war, when many Japanese people left Taiwan, it was taken over by Taiwan Provincial Teachers’ College (today’s NTNU) to serve as living quarters for faculty.

Though ­Liang only lived here seven years, from 1952 until 1959, when he relocated to the United States, this was where he translated Shakespeare and compiled his dictionary for the Far East publishing company. And though others moved in after, it is so important to the owner—NTNU—that ­Liang lived here that two years were spent rebuilding it on the original site, preserving an atmosphere of culture and books in the busy area around the university.

In charge of operations is Xiao­wanzi (“mischievous child,” the nickname of Wu Tzu-ying). Two years ago, she rented the ­Liang House to uphold the man’s humanistic spirit by holding artistic symposiums and public workshops there.

“More important than the restoration of an old residence and its furnishings is the preservation of its spirit,” Xiao­wanzi explains. That is why after two years here she still refuses to sell snacks or beverages. The sole use of the space is for lively speeches and animated seminars.

All the activities held at the ­Liang House are intended to express the aesthetic attitude and humanistic spirit ­that Liang expressed in his A Cottager’s Sketchbook.

When you visit the former residences of Yin Hai-­kuang, Lin Yu­tang and ­Liang Shih-chiu, and witness the vigorous strokes of the manuscripts they left behind, the past will talk tirelessly to you.    

旧宅に流れる歳月—— 自由主義と国学、文学 大家三者の生活空間

文・劉嫈楓 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

シンプルな庭と控えめな家屋、青と白の色遣いが東西の調和を感じさせる洋館、落ち着いた雅な日本式家屋。スタイルの異なるこの三軒の旧宅は、それぞれ自由主義学者の殷海光、国学の大家・林語堂、そして散文の大家・梁実秋が暮らした家である。

かつて哲学や国学、文学の分野で重要な地位にあったこれら著名人はすでに世を去ったが、彼らが生活した空間には、知識人としての価値と手本が残されており、今も台湾にその生きざまを伝えている。


殷海光に出会える閑静な庭と家屋

台北市泰順街の裏通りを歩いても、自由主義学者と呼ばれた殷海光の旧宅に気付かない人が多いだろう。

大きな庭のあるこの日本式家屋は、殷海光が台湾に来てから台湾大学に申請して自ら作り上げたもので、1969年に逝去するまで、台湾で最も長く暮らした空間である。

殷海光は、195060年代の台湾で最も重要な自由主義学者で、生涯リベラリズムを信奉し、権勢を恐れずに己の意志を貫き、知識人としての模範を示した。その風格と日常の暮らしぶりは、簡素で控えめな旧宅の隅々に感じられる。

小さな池は、かつて殷海光が生まれて間もない娘のために自ら作ったものだ。その傍らの家屋は日本時代から残るものと思われがちだが、実は殷海光が自身で建てたものである。30坪に満たない家の中で、自然光が注ぐ最大の部屋は、思考と読書を愛する殷海光自身の書斎である。

家の棟は低く、背の高くなかった殷光海がそこにたたずんでいるかのように感じられる。時は流れ、家は古びたが、現在そこには生前の写真や手書きの原稿、書簡などが展示され、往年の生活をしのぶ場となっている。

数枚の古い写真の中に、殷海光がシャツを着てスコップを手にしたものがあるが、これは娘のために小さな池を掘る様子であり、夏君璐夫人との写真もある。原稿や書類の中には、台湾大学からの招聘書や殷海光が銭穆に送った原稿などがある。A4サイズより小さな便箋に赤、黒、青のペンで修正がびっしり書き込まれており、その謹厳な性格がうかがえる。

書簡のエリアには、殷海光がアインシュタインやバートランド・ラッセルとやりとりした書簡もあり、ほかの多くは、殷が民主主義・自由主義思想を唱えた『自由中国』の記事である。

殷海光基金会の謝嘉心・秘書長によると、当時の家具などはすでに残っていないが、原稿や書簡は夫人が政治的な難を逃れて渡米する時に持ち出したものである。家具は本来のものではないが、当時の暮らしの様子は十分にうかがえる。

ひっそりとしていた旧宅は、2016年から動き始めた。芸術団体バイオ・アパートメントがここを展示・公演空間とし、若者に人気のあるアドベンチャーゲームの場ともなっている。さらに殷海光の事績をもとにキウイフルーツ・スタジオがここでセミフィクションのゲームを開催し、台南のシティ・ゲーム・スタジオも、旧宅を利用して謎解きゲームを開催している。

若者による殷海光旧宅の活用が始まったのは2015年、輔仁大学社会学科の魯貴顕副教授が殷海光基金会執行長の依頼を受けて新たな試みを開始してからである。それまでの旧宅活用は学術分野を中心とするものが大部分だった。例えば「海光書読」では、台湾大学や中央研究院から学者を招き、週に一度、アレクシ・ド・トクヴィルの『アメリカの民主政治』やブルーノ・ラトゥールの『The Pasteurization of France』といった古典を読んで討論するというものだ。

殷海光基金会と台湾大学の話し合いを経て、6年にわたる準備の末、殷海光旧宅は2008年の台湾大学創立80周年の時に、正式に対外的に開放されることとなった。

台湾の重要な自由主義学者でありながら、殷海光の事績はあまり知られていない。胡適や雷震とともに発起した『自由中国』は台湾に大きな影響を及ぼしたが、雷震だけが知られ、殷海光の役割は知られていない。そうした中、旧宅の保存によって、教科書では知ることのできない殷海光の事績に触れられるようになった。

「殷海光を象徴する旧宅が保存されることは、その精神の保存にとっても非常に重要なことです」と謝嘉心は語る。

旧宅に大家のスタイルを見る

陽明山の仰徳大道を車で行くと、建築家・王大閎が林語堂のために建てた旧宅に到着する。

林語堂旧宅は2001年に正式に一般公開された。台北市で最も早くに公開された3つの旧宅の一つで、今は文学講座や親子イベントなどが開催され、ユーモアで知られる林語堂の人となりに触れられる場となっている。

国学の大家と呼ばれる林語堂は『京華煙雲』『生活的芸術』『蘇東坡伝』などの著書で知られる。東西文化に精通した深い教養で知られ、80余りの著書を残し、海外では英語の著作で知られる数少ない華人作家である。謹厳な学問とは別に、「ユーモアの大家」としても有名だ。

林語堂は長年アメリカに滞在した後、台湾への帰国の道を選び、陽明山にこの二階建ての邸宅を建てた。白い壁に青い瑠璃瓦の邸宅である。林語堂は幼い頃を福建で暮らし、後に上海に移り、数多くのスペイン風建築に触れていた。1965年に台湾に来てから、その記憶に東方のイメージを加えた家屋が王大閎の設計によって建てられた。

他の多くの著名人の旧宅とは違い、ここは広々として動線も開放的で、林語堂本人の性格を思わせる。至るところに自然を愛する繊細な趣味が見られる。例えば、来客用スペースの窓は、中国建築の借景の概念を活かして屋外の景色を取り入れており、山の景色を堪能できる。

ここでは毎週、林語堂のユーモアや趣味をテーマとしたイベントが行われている。先ごろ閉幕した「生活小物展」は、林語堂が『生活的芸術』で論じた茶文化の内容と合わせたもので、書と茶と茶器工芸を楽しむものだった。また、林語堂が好きだった潤餅(台湾風春巻)にちなんで、毎年春の終わりから初夏にかけて「潤餅フェスティバル」が開かれる。さらに『生活的芸術』の中の知恵に満ちた言葉をお御籤にし、それを入れたフォーチュンクッキーもあり、楽しみながら林語堂の言葉に触れられる。

定期的なイベントの他に、今年半ばには、銭穆や梁実秋、李国鼎、孫運璿などの旧宅と共同で「書簡連合展」を開催する予定である。

「『書簡連合展』は、交換日記に似ています」と話すのは林語堂旧宅の蔡佳芳主任である。銭穆や胡適、梁実秋ら当時の知識人は、もともと親しい間柄で、ごく普通に手紙のやり取りをしていた。そこで、これら知識人の旧宅をつなぎ合わせ、書簡の往来を再現しようというものである。林語堂旧宅で銭穆の書簡が、梁実秋の旧宅で林語堂の筆跡が見られるという展示である。「リレーの形で展示すれば、新たな驚きが生まれるでしょう」と蔡佳芳は言う。

こうした親しみやすいイベントが大家の旧宅で行われるというのは、場違いのようにも思われるが、実はそうではない。『生活的芸術』を読んでいくと、林語堂の暮らしは、まさに現代で言うところの「ロハス」そのものなのである。その白壁に青い屋根の邸宅について林語堂は、「宅中に園あり、園中に屋あり、屋中に院あり、院中に樹あり、樹上に天あり、天上に月あり、また快からずや」と記しているのである。林語堂旧宅を訪れれば、それだけで伸び伸びとした喜びを感じられることだろう。

旧宅にその精神を保存する

梁実秋は、英漢大辞典と中学校の英語教科書を編纂し、Kenyon and Knottの発音記号を導入するなど、戦後台湾の英語教育に多大な影響を及ぼしてきた。そして2010年、彼が師範大学在職中に暮らした宿舎が、師範大学による修復を経て一般に公開されることとなった。

1933年に竣工したこの建物は、梁実秋が入居する前の日本時代には、台北高等学校の英語教授・富田義介の宿舎だった。戦後、多くの日本人が帰国した後は省立師範学院(今の台湾師範大学)が接収し、教職員用の宿舎とした。

梁実秋が暮らしたのは1952年から渡米する1959年までのわずか7年に過ぎないが、ここでシェイクスピア作品を翻訳し、『遠東英漢大辞典』を編纂するなど、梁が精力的に働いた時期である。その後ここには他の人が入居したが、家屋の所有権を持つ師範大学にとっての意義は大きく、本来の土地に2年をかけて当時と同じ家を建て直し、にぎやかな師範大学エリアに文化と書の香りを保存することにした。

小玩子(呉姿瑩)は、2年前に師範大学からこの旧宅を借り受け、梁実秋の人文精神を受け継いで、ここで文芸講座やワークショップなどを開催している。

「旧宅の保存は、その家屋保存というより精神を受け継ぐことの方が重要です」と呉姿<|は言う。そこでこの2年余り、彼女は旧宅で食事や飲み物を扱うことはせず、熱い火花が散る講演会や座談会だけを開催してきた。梁実秋の事績に関わる内容のほか、「梁実秋文学賞」や「梁実秋に翻訳を学ぶ者の集い」といったイベントも開催しており、さらに小規模なコンサートや古典の読書会なども開いている。素晴らしい文芸活動やフォーラムには、梁実秋の散文集『雅舎小品』から読み取れる美意識と人文精神を再現したいとの思いが込められている。

大家の旧宅を訪ね、手書きの原稿や古びた家屋に触れれば、林語堂や梁実秋、そして殷海光がその人生と生活の物語を語ってくれることだろう。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!