一起瘋野餐!

:::

2015 / 8月

文‧陳建瑋 圖‧璐露野


野餐風潮席捲全台!最近兩年,台灣各地吹起一陣野餐瘋,不僅人數大增,連野餐的內容也和過去大不相同,讓經過的路人都大嘆:「哇!野餐原來可以這麼美,這麼fun。」


2013年,旅遊生活頻道邀請多位知名節目主持人,共同舉辦「TLC野餐日」,號召上萬民眾共襄盛舉。隔年,人數更突破6萬人大關,堪稱台灣最盛大的野餐活動。不少民眾在野餐現場發現,有些人的野餐不但用具精美,連擺盤、穿著打扮都別出心裁,看起來格外亮眼,成為相機追逐的焦點。

這種精心準備的「風格野餐」,用美得讓人讚嘆的畫面,迅速攻占臉書版面,進一步掀起台灣「野餐瘋」熱潮。

現在不僅有野餐達人出版專書分享野餐心得,野餐用具市場也跟著大幅成長,甚至連音樂會都移師戶外,變身「野餐音樂會」,野餐魅力已無可抵擋,深入台灣人的生活當中。

現在就招呼三五好友,帶著孩子與寵物,拎著野餐籃,一起享受陽光、草地、微風與美食的盛宴吧!

相關文章

近期文章

英文 日文

Let’s Go on a Picnic!

Kobe Chen /photos courtesy of Lulu Ye /tr. by Jonathan Barnard

Taiwan has been swept up in a picnic craze! Over the last two years there’s been growing enthusiasm for picnicking in Taiwan. Not only have the numbers of picnickers increased, but the character and qualities of picnics these days are quite different from those of years past. Passersby can’t help but remark: “Whoa! Who knew that picnics could be so beautiful and so much fun?”


In 2013, the Travel & Living Channel invited several famous television hosts to put on a “TLC Picnic Day” that attracted over 10,000 people to come out and picnic together. The next year, attendees broke Taiwan records by surpassing the 60,000 mark. The public discovered that some picnickers dress up and create beautiful presentations of their dishes with exquisite equipment. These feasts for the eyes quickly became the quarry of photographers.

Beautiful scenes at meticulously prepared “themed picnics” took people’s breath away. They began to be featured prominently on Facebook and triggered a picnicking craze throughout Taiwan.

Today, picnic gurus are publishing books to share their knowledge, and the picnicking gear market is growing by leaps and bounds. It’s gotten to the point where outdoor music events are called “picnic concerts.” The irresistible charms of picnicking have become intertwined with the very fabric of life in Taiwan.

So call some friends together, bring your children and pets, and pick up your picnic basket. Enjoy the fresh air and sunlight, the grass, the light breeze and an exquisite outdoor feast!

ピクニックに行こう!

文・陳建瑋 写真・璐露野

ここ2年ほど、台湾でピクニックが一大ブームを巻き起こしている。台湾各地でピクニックを楽しむ人が増えただけでなく、その内容も以前とは大きく変わった。通りがかった人々も「わぁ、ピクニックがこんなにお洒落で楽しそうだとは思わなかった」と声を上げるほどである。


2013年、ディスカバリー・コミュニケーションズ傘下のTLC(トラベル&リビング)チャンネルの著名な司会者たちが、共同で「TLCピクニック・デー」を開催し、万に上る人々がピクニックに繰り出した。翌年の参加者は6万人を超え、台湾最大のピクニック・デーとなったのである。中には、お洒落なピクニックグッズをそろえ、料理や食器のセッティングからファッションまで美しく決め、カメラのフラッシュを浴びる参加者もいた。

こうした美しくてスタイリッシュなピクニックの画像は、すぐにフェイスブックで全台湾に広まり、ピクニック・ブームにさらに拍車をかけている。

今ではピクニックの達人が経験を綴った専門書が出版され、ピクニックグッズの市場は大幅に成長し、コンサートも屋外のピクニックの場へと移って「ピクニック・コンサート」が開かれるようになった。ピクニックはすでに台湾の暮らしに欠かせないものとなっている。

親しい仲間に声をかけ、子供とペットを連れ、ピクニックバスケットを下げて出かけよう。太陽の降り注ぐ草地に座り、そよ風とおいしい料理を楽しもうではないか。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!