為新住民發聲

黎雲英 熱血助鄉親,牽成台越情誼
:::

2018 / 1月

文‧楊齡媛 圖‧林旻萱


漫走在桃園市延平路與大林路口至建國路的路上,望眼所及的商店看板,全是台灣人陌生的泰文、印尼文與越南文所寫成。餐廳賣的是道地的東南亞口味,連手機店、服裝店、雜貨舖等都充滿濃厚的東南亞風味。這裡,彷彿脫離台灣風土,自成一個小小的東南亞聯合國。

 


 

遠離桃園火車站後站之延平路、建國路等熱鬧的東南亞商圈,往大林路前段走去,馬路開始寬敞,沿途多是大型工廠,為數不多的商店默默守在大樓騎樓下,為街景增添繁榮的顏色。眼前一棟四層的樓房架起斗大的「CANDY婚紗工作室」看板,除此之外,樸素的樓面外觀缺少坊間婚紗店精心布置的櫥窗,以及引人駐足的大幅婚紗照,一至三樓是餐廳,想要挑選結婚禮服,還得爬上四樓。

這間婚紗店,是由越籍的黎雲英(Lệ Vân Anh)一手創建,成立不到三年,促成了許多台越佳偶。在台灣居住十多年的她,更成為許多越南新住民遭遇困難時,最能倚靠的好姊妹。

幫助同鄉,找到成就感

「婚紗店一開始開在二樓,一樓是服裝店,三樓是攝影棚,四樓才有供餐。但是小吃店的生意太好了,來用餐的客人抱怨爬太多樓梯,才又整個大改裝,把餐廳搬到樓下。」出生在越南義安省(Nghệ An)的黎雲英,1998年來到桃園的電子工廠擔任品檢員,並結識了同公司的工程師,兩人隨後組成家庭。生下第二個孩子後,她覺得不能老是讓孩子在越南母親家寄養,而且大兒子也到了上學的年紀,於是就把孩子接回台灣。「老闆對我很好,讓我把工作帶回家兼差做,也說好隨時可以回去復職。」

哪想到幾年後,桃園工廠一間間地倒閉,公司回不去了,也沒差可兼。黎雲英翻開報紙,看到教會徵求服務移工的工作,薪水不多,但可以幫助自己的同胞,讓她想去試試。「教會的工作是幫忙照顧移民署安置的外勞,我常被警察局請去當外勞的翻譯,看到很多同鄉不懂台灣法律而觸法,或是受不了雇主壓榨而逃跑被抓,大家都是滿腹辛酸,越做越有感觸。」這份工作她一做就是5年,認識了很多好姊妹,也看到許多移工受不公平的待遇,激起她想為同胞服務的熱情。

這段期間,適逢「桃園縣越南婦女協進會」改選理事長,她被推舉而繼任,進一步有機會受縣政府(桃園2014年升格直轄市)婦女權益促進委員會邀請為委員,進入縣議會為同胞發聲,認識了幾位有心的議員協助她處理事情。越做越多,越做越大的結果,佔用了很多私人時間,也自掏腰包花了很多錢,而教會工作的薪水一個月25K,實在不夠用,讓她興起了開店做生意的念頭。

「想來想去,做小吃生意比較快上手,而且也可以讓姊妹有聚會的地方。」黎雲英把店先是開在移工匯聚的內壢,後來搬到離家較近的延平路上,很快地成為人氣餐廳,但卻也引來一堆麻煩事。無處宣洩情緒的移工常來喝酒滋事、酒醉喧嘩,使得警察常上門臨檢,讓她很難堪。「以前我是被禮遇帶往警局協助溝通的人,開店後反而被當成嫌犯般被警察盤問,落差太大了!」於是決定結束營業。

辦婚宴,辦活動,都是為了一解鄉愁

光靠老公的薪水付房貸車貸,還要養家,實在不夠,黎雲英想再做不一樣的生意。「看到很多姊妹開美甲美容店,我突然想到,以前在越南開過婚紗店,何不在這裡也開間?」在開小吃店的時候,黎雲英就常在店裡辦歌唱活動,也辦過婚禮,同時,她想要有塊空間開一些新住民有興趣的才藝課程或是教新二代越語。選定地點後,毫不猶豫地租下整棟樓開啟新的事業。

新出發的婚紗店,馬上又成為同鄉結婚時的熱門選項。除了專為越南新人準備的古式結婚禮服、西式婚紗,一應俱全,還能包辦外拍婚紗照、舉辦婚禮,全部花費只要5萬元台幣,非常划算。

「越南婚禮和台灣古早的辦桌婚禮相似,我們尤其喜歡請現場樂隊一路伴唱到結束。」黎雲英說,很多台灣人參加越式婚禮,都會驚呼:「怎麼這麼歡樂!」這就是越南民族的天性,喜歡唱歌跳舞,流露赤子之心。而她婚禮辦多了,自然就有常配合的班底,有些廠商、團體想為移工辦活動,自然而然地就找上她。

「只要我答應幫忙,就會全力以赴。」她說,有些廠商像是旅行社,或是易付卡、美容保養品等公司針對越南移工做宣傳活動,就請她找歌手、樂團,甚至找觀眾參與活動。後來一些社團組織找她一起辦活動,之前合作的廠商反而變成她尋求經費贊助的對象。

「我幫忙的社團都是公益性質,他們就是缺錢、缺人,我就四處幫他們找錢、找人。」黎雲英不但出力,還會出錢,「有一次辦活動找越南大牌歌星來演唱,我先墊錢匯了十幾萬元到越南,後來沒籌到經費,眼看活動辦不成,我急死了!」跟姊妹哭訴後,「新移民女性關懷協會」理事長楊惠青要我放心繼續做,她來想辦法。

後來那場活動辦得極為成功,有1.5萬人湧入活動現場,就為了一睹越南情歌王子譚永興(Dan Vinh Hung)現場演唱,那是黎雲英經手活動中最盛大的一場。當她得知後面的經費全由楊惠青買單時,當場感動地大哭。

外配才是弱者,期盼珍視新住民

每辦完一場活動,黎雲英就會告誡自己:「千萬不要再辦活動了!」不但勞心勞力,還要到處請求廠商幫忙贊助,覺得自己臉皮實在太厚了。可是每次接到同鄉的FB留言:「謝謝你們辦的活動,把家鄉帶到我們面前!太棒了!」「好高興能看到熟悉的大明星!」讓她又心軟了,因為很多人的思鄉之苦就靠這些小活動得到紓解,她怎能棄之不顧?

黎雲英經手過台越足球聯賽、越南電視節目選秀活動、中秋烤肉、慈善募款等大小活動,「外籍勞工遍佈全台,所以活動舉辦的地點一定要在火車站附近,方便大家坐車來參加。」黎雲英在板橋、新烏日、台北等很多地方辦活動,都很成功。在高雄辦活動時,高雄市政府的觀光局也會前來協助。「我們在台中第一廣場辦活動,活動中心內還有托兒服務呢!」

黎雲英提到,桃園有十萬多名移工,新住民則有五萬多人,外配媽媽的中文能力不好,政府有義務協助她們教育下一代。桃園市府今年7月成立「新住民聯合服務中心」,負責推動新住民文化,並輔導他們就業與法律諮詢。黎雲英表示歡迎,但她更希望能有座潔淨、安全的東南亞廣場,不但方便新住民購物、學技藝,也讓台灣老公願意帶著孩子一起陪著逛,同時讓更多台灣人藉此熟悉東南亞風土民情。

「我們都很愛台灣,也希望留在台灣生活,可是我們就是長得不一樣,又有口音,難免還是會接收到歧視眼光。如果台灣人也能多接觸、瞭解我們的文化,大家的情誼又會更上一層。」她想從自己做起,挪出一個做生意的房間規畫成越南文化館,把越南人的錢幣、生活用品、風土故事做展示,讓有興趣的人可以真實觸碰他們的文化。黎雲英說:「我們希望台灣對多元民族的包容力也能擴及到外配,因為我們也是台灣人哪。」

相關文章

近期文章

EN 日本語

Le Van Anh

Speaking Up for New Immigrants

Yang Ling-yuan /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Robert Green

Strolling along Tao­yuan’s Yan­ping Road between Da­lin and Jian­guo Roads, visitors are greeted by billboards featuring languages unfamiliar to most Taiwanese—Thai, Indonesian, and Vietnamese. Restaurants serve authentic dishes from Southeast Asia, and shops selling mobile phones, clothing, and sundries have a strong Southeast-Asian flavor. It feels like a world apart, a microcosm of Southeast Asia.

 


 

On one four-story building on Da­lin Road hangs a sign for the Candy Wedding Salon. The humble building lacks the elegant window displays and seductive blown-up wedding pictures of fancier wedding boutiques. The first three floors house a restaurant, and those in search of wedding dresses have to make the climb up to the fourth floor.

Le Van Anh, who hails from Vietnam, opened the wedding salon less than three years ago, and it has already found favor among many Vietnamese living in Taiwan. Le, who has lived in Taiwan for nearly two decades, has also become a reliable source of support for many Vietnamese spouses during hard times.

Finding fulfillment in helping the community

Born in Vietnam’s Nghe An Province, Le arrived in Tao­yuan in 1998 and worked as a quality control inspector at an electronics plant. There she first met her future husband, an engineer, and the couple married a short time later. After giving birth to her second child, she decided to bring her elder son, who had reached school age, back from Vietnam, where he was being cared for by her mother. “My boss was really supportive,” she says. “He let me bring work home to do in my spare time and told me I could return to work whenever I was ready.” 

But she never dreamed that a few years later, the factories in Tao­yuan would close down one after another. Her old job no longer existed, and even her part-time work dried up. Leafing through the newspaper, Le came across a help-wanted ad posted by a local church for a job assisting foreign workers. The pay was low, but she would have the opportunity to help fellow Vietnamese. She decided to give it a try. “The job entailed helping take care of foreign workers placed by the National Immigration Agency,” she says. “I was often called upon by the police to translate for foreign workers. I realized that many foreign workers inadvertently committed offenses because they didn’t understand Taiwan’s laws, or could not stand the pressure put on them by their employers and therefore ran away, only to be picked up by the police. As I saw how much they suffered, I grew more and more sympathetic with their plight.”

In the five years that she did the job, Le made many good friends and witnessed many instances of mistreatment, sharpening her desire to serve Taiwan’s Vietnamese community.

During that period, the Tao­yuan County Vietnamese Women’s Association was also voting for a new director. Le won the election and was subsequently invited to serve on the Women’s Rights Advancement Committee of the then Tao­yuan County Council (Tao­yuan became a special municipality in 2014), where she met many well-intentioned councilors who assisted her in her work. But the more effort she put into the job, the greater the demands on her became, and she found that it was taking up much of her personal time and eating up her personal funds. The post at the church paid only NT$25,000 per month, and she was struggling to get by. She started to consider opening a business.    

“After thinking it over, I realized that it would be easier to open a small restaurant,” Le says. “This would also give Vietnamese friends a place to meet.”

She first opened the business in the ­Neili area of Tao­yuan’s ­Zhongli District, where many foreign laborers were located, but later moved to Yan­ping Road in Tao­yuan District, where the restaurant became a popular gathering place. It also, however, attracted trouble. Foreign laborers lacked a place to blow off steam, and came to her place to drink. They sometimes caused a ruckus after drinking, often prompting the police to intervene, which caused Le much embarrassment. “In the past I used to be treated with deference when the police wanted my help communicating with Vietnamese people,” she says. “After I opened a restaurant, however, I was treated no better than a suspect and questioned by the police. It was too much to take!” She therefore decided to close the shop.

Finding new cures for homesickness

Le knew however that husband’s salary wasn’t enough to cover the mortgage and car payments and raise a family, so she decided to try her hand at a different business. “I noticed that many other Vietnamese women had opened nail salons and beauty parlors,” she says. “I used to run a wedding salon in Vietnam, so why not open one here?”

When Le was running her restaurant, she held singing contests for patrons and even hosted a wedding party. She also wanted a place that would have space where Vietnamese wives could take courses and their children could take Vietnamese language classes. Once she settled on the location, she rented the entire building without hesitation and set out on her new enterprise. 

The new wedding salon became an instant sensation among Vietnamese brides. Aside from offering traditional Vietnamese and Western-style wedding outfits the salon also arranges for wedding photos and can organize the wedding itself, all for only NT$50,000. It’s a real steal. 

“Vietnamese wedding ceremonies are much like traditional Taiwanese wedding banquets of the past,” Le says. “We like to invite musicians to play throughout the event.”

When Taiwanese people attend Vietnamese weddings, they often remark on how lively they are. This is the nature of Vietnamese people—a love of singing and dancing, with open hearts. After organizing a number of weddings, Le had a good working relationship with the performers. When factories or other groups want to put on a celebration for foreign laborers, they turn to Le.

“Once I had invited a famous Vietnamese singer and paid a deposit of more than NT$100,000,” Le says. “But I couldn’t raise enough money to host the event. I was worried to death!”

After Le sought sympathy from some friends, word got to the director of the New Immigrant Women’s Care Association of Tao­yuan, Yang Hui­qing, who said that she would work it out, and Le should just carry on with the event.

In the end the event was a huge success. About 15,000 people flocked to the venue to see Dan Vinh Hung, a Vietnamese prince of love songs, perform live. It was the biggest event Le had ever organized. When she found out that Yang had put up all the remaining costs herself, she couldn’t hold back her tears.

Supporting immigrant communities

Le has organized events both big and small, including helping Vietnamese fans in Taiwan watch World Cup qualifying matches, arranging auditions for a Vietnamese TV talent show, putting on barbecues for the Mid-Autumn Festival, and staging charitable fundraisers. “Because foreign laborers are scattered all over Taiwan, it’s important to hold the events near a railway station, so they can take the train,” she says.

She has held successful events near Ban­qiao Station in New Tai­pei City, Xin­wuri Station in Tai­chung, Tai­pei Railway Station, and stations in other cities. For events in Kao­hsiung, she has enjoyed the support of the Kao­hsiung City Tourism Bureau. “The first event we held in Tai­chung’s ­ASEAN Square even provided babysitting for the children of the attendees,” she says.

Le points out that Tao­yuan is home to more than 100,000 foreign workers and more than 50,000 “new immigrants.” The Chinese language skills of Southeast-Asian spouses are often limited, and the government has an obligation to help them educate their children. She would also like to contribute her own efforts. She plans to turn part of her salon into a Vietnamese cultural center that exhibits objects commonly used in Vietnam, including the currency and household items, and displays stories of life at home. In this way visitors could come into closer contact with Vietnamese culture.       

 

新住民のために声を上げ

人助けに奔走するベトナム出身の黎雲英

文・楊齡媛 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

桃園市の延平路と大林路の交差点から建国路にかけて、商店の看板は、台湾人には見慣れないタイ語やインドネシア語、ベトナム語のものばかりが並ぶ。レストランも本場の東南アジア料理ばかり、スマホショップや服飾店、雑貨店も東南アジアの雰囲気があり、まるで台湾を抜け出して、東南アジアの小宇宙に来たかのように感じる。


桃園駅前の延平路や建国路一帯のにぎやかな東南アジア街を離れ、大林路へと進むと道路の幅は広くなり、大きな工場が増え、ビルの1階の商店だけが町に彩りを添えている。4階建ての建物に「CANDYブライダルサロン」の大きな看板が見えるが、派手なウィンドウはなく、1階から3階まではレストランで、ウェディングドレスを選ぶには4階まで上がらなければならない。

このブライダルサロンはベトナム人の黎雲英さんが開いたもので、設立3年、多くのカップルを祝福してきた。台湾に住んで十数年になる彼女はまた、ベトナムから来た多くの新住民が困った時に頼りになる存在でもある。

同郷を助けることが生きがいに

「ブライダルサロンは最初は2階にあり、1階は服飾店、3階が写真スタジオ、4階がレストランでした。それが、レストランが繁盛し、お客さんから4階まで上るのは大変だと言われ、1階に移したのです」と黎さんは言う。ベトナム生まれの彼女は1998年に桃園に来て、電子工場で品質検査の仕事をしていた。その時に同じ会社の技術者と出会い、家庭を持つことになった。2人の子供が生まれ、ベトナムの実家で育ててもらっていたが、上の子が学校に入る年齢になり、子供たちを台湾へ連れ帰った。「社長は良い人で、在宅のパートで働かせてくれ、いつでも復職していいと言ってくれました」と言う。

ところが数年後、桃園の工場は次々と倒産し、彼女も仕事を失った。新聞の求人欄で仕事を探すと、移住労働者にサービスを提供する教会の求人があった。給料は多くないが、同胞のためになると思い、やってみることにした。「その教会は政府移民署から委託された移住労働者を引き受けていて、よく警察に呼ばれて外国人労働者の通訳を務めました。台湾の法律を知らないために法を犯してしまった人や、雇い主の搾取に耐えかねて逃げ出した人など、それぞれに苦労があることを知り、感じるところがありました」と言う。彼女はこの仕事を5年続けるうちに、たくさんのベトナム人女性と知り合った。多くの移住労働者が不公平な扱いを受けていることを知り、同胞のために何かしたいと思うようになった。

その頃、「桃園県ベトナム婦女協進会」の理事長改選が行なわれ、推挙された彼女が引き受けることになった。さらに当時の桃園県(2014年以降は桃園市に昇格)婦女権益促進委員会の委員として招かれ、協力してくれる議員とも出会えた。こうして仕事は増えていき、自分の時間はなくなり、自費でいろいろまかなうことも増えた。教会の2万5000元の給与では足りなくなり、商売を始めたいと思うようになった。

「いろいろ考えた末、飲食店ならできると思いました。同胞が集まる場にもなりますし」と言う。そこで黎さんは、移住労働者が多い内壢に店を開き、その後、自宅に近い延平路に移転した。すぐに人気レストランになったが、面倒なことも次々と起きた。鬱憤を晴らす場のない移住労働者が酒に酔って店で問題を起こし、しばしば警察が訪ねてくるようになったのである。「以前、私は警察に通訳として招かれて手厚い待遇を受けましたが、店を始めてからは、容疑者として訊問されることさえあったのです」と言う。彼女はこのことで店を閉めることにした。

だが、夫の収入だけで一家を養うのは難く、彼女は別の商売を始めることにした。「ベトナム人女性の多くがネイルアートの店を開いているのを見て、以前ベトナムでウェディングサロンを開いたことがあることを思い出し、やってみようと思ったのです」と言う。レストランを開いていた時にも、よく店で歌唱コンクールや披露宴を開いていた。彼女はまた、新住民の習い事や子供たちのベトナム語などの教室を開ける場も持ちたいと思っていた。そこで、すぐに建物を一棟借りて新たな事業に乗り出した。

ウェディングとイベント

ブライダルサロンは、結婚するベトナム出身者に人気の店となった。ベトナム人カップルのための伝統の婚礼衣装やウェディングドレスのレンタル、景勝地での写真撮影や披露宴準備まで、合わせて5万元と低料金である。

「ベトナムと台湾の披露宴はよく似ていて、私たちは楽団を呼んで歌うのが大好きです」と話す黎さんによると、多くの台湾人は披露宴に招待されると、そのにぎやかさに驚くという。皆が子供のように歌ったり踊ったりするのである。この仕事をするうちに、関係する団体やメーカーとも親しくなり、彼らがイベントを行なう時には声をかけられるようになった。

「私たちが協力するのは団体による慈善活動です。彼らは人手や資金が不足しているので、それをお手伝いします」と言う。資金を提供することもある。「あるイベントで、ベトナムのスターを呼ぶことになり、私が10万元を立て替えてベトナムに送金したのですが、その後、資金が集まらず、危うくイベントが開けなくなりそうだったんです」と言う。他のベトナム人に泣きながら相談したところ、「新移民女性関懐協会」の楊恵青理事長が、何とかするから安心して続けなさいと言ってくれたのだという。

その後、イベントは大成功を収めた。ベトナムのスター、ダン・ヴィン・フンを一目見ようと会場には1万5000人が集まったのである。彼女が協力したイベントの中で最も盛大なものとなったが、その後、費用はすべて楊恵青が出してくれたことを知り、感動で大泣きしたという。

外国人配偶者こそ最大の弱者

イベントが終わるたびに「もうやめよう」と思う。忙しいだけでなく、あちこちに寄付を頼まなければならないのが辛いからだ。だが、フェイスブックに書かれた感謝の言葉を読み、多くの人がイベントで郷愁をいやしていると思うと、やめられないのである。

彼女は台湾とベトナムのサッカー大会や、ベトナムのテレビ局によるミスコンクール、チャリティ活動などさまざまなイベントを手掛けてきた。外国人労働者は台湾各地で働いているので、イベント会場は駅の近くでなければならない。板橋駅や新烏日駅、台北駅などの近くで行なったイベントはいずれも成功した。高雄では高雄市の観光局も協力してくれ、「台中の第一広場で開催した時は、活動センターで託児サービスも提供できました」と言う。

黎さんによると、桃園には移住労働者が10万人、新住民が5万人も暮らしているが、海外から嫁いできた女性は中国語があまりできないため、政府はその子育てに協力する義務があるという。桃園市では今年7月に「新住民聯合サービスセンター」を設立し、新住民文化の推進とその就労指導や法律サービスを提供することとなった。これを黎さんも歓迎しているが、将来はさらに、安全で清潔な東南アジアプラザが出来ればと願っている。そこではショッピングや習い事ができ、台湾人の夫たちも子供を連れて遊びに来られ、また多くの台湾人も東南アジアの風土や文化に親しめるような場が欲しいのである。

「私たちは台湾を愛していますし、台湾に暮らし続けたいと思っていますが、少し顔立ちが違い、発音にも訛りがあるので、やっぱり違う目で見られてしまいます。台湾の人々が私たちの文化に触れて理解してくれれば、もっと友情が深まると思うのです」と語る。そこで、まず自分から始めようと、彼女は商売をしている建物の部屋にベトナム文化館を開く計画を立てている。ベトナムの通貨や日用品、物語などを展示し、興味のある人に見てもらおうというのである。「異なる民族への包容力を外国人配偶者にも向けてほしいと思います。私たちも台湾人なのですから」と言葉を結んだ。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!