擴張生命的界限

師鐸獎教師:謝智謀、楊弘意
:::

2019 / 8月

文‧曾蘭淑 圖‧林格立


「老師的世界有多大,學生的夢想就有多大。」台灣師範大學公民教育與活動領導學系教授謝智謀把學生帶到戶外,傳授領導力,進行冒險治療,學生也與他一樣,到尼泊爾、泰北蓋學校,使這個世界更美好。

木柵高工機械科老師楊弘意,則用自己的故事教學生,突破技職框架,把實習工場擴展到世界各地,讓學生體驗付出、努力的學習,換來是國內拿金牌、出國比賽的豐碩學涯。


 

今(2019)年六月帶11位學生去香港開帆船,七月帶學生去攝氏40度的美國大峽谷健行,接著還要去蒙古騎馬。主要教授戶外領導、冒險治療的台師大老師謝智謀提倡突破教室的圍牆,把學生帶到戶外,透過戶外冒險課程,培育領導力與決策力,引導反思。

登上生命的高峰

走訪謝智謀位於台師大的研究室,除了滿牆的藏書,還有各式睡袋、繩索、頭盔與五個登山背包。1998年先在台灣體育大學執教15年,2005年起開設「海外登山領導課程」,他每年帶領一群沒有戶外經驗的學生,從學習登山技巧、寫企畫書募款與風險控管等訓練中,完成攀登喜馬拉雅山、阿拉斯加划獨木舟的學習計畫,甚至攀登非洲第一高峰吉力馬札羅山。

謝智謀的教學理念是:「如果一群沒有經驗的人,透過學習可以攀上喜馬拉雅山,還有什麼能限制他們登上生命的高峰呢?」因此謝智謀的學生有的可以帶著癌症病人去攀岩;有5位學生帶著12位藥毒癮的案主進行21天的戶外冒險治療,經半年的追蹤,其中6個全戒;還有學生到尼泊爾蓋學校,到坦尚尼亞蓋廁所。

「我的學生雖不有名,但他們都讓這個世界更美好。」謝智謀充滿自信地說。

從不良少年到模範教師

2010年教育部頒給他全國教育優秀人員,2018年獲頒師鐸獎。

能夠這樣上山下海的老師,謝智謀在他所寫的《登峰》這本書開宗名義援引音樂詩人Leonard Cohen的話:「正因生命有裂縫,如此光才能透進來。」說明當老師正是他回應自己生命中最深刻的召喚。

因為從小被家暴的經歷,反而培養戶外求生的專業。如今能侃侃而談年少這段經歷:「由於父親人生不如意與混亂,回來總是用皮帶抽打我。我就跑到新竹穹林山上的茶園,躲在山裡兩三天。」沒有想到戶外冒險成為他的專業,而且在大學開了 「獨處與生命反思」的課程,讓修課學生在山上學習獨處四天三夜。

說到生命的轉折,「國中就是中輟、偷竊,高中混就是幫派、打架」,謝智謀平淡的語氣好像說的是輔導的個案,而不是他自己。

但第一次偷摩托車就未遂被抓,卻被警察認為是慣犯。「警察當眾拖著銬著手銬、穿著背心的我,從中壢分局走到縱貫路、再右轉火車站,坐上一號公車到桃園地方法院,那種沿路被路人指指點點的羞愧與傷害,變成想報復的反彈力量,我發誓要讓大家看得起。」

幸運的是,當時他遇到一個好老師王良才,不向學校舉發,同時關心他,鼓勵他念書。帶著手銬遊街的創傷,加上老師的鼓勵,激發會念書的他念到全校第一名,考上師大體育系。

謝智謀說,當時的他,努力想成功,尋找自我的存在價值、滿足自己的掌聲。直到在美國印弟安那大學念研究所,未婚妻他嫁,財務吃緊,失去所有,在人生低谷時,認識了基督的信仰,再次重建屬於生命的價值。

「這個價值不再是我辛苦去努力,不是靠學業成績、成就堆積出來的價值,而是我本來就有價值。」謝智謀解釋,「當我從事冒險治療時,面對一個被性侵253次的孩子,憑什麼告訴他,『你是有價值的?』因為我自己人生有多次從負向轉正向的經驗,建立了心中強烈的信念,我可以向個案顯示,不管你是什麼樣子的人,你是有價值的!」

重現內在生命力量

謝智謀十多年前開始與善牧基金會、育幼院、觀護人等機構合作,對曾被性侵或家暴、自閉、中輟、保護管束或是藥毒癮的孩子,帶到山上與野外進行21天的冒險治療。

許多個案長期在無能、沒有自信、人際困擾等負面經驗的打擊下,卻可以在戶外活動時,發現那個「曾經的自己」。「原來我也會搭帳蓬,學指北針那麼快,也會生火,可以這麼親近大自然,也會解決困難的問題。」謝智謀說。

帶到戶外賦權,放大戶外生活成功的經驗,重新看見自己的價值,再與心理治療師、精神科醫師或是社工等心理衛生工作者合作,透過團體治療與個人諮商,回顧性侵或與自殺的經驗,幫助個案進行生命的回顧,在重整人生的舊思維中,建立新的視野,重現內在生命力量。

繼續冒險,傳承使命

2012年轉到台師大公民教育與活動領導學系後,一開始讓謝智謀有些受挫。

他在大一必修課要求學生,騎腳踏車到觀音山,規定早上八點出發,下午七點沒有回來死當!結果被學生在網路上投訴,說上課那麼累!

謝智謀感嘆地說:「冒險文化不在師大,加上很多來自外校學生選修,學期制缺乏彈性,無法容許在上課時間去爬山!」經過調整的謝智謀,不再針對大一學生開必修課,現今敢修冒險教育的學生,都是準備充足才敢選修。

「這就是我的訓練。」喜歡新鮮與挑戰的謝智謀,去過喜馬拉雅山脈八次,每次路線都不一樣,經過調整,現今繼續帶台師大的學生海外冒險,而且是帶未來的老師們。

激發潛能,拓展視野

改變學生命運,把教室擴張到全世界的,還有今年32歲、師鐸獎最年輕得主之一,木柵高工機械科教師楊弘意。

來到勞動部高屏澎東分署的職訓工廠,在火花飛濺、尖銳機械的切削聲中,梳高髮髻、個子嬌小的詹子儀,神情專注地操作著大型車床的轉鈕,製作模擬賽的作品「傳動機構」。

高中前從未出過國的詹子儀,在今年一月當選「工業機械修護」類科的國手後,短短半年在老師楊弘意的安排下,去了澳洲、中國廣州與加拿大移地培訓,熟悉不同賽事的精密機械設備。

為了讓她體會異地訓練帶來的衝擊,她單獨一人三次到澎湖受訓一個月,國際技能競賽的裁判長、澎湖海事學校校長謝旻淵安排一位英語老師當詹子儀個人英文家教,迎戰8月16日在俄羅斯喀山舉辦的國際技能競賽。

媽媽在她小時候過世,爸爸擔任水電工,四年前詹子儀就讀木柵高工機械科時,沒有想過自己會成為木柵高中機械科「有史以來」第一位女生國手。因為她遇到慧眼識英雄的老師楊弘意,一路帶著她過關斬將,人生因此不同。

用自己的故事教學生

「她就像我一樣,沒有天份,但可以靠著不眠不休的練習,熟能生巧,一路從被淘汰邊緣, 到成為國際技能競賽的國手。」從2012年到木柵高工擔任代課老師,今年執教邁入第七年的楊弘意,至今已培訓出全國技藝競賽十面金牌、十面銀牌,還有無數銅牌、優勝、佳作的學生,不僅得以技優保送或甄審國立科大,還翻轉學生的人生,擺脫底層作業員的宿命,自信跨出技職校門。詹子儀之前,楊弘意的學生,還有2017年在國際技能競賽拿到優勝的左孟民,一樣到加拿大、澳洲、日本等六國移地訓練,與國際選手交流,拓展國際視野。

能夠培訓學生朝向技能競賽之路,因為楊弘意也曾走過相同的路。楊弘意常以自身的故事勉勵學生,成為最好的身教。

很難想像,現在對學生諄諄教誨、循循善誘的楊弘意老師,就讀彰化師大附屬高工機械科時,留著一頭金髮、打了七個耳洞,是老師眼中的頭痛學生。

楊弘意說,因為他在彰工遇到一位好老師,老師從他鋸一塊鐵,可以鋸得整齊,鼓勵他參加技能競賽的選手訓練,雖然第一次比賽成績不甚理想,老師再給他一次機會,讓他在高三時拿到全國技能競賽鉗工金牌,成為備取國手。

考上台灣師範大學機電工程學系後,大二時為了再拚國際競賽的國手資格,每天練習超過12小時,卻沒有選上,成為他求學生涯的遺憾。

「我現在看當時大二的自己,因為喜歡伍佰,玩樂團,綁著馬尾,十分臭屁,一副非我莫屬的樣子,如果我是裁判也不會看上這樣容易分心的人當國手。」楊弘意神情嚴肅地批評當時的自己。

有了如此刻骨銘心失敗的經驗,楊弘意認為「職業態度決定成敗」,因此現今培訓技職選手,一律要求選手賽前必須理三分頭(女生除外),受訓時在學校打地鋪住宿,按上下班時間打卡。十多個金牌、銀牌的選手,就在他嚴格要求學生態度與紀律的堅持下,努力鍛造出「青出於藍」的成績。

陪伴鼓勵,撕去技職標籤

「我國中時班上倒數第五名,『國英數社自』怎麼讀就是讀輸別人,但到了彰工以後,只要讀機械的專業科目,就發現讀書沒有這麼難,我讀過的書就是他們讀的書。」楊弘意總是這麼勉勵著與他一樣不會念書的學生。

楊弘意了解有些學生缺乏主動性與積極性,當老師就是陪伴學生,帶一個是一個。還有許多來自單親、低收入家庭的孩子,不想翻書,就是連翻身的機會都沒有。因為了解學生的學習落差,他自製圖解講義,將課本艱深的理論,轉化為簡單易懂的概念,他寫的書《機械加工》,裡面都是可以一步一步照著做的圖表。

他舉教書第一年為例,班上有一位學生,每天上學總是書包裡面放兩包菸,坐在教室最後面,兩手向後掛在椅背上,一付「要不然你是要怎樣」的模樣,當老師的他總是走過去拜託學生:「這題目你算一算好不好?」這個學生畢業多年,每當晚上他下班騎摩托車經過,看到實習工廠的燈亮著時,總是會進到學校來與老師聊聊天。

從技職體系一路走來的楊弘意,深深體會台灣社會歧視技職體系,以及「技職學生不念書」的標籤。像他明明是用學科考進台師大,但老師知道他是技職選手,總是認定他是靠競賽保送的,甚至還有老師認為他是「學障生」,有學習障礙的學生。

因此楊弘意每天在校陪伴學生超過十小時,不能在家陪伴太太,還向太太借錢,支付選手學生移地訓練的便當錢、機票錢,為的是幫助學生實現夢想,撕去對技職刻板印象的標籤,發揮技職教育最大的可能性。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Broadening Horizons

Award-Winning Teachers Hsieh Chih-mou and Yang Hung-yi

Esther Tseng /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Scott Williams

“Children’s dreams are only as big as their teachers’ worlds,” says Hsieh Chih-mou. A professor with the Department of Civic Education and Leadership at National Taiwan Normal University, Hsieh takes his students on outings that develop leadership skills and provide wilderness therapy. Some of his former students have gone on to establish schools in Nepal and northern Thailand, taking up the torch of making the world a better place.

Yang Hung-yi, a teacher in the machinery section of Mu­zha Vocational High School, uses his own life story as a teaching tool to encourage his students to look beyond the technical‡­vocational framework, explaining to them how diligent study enabled him to win a gold medal in a vocational skills com­peti­tion in Taiwan and to take part in inter­national competitions.

 

 


In June of this year, Professor ­Hsieh Chih-mou of National Taiwan Normal University (NTNU) took 11 students sailing in Hong Kong. In July, he took students hiking in the Grand Canyon in Arizona, and he will soon take another group horseback riding in Mongolia. Hsieh, who teaches outdoor leadership and wilderness therapy, advocates getting students out of the classroom and into the outdoors to cultivate their leadership and decision-­making skills and encourage them to reflect on the world.

Ascending life’s peaks

Hsieh started his teaching career at National Taiwan University of Sport in 1998, and began offering an “overseas mountain-climbing leadership class” in 2005. In every year since, he’s taken a group of students with no outdoor experience and trained them in mountaineering, writing project proposals for fundraising, and risk management. His classes have summited Himalayan peaks, learned to kayak in Alaska, and even climbed Mt. Kilimanjaro, Africa’s tallest mountain.

The thinking underlying his approach to education is this: “If you can teach a group with no experience to climb a Himalayan mountain, what can stop them from ascending life’s summits?” Some of Hsieh’s students have taken cancer patients rock climbing. Five took 12 drug addicts on a 21-day wilderness therapy expedition, and six of those addicts remained drug-free six months later. Still other students built a school in Nepal and lavatories in Tanzania.

“My students aren’t famous, but they’re making the world a better place,” says Hsieh.

A difficult child

The Ministry of Education designated Hsieh an outstanding teacher in 2010 and recognized him with an Excellent Teacher Award in 2018.

In his book Summit, the avidly outdoorsy Hsieh quotes a well-known line from Leonard Cohen: “There is a crack in everything. That’s how the light gets in.” Hsieh says he views being a teacher as a means of being true to his deepest personal experiences.

The domestic violence he suffered as a child spurred the development of his outdoor survival expertise. He speaks candidly about his childhood, telling us: “My father’s life didn’t go as he would have liked, and he took it out on me, thrashing me with his belt whenever he came home. I used to run away and hide for a few days on a tea plantation on Mt. Qionglin in Hsinchu.” He never suspected that this would lead to a specialization in outdoor adventures, and eventually to offering a university class that requires students to learn to survive on their own in the mountains for four days.

Speaking about his life’s turning points, Hsieh says, “Middle school was all about petty theft and truancy. High school was gangs and fights.” He says this without any particular inflection, as if he’s talking about a child he counseled rather than his own life.

His first attempt at stealing a motorcycle failed. The police caught him and assumed he was a habitual criminal.

Fortunately, his teacher, Wang Liang­cai, had taken an interest in him and chose not to report the incident to the school. Instead, Wang encouraged him to study. The humili­ation of being walked through the streets in handcuffs and the encouragement of his teacher drove him to become the top student in his school and win admission to NTNU’s Depart­ment of Physical Education.

Hsieh says that in those days he worked hard to succeed, seeking self-worth and self-affirmation. He went on to attend graduate school at Indiana University in the US, where his fiancée married someone else, his money ran out, and every­thing fell apart. Despondent, he turned to Chris­tian­ity and eventually reclaimed his sense of his own worth.

“My self-worth no longer depended on working hard, or achieving good grades in school, or piling up successes, but was instead a recognition of my own inherent value.” Hsieh explains, “When I began working in wilderness therapy, I met a child who had been sexually assaulted 253 times. How could I express to her that she was a worthwhile human being? Having had many negative experiences that turned out positive, and having developed from that a strong belief in my own worth, I was able to tell her, ‘No matter who you are or what you’ve experienced, you too are worthwhile.’”

Passing on a mission

Hsieh experienced a setback soon after transferring to NTNU’s Department of Civic Education and Leadership in 2012. He was teaching a required freshman course, and asked students to cycle to Mt. Guan­yin and back. They were to set out at 8 a.m., and would flunk the course if they didn’t return by 7 p.m. Students complained online, writing that the course was too physically demanding. 

Hsieh made adjustments, and quit teaching courses required of freshmen. Nowadays, the students bold enough to take his adventure education classes are well prepared before signing up.

Hsieh enjoys challenges and trying new things, and incorporates this into his curricula. He’s visited the Hima­layas eight times now, taking a different route each time. But for all his love of variety, one constant ­remains: Hsieh continues to take his NTNU students, future teachers themselves, on overseas adventures every year.

Nurturing potential

Yang Hung-yi, a 32-year-old teacher at Muzha Vocational High School (MVHS) and one of the youngest people to win the Excellent Teacher Award, is another educator turning students’ lives around and extending education beyond the classroom.

At a training factory in Kaohsiung run by the Ministry of Labor, a petite young woman named Zoe Chan is practicing for an upcoming international competition by making parts for a transmission mechanism on a large lathe.

Chan had never been overseas prior to starting high school, but in January was selected to represent Taiwan in the Industrial Mechanic Millwright category of the WorldSkills Competition. In the six months since, Yang has arranged for her to travel to Australia, mainland China, and Canada for training and to familiarize her with the machine tools used in different competitions.

Chan is slated to face off against her competitors at the WorldSkills Competition in Kazan, Russia, on August 16.

Chan’s mother passed away when she was still young. Her father does plumbing and electrical work. As a student at MVHS four years ago, she never imagined she would become the first woman from her school to represent the nation in international competitions. But Yang spotted her talent and helped her achieve her potential, putting her life on a very different track.

Teaching from one’s own life

“She’s just like me. She doesn’t have a lot of natural talent, and has instead honed her skills through tireless practice. In so doing, she’s worked herself from the academic margins to representing Taiwan at WorldSkills.”

Yang has been teaching for seven years since first becoming a substitute at MVHS in 2012. To date, he has trained the winners of ten gold and ten silver medals, as well as the recipients of innumerable bronze medals and honorable mentions. His students have gained admission to science and technology departments at national universities. These successes have changed students’ lives, and given them the confidence to step out into the world beyond vocational school. Tso Mong-ming, who earned a Medallion for Excellence at WorldSkills 2017, is a former student of his. Like Chan, Tso trained in Canada, Australia, and Japan before the competition, and developed an international perspective through exchanges with other competitors.

One reason for Yang’s success in training students for vocational skills competitions is that, having traveled the same road himself, he is able to use his life story to teach and encourage them.

It’s hard to imagine that this patient and systematic teacher is the same person as the dyed-haired, seven-­earringed kid who gave his teachers headaches at the Affiliated Industrial Vocational High School (AIVHS) of National Chang­hua University of Education.

Yang says that a teacher at AIVHS encouraged him to train for vocational skills competitions. Even though he didn’t do very well in his first competition, the teacher offered him another try, which led to him winning a gold medal in a national competition in his senior year, and becoming an alternate on the national team.

Yang believes that a person’s attitude towards their work is what determines their success or failure. With that in mind, when he trains competitors, he requires them to get a crew cut (women excepted), sleep on the floor of the school, and punch a time clock at the start and finish of their workday. Adherence to his stringent requirements has been a key part of the success of his dozen-odd gold and silver medal winners in surpassing his own achievements. 

Breaking down stereotypes

“I was fifth from bottom of my middle-school class,” says Yang, who recounts his own academic difficulties to encourage his students. “No matter how I studied, my scores in Chinese, English, math, social studies and natural sciences were lower than my classmates’. But at AIVHS, I studied the same textbooks as everyone else, yet I found I had no trouble learning things related to machining.”

Yang understands that some students lack a proactive attitude, and being a teacher means addressing the needs of each individual. Many students from single-­parent or low-­income families aren’t much interested in books, leaving them with little opportunity to make something of themselves. With that in mind, he creates illustrations that distill the abstruse textbook theories into easy-to-grasp concepts.

Yang puts in more than ten hours a day at school with his students. Though this leaves him with little time to spend with his wife, he nonetheless borrows from her so that students training abroad will have airfare and pocket money. His goal is to help his students break free of vocational-­school stereotypes, maximize the possibilities of their educations, and achieve their dreams.

生徒の視野を広げ 生の限界を乗り越えさせる 師鐸賞受賞教員

謝智謀・楊弘意

文・曾蘭淑 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

「教師がどれだけ大きな世界を持っているかで、学生の夢の大きさも変わってくる」と語るのは、台湾師範大学公民教育・活動指導学科の謝智謀・准教授だ。彼は学生たちをアウトドアへと連れ出してリーダーシップを培わせ、大自然の中で自力で生活させることでウィルダネス・セラピーを行なう。彼の教え子たちの中には、先生と同じようにネパールやタイ北部へ行って学校をつくる者もいて、この世界をより良くしようとしている。

木柵工業高校機械科教師の楊弘意は、自らの物語を通して学生たちを導く。職業高校の枠を抜け出して実習工場を世界各地へと広げ、生徒たちに、努力すれば国内で金メダルが獲得でき、国際技能競技大会に参加する機会が得られることを体験させている。


2019年6月、11人の学生を率いて香港にセイリングに行き、7月には学生たちと気温40度のグランドキャニオンにハイキングに行った。さらに続いてモンゴルに馬に乗りに行く予定だ。アウトドア・リーダーシップと、大自然の中で自力で生活するウィルダネス・セラピーを主に教える台湾師範大学の謝智謀は、教室を抜け出して学生たちをアウトドアに連れ出し、大自然の中での冒険カリキュラムを通して、リーダーシップや判断力を身につけさせる。

人生の高みへ

師範大学にある謝智謀の研究室を訪ねると、大量の書物とともに寝袋やロープ、ヘルメットと五つの登山用リュックが置いてある。1998年から台湾体育大学で15年教鞭をとり、2005年に「海外登山リーダーシップ課程」を設けて、毎年多くの学生をアウトドア体験に連れていった。登山の技術、資金募集のための企画書作成、リスク管理などを教え、ヒマラヤ登山やアラスカでカヤック学習を行ない、さらにアフリカの最高峰であるキリマンジャロも一緒に登った。

謝智謀はその教育理念をこう語る。「初心者が学習を通してヒマラヤに登ることができれば、人生の峰に限界などあるでしょうか」と。こうした教育を受けた謝智謀の生徒の中には、がん患者にクライミングを教えたり、また学生5人で12人の薬物中毒患者をアウトドアに連れ出し、21日にわたってウィルダネス・セラピーを行なったりしている人もいる。これにより12人の薬物患者のうち6人が完全に中毒を克服することができた。中にはネパールに学校を建てたり、タンザニアにトイレをつくったりした学生もいる。

「私の生徒は有名ではありませんが、この世界をより良いものにしようとしています」と謝智謀は自信をもって語る。

不良少年から模範教師へ

謝智謀は2010年に教育部から全国教育優秀人員に表彰され、2018年には師鐸賞を受賞した。

子供の頃に家庭内暴力を受けた経験が、アウトドアでのサバイバルへの道を開いた。「私の父はいろいろなことが思い通りにならず、帰宅すると私を皮のベルトで打ちました。私は新竹県穹林の山の中の茶畑に逃げ込み、そこに2〜3日隠れたりしたのです」と言う。「中学を中退して盗みをはたらき、高校では不良グループに入って喧嘩ばかりしていました」

初めてバイクを盗もうとした時に捕まり、警察からは常習犯扱いされ、手錠を掛けられたまま街を歩いて裁判所へ連れていかれた。沿道で人々から白い目で見られたことが心に刺さり、何としても見返してやると決意したのである。

幸運なことに、その頃に王良才先生に出会った。先生は学校には知らせず、彼に関心を寄せ、勉強するよう励ましてくれた。それが励みになり、彼は全校トップの成績をとって師範大学体育学科に合格したのである。

その頃の彼は、とにかく努力して成功して喝采を浴び、自分の存在価値を見出したいと考えていた。ところが、米国インディアナ大学の大学院まで進んだ時、婚約者が他の人と結婚してしまい、お金もなくなり、すべてを失って人生の谷底に落ちた。その時にキリスト教と出会い、再び人生の価値と向き合うこととなる。

「この価値は、自分の努力で成功して手に入れるものではなく、私にもともと備わっている価値なのです」と謝智謀は言う。「ウィルダネス・セラピーを行なう中で、253回も性的侵害を受けた子供と向き合うことになりました。その子に、何を根拠に『君には価値がある』と言えるでしょう。私自身が幾度もネガティブな状況から何とかして立ち直り、強い信念を確立してきたからこそ、その子に『君には価値がある』と言うことができたのです」

謝智謀は十数年前から善牧基金会や養護施設、保護観察官などと協力関係を結び、性的暴行や家庭内暴力、薬物中毒などの子供を山へ連れていき、屋外で21日にわたるウィルダネス・セラピーを行なっている。

冒険を続け、使命を引き継ぐ

だが、2012年に台湾師範大学公民教育・活動指導学科に移った当初は挫折を味わった。

一年生の必修科目で「自転車で観音山まで往復すること。朝8時に出発して夜7時までに戻ってこなかったら不合格」と発表すると、学生たちはネット上で不満の声を上げたのだ。師範大学には冒険の文化がなく、他校から履修している学生もいるため授業時間が自由にならないことに気づき、一年生の必修科目は持たないことにした。現在、彼の冒険教育を履修する学生は、それを楽しみに選択してくる。

新鮮なこととチャレンジが好きな謝智謀は、ヒマラヤに8回、毎回異なるルートで登ってきた。今も台湾師範大学の学生を海外での冒険に連れ出している。

ポテンシャルを引き出す

学生の運命を変えているのは謝智謀だけではない。32歳、最年少で師鐸賞を受賞した木柵工業高校機械科の楊弘意は、教室を世界に広げる。

政府労働部の高雄・屏東・澎湖・台東分署に属する職業訓練工場を訪ねると、大きな音が響く中、機械が火花を散らし切削している。小柄な詹子儀は、神経を集中させて大型の旋盤を操作し、コンテストに出すトランスミッション・メカニズムを作成している。

高校まで一度も海外に行ったことのなかった詹子儀は、今年1月に工業機械メンテナンス部門で国の代表に選ばれ、楊弘意の手配でわずか半年の間にオーストラリアやカナダ、中国の広州などで訓練を受け、さまざまな精密機械設備に習熟してきた。8月16日にはロシアのカザンで開かれる国際技能競技大会に参加する。

詹子儀は母親を幼い頃に亡くし、父親は電気水道工事を請け負っている。4年前に彼女が木柵工業高校に入学した時は、自分が同校機械科で女子として「史上初」の国の代表選手に選ばれるとは思ってもいなかった。彼女の人生は、楊弘意先生に出会ったことで大きく変わったのである。

自らの物語で生徒を導く

「彼女は私と同じで、天性の才能に恵まれているわけではありませんが、不眠不休の訓練を通して技を磨き、ぎりぎりのところで勝ち続け、国際技能競技大会の国家代表になったのです」と言う。楊弘意は2012年に木柵工業高校の代講教師となり、今年で7年目だが、彼が育てた生徒はこれまでに全国大会で金メダル10、銀メダル10、それに数えきれないほどの銅メダルや入選を獲得してきた。これらの生徒は技能が優れているというので国立科技大学へ推薦で入学でき、職業高校卒業という運命を大きく変えている。同じく楊弘意の教え子で、詹子儀より前に国際技能競技大会で優勝した左孟民も、カナダやオーストラリア、日本など6ヶ国で訓練を受けて海外の選手と交流し、視野を広げてきた。

楊弘意が生徒に技能コンテストに挑戦させるのは、自分も同じ道を歩んできたからだ。彼はしばしば自らの物語を通して生徒たちを導いている。

生徒を優しく教え諭す現在の楊弘意の姿からは想像しがたいことだが、彰化師範大学付属工業高校の機械科に学んでいた頃の彼は、金髪にピアスという、先生にとって頭の痛い生徒だった。

それが、ある先生との出会いで大きく変わったのである。その先生は、彼がのこぎりで鉄をきれいに切断するのを見て、技能コンテストに参加するための訓練を受けさせた。最初の成績は振るわなかったが、先生は彼に再度チャンスを与え、3年生の時に全国技能コンテストで金メダルを取り、国の代表選手に選ばれたのである。

台湾師範大学機電工学科に合格し、2年生の時に再び国の代表選手になろうと毎日12時間も練習したが、選ばれなかった。「当時はロック歌手の伍佰が好きで、髪をポニーテールにしてイキがっていました。私が審判でも、そんな傲慢な態度の学生を合格させないでしょう」と言う。

この経験から、「仕事に対する態度が成敗を決める」と考えるようになった。そのため、コンテストに参加する男子生徒には五分刈りにするよう求め、訓練中は学校に寝泊まりさせる。こうして厳しい規律を守ってきた生徒が金・銀メダルを獲得してきたのである。

「中学の成績はクラスで後ろから5番目で、主要科目はまったくダメでした。それが高校で機械科に入ってから勉強はそんなに難しくないことに気づいたのです」と楊弘意は言う。

楊弘意は、一部の生徒は能動性や積極性に欠けるため、生徒に寄り添わなければならないと考える。また、一人親家庭や貧しい家庭の子供もいて、貧困から抜け出すには勉強しなければならない。生徒によって学力にも差があり、楊弘意は、教科書の内容を分かりやすく図解した資料を手作りしている。その著書『機械加工』を開くと、すべて一つずつ図や表で説明してある。

生徒たちに寄り添う

工業高校で学んだ経験のある楊弘意は、台湾社会には職業高校の生徒は勉強ができないという偏見があることを知っている。彼は受験して台湾師範大学に合格したのだが、彼が技能コンテストの選手だったことを知ると、推薦で入ってきたとみなされることもあった。

だからこそ、彼は家で妻と過ごす時間を犠牲にして毎日学校で生徒たちに十時間以上寄り添っている。そのうえ生徒の訓練のための弁当代や交通費を妻から借りることもある。すべては生徒が夢を実現し、職業高校に対するステレオタイプのイメージを払拭し、職業教育の可能性を最大限に発揮するためなのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!