策展走入常民生活

換個角度看世界
:::

2019 / 4月

文‧鄧慧純 圖‧衍序規劃設計


彷彿集結了一股新的能量,台灣新生代的策展人,帶著他們想與社會溝通的概念,將資訊重新整理、詮釋,再注入設計的思考,使源自於藝術領域的策展慢慢發生質變,再再驚艷大眾的體驗與想像。

 


一夜限定的「白晝之夜」,讓上萬民眾湧進台北街頭藝術狂歡;以「我們在文化裡爆炸」為主題的文博會,引爆觀者五感與思想的小爆炸;將文化資產再轉化成展覽的「電力大地──台灣電力文化資產保存特展」;將傳統宮廟遶境文化注入創新的「大溪大禧」;讓新竹人重新因出產玻璃而驕傲的「新竹市玻璃設計藝術節──光動Light Driving」。近年台灣的設計展多元且精彩,每次逛完一場展,都讓觀者像經歷一場思維的洗禮,帶著新的想法滿足離去。

一種新的觀看方式

「策展是幫社會去『翻譯』一種聲音。」說起話來慢條斯理,彷彿每個用字都經過鍛冶、打磨的格式設計創辦人王耀邦如是說。年紀輕輕的他,率領的團隊已屢屢獲得德國紅點設計獎Best of the Best、日本優良設計獎Good Design Award best 100、台灣金點設計獎年度最佳設計等殊榮。

在他而言,「設計是邏輯性的思考」,而「策展是讓設計發生的源頭」。2017年,王耀邦擔任文博會總策展人,他跳脫過去商展以「產品」的角度出發,而是從觀察到的社會現象,作為策展「概念」的起始點,王耀邦發現當時社會大眾高度關注文化及設計議題,各式各樣的設計展吸引了大量的人潮參觀,趁機把策展的教育功能帶入,以「議題」的方式包裝策展主題,帶起民眾對社會議題的思考。他感知到文化創意在社會中集結成一股蠢蠢欲動的能量,而將觀察加以翻譯,以「我們在文化裡爆炸」為文博會的主題。

概念清楚成形,接著設計進場。王耀邦重視展場空間不可替代的體驗,在設計上呈現傳統產業與文化創意連結的可能性,讓白色紙片從天而降作為空間穿透的中介,產生新的觀看可能;用40噸透明回收玻璃珠作為地坪鋪面,讓觀者可赤足踩踏在回收玻璃珠上。透過設計的重新編整,「在文化裡爆炸」的概念,轉移到空間與視覺的體驗,各種媒介都聯繫觀者的五感,每件事情都提醒著「我們在文化裡爆炸」。

創造與大眾溝通的語彙

曾在2016年喊出「好呀!大家都不要睡」的口號,號召了超過二十萬民眾一晚不睡,遊晃在台北街頭,感受白晝之夜的藝術祭典氛圍,是衍序規劃設計創辦人劉真蓉的創舉。

景觀設計出身的劉真蓉,除了說話、思考飛快,最讓人注意到的是她話中、句尾不時出現呵呵呵的笑聲。經手策劃過許多有趣的展覽,對她來說,curate(策展)是一個議題經過爬梳、整合的過程,產出的不一定是一個展覽,一種論述、甚至一個事件都有可能,「它其實是一個重新的論述,整理成一個重新被經驗、觀看的方式。」最重要的是你如何把核心的價值鋪陳成吸引人的故事。

以「白晝之夜」為例,「白晝之夜」是全球的夜間城市藝術祭,2002 年創始於法國巴黎,根基於「都市創新」及「公共空間設計」兩大核心概念,為市民提供親近藝術及城市的場域。2016年,劉真蓉將之引入台灣,但要怎麼跟還不熟悉的台灣民眾溝通呢?劉真蓉和藝術總監李明道左思右想,「好呀!大家都不要睡」,這個口號蹦出來,有點好笑,又引人好奇,用大眾能夠了解的語彙溝通,先把民眾吸引出來,親身參與活動,是策展中重要的溝通。那一夜,果然號召了超過二十萬的民眾,竄動在台北舊城區的街弄巷道,共同參與這場以光與藝術妝點的城市慶典,是台北捨不得睡的一夜。

重新認識在地

一種新的觀看方式,也意味著對在地重新的認識。

2018年劉真蓉走入桃園大溪,被當地仍保存的文化在地性感動。這個小鎮,每逢農曆6月24日關聖帝君生日,在地社頭自主出陣參與慶典,迄今不墜。大溪居民視此為第二個過年,每年都要熱鬧一番。

「現今台灣很多神明遶境都是由職業社頭擔當了。但大溪很厲害的是,迄今大溪遶境還是由在地的31個社頭出陣,是整個城市的動員。」這般精實的社頭文化,讓劉真蓉看見文化的價值,更期望在未來能發展成為台灣節慶的品牌,輸往國際。

將傳統與當代對接,劉真蓉用策展的概念操作,將節慶重新命名為「大溪大禧」,將原本兩天的遶境活動,展延成為期三周的節慶,不僅在地居民返鄉參與,更吸引外地民眾前來親身體驗「與神同巡」的遶境盛會。

對於傳統,劉真蓉說:「不只想要保存,還要讓它活起來。」於是邀請了跨領域的設計師與藝術家,與傳統社頭合作,成為節慶的新亮點。「大溪大禧」的平面視覺設計,讓關公露齒一笑,還鑲了金牙,更添喜氣。社頭的旗幟、神明的服飾等都因注入當代設計的能量,有了新的氣象。

僅只一晚在李騰芳古宅舉辦的「神嬉舞夜」,更結合了老宅、光影與電音搖滾的元素,打造一晚傳統與當代設計的大溪限定。是一場跨越當代設計與民俗信仰的城市祭典,更讓在地居民從文化中找到自信與驕傲。

不僅傳統祭典,在地產業也需要被重新認識。

玻璃產業已與新竹並行九十多個年頭了,新竹居民是否因為新竹出產玻璃而驕傲呢?王耀邦在承接2018年新竹玻璃藝術節時如此提問。他以「光動Light Driving」為主題,導入設計元素,玻璃的晶瑩通透與光影的互動宛如一場秀,藉由設計、藝術及觀者的參與,新竹的玻璃與城市居民的生活產生連結,產生共感,「市民觀展時產生了榮耀感,那就是很好的社會設計,因為民眾參與其中。」王耀邦說。

改變的起點

除了傳達業主的訊息,開放地廣納意見、勾起大眾的思考與討論,是許多策展人背後想要達成的意圖。

因白晝之夜與劉真蓉結緣的台灣電力公司,可說是台灣基礎建設的始祖,近年老企業盤點了老水壩、老電廠的資料,捧著這些文資素材,卻不知道如何跟民眾溝通,因而找上了衍序規劃設計。

劉真蓉的團隊一股腦兒地跳下去研究,梳理資料,了解台灣的電力供給最初是仰賴水利發電,水力則依附山勢地形而生,因此可說台灣的電力是從大地而來。

「電力大地──台灣電力文化資產保存特展」就從1919年一張古地圖說起,當時日本人盤點了台灣地勢與水文,做為未來50年發電所的預測。依附山川大地而建置的供電系統,構連著台灣現代化發展的脈絡。雖然如今水力發電佔總發電量極低的比重,但是,「台電文資展的背後,更可以討論的是台灣的電力未來要往何處發展,這或許是當今社會的敏感議題,但卻是電力公司需要跟台灣社會溝通的課題。」劉真蓉說。

王耀邦則提及先前策劃的「港區邊緣,策一種時空過渡的可能」展覽。利用閒置的基隆市警察局第二分局為辦展空間,不花預算在空間整修,只在裡頭安置大量的植栽,請花藝師在空間中稍事妝點,請詩人創作關於基隆的詩,在基隆多雨潮濕的氣候,展場裡的植物愈發欣欣向榮,許多民眾紛紛從台北專程搭車到基隆來,體驗空間的過渡性。

王耀邦提出:「是否『翻修』是都市空間的唯一途徑?」希望引發大眾對閒置空間更多的思考,更多公共性的想像,這或許就是策展推動改變的開始。

2019年春天,文博會蓄勢待發,劉真蓉接下文博會的棒子,更將場館擴展到華山文創園區、圓山爭艷館、松菸文創園區、台灣當代文化實驗場C-LAB以及台北機廠一隅。玩心不減的劉真蓉,打出「Culture on the move」的主題,對接傳統與現代的表演藝術,台上3分鐘,台下10年功,不停擺的演出,展演文化的變動與產出的永無休止,一場文化的動態實驗進展中,怎能不讓人引頸期盼呢?                                  

相關文章

近期文章

EN 日本語

Displaying the World from a Different Angle

Curation Goes Mainstream

Cathy Teng /photos courtesy of BIAS Architects /tr. by Scott Williams

Taiwan’s new generation of curators are transforming art curation, creating dazzling experiences for the general public by applying ideas from the field of design to the presentation of the concepts they want to communicate.


Fantastic design festivals have popped up all over Taiwan in recent years. Celebrations such as the all-night “Nuit Blanche” art festival in Tai­pei, the mind-blowing “Cultural Explosion” themed Creative Expo Taiwan; the fascinating exhibition “Power Infrastructure as Landscape: Taiwan Power Cultural Heritage”; the innovative “Daxi Daxi” festivities; and the “Light Driving” themed Hsin­chu International Glass Art Festival honoring Hsin­chu glassmaking, have all provided visitors with baptisms in intellectual waters filled with new ideas.

A new way of looking at things

“Curators help society interpret a voice,” explains Pang Wang, director of InFormat Design Curating, in his unhurried voice.

Design, he says, is a “logical reflection,” while “cur­ation is the way that we make design happen.” As the head curator of Creative Expo Taiwan in 2017, Wang chose to move the expo away from its previous commercial-­expo-style focus on objects, and instead orient it around issues. Having sensed that Taiwan’s creative‡cultural capabilities were beginning to come together, he used the expo’s “Cultural Explosion” theme as a medium for interpreting the phenomenon.

Wang then donned his design hat and began thinking about how to make his concept tangible to visitors. Recognizing the importance of the exhibition space to the experience, he designed it to demonstrate the feas­ibility of linking the traditional and the creative‡cultural industries. He created new visual possibilities by using huge white paper banners, some blank, others printed, as intermediaries, breaking up and reshaping the exhibition space. He also covered the floor in 40 tons of clear beads of recycled glass, and encouraged attendees to walk on them barefoot. His design-oriented reconfiguration applied to both the space and the visual experience, with each medium connecting the five senses and each interaction drawing attention to the “cultural explosion.”

Creating a vocabulary

Tammy Liu, creative director at BIAS Architects, was the creative force behind the Nuit Blanche Taipei art festival, which persuaded more than 200,000 people to stay up all night wandering the streets of the city, enjoying the art-festival atmosphere.

A landscape designer, Liu has curated a number of interesting exhibitions. To her, curation is “a way of turning a rediscussion into something to be experienced and viewed again.” The key thing is finding a way to narrate your core values in an interesting way.

A global urban art festival that began in Paris, France, in 2002, Nuit Blanche revolves around the concepts of urban innovation and public space design, and provides citizens with a means to encounter art and the city itself. Liu brought it to Taiwan in 2016, but faced the question of how to communicate the festival’s idea to Taiwanese unfamiliar with it. Liu and art director Akibo Lee racked their brains before finally coming up with the slogan, “Let’s not sleep tonight!” A little bit humorous, the slogan also piqued people’s curiosity. By putting the idea in a way the general public could understand, they succeeded in bringing people out for the event. In fact, more than 200,000 people attended that year’s Nuit Blanche. Who could bear to sleep with Tai­pei dressed up in art and lights?

Knowing a place anew

New ways of seeing things also imply the possibility of coming to know a place anew.

In 2018, Liu attended Daxi District’s birthday celebration for the god Guan Yu, which the Tao­yuan community holds each year on the 24th day of the sixth lunar month. Local clubs (“she­tou”) that participate in the deity processions elevate the festivities into something that residents regard as almost a second Lunar New Year, and celebrate enthusiastically.

“Nowadays, most of Taiwan’s deity processions are handled by she­tou associated with trade or professional groups. The amazing thing about Daxi is that it still has 31 local she­tou participating in its processions. The whole community mobilizes for the celebrations.” This well-­established she­tou culture showed Liu the value of “­culture” and stirred an ambition to turn it into an exportable Taiwanese festival “brand.”

Liu’s re-envisioning of the festival joined traditional and modern elements, renamed it “Daxi Daxi” (the first Daxi being the name of the district, meaning “Big River,” and the second meaning “great happiness”), and extended the original two-day procession into a three-week event that attracted people from outside the community who wanted to experience “making the rounds” with the gods for themselves.

Liu says, “I didn’t just want to preserve tradition, I wanted to bring it to life.” To that end, she invited designers and artists from multiple fields to work with the she­tou to turn the festival into an attraction.

The festival’s “Gods’ Dance Night” event at the historic Li Teng­fang residential compound combined an old building, lights and electronic rock music into an evening of contemporary and modern design. Liu’s efforts have made Daxi Daxi into an urban festival that extends con­tempor­ary design and folk beliefs in a way that enables locals to find pride and self-confidence in their culture.

Traditional festivals aren’t the only ones needing a makeover. Local industries do too.

Hsinchu has maintained a glassmaking industry for more than 90 years, but do Hsin­chu residents take pride in it? That was the question Pang Wang asked himself when he took over the Hsin­chu International Glass Art Festival in 2018. Choosing “Light Driving” as that year’s theme, Wang designed the festival to make it as clear as glass and as inter­active as a show. Using visitor participation and elements drawn from the arts and design, he forged links between the festival and city life. “When locals take part in the festival, they become proud of Hsin­chu’s glassmaking,” says Wang. “Public participation makes for good social design.”

The beginning of change

Many curators seek to elicit a broad range of opinions through their work. They hope to solicit the general public’s thoughts and initiate discussion.

Taiwan Power Company, which connected to Liu via Nuit Blanche, can be considered the progenitor of Taiwan’s infrastructure. A few years ago, the company took inventory of documents related to its old dams and power plants, and decided it wanted to make those records available to the public. Unsure how to communicate with society at large, it turned to BIAS Architects for help.

Liu and her team dove straight into the documents. Combing through the data, they learned that Tai­Power initially relied on hydropower to generate electricity, and that the water that drives hydropower systems gains its power from mountainous terrain.

The exhibition “Power Infrastructure as Landscape: Taiwan Power Cultural Heritage” began its story with a map from 1919. At the time, the Japanese colonial govern­ment was studying the relationship between Taiwan’s terrain and its water resources to develop a 50-year roadmap for power generation. This terrain-reliant power supply system established the basis for Taiwan’s modern develop­ment. Even though hydropower now accounts for only a very small percentage of Taiwan’s electricity generation, “the TaiPower exhibition aimed to spark a discussion about the future direction of electricity genera­tion in Taiwan. It’s an issue the power company needs to talk to the Taiwanese community about,” says Liu.

The exhibition “On-Site Interference/Contemplating Possibilities” that Pang Wang once curated in an unused space belonging to the second precinct of the Kee­lung City Police Bureau may have marked the beginning of the use of curation to promote change.

Underlying the project was a question: “Is rebuilding the only option for urban spaces?” Wang hoped to make people think more about idle spaces and spur their collective imagination. He spent no money renovating the building, and instead simply installed numerous potted plants to transform it into a transitional space.

In the spring of 2019, Creative Expo Taiwan has momentum at its disposal. Liu has taken the baton from Wang and extended the expo’s stage to include Tai­pei’s Hua­shan 1914 Creative Park, Expo Dome, Song­shan Cultural and Creative Park, Taiwan Contemporary Culture Lab (known as “C-LAB”), and a corner of the Tai­pei Song­shan Airport. Having chosen “Culture on the Move” as this year’s theme, the ever-playful Liu is connecting traditional and contemporary performing arts with a nonstop series of performances demonstrating the ever-­changing and ever-productive nature of culture. Who isn’t curious about that? 

違う角度から世界を見る——

生活に入り込むキュレーション

文・鄧慧純 写真・衍序規劃設計提供 翻訳・山口 雪菜

まるで新しいエネルギーを結集したかのようである。若い世代のキュレーターたちが、多くの人とコミュニケーションを取りたいと考えるコンセプトにデザイン思考を取り入れ、キュレーションの質を変化させ、一般の人々を驚かせている。


一夜限りの「白夜祭(ニュイ・ブランシュ)」では、何万もの人が台北の街へ繰り出してアートを楽しんだ。「我々は文化の中で爆発する」をテーマとしたクリエイティブ・エキスポ(台湾文博会)は、観客の五感と思想に爆発を起こした。文化遺産を展示する「電力大地——台湾電力文化遺産保存特別展」が開かれ、また伝統の廟の巡行には新しい「大渓大ءH」が盛り込まれた。「新竹市ガラスアート芸術祭—Light Driving」は新竹のガラス産業に光を当て、新竹住民に誇りをもたらした。最近、台湾のデザイン展は多様化し、見終えるたびに、まるで思考の洗礼を受けたかのような満足感を覚える。

新しい見方

「キュレーションは、ある種の『声』を社会のために翻訳するものです」と理路整然と話すのは、格式設計(Informat Design Curating)を創設した王耀邦だ。若い彼は、すでにドイツのレッド・ドット・デザイン賞や日本のグッドデザイン賞、台湾の金点設計賞などを受賞している。

彼にとって、「デザインは論理的思考であり、キュレーションはデザインを発生させる源泉」だと言う。2017年、王耀邦はクリエイティブ・エキスポのキュレーターを務めた。従来の見本市は「商品」を打ち出すものだが、彼は社会現象を観察し、キュレーションの「コンセプト」を出発点とした。昨今は文化やデザインに対する一般の人々の関心が高く、さまざまなデザイン展に多くの人が足を運んでいる。これを見た彼は、キュレーションの教育機能を活かし、「イシュー」をテーマとして社会問題に対する思考を喚起した。彼はクリエイティビティが社会にエネルギーをもたらすと考え、「我々は文化の中で爆発する」をクリエイティブ・エキスポのテーマとした。

こうしてコンセプトが形成されると、デザインの段階に入る。王耀邦は展覧会場において他では得られない体験を提供したいと考え、伝統産業と文化クリエイティブ産業の連結の可能性を探り、白い紙が空から舞い落ちる情景を媒介にして、新たな視覚空間の可能性を探った。そこで、透明なビー玉40トンを床に敷き詰め、入場者が裸足でそこを歩けるようにした。こうしたデザインを通して「文化の中で爆発する」というコンセプトは空間と視覚の体験へと転化され、すべてが見学者の五感とつながり、「我々は文化の中で爆発する」ことを意識させるものとなった。

大衆とのコミュニケーション言語

2016年、「よし!皆で寝ずに過ごそう」をスローガンに、20万人が夜の台北の街に繰り出して芸術祭を楽しんだ。これは-l序規画設計(BIAS Architects)の創設者、劉真蓉が仕掛けたイベントである。

景観デザインを専門とする劉真蓉は、これまでに多くの展覧会を手掛けてきた。彼女にとって、キュレーションとは一つのテーマを整理するプロセスで、そこから生まれるのは展覧会や言説、あるいは一つの物事の可能性もあると言う。「一つの新しい言説を、体験、観賞できるものに整理し直すものです」と語る。最も重要なのは、核心となる価値をいかに魅力的な物語に整理し直すかなのである。

白夜祭(ニュイ・ブランシュ)は、2002年にフランスのパリで始まった世界的な芸術祭で、都市のイノベーションと公共空間デザインを二大コンセプトとして市民にアートに親しめる場を提供するものだ。2016年、劉真蓉はこれを台湾に導入し、「よし!皆で寝ずに過ごそう」というユニークなスローガンで多くの人を惹きつけた。その結果、20万人余りが街に繰り出し、光とアートで彩られた台北の景観を楽しんだのである。

あらためて地元を知る

あらためて地元を知る方法がある。

2018年、劉真蓉は桃園市の大渓を訪れ、そこで地域文化がよく保存されていることに感動した。この小さな町では、毎年旧暦624日の関帝生誕日に地域(社頭)ごとに陣頭という出し物を出してにぎやかに祝う。

「現在、台湾の多くの廟の巡行では職業グループが中心に活動していますが、大渓では今も地域の31のグループ(社頭)が出し物を出し、町全体が総動員されているのです」と言う。こうした社頭文化に劉真蓉は文化の価値を見出し、将来的には台湾の祭りのブランドとして世界に発信したいと考えている。

伝統と現代のつながりを、劉真蓉はキュレーションのコンセプトで考えた。この祭典を「大渓大禧」と名付け、従来は2日だった巡行を3週間に延ばすことで、余所の地域に暮らす人々も帰省して参加できるし、また他の地域の人々も神とともに練り歩く体験ができる。

「伝統は保存するだけでなく、活かしていかなければなりません」と劉真蓉は考え、さまざまなジャンルのデザイナーやアーティストを集め、伝統の社頭と協力することで、祭りの魅力を高めた。ポスターの関帝は金歯で、めでたい雰囲気を出し、社頭の旗や神の服飾にもデザインを取り入れ、新たな命を吹き込んだのである。

また、李騰芳旧宅で一晩だけ行なわれる「神<^舞夜」は古民家と光と影、電子音楽を融合させた大渓だけのイベントである。現代のデザインと民間信仰を組み合わせた都市の祭典で、地域住民は文化を通して自信と誇りを持てる。

伝統の祭りだけではなく、地場産業も改めて認識する必要がある。

ガラス産業は新竹で90年余りにわたって続いてきたが、新竹の人々はこれを誇りにしているだろうか。王耀邦は2018年に新竹ガラスアートフェスティバルを請け負った時に、こう問いかけた。そして「光動Light Driving」をテーマにデザインを取り入れ、透明なガラスの光と影を演出した。デザインとアートと見学者が参画することで、新竹のガラスは暮しとつながり、共感を生んだ。「市民がこれを誇りをもって観賞でき参画できれば、それは良いソーシャルデザインです」

変化のきっかけに

主催者が伝えたい情報を伝えるだけでなく、広く意見を募って人々の思考と議論を巻き起こすことこそ、多くのキュレーターの目的である。

白夜祭で劉真蓉と出会った台湾電力は、台湾のインフラの中心的存在である。この歴史ある企業は最近、古いダムや発電所の資料を整理し、これらを用いて国民とコミュニケーションを取る計画を-l序規画設計に依頼した。

劉真蓉のチームはすぐに研究に取りかかった。資料を整理すると、台湾の電力供給は最初は水力発電に頼っていたことがわかった。水力発電は、地形を利用したもので、大地から得る電力とも言える。

そこで「電力大地——台湾電力文化遺産保存特別展」を開催し、1919年の古い地図から物語を始めることとした。当時、日本人は台湾の山や河川などの地形を調査して、その後の50年にわたる発電所を計画した。河川や山に沿って設置された電力供給システムは、台湾近代化の象徴でもある。現在では水力発電が占める割合はごくわずかだ。しかし「台湾電力文化資料展を通して、台湾の電力の将来について議論することができます。これは電力会社が社会全体と話し合うべき課題です」と劉真蓉は言う。

王耀邦が先に企画した「時空を超える可能性」展覧会を見てみよう。これは、放置されていたかつての基隆市警察局第二分局の建物を利用した展覧会で、空間の改装はせず、内部に大量の植物を持ち込んだ。フラワーデザイナーに装飾を依頼し、詩人に基隆の詩を書いてもらった。雨の多い基隆の気候のため、会場内の植物はぐんぐん伸びていき、台北からも多くの人が訪れて変化していく空間を楽しんだ。

王耀邦は「『改装』だけが都市空間再利用の唯一の道なのか」と問いかけた。これを通して、多くの人に、放置された空間の再利用について考えてもらいたいと思ったのである。こうして公共性に関するイメージがふくらむことは、キュレーションによる変化の一つかも知れない。

2019年春、クリエイティブ・エキスポが始まろうとしている。この仕事を引き受けた劉真蓉は、華山文創パーク、圓山争艶館、松煙文創パーク、台湾当代文化実験場C-LAB、さらに台北機廠にまで会場を広げる。遊び心を忘れない彼女は、「Culture on the move」をテーマに打ち出し、伝統と現代のパフォーマンスアートを対比させる。絶え間なく上演が続き、文化の変化は止まることがない。文化の動態実験をぜひ楽しみにしたいところである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!