出發尋找新年味

:::

2014 / 2月

文‧朱立群 圖‧莊坤儒



馬年到!「又」是新的一年。

「又」,是無奈,也是期待。關於過年,你厭倦了?還是充滿期待?

有人說:年味「淡」了,無趣。

但也有人說:年味「換」了,但還是很好玩。

當台灣的南北一日生活圈成形,高鐵往返只需2小時,

返鄉過年,除了與家人團聚,還剩下什麼意義?

高雄市交通局長、成功大學交通管理科學系特聘教授陳勁甫說:

「運具,改變了返鄉旅程的模式。」

意思是:高鐵、捷運,以及便利的公車接駁,省去了無謂的塞車時間,

年節的安排,因此有了更多可能,可拜訪親友、可安排景點出遊……

時間的餘裕,容許我們去做以前過年無暇做到的事。

所以,在台灣過年,「換」了的年味在哪?

先出發上路吧,再來回答這個問題。

相關文章

近期文章

日本語 EN

春節の雰囲気を探して

文・朱立群 写真・荘坤儒


午年が来た。またも春節である。

「またも」というのには、期待感の一方、もう飽きてしまったという思いも込められている。春節の到来に、あなたはうんざりしているだろうか。それとも大きな期待を抱いているだろうか。

最近は春節らしい雰囲気が感じられなくなったと嘆く人がいる。
春節の雰囲気は以前とは変り、それも味わい深いという人もいる。

高速鉄道で高雄と台北が2時間の距離になり、台湾の南北は日帰り圏になった。帰省が楽になったことで何が変ったのだろう。

高雄市の交通局長で成功大学交通管理学科教授の陳勁甫は、「交通機関が帰省の形を変えた」と言う。高速鉄道やMRT、乗り継ぎバスなどの路線網が充実して高速道路の渋滞が緩和され、時間に余裕ができたことで、友人を訪ねたり、観光地に出かけたりすることができるようになった。

時間に余裕ができ、以前の春節にはできなかったことが可能になったのである。

台湾の春節の何が変ったのだろう。
まずは出かけて、答えを探してみよう。

In Search of New New Year’s Flavors

Sam Ju /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Scott Williams


The Year of the Horse has arrived. The Lunar New Year is upon us again.

That “again” can convey both frustrations and anticipation. Are you fed up with the New Year’s holiday, or looking forward to it?

Some suggest that the New Year has lost its savor, that it has become boring.

Others argue that though the flavor has changed, it remains enjoyable.

Taiwan’s high-speed rail system has cut travel times between Tai­pei and Kao­hsiung greatly. Does that change the meaning of going home for the holidays?

Chen Ching-fu, the director-general of the Kao­hsiung City Transportation Bureau and a distinguished professor in the Department of Transportation and Communication Management Science at National ­Cheng Kung University, states that transportation systems have indeed changed the way people journey home.

What he means is that high-speed rail, metropolitan rapid transit systems, and convenient city bus transfers have greatly reduced time wasted stuck in traffic. This extra time opens up new ways in which to spend the Lunar New Year holidays, making it much easier for us to visit friends and family, or even to visit a scenic hot spot.

It permits us to plan New Year’s activities that used to be impossible.

Has this changed the character of the holiday in Taiwan? No need to answer right away. Wait until you’re back from your trip!

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!