公私協力‧設計啟航

:::

2019 / 4月

文‧陳亮君



近年來,公部門將設計思維導入城市治理,使人眼睛一亮,也讓民眾對於自身文化更添驕傲與自信。

而如何將設計帶入公共政策,進一步打造富含地方特色的「台灣品牌」,本期《光華》封面故事將從「公部門攜手設計界」、「國際型頒獎典禮」、「策展台灣」與「翻轉工藝教育」等四面向,作深入的探討與報導,讓公私協力的成果,帶我們進入城市設計的新篇章,創造屬於台灣的品牌價值。

*       *       *

此外,來自民間的設計能量正不斷地發酵,強調環保、公益的環保紗寶特袋,從募資、研發、協力到成品的使用、回收與再利用,讓資源永續不再是口號,而是身體力行的一種生活方式,這不但開闢了另一條環保的綠色商機,也是用「設計」喚醒大家對減塑認識的一條途徑。

另本期也特別針對「文化」與「科技」的匯流作一深入的剖析,當文化遇見科技,一場場藝術、機械、科技、建築、哲學等跨領域的碰撞與火花,盡在本期《光華》報導當中。

*       *       *

本次「騎行台灣」鎖定台24線從屏東縣三地門到霧台鄉,感受排灣族與魯凱族部落豐沛的產業生態與文化工藝。什麼是排灣族三寶?經過八八風災過後所形成的旅遊秘境在哪?讓我們跟著《光華》編採團隊,逐一踏查沿路生態、景觀、人文與工藝之美。

而用紙藝傳承台灣原住民文化的心象工作室,以「洄游計畫」與部落合作生產紙藝品,培訓種籽師資,也打造在地循環經濟,不但於2016年獲得文化部藝術與文化應用類第一名,2017與2018年,更是兩度入圍定位為「全球華人市場最頂尖設計獎項」的金點設計獎。看心象工作室如何從善念出發,用一張紙,摺出美好願景。

本期《光華》的報導內容充滿了「設計」能量,從公部門到原住民部落,從國際級頒獎典禮到環保紗寶特袋,還有第一手台灣職人的深度專訪,讓台灣各行各業的佼佼者,分享工作經驗,訴說自己的生命故事,正如特效化妝師儲榢逸受訪時所說:「路就是這樣,走著走著一定會找到路的。」也讓台灣的軟實力,透過《光華》的報導,持續在世界的各個角落發酵。

相關文章

近期文章

日本語 EN

官民協力で羽ばたくデザイン

文・陳亮君 翻訳・山口 雪菜


昨今、公的部門がデザイン思考を都市ガバナンスに導入し始め、それによって多くの人が自分たちの文化に誇りと自信を持てるようになった。

デザインをどのように公共政策に取り入れ、地方の特色をもった「台湾ブランド」を打ち立てるのか。今月号のカバーストーリーでは「公的部門とデザイン業界の協力」「国際的な授賞式」「キュレーション」「工芸教育の変化」の四つの角度から見ていく。政府と民間の協力による成果が都市デザインに新たな時代をもたらし、台湾のブランド価値を高めている。

この他にも民間のデザイン力が次々と成果を上げている。ペットボトル再生繊維を用いたエコバッグは、資金募集から開発、使用、リサイクルと再利用まで、環境保護と弱者支援という目的を貫いている。資源の持続可能性を身をもって追求するライフスタイルであり、これが新たな緑のビジネスチャンスをもたらした。デザインが、プラスチック削減を喚起することにもつながっている。

このほかに今月号では「文化」と「テクノロジー」の合流につても考える。文化がテクノロジーと出会い、芸術、機械、IT、建築、哲学などさまざまなジャンルがぶつかり合って新たな輝きを生み出す。

今月の「自転車で行く台湾」は、屏東県三地門から霧台郷まで台24号線を走り、パイワン族とルカイ族の集落における豊かな産業と文化をご紹介する。パイワンの三宝とは何か。八八水害の後に形成された秘境はどこにあるのか。「光華」の取材チームとともに、沿線の自然や景観、文化、工芸の美に触れていただきたい。

ペーパークラフトで台湾先住民族文化を継承しようと考える心象工作室は、その回遊プロジェクトを通して集落とともにペーパークラフトを生産し、シード講師を育成し、現地の経済を循環させている。このペーパークラフトは2016年に政府文化部によって芸術・文化応用類の1位に選ばれ、2017年と2018年には世界華人市場で最も優れたデザインに贈られるゴールド・ピン・デザイン賞に入選した。その心象工作室が、どのようにして一枚の紙に美しいビジョンを込めているのか、お読みいただきたい。

今月号の記事には「デザイン」のエネルギーが満ちている。政府部門から先住民集落まで、世界的な授賞式から環境にやさしい再生繊維のエコバッグまで、そして台湾が誇る優れた職人へのインタビューなど、さまざまな業界の人材にお話をうかがった。特殊メイクアーティストの儲逸が「道はね、とにかく進んでいけば必ず見つかるものだよ」と語る通りである。「光華」を通して台湾のソフトパワーを世界の隅々までお届けしたい。

Public–Private Cooperation

Design Takes Off

Ivan Chen /tr. by Scott Williams


Recent efforts to introduce “design think­ing” into urban governance are giving citizens greater pride and confidence in their own culture.

But just how is the government in­teg­rat­ing design into public policy to refine the Taiwan “brand” and flavor it with local character? This month we explore the question from several angles, looking at co­opera­tion between government and the design community, as well as international awards ceremonies, design curation, and handicrafts training. These kinds of public­private partnerships are opening a new chapter in urban design and enhancing the value of Taiwan’s brand.

Meanwhile, the private sector has also continued to elevate its design skills. An en­viron­ment­ally friendly tote bag made from recycled PET fibers has made sustainability more than just a slogan. The tote has created “green” business opportunities by helping make sustainability a lifestyle, and its design has increased public interest in reducing plastic waste.

This month’s issue also dissects the culture industry’s encounter with tech, one in which the collision of disciplines ranging from engin­eer­ing and technology to art, archi­tecture and philosophy is giving rise to new ideas.

Join us too as we take a bicycle journey along Provincial Highway 24 through Ping­tung County from San­di­men Township to Wu­tai Township, exploring the culture- and crafts-­related businesses in the many Pai­wan and Ru­kai villages along the way. What are the “three treasures of the Paiwan?” What must-see travel destinations did Typhoon Mora­kot open up? Let our team introduce you to the area’s scenic, ecological, cultural and crafts-related attractions. 

And we visit Mental Image Studio, a group passing on Taiwanese Aboriginal culture via paper arts. Working with indigen­ous communities and taking advantage of the Rural Up! Program to produce paper handi­crafts, the studio is training seed teachers and building a local circular economy. The group ranked first in the “artistic and cultural applica­tions” section of the Minis­try of Culture’s 2016 iMatch competition and was a 2017 and 2018 Golden Pin Design Award nominee.

This issue is permeated with “design” in contexts ranging from government depart­ments, Aboriginal villages, and inter­national-­caliber awards ceremonies to environmentally friendly tote bags. It also includes first-hand interviews with Taiwanese workers, giving well-known people in a variety of fields the chance to share their work experience and tell their own stories. As special-effects makeup artist Chu Chia-Yi said in our interview: “That’s how you get there—just keep going and you’ll find the way.” Let’s hope that Taiwan’s soft power continues to develop all over the world!

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!