台灣‧東南亞文學火花

:::

2018 / 6月

文‧陳亮君



台灣被南島語族稱之為「南島的母親」,除了與東南亞島群的原住民系出同源外,華人移民、列強殖民、熱帶氣候與海洋的親近性……等,都與東南亞有著共同的文化因子,而這些養分也化作文字,展現在豐富的出版品上。

本期《光華》邀請參加文化部所舉辦「赤道二三五‧東南亞文學論壇」的越南作家保寧(Bao Ninh)、印尼作家亞悠.烏塔米(Ayu Utami),和台灣作家房慧真對談,藉由彼此間的交流互動,讓文學突破疆域,展現對生命的關懷。

此外,繼2007年以後,台灣再度獲邀成為曼谷國際書展的書展主題國,讓《光華》採訪團隊深入展區,報導第一手之國際文化交流現況,而台灣這些出版品的幕後推手們,有什麼樣的理念與想法,亦是此次報導的重點。從政府到民間,在這一波波新南向的浪潮中正不斷地前進,期盼開闢出不同以往的嶄新境界。

*       *       *

此次「島嶼行旅」單元特別以縣道122線竹東段為「騎行台灣」的起點,沿途造訪蕭如松故居、軟橋彩繪村、張學良故居、大鹿林道等景點,帶讀者用自行車走踏台灣,領會在地之美;「影像對話」單元則前往馬祖北竿,用畫面呈現「擺暝文化祭」的民俗文化盛典,以及島上特殊的建築形式與人文景觀。

同樣體現在地之美的,還有甫獲第20屆國家文藝獎及第3屆總統創新獎的建築師黃聲遠,他用人文度量建築,足跡遍及宜蘭各個鄉鎮,把對土地的熱愛,毫無保留的用「建築」呈現。

*       *       *

藝術的影響力無遠弗屆,已故漫畫大師鄭問,他的足跡遊走台灣、日本、香港、中國大陸,其漫畫風格在漢字文化圈內獨樹一格,並啟發了整個世代的創作者。讓我們回顧鄭問一生對於畫作的堅持與創意,也透過他徒弟的貼身觀察,讓我們一窺大師的迷人風采。

讓藝術廣傳的,還包括在國際藝壇佔有一席之地的作曲家兼指揮家金希文,其個人創作體現了台灣近30年來音樂創作之發展面貌。此外,外交部與文化部共同在紐約、華盛頓與新加坡等台灣大使館與官邸,所策劃一系列「台灣當代藝術展」,除推介台灣精彩之軟實力,更豐富了公共外交的實質內涵。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Cultural Connections

Ivan Chen


Taiwan is known as the birthplace of Austronesian languages. Beyond the ethno­lin­guistic legacy shared by the indigen­ous peoples of Taiwan and maritime Southeast Asia, the two regions have much else in common, including histories of colonization and Chinese immigration, tropical or subtropical climates, and affinities for the ocean. These characteristics have helped nurture rich literatures and vibrant publishing industries.

For this issue, Taiwan Panorama invited Vietnamese writer Bao Ninh and Indonesian writer Ayu Utami, who both took part in the 2018 Southeast Asian Literature Forum in Taiwan, along with Taiwanese writer Fang Hui-chen, to join us in a discussion about how literature breaks down barriers and expresses concern for human life.

For the second time in 11 years, Taiwan was guest of honor at this year’s Bangkok International Book Fair. We deliver an in-depth account of this important international cultural event, including the reflections of Taiwan publishing figures who worked behind the scenes to help to make Taiwan’s participation a success. In both the public and the private sector, Taiwan’s New Southbound Policy continues to make waves and open up new possibilities.

This month’s “Around Taiwan” report takes readers on a bicycle trip along Hsin­chu County Road 122, setting out from Zhu­dong to take in such sites as the Xiao Ru­song Art Park, Ruan­qiao Painted Village, ­Chang ­Hsueh-liang’s former residence, and the Dalu Forest Road. Our Photo Essay, meanwhile, takes us to Ma­tsu’s Bei­gan Island, capturing the folk customs of the “Bai­ming Carnival,” as well as the island’s unique archi­tecture and culture.

Award-winning architect ­Huang Sheng­-yuan likewise finds beauty in his locale. His love for the land is expressed wholeheartedly in the buildings that he and his team design in Yilan.

The influence of art knows no bounds. Cartoonist Chen Uen left his mark on Taiwan, Japan, Hong Kong and mainland China. His unique style helped inspire a whole generation of creators. We look back on the determination and creativity that Chen brought to his art, and get a glimpse of his charm and charisma through the observations of those who knew him.

Composer and conductor Gordon Chin is another figure whose art has had an impact far and wide. His work epitomizes the develop­ment of classical music in Taiwan over the past 30 years. The power of art is also on show in the exhibitions of contemporary Taiwanese artworks that the Ministries of Foreign Affairs and of Culture have been holding in several of Taiwan’s representative offices abroad. They serve both as displays of Taiwan’s soft power and as meaningful exercises in public diplomacy.

台湾と東南アジアの対話

文・陳亮君 翻訳・山口 雪菜


台湾はオーストロネシア語族の「母」と呼ばれている。東南アジアの島嶼に暮らす先住民族は同じルーツを持つからである。また華人移民や列強植民地としての経験、熱帯気候や海との近しさなど、台湾と東南アジアに共通する文化的要素は少なくない。こうした養分に培われ、各地で優れた文学作品が生み出されてきた。

今月の『光華』は、文化部主催の「赤道二三五・東南アジア文学フォーラム」に招かれたベトナムの作家バオ・ニン氏、インドネシアの作家アユ・ウタミ氏、そして台湾の作家・房慧真氏を対談にお招きし、国境を越えた「生」への熱い思いを語っていただいた。

今年のバンコク国際ブックフェアにおいて、台湾は2007年に続いて2度目のテーマ国に選ばれた。『光華』の取材班も会場を訪れて現場での文化交流の様子をレポートする。また、台湾の出版業界の理念や見方も今月号の重点である。政府から民間まで、新南向政策の波に乗って南へと展開し、これまでとは違う境地を開こうとしている。

*               *               *

今月号の「台湾をめぐる」シリーズでは、新竹の県道122号線、竹東から自転車で出発する。県道に沿って蕭如松旧宅、軟橋彩絵村、張学良旧宅、大鹿林道などのスポットを巡り、皆様とともに自転車の旅の美しさを味わってみたい。「フォトエッセイ」では馬祖諸島の北竿を訪ねる。そこで催される独特の「擺暝文化祭」と島の特殊な建築物をご覧いただく。

同じく台湾の美と言えば、第20回国家文芸賞と第3回総統イノベーション賞を受賞した建築家の黄声遠を忘れてはならない。黄は人間性の角度から建築物を設計し、宜蘭県の各地に土地への熱い思いを表現している。

*               *               *

芸術の影響力に国境はない。物故した台湾漫画界の巨匠、鄭問の作品は、台湾だけでなく、日本、香港、中国大陸でも愛されてきた。その作風は漢字文化圏で異彩を放ち、この世代のクリエイターたちを啓発した。鄭問が生涯貫いた創作への強い思いと創意を振り返り、その弟子の観察を通して、巨匠の巨匠たるゆえんを探る。

芸術の分野では、世界に知られる作曲家・指揮者の金希文にも光を当てる。その作品からは台湾30年来の音楽創作発展の軌跡が見て取れる。

このほかに、外交部と文化部が手を組み、ニューヨーク、ワシントン、シンガポールなどの在外公館や大使公邸で開催している一連の「台湾現代アート展」をレポートする。美術展は、台湾の優れたソフトパワーを世界に披露するとともに、パブリック・ディプロマシーを豊かなものにしている。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!