老派時尚.經典再製

:::

2018 / 7月

文‧陳亮君



一只老皮件、一件格紋紳士西裝、一個專為男士提供修容服務的理髮空間,這些帶著人文氣息的配件與空間,散發出獨具時代感的優雅,也象徵著一種風格與品味,這是冷冰冰的科技所無法取代的溫度。

  本期《光華》將帶讀者深入這「復古」風潮背後的種種故事,看著老師傅與時俱進的觀念和積累數十載的工藝技術,連結起人與物的情感,讓這些看似舊時代的老派時尚,經過時間的淬鍊,更加迷人。

*       *       *

「教育」存在有種種形式,「孩子的書屋」在陳俊朗的帶領下,陪伴了台東偏遠部落的孩子們成長、茁壯,這些來自貧窮、單親等弱勢家庭的孩子們,在書屋找到了自信與認同,更重要的是,透過「子自教、食自耕、屋自建」的方式,逐漸找回社區的凝聚力與熱情。

撒可努的「獵人學校」,沒有一定得按表操課的課綱,而是將原住民對萬物生靈的謙卑與尊重,以及與自然渾然一體的互動,透過實際的教學體驗,傳承下去。每年其成員還會固定遠赴菲律賓呂宋島參加「科地雷拉日」(Cordillera Day),與東南亞的南島語族交流。

有「台灣泰拳教父」之稱的李智仁,教拳超過17載,桃李滿天下,學員有來自日本、法國、西班牙、杜拜……等二十多國的拳手慕名來台拜師,學員們也積極參與國內外泰拳和散打賽事。這間位於高雄的「仁李泰拳館」,有李教練「習武先習德」的教育理念,加上紮實的基本功訓練,打出台灣泰拳的一片天。

*       *       *

一條連結世界的鋼索,不但乘載過台北101大樓來自世界各地的遊客,也讓受刑人藉由纜線清洗的過程,感受重生的希望,更透過藝術家康木祥之手,形塑出剛柔並濟的台灣精神。其《雙生》(Twin Life)作品,將捐贈供雙橡園永久典藏,讓鋼索藝術提升至公眾外交的另一層次。

此外,《光華》編輯團隊前往泰國,深入報導「泰國4.0」經濟發展計畫所引發的商機,以及當地台商的第一手資訊;加上台灣醫療團隊在世界所推動的公衛醫療援助,如協助史瓦帝尼降低產婦與嬰兒死亡率,以及在貝里斯的腎臟病防治計畫等,盡在本期的專題報導中,不容錯過。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Retro Styles, Reshaped Classics

Ivan Chen /tr. by Scott Williams


Old leather bags, checked suits, men’s barbershops, and other such cultured accessories and spaces have an elegance that recalls a bygone era. They exude style and taste, and a warmth that “cold” modern technology just can’t replace.

In this month’s cover story we explore the stories behind retro fashion, examining the work of artists and tradespeople who are using their vast experience to reshape modern ideas, forge emotional connections between people and things, and make the “old fashioned” even hipper the second time around.

Education comes in many shapes and sizes. Chen Junlang’s Kids’ Bookhouse supports children growing up in remote parts of Taitung, helping kids from single-­parent families and from backgrounds of poverty or domestic violence to develop self-­confidence and a sense of identity. The group’s focus on self-reliance is also helping indigenous communities recover their social cohesion and passion.

Ahronglong Sakinu’s Hunter School doesn’t offer a set slate of courses. Instead, it strives to pass on Taiwanese Aborigines’ view of the “oneness” of Nature, and their respect for living things, through practical educational experiences. School staff also attend the annual Cordillera Day gathering on the Philippine island of Luzon, to mingle with other Austronesians from Southeast Asia.

Ran Lee, known as the “Father of Taiwanese muay Thai,” has been teaching martial arts for over 17 years. His students have included individuals from more than 20 nations, including Japan, France, Spain, and Dubai, and have competed in muay Thai and mixed martial arts competitions in Taiwan and abroad. The Ran Lee Muay­thai Gym’s principle of “when learning to fight, first learn to be moral,” and its practical approach to training, have created a market for muay Thai in Taiwan.

Elevator cables from Taipei 101 have not only carried countless visitors up and down that building, but have also given the prison inmates who helped clean them a sense of rebirth. Sculptor Kang Mu­xiang has shaped the cables into works that embody the soft and hard of Taiwan’s spirit, and his piece Twin Life is slated to become a part of the permanent collection at the Twin Oaks Estate in Washington, DC.

In this issue, we also report on the ­Thailand 4.0 economic development plan and the opportunities it offers Taiwanese businesses, and write about the efforts of Taiwanese medical teams to improve public health around the world, including initiatives to reduce maternal and child mortality in Eswatini and to control kidney disease in Belize.

古典の再生——レトロブーム

文・陳亮君 写真・光華攝影組 翻訳・山口 雪菜


古い皮製品、チェックのスーツ、男性のための理髪店…これら文化の薫りがただよう品物や空間は独特の気品を感じさせるとともに、スタイルやセンスを象徴し、テクノロジーには感じられない温もりを持つ。

今月の「光華」は「レトロブーム」の背景にある数々の物語をご紹介する。ベテラン職人が新たな感覚を取り入れ、数十年培ってきた技術をもって人と物とをつなげば、一見古めかしいものが人々を惹きつける。

*               *                *

「教育」にはさまざまな形がある。「孩子的書屋」の陳俊朗は、台東の僻地にある集落で、子供たちの成長に寄り添う。貧しい家庭や一人親家庭の子供たちは、陳俊朗の書屋に通うことで自信を取り戻し、自己肯定感を高めていく。さらに重要なのは、自ら学び、自給自足することで地域の結束と情熱をも高めていけることだ。

サキヌの「狩人学校」には一定のカリキュラムはなく、万物の生命を尊重する先住民族の知恵と、大自然と一体となった活動を体験し、継承していくことを旨とする。メンバーは毎年フィリピンのルソン島のコーディリエラ・デイに参加して、東南アジアのオーストロネシア語族と交流している。

「台湾のムエタイの父」と称えられる李智仁は、ムエタイを教えて17年、その教え子は世界各地で活躍している。日本やフランス、スペイン、ドバイなど、20数ヶ国からも多くの人が弟子入りし、積極的に内外の試合に出場している。彼が運営する高雄の「仁李泰拳館(ムエタイ・ジム)」では、「武を学ぶにはまず徳を学べ」という理念を貫き、基礎を積むことを重視して台湾にムエタイを普及させている。

*               *                *

世界をつなぐ一本のケーブルは、かつて世界各地から台北101を訪れる観光客を支え、また受刑者たちはその洗浄の過程で人生に希望を見出している。そのケーブルは、康木祥の手によって剛と柔を兼ね備えた台湾の精神を象徴するアートへと生まれ変わる。その作品「双生」はワシントンの双橡園(Twin Oaks)に寄贈されて永久保存されることとなり、ケーブル塑像が外交の一翼を担っている。

さらに今月号では「光華」編集部がタイを訪れ、同国の経済発展計画「タイランド4.0」が生み出すビジネスチャンスを探り、現地の台湾企業のお話をうかがった。また、台湾の医療チームが世界各地で推進する公衆衛生医療援助もご紹介する。エスワティニでは妊産婦と新生児の死亡率低下に取り組み、ベリーズでは腎臓病予防治療計画を推進する台湾の医療チームの貢献と成果をお読みいただきたい。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!