萬變草嶺.島嶼縮影

首座由下而上推動的地質公園
:::

2018 / 10月

文‧郭玉平 圖‧莊坤儒


你有看過會飛的山嗎?1999年9月21日夜裡,台灣發生一場驚天動地的大地震,雲林縣草嶺地區的堀畓山向南崩落約3.5公里,走山的土石體積估計達1億2千萬立方公尺,相當於41棟101大樓,移動時間不到3秒,簡直是用飛的。這座山「南飛」的同時,土石堵住清水溪河段形成堰塞湖「新草嶺潭」,幾年後又潰堤消失,迄今19年間,草嶺的大地景觀不斷變化中。

 


 

草嶺除了飛山及堰塞湖的獨特地形遺跡以外,還有豐富的地景資源,如懸谷式瀑布、峽谷、壺穴、多孔狀岩、鐘乳石……,這是造山運動、沉積成岩、河流切蝕,以及山崩等地質運動作用下,才有如此奇譎的造化,形同台灣地質景觀的縮影。

套一句網路流行語「不能只有我看到」,為了讓更多人認識草嶺,社區居民跟隨國際地景保育發展的趨勢,2004年促成政府設置「草嶺地質公園」,是台灣第一個由社區居民推動、政府立牌的地質公園。

社區守護.落實保育

今(2018)年8月下旬,台灣中南部遇熱帶性低氣壓的影響,連日豪大雨,而雲林草嶺地質公園位於高山地區,沒有山下的淹水景象,但有被風雨吹倒的樹木及石塊。就在我們採訪的前一天,社區居民自發性的組成「開路小隊」,或駕駛除草機,或徒手搬除樹木落石,早在地方政府修復前,居民就搶修完畢,開通中坪及下坪兩條商店街的縱貫道路。

其實,草嶺地質公園從成立之初就是由下而上所發起。

草嶺是台灣1980年代重要休閒旅遊景點之一,921地震重創土地,過去號稱「草嶺十景」就有三景因為地震消失,導致觀光人潮銳減,嚴重影響當地的經濟。但是,地震飛山和隨之形成的「新草嶺潭」,吸引來地質學者和大眾的關注,一度重啟觀光熱潮。

居民除體認到地質的重要性,同時搭上國外推廣地質公園風潮,再加上此地地景多樣豐富,符合設置地質公園的基本條件,因此居民團結向政府申請,成為台灣首座「公民提案,政府核准」的地質公園。

地質公園的四大核心價值:地景保育、環境教育、地景旅遊及社區參與。「社區參與是地質公園非常重要的元素,」國立臺灣師範大學地理學系教授王文誠指出,國家公園同樣重視地景保育、教育及深度旅遊,但地質公園特別強調社區參與,「社區民眾參與保育才會是成功的關鍵,要不然很多保護區還是有山老鼠的問題,除非這個社區的人起來保護,才能把真正的保育概念落實。」

草嶺的民眾主動參與保育草嶺的特殊地質、地形景觀,且將環境教育的根基深扎於子孫心底,與地質公園共榮共生。

居民帶路.深度旅遊

★造山與山崩:921地震紀念地

社區居民主要住在上坪、中坪及下坪商圈,王文誠勘查後說:「商圈是造山運動造成河階地抬升的結果。從縮時攝影的角度來看,河階上位區域一抬升,河流就改道了。」不僅是草嶺,整個台灣的地景地貌都是600萬年前歐亞板塊與菲律賓海板塊聚合作用的結果,推擠出草嶺層層且傾斜角度不一的山岩。

到訪草嶺當天,為我們導覽的草嶺社區發展協會總幹事廖偉智,正是號召社區一齊清理家園的人。他帶著我們遊賞草嶺,深入淺出的解說地質成因和環境生態。

從飛山景觀台出發,大地劇烈變化之景令人嘆為觀止。當時地震飛山的特殊地景「新草嶺潭」只維持了5年,2004年七二水災因泥沙堆積,堰塞湖潰堤重新成溪,現在眼前的清水溪細長蜿蜒,難以想像這裡曾有比日月潭大一倍的湖泊。

其實,堀畓山崩塌不是第一次了,根據文獻記載,1999年的草嶺潭已是第四代。廖偉智不到60歲就看過兩次草嶺走山,但從沒想過要離開家園,他笑說:「反正它怎麼跑都那個方向,那是順向坡。」居民都知道堀畓山因為造山運動推擠力道不均而傾斜,加上其岩層坡腳插入清水溪河道中,長期下切,失去支撐,因此滑落方向始終如一。

草嶺雖萬變,仍有規律可尋,因此讓在地人與大地發展出獨特的相處之道。以新草嶺潭時期為例,廖偉智和其他遊覽車司機紛紛到日月潭考取遊艇駕照,既能車載遊客上山,還能下水游潭;直到潭消失,又重新整頓家園,回到務農本業。

★風化與侵蝕:水濂洞、青蛙石與幽情谷

一路上,廖偉智不斷叮嚀與我們同行的草嶺村幹事陳瑩運:「這個落石通報了嗎?」「那邊地基有檢查了嗎?」去年返鄉的陳瑩運,到外地工作幾年後,因為一個信念:「自己的家鄉要靠自己,如果你真的熱愛這片土地。」便回來參與地方事務,這天,除了陪同並為我們介紹現況外,也不時巡視檢查道路情形。

在看過萬變山河之後,我們接著來到新草嶺潭消失後重出水面的水濂洞。

水濂洞是一懸谷式瀑布,岩層被清水溪侵蝕出內凹的巨洞,瀑布從上灌頂瀉下,旅客漫步洞中,感受身旁水氣的洗滌淨化,拾級而上,形似青蛙的奇岩怪石就「坐臥」在蜂巢岩及鐘乳石洞穴上,孔洞等「傷疤」,都是沉積岩一生必會面臨的風化與侵蝕作用,所留下的痕跡。

從高處眺望,上帝的造化盡收眼底,萬年沉積而成的岩層,層與層之間距離都接近神祕的黃金比例;而幽情谷裡的壺穴脈脈相連,是滴水鑿石,毅力恆心的呈現。

★河階地與生物沉積作用:萬年峽谷

前往萬年峽谷前,廖偉智和我們提及,當年和友人發現這條溪流切蝕數百公尺的V字型峽谷,溪水在岩床上深深雕刻出一道道銳利且清晰的線條,「看起來經歷過上千年、上萬年了,所以我把它取名『萬年峽谷』。」

萬年峽谷果真名副其實,兩岸岩壁層層疊疊,又因岩層蘊藏的礦物成分不同而顯露白、灰、黃、褐等色澤,瑰麗斑斕且壯觀,除可在石縫間看見石灰華,也有機會拾取貝類的生痕化石。

但由於2016年發生3起旅客落水溺斃事件,雲林縣政府公告關閉萬年峽谷迄今,草嶺的居民無不希望能盡力改善防護措施,早日重新開放,讓旅客都能到峽谷欣賞造化者的鬼斧神工。

整個草嶺,都是小學教室

草嶺生態地質國民小學(簡稱「草嶺國小」)是地質公園裡的唯一小學,也是草嶺村唯一的學校。草嶺國小主任鄭朝正談起當初規劃「走讀草嶺」課程,因為草嶺村的孩子小學畢業就得離鄉背井,到外地住宿唸書,師長們希望「走讀草嶺讓孩子瞭解家鄉的人文、產業、生態與地質,至少,他會認為草嶺是他的根的所在。」鄭朝正說。

走讀草嶺課近年來新增攀樹與溯溪課程,但台灣到處都能溯溪,在草嶺溯溪有什麼特別的呢?

如王文誠所說:「草嶺有沉積岩的所有特徵,包含陸地抬升跟河流下切作用,是最佳的地質教室。」鄭朝正則用生動活潑的方式,帶著孩子近距離認識地質:「岩石的層理就像千層蛋糕一層一層往上疊,節理是岩石的破裂段,就是切蛋糕的地方。」再進一步教導孩子辨別砂岩和頁岩。

今年暑期,師長們帶著投影機和布幕,就在青山坪的居民家中上起夜間觀察課,「其實我們跟社區結合不是很制式化的,很像是去朋友家拜訪。」鄭朝正說不只在學校和自然景點,就連社區居民的家都能「徵用」作為教學場域。

從走讀草嶺課可以看到,「地質」一點也不生硬,它就是生活,在這裡,土地跟人民的關係非常密切。

重生.草嶺新景

著重觀光產業的草嶺,因應時代,需要再提昇、再轉型。

王文誠一年多前投入規劃草嶺地質公園,與社區居民討論選出「草嶺新十景」,從飛山景觀台為起點,逆時鐘的方向走遍地質公園十大地景:飛山、水濂洞、峭壁雄風、清溪小天地、蓬萊瀑布、石壁仙谷、雲嶺之丘、同心瀑布、萬年峽谷及草嶺貝化石區,目標是由地質教室之旅,進展到深度的生態旅遊。

學校在草嶺轉型中也扮演要角,「第一是地質公園的資源盤點,再來就是回歸人文,讓地方的故事與內涵,更有脈絡的去感動更多人。」草嶺國小校長林丙茂說。鄭朝正和同仁也持續發揮教學專長,設計完善的生態體驗課程,提供給社區作為規劃套裝旅遊的參考。

王文誠說:「上帝在不同時間撒下不同的材料,也就形成不同的層理。」上帝也在草嶺撒下不同的材料,古老的地質、傳承不斷的在地人文,以及如陳瑩運這樣的「社區新生代」居民,相信不久的將來,會有更多的人來到草嶺喝杯古坑咖啡、賞遊地景,認識台灣最堅韌的人情風景。

相關文章

近期文章

EN 日本語

The Island in Microcosm

Ever-Changing Caoling

Camille Kuo /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Scott Williams

Have you ever seen a mountain fly? In the early hours of September 21, 1999, when the huge Jiji Earthquake caused roughly 3.5 kilometers of the south face of Mt. Jue­duo in Cao­ling, Yun­lin County, to break loose in a landslide, an estimated 120 million cubic meters of earth and rock “flew” for about three seconds. The landslide formed a dam across the Qing­shui River, creating a barrier lake that became known as New Cao­ling Lake. The Cao­ling landscape has continued to transform in the years since the quake, with one of those changes being the draining of the lake when the dam collapsed.

 


 

Caoling’s landscape features extend beyond its flying mountain and barrier lake to hanging valley waterfalls, canyons, moulin potholes, “beehive” cliff faces, and stalactites. Formed through orogeny, sedimentary processes, erosion, and landslides, the area’s strange terrain is a microcosm of Taiwan’s geological landscape.

To raise public awareness of the area, community residents pushed the government to establish the Cao­ling Geopark, Taiwan’s first community-promoted, government-created geopark, in 2004.

Community protected

When a tropical depression inundated central and southern Taiwan with several days of heavy rains in late August 2018, Cao­ling Geopark didn’t suffer as much flooding as lower elevations, but the wind and rain did knock down trees and boulders. The day before we arrived, a team of community residents reopened the road themselves by clearing the rocks and trees.

The Cao­ling Geopark has been a grassroots effort from the start.

Caoling was a major scenic destination in the 1980s, but in the immediate aftermath of 1999’s Jiji Earthquake, tourism to the area declined sharply, and the local economy with it. Fortunately, the earthquake-­created “flying mountain” and barrier lake attracted the attention of geologists and the general public, sparking a new wave of tourism.

With geoparks becoming something of an international trend in the early 2000s, and residents recognizing that their area’s diverse landscape met the criteria for such a park, the community petitioned the government to create Taiwan’s first “citizen-proposed, government-­approved” geopark.

Geoparks have four core values: landscape conservation, environmental education, geo­tour­ism, and community participation. Wang Wen-­cheng, a professor in the Department of Geography at National Taiwan Normal University, says that geoparks really stress local participation. “Community participation and conservation are the keys to success.”

Caoling residents’ active part­ici­pation in the conservation of Cao­ling’s geology and topography, and their education of their children and grandchildren about the environment, have created a thriving symbiosis with the park.

In-depth tours with local guides

★Orogeny and landslides: A Jiji Earthquake memorial

Most community residents live in the Shang­ping, Zhong­ping and Xia­ping commercial districts, each of which stands on an area of flat ground. “The three flat areas were formed when orogenic processes lifted a fluvial terrace,” says Wang. Taiwan’s landscapes were created in a process that began roughly 6 million years ago with the convergence of the Eurasian Plate and the Philippine Sea Plate. The resultant squeezing of the Earth’s crust created Cao­ling’s irregularly folded mountains.

We set out from the Flying Mountain observation deck led by Liao Wei­zhi, the director-general of the Cao­ling Community Development Association. The landslide brought on by the 1999 quake created a barrier lake called New Cao­ling Lake in the Qing­shui River, but flooding caused by Typhoon Min­dulle reopened the river channel just five years later.

Liao points out that the 1999 landslide wasn’t Mt. Jue­duo’s first. Historical documents show that the barrier lake that formed in 1999 was the fourth in recorded history. The forces pushing the mountain do so unevenly, and periodically shove its flank into the river’s channel. Over long periods of time, the earth supporting that flank washes away, leading to landslides. Though Cao­ling is always changing, these changes have a detectable rhythm that has enabled residents to develop their own special relationship to the Earth.

★Erosion: Water Curtain Cave, Frog Rock, Youqing Valley

Caoling Village secretary Chen Ying­yun is a young person who moved back to the village last year. Subscribing to the idea that “our hometown depends on us,” he became active in local affairs soon after. Today, he is both showing us around and checking on the condition of roads.

After enjoying the varied landscapes for a time, we visit Water Curtain Cave, which reemerged once New Cao­ling Lake disappeared.

The large cave was eroded into the cliff behind a hanging valley waterfall by the flowing waters of the Qing­shui River. Visitors strolling through the cave feel the purifying spray coming off the water pouring down from above. They then climb a set of stairs to a frog-shaped rock “reclining” atop Beehive Cliff and another stalactite­-filled cave. The “beehive” holes are the result of erosion of the cliff’s sedimentary rock.

The clifftop offers panoramic views of rock strata built by ages of sedimentation, the distance between the layers approaching the mysterious golden ratio. You can also see the interlinked moulin potholes of the You­qing Valley. The product of dripping water, they are a testament to the power of perseverance.

★Fluvial terrace, biogenic deposits: Wannian Canyon

Prior to heading to the V-shaped Wan­nian Canyon, Liao mentions having discovered it with a friend. “It looked like it had been around for thousands and thousands of years, so I named it ‘Wan­nian [10,000-year] Canyon.’”

Created by the erosive force of the flowing river, the canyon is even older than its name suggests. Minerals color the layers of rock that make up the cliff faces on both sides of the canyon in whites, grays, yellows, and browns. It is gorgeous, with travertine seaming the rock, and fossilized shells waiting to be collected.

An elementary school classroom

Located within Cao­ling Geo­park, Cao­ling Eco-Geo Elementary School (CEES) is Cao­ling Village’s only school. Since all of its graduating students have to move away from the village to continue their educations, Jason ­Cheng, CEES’ director of general affairs, says that its curriculum aims to help them understand their hometown’s culture, industry, ­geology, and ecosystem. “At the least, it helps them understand that their roots are in Cao­ling,” says ­Cheng.

The school has since added tree-climbing and river-tracing classes to its curriculum. As Wang Wen-­cheng says, “Cao­ling shows all the typical characteristics of sedimentary landforms, including tectonic uplift and river incision, making it an outstanding geological classroom.” ­Cheng takes an active approach to education, introducing the kids to geology up close. “The layering in the rocks is like that of a layer cake, each stacked atop the other. The joints, which are fractures in the rocks, are like slices in the cake.” The school also teaches the children to identify sandstone and shale.

The classes are conducted both in the school and in natural settings. Local homes are sometimes drafted into use as well. The curriculum shows that geology isn’t difficult and alien, but rather something immediate and present in their lives. It teaches them that the land and its people are closely connected.

A renaissance

Caoling’s focus on tourism means that it has to continually upgrade its offerings.

To that end, Wang and community residents have recently developed a “Ten New Scenic Spots” walking tour that sets out from the Flying Mountain observation platform and visits Flying Mountain, Water Curtain Cave, Great Steep Wall, Qing­shui River Paradise, Peng­lai Waterfall, ­Shibi Valley, Yun­ling Hill, Tong­xin Falls, Wan­nian Canyon, and an area with fossilized shells. Their aim is to transform the geo-classroom tour into a more in-depth eco-tour.

The school has also played an important role in Cao­ling’s transformation. “The first step was to inventory the geo­park’s resources,” explains CEES principal Lin Ping Mao. “The second was to share our culture so that our local stories and our local character would have a context in which to move other people.” Meanwhile, ­Cheng and his colleagues are continuing to build on the school’s strengths, developing a comprehensive eco-experience course to provide the community with a reference it can use when planning package tours.

Wang says, “God casts down different materials at different times, forming different layers.” God spread a variety of materials at Cao­ling: ancient geology, local culture, and younger residents such as Chen Ying­yun. Surely people will soon begin visiting Cao­ling in greater numbers to take in the scenery, sample the region’s famous Gu­keng coffee, and come to know some of Taiwan’s most resilient people.             

台湾の縮図、変化する小宇宙

草嶺ジオパーク

文・郭玉平 写真・莊坤儒 翻訳・山口 雪菜

山が飛ぶのを見たことがあるだろうか。1999年9月21日の夜、台湾で巨大な地震が発生した時、雲林県草嶺地域の堀畓山が南側へ3.5キロにわたって地滑りを起こし、その土砂の量は1億2000万立方メートルに達した。その巨大な地滑りはわずか3秒の間の出来事で、まさに飛ぶようだった。南へと山が「飛ぶ」と同時に、大量の土砂が清水渓を堰き止めて「新草嶺潭」が誕生したが、数年後に決壊して堰止湖は消失した。大地震から19年、草嶺の景観は今も変化し続けている。


草嶺の特殊な景観と言えば、台湾大地震の爪痕である「飛山」と堰止湖の他に、懸谷式の滝や峡谷、甌穴、多孔状岩、鍾乳石など、さまざまである。これらは造山運動や堆積岩、河川の浸食、山崩れなどによって生まれたもので、台湾の地質の縮図とも言える。

この草嶺を多くの人に知ってもらおうと、地域の住民が活動し、これによって2004年に政府は「草嶺ジオパーク」を設立した。台湾で初めて、地域住民の運動が設立を促したジオパークなのである。

地域による大地保全

2018年8月下旬、台湾の中南部は熱帯低気圧による連日の豪雨に見舞われた。雲林県草嶺ジオパークは標高が高いため、平地のように冠水することはなかったが、風雨の影響で木が倒れ、落石も起きた。私たちが取材に訪れる前日、地元住民は自発的にチームを組み、倒れた樹木や岩を取り除き、道を通れるようにしていた。

草嶺ジオパーク自体、こうした地域住民の働きから始まったものなのである。

1980年代の台湾では、草嶺は重要な景勝地の一つだった。それが1999年の台湾大地震で大きなダメージを受け、観光客は激減し、地域経済に深刻な影響が出ていたのである。しかしその後、大規模な地滑りや堰止湖が多くの地質学者や一般市民を惹きつけ、再び観光ブームが起きたのである。

こうして住民たちはこの大地の景観の重要性に気付き、また海外でジオパークが大きな流れになっていることを知った。豊富な景観を持つ草嶺はジオパークとしての条件を具えていることから、住民たちは団結して政府に働きかけ、台湾初の「住民が提案、政府が認可」したジオパークとなったのである。

ジオパークの核心的価値は四つある。——大地遺産の保全、教育、ジオツーリズム、住民参加である。国立台湾師範大学地理学科の王文誠教授によると、国立公園も大地保全や環境教育やツーリズムを重視しているが、ジオパークは特に住民参加を重視するという。大地保全のカギは地域住民の参加が握っているのだ。多くの地域では保護区に指定されていても違法の伐採などが行なわれており、地域全体が保全意識を持つことが大切なのである。

草嶺の住民たちは、草嶺の特殊な地質や景観の保全に能動的に取り組んでおり、環境教育も子供たちに根付き、ジオパークと共生している。

住民の案内で歩く

★造山運動と山崩れ:

台湾大地震記念地

住民は主に上坪、中坪、下坪地域に住んでいる。これらの地域は造山運動によって河岸段丘が隆起した地域である。草嶺だけでなく、台湾全体の地形や景観は600万年前にユーラシアプレートとフィリピン海プレートによって押し上げられた結果で、草嶺ではさまざまな角度に傾いた地層が見られる。

私たちを案内してくれたのは草嶺コミュニティ発展協会の廖偉智・総幹事で、草嶺の景観を鑑賞しながら、地質的な特徴や環境について話してくれた。

飛山景観台から出発する。かつての大地震で生まれた堰止湖「新草山潭」は5年で消失した。2004年の七二水害で土砂が堆積して堰が決壊し、再び河川となったのである。

実は堀畓山の崩落は初めてのことではなかった。文献によると1999年の崩落によってできた草嶺潭は4代目なのである。造山運動で形成された堀畓山はもともと傾斜しており、斜面の下部に清水渓が切り込み、支えが効かなくなると崩落や地滑りを起こすのである。

草嶺の大地は変化し続けているが、そこにも法則が見られるため、地元の人々は大地とともに暮らす術を見出してきた。

★風化と浸食:

水濂洞、青蛙岩と幽情谷

同行してくれた草嶺村幹事の陳瑩運は「故郷のことは自分たちでやらなければ」と考え、余所の土地で働いていたが、帰郷して地域の仕事に就いた。この日、私たちに同行して地域の現況を話してくれるとともに、道路の状況も確認していた。

続いて、新草嶺潭が消失した後に再び水面に出てきた水濂洞を訪れた。

水濂洞は懸谷式の滝だ。岩層の下部が清水渓に浸食されて巨大な洞窟となり、そこへ滝が流れ落ちている。その水で身が洗い清められるような感覚を覚えつつ近寄っていくと、カエルのような奇岩(青蛙岩)が蜂の巣岩と鍾乳石洞穴の上に座っているのが見える。岩壁に見える数々の孔などの「傷」は堆積岩の風化によるものだ。

高みから見渡すと、神が創り出した世界を眼下に納めることができる。何万年もの堆積によってできた岩の層と層との距離は神秘的な美しいバランスを見せる。幽情谷には甌穴が連なっている。これは水滴によって岩に開いた孔である。

★河岸段丘と生物堆積:

万年峡谷

万年峡谷へ行く前に廖偉智はこんな話をしてくれた。かつて彼が友人とこの谷を発見した時、数百メートルにわたってV字型にえぐられていることから、何千年、何万年もかけてえぐられたに違いないと考え、「万年峡谷」と名付けたのだという。

万年峡谷はまさにその名の通りの景観だった。両岸の岩壁が層を為し、地層ごとに含まれる鉱物の違いから白や灰色、黄色、褐色などの美しい縞模様を見せている。層の中には石灰華が見え、また貝などの化石が拾えることもある。

草嶺全体が小学校の教室

草嶺生態地質小学校(草嶺小と略)はジオパーク内、また草嶺村でただ一つの小学校である。小学校の鄭朝正主任によると、ここでは多くの小学生が卒業すると郷里を離れて余所の土地へ進学し、寮生活を始めるため「走読草嶺」カリキュラムを計画したのだという。教師や親は、「このカリキュラムを通して子供たちに郷里の文化や産業、自然、地質などを知ってもらい、草嶺が自分たちのルーツであることを知ってほしい」と考えたのである。

木登りやシャワークライミングのカリキュラムも加わった。シャワークライミングは台湾の多くの場所でできるが、草嶺の特徴は何なのだろう。

「草嶺には堆積岩のあらゆる特徴があります。陸地の隆起と河川による浸食が見られる最良の地質学教室です」と王文誠は言う。「地層はミルフィーユのように上から重ねたもので、節理は岩の割れ目、ケーキを切るのと同じです」と鄭朝正は子供たちに分かりやすく地質を教える。ここからさらに砂岩や頁岩の違いを教えていく。

今年の夏休み、教師や保護者がプロジェクターとスクリーンを持って青山坪の住民の家へ行き、夜間観察の授業を行なった。「地域住民との関係は型にはまったものではなく、友人の家に行くようなものです」鄭朝正は、学校や屋外だけでなく、地域住民の家も教育のために「徴用」できるのだという。

このカリキュラムからもわかる通り、「地質学」は少しも堅苦しいものではない。それはこの土地の暮しであり、土地と人間の関係は密接なのである。

草嶺の新たな景観

観光産業を重視する草嶺では時代によって需要が高まり、また転換してきた。

王文誠は一年余り前から草嶺ジオパークのコース計画に取り掛かり、住民たちとともに「草嶺新十景」を選び出した。飛山景観台からスタートして時計と逆回りにジオパークの10の見どころを巡る——飛山、水濂洞、峭壁雄風、清渓小天地、蓬莱瀑布、石壁仙谷、雲嶺之丘、同心瀑布、万年峡谷、そして草嶺貝化石区である。これは地質学教室の旅をさらに深めたエコツーリズムである。

草嶺の転換において学校も重要な役割を果たしてきた。「まず、ジオパークの資源を洗い出し、そこから文化へ立ち返れば、地域の物語にさらなる感動の脈絡が加わるのです」と草嶺小学校の林丙茂校長は語る。鄭朝正は同僚たちとともに教育を通して素晴らしい生態体験カリキュラムを計画し、地域によるパッケージツアー計画にも提供している。

「神はさまざまな時間にさまざまな材料をもたらし、それが層になっているのです」と王文誠は言う。神は草嶺に数々の材料をまき散らした。古い地層や絶えず受け継がれてきた地域の文化、そして陳瑩運のような「地域の新世代」などである。遠からぬ将来、より多くの人が草嶺を訪れ、この土地の古坑コーヒーを味わい、景観を眺めて、台湾で最も粘り強い人々に触れることだろう。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!