舌尖異域.文化融合

:::

2017 / 9月

文‧蘇俐穎 翻譯‧Phil Newell



食物往往蘊藏著身分、歷史與文化。在台灣這個蕞爾小島上,多元族群社會的基底與多樣性的物產,讓我們擁有更寬闊的可能性去容納來自五湖四海的料理。西方料理、南洋風味在近年相繼崛起,異國料理的流行與技術上的交流,擴大了我們的味覺經驗,並且承襲全球回歸在地、強調時令、永續的概念,在援引自外來的技術與菜餚中,重新檢視土地的能量與珍貴之處,同時拓寬台灣飲食文化的邊界。

相關文章

近期文章

EN 日本語

A Cultural and Culinary Melting Pot: Food Fusion in Taiwan

Lynn Su /tr. by Phil Newell


As a multi-ethnic society with diverse resources, Taiwan has the foundations on which to move toward broader culinary possibilities and to accept cuisine from all over. Western and Southeast-Asian cuisines have come on board in recent years, and chefs are carrying forward the global trends toward sustainability and returning to the local. Through the prism of foreign techniques and dishes, we can see anew the energy and value of the local, while expanding the boundaries of Taiwan’s food and beverage culture.   

異域の文化が融合する 台湾の新たなフュージ

文・蘇俐穎 翻訳・山口雪菜


食の背景には歴史や文化がある。多様なエスニックと豊富な物産に恵まれた台湾には、世界各地の料理を受け入れる土壌がある。近年は西洋料理や南洋のエスニック料理を提供する店が増え、外国料理の流行と調理技術の交流によって私たちの味覚体験はさらに広がっている。また、旬や地産地消の重視、サスティナビリティといった概念の普及により、外来の調理技術やメニューを通してこの土地のエネルギーを見つめ直す試みが始まり、台湾の食文化のすそ野が広がりつつある。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!