水草與板金

體驗是為了走更長遠的路!
:::

2020 / 1月

文‧曾蘭淑 圖‧林格立


如何延續品牌的價值?如何創造與消費者的聯結?《體驗經濟時代》這本書提到,體驗可以做為一種新的經濟產出,超越商品與服務,為企業創造新的價值。正如宜蘭「勝洋水草」與台南「志鋼金屬」,各自面臨同業低價競爭與找不到人才的窘境,卻共同藉由水草的五感體驗與板金的教育體驗,為企業拓展商機,打開一條更寬更遠的路。


 

「咦!我的蝦子怎麼不見了?」「老師,蝦子是吃水草? 還是自己的大便?」來到勝洋水草休閒農場的宜蘭黎明國小四年級的學生們,正DIY「生態瓶」,邊問邊學著完成手中的作品。

「這個生態瓶是模擬地球的環境,由水、沙子與水草構成一個具體而微的海洋,裡面的消費者就是蝦子;生產者是藻類,可以作為蝦子的食物;還有分解者:消化菌分解蝦子的排泄物,既可以作為水草的養分,又有淨化水質的作用。」解說老師回答學生的問題,傳達生態瓶「共生自足」的原理。

小學四年級自然課正好講到水生植物,解說老師一一帶著學生們觀察與辨識四大類型的水生植物,例如浮萍、野薑花、睡蓮與金魚藻,又從復育獨角仙講到紅冠水雞,環境教育之餘,最好玩的還有釣魚與撐船體驗。剛上膠筏的小朋友十分緊張,但在掌握訣竅後,即可以領悟同舟共濟的成就感,也有擱淺在池中央的,被工作人員「拖」救回來,池邊的加油聲淹沒在撐竿樂的嘻鬧聲中,大自然真是最好的教室。

從水草栽培轉型觀光農場

曾經是國內最大的水草供應商,勝洋水草總經理徐志雄預見到水草行業的低價競爭與水族館的衰退,2001年一面維持水草生產,一面響應農委會的「一鄉一休閒農漁園區計畫」,轉型為觀光休閒農場。

徐志雄的危機感來自父母親在宜蘭從事養殖業屢戰屢敗的經驗。「我父母親從1967年開始養鰻魚,維持黃金十年後走下坡,接著養泰國蝦、鱘龍魚,他們大概除了烏龜沒養過,其他都嘗試過。」他說,歷經這麼多的失敗與起伏,最後領悟到,宜蘭陽光不足,溫度又比中南部低,實在不適合水產養殖。因此他1993年時與剛退伍的弟弟徐輝雄投入水草種植,當時市場只有兩家。

徐家兄弟兩人瘋狂地蒐集台灣近400種的水草,並且開發出高單價水草,還跨足經營水族館,舉辦比賽、規劃展覽,推廣水族市場。勝洋在1997年衝上年營業額1,000多萬元的高峰,但也吸引更多同業加入,以低價殺價競爭,讓水草進入紅海市場,雪上加霜的是水族產業也走下坡,2019年勝洋水草的收入只剩500多萬元。

還好轉型成觀光農場,每年至少帶入七、八萬人次的參觀人潮。「很多人說我很厲害,提早跨出去,走在前端。」徐志雄直白地說:「來勝洋釣魚一次收150元,150元可以在市場買一條三斤大的吳郭魚,但在這裡,魚釣起來,拍個照,還要放回去,不能帶走。」關鍵就在於做「體驗經濟」,因為農產品拿去市場批發,只能以低價競爭;做精緻農業、產地直銷,或是做休閒農場,才是「擺脫單純價格競爭的方法,」正如《體驗經濟時代》書中所說。

體驗經濟也是知識經濟

體驗的深度,就靠主題。目前也是宜蘭休閒農業發展協會理事長的徐志雄說,「我們的主題就是水草,因為沒有人比我們還懂水草,可以把水草這個主題發揮得淋漓盡致。」

勝洋休閒農場花很多時間做資源調查,探索水草的各種可能、用途,設計水草的相關活動,出版書籍,訴說水草的故事。發揮創意,將水草應用在食衣住行育樂上,例如將香料水草水紫蘇、刺芹或是大葉田香入菜,推出水草餐;規劃生態瓶與生態球的DIY課程,生態瓶還曾獲農委會舉辦的農特產品創意大賽第一名。

「有知識性的延伸商品才有壽命,」徐志雄強調,絞盡腦汁開發的生活文創品,例如水草小夜燈、自動灑水的盆栽,均要符合增加生活樂趣與品味,以及用得到的特性,還要消費者負擔得起,才能增加提袋率。基於宜蘭厝理念所興建的清水模水草文化館,不只吸引偶像電視劇前來拍攝,還是熱門打卡拍照的景點。

客人出門玩,有不同生活體驗,心情好,小朋友快樂學習,有了美好的一天,體驗所創造的教育、娛樂等附加價值,也增加了收入,從一開始是一台遊覽車收800元,到可以每人收門票100元,到200元、350元。

至於勝洋的本業水草種植,目前鎖定在栽培高單價的水草上,國內與外銷市場各佔一半。原本外銷最有競爭力、每年可以帶來300萬元營業額的水草小榕,三年前因遭到找不到病因的細菌感染,營業額一夕之間降為零。

負責水草種植的弟弟徐輝雄,聊起水草就停不下來,他透露已找到防治方法,並且通過檢疫,預計今(2020)年可以出口。

徐家兩兄弟三年前利用父母留下來閒置的養殖池,開始養殖澳洲龍蝦,等它們適應了宜蘭的冬天,成為水草餐廳的大餐,還可以帶來加值的體驗。

當水草只是水草時,只能賣給水族館;勝洋水草的五感體驗,讓「水草不只是水草」,產業便有無限的可能。

危機變轉機,轉型成功

製造電梯外殼起家的志鋼金屬,會成立「台灣金屬創意館」觀光工廠,走向體驗經濟,不是為了轉型所需,也不是為了促銷產品;反而是因為工廠轉型成功,訂單接不完之際,卻面臨找不到技工的困境。總經理郭治華乾坤一擲,以工廠為舞台,展示板金的產品與技術,讓「體驗」帶來柳暗花明的轉機。

志鋼金屬1995年創立時,是因為六位股東各自工作的公司都外移大陸,他們不想去大陸,於是六人合夥做電梯、升降梯的車廂與電梯門板金。

「剛開始什麼單都接,舊衣回收箱、垃圾桶,與金屬板金有關的訂單,只要是客人付了訂金,不論小單、大單都接。」郭治華說,還經常會遇到廠商跳票,最大的衝擊是1997年金融危機,台灣國內的工廠都暫停了訂單,反觀做外銷與高科技的工廠生意很穩定,因此轉做外銷與高附加價值的訂單。

「我還記得第一次做外國人的生意,一貨櫃的板金外殼運到國外,卻因為品質不合格,全部被退貨,所有的產品頓時變成廢鐵。」但志鋼金屬卻遇到很好的客人,郭治華說,這位外國客人親自說明退貨的緣由,原來出在品質測試與管理。

他舉例說:在台灣用酒精擦拭不會掉漆,但廠商一擦就掉,原來外國客人用的是濃度99度的酒精,而且以一定的力道擦拭,我們只用低濃度的工業酒精擦。在台灣用一般封箱的膠帶進行附著度的測試沒有問題,外國客人貼上的膠帶一撕就掉漆,原來他們用的是3M特定編號的膠帶;另外在台灣目視沒有色差,外國廠商拿出色差機,一掃描偏紅、偏綠全顯示。

回到台灣,好好反省,完全依照外國客人教導的標準與方法來進行品管,生產出品質好的產品,不僅打開外銷市場,而且依此品管標準,接美國、以色列等世界各國的訂單也無往不利。

郭治華娓娓道來志鋼金屬轉型的成功關鍵,造就了品質優良的產品,訂單接不完,前途一片大好之際,公司卻面臨招不到工的窘境。

招不到工,困而搏之

不只自己的學弟不願來上班,母校台南高工的板金科要被裁撤的消息,傳到郭治華耳裡。他解釋,由於板金科沒落,不如機械科夯,當時各個職校板金科都遭到裁撤或合併的命運,例如台北大安高工與高雄高工的板金科均變成製圖科或機械科,台南高工也受到影響。他在震驚之餘,不希望板金科就此沒落。

就連去參加就業博覽會,志鋼金屬的攤位不比台積電、群創小,「但他們大排長龍,我的攤位一個人都沒有,心中真是傷心。」郭治華心裡不服氣,志鋼金屬在板金業小有名氣,在大眾之間卻沒沒無聞,回來後更加強了成立觀光工廠的決心。

教育體系沒落,工廠也招不到工人,位於生產前線的郭治華,想力挽狂瀾,正巧當時的經濟部推出設立觀光工廠的政策,志鋼金屬2010年申請設立全國第一家板金觀光工廠,但為了區隔本業志鋼代工製造業,2014年集資創櫃,在政府輔導下於永康工業區成立了「台灣金屬創意館(簡稱「台創金」)」,想用觀光工廠來吸引板金科的學生來參觀。

體驗就是行銷

對於一般的民眾來說,可以參觀平時不易接近的板金工廠,很有新鮮感。透過實地解說,又能進一步了解板金的流程、不鏽鋼等金屬的特性,與各種金屬在生活的應用。

至於是「板」金?還是「鈑」金?台灣金屬創意館館長吳致亘指出,很多人以為板金是金屬,所以寫成「鈑」,但業界與學校板金科都用「板」,因為所謂的板金是將「板狀金屬」加工成形,所以應是「板」金。

為了更拉近民眾與板金的距離,將「板金」產品轉化為體驗,台創金推出銲接工體驗營、金屬文創商品DIY,用仙女棒代替銲棒、以雙手當成折床機,可以將金屬作彎曲與成形,做成機器人、手機座或是音樂盒,進一步體驗何為「板金」。

尤其是機器人與劍獅的文創商品,經台南警局永康分局訂了小金剛當成模範警察的贈品後,引發迴響;市議員又訂了小金剛送給模範爸爸,意外開發出客製化金屬獎牌與獎盃、金屬裝置藝術的生意,也讓發展創新的體驗,進一步成為引導轉型、設計新產品的基礎。

郭治華透露,特別是有一位教授來參觀台灣金屬創意館後,認為台灣板金業愈做愈好,還上電視大加讚揚,又介紹給從大陸回流、正在尋找板金工廠的台商,為台創金帶來鮭魚返鄉的訂單,觀光工廠成了對外行銷的最佳介質。

以往鐵工廠俗稱「3K」(危險、辛苦、骯髒)產業,台創金開放工廠現場的參觀,讓民眾一改以往對鐵工廠髒髒的、醜醜的刻板印象,也成為板金相關科系「校外教學」的現場。

「過去資深的板金師父很少有十根手指健在的。」解說老師強調,現在的電腦折床機有紅外線感應,一旦感應異樣,機器一定會嘎然停止,並且還有省力油壓裝置,女性也可以操作;新一代的機器還可以「坐著」操作。

郭治華指著工廠的生產線說,現在工廠有許多年輕的技工與建教生,就是實際在現場,看到操作精密機械的師父,以精巧熟稔、膽大心細的技術,製作醫療儀器箱的外殼,這樣需要高級技術能量的工作,自然薪水也不低,因而吸引年輕人加入板金的行列,台創金不但沒有業界普遍缺工的現象,工廠也從過去只有100人的規模,增加至300人。

特別的是,台南高工後來不僅沒有將板金科裁撤,現今又增加了一班,而且取名為「金屬創意班」!這樣的成果正是呼應了體驗經濟的意義,透過體驗的設計,傳承企業價值、行銷企業品牌。                           

相關文章

近期文章

EN 日本語

Aquatic Plants and Sheet Metal Working

Experiences Create a Brighter Business Outlook

Esther Tseng /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Scott Williams

How do you extend the value of a brand? How do you forge ties with consumers? B. Joseph Pine II and James H. Gilmore’s book The Experience Economy suggests that ex­peri­ences are in fact a kind of economic product, one that goes beyond traditional goods and services and creates new value for companies. When Yilan’s Sheng Yang Leisure Farm faced price competi­tion, and when Tainan’s Chih Kang Mater­ial Company struggled to hire employees, each of them responded by incorporating “experi­ences” into their product lineups. The former now offers visitors a full sensory experience of aquatic plants, while the latter provides an educa­tion in the basics of sheet metal working, as a means of expanding their business opportun­ities and brighten­ing their businesses’ outlooks.


 

“Hey! Where’d my shrimp go?” “Teacher, do shrimp eat aquatic plants, or their own poop?” The curious fourth graders visiting Sheng Yang Leisure Farm from Yilan’s Liming Elementary School are making “bottle ecosystems” and asking questions as they learn.

“Bottle ecosystems simulate the Earth’s natural environment. The water, sand and aquatic plants they contain form a miniature ocean,” says a docent, who goes on to explain the principles that enable the ecosystems to be self-sustaining. “The shrimp inside them are the consumers. The algae are the producers, providing food to the shrimp. They also contain decomposers, which clean the water and break down the shrimps’ excretions into nutrients the aquatic plants can use.”

From cultivator to leisure farm

Sheng Yang was once Taiwan’s largest supplier of aquatic plants. Anticipating the rise of price competition and a downturn in the aquarium market, company president Hsu Chih Hsiung heeded the Council of Agri­culture’s call to establish agricultural and fisheries parks in every rural township by beginning Sheng Yang’s transformation into a facility open to tourists while also maintaining the company’s production.

Hsu’s sense of crisis arose from his parents’ repeated failures in the aquaculture business. “My parents began raising eels in 1967, and enjoyed ten good years before their business began to decline. They went on to raise giant freshwater prawns, and then Chinese sturgeon. They probably tried their hands at every­thing but turtles.” He says that after their many ups and downs, they finally realized that Yilan’s relatively cool temperatures and limited sunshine made it unsuited to aquaculture. Their experience caused Hsu and his younger brother to try a different approach—they began cultivating aquatic plants in 1993, when there were just two companies in that market.

Sheng Yang’s annual revenues hit a peak of more than NT$10 million in 1997, but its success attracted new entrants to the market who competed on price, which hurt the company’s margins. Making matters worse, demand from the aquarium market began falling at around the same time. These two factors impacted Sheng Yang’s revenues, which were down to just NT$5 million or so in 2019.

Fortunately, the company’s leisure farm venture now brings in at least 70,000 visitors a year. “A lot of people have told me that I was smart to get into this business early,” says Hsu. He explains that the key is giving people an experience: “The NT$150 visitors spend to fish here could buy them a 1.8 kilogram tilapia at the market. They don’t get to take our fish home, but instead get the experience of catching it. They then take a picture and toss it back.” Just as Pine and Gilmore write, the experi­ence economy offers producers a way around price-based competition.

Knowledge = a good experience

The depth of an experience depends in part on the providers’ knowledge of the topic. Hsu, who is also the head of the Yilan Leisure Farming Development Association, says, “Our topic is aquatic plants. No one knows aquatic plants better than we do, so we can provide a lot of information.”

Sheng Yang spent a great deal of time surveying its resources and exploring the possibilities of aquatic plants. One result was its use of herbs such as rice paddy herb (Limnophila aromatica), culantro, and Limnophila rugosa to flavor an “aquatic plant” meal. Another was its development of DIY bottle ecosystem and globe ecosystem classes.

“The spinoff products that have lasted have been knowledge oriented.” The products that his visitors buy, which include aquatic-plant night lights and self-­watering potted plants, have to be fun, make use of some particular attribute of the plants, and be affordable.

Visitors are looking to try something new. Children learn while having fun, and everyone enjoys new experiences that brighten their day. A visit to Sheng Yang makes for a great day out, filled with experiences that create added value in the form of learning and ­pleasure.

Three years ago, Hsu and his brother also began making use of the aquaculture ponds their parents left them to raise western rock lobsters (Panulirus cygnus). Once the lobsters acclimate to Yilan’s winters, Sheng Yang plans to feature them on its menu and add yet another experience to its palette.

When Sheng Yang treated aquatic plants as a simple product, it could only sell them to the aquarium market. By turning the plants into a full-fledged sensory experience for visitors, it has created new and limitless possibilities.

Turning crisis into opportunity

Chih Kang Material Company got its start manu­factur­ing elevator cab shells. In more recent years, it estab­lished the Taiwan Metal Creation Museum (TMCM) and moved into the experience economy, doing so not because it needed to transform its business or spur sales of its products, but rather because it was having trouble hiring enough skilled workers to meet the strong demand for its products. General manager Kuo Chih-hua gambled that the “experience” provided by a platform highlighting sheet metal products and production techniques would pay off with a solution to its crisis.

Chih Kang’s six original shareholders founded the company in 1995 after each of their employers relocated to mainland China. Not wanting to follow their employers there, they partnered up to make doors and shells for elev­ators and platform lifts.

Kuo says that during the financial crisis of 1997 orders to factories serving Taiwan’s domestic market dried up, while those of firms selling to the export market remained steady, prompting Chih Kang to transition to exports.

“I remember our first overseas sale. We sent a container of metal cases to the customer, but the quality wasn’t up to standard and all of them were returned—an entire container full of goods instantly transformed into scrap metal.” But Chih Kang’s customer continued to work with them, even person­ally explaining the reason for the return, which turned out to be a problem with quality assurance procedures.

Kuo mulled the situation when he got back to Taiwan, and then fully implemented the customer’s quality assurance standards and methods. The application of these QA standards has enabled Chih Kang to win orders from around the world.

Kuo speaks at length about Chih Kang’s successful transformation, which he says led to high-quality products, a large and steady stream of orders, and a very bright outlook—but then a labor shortage.

Working through a problem

Kuo found himself unable to recruit younger graduates of his alma mater, National Tainan Industrial High School, and heard that the school was on the verge of eliminating its sheet metal program. He explains that the declining popularity of sheet metal programs compared to machinist programs, was causing many vocational high schools to merge their sheet metal courses with other courses or even drop them entirely.

Chih Kang participated in job fairs, operating a booth as big as those of companies like Taiwan Semiconductor or Innolux. “But they had long lines of prospective hires, and we had no one. It hurt.” For all that the company had made a bit of a name for itself in the business community, it was largely unknown to the general public. Kuo therefore resolved to open Chih Kang’s factory to tourists.

Fortunately, he did so at a time when the Ministry of Economic Affairs was introducing its factory tourism policy. Chih Kang applied to become Taiwan’s first tourism-oriented sheet metal factory in 2010. Seeking to create space between this endeavor and its core OEM manufacturing business, in 2014 the company raised capital on the GISA board of the Taipei Exchange to establish the TMCM in Tainan’s Yong Kang Industrial Park.

A form of marketing

TMCM has created experiences aimed at increasing the general public’s understanding of sheet metal, introducing DIY metalworking and welding camps that enable participants to use their hands as “bending machines” and to operate “welding rods” (actually, sparklers). They bend and shape metal to make robots, cellphone stands, and music boxes to gain a better grasp of what sheet metal working involves.

Opening the TMCM factory floor to the public helps visitors realize that modern metal­working facilities aren’t the dirty, smelly places they ­imagine. It also enables the TMCM to serve as a sort of “offsite classroom” for sheet metal programs in schools.

Working with sheet metal used to be dangerous. “In the old days, experienced sheet metal workers rarely had all ten fingers.” The docent explains that modern computer-controlled metal benders have infrared sensors that stop the machine the moment they detect something unusual, and that modern hydraulic presses take little strength to operate. You can even run modern tools from your chair.

Kuo says the factory now has many young skilled workers and interns, and visitors see machinists using tools to make medical instrument casings with familiarity, confidence and care. The highly skilled work is well paid, which is attracting young people into the sheet metal trade.

No longer considering eliminating its sheet metal program, National Tainan Industrial High School has now expanded it with the addition of a “metal creation” class!     

水草と板金加工

——産業を支える「経験経済」

文・曾蘭淑 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

ブランドの価値を存続させ、消費者とのつながりを生み出すにはどうすればいいのだろう。B.J.パインIIとJ. H.ギルモアの著書『経験経済—エクスペリエンス・エコノミー』によれば、「経験」は商品やサービスを越える一つの新たな経済的価値であり、それが企業に新しいビジネスをもたらすという。台湾では、宜蘭の「勝洋水草」と台南の「志鋼金属」が、それぞれの業界が価格競争と人材不足に陥る中で、水草に触れる五感の体験と、板金加工の体験教育を通して新たなビジネスチャンスを切り開き、より広く長い道を歩み始めている。


「あれ、エビがいなくなっちゃった」「先生、エビは水草を食べるの?それとも自分の糞を食べるの?」——勝洋水草レジャー農場を訪れた宜蘭県黎明小学校4年生の生徒たちが「生態系ボトル」を作りながら質問している。

「この生態系ボトルは地球環境をシミュレートしたものです。水と砂と水草で小さな海を形成し、ここに消費者としてエビを入れます。生産者は藻類で、それがエビのエサになります。さらに分解者として消化菌がエビの排泄物を分解し、それが水草の養分になり、水質浄化の役割も果たしているのです」と先生が質問に答え、生態系ボトルの共生の原理を教える。

小学4年の生徒たちは自然科の授業でちょうど水生植物について学んでいる。解説の先生は生徒たちに水生植物の分類と見分け方を説明する。環境教育の傍ら、釣りや筏漕ぎも体験でき、池の周辺には笑い声が響く。

水草栽培で観光農場を変える

かつて国内最大の水草供給業者だった勝洋水草の徐志雄総経理は、水草産業が価格競争に陥る中、将来的にアクアリウム市場が衰退することを予測していた。そこで2001年からは水草の生産を続けつつ、農業委員会が指導する「一町村一レジャー農漁業エリア計画」に参加して観光レジャー農場へと転換した。

徐志雄の危機意識は、両親が宜蘭県で続けてきた養殖産業の衰退を目にしたことから来ている。「両親は1967年からウナギの養殖を始めましたが、最盛期の10年を過ぎると衰退し始め、続いてエビやチョウザメなど、カメ以外のあらゆるものの養殖を試みました」と言う。数々の失敗の末に分かったのは、宜蘭では陽光が不充分で、気温は中南部より低く、水産物の養殖に適していないということだった。そこで彼は、1993年に兵役を終えると、弟の徐輝雄とともに水草の栽培を開始した。当時は水草業者は2社しかなかった。

徐家の兄弟は400種もの水草を収集して高単価の品種を開発し、アクアリウムショップも開き、コンクールや展覧会を開くなどして市場開拓に努めた。こうして1997年には、年間売上が1000万元に達したが、これが多くの新規参入を招くこととなり、価格競争が激化したのである。さらにアクアリウム市場が衰退し、2019年の売上は500万元まで落ち込んでしまった。

それが今では観光農場への転換に成功し、年間7~8万人が訪れる。「時代を先取りして業態転換を果たしたことに感心してくれる人も大勢います」と言う。「勝洋レジャー農場で釣りをすると1回150元です。150元あれば実は市場で1.8キロの大きなティラピアが買えますが、ここでは釣り上げたら記念写真を撮り、池に返さなければなりません」と言う。まさに「経験経済」である。農水産物は市場に卸せば価格競争にさらされる。だからこそ、高品質農業、地産地消、レジャー農場こそが単純な価格競争を回避する方法であり、まさに『経験経済—エクスペリエンス・エコノミー』が指摘する通りなのである。

経験経済は知識経済

経験の重点はテーマである。宜蘭レジャー農業発展協会の理事長も務める徐志雄は、「私たちのテーマは水草です。水草に関することなら、弊社は誰よりも詳しいので、このテーマを最大限に発揮することができるのです」と言う。

勝洋水草レジャー農場は多く時間をかけて水草のさまざまな用途や可能性を研究してきた。関連イベントを開き、書籍も出して、水草を衣食住や娯楽に応用できるものへと変えてきた。例えば、香料の原料にもなるシソクサなどを使って、レストランで水草料理を出したり、生態系ボトルを作るDIY教室を開いたりしている。生態系ボトルは農業委員会が開催する特産品創意コンクールで一位に輝いたこともある。

「知識志向の商品こそ寿命が長いものです」と言う。例えば水草ライトや自動水やりの鉢植えなどは生活に楽しみをもたらし、実用的で価格的にも手ごろなため、買っていく人が多い。宜蘭の民家の特色を出した水草文化館は、ドラマのロケ地にもなり、多くの人が写真に収める。

消費者は、普段とは違う経験をすれば気分も良くなり、子供たちも学習出来て有意義な一日を過ごすことができる。経験で生まれる教育や娯楽などが付加価値となる。

徐家の兄弟は3年前に両親が残したまま放置されていた養殖池を再利用し、オーストラリアのロブスターの養殖も開始した。ロブスターが宜蘭の冬に適応できれば、水草レストランで消費者に提供し、さらに付加価値を高める計画だ。

水草が単なる水草に過ぎなければ、アクアリウムショップに販売するしかないが、勝洋はそれを五感の経験へと転換することで「水草は単なる水草ではなく」なり、産業として無限の可能性を持つようになった。

危機を転機へ

もう一社、エレベーターのかごを生産してきた志鋼金属は、観光工場「台湾金属創意館」を設立した。経験経済へと方向転換したのは、企業の業態転換のためでも販売促進のためでもない。同社はすでに工場の改善に成功し、注文が絶えない状況だが、技術者不足に陥っていたのである。そこで総経理の郭治華は、工場を舞台として板金製品とその技術を展示し、「体験」を通して状況を変えようと考えたのである。

志鋼金属は1995年、6人の株主によって設立された。6人それぞれが勤務する工場が中国大陸に移転することになり、大陸に行きたくなかった6人が、パートナーとなってエレベーターのかごとドアの板金加工を行なうことにした。

最初はゴミ箱など、板金加工の注文なら何でも受けていたが、売掛金が回収できないこともあった。最大の危機は1997年のリーマンショックだった。内需向けの工場は注文がなくなったが、輸出とハイテクの工場は安定していたため、彼らは高付加価値製品の輸出を目指すことにした。

「初めて外国からの注文を受けた時、コンテナいっぱいの製品が完成して輸出すると、不合格と判定されて返品されてしまいました」と郭治華は言う。だがこれが非常に良い顧客で、品質検査の方法と管理に問題があることを丁寧に教えてくれたのである。

この指摘を受けてすぐに改善したところ、質の良い製品ができ、アメリカやイスラエルからも注文が来るようになった。こうして経営は軌道に乗り、将来に大きな期待が持てるようになったが、人材が集まらないという苦境に陥った。

人材不足が転機に

母校の台南高級工業職業学校でも板金科がなくなるという話を聞いた。板金科は機械科ほど人気がなく、他の工業高校でも廃止されつつあった。

就職博覧会に大きなブースを出しても、TSMCや群創光電は長蛇の列なのに、志鋼金属には誰も来てくれない。業界では名の知られた志鋼だが、一般の人の間ではまったく無名だという事実も、観光工場開設の動機になった。

板金が学校教育で重視されなくなり、工場でも技術職が不足する中、最前線の郭治華は何とか形勢を挽回したいと考えた。ちょうどその頃、政府経済部が観光工場設立政策を推進しており、志鋼金属は2010年に全国初の板金観光工場設立を申請した。ただ本業と区別するため、政府の指導の下で永康工業区に「台湾金属創意館」を開くこととなった。板金科の生徒たちが見学に訪れればと考えたのである。

「体験」がマーケティングに

普段は触れることのない板金工場は一般の人にとって新鮮なものだ。解説を通して板金加工の流れや各種金属の特性も分かる。

創意金属館では板金加工を体験してもらうため、半田付け体験や金属製品DIYカリキュラムを打ち出し、ロボットやスマホ立て、オルゴールなどの製作を通して「板金」に触れてもらう。

大学のある先生が見学に訪れた後、台湾の板金加工技術は大きく進歩しているというのでテレビで紹介してくれたこともあった。

かつて鉄工・板金工場と言えば、3K(危険、汚い、きつい)と言われたが、台湾創意金属館の開放的な工場を見学すれば、油まみれで汚いというイメージは払拭され、また板金関連学科の「校外学習」の場にもなっている。

「かつてはベテラン板金職人と言えば、十本の指が揃っていない人も大勢いました」と解説の先生は語る。しかし現在では金属を折り曲げる機械はコンピュータ制御で、赤外線センサーがついていて、異常があれば機械はすぐに停止する。また力を必要としない油圧装置となっていて女性でも簡単に操作できる。さらには座った状態での操作も可能になっている。

郭治華は工場の生産ラインを見ながらこう話す。今では工場に多くの若い技術職や実習生がいて、精密機械を操作するベテラン職人の熟練した技術を見習いながら、医療機器の筐体などを製造している。高度な技術を要する仕事なので待遇も悪くなく、若者が板金加工の世界に入ってくるようになった。業界ではやはり人手不足が続いているが、同社では工場の従業員が100人から300人まで増えたのである。

注目したいのは、台南高級工業職業学校の板金科は結局廃止されず、1クラス増えて「金属創意班」という名称に変わったことだ。これは経験経済の意義を証明するもので、体験を通して企業の価値やブランドを継承していけるのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!