教室外的文化課

東南亞移動圖書館在台東
:::

2018 / 5月

文‧陳群芳 圖‧林旻萱


隨著東南亞移工來台人數增加,以及政府「新南向政策」的推動,我們與東南亞國家的關係越來越緊密。然而對這些生活在周遭的異國面孔,我們是否試圖了解,甚或給予關懷。

台東有間由學生發起的東南亞移動圖書館,他們募集東南亞語言書籍,無償提供移工借閱,用移工熟悉的文字緩解思鄉的情緒;隨著相處時間演進,學生與移工一起唱歌跳舞、分享美食、語言交換,以改善東南亞移工的生活環境為出發,為在異鄉的心帶來了溫暖,也讓友誼在彼此心中萌芽。

 


 

週日的近午時分,我們來到台東市光明路上的印尼生活館,尋找東南亞移動圖書館的蹤影。

只見外頭擺了張長桌,沒多久幾位高中生魚貫地進入店內,熟稔地和老闆娘打了招呼。頃刻間拖出一只行李箱,扛上長桌打開,將充滿異國風情的紗巾當作桌布,俐落地在桌上擺滿了印尼語、越南語、泰語的書籍,愛情小說、驚悚文學、美味食譜等各種內容,不到半小時,東南亞移動圖書館就正式開館啦!

善意的起點

東南亞移動圖書館由均一實驗高級中學老師劉政暉及幾位學生專為來台移工發起。在這裡借書不用借書證也不需要身分識別,即使彼此的語言不那麼通暢,但憑著信任,只要向學生館員登記,付上押金,就能無限期借閱。

說是圖書館,其實更像書攤,每周前來借書的人數多寡不一。不屬於校內課程,更沒有志工時數,當其他年輕人在逛街玩樂時,這群學生卻堅持在寶貴的週日時光前來開館。看著他們自然地與往來的移工打招呼,讓這間一張桌子見方的圖書館,充滿對移工關懷的滿滿暖意。

這一切的緣分,就從一門課開始。

任教社會科的劉政暉,包辦高中部全年級的公民、地理、國際連結課程,曾在國合會任職,負責印尼事務,加上自己赴印尼旅遊時受到當地人許多幫助,東南亞國家的溫暖人情讓他印象深刻。長年關注移工議題,課堂上劉政暉也會與學生分享東南亞文化與在台移工的生活情況。這些異國面孔,如此貼近台灣人的生活,然而多數的民眾對他們卻是十分陌生與疏離。因為不瞭解,所以產生許多想像與誤解。劉政暉和學生們希望藉由一點小小的活動,為這樣的關係帶來改變。

2017年5月開齋節前夕,劉政暉與學生帶著親手製作的炸香蕉、辣椒蛋等異國點心,到台東富岡漁港與移工分享,學生們還以吉他伴奏秀了大家苦練的印尼情歌,現場熱鬧而溫馨。

在這個被劉政暉笑稱是「勞軍」的活動裡,學生因而有機會與移工近距離接觸,親眼見識移工在船艙的狹小居住空間。長時間的海上工作,語言不通外,或許還帶有歧視的船上生活,內心悽苦不安有如孤島。即使生活如此艱辛,但看到學生的付出,他們還是以開朗的笑容回應,這一切讓學生們心有所感。

希望為移工做些什麼的使命感,就這樣在幾位學生心中萌發。在一番討論激盪後,移動圖書館的概念逐漸成形。他們向東南亞書店燦爛時光募書,前往台東市人潮聚集的秀泰廣場外擺攤。沒想到第一天就遭到驅趕,也許是上天的安排,劉政暉和學生不知該何去何從時,他們遇到之前在漁港擔任移工翻譯的李秀蓮。這位從印尼嫁到台灣近二十年的新住民,就住在秀泰廣場附近並經營印尼生活館,販賣各式來自印尼的日用品與雜貨。聽聞劉政暉他們的理念,二話不說便慷慨地讓這群師生使用店面外的空間,東南亞移動圖書館就此有了落腳處。

美食是最平易的文化交流

不僅無償提供空間,身兼人力仲介的李秀蓮,每逢回印尼洽公探親時,便會自掏腰包為移動圖書館帶幾本新出版的小說,學生在移動圖書館顧攤時,她也會協助翻譯和介紹。

深知移工與新住民在異鄉的辛苦,每逢周日李秀蓮更會使出她的好手藝,用自己磨製的印尼香料煮上幾樣道地小吃,照顧移工們的胃,也撫慰他們寂寞的心;移工則暱稱李秀蓮「Mammy」。

每逢周日移動圖書館開館,李秀蓮也會熱情邀請劉政暉和學生一起享用。餐桌上紅燒牛肉、咖哩雞肉、涼拌沙拉等美味的印尼料理,還有劉政暉帶來的台式泡菜、滷豆干等台灣味,移工、學生、劉政暉、李秀蓮大家圍坐一起吃飯談天,席間中文、印尼文夾雜,感覺像家人一樣。美味的食物、爽朗的笑聲,也模糊了國籍的界線。

有時學生也會跟著李秀蓮學做菜,將辣椒、香料、花生、椰子糖等材料在石缽裡磨碎,再加上印尼的醬油膏,淋在切好的青芒果和鳳梨上,又辣又香甜的水果沙拉就完成了。大家一起切菜,一邊閒話家常,還會分享各種水果的印尼發音。

除了飲食,當移工們在印尼生活館裡歡唱卡拉OK時,也會熱情邀請學生們一起唱歌,李秀蓮甚至會將店內展示的印尼傳統服飾讓學生換上,並教她們跳起傳統舞蹈,文化的交流就如此不知不覺,一步步拉近彼此的距離。

語言交換讓友情增溫

歷經一段時間的相處後,也許是學生的真誠打動了李秀蓮,她向劉政暉詢問能否教她寫中文。「要把自己不懂的、脆弱的那面展現出來,其實是需要很大的勇氣,很不容易的。在累積的過程中,她們相信學生是可以教她們,不會笑她們的。」劉政暉說。

然而上課當天,事情卻有了意想不到的發展,原本預定要教已有一定中文表達能力的李秀蓮閱讀認字,有助她在合約、銀行往來文件等的閱讀。只見李秀蓮面色凝重地將劉政暉他們一行人帶到權充為教室的印尼生活館2樓。簡單的一面白板和幾張桌椅,裏頭已坐了幾位移工在等待,看見劉政暉他們,立即露出往常燦爛的笑容與渴望學習的眼神,似乎忘了整天工作的辛苦。「先幫他們上課,他們比我更需要學中文。」李秀蓮說。

原來不久前一位移工在缺乏翻譯的情況下,雇主讓他簽了份條件十分不平等的合約,在幾天連續24小時的工作下,他提出休息的要求,卻遭雇主找人毆打他,最後被遣返。說起這段過程,李秀蓮還是好生心疼,試想如果她能在旁邊,或是他們能看懂中文,是不是能減少類似的憾事。

就像我們小時候學認字一樣,學生們從注音符號開始教起,帶著移工念發音、練寫字。甚至是握著移工的手,一筆一畫的在生字簿上練習,「課程結束前我教姊姊寫她的名字,她眼眶濕濕地跟我說原來自己的名字是這樣寫。」當下的感動讓學生李紫緹印象深刻。

因為移工們工作的關係,每次前來上課的人數、程度都不一定,學生們機動性在簡易教室裡分組教學,除了學生教移工中文,單字教學時也會請移工指導印尼語的念法。劉政暉表示,教中文仍有一種給予,無形中會有上對下的關係,但他與學生都希望他們與移工之間的關係是對等的,彼此用中文及印尼文互相學習,讓移工相信自己也有付出的能力。

即使課業、社團等各種活動已將生活排得滿檔,但學生仍利用課餘時間討論教學內容。他們以移工生活會遇到的狀況為發想,如看醫生、買車票、看電影等,設計生動的上課講義。今年寒假,這群來自台中、台南、花蓮等地的學生,明明就是返鄉放假的日子,還特地回到台東進行兩天的密集中文課程,甚至相約搭車前往富岡漁港,想更了解移工的工作情況。

「有時候事情繁多,很想放棄,但心裡就會有個聲音告訴自己,如果她放棄了,以後誰教他們中文?」學生張慧懿說。經過長期的相處,學生與移工之間像是朋友家人般的情感,也讓他們主動關注移工相關的社會議題,透過研究文獻或是與其他耕耘東南亞議題的非營利組織聯繫合作的機會,沒有為志工時數,也不是課業需要,一切都是學生自發的使命感。

東南亞移動圖書館凝聚了一群師生對移工的關懷,借出幾本書不重要,他們就是想讓移工們知道,有一個地方,有群人固定會在這裡陪著他們。當文化交流成為日常,會發現彼此的良善與相似,帶來更多的理解和包容,也共同為這群遠道而來的朋友點盞溫暖的燈。                   

相關文章

近期文章

EN 日本語

Culture Classes Beyond the Classroom

Taitung’s Southeast-Asian Mobile Library

Chen Chun-fang /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Geof Aberhart

Students in Taitung have started their own “Southeast-Asian Mobile Library,” collecting books in Southeast-Asian languages and lending them out for free to migrant workers in an effort to help them ease their homesickness through reading. As time has passed, the two sides have come to know one another better, singing, dancing, and eating together as well as exchanging language study. What started as simply a way to improve life for these workers far from home has blossomed into friendship.

 


 

As noon approaches on a Sunday, we arrive at the Indonesian store Toko Sum­ber Re­jeki on Tai­tung City’s Guang­ming Road in search of the Southeast-Asian Mobile Library.

At first, all we see is a long table outside, but soon a handful of senior-high students begin to file into the shop, dragging along with them a suitcase. They lay out a length of ex­otic­ally patterned cloth to serve as a tablecloth, and before a half-hour is up, the table is covered with books in Indonesian, Vietnamese, and Thai. The Southeast-Asian Mobile Library is open for business!

Beginning with goodwill

The mobile library was launched by Andreas Liu, a teacher at ­Junyi Experimental High School, and several of the school’s students, with a focus on serving migrant workers in Taiwan. Those who want to borrow books from the library need neither library cards nor ID—they just need to sign the books out with the students and put down a deposit, then they can borrow the books for as long as they want.

The whole project started with a lesson at school.

Liu is currently a social studies teacher, but previously worked with the International Cooperation and Development Fund (TaiwanICDF) handling Indonesian affairs. During his own trips to the country he was helped out by the locals, and their warmth and kindness left an impression on him. Long interested in migrant labor issues, in class Liu often shares with his students his experiences with Southeast-Asian cultures and the living conditions of migrant workers in Taiwan. Despite how closely they live with Taiwanese, these workers still seem strange and alien to many locals. Andreas Liu and his students hope to change that.

In May 2017, prior to Eid al-Fitr, Liu and his students made some Indonesian dishes like pi­sang go­reng (deep-fried banana in batter) and te­lur ba­lado (Indonesian chili eggs) and took them down to Fu­gang Fishing Harbor to share with the migrant workers there. The students also put on a show, playing some hard-practiced Indonesian love songs on their guitars.

During their visit, the students got to see for themselves the cramped living conditions the crew members endure on the boats. Working for prolonged periods out at sea with people who don’t share their language and might even discriminate against them, they can feel alone and isolated.

What they saw sparked in the hearts of some of the students a feeling that they had to do something for these people. After some discussion, the mobile library plan began to slowly take shape. They collected books from the Southeast-Asian-themed bookstore Brilliant Time and then headed to Showtime Plaza in Tai­tung City to set up a stand. But that first day they were kicked out of the plaza, and Liu and the students were at a loss as to where to go next. It was then that they encountered Li Shiu-lien, who had previously served as an interpreter for migrant workers at Fu­gang Fishing Harbor. Li, who moved to Taiwan some 20 years ago after marrying a Taiwanese man, runs Toko Sum­ber Re­jeki, selling a variety of daily necessities and groceries. When she heard about the students’ plan, she generously offered her storefront for their use, and the Southeast-Asian Mobile Library moved there.

Cultural exchange through cuisine and language

Understanding the hardships immigrants and migrant workers can face in a foreign land, each Sunday Li whips up a variety of authentic Indonesian snacks for the workers, who have nicknamed her “Mammy.”

When the library opens up each Sunday, Li also invites Liu and the students to partake. Alongside Li’s delicious Indonesian dishes like kreng­sengan da­ging (beef stew), kari ayam (chicken curry), and gado-gado (Indonesian salad), Liu contributes Taiwanese dishes like Taiwan-style pickled vegetables and braised dried tofu. Everyone gathers around to eat and chat in Indonesian and Chinese like one big family. And when the migrant workers visit Toko Sumber Rejeki for some karaoke, they’ll invite the students along too. Li even lets them try on some of the traditional Indonesian outfits on display in the store and teaches them some traditional dances, bringing everyone closer one step at a time.

After a little while of this, the students’ sincerity had touched Li Shiu-lien, and she asked Liu if he could teach her to write Chinese. “It takes a lot of courage to admit you don’t know something and to show that vulnerable side of yourself,” says Liu. “Over time Li and the others came to trust that the students could teach them and wouldn’t laugh at them.”

When the day of the first lesson came, Liu had been expecting to help Li, who already speaks Chinese quite well, go over things like contracts and bank documents. But then, with a look of ser­ious­ness, Li led Liu and his students up to a makeshift classroom set up on the second floor of Toko Sum­ber Re­jeki with a whiteboard and a few tables and chairs. Seated at the tables were a handful of migrant workers, ready and waiting. “Teach them first, they need it more than I do,” said Li.

As it turned out, not long before, the boss of a migrant worker had taken advantage of a lack of interpreters to get him to sign an unfair contract that had him working several 24-hour days. When he requested some time to rest, the boss got someone to beat him, and ultimately got him kicked out of the country. Li thought if she could have been there, or if the migrant workers could read Chinese, such things would be less likely to happen.

The students began the lessons teaching Mandarin Phonetic Symbols, leading the workers through pronunciation and writing drills. Sometimes they would even hold the workers’ hands, guiding them through characters stroke by stroke. “Before the end of the lesson, I taught one woman how to write her own name. She almost cried at finally knowing how to do that,” recalls one of the students, Judy Li, who was herself deeply moved by the experience.

Because of the migrant workers’ working hours, the people who show up for each lesson aren’t always the same, and nor are their Chinese levels. As a result, the students have taken to teaching in smaller groups to make things a little easier. And in addition to teaching Chinese to the workers, they also ask the workers to teach them some Indonesian. Liu explains that in teaching there is a kind of top-down relationship, but he and the students want a more equal relationship with the workers, and by teaching ­Indonesian the workers get to feel that they have something to give in return. 

The students try to develop engaging lessons around situations the workers will encounter in their daily lives, like seeing a doctor, buying train tickets, or going to a movie. This winter, some of the Junyi students who come from as far afield as Tai­chung, Tai­nan and Hua­lien specially set aside two days during their holidays back home to return and hold a two-day intensive Chinese language course, including arranging to take a ride to Fu­gang Harbor to get a better understanding of the working conditions of migrant fishing crews.

“Sometimes when there’s a lot on my plate I think about giving up the teaching, but then there’s a voice in the back of my mind that says if I give up, then who’s going to teach them?” says one of the students, Scarlett ­Chang. Over time, the students and workers have become like family, and this growing relationship has led to the students getting more involved in social issues relating to migrant labor, whether through reading relevant studies or volunteering with NGOs. What they do, they do not do to add volunteer hours to their resumes, nor to get class credit, but entirely from their own desire to help.

The Southeast-Asian Mobile Library is one result of this concern. Lending out books really isn’t even the point for the students so much as letting migrant workers know that there is a place where people will be there for them. When we make cultural exchange part of our lives, we learn that both sides are good and that there are many similarities between us all. This fosters greater understanding and inclusiveness, and puts up a welcoming light for our friends from afar.                                 

校外の文化の授業

台東で花開く 東南アジア移動図書館

文・陳群芳 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

東南アジアからの移住労働者の増加と政府による「新南向政策」によって、私たちと東南アジア諸国の関係はますます緊密になっている。

台東に、学生たちが発起した東南アジア移動図書館がある。彼らは東南アジア言語の図書の寄贈を呼びかけ、それらを故郷への思いを募らせる移住労働者に無償で貸出している。こうして移住労働者と親しくなった学生たちは、一緒に踊ったり食事を楽しんだり、言語交換をしたりするようになった。移住労働者の生活環境改善から始まって、異郷に暮らす人々の心に寄り添ううちに、深い友情が芽生えつつある。


平日の正午近く、私たちは台東市光明路にあるインドネシア生活館という商店に東南アジア移動図書館を訪ねた。

おもてに長いテーブルが置かれただけの店に、高校生が何人か入っていき、挨拶を交わすとスーツケースを出してきて異国風のテーブルクロスをかけ、インドネシア語、ベトナム語、タイ語の図書を並べ始める。こうして東南アジア移動図書館が営業を開始した。

始まりは善意から

東南アジア移動図書館は実験高校の教員である劉政暉と数人の生徒が台湾で働く外国人労働者のために始めたものだ。ここで本を借りる時は借用書も身分証明書も必要ない。登録してデポジットを納めさえすれば、すぐに無期限で本を借りることができる。

図書館と言っても、小さな売店のような感じだ。学生たちもボランティア時間数を学校に登録するわけではなく、他の生徒が遊んでいる週末にやってきて働く。

この活動は一つの授業から始まった。

社会科を教える劉政暉は、高等部の公民、地理、国際関係などのカリキュラムを担当している。かつて外交部所管の財団法人国際合作発展基金会でインドネシア業務を担当していた彼は、インドネシアで現地の多くの人に助けられた経験があり、東南アジアの人々の温かさを感じていた。長年にわたって移住労働者の問題に関心を注ぎ、授業でも東南アジアの文化や台湾で働く移住労働者の暮らしなどに触れてきた。身近で働いている移住労働者だが、私たちは彼らのことをよく知らない。劉政暉と生徒たちは小さな活動を通して、こうした関係を変えたいと考えたのである。

2017年5月のラマダン明けの直前、劉政暉と生徒たちは、揚げバナナなどのお菓子を作り、台東の富岡漁港で働く移住労働者とシェアし、練習したインドネシアのラブソングを歌った。

この時、生徒たちは移住労働者と直接触れ合うこととなり、彼らが船倉の狭い部屋で生活しているのを目にした。船上での長時間労働に加えて、言葉も通じず、時には差別の目を向けられ、彼らは孤独と不安を感じていることを知った。

この時、何人かの生徒は労働者のために何かしたいという使命感を覚えるようになった。彼らは話し合いを経て、移動図書館というアイディアに至った。そこで東南アジア書店である燦ؤي時光から図書の寄贈を受け、台東市で多くの人が集まる秀泰広場にブースを出したところ、一日で追い出されてしまった。途方に暮れていた時、以前漁港で労働者の通訳をしていた李秀蘭さんと出会った。彼女はインドネシアから台湾に嫁いできて20年になる新住民で、広場近くに店を開き、インドネシアの日用雑貨などを扱っている。劉政暉らの理念を聞いた彼女は、自分の店の前の空間を提供してくれることになり、こうして東南アジア移動図書館を開く場所が確保できたのである。

食による文化交流

人材紹介の仕事もしている李秀蓮さんは、仕事でインドネシアに帰国するたびに、移動図書館のための新刊小説などを持ち帰ってくれ、本を借りに来た人との通訳まで務めてくれる。

異郷に暮らす移住労働者や新住民の苦労を知っている李秀蓮さんは、日曜日になるとインドネシアのスパイスを使って料理を作り、移住労働者に提供しており、そのため彼らからマミーと呼ばれている。

日曜日の移動図書館営業日、李秀蓮さんは劉政暉や生徒も食事に誘ってくれる。食卓には牛肉の煮込みやチキンカレー、和え物などのインドネシア料理と劉政暉が持ってきた台湾の漬物や干し豆腐が並び、労働者も生徒も一緒にテーブルを囲んでおしゃべりをする。中国語とインドネシア語が飛び交い、まるで大家族のようだ。

移住労働者たちは李秀蓮さんの店でカラオケを歌う時にも生徒たちを誘ってくれる。李秀蓮さんは店内に展示してあるインドネシアの伝統衣装を生徒たちに貸してくれ、伝統舞踊まで教えてくれる。こうした中で文化交流が進み、少しずつ互いの距離を縮めてきた。

言語交換で深まる友情

このような交流と親交を通して、生徒たちの真心が李秀蓮さんに通じたのだろう。彼女は劉政暉に、漢字の書き方を習いたいと言ってきた。「自分ができないことや弱点を人に見せるというのは大変な勇気がいることです。交流を重ねるうちに彼女は、この生徒たちになら笑われることはない、教えてもらえると信じられるようになったのでしょう」と劉政暉は言う。

ところが、最初の授業の日、思いがけない展開が待っていた。李秀蓮さんは中国語でのコミュニケーションは問題ないので、契約書や銀行の手続等に必要な字が書けるように教えればいいと思っていた。ところが行ってみると、李秀蓮さんは重々しい表情で彼らを出迎え、インドネシア生活館の2階に設けた教室に案内した。そこにはホワイトボードと机と椅子がいくつか置かれ、数人のインドネシア人労働者が待っていて、劉政暉と生徒たちが入ってくると、うれしそうに笑顔を浮かべ、目を輝かせた。「まず彼らに授業をしてあげてください。彼らの方が中国語学習を必要としているので」と李秀蓮さんは言った。

実はしばらく前、ある移住労働者が通訳者のいない状況で雇用主と不平等な契約書に署名させられていたのだという。数日連続24時間も働かされ、休みたいと申し出たら殴打され、送還されたのである。これを知った李秀蓮さんは心を痛め、もし彼らが中国語を読めたら、こうした事態は減らせるのではないかと考えたのである。

そこで生徒たちは中国語の発音記号から始め、手を取って一画ずつ漢字の書き方を教えていった。働いているため、授業に出てくる人数や中国語レベルは毎回異なり、生徒たちは機動的にグループ分けして教える。中国語を教えるだけでなく、単語が出てきたら彼らからインドネシア語を教えてもらう。一方的に中国語を教えるのでは、無意識のうちに上下関係ができてしまうが、生徒と労働者の間には対等な関係を築いてほしいので、同時にインドネシア語を教えてもらうことで、インドネシア人労働者にも自信を持ってほしいからである。

生徒たちは、移住労働者が遭遇する場面などを考えて教え方も工夫している。例えば病院へ行ったり、列車の切符を買ったり、映画館に行ったりという場面を想定し、わかりやすい内容にしている。今年の冬休み、旧正月でそれぞれ台中や台南、花蓮などの自宅へ帰るべき生徒たちは、2日間台東に集まって集中中国語教室を開き、また列車で富岡漁港まで行って、移住労働者たちの仕事の状況を理解した。

「いろいろ忙しくて、やめたいと思う時もあります。でも、自分がやめたら誰が彼らに中国語を教えるのかと思うとやめられません」と張慧إtさんは言う。長年にわたる親交を通し、生徒たちとインドネシア人労働者との間には家族のような感情が生まれている。生徒たちは能動的に移住労働者に関するテーマに関心を注ぎ、文献を読み、また東南アジアに関わる活動をしているNPOなどとも協力している。ボランティア時間数は学校の単位には計上されず、すべて生徒たちの自発的な使命感から行なっている。

東南アジア移動図書館には、移住労働者に対する生徒たちの関心が結集している。重要なのは本を貸し出すことではなく、海外から働きに来ている人々に、彼らに関心を寄せる人が集まっている場所があることを知ってもらうことだ。日常的に文化交流を重ねることで、互いの良さや似ているところを発見し、さらに理解を深めていく。こうして遠来の友人たちのために、暖かな火を灯すことができるのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!