走進東南亞

以人為本的跨文化對話
:::

2018 / 6月

文‧蘇俐穎 圖‧林格立


絕大多數的人都不知道,台灣歷史的發展進程,與東南亞休戚與共,甚至在地理位置上,除中國大陸以外,菲律賓是距離我們最近的國家,而非相較熟悉的日本。東南亞,稱得上是地圖上被忽略的暗角,然而,在這片土地上,不僅有著出人意料的豐饒內涵,還有著與台灣千絲萬縷的聯繫。


在剛落幕的2018年曼谷國際書展上,受邀參展的原住民作家亞榮隆‧撒可努,分享自己到菲律賓交流的經驗,當地人說他來自「mother island」。

台灣被南島語族稱之為「南島的母親」,緣由可上溯到約西元前5,000年以前,南島語族從北往南漂移到太平洋各地,開枝散葉,這是人類學上的「出台灣記」。

除了南島語族,華人移民、列強殖民、熱帶氣候與海洋的親近性……都是台灣與東南亞共享的文化元素,「台灣甚至可算是東南亞的一部分,」文化部政務次長丁曉菁表示,「只是我們以前沒有放在這樣的脈絡下去思考。」如今,不管是出於何種理由,以新的眼光看見東南亞,對台灣而言已是刻不容緩。

複雜多樣的東南亞

台灣與東南亞雖有許多相似之處,但在本質上仍相差甚多。好比說,台灣雖也有南島語族,但因著地理上靠近中國沿海,從明鄭時期開始移民至此的漢人,將中國的文化搬挪至台灣,在此建立起漢人社會,最後甚至超越更早落腳的原住民,成為後來居上的文化主流;但反觀東南亞社會,卻始終以南島語族為主體。

而以地理條件來說,台灣是由激烈的版塊運動擠壓出來的島嶼,平地與高山的落差劇烈;地貌平緩的東南亞,則依此優勢建設許多港口,進而帶動貿易的發達,又因著貿易之故,再帶進與鄰近民族,如印度、波斯、阿拉伯、中國的交流,經過長期接觸、碰撞,融合成為東南亞文化的一部分;好比在歷史上有許多東南亞國王,兼具神王的形象,即是受到印度教影響的緣故。

再加上到了19世紀,歐洲列強紛紛到東南亞爭權,如菲律賓之於西班牙、印尼之於荷蘭、馬來西亞之於英國、法國之於中南半島……等,又因物資開採、基礎建設等勞力需求,殖民者大量引入印度、中國等不同國家的移民,作為廉價勞工使用。

從古至今,來自四面八方的文化元素,在此不斷攪和,最終形成東南亞多人種、多語種的文化景觀。暨南國際大學東南亞學系副教授林開忠說:「這也許就是我們沒有很大的驅動力去了解東南亞的原因,因為實在太複雜了!東南亞真的很多元,多元到爆!」

被偏見所掩蓋的寶藏庫

從學術的角度來看,東南亞豐富的內涵,一直是許多民俗學、人類學、政治學理論重要的取材來源,包括知名學者Benedict Anderson、Clifford Geertz都從東南亞發展研究。但在普羅大眾,東南亞的地位仍沒有受到重視,甚至備受歧視。

根據林開忠說法,一來,可追究到昔日的大航海時代,當歐洲人進入東南亞,便把東南亞視為沒有文明的化外之地,這樣的論述影響後來的殖民者對東南亞的看法;二來,台灣承襲傳統中華文化對於東南亞地區的鄙夷,即便到了當代,這樣的觀點仍是影影綽綽。

另外,以台灣為例,雖然一直以來都有為數不少的東南亞僑生來台求學,甚至留在台灣工作,但由於華人在東南亞社會的處境相當邊緣(惟新加坡是例外),間接造成僑生對於母國認同上的困難,也因此無法主動突顯東南亞正向的一面,更難扭轉一般人對東南亞的印象。

暨南國際大學東南亞學系教授李美賢直言不諱地指出,尤其在資本主義掛帥的時代,人們重視物質文明先於一切,這也影響我們觀看世界的視野,不僅造成主流社會崇尚歐美、東北亞等先進國家,甚至歧視落後國家,更遑論主動提起興趣認識東南亞。

從身邊的「人」開始認識東南亞

中興大學台灣文學與跨國文化研究所助理教授詹閔旭談到自己的例子,因為大學時在學校上過馬華作家李永平的課,繼而開啟與東南亞的淵源,甚至後來從事李永平小說的研究。他從身邊的人出發,再延伸關心對方背後的身世故事,最後擴大認識到婆羅洲、馬來西亞等區域。因此他認為,認識東南亞,應該是從身邊的人開始。

不只是因著馬來西亞國內教育體制的問題,而選擇留台的馬來西亞華人,在台灣社會裡,還有近70萬的外籍移工,以及約54萬名的新移民等東南亞面孔。除了作馬華文學的研究以外,詹閔旭也觀察到,好比許多菲律賓移工喜歡以詩歌創作,這樣的特性,是否與菲律賓的文學傳統、與這邊的生活景況有關?這些線索,都是探索東南亞的起點。

在東南亞議題蔚為風潮的此刻,詹閔旭說,想要關心東南亞,不需要遙想遠方,可以就從關心這塊土地上的東南亞開始。他說:「當我們在講認識另一個國家的時候,我們把國跟國之間的界線切得非常開,但其實國跟國之間並沒有那麼開。因為,我們永遠不是在認識異國,而是在認識連結。」

「互相了解」是消除偏見的第一步

不過,移工移民被歧視的情況仍時有可聞,李美賢一針見血地說,全世界移民的處境,往往都會受到主流社會的排擠,台灣並非個案;問題的背後,其實正是由物質文明帶來的文化階序問題。隨著不想了解、不願了解,任意為特定族群貼上刻板印象的標籤,無形中加深不同族群對立,造成惡性循環。

李美賢談道:「消除偏見的第一步,就是彼此認識;文化對等也是很重要的概念。但這很困難,只有透過長期的教育才有可能。」

站在教育的第一現場,他們並沒有時間灰心。暨南國際大學東南亞學系作為全台唯一的東南亞專業科系,歷年來已有約50位東南亞籍的學生從此畢業,包含泰國、越南、柬埔寨、緬甸……等,因此,除了知識上的傳輸,還提供實際的互動與相處機會,李美賢說:「台灣學生在這個學系裡,反而會從優勢轉變成弱勢的位置,大家比較平等,也互相學習!」

不僅如此,受惠於台中市政府與教育部的經費,以東南亞學系為首的幾位暨大老師,也在台中火車站附近的東協廣場內,成立「SEAT | 南方時驗室」。在這個曾被棄置、凋敝的空間,如今開滿了東南亞商家,每到假日就有大批移工湧入,在此消費,猶如小東南亞一般;而選擇在此設點,並以串連東南亞移民社群與台灣社會為核心宗旨,這樣的場所顯得極具意義。

南方時驗室推動許多活動,多數都開放一般民眾參與,包含在假日舉辦導覽,吸引不少台中市政府員工、中小學教師前來參加,開啟台灣民眾與東南亞族群的互動機會。

此外,暨南國際大學在台北另有開設東南亞學系碩士在職專班,許多因工作需要的公職人員或者中、小學老師前往報名就讀,「他們是教育的第一線人員,觀念也是非常重要的。」透過對話的方式,可看到大家的心態逐漸改變,這樣的影響雖非一蹴可幾,卻也逐漸有成果,令老師們倍感欣慰。

以普世議題進行雙邊交流

隨著蔡英文政府推出「新南向政策」,東南亞再度被熱議。不過回顧過往歷史即可知道,台灣對於東南亞的關注,並不是現在才開始的,甚至最早可遠溯至日治時代。當時,日本總督府為了建立大東亞共榮圈,派遣專家學者前往東南亞蒐集情報資料,如今這批文獻還散落在台灣各地;二戰結束,國民政府遷台,因著國民黨與海外華僑關係密切,好比興中會在新加坡、馬來西亞均設有分會,學術界再度興起華僑研究的熱潮;隨後,李登輝時期也曾推出南向政策……台灣對於東南亞的興趣可說是起起伏伏。

林開忠特別指出,台灣對於東南亞的興趣,因主要都是基於經濟考量,同時又多侷限於華人圈,因此觀點無法長久。然而,因政府目前推動的新南向政策,包含教育部、內政部、文化部的計畫,已將關注視野提昇至更具有延展性的議題上,而有新的火花。尤其台灣經濟發展領先於多數東南亞國家,包含社區營造、永續發展等發展相關議題;以及文化流失、土地正義、環境污染等因著發展所會面臨到的議題,都是台灣可以提供交流的項目。

丁曉菁也表示,文化部目前已積極促成200位的東南亞藝術家來台駐村、展演、研究;又因著台灣的民主化領先亞洲多數國家,造就民間NGO相當蓬勃,也吸引很多NGO來台設立總部,或者到此造訪,交流民主經驗。

台灣與東南亞的連結,短期之內或許仍會以經貿為主,不過,林開忠說,從具有普世價值的議題切入東南亞,再藉此了解不同國家背後錯綜複雜的政治處境、經濟網絡,也許會是可行的方式。「這才是我們的軟實力!」他樂觀地說,「不要把自己只丟在華人的籃子裡。走出去,應該就會有路!」

相關文章

近期文章

EN 日本語

Engaging with Southeast Asia

A People-Centered Cross-Cultural Dialogue

Lynn Su /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Scott Williams

Taiwanese have a habit of overlooking Southeast Asia, even though it is a culturally rich region with a great many ties to our island. Most of us also fail to recognize how closely Taiwan’s development has been connected to Southeast Asia. Somehow, we in Taiwan are much more familiar with Japan than with the Philip­pines, even though the Philippines are much closer.

 


 

When Taiwanese Aboriginal author Sa­kinu Ya­long­long spoke at the recently concluded 2018 Bangkok International Book Fair about his experience visiting the Philippines, he mentioned that the Filipinos he met described him as having come from the “mother island.”

There was a good reason for that. Taiwan is sometimes known as the “mother of Austronesia” because the Austronesian languages have their roots in a group of people who came to Taiwan around 5,000 BCE. According to the “out of Taiwan” model, those people subsequently sailed south to destinations around the Pacific Ocean.

Taiwan and Southeast Asia share other cultural constituents beyond their Austronesian heritage, including their experience of immigration from China and colon­iza­tion by the Great Powers, their tropical and subtropical climates, and their proximity to the ocean. “Taiwan could be said to be a part of Southeast Asia,” says Deputy Minister of Culture Ting ­Hsiao-ching. “We just never think about it that way.” At the very least, there is an urgent need for Taiwan to reevaluate its view of Southeast Asia.

Diverse, complex Southeast Asia

Though Taiwan and Southeast Asia share many similarities, they also differ in important ways. For example, while Taiwan is home to several Austronesian languages, its proximity to the mainland Chinese coast has made it a popular destination for ethnic Chinese migrants since the 1600s. These migrants built an ethnically Chinese society that established itself as the island’s cultural mainstream and overwhelmed that of Taiwan’s indigen­ous peoples. In contrast, Austronesian cultures remained much more prevalent in Southeast Asia. 

Taiwan also has a very different topography to most of Southeast Asia. Formed by violent tectonic plate movements that thrust it out of the sea, Taiwan is an island of tall peaks and coastal plains. Southeast Asia’s gentler terrain lent itself to the construction of ports, which fostered vibrant trade and led in turn to immigration by people of various ethnicities, including Indian, Persian, Arabian, and Chinese. Over time, these contacts and collisions engendered a portion of what we now think of as Southeast-Asian culture. The historical opulence of the courts of many Southeast-Asian monarchs is a case in point in that it owed much to the influence of Hinduism.

As Lim Khay-­thiong, an associate professor in National Chi Nan University’s Department of Southeast Asian Studies, says: “We may have been slow to come to grips with Southeast Asia in part because it is so complex. It’s incredibly diverse!”

Treasures hidden by prejudice

While folklorists, anthropologists and political scientists have drawn from Southeast Asia’s cultural riches in their theories, the general public has more often ignored or harbored prejudice towards the region. 

According to Lim, this attitude traces back, at least in part, to the views of the European merchants and travelers who visited Southeast Asia during the Age of Discovery, deemed it an uncivilized hinterland, and passed on their views to the colonizers who came later. In Taiwan, the attitude also grows out of our inherited Chinese cultural disdain for the region, which lingers on in the shadows even today.

In spite of large numbers of Southeast-Asian ethnic Chinese students long having studied in Taiwan, and some having even remained to work, the fact that the Chinese generally occupy marginal positions in Southeast-Asian societies (excepting that of Singapore) makes it more difficult for them to discuss the region’s positives in a way that Taiwanese find persuasive, limiting their ability to influence the general public’s impressions of Southeast Asia.

Professor Lee Mei-­hsien of Chi Nan University’s Department of Southeast Asian Studies says that in our present capitalist era, people are particularly prone to focusing on material culture. This focus affects our worldview, causing our mainstream culture to valorize the advanced countries of Europe, the Americas and Northeast Asia, and to denigrate the less developed ones, which reduces the public’s interest in learning about Southeast Asia.

A first step to eliminating prejudice

Prejudice against migrant workers persists, but Lee notes that Taiwan is not unique in this: migrants are looked down upon by mainstream societies the world over. She sees material culture’s implicit cultural hier­archy as being at the root of the problem. A lack of interest in understanding and an unwillingness to understand lead to the labeling of ethnicities with arbitrary stereotypes, which deepens oppositions between cultures and creates a vicious cycle.

Lee says: “The first step to eliminating prejudice is for people to get to know one another. The notion of cultural equality is also important. But these things are difficult, and take long-term education to achieve.”

Workers on the educational front lines have no time to be discouraged. Chi Nan’s Department of Southeast Asian Studies is the only department in Taiwan focused on the region. Roughly 50 of its graduates to date have been Southeast Asians, making the department not just a forum for the transmission of knowledge, but also a venue for real-life interaction. Lee says, “Taiwanese students in this department lose their privileged position. Everyone is equal, and we all learn from one another.”

Led by Chi Nan faculty, a few teachers have also used funding from the Tai­chung City Government and the Ministry of Education to establish “SEAT” (SEA + T: Southeast Asia + Taiwan), a space that encourages Taiwan’s Southeast-Asian migrant community and mainstream Taiwanese society to sit down and get to know one another. Given that goal, the decision to locate SEAT in Tai­chung’s ASEAN Square was clearly significant. After all, the previously run-down square near Tai­chung Station has been revitalized in recent years by Southeast-Asian businesses catering to migrant workers who flock there on weekends and holidays to shop.

SEAT organizes a large number of events and activities, most of which are open to the general public. These include weekend guided tours that give Taiwanese and Southeast Asians a chance to interact.

Chi Nan has also established a master’s degree program for working professionals in Tai­pei. When you talk to the many civil servants and schoolteachers who have signed up to better meet the demands of their jobs, you can hear the gradual change in their attitudes. Such efforts are no panacea, but they do yield results over time.

Bilateral exchange on real-world issues

With the Tsai Ing-wen administration’s launch of the New Southbound Policy, Southeast Asia has again become a hot topic. But history shows that Taiwan’s interest in Southeast Asia predates the present moment. In fact, it can be traced back to the era of Japanese rule, when the Office of the Governor-General sent scholars and experts to Southeast Asia to collect information in support of Japan’s project to construct a “Greater East-Asian Co-Prosperity Sphere.” The documents they produced are now scattered throughout Taiwan. That interest reemerged when the ROC government relocated to Taiwan after World War II. The Kuo­min­tang, which had close ties to overseas Chinese communities, chose to follow the example of Sun Yat-sen’s Revive China Society by establishing offices in Singapore and Malaysia. Scholars in that period also rediscovered a passion for research into overseas Chinese communities. The Lee Teng-hui administration revived interest in the region again, many years later, with its rollout of the original Go South Policy. Taken together, these actions ­demonstrate how Taiwan’s interest in Southeast Asia has waxed and waned over the decades.

Lim Khay-­thiong notes that Taiwan’s interest in Southeast Asia has tended not to last because it has been based primarily on economic considerations and has focused largely on the region’s ethnic Chinese. The government’s current New Southbound Policy attempts to address this shortcoming by incorporating programs from the education, interior, and culture ministries. The goal is to broaden the policy’s focus to include issues that generate new and lasting interest in the region. These include aspects of economic development in which Taiwan leads most Southeast-Asian nations, such as social entrepreneurship and sustainability, and issues that arise in conjunction with development, such as cultural losses, land justice, and environmental pollution, where Taiwan can share its experience.

Taiwan’s connections to Southeast Asia may well remain primarily economic in the near term, but Lim says that if we can view the region through the lens of universal values, and if we can better understand the under­lying fabric of their political circumstances and economic networks, we may be able to make progress. “This is our real soft power,” says Lim. “We shouldn’t simply think of ourselves as ‘ethnic Chinese.’ We should look beyond that and find new ways forward.”

東南アジアとつながる

人を中心とした異文化との対話

文・蘇俐穎 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

多くの人は、台湾が歴史上、東南アジアと密接に関わってきたことを知らないかもしれない。地理的にも、中国大陸を除くと我が国に最も近いのは日本ではなく、フィリピンなのである。私たちは地図上の東南アジアを見落としがちだが、豊富なつながりがあることを忘れてはならない。


先ごろ閉幕したばかりの、タイのバンコク国際ブックフェアに招かれて参加した台湾の先住民作家Sakinu Yalonglongは、交流の場でフィリピン人から、台湾は「mother island」だと言われたそうである。

台湾は「オーストロネシアの母」とされている。紀元前5000年より前、オーストロネシア語族は北から南へ、太平洋各地へと拡散していったとされているのである。

複雑かつ多様な東南アジア

オーストロネシア語族の他に、華人移民や列強による植民地支配、熱帯気候、海との密接な関係なども台湾と東南アジアに共通する文化的要素である。「台湾は東南アジアの一部と言うこともできます。ただ、私たちはこれまで、こうした脈絡で考えることがなかったのです」と文化部の丁暁菁政務次官は言う。だが現在、いかなる理由にせよ、新しい視点で東南アジアをとらえることが台湾にとって非常に重要な課題となっている。

台湾と東南アジアには類似点が非常に多いが、本質的な違いも少なくない。例えば台湾にはオーストロネシア語族がいるが、地理的には中国大陸に近く、明の鄭氏の時期から多くの漢人の移住とともに中国文化が台湾に入り、ここで華人社会が形成されてきた。そして華人文化が、早くから台湾に住んでいた先住民族の文化を凌駕して主流となった。だが東南アジアでは、常にオーストロネシア語族が主体である。

地理的条件から見ると、台湾はプレートのぶつかり合いでできた島であり、平地と高山の落差が大きい。一方の東南アジアは高山は少なく、港が多く開かれたため貿易が発達し、インドやペルシャ、アラビア、中国など近隣の民族との交流が盛んになり、それらの文化が融合していった。

さらに19世紀に入ると欧州の列強が進出し、天然資源の開発やインフラ建設のための人の移動により、多民族、多言語の東南アジアが形成された。「これこそ、私たちが東南アジアを理解しようという原動力をなかなか持てない原因かもしれません。あまりにも多様なのです」と暨南国際大学東南アジア学科の林開忠副教授は言う。

先入観に隔たれた宝箱

東南アジアの多様性は、民俗学や人類学、政治学などにおいても注目されてきたが、一般市民が東南アジアを重視することは少なかった。

林開忠によると、大航海時代にヨーロッパ人が東南アジアを化外の地と見做したため、それが後の東南アジアに対する見方に影響してきた。また、台湾で受け継がれてきた伝統の中華文化において東南アジアを僻遠の異民族と蔑んだため、現在に至っても、こうした見方が影響している。

台湾には以前から多くの東南アジア華僑学生が留学してきており、台湾で就職する人も少なくないのだが、シンガポールを除く東南アジアにおいて華人は社会的に周辺に置かれており、華僑学生も母国にアイデンティティを持ち難い。そのため彼らが能動的に東南アジアの優れた点を紹介することが少ないことも影響してきた。

暨南国際大学東南アジア学科の李美賢教授は、特に資本主義の時代、人々は物質文明を重視し、それが私たちの世界観に影響を及ぼしていると考える。主流社会は欧米や北東アジアの先進国を崇めて発展途上国を軽視し、東南アジアに対する興味や認識を深めることもなかったのである。

身近な「人」から東南アジアを知る

中興大学台湾文学・跨国文化研究科の詹閔旭助教の場合、大学時代にマレーシア華僑作家、李永平の授業を受けたことがきっかけで、後に李永平の作品を研究することになったという。そして、身近な人の背景にある物語に関心を持つことで、マレーシアへの理解を深めていった。このことから彼は、東南アジアを知るには身近な人から始めるのが良いと考えている。

台湾には東南アジア出身の労働者が70万人、新移民が54万人も暮らしている。フィリピンから来た人々は詩を書くのが好きだが、そこから彼らの文学や生活に興味を広げることもできる。

詹閔旭は、堅苦しく国や地域として東南アジアを研究する必要はなく、身近にいる東南アジアの人々や物事に触れることから始められるはずだと語る。

「相互理解」で偏見をなくす

現在でも外国人労働者を蔑視する風潮がある。李美賢は、世界中の移住者はしばしば主流社会から排斥されており、これは台湾だけの現象ではないという。その背景にあるのは、物質文明がもたらした文化の格付けである。理解しようとせずに特定のエスニックにステレオタイプのレッテルを貼り、それが民族間の対立を生み、悪循環をもたらしている。

「偏見を払拭する第一歩は互いを知ることです。文化は対等というのも重要な概念です。ただこれは容易なことではなく、教育に長い時間をかけることが必要です」と李美賢は言う。

教育の第一線にいる彼らに嘆いている時間はない。暨南国際大学東南アジア学科は、台湾で初めて設立された東南アジアを専門とする学科である。学科設立以来すでにタイやベトナム、カンボジア、ミャンマーなどから来た東南アジアの学生が50人ほど卒業していることからもわかる通り、知識を教えるだけでなく、実際の交流の機会も提供している。「この学科では、台湾人学生は強い立場にはなく、皆が平等で、互いに学習しています」と李美賢は言う。

それだけではない。東南アジア学科を中心とした暨南大学の教員が、台中市と教育部から助成金を得て、台中駅付近のASEAN広場内に「SEAT|南方時験室」を設けた。以前は廃棄されたままだった空間に今では東南アジアの商店が並び、休日には大勢の移住労働者が集まって買い物を楽しんでいる。まるでリトル東南アジアといった様相である。この場所を選び、東南アジアからの移住者グループと台湾社会のつながりを目的としたことには大きな意義がある。

南方時験室では数々のイベントを催している。休日のガイド活動には多くの人が参加し、台湾人と東南アジアの各エスニックとの交流の機会を提供している。

また暨南国際大学では台北にも東南アジア学科の修士コースと社会人コースを設けており、東南アジアに関わる仕事をしている公務員や小中学校の教員などが通っている。学生の多くが教育の第一線に立つ教員であるため、授業では対話を通して考え方も変えていく。すぐに観念を変えるのは容易ではないが、少しずつ成果が上がっている。

普遍的なテーマでの交流

蔡英文政権が「新南向政策」を打ち出したことで、東南アジアが再びホットなテーマとなった。しかし、台湾が東南アジアに関心を注ぐのは現在が初めてではなく、早くも日本統治時代から東南アジアに目を向けていた。当時の日本の総督府は大東亜共栄圏を打ち立てるために、学者や専門家を東南アジアに派遣して情報を収集し、それらの記録文献が台湾各地に残されている。第二次世界大戦後、国民政府が台湾に移って来てからは、国民党と海外華僑が密接な関係にあった。シンガポールやマレーシアにも興中会の支部があり、学界では華僑研究が盛んになった。その後、李登輝総統の時代になると、南向政策が打ち出された。このように東南アジアに対する台湾の関心は時代ごとに変わってきたのである。

林開忠が特に指摘するのは、東南アジアに対する台湾の興味は、主に経済上の考慮から来ており、また同時に東南アジアの華人圏に限られてきたため、長期的な視点がないという点だ。しかし、現在政府が推進している新南向政策には、教育部、内政部、文化部などによる計画もあって着目する分野は広がっている。特に台湾の経済は東南アジアの多くの国より発展しており、地域振興や持続可能な発展といったテーマにおいても先行している。さらに経済発展の過程で直面する文化の喪失や土地の帰属問題、環境汚染といった課題についても、台湾は東南アジアと交流できる。

丁曉菁によると、文化部でも東南アジアの芸術家を台湾での創作や展覧会、研究などに招いている。また台湾はアジアの多くの国より民主化が進んでいるためNGOの活動が活発であり、多くのNGOが台湾に本部を置いたり、訪問・交流を行なったりしている。

台湾と東南アジアとのつながりは、当面は経済交流を中心とするが、林開忠は、普遍的な価値というテーマを切り口とし、そこから国によって異なる複雑な政治環境や経済環境などを理解していくというのも可能な方法ではないかと考える。「こうした点こそ私たちのソフトパワーだからです。自分たちを華人圏に閉じ込めるのではなく、そこから出ていくことで、新しい道が見出せるでしょう」と前向きに締めくくった。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!