竹塹300年

舊中求變‧創造對話
:::

2018 / 10月

文‧鄧慧純 圖‧林旻萱


1718年,清代移民王世傑率族人開墾竹塹,引頭前溪開鑿隆恩圳,以此為起點,新竹成為北台灣最早開發的都市。

擁有莊重典雅的迎曦門、兩百多年歷史的城隍廟、曾是全台最大的東門市場,新竹的「古」,讓人留連忘返;而自工研院、科學園區入駐,新竹的「新」已是全球知名。這個新舊交錯的城市,無私的接納各方的移民在此定居,參與創造、書寫歷史。

 


 

2018年,新竹屯墾開發已歷三百年,新竹市政府以「新竹300博覽會」述說竹塹的過去,也瞻望城市未來。

「舊中有新意」的新竹,早在1999年,東門城的改造解放了空間,將昔日肅穆的廣場還給市民;2018年,被遺忘許久的隆恩圳化身成最愜意、美麗的綠廊道,讓城市居民能放空、自由的步行。

「舊中求新意」的新竹也在民間版的願景中編織著,舊城區的彎曲巷弄和科學園區的50米大道,都是新竹的面貌,但新竹的新移民與老世居,卻鮮少交流。近年,有年輕的一輩投入,希望新竹人更認識自己一點,或幫新竹增添一些多元,為老空間多盡一份心力。

見域工作室:連結在地,看見老城區

2014年,一群來自清華大學的學生創辦「見域工作室」,見域意指「看見地方」,因為他們發現聊到新竹,總不脫貢丸和竹科,但是竹科不生產貢丸,大眾對於新竹的認知是片段而斷裂的,新竹的文化底蘊也遠遠被低估,於是見域的夥伴們發想創辦地方誌來介紹新竹。

自此,新竹的名產貢丸湯,不只是吃的,還有讀的,見域創辦的地方誌《貢丸湯》找尋有趣的觀點介紹新竹的生活,例如一顆貢丸的誕生、下班後的文藝日常、那些棲息在新竹市的動物們等有趣企劃,勾起大家對新竹的興趣。

城市導覽是見域的另一個賣點,透過雙足走訪巷弄,讓人們重新看見這座偉大而悠久的城市。創辦人之一的王昱登帶我們走過曾經最繁華的北門大街,街上的古蹟周益記,是周敏益家族自1926年遷入大街、落地生根的大厝,如今由周家來台第六代周友達提報為古蹟,讓老屋與家族的故事能繼續被記憶。北門街上另一頭的鴻安堂,老一輩人常在對角的長和宮求了藥籤,到此抓藥。如今鴻安堂已傳承到第四代,內部空間還留著已有年紀的藥格子、藥櫃。老闆開口問要到裡面看看嗎?房子的二進院落居然別有洞天,古樸的閩南式古厝,宅門上仍可見「烏衣衍派」字樣,才知道這藥房經營者正是唐詩《烏衣巷》中的謝姓人家後代。一間間的老房子都有自己的歷史,新竹不曾缺少故事。

一步一腳印,越來越多在地人參與見域舉辦的活動,王昱登玩笑地說還有一個改變,近期開始有年輕人願意回新竹,在這邊開業,經營老空間,「或許看到我們這樣都可以活下來,讓一些人有了信心。」

如何形容新竹這座城市呢?王登昱說現階段他們還找不到一個準確的詞來形容新竹,但是希望藉由城市探索與討論,讓新竹人自己提出對城市未來的想法。

開門工作室:活化百年老市場

東門市場設立於1900年,1977年重建為地下一層、地上三層的現代化建築,每一個攤位方方正正3坪,共有571個,擁有新竹市最早的手扶梯,曾經是國內單一建築面積最大的市場,卻因時代變遷而沒落。

2015年,一群清大的師生走進蕭條已久的東門市場,想方設法地思索,有什麼方法可以讓一間間緊閉的鐵門再拉開。

「東門市場的凋零,部分原因是市場無法創造吸引外人進入市場的理由。」「所以我想說如果有一個非常異質的團隊進駐,讓每個人用自己的眼睛去觀察,找到在這個時代,在市場內能做些什麼,或許是市場活化的出口。」開門工作室的創辦人陳泓維說。

團隊開始在市場的空間嘗試各種可能,辦過營隊、講座、工作坊、音樂會、電影放映、

拍攝紀錄片,這些是市場的阿伯、阿婆覺得不會在市場發生的事情,通通都在市場裡實驗了一回。

「我們對成員的期望就是做你想做的事。」例如具美術專長的同學,提出彩繪牆面或許能招攬人氣,擅長企劃的同學就協助寫企劃書,向公部門申請經費,再由發想者來執行。多數的活動都在三樓3114室「開門工作室」的客廳裡談出來。當初市場的攤商對開門工作室的進駐抱持懷疑,但也是「我們做了這些超乎傳統市場期待的事情,才吸引到從不進市場的人進來。」市場漸漸有了人氣,也讓商家願意敞開心房接納他們。

一道道緊閉的鐵門在2016年開始有了轉機。慢慢有各類型的工作室進駐,一樓的店舖更逐漸發展成新竹的夜間食堂,下午4點半,當早市的攤位拉下鐵門,空出來的走道成了夜間大排檔的空間,晚餐、消夜、酒吧,與傳統市集的混搭風,讓東門市場成為年輕人打卡、品賞美食的熱門景點。

從2015年進駐至今,東門市場內有17道曾是封閉的鐵門被拉開了,每個3坪的小空間裡,都是一個創生的機會。

江山藝改所:為老城注入多元

採訪的那天下午,鄰近公投收件截止日,江山藝改所的玻璃門不斷地被推開,許多年輕人來遞交連署書,展現年輕世代對公共議題的參與和關注。成立五年多來,江山藝改所漸漸成為新竹在地關心公共議題的重要平台。

創辦人張登堯,1984年出生,外表與雷鬼歌手Matuka幾分相似,老成的外表搭配骨子裡的老靈魂,喜歡藝術、文化,也關心歷史、社會、環境等議題。

當初創立江山藝改所,張登堯說:「很多我感興趣的東西新竹沒有,沒有的話我就自己創造。」創立之初,沒有表演者也沒有觀眾,張登堯就自己找表演團體,在街頭上發傳單招攬客群。「我們的目標不只在同溫層而已」,語畢他馬上笑著修正:「應該說新竹也沒有同溫層,所以我們能做的就是把一些在新竹接觸不到的東西,透過這個空間,讓新竹人知道有這麼多元的活動。」

自此,來到江山,你可以聽到爵士或各類型的實驗音樂,參加讀書會、詩集發表、講座等,小小空間,卻能量大爆發。

張登堯也打造這裡成為在地居民參與討論公共議題的平台。溝通很重要,他認為公共政策若能在規劃階段能讓更多市民參與討論,讓在地居民有一個對未來的想像,促發共同創造的可能,更能提升在地居民的認同感。

而選擇留在新竹的原因,張登堯說:「新竹有城市的方便,而且人又不會太擠。因為有風的關係,所以空氣還蠻流通的,我覺得算是一個不差的生活點。」歸結一句話就是生活感吧!

在舊中創造,還空間於民

聊到新竹的生活感,走一趟假日的東門城廣場就能體驗,推著娃娃車的小家庭在此野餐,年輕學子在鼓動的旋律中伸展肢體,孩童在廣場上奔跑嬉戲,笑聲呵呵。

這方舒適的橢圓形空間,早些年還豎立著政治人物銅像和獅子會的鐘塔,嚴肅且政治意味濃重;1999年,建築師邱文傑改造的「新竹之心──東門城廣場」,一舉拔除多餘的結構,並將原本封閉、孤立在車陣中的圓環,透過地下道與護城河親水公園連結,「我的設計就是把市民的流動介入到歷史的城區,讓此新舊交融。」邱文傑說。

自此市民可以一路走入古蹟,成為古蹟的一部分;下挖的空間形成似羅馬競技場的舞台,古蹟空間變成舞台,市民可在此展現自我、創造歷史。

城市的另一頭,已陪伴新竹三百多年的隆恩圳,今年也經過田中央建築團隊,以最輕、最小的設計介入,讓隆恩圳在城市中輕輕浮現。

「這座城市需要的是更多步行的空間。」設計師余在宥說。於是他們架高地面,創造出大片的空間,也使路面平整,讓步道至少有4米寬,讓市民可以自由、安全地散步、活動。

再透過步道串聯,建築師將原本被水圳阻隔成兩側的巷弄、店家、巨城、學校連結起來,在連結的節點上安置幾張小椅子,余在宥希望大家不再是匆匆路過,而是有機會在此停留,用最簡單的空間創造相遇的機會。

比對日治時期的老地圖,隆恩圳的河道幾乎沒有改變,這也是其最富歷史感之處,因此余在宥巧心設計,讓步道的動線盡量增加與水道交錯的機會,讓市民可從多個角度閱讀水圳。

「年輕一輩的設計師努力把這空間的物質性降到非常非常低,讓空間看起來很輕盈。」黃聲遠這才開口解釋。而這正是緊繃的都市生活所需要的放空空間,是一條可以漫步、聊天、發呆、小憩、獨處的綠色路廊,讓民眾在城市裡能再憶起陽光灑落、清風吹拂和水聲潺潺的愜意。

想像一座城市的願景不只是說說而已,新竹這個悠久的城市,還有賴一群人戮力串起對話,創造改變。更好的明天,是他們最認真的期待。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Hsinchu 300 Expo

New Directions for a Historic City

Cathy Teng /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Robert Green

With its elegant ­Yingxi Gate, two-centuries­-old City God Temple, and Dong­men Market (once the largest traditional market in Taiwan), Hsin­chu is a city that lends itself to reveling in the past. Yet with the Industrial Technology Research Institute and the Hsin­chu Science Park, the city is known the world over for its modern present. Hsin­chu blends the old and the new and also welcomes newcomers from all over to settle down there, participate in its bubbling creativity and help write the next chapter of the city’s history.     

 


 

This year marks the 300th anniversary of Hsinchu’s founding, and the Hsinchu City Government is celebrating with the Hsin­chu 300 Expo to highlight the city’s past and the hopes for its future.

Today the old city breathes with new life. In 1999 the area around ­Yingxi Gate was turned into a plaza for public use just as it was in bygone days. In 2018 the city restored the long-neglected ­Long’en Canal, making it one of Hsin­chu’s loveliest, most pleasant walking paths.

Hsinchu is also a city trying to further incorporate the old with the new. While the city’s landscape includes both old lanes and modern thoroughfares like the 50-meter­-wide road that passes through the science park, the city’s old inhabitants and newcomers rarely interact. In recent years a younger generation has been striving to help the city better understand itself, welcome diversity, and breathe new life into the city’s storied fabric.

Viewing the old city through a new lens

In 2014 a group of students from National ­Tsing Hua University (NTHU) founded Citi­Lens studio because they had discovered that local residents lacked a ­thorough understanding of their city and that its cultural value was grossly underestimated. Participants in the initiative thought of new ways to introduce the city to the people.

Since then they have turned Hsin­chu’s famous pork ball soup into something that can be both eaten and read. Citi­Lens began to publish Pork Ball Soup, a magazine that introduces life in Hsin­chu from interesting angles.

City walking tours are another selling point. Arden Wang, one of Citi­Lens’s founders, gave us a tour of Beimen North Street, once the busiest street in the city. On it we came across the Zhou Yiji House, which was the family home of Zhou ­Minyi (1906‡1951). Today Zhou ­Youda, Minyi’s grandson, is trying to have it officially recognized as a historic site so that neither the history of the place nor the family are forgotten.

On another stretch of Dong­men Street sits the Hong An Tang apothecary. In generations past, people would go there after visiting ­Changhe Temple, located across the street, to get a prescription by divination. Today the apothecary is run by the fourth generation of the original proprietors. The shop retains its original wooden medicine cabinets and trays. Going through into the small courtyard at the back of the shop we enter another world: a simple old dwelling house in the Southern Fu­jian­ese style. Painted on the doors of the house is a verse from the Tang-Dynasty poem “Wu Yi Yan Pai” that indicates that the family name of the apothecary’s owners is Xie. Each of these old buildings has its own history, ensuring that Hsin­chu is never short of stories to tell.

When asked how best to sum up Hsin­chu, Arden Wang says that defining the city is an ongoing process. He hopes that the residents will come up with their own ideas for Hsin­chu’s future by exploring their city and discussing its history.

Resurrecting a century-old market

Dong­men Market, first constructed in 1900, was rebuilt in 1977 as a modern structure with a basement and three floors above ground. It was once Taiwan’s largest market building and had Hsin­chu City’s first escalator. As times changed, however, its popularity waned.

In 2015, a group of NTHU students entered the desolate market and tried to figure out a way to reopen the many shuttered stalls.

“The market’s decline was in part caused by its inability to attract new customers,” says Chen Hung-wei, founder of Khui­Mng Studio. “So I thought why not invite a team of freethinking individuals to examine it with their own eyes and come up with ideas to resurrect the market through solutions that fit our times.”

The team explored all manner of possibilities to repurpose the market space. They ran camps, lecture series, workshops, concerts, and film screenings, and made documentary films. In short they held all kinds of events that the old vendors would never have imagined taking place in the market.

Planning for most of the events takes place in the living room of Khui­Mng Studio, located in Room 3114 of the market’s third floor. When the studio first moved into the market, the vendors were skeptical. “But we did many things to attract people to the market who would have never come before,” Chen says. As the market became more popular, the vendors warmly welcomed the new visitors.

By 2016 shuttered market stalls began to reopen. First studios began to open in the market, and then food vendors set up shop on the first floor, lending it the atmosphere of a night market-cum-traditional fair. As a result it became a popular spot for young people to grab a bite to eat and check in on Instagram.

Since the Khui­Mng Studio moved into the market, 17 once-shuttered stalls have reopened. Each of these tiny shops, roughly 100 square feet in floor area, provides an opportunity to create something new in the space.

A home for arts and issues

Since its founding over five years ago, ­Jiang Shan Yi Gai Suo, a multiuse space that serves as a local arts center, coffeehouse and event space, has gradually become a place where people go to discuss important local issues.

It was founded by ­Chang Deng-yao. Although he was born in 1984, ­Chang’s sagacious bearing matches his old-soul spirit. He likes arts and culture and is concerned with local history, society and the environment.

There are many things that ­Chang is interested in that were not to be found in Hsin­chu. “I decided to create a space to cultivate these interests on my own,” he says. “Through this space we can introduce local people to many activities that they don’t come into contact with in their daily lives.”

After its founding, ­Jiang Shan became a place where people could listen to jazz and all types of experimental music, attend book club meetings and poetry readings, and listen to lectures. The space might be tiny, but it overflows with activity.

Chang would also like the space to be used as a forum for local people to discuss local issues. He hopes that city policy planning will accommodate more input from local residents so that the people and the government can find creative ways to work together on initiatives and by doing so strengthen local identity.

The people’s plaza

One can experience Dong­men Plaza firsthand by walking through it on the weekend. Young couples pushing strollers stop for picnics. Teenagers practice dance moves to the sound of music, and children run about laughing.

Within the open oval space there was once the site of bronze statues of political figures and a clock tower erected by the Lions Club. In 1999 architect Jay Chiu renovated the plaza. This included removing unnecessary structures and reconnecting pedestrian flow to the area within the roundabout, a lonely island surrounded by traffic, by constructing an underground passage to the nearby Hsin­chu Moat Park. “My design was intended to ease pedestrian access to this historic space, thus letting the old and new mingle,” says Chiu.

Since the plaza’s renovation people have easy access to the historic site. Chiu’s design also lowered the ground level in the center of the plaza, lending it the appearance of a Roman amphitheater. The historic site thus became a stage on which visitors played the lead roles.

In another part of the city, the Long’en Canal, a feature of Hsin­­chu for more than three centuries, underwent renovations from Field­­office Architects. They made subtle changes to the canal that made it once again a more visible part of the city.

“The city was in need of more walking space,” says Yu Tsai-yu of Field­office. They therefore enlarged the embankments to at least four meters in width and leveled the surface, creating a safe place for walking and other activities.

By connecting the walking paths on opposite sides of the canal, the architects were able to provide access to lanes, shops and schools that were once cut off from each other.

Comparing today’s canal with maps from the Japanese colonial era, its route has hardly changed at all. With this history in mind, Yu took care to create extra opportunities for people walking the path to approach and cross the water­way, and to view it from many different perspectives. 

“Young architects strive for minimalist designs,” explains architect ­Huang Sheng­yuan, Field­office’s founder. In a frenetic urban environment people need a place to get away from the hustle and bustle. The canal provides a green space for people to stroll and chat, get lost in their thoughts and enjoy the solitude.

This age-old city’s future will be shaped not by idle dreams but by the combined efforts of those creating change. And the change they seek is an even brighter tomorrow.

新竹300年

歴史ある街に新たな輝きを

文・鄧慧純 写真・林旻萱 翻訳・久保恵子

1718年、清代に大陸から渡ってきた王世傑一族が竹塹(新竹の古名)を開墾し、頭前渓の河水を引いて隆恩圳(水路)を通した。新竹は台湾北部で最も早く開発された町なのである。

荘重で典雅な迎曦門を城門とし、二百年余りの歴史を有する城隍廟と、かつて台湾最大の市場であった東門市場を擁する新竹の「古」は、人を惹きつけて止まない。工業研究院と科学園区が進出した新竹の今は、世界にその名を知られる。この新旧が入り混じる都市は各地からの移住者を受け入れ、歴史を常に生み出してきた。


新竹の開拓史は2018年に三百年を迎え、新竹市政府は「新竹300博覧会」を開催し、竹塹の過去を振り返り、都市の未来を展望する。

歴史を新しく蘇らせようと、新竹では1999年には早くも、東門の城門を改造し、寂れた広場を市民に開放した。2018年には忘れ去られて久しい隆恩圳の水路を美しい緑の散歩道に作り替えて、市民が自由に歩ける場とした。

古さと新しさの共存を求める新竹では、旧市街の曲がりくねった町並みも、科学園区の50メートルの大通りも、どちらも新竹の姿である。しかし、新竹の新しい住民と、昔ながらの住民とは、これまで接点が少なかった。それが最近では若い世代が入ってきて、新竹市民がより良くわが町を認識でき、旧市街から新市街まで多様性ある空間にしようと、努力している。

見域工作室−地元と結び旧市街を紹介

清華大学の学生グループは、一般の人々の新竹への認識が断片的で、新竹の文化が正当に評価されていないと感じ、そこから2014年に見域工作室を創設して、タウン誌を出版して新竹を紹介しようと考えた。

新竹の名産である貢丸湯(豚肉のすり身団子を入れたスープ)は食べるものだが、読み物にもしようと、見域工作室はタウン誌「貢丸湯」を発行して、新竹の生活のあれこれを楽しく紹介する。例えば、貢丸の誕生話、退社後の文芸活動、新竹に生息する動物たちなど、新竹への興味を掻き立てる内容となっている。

街角ガイドも見域工作室の活動の一環で、足で歩いた情報で新竹という古くて偉大な街を人々に再認識してもらっている。創設者の一人王昱登は、私たちをかつて最も賑わった北門大街に案内してくれた。

北門大街にある古い伝統建築の周益記は、1926年に移ってきた周敏益一族の旧宅で、周家の第六代である周友達が旧宅と一族の物語を記憶に留めようと、文化財として申請した。北門大街の漢方薬店鴻安堂では、向いの長和宮で薬籤(処方)を受けたお年寄りが、漢方薬を買いに来る。四代目が継いだ鴻安堂には、年季の入った薬箪笥と薬瓶が並ぶ。中も見ますかと言うご主人の言葉に甘え、店の奥に入ると、次の建物は別天地のような質朴な閩南式の古い建物だった。扉の上には「烏衣衍派」の文字が見えるが、漢方薬店の一族は唐詩「烏衣巷」に歌う謝家の末裔であるという。旧市街に立ち並ぶ建物は、それぞれに新竹には欠かせない歴史である。

活動を続ける中で、多くの人が見域工作室を訪れるようになった。もう一つの変化として、最近では若い人が新竹に戻って旧市街の古い家で起業するようになったと、王昱登は笑う。こうして活動することで、ほかの人にも自信を与えられるのかもしれない。

新竹をどう形容するかと聞くと、王昱登は現段階では精確な形容詞が見つからないのだが、探索と討論を通じ、新竹の人々に未来について考えてもらいたいという。

開門工作室−百年の歴史ある市場を活性化

1900年創建の東門市場は、1997年に地下一階地上三階のビルに建て替えられた。台湾北部で初めて市場にエスカレーターを設置し、台湾では延べ床面積最大の市場だったのだが、時代の変化により衰退していった。

2015年になって、清華大学のチームが寂れた市場に入居し、シャッター市場の活性化を考えることになった。

「東門市場には外の人が入りたい理由を見いだせないのです。異質なチームが入って自分の目で見て、この時代に何ができるか探れば、活性化の道が見えてきます」と、開門工作室を創設した陳泓維は言う。

チームは市場空間で何ができるかを探ろうと、キャンプ、講座、工房、音楽会、映画上映、ドキュメンタリー撮影など、市場で起こりえないようなイベントを実験的に行ってきた。

イベントの多くは、市場の三階3114室に入居した開門工作室の会議室で討論し生まれたものである。市場の人たちは、最初は開門工作室の入居に懐疑的だったが、これまでの市場に期待されている以上のことをしないと人を呼べないと考えた。市場に人が戻ってくるのを見て、次第に受け入れるようになった。

シャッター店舗が増えた2016年に転機が来た。様々な工房やワークショップが入居し、一階の店舗に新竹の夜間食堂街が形成されていった。午後4時半になり、市場の店がシャッターを下ろした後、通路には夜の新しい空間が生まれ、昔ながらの市場と今がミックスして、インスタ映えすると若者の人気スポットになった。

2015年から今まで、かつてシャッターを下ろしていた17軒が再開し、生れ変った。

江山芸改所−古い街に

新しい要素を

設立して5年余り、江山芸改所は新竹の人々が関心を寄せる社会問題の討論の場となった。

創設者の張登堯は1984年生れ、老成した外見に宿る魂は、芸術や文化を愛し、歴史、社会や環境問題に関心を寄せる。芸改所を開設した趣旨は、自分が興味のある事が新竹にはなく、ないなら自分で作ろうと思ったからだという。この空間を通じて、新竹の人々に多様なイベントがある事を知らせようと思ったのである。

そこで江山芸改所に来ると、ジャズや様々なタイプの実験音楽を聴けるし、読書会に参加し、詩集を発表し、講座を受けられる。小さな空間ながら、そこにはエネルギーが満ちている。

張登堯はこの空間を、地元の人々が集まって地元の社会問題を議論し、参加できる場になればと期待する。現在、市の政策の多くは公開討論にかけられることがないのだが、計画段階で多くの市民が参加できるようになれば、共同で市政に参画する可能性が生まれる。これによって地元住民は市の将来に思いを馳せ、より一体感を持つことができるだろう。

なぜ新竹を選んだのかと理由を尋ねると、張登堯は「新竹は都市の利便性があるのに、人口はそれほど多くありません。風が強いために空気の流れがあり、生活の場として悪くないと思います」と暮らしやすさを挙げた。

古さから新しさを創造、

空間を市民に

新竹の暮らしやすさを知るには、休日に東門城広場に行ってみるとよい。ベビーカーを押す一家がピクニックしていたり、若い学生がリズミカルにダンスを練習し、子供たちは広場中を楽しそうに走り回っているだろう。

この快適な楕円形の空間に、かつては政治家の銅像とライオンズクラブの時計塔が立っていた。1999年に、建築家の邱文傑がこの場所を「新竹の心、東門城広場」に作り変えた。必要のない構造物を除去し、ロータリー交差点の中央に孤立していた城門の円形広場を、地下道や堀端の公園を通じて外部と繋げた。「この設計の狙いは、市民が歴史ある城門広場に出入りし、新旧を融合させるところにあります」と邱文傑は言う。これより、市民の誰もが東門城広場に足を踏み入れ、広場の一部となれるようになった。城門から斜めに掘り下げた空間は、ローマの闘技場のような舞台となり、城門の空間をそのままステージとして、パフォーマンスに提供できる。

都市の一端には、開削されて三百年余りの水路隆恩圳が寄り添うが、今年は田中央建築チームが最小限度の施工で、隆恩圳を都市の中に軽やかに蘇らせた。

「この都市には、歩くための空間がもっと必要です」と、建築家の余在宥は言う。そこで建築チームは地面を高くすることで大きな空間を生み出し、路面を平らにして、市民が自由かつ安全に散歩し、活動できるようにした。

河道のラインから隆恩圳の歴史が感じられる。日本時代の古地図を見ると、河道のラインが今もほとんど変わっていないのである。余在宥によると、設計の重点は歩道の動線を増やし、河道と交差させ、多面的な角度から水路を眺められるようにするところにあるという。

水路で隔てられていた両側の道や店舗や学校が、この歩道によって繋がり、繋がるポイントごとに小さなベンチが置かれた。慌ただしく通り過ぎるのではなく、この場で立ち止まり、新たな出会いの機会を生み出したいと余在+ةは言う。

「若い建築家は、この空間の余分なものをぎりぎりまで削ぎ落とし、空間を軽やかなものにしようと努力しました」と黄聲遠は説明する。これこそストレスフルな都市生活に必要な緩やかな場であり、ゆっくり歩き、雑談し、ぼーっとしたり休んだりする緑の通路である。そして、かつて身近にあった爽やかな風と涼やかな水音に、柔らかな陽光を思い起させる。

都市の未来ビジョンは言葉で表すだけでは足りない。歴史ある新竹の町には、力を合わせて創造的な変化を起こしていく人々がいる。より良い明日は、彼らの強い期待でもある。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!